2008年10月30日

長野変心 巨人以外もOK!阪神一本釣りも

阪神が30日のドラフト会議でホンダ・長野(ちょうの)久義外野手(23)を1位指名する方針を固めた。巨人入りを熱望する長野は2年前のドラフトで日本ハムから指名を受けながら入団拒否。その後もかたくな姿勢を貫いていたが、ここに来て態度を軟化させていることが判明。それを踏まえた上で課題である右の外野手獲得に踏み切った。またドラフトに引き続き、育成ドラフトも行われる。

 ペナントの借りはドラフトで返す?阪神が巨人と相思相愛の社会人No・1野手・長野を横取りする。都内のホテルで行われたスカウト会議。約3時間の議論を終えた黒田編成部長は「大枠は決めた。即戦力でいく」と話した。

 左の好打者である早大・松本も候補に挙がる中で、最終的に1位に選択したのは外野の広い甲子園にあうスピードとパワー、技術を兼ね備えた長野だった。もともと「右打ちの外野手」は今ドラフトの最重要課題だった。阪神の外野は金本、赤星、葛城、平野、林とすべて左打ち。金本は40歳を超えるなど高齢化が進む現実もある。右ではプロ7年目、25歳の桜井がいるが今季は2軍暮らしが長く、伸び悩んでいる状態。活性化を図る意味でも長野獲得は大きい。

 もちろん入団にこぎ着ける自信があるからこその指名だ。担当の菊地東日本統括編成課長が今年に入り長野を密着マーク。練習の視察に川越市の同社グラウンドを頻繁に訪れるなど誠意を示した。

 日大4年時に日本ハムの入団を拒否し、その後も巨人以外ならホンダ残留の姿勢を見せていたが、巨人が東海大相模の大田の1位指名を決めたこともあり態度を軟化させた。関係者には「巨人へのあこがれはまだあるし、日本ハムに失礼になるのも理解している。でも2年間待ったし、巨人から指名がなければ指名された球団に行くと思う」と漏らしているという。この情報を得たことが指名に踏み切る決め手となった。

 この日、長野は川越市の同社グラウンドでパナソニックとのオープン戦に臨んだ。試合後には「当日を待つだけ。他球団に指名されたら?ありがたいとは思いますけど…何も考えてません」と話すにとどまった。

 ペナントレースでは巨人に13ゲーム差をひっくり返され優勝を逃した阪神だが、将来のスター候補は譲れない。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/10/30/04.html


これが真実なら、あっぱれ阪神ですね。

粘り強く調査を続け、確信の情報を得て指名に踏み切る。
入団に成功すれば、スカウト陣の功績と言えると思います。

阪神の右野手の補強は、最重要ポイントですし、
巨人の大田・長野の両獲得みたいなオイシイ所取りを、
許してはいけません。

巨人・阪神という伝統のチーム同士が、
大田・長野に大野捕手を含めた3人の
ドラフト指名をどうするか注目ですね。

管理人

draftmeeting at 08:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 読売巨人 | 阪神

オリックス 3時間会議の末本格派右腕藤江

オリックスの中村球団本部長、大石監督らが都内ホテルでスカウト会議。約3時間に及ぶ話し合いで、東邦ガス・藤江を1位指名する方針を固めた。中村本部長は「大田(東海大相模)絡みもあるので、他球団の動向を見ながら最終的には当日の会議で決める」と話したが、大石監督は「僕は“早く使える人を獲ってほしい”と伝えました」。将来性を見て東海大相模・大田、宮崎商・赤川、東海大三・甲斐らも候補に挙がったが、即戦力の本格派右腕獲りに落ち着きそうだ。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/10/30/09.html


この球団は大田→甲斐の指名だと
思います。

藤江投手は抽選の外れ1位か2位指名に
なると予想します。

現場監督からすれば、即戦力は欲しいでしょうが、
大型野手は補強ポイントだと思いますので、
大田でいくでしょう。

管理人

draftmeeting at 08:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) オリックス 

西武 “将来性”で日南・中崎1位指名へ

西武は1位で日南学園の中崎を指名する方針を固めた。中崎は躍動感あるフォームから縦、横2種類のスライダーを駆使する145キロ左腕。甲子園には2度出場するも今夏の宮崎大会は決勝で敗退した。先発ローテーション左腕の石井一と帆足はすでにベテランの域。若手左腕の育成は不可欠で、将来のローテーション候補として中崎に白羽の矢を立てた。球団関係者も「将来性がかなり高い左腕」と評価している。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/10/30/08.html

巽→中崎(近田)の線が高いでしょうね。
巽指名は堅いと思いますが、将来性の高い
左腕投手の需要は、現場からかなりあると思えます。

管理人

draftmeeting at 08:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 埼玉西武