韓国風味と日本味噌が合体した「辛みそ」

大豆という栄養の宝庫と発酵という自然過程が日本味噌を作り上げました。 これに韓国食材としてあまりにも有名なキムチを作り上げている調味素材、味付けを加えた絶妙な商品が「辛みそ」です。 おかげさまでクチコミで広がっています。<辛みそ屋ショップマスター>

「辛みそ」スタッフの特技は着物のリサイクル

辛みそをつくったり、ラベルを貼ったり、梱包したり、お近くの方にはお届けさせていただいたり、スタッフのお世話になってます。

そのお一人は、裁縫が特技です。少し離れた調布市というところの職場で活躍しています。
もう着ることがない着物などを再加工してしています。ちょっとその作品を紹介しておきましょう。もし加工して作ってもらいたいと興味をお持ちの方のご相談に乗ってもいいそうですよ。

このブログの右サイドに、「店長へのメッセージ」という欄がありますので、お気軽にお問い合わせください。

さて、スタッフの彼女からのコメントです。
着物。最近、着る人を見なくなりましたよね。日本古来からの宝物を蘇らせたらステキと思って作っています

DSC_0466

DSC_0465

DSC_0464

DSC_0463

DSC_0462


すごい腕前ですね!



ネットからの注文が、「めんどうくさいわ」という方もいらっしゃいます。

そのときは電話でもかまいません。
042−316−1786(FAX兼用)
電話の場合、留守電になっていることがありますので、
お名前、連絡先電番号、注文商品を録音してください。

また、FAXでもかまいません。
FAXは、特にFAX注文用紙を使用しなくても大丈夫です。
通常の紙にお名前、ご住所、連絡先電話番号、希望の商品をメモして、送ってください。

折り返しご注文確認の連絡を差し上げます。

■ネットでの辛みそのご注文
インターネットからもご注文はこちからどうぞ。
>>>インターネット注文
■FAXでのご注文
FAX用紙はこちらから印刷してご注文ください。
>>>辛みそFAX注文用紙

昨夕の虹

プロテニスプレイヤーの伊達公子さんが引退しましたね。46歳ということです。大変にお疲れさまでした。たくさんの勇気と希望をありがとう!

引退試合後のあいさつをTVで見ました。あいさつの最中に虹が出ていましたね。

店長は全く別なところにいましたが、美しい虹に見とれていました。その虹がこの写真です。北東に2017年9月12日17時50分頃でしょうか。
DSC_0082

ちょうど西の方角はこんな夕焼けでした。
DSC_0083

横浜のIさん、「辛いか」のご注文ありがとうございました!
三鷹のKさん、「辛みそ」のご注文ありがとうございます!

これからもご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

ネットからの注文が、「めんどうくさいわ」という方もいらっしゃいます。

そのときは電話でもかまいません。
042−316−1786(FAX兼用)
電話の場合、留守電になっていることがありますので、お名前、連絡先電番号、注文商品を録音してください。

また、FAXでもかまいません。
FAXは、特にFAX注文用紙を使用しないで、通常の紙にお名前、ご住所、連絡先電話番号、希望の商品をメモして、送ってください。

折り返しご注文確認の連絡を差し上げます。


■ネットでの辛みそのご注文
インターネットからもご注文はこちからどうぞ。
>>>インターネット注文
■FAXでのご注文
FAX用紙はこちらから印刷してご注文ください。
>>>辛みそFAX注文用紙

台風一過の虹、二本

DSC_0036


昨日18時30分過ぎに東の空にくっきりと虹が出ました。
もう一本は外側に淡く寄り添っています。

今日の東京は今年最高の気温。
炎暑、極暑です。

蝉時雨 炎暑とともに 我もあり

横浜の I さん、ご注文ありがとうございます。
「辛イカ」もご注文いただきました。

熱い時季こそ辛みそをお試しください。
食欲増進のお役に立てると思います。


■ネットでの辛みそのご注文
インターネットからもご注文はこちからどうぞ。
>>>インターネット注文
■FAXでのご注文
FAX用紙はこちらから印刷してご注文ください。
>>>辛みそFAX注文用紙

「祭り」の時季ですね

昨日は雨でした(東京)。
近所ではいつもこの時期、小さな公園にやぐらを立てて盆踊りが始まります。
昨日の土曜日が初日。そして今日が最終日。
降り続く雨の中、曲だけが響いていました。
日本の各地では夏休み期間にたくさんの「祭り」が行われますね。
祭り見たさにそわそわしたり、太鼓などの音が聞こえだしたりすると、もうたまりません。とにかく急ぎ足で祭りに行ったものです。

maturi_1


そう言えば、花火大会もありますね。
昨日は隅田川の花火大会が雨の中75万人の人出で賑わったそうです。

さて、西東京市のMさん、ご注文ありがとうございます。
気心の知れた人たちと一緒に食事会を企画されていると伺いました。
賑わい、話の弾む集いでありますように。


■ネットでの辛みそのご注文
インターネットからもご注文はこちからどうぞ。
>>>インターネット注文
■FAXでのご注文
FAX用紙はこちらから印刷してご注文ください。
>>>辛みそFAX注文用紙

雑草の生命力に感嘆

今朝の東京は結構大粒の雨が降り続けました。
気温が高く雨が多いこの夏。
なんと雑草の勢いのいいことか、5月下旬にむしり取ったのに。
一日に数センチ以上は伸びているのではないか。
高温多湿だから。
うなずけますね。
この生命力に触発されます。
踏まれても、むしられても伸びてくる力が欲しいものです。

DSC_0027


暑い夏はまだ続くことでしょう。
ゲリラ豪雨も注意しなくてはいけませんね。
被害に合われた方々に心よりお見舞い申しげます。

さて、暑い日々、睡眠や食欲に支障をきたしますね。
店長は朝起きて、寝たりない日々です。
寝起きは頭がボーとしていて重い。
シャワーに入ってやっとやや普通に戻り始めるのですが、
やっぱりすっきりしない。

ザクロ酢などを飲んですっきりしようとするのですが、
やっぱり質の高い睡眠が不足しているようです。

皆様はいかがですか?

武蔵野市のOさん、いつもご注文いただきありがとうございます。
また、初めてのご注文の皆様、「辛みそ」初体験はいかがでしょうか?


■ネットでの辛みそのご注文
インターネットからもご注文はこちからどうぞ。
>>>インターネット注文
■FAXでのご注文
FAX用紙はこちらから印刷してご注文ください。
>>>辛みそFAX注文用紙

辛みそパック

大雨行き、静かな朝。たくさんのご注文ありがとうございます!

DSC_0022


店長の近所の今朝の小さな河川です。
落ち着いた雰囲気ですね。木陰が涼しそう。

昨夜の雨はすごかった。
夜8時過ぎが一番ひどかったようです。このタイミングで歩き始めました。自宅は最寄りの駅から歩いて約20分。

50メートルくらい先は雨に煙ってはっきり見えませんでした。急な坂道があり、川のように流れていました。

傘は強い雨に打ちつけられ、張られた生地から雨水がボタボタ染みでて、シャワーを浴びているようで、時おり強い風が吹きもう全身ずぶ濡れでした。

一転、今朝はおだやかでしずかな朝。
気温はたぶん30度を越えるでしょう。陽射しが刺すように強い。

夏は、ちょっと辛めの『辛みそ』を食べて、元気を回復しましょう!

静岡県清水市のSさん、
東京都八王子市のTさん、
神奈川県横浜市南区のIさん、
東京都武蔵野市のOさん、

たくさんのご注文、本当にありがとうございます!
心より感謝、御礼申し上げます。
今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。

八戸のお土産と言えば

三鷹のKさん、武蔵野Oさん、
いつもお買いあげいただきありがとうございます!!

店長の故郷は青森県、太平洋側です。青森と言えばリンゴ、そして津軽と連想します。津軽地方は日本海側です。太宰治という超有名な作家もこの津軽の出身。
さて、太平洋側には八戸という大変有名な漁港があります。新幹線八戸駅から車で10分ほどのところに八食センターがあります。海の幸をその場で食べられるし、お土産の調達もできます。一石二鳥ですね。

そこまで足を延ばせない場合には、八食センターの品数、迫力には負けますが、ユートリーという八戸駅隣接のお土産売り場あります。
地上のバスロータリーに沿ってドトールがあり、サバのお土産を試食して購入できるお店もあります。

店長は帰省すると、お土産にする定番があります。すべて手ごろなお値段で助かっています。
1.マルヨ水産の「真イカの一夜干し」(要冷凍)
ika_2


2.コムラの「なんばんみそ」(要冷蔵)
nanbanmiso_1

  独特の手法でじっくりと熟成されたもろみに大根・人参・胡瓜・
  しその実・青唐辛子などの新鮮な野菜を漬けた青森県ならではのお漬物。
  ご飯とともに食べるといいですね!


いかの食べ方にはいろいろなバリエーションがありますね。
好みですが、どうやって食べても「うまい!」。

辛みそを付けて食べるという方法もありますよ!

◆さっと焼き上げ、手で細かくさき、そのままお酒、ビールの肴にあるいは醤油やマヨネーズをつけて食べる。炒め物や天ぷら等の揚げ物、つけ焼きなどにも。

◆いかのバター焼き
食べやすい大きさに切り、酒、塩を少々を振ってしばらくおき、下味をつける。フライパンにバター大さじ2を熱し、いかを入れて焦がさないように両面をいため焼きする。

◆いかのカレーサラダ
いかをななめ格子に切り目を入れる。さらに短冊切りにして、さっと湯引きをして水気を切り冷ます。キュウリ、セロリ各1本は細い短冊切りにして水に放す。ボールにいかと水気をきったきゅうりとセロリを入れ、カレー粉入りのフレンチドレッシングで和える。

◆いかの唐辛子炒め
いかを内側に斜め格子に深く包丁目を入れ一口大に切る。中華なべに油を熱し、刻みねぎとショウガ、輪切りの唐辛子を入れて炒め、しょうゆ、酒、酢、ごま油、砂糖、かたくり粉を合わせたものを加えいかにからませて仕上げる。

◆いかの味噌炒め
松かさ状に切れ目を入れて一口大に切る。こんにゃく一枚も両面に斜め格子に切れ目を入れ、一口大に切って、さっとゆでる。なべに油を熱して薄切りしょうがをいため、香りがよくなったらこんにゃく、いかの順に加えて手早く炒め、酒とみりんで溶いた味噌で調味する。

お気に入りの花と学び始めた日本史

5月連休明けに撮影した花の写真です。
最近のお気に入りで、見るたびにほっとする一枚です。
ちょっとした風にもゆらゆらと揺れている様子を放心状態で、ぼーっとに眺めています。
NEC_0032

NEC_0031


さて、最近読み始めたのは日本の歴史に関するものです。以下の2冊です。参考書の復刊だそうです。
いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編
いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編

店長は工業高校・機械科の出身です。普通高校と異なり、専門分野の授業が圧倒的に多く、「古文」「日本史」「生物」「地学」などに関する科目はありませんでした。

エジプトで仕事をしていた時期があり、日本人なのに日本のことを知らない、語れないことに恥ずかしい思いをしたことがあります。帰国すると喉元過ぎればなんとやらで、仕事の忙しさにかまけて先送り。

やっと今にして、日本の歴史を学ぼうと思い立ちました。

併せて読んでいるのが、こちらも参考書の復刊です。有名な小西勘一先生の『古文の読解』です。平安京の時代の生活や都市モデルを理解しておけば、後代はいかようにでも類推できるそうです。高校生読者への小西先生の語り口は軽妙洒脱で、歯切れがいいですね。



■ネットでの辛みそのご注文
インターネットからもご注文はこちからどうぞ。
>>>インターネット注文
■FAXでのご注文
FAX用紙はこちらから印刷してご注文ください。
>>>辛みそFAX注文用紙

辛みそパック

最近見かけないアパート

201705091240000

まだこんなアパートがあるんですね。都心からJR中央線で15分くらいのところです。錆びついた階段は壊れないかな。

店長が若い頃(二十歳)、都心(千駄ヶ谷)に住んでいました。三畳一間で、家賃はたしか六千円。マックの時給が350円だったかな?
玄関、洗面所、炊事場所、トイレはすべて共有。お風呂はありませんでしたから、近所の銭湯。

学生でした。
バイトをして、生計を立てていました。

今に比べたら不自由だらけ、でも本当に楽しかった。

同人誌をつくったり、劇団を立ち上げたり、旅に行ったり、合宿したり。
だから、ほとんど勉強する「ヒマ」がなかった。

今でも思う残念なこと、それは真剣に恋愛をしなかったこと。

「青年たちよ、きちんと恋愛しなさい!」

スズラン咲くころ

♪…スズランのように愛らしく…♪

だいぶ昔こんな歌が流行(はや)ったことがありました。

本当に「愛らしい」ですね。
この意味は、「かわいらしさ・可憐(かれん)さ・いとおしさが感じられるようす」だそうです。

NEC_0033


NEC_0034


でも、スズランには毒性があるとのこと。
スズラン - Wikipedia から「毒性」部分を引用します。

強心配糖体のコンバラトキシン (convallatoxin)、コンバラマリン (convallamarin)、コンバロシド (convalloside) などを含む有毒植物。有毒物質は全草に持つが、特に花や根に多く含まれる。摂取した場合、嘔吐、頭痛、眩暈、心不全、血圧低下、心臓麻痺などの症状を起こし、重症の場合は死に至る。
北海道などで山菜として珍重されるギョウジャニンニクと外見が似ていることもあり、誤って摂取し中毒症状を起こす例が見られる。スズランを活けた水を飲んでも中毒を起こすことがあり、これらを誤飲して死亡した例もある。


辛みそ屋店長
店長の内山です。よろしくお願いします。
辛みそ屋の店長の内山です。よろしくお願いいたします。
livedoor プロフィール
店長へのメッセージ

ブログ管理者の店長にメッセージが直接届きます。 お気軽に、身の回りのことなどお知らせくださいませ。

名前
メール
本文
Archives
Recent Comments
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ