2006年01月30日

中野友加里 総合2位フィギュア四大陸選手権5

フィギュアスケートの四大陸選手権最終日、中野友加里は総合2位  フィギュアスケートの四大陸選手権は28日、米コロラド州コロラドスプリングスで行われ、女子はショートプログラム(SP)3位で、この日のフリーで首位となった中野友加里(早大)が161・49点で2位となった。SP4位の浅田舞(愛知・東海学園高)は141・65点で6位、北村明子(京都醍醐ク)は132・04点で9位。16歳のケーティ・テーラー(米国)が優勝した。


■中野フリー首位 総合2位に(スポニチ)
 中野はフリー1位と追い上げたが、惜しくも2位。昨季11位の雪辱を果たし、03年3位以来の表彰台に立ったが「優勝したかった。やっぱり悔しい」と2・56点差の惜敗を残念がった。冒頭のトリプルアクセルが回転不足気味に着氷し、2回転半の判定。さらに中盤の3回転ループが1回転となり、この2つのミスが響いた。「どちらかを成功すれば優勝できた。3月の世界選手権までに演技の精度を高めないと」。初出場の大舞台に向け、20歳のスケーターは意欲をかき立てた。


 中野友加里ちゃん四大陸フィギュアは惜しくも2位だった。中野本人の悔しがりようは昨年NHK杯で優勝したことが自信になってこの大会でも優勝出来る、優勝しなければと言う気持ちの表れだったんだろう。やはり中野の持ち味であるトリプルアクセルをしっかり決めないと勝てないだろう。3月に行なわれる世界選手権では良い結果を出せるように頑張って欲しいものだ。
 ところで浅田舞ちゃんは6位だったのかぁ〜健闘したと言えるだろう。ルックスだけなら優勝なんだけどな(笑)


◆中野 友加里(なかの ゆかり) プロフィール
▽本名 中野 友加里(ナカノ ユカリ)
▽生年月日 1985年(昭和60年)8月25日生まれ
▽出身地 愛知県江南市出身
▽血液型 ?型
▽身長 154センチ・体重42キロ
▽スリーサイズ B?−W?−H?−S?
▽学歴 椙山女学園高等学校卒業−早稲田大学人間科学部(通信制)在学中
▽所属事務所 ?
▽趣味 ショッピング、裁縫
▽特技 ?
▽愛称 ?
▽経歴 
 1991年、6歳でスケートを始めた。
 高校卒業までは名古屋のグランプリ東海クラブで、伊藤みどりや恩田美栄を門下とする山田満知子コーチに師事していた。
 大学進学と同時に上京し、佐藤信夫・久美子夫妻コーチに師事するようになり、現在に至る。
 2002年、女子シングルでは伊藤みどり以来10年振りにトリプルアクセルを成功させた。
 2005年のグランプリシリーズでは、スケートカナダで3位入賞、怪我で出場を断念した太田由希奈(同志社大学)の代役で出場したNHK杯では1位。さらに、GPファイナルでも3位に入賞するなど、この年末になって急に頭角を現してきた。その結果、トリノオリンピック出場有力候補となったが、惜しくもトリノオリンピック出場は叶わなかった。尚、好成績を収めたことにより、四大陸フィギュアスケート選手権、世界フィギュアスケート選手権 に出場することになった。

Go!アスリート 中野友加里





にほんブログ村 芸能ブログ 芸能裏話・噂へ←芸能界の裏話・噂、最新ニュース

にほんブログ村 音楽ブログ K-POPへ←K-POP最新情報

dragons_victory at 22:03│Comments(0)TrackBack(0)blogRanking(1)中野友加里 
トラックバックURL
 ※トラックバックは承認後に反映表示されます。

 
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 


アクセス スコアボード


スポンサード リンク
アーカイブ
アイドル写真集