幸二郎です。

レ・ミゼラブルオリジナルヴァージョンが唯一観れたロンドン公演、7月13日に遂にその幕が降りました。
「オリジナルはロンドンに行けば観れる!」と何処かでずっと思っていたのですが、遂にそれも叶わなくなりました。
ジョン・ケアード氏からオリジナルヴァージョンの演出を受けた身としては本当に寂しいのですが、私の最大の舞台の宝物が心の中で永遠になりました。

今朝起きて昔の写真を漁っていたらこんなのが出てきました。
25年前のレ・ミゼラブルのカーテンコールの写真です。多分私が挨拶をして顔を上げた瞬間に撮られたものかと。
隣のプクプクガブローシュは原田優一先生です。笑

IMG_7249

そして25年後もまた並んで楽屋に居ます。
フランスはパリで戦っていた青年と少年は日本は沖縄で戦うオジサンと青年になりました。
IMG_7248

こうして時を経ても舞台に立てる事に感謝しつつ、それもあの時のレ・ミゼラブルがあったからこそとこちらも感謝です。

ミュージカル「ひめゆり」もいよいよ明日で終わりです。
久しぶりの出演でしたが、やはり続けていくべき作品だと感じました。
明日のラストも真摯に滝軍曹を勤めたいと思います。