TOP > 手のひら 汗の予防 対策 > 手のひらの汗の予防と対策

手のひらの汗の予防と対策

手のひらの汗の予防と対策



緊張で手に汗をかく。
または、ずっと握り締めていると汗をかく。

そういった人は多いのではないでしょうか?

その程度の手汗は、誰しもが経験するようです。


しかし、手掌多汗症と診断される人も中には居ます。
そう診断される人は、
目に見えて手のひらがしっとりと汗をかいていることが多く、
ひどい場合は、朝起きたら手のひらが湿っていることもあるようです。


この手掌多汗症には、治療法と言うよりも、対処法が多々あります。

一番手軽なのは、薬です。
薬には、内服薬と外用薬があり、外用薬はインターネット通販でも手に入ります


外用薬は
「塩化アルミニウム液」
と呼ばれる液体を、就寝前に手に塗布します。
個人差はありますが、それだけで、数日間に渡って効果があるようです。

しかし、 内服薬は抗コリン剤というものが有名なのですが、
処方箋が無いと手に入れることが出来ません。

更に、副作用として
・喉が渇く
・力が落ちる
…と言う報告もあるようです。


また、みょうばん石鹸は消臭効果が高く、
ワキガの人が利用しているようです。
制汗剤としての効用もあるので、手軽に利用出来るみたいですね。