昨日のTBSラジオ「伊集院光の日曜日の秘密基地」で、面白い話がありました。

ある和英辞典、「エラー」の項目に宇野が出ていた、その辞書をなんだったか教えてください、というリスナーの疑問が紹介され、別のリスナーがこの疑問に答え、学研のニューアンカー和英辞典に載っていたというのです。
曰く、エラーの項目が、「宇野は凡ゴロをエラーした」が、“Uno muffed an easy grounder for an error.” と出ているそうです。なんと、宇野のエラーは、ついに国境を越えたということです。

他にも、秋山は津野の初球を叩いて同点タイムリーを放った/Akiyama banged Tsuno's first pitch for a game-tying RBI single.」(しかし、津野(元日ハム)を出してくるあたりはマニアック)、”加藤は打者に1球も投げないうちに、一塁に4度も牽制球を投げた Kato pagged the ball to first four times before he made any pitch to the batter.” (この加藤って、誰?まさか加藤康介ではないだろうに)などなど、妙に細かい内容になってます。

面白い辞書といえば新明解が有名ですが、それより先に「読ませる例文」を採用しているニューアンカー、さすがです。

残念ながらニューアンカーはすでになく、今はスーパーアンカーになっているそうですが、イチロー、松井などノリは相変わらずなのはうれしいところ。やっぱり勉強は楽しまないと。