コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

U710p

Try to sleep in, I dare you, I double dare you!





Comment by Anonymous

五分間の二度寝の為に100ドル支払うってのか???最高の無駄遣いだな。

Comment by Anonymous

↑もしくはタダだ。タダほど良いものはないよ。僕だったらこんなもの最初の晩にぶっ壊すと思うね。

けどアイデア自体は良いものじゃないかな。


お札を破るのは法に触れるのではないかと調べたら、日本では以下のような法律があるようです。
この法律は貨幣にのみ適用されるので、紙幣は破っても違法ではないとのことです。コメントでのご指摘感謝します。

貨幣損傷等取締法
(昭和二十二年十二月四日法律第百四十八号)
1 貨幣は、これを損傷し又は鋳つぶしてはならない。
2 貨幣は、これを損傷し又は鋳つぶす目的で集めてはならない。
3 第一項又は前項の規定に違反した者は、これを一年以下の懲役又は二十万円以下の罰金に処する。



Comment by Anonymous

僕が起きることなく目覚ましを止めてしまうって問題がまだ残ってる。



Comment by Anonymous

この目覚まし時計はマジキチすぐる。



Comment by Anonymous

仕事に遅れる上に犯罪まで犯すのか・・胸熱。

Comment by Anonymous

↑こういうのは悪意のときだけ違法なんじゃない?

Comment by Anonymous

↑僕はこれは違法だと思う。


※アメリカにも紙幣や貨幣を破損してはならないとする法律はあるようです(Section 333: Mutilation of national bank obligations



Comment by Anonymous

ドケチな僕にとっちゃ効果抜群だわ。お金を失いたくはないからね。



Comment by Anonymous

100ドルに固執しないんだったら大した効果は望めそうにもないな。

Comment by Anonymous

↑その100ドルしかないんだったら、これはとんでもなく効果的だぞ!!


※日本で言えば一万円札を入れるようなものと想像したら分かりやすいと思います。ただアメリカでは100ドル札のような高額紙幣は需要があまりないので流通量は多くないそうです(参考・・アメリカ合衆国ドル



Comment by Anonymous

これはただのジョークだよな・・?



Comment by Anonymous

これの最大の欠点は、100ドル札はこんなとこに入れず持ち歩いてしまうってことだ。



Comment by Anonymous

お金を持ってない俺には関係なかったでござる。



Comment by Anonymous

ドル紙幣は大きさ全部一緒なんだから20ドル札とかでも良いだろ。

何がお前をそうさせたし。


※アメリカのドル紙幣は1ドルから100ドル紙幣まですべて同じサイズで、縦2.61×横6.14インチ(66mm×156mm)なのだそうです。日本札で言うと五千円札(76mm×156mm)が一番近いと思います。



Comment by Anonymous

多分僕だったらお札を引き抜いてから二度寝すると思う。



Comment by Anonymous

随分燃費の悪い目覚まし時計だな。




<お知らせ>
同人誌が完成しました。
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(絵画篇)―
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(入浴文化篇)―

柊りんのラインスタンプが完成しました。
キャプチャ
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/9255762.html

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
2016年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1.     2011年06月26日 13:07  ID:AFJM1m.50 このコメントへ返信
    >貨幣損傷等取締法
    これは貨幣のみ対象で紙幣は対象外です
    紙幣を破っても罪にはなりません
    2. 管理人です   2011年06月26日 13:48  ID:dXEN.Ivo0 このコメントへ返信
    >1さん
    ご指摘ありがとうございます。
    貨幣損傷等取締法について誤った理解をしていました。
    さっそく記事を修正させていただきます。
    3.       2011年06月26日 19:03  ID:sk.VGVtR0 このコメントへ返信
    自分なら起きれなかったらどうしようって
    ストレスで眠れなくなるよ。
    4. ppss   2011年06月26日 22:35  ID:5xtu77VH0 このコメントへ返信
    でも経済学では「貨幣」ってお金全般のことを指すからややこしいよね。
    厳密には「貨幣」はコインのみで紙幣は含まないらしい。
    5.    2011年06月27日 01:05  ID:lsYXE.3O0 このコメントへ返信
    要するに「起きろ」って事だよ。起きれば貨幣損傷は未遂なんだから問題ない。

    これは財布の上にタバコとライターを置いとくよくある風景と何ら変わらないレベル。
    6. ・。・   2011年06月27日 21:15  ID:oimSKDQf0 このコメントへ返信
    硬貨の場合は原材料の金属の価格変動により硬貨の額面の価値より高くなってしまうことがあるため、鋳潰して原材料に戻し転売することを防ぐための法律があります。
    例えば10円玉に使われている銅の価格が高騰し、10円玉一枚に使われている銅の価格が100円になったとしたら100万円分の10円玉を鋳潰して転売すると1.000万円になるわけで、それを許すと貨幣制度が崩壊してしまいます。
    7.     2011年06月28日 02:08  ID:cptN.kn70 このコメントへ返信
    でもYouTubeで10セントコインをペンダントに加工する動画みたけどな。
    8.     2011年07月01日 12:26  ID:VzyHnvyD0 このコメントへ返信
    この目覚まし時計でビル・ゲイツが起きるとは思えない。


    画像投稿(アップローダーを開きます)