コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

ピクチャ 4
Whats the best Sci-Fi novel you have ever read?

※続き「外国人がオススメする至高のSF小説20冊」海外のまとめ



Comment by saywhat181

「銀河ヒッチハイク・ガイド」シリーズは僕のお気に入りだよ。

 Comment by ProtossTheHero

 ↑これはもっと評価されるべき。俺ダグラス・アダムス大好きなんだ。彼は最高だよ。

銀河ヒッチハイク・ガイド (河出文庫)

銀河バイパス建設のため、ある日突然、地球が消滅。どこをとっても平凡な英国人アーサー・デントは、最後の生き残りとなる。アーサーは、たまたま地球に居た宇宙人フォードと、宇宙でヒッチハイクをするハメに。必要なのは、タオルと“ガイド”—。シュールでブラック、途方もなくばかばかしいSFコメディ大傑作。

銀河ヒッチハイク・ガイド


Comment by Spanglish_Inhibition

「砂の惑星」ああ、陳腐だよ。けど凄く良いんだ。

 Comment by Moofyman

 ↑僕も今これ読んでるけどオススメ。やたら複雑な方法で書かれてる。

 Comment by ziper1221

 ↑僕も読んだことがあるけどあまりのめり込めなかったな。

ピクチャ 5

ストーリーの流れ自体はファンタジーやSF作品の定番とも言える「王家の盛衰」物語であるが、登場人物や舞台となる世界の特徴が細かく描かれており、読む 者の想像力を一気に掻き立てる展開となっている。 主要な舞台であるアラキスでの設定はエコロジカルなニュアンスを醸し出しており、初版当初は新鮮だった。

デューン砂の惑星


Comment by aliceberrysmith

「エンダーのゲーム」

 Comment by

 ↑「エンダーのゲーム」も良いけど、シリーズ二作目の「死者の代弁者」は最高。

 実際オースン・スコット・カードも「エンダーのゲーム」は「死者の代弁者」のバックストーリーとして執筆したと言ってるしね。

 読んで初めて泣いた本だよ。

エンダーのゲーム (ハヤカワ文庫 SF (746))

時は未来。人類は、異星人バガーの二度に渡る太陽系への侵攻を退けた。そして三度目の侵略に備えるため、地球の衛星軌道上にバトル・スクールと呼ばれる施設を設置し、「戦いを終わらせるもの」を養成することに決定した。
天才的な才能を見込まれ、司令官の最有力候補としてわずか6歳でバトル・スクールに編入させられたエンダーは、世界中から集められた優秀な子供たちの中でも桁違いの成績を残し、成長していく。
果たして、エンダーは戦いを終わらせることができるのか……

エンダーのゲーム


Comment by o0Johnny0o

ダン・シモンズの「ハイペリオン」

ちょっとホラーも入った素晴らしいSFだよ。

記憶に残るキャラ達に忘れられない悪役。

 Comment by SMB73

 ↑全くもってその通り。

 この四部作で泣けなけりゃ心ない人間だって事だ。


ハイペリオン〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

28世紀、宇宙に進出した人類を統べる連邦政府を震撼させる事態が発生した!時を超越する殺戮者シュライクを封じこめた謎の遺跡—古来より辺境の惑星ハイ ペリオンに存在し、人々の畏怖と信仰を集める“時間の墓標”が開きはじめたというのだ。時を同じくして、宇宙の蛮族アウスターがハイペリオンへ大挙侵攻を 開始。連邦は敵よりも早く“時間の墓標”の謎を解明すべく、七人の男女をハイペリオンへと送りだしたが…。

ハイペリオン〈上〉


Comment by HenryKillinger

「ニューロマンサー」

 Comment by WestboroBaptAss

 ↑
「ニューロマンサー」読み返すのもう八回目だわ。

ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF)

ケイスは、コンピュータ・カウボーイ能力を奪われた飢えた狼。だが、その能力を再生させる代償に、ヤバイ仕事をやらないかという話が舞いこんできた。きな 臭さをかぎとりながらも、仕事を引き受けたケイスは、テクノロジーとバイオレンスの支配する世界へと否応なく引きずりこまれてゆく。

ニューロマンサー


Comment by beastduels

ニール・スティーヴンスンが書いた「ダイヤモンド・エイジ」と「スノゥ・クラッシュ」

ダイヤモンド・エイジ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

近未来、ナノテクの発達により、文明社会は大きく変貌していた。世界は国家ごとではなく、人種・宗教・主義・趣味などを共有する者の集まりからなる、多種 多様な“国家都市”に細分化されている。上海の貴族フィンクル=マグロウ卿は、孫娘の教育用にナノテクの枠をきわめた初等読本の作製を依頼するが…ダイヤ モンドをはじめ、すべてをナノテクで作りだせるようになった近未来を描く、ヒューゴー賞・ローカス賞受賞作。

ダイヤモンド・エイジ〈上〉

スノウ・クラッシュ〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)

30分以内に配達できなければ、死が待っている…マフィアが経営する高速ピザ配達フランチャイズの“配達人”ヒロ・プロタゴニストは、世界最高の剣士にし て、腕ききのハッカー。仮想空間のメタヴァースでスノウ・クラッシュと呼ばれる新種のドラッグを試してみないかと誘われたことから、とんでもない事件にま きこまれていくが!?近未来のアメリカをスピーディに駆けるハッカーたちの活躍を描くネット世代のためのSF。

スノウ・クラッシュ〈上〉


Comment by Lawborne

「幼年期の終り」

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

地球上空に、突如として現れた巨大な宇宙船。オーヴァーロード(最高君主)と呼ばれる異星人は姿を見せることなく人類を統治し、平和で理想的な社会をもたらした。彼らの真の目的とはなにか? 異星人との遭遇によって新たな道を歩み始める人類の姿を哲学的に描いた傑作SF。

幼年期の終り


Comment by spicywith

「終わりなき戦い」

終りなき戦い (ハヤカワ文庫 SF (634))

『終りなき戦い』は、ジョー・ホールドマンのSF小説。作者自身のベトナム戦争への従軍体験を元に、異星人との星間戦争と兵士たちを置き去りにして変化していく社会を描いている。『宇宙の戦士』と並ぶ戦争SFの傑作として知られる。

終りなき戦い


Comment by BiohazardBlaze

フィリップ・K・ディックの本は好きな奴が多いよ。「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」とか。

宇宙活劇って言うSFってわけではないけどね。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

長く続いた戦争のため、放射能灰に汚染され廃墟と化した地球。過酷で危険を伴う労働は、もっぱらアンドロイドを用いて行われている。また、多くの生物が絶滅し稀少なため、生物を所有することが一種のス テータスとなっている。そんななか、火星で植民奴隷として使われていた8人のアンドロイドが逃亡し、地球に逃げ込むという事件が発生。人工の電気羊しか飼えず、本物の動物を手に入れたいと願っているリックは、多額の懸賞金のため「アンドロイド狩り」の仕事を引き受けるのだが…。

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?


Comment by Piratebz

「異星の客」12歳の時にすごいハマった。

異星の客 (創元SF文庫)

宇宙船ヴィクトリア号が連れ帰った“火星からきた男”は、第一次火星探検船で生まれ、火星に生き残った唯一の地球人だった。この宇宙の孤児をめぐってまき 起こる波瀾のかずかず。円熟の境にはいったハインラインが、その思想と世界観をそそぎこみ、全米のヒッピーたちの聖典として話題をまいた問題作。

異星の客


Comment by MoralitySucks

「宇宙の戦士」が好きなSF小説かな。

さくっと読めるしすごく良いよ。

宇宙の戦士 (ハヤカワ文庫 SF (230))

舞台は未来の地球。裕福な家庭に生まれた主人公の少年ジュアン・リコが、高校卒業後に両親の反対を押し切って軍隊に入り、徹底的にしごかれて、一人前の機動歩兵になっていく過程を描いた作品。特に、訓練キャンプ「アーサー・キューリー」での軍事訓練および宇宙生物との戦いを描いている。

宇宙の戦士


Comment by P-Rickles

「黙示録3174年」

 Comment by Spacemilk

 ↑誰かがこれを挙げてくれるのを待ってた。

黙示録3174年 (創元SF文庫)

核兵器による第三次大戦が起こり、知識文明が中世以前の段階にまで後退したとき、リーボウイッツは文明の保存につとめ、キリスト教の僧侶となって修道院を 設立。物語はその数百年後、文明が廃墟の中から芽生え始めた頃の修道院を舞台に千年という歳月を単位にして、人類と文明の未来史を展開する傑作。

黙示録3174年


Comment by ItsOnlyNatural

「宇宙のランデヴー」

宇宙のランデヴー (ハヤカワ文庫 SF (629))

西暦2130年、宇宙監視計画スペースガードが謎の物体を発見した。ラーマと名付けられた物体は当初小惑星だと思われていたが、宇宙探査機によって送られた映像に写っていたものは、円筒型をした疑いようもない人工の建造物だった。急遽、艦長ノートン中佐率いる宇宙船エンデヴァー号がラーマの探査へ派遣される。

宇宙のランデヴー


Comment by Iamsock

「神の目の小さな塵」

 Comment by platytudepus

 ↑これはもっと評価されるべき。

ピクチャ 5

時は三〇一七年。人類は銀河系の隅々にまで支配の手をのばし、統一と戦闘とを繰返していた。帝国宇宙海軍の巡洋艦〈マッカーサー〉号で反乱軍の宇宙船との 交戦から帰還したロデリック・ブレイン中佐は提督から艦長への昇進を言い渡され、艦の修理が終わりしだい首都星まで航行する任務に当たることになった。あ る日のこと、正体不明の宇宙船が〈マッカーサー〉号の前に現われ、人類に接触を求めてきた。果して彼らの目的は何か……?

神の目の小さな塵 (上)


Comment by washer

「我が赴くは星の大海」

※「虎よ、虎よ!」のことです。

虎よ、虎よ! (ハヤカワ文庫 SF ヘ 1-2)

“ジョウント”と呼ばれるテレポーテイションにより、世界は大きく変貌した。一瞬のうちに、人びとが自由にどこへでも行けるようになったとき、それは富と 窃盗、収奪と劫略、怖るべき惑星間戦争をもたらしたのだ! この物情騒然たる25世紀を背景として、顔に異様な虎の刺青をされた野生の男ガリヴァー・フォイルの、無限の時空をまたにかけた絢爛たる〈ヴォーガ〉復讐 の物語が、ここに始まる……鬼才が放つ不朽の名作!

虎よ、虎よ!


Comment by Anthroduck

「オルタード・カーボン」

オルタード・カーボン

27世紀。人間の心はデジタル化され、小さなメモリー・スタックに記録 されて頭部のつけねに埋め込まれている。外側の肉体を買う金がある人間は永遠の生命を得られる。 バックアップを取っていないメモリー・スタックを破壊された人間のみがR・D(リアル・デス=真の死)を迎える。
主人公、タケシ・コヴァッチは犯罪に加担したかどで百七十年の保管刑に服していたが突如釈放され、見知らぬ男の体にダウンロードされた。数百年生き続けている大富豪ローレンス・バンクロフトの自殺の真相を究明すれば、十万国連ドルの謝礼と新しい肉体が手に入り恩赦を受けられるという。コヴァッチは六週間の期限つきで調査することになった。

オルタード・カーボン



<管理人より>

字数制限のため記事を2つに分けています。

続き
「外国人がオススメする至高のSF小説20冊」海外のまとめ



<募集>
柊りんのイラストを描いていただける方を募集しています。
稿料は希望額をお支払いいたします。
詳細は「こちら」から

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1.    2012年03月05日 10:32  ID:17x1X5HaO このコメントへ返信
    SF小説なんて子供の頃にホントの古典しか読んだ事ないや
    ウェルズとか

    読んでみるか
    陳腐じゃないかちょいと心配
    2. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 10:35  ID:Fx4T2Wm60 このコメントへ返信
    日本人のSF作家もっと頑張れ
    3. _   2012年03月05日 10:36  ID:bSpr65F60 このコメントへ返信
    ファウンデーション!
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 10:49  ID:pdKDmbCw0 このコメントへ返信
    「神の目の小さな塵」はもっと評価されるべき!

    って英語圏でも言われててワロタ

    いま読むと、1974年の作品なのに、登場人物たちがみんないつもスマホをいじっていることに驚くだろう。
    5.    2012年03月05日 10:53  ID:APuviEmS0 このコメントへ返信
    >日本人のSF作家もっと頑張れ
    つ 神林長平
    つ 海野十三
    つ 筒井康隆
    つ 星新一
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 10:55  ID:2ZNSbDPd0 このコメントへ返信
    「黙示録3174年」って、アシモフのファウンデーションシリーズと、どっちが先なんだろ?
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:09  ID:L896ztlX0 このコメントへ返信
    ドラえもんを推しておく
    8. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:11  ID:Fx4T2Wm60 このコメントへ返信
    >>5
    タイトルが
    「外国人がオススメする至高のSF小説17冊」海外のまとめ
    なんですよ

    あなたが外国人でしたらごめんなさい
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:21  ID:Nl9wQEGK0 このコメントへ返信
    星を継ぐものの壮大さ
    10.     2012年03月05日 11:21  ID:y7WdhMvi0 このコメントへ返信
    >砂の惑星
    TV放映長尺版とやらを視聴。
    砂虫でトレマーズのような作品を想像していたら
    退屈で辟易した。
    スターウォーズとマッドマックスを
    混ぜてつまらなくしたような映画
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:31  ID:q8Y7RqDQ0 このコメントへ返信
    夏への扉がないのう
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:39  ID:G9sZbrMr0 このコメントへ返信
    小学生の甥にプレゼントする本の参考にしようっと
    13.    2012年03月05日 11:41  ID:Q40BtOqx0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    14. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:41  ID:O5HeCXq90 このコメントへ返信
    ランデブーが入ってて安心した、
    あれは戦争を書かないSF冒険小説として古今並ぶものの無い最高峰だ
    15.    2012年03月05日 11:43  ID:0NW.DELX0 このコメントへ返信
    銀河ヒッチハイクガイドは映画が残念すぎて・・
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:44  ID:Ao0Kt2NrO このコメントへ返信
    ジョウントは、キングの作品でも出てきたテレポートシステムだね。
    やっぱりSFに関しては海外作品に1日いや10年の長があるなあ。
    ハインライン作品が個人的には一番好きだな。
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:45  ID:7ummyyVm0 このコメントへ返信
    30年前にはまった幻魔大戦がラノベに分類されてて驚愕したことあるわ。
    18. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:45  ID:IqMfrPPW0 このコメントへ返信
    星を継ぐもの一択
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:46  ID:krVJQZmYO このコメントへ返信
    ここは小説を語る場なのに映画を持ち出す人って何?日本語が理解
    できないならコメントは控えた方がいいと思う。
    20. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 11:53  ID:xSIm2e4X0 このコメントへ返信
    日本の最近のSFだと「神様のパズル」はオヌヌメ。
    ライトノベル風の表紙に騙されて買ってみたら中身は本格的なSFだったでござる。良い意味で期待を裏切られた作品。
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 12:08  ID:Qy8DjfRDO このコメントへ返信
    皆さん、詳しいw
    最近のお気に入りは評(言に票が本当の字)剣の「人間軟件」です。
    知ってる人もいるかも知れないけど、これは面白かった。
    現代と繋がった世界設定がリアリティを産んでワクワクしました。
    22. 名無しさん   2012年03月05日 12:12  ID:swsjLetA0 このコメントへ返信
    幻魔大戦がラノベ扱いでも、まあショックまでは受けないが
    だったらハイペリオンもラノベじゃね? って気はする
    ラノベってカテゴリ扱いにして作品を小馬鹿にする風潮も
    どうかとは思うが
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 12:15  ID:UtNvn7o10 このコメントへ返信
    ラノベかどうかの判断は1ページ辺りの文字数と会話文の割合ですべき
    24. 名無しさん   2012年03月05日 12:29  ID:GbyGS59Y0 このコメントへ返信
    大学生の頃に海外SFをよく読んだなあ。
    マイベストはやはり星を継ぐものか。
    エンダーのゲーム&死者の代弁者も良い。
    ちなみに夏への扉はSFとしては過大評価されてると思う…って書いたら荒れるかなw
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 12:29  ID:BycRRwYR0 このコメントへ返信
    SFとラノベの境は難しいな
    小川一水はラノベという奴だっているし
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 12:41  ID:CunFjK9t0 このコメントへ返信
    ※17
    平井和正は年食うごとにゆるくなってると思う
    リアル中学生の時でさえ
    地球樹の対談は本気で気持ち悪かった、ボヘミアンも
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 12:50  ID:wNGsTE5U0 このコメントへ返信
    幻魔大戦か。前半は文句なしに面白いんだけど、
    途中から新興宗教設立に伴う権力闘争の話になって投げたわ
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 14:07  ID:yN.xa5Y90 このコメントへ返信
    結構子供の頃読んでるなあ。
    ファウンデーションやレンズマン、スカイラーク、ローダン(継続中)なんかも名作だね。

    日本だとソノラマのクラッシャージョウとかエスパーコネクション
    とか面白かったな、これもいまではラノベ扱いだなw
    29. 名無しさん   2012年03月05日 15:45  ID:GbyGS59Y0 このコメントへ返信
    ラノベかどうかって、結局のところレーベルで決まってる気がする。
    そして今度はソノラマがラノベか否かで…
    30. 名無しのサッカープレイヤー   2012年03月05日 16:15  ID:LsKwORzU0 このコメントへ返信
    最近は日本のSFも盛り返してきてるよ
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 16:45  ID:LKLtblqV0 このコメントへ返信
    星を継ぐもの。これだけは古本屋に持って行けない。
    32. 名無しさん   2012年03月05日 18:08  ID:XQkP2gr60 このコメントへ返信
    *2*8
    *5の人は「お前読んでるの?」て言いたいんじゃねえの?
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 18:16  ID:9ajt55Ei0 このコメントへ返信
    エンダーのゲームもいいけど、個人的にはソングマスターのが好き。
    両方泣けたけどw
    ソングマスター読んだ後は、歌題材の探してマキャフリーとかあさったのは、良い思いで。
    そういえば最近本屋にカードの作品無いね~;
    34. 名無しさん   2012年03月05日 18:29  ID:KhTwFE0U0 このコメントへ返信
    外国人からお勧めされるようなSF大家になって欲しいってことでしょ。
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 20:45  ID:E9ei5Rdj0 このコメントへ返信
    アジモフは……?
    36. うむむん   2012年03月05日 21:53  ID:XlWtYKOq0 このコメントへ返信
    銀河英雄伝説がないですねぇー(´ヘ`;)好きなのに・・・
    37. 名無しさん   2012年03月05日 22:37  ID:T4HjzsCn0 このコメントへ返信
    「エンダーのゲーム」は面白いど、翻訳が下手なんだよね。
    続編の「死者の代弁者」と「エンダーのゲーム」の裏版の「エンダーズ・シャドウ」はもっと良くなってる。
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月05日 23:05  ID:j46VcexH0 このコメントへ返信
    ハヤカワはカウント・ゼロやモナリザ~の品切れをいい加減何とかすべき。
    39. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月06日 00:43  ID:hRfZ0I1f0 このコメントへ返信
    36さん、あれが好きなら、今は「彷徨える艦隊」ってのがありますよ。
    宇宙に出たホーンブロワー提督という触れ込みで、これが宇宙軍だなあと楽しめます。

    ハヤカワさんも昔ほど文庫本が売れなくて大変だろうけど、数年前の本くらいは手に入れられるようにして欲しいなあ。これは電子書籍に期待するしかないのかな。
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月06日 01:23  ID:NkfYFNas0 このコメントへ返信
    SFは世代を重ねて、ごった煮状態が加速してるよね
    ハイペリオンもいいところどりって感じで面白かった
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月06日 04:00  ID:HvhVitP10 このコメントへ返信
    ゼネプロの元ネタが知りたくてニーヴン読み漁ったな~
    「スーパーマンの子孫存続に関する考察」は大爆笑したわ
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月06日 06:46  ID:8G33.d1E0 このコメントへ返信
    まさかスノウ・クラッシュが入るとは思わなかったな
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月06日 09:58  ID:41kC.oop0 このコメントへ返信
    わたし的には、『星を継ぐもの』『神の目の小さな塵』『夜の大海の中で』はセット。

    44. 名無しさん   2012年03月06日 10:19  ID:60QJ.8l40 このコメントへ返信
    ポストマン...
    ないのか...
    45. GacHaPR1Us   2012年03月06日 12:17  ID:xl07JVHv0 このコメントへ返信
    5 まあ、日本以外の外国で書かれたSFが「SF」なのであって、日本で書かれたSFは全部「ラノベ」なんだけどね。日本以外全部SF。
    ところで、自分の大好きなル=グゥイン母さんがまったくないわけだが。
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月06日 21:27  ID:awuD6K9j0 このコメントへ返信
    >日本で書かれたSFは全部「ラノベ」なんだけどね

    意味不明。まずラノベの定義からどうぞ。
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月07日 01:27  ID:5ARTSe3x0 このコメントへ返信
    神の目の小さな「塵」って、日本がモデルなんだよ
    異様に模倣と改良がうまくあらゆる技術を取り込んで進化する異文明「塵(モート:日ノ本?)の住人」を
    決して宇宙に解き放ってはいけない存在としてアメリカ人やロシア人が封じ込め絶滅を図るお話

    ディティールには面白いところもあるけれど
    これを読んで以来ラリーニーヴンを読むのは止めた
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月08日 01:12  ID:5JQuuOac0 このコメントへ返信
    ハルヒはかなりSFだと思う
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月08日 11:03  ID:MZsHFS5P0 このコメントへ返信
    ハルヒは王道ド真ん中の普通のオーソドックスなSF。
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月09日 14:12  ID:MoGAtEGY0 このコメントへ返信
    宇宙のランデブーはあの野郎が執筆に混ざってからの続編の駄作っぷりがすごい
    51. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月10日 03:02  ID:KQ0uWW5w0 このコメントへ返信
    「火星年代記」と「われはロボット」「鋼鉄都市」「はだかの太陽」は外せない。
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月10日 16:24  ID:KpkfbLJB0 このコメントへ返信
    51に同意
    過去の相棒との約束の為に絶対者として存在し続けなければならない悲しみがいい
    幼年期の終わりは傑作
    進化したものの視点から見た宇宙の美しさと残酷さの描写には身震いした
    53. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月11日 18:28  ID:cw7.z7Pc0 このコメントへ返信
    ニューロマンサーが出てて安心した
    当たり前だけど名作ばっかりだね~
    スティーブン・キングの作品も一つくらい入ってて良い気がする
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月13日 22:09  ID:rjoOsEQa0 このコメントへ返信
    日本人作家のSFなら
    小川一水の第六大陸とか秋山完の作品や岩本隆雄の星虫
    笹本さんの星のパイロットが好き
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月15日 15:59  ID:wZSym.2b0 このコメントへ返信
    スノウ・クラッシュの主人公は在日なんだよな〜
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月18日 00:09  ID:veA2Ottk0 このコメントへ返信
    星虫はバブル時代らしい設定だったけど面白かった。


    >45. GacHaPR1Us
    お約束のセリフですね。数十年前から進歩が全く無いね、原理主義者は…
    せめて日本のSF作家はイデオロギー臭が強くてアレだな~
    とか一言あればねぇ。
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月18日 09:28  ID:2YJVhaG80 このコメントへ返信
    ウルフガイかと思った。
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月19日 03:35  ID:.DotFMV80 このコメントへ返信
    黙示録3174年はホライゾンの元ネタじゃね?
    オルタードカーボンはカイバだな

    海外SFからネタ持ってきて弄繰り回すと面白いのできそう

    ゼーガペインの元ネタはグレッグ・イーガンのディアスポラだし
    59. 無味無臭なアノニマスさん   2012年03月22日 08:10  ID:mIenZ45A0 このコメントへ返信
    >>54
    同士よ
    古いけど安芸一穂のフェアリーエクスプレスシリーズも好きだ
    60. 元・S   2012年04月01日 09:45  ID:3.OWLJYE0 このコメントへ返信
    銀河英雄伝説はアメリカでは嫌われています。
    なんと驚くことに10年連続で子供に読ませたくない本第一位にランクインしています。

    61. pinoy   2012年04月02日 23:56  ID:wk5PJUts0 このコメントへ返信
    銀英伝が米国で嫌われる理由を御存じならば
    是非是非、御教授賜りたい。
    何でだろう?腐敗した民主主義国家が
    独裁者に破れるからか?
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2012年04月04日 02:12  ID:f9iCzikV0 このコメントへ返信
    ※61
    嫌われてるかは知らないが
    「人数が多すぎる」というのは聞いたことがある
    そもそも小説版は英語翻訳されてないんじゃなかったか?
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2012年04月25日 15:09  ID:eJrfswRp0 このコメントへ返信
    ハイペリオン シリーズ図書館にあるはずの第一作目のハイペリオンが
    いつまでたってもない
    借りパクしやんがったぬああああもす
    64. 無味無臭なアノニマスさん   2012年05月26日 21:41  ID:EV8yjywg0 このコメントへ返信
    SF入門者の俺はホーガンが出てないことに絶望した!
    65. 名無しさん   2012年06月03日 00:32  ID:NMqHp6Ep0 このコメントへ返信
    >61
    だってあれ、作者の超理論に基づいて宇宙戦争が展開してるから…SFじゃないですしおすし。
    それに宇宙で二次元的な戦術って…中世の騎兵かよと突っ込みたくなる。
    え?読ませたくない理由?俺は知らない。
    66. 名無しさん   2012年06月07日 21:44  ID:eo1TeqDM0 このコメントへ返信
    全部翻訳が刊行されてるのか・・・・

    改めて日本って文化大国なんだなぁって感じるわ
    67. 銀英伝ファン   2012年06月08日 11:25  ID:u3.NL4ID0 このコメントへ返信
    >銀河英雄伝説はアメリカでは嫌われています。
    >なんと驚くことに10年連続で子供に読ませたくない本第一位にランクインしています。

    日本のWikipediaには、銀英伝の海外展開は中国訳と韓国訳のみとされています。
    また、アメリカのWikipediaでも、「公式英語版が存在しないので、これらの翻訳は非公式です」と記述されています。
    この元・S氏は、エイプリルフールにさまざまなサイトでこの悪意あるデマを書き込んでおり、一ファンとして悲しく思ったのでご連絡させていただきました。

    アメリカのWikipedia
    http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_Legend_of_the_Galactic_Heroes_media#Original_novels
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2012年07月01日 06:40  ID:2uNMHxhl0 このコメントへ返信
    SFの面白さが分からない
    星を継ぐものも途中で気づいてしまった
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2012年07月03日 17:29  ID:P6eAVjaB0 このコメントへ返信
    夏になるとSF読みたくなるのは自分だけだろうか
    つってもせいぜい星新一やブラッドベリの短編ながめる程度だけど…

    銀河ヒッチハイクガイド読んでみようかなぁ
    あらすじ見たら意地悪そうで興味わいた
    70. 名無しな名無しさん   2012年07月28日 15:46  ID:Vn7.WtBq0 このコメントへ返信
    だいたいマトモだったけどホーガンが入ってないのか
    71. 名無しな名無しさん   2012年07月28日 15:48  ID:Vn7.WtBq0 このコメントへ返信
    銀河英雄伝説は、SFではないと思う 妄想日記だろう

    竹林の七賢みたいな無責任な発想で実務者から見ると反吐がでるくらい不愉快な作品
    あれはマトモな仕事したことがない左翼の書いた厨房作品だわな
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2012年07月31日 15:01  ID:PfIc4xZB0 このコメントへ返信
    SFの定義自体が非常に曖昧だからな。サイバーパンクか宇宙か異星人でてくりゃSFなのかって話。
    ハリーポッターのようなファンタジー小説でさえ、人によっちゃSFジャンルに含んでるから。
    73. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月04日 13:50  ID:gDoGXZR.0 このコメントへ返信
    米68
    ミステリと違うわけやし
    事前に内容を聞き及んでたとしてもアイディアを味わうことはできるんやで
    合わんの無理する道理もないけどさ。
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月11日 16:01  ID:Sp5ll.S90 このコメントへ返信
    >45
    「日本沈没」をラノベと言い切る人がいたとは驚きだ。
    75. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月11日 16:02  ID:Sp5ll.S90 このコメントへ返信
    「銀河英雄伝説」は登場人物の名前にナチス関係者が多過ぎて翻訳できないと聞きましたが・・・
    76. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月14日 10:42  ID:X.QUdUeT0 このコメントへ返信
    SFは外国に勝てる気がしないねえ・・
    いや銀英伝とか好きなんだけどさ
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月28日 19:22  ID:8KYzf.Xz0 このコメントへ返信
    『パヴァーヌ』
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2012年12月25日 08:14  ID:jBeXvPDI0 このコメントへ返信
    惑星ソラリス
    79. 名無しな名無しさん   2013年01月04日 11:22  ID:Mgn3xKUv0 このコメントへ返信
    F・K・ディックは電気羊より火星のタイムスリップ、とかユービックとかの方が面白いと思うけど。
    まあ電気羊が一番有名ではあるけど。
    あと、※78がソラリスを上げているけど、レムが挙がってないのは寂しいね。
    それとティプトリーJrはどうした?
    シルヴァーバーグはどうした?
    スタージョンはどうした?
    80. 僕自身コメントする喜びはあった   2013年01月05日 17:04  ID:2N2NOla50 このコメントへ返信
    ロボットアニメと銀英伝で十分です

    真面目な話、日本でストイックで純粋な意味でのSFって必要ないような気がする
    必要ないっていうのは違うけど、広まらない土壌みたいなのができてるというか
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2013年04月09日 01:07  ID:X2QglvYM0 このコメントへ返信
    ※5
    半分は亡くなってるし、
    残りの半分は昔ほどは…
    82. 無味無臭なアノニマスさん   2013年04月22日 20:51  ID:NdbOdu0t0 このコメントへ返信
    ランク SS
    闇よ落ちるなかれ。成長の儀式。スラン。アンドロイド。異世界の帝王。

    ランク A+
    ポストマン。ドームズデイブック。終わりなき戦い。

    ランク B-
    ファンデーションシリーズ。妖精郷の騎士(ファンタジー)。

    ランク 未定
    彷徨える艦隊。

    フィリップ kデック。 アーサ cクラーク。その他大御所はランク外

    83. 無味無臭なアノニマスさん   2014年04月27日 11:18  ID:wZISONVa0 このコメントへ返信
    ※45
    最近、遅ればせながら気づいたことがある。
    「まぁ」 「だけどね」
    これが入った文章は信じちゃいけない。
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2014年05月03日 13:17  ID:iAT3exir0 このコメントへ返信
    ※83
    まぁ それよりも☆マークつけてるそいつがゴニョゴニョなんだけどね。
    85.     2016年03月07日 15:53  ID:zqzMtDGg0 このコメントへ返信
    スレ全体に言えることだが
    どうも壮大ならなんでもいいっていうか
    大御所をわざわざ外す意味がないなぁ

    設定が大層だけど難有りな小説ばかりじゃないか
    こんなんだからSFが衰退したんだよ
    86. 無味無臭なアノニマスさん   2016年03月09日 22:25  ID:e3q.v68g0 このコメントへ返信
    ハイペリオンは今でも時々読み返す
    それぞれのキャラに感情移入しすぎて泣いたなあ
    やはり詩人サイリーナスがお気に入り
    これをきっかけにアシモフのファウンデーションシリーズとかに傾倒していきました


    画像投稿(アップローダーを開きます)