コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by Watermelon_Salesman

とある物理学者は一部の哲学者がどうしようもないという事を証明するため、ポストモダン哲学者に似せた論文形式ででたらめの哲学論文を書き上げそれが雑誌に掲載されることになった。


<ソーカル事件>

ソーカル事件とは、ニューヨーク大学物理学教授だったアラン・ソーカルが起こした事件。数学・科学用語を権威付けとしてでたらめに使用した人文評論家を批判するために、同じように、科学用語と数式をちりばめた無意味な内容の疑似哲学論文を作成し、これを著名な評論誌に送ったところ、雑誌の編集者のチェックを経て掲載されたできごとを指す。掲載と同時にでたらめな疑似論文であったことを発表し、フランス現代思想系の人文批評への批判の一翼となった。

「疑似論文」に用いた数学らしき記号の羅列は、数学者でなくとも自然科学の高等教育を受けた者ならいいかげんであることがすぐに見抜けるお粗末なものだったが、それらは著名な思想家たちが著作として発表しているものをそっくりそのまま引用したものだった。この「疑似論文」は放射性物質のラドンと数学者のヨハン・ラドンを混用するなど、少し調べると嘘であることがすぐ分かるフィクションで構成されている。

ソーカル事件

reddit.com/r/todayilearned/comments/ymppn/til_a_physicist_wrote_a_mock_paper_full_of_made/



Comment by Industrialbonecraft

特に驚くという事はない


Comment by locallyunscene

共和党の統治理論と似たような感じだな。


Comment by derrida_n_shit

スレ立てしてくれてありがとう!

俺理論オタでこういった系のやつ大好物なんだ!


Comment by confused_zoologist

『「知」の欺瞞』は昔読んだことがあるよ。かなりおススメの本だ。

すっげー面白いから。

「知」の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用 (岩波現代文庫)

 科学をめぐるポストモダンの「言説」の一部が「当世流行馬鹿噺(ファッショナブル・ナンセンス)」に過ぎないことを示し、欧米で激論をよんだ告発の書。名立たる知識人の著述に見られる科学用語の明白な濫用の数々。人文系と社会科学にとって本当の敵は誰なのか? 著者らが目指すのは“サイエンス・ウォーズ”ではなく,科学と人文の間の真の対話である.

「知」の欺瞞――ポストモダン思想における科学の濫用


Comment by neutralchaos

「哲学者は全員間抜けだという事を証明した。」

修正しといた。


Comment by brod333

ウィキペディアとか信頼できる情報ソースじゃないだろ。

※ウィキペディアでスレ立てされていました。


Comment by larg3-p3nis

以前人文科学の学生してたけど確かにこれはあったことだよ。


Comment by queefin_it_real

一部の哲学者だけが間抜けだとでもいうのかい?


Comment by arielcher

いやいや、別にこれは一部の哲学者が間抜けだという事を証明することにはならないだろ。

これから言えることは出版社っていうのは出版物の内容について十分な注意を払っていないってことじゃないのか。


Comment by WoollyManmoth

これと似たようなことが現代アート、現代ポエム、あと物理学も

Pierre Brassau
Ern Malley
ボグダノフ事件

<Pierre Brassau>

Pierre Brassauはスウェーデン人ジャーナリストによってされたデマのことをさします。このジャーナリストは評論家が本当に前衛芸術を理解しているのかを試験するためにチンパンジーに描かせた絵をフランスの画家だという触れ込みで展示会を開きました。

するとその展示会は評論家の賞賛の嵐で大成功で終わったとのことです。


<Ern Malley>

Ern Malleyとは架空の詩人であり、オーストラリアでは最も有名な文学史上のでたらめであるとのことです。
実際はJames McAuleyとHarold Stewartが1944年にたった一日で作り出した詩です。


<ボグダノフ事件>

ボグダノフ事件とは、フランスの双子の兄弟であるイゴール・ボグダノフ とグリシュカ・ボグダノフによって著された一連の理論物理学論文の正当性を巡る学術論争である。

ボグダノフ兄弟の論文は、複数の権威ある科学誌に掲載された。彼らはこの内容を、「ビッグバンの際に何が起こったかを記述する理論を提案する理論として最高のものである」と主張した。

その後、彼らの一連の論文について、学術誌への掲載論文を選考するために物理学分野で採用されている査読制度の脆弱さを示すための手の混んだ悪戯だという風説が、2002年頃にネットニュースサイト・ユーズネットのニュースグループ上で広まった。つまり、学術誌には論文を査読する能力がないことを示すため、兄弟がデタラメな論文を試しに送りつけた、というものである。これを契機に、論文の正しさを巡る論争が学術者の間でも広がった。

ボグダノフ兄弟の仕事が物理学に貢献するものか、それとも無意味なものなのか、という議論はユーズネットから他の多くのインターネット上のフォーラムへと広がった。それらには著名な物理学者のブログや、フランス語版および英語版のウィキペディアも含まれる。その後の論争は主流のメディアでも大きく取り上げられた。

ボグダノフ兄弟は自身の仕事の正確さを擁護しつづけたものの、多くの物理学者は件の論文はナンセンスであると断言し、査読制度が根本的に誤謬を含みうる証拠だと見なした。

ボグダノフ事件


Comment by spankymuffin

これってつまり「一部の哲学者」を「ポストモダニスト」って表現することが可能ってことなの?


Comment by stratocaster202

あ、これうちの教授だ。この人すっげー酷い。

 Comment by arjunkc

 ↑俺は逆の体験したけどな。

 この人の講義とったことがあるけどすごく良い人だった。


Comment by Jackstick

誰かこの「ポストモダン哲学者」っていうのは一体どういうものなのか簡単に説明してくれないか?

 Comment by glamsome

 ↑最近「ポストモダニズム」っていう書籍を読んだ人のこと。

ポストモダンとは、「モダン(近代)の次」という意味であり、モダニズム(近代主義)がその成立の条件を失った(と思われた)時代のこと。ポストモダニズムとは、そのような時代を背景として成立した、モダニズムを批判する文化上の運動のこと。主に哲学・思想・文学・建築の分野で用いられる語。

ポストモダン


Comment by thegregbradley

うちの父親の専攻は哲学だった。

哲学のことは勧めてたなぁ。地下鉄で働く人の中で最も賢い人間になるんならってね。


Comment by vanillaafro

まあ少なくとも哲学というのはでたらめな学問だからな。

他の学問は科学的手法を根拠にしてるっていうのに。


Comment by Irnbruguy

うちの高校の時の友人に英語の試験でこれやったやつがいるわ。

成績はC貰ってた。


Comment by rawbamatic

「空飛ぶスパゲッティモンスター」って悪ふざけのことを思い出した。

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教は、ボビー・ヘンダーソンが、インテリジェント・デザイン説を公教育に持ち込むことを批判するために創始したパロディ宗教(冗談宗教)。

<主な教義>
・祈るとき、「アーメン」の代わりに「ラーメン」と言う。

・天国にはストリッパー工場とビール火山が約束されている。また、女性やゲイの信者のための男性ストリッパーも存在している。

・教祖や教団にお布施をする代わりに、そのお金は「貧困をなくす」、「病気を治す」、「平和に生きて、燃えるように愛して、電話の通話料を下げる」のに使う。

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教


Comment by kantscholar

アカデミックな哲学者の大半はこういう「ポストモダニスト」のことはどうしようもない馬鹿だと考えてるよ。


Comment by EkriirkE

これと似たようなことが「芸術」世界においても蔓延してるよ。

僕にいわせりゃ芸術なんてのは目で見える哲学だな。


Comment by wadester007

どの専門分野においてもどうしようもない奴は存在するもんだよ。




キャプチャ



<お知らせ>
「暇は無味無臭の劇薬」の同人誌が完成しました。




<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
2016年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 12:29  ID:5z5VEfVI0 このコメントへ返信
    ある分野の権威がてきとーな仕事してるっていうのは最低だな。
    2. 名無しさん   2012年08月24日 12:30  ID:tzMeDK.20 このコメントへ返信
    ソーカル事件は面白すぎてほぼリアルタイムで追ってたwwww
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 12:35  ID:2t607Zyd0 このコメントへ返信
    まあ哲学に限った話じゃないけどな
    4. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年08月24日 12:36  ID:s8.55d5j0 このコメントへ返信
    オカ板とかの釣りスレと同じか
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 12:38  ID:WBg3.H6j0 このコメントへ返信
    デュシャンの泉みたいなもんだ
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 12:49  ID:S7.HJ3pk0 このコメントへ返信
    ポストモダンの胡散臭さ、似非哲学加減といったものは、それがアカ臭いことからまともな者は誰でもわかるのだが、残念なことに最高学府の学生ですら頭でっかちの弊害(常識の欠如)からは逃れられないということを証明した
    当時学生だった自分は、自分の周囲でなされる空虚な言論に辟易していたが、論理というよりは常識的ないわば「なんとなく臭い」という類の判断であったため、正面衝突の危険は冒せなかった
    一言で言えば机上の空論であった
    7. 名無しのはーとさん   2012年08月24日 12:53  ID:gmsu.S4u0 このコメントへ返信
    チンパンジーの絵が素晴らしい芸術性を秘めていた可能性
    8.      2012年08月24日 12:56  ID:O6paFUon0 このコメントへ返信
    いやーほんとに「観測」やら座標系という用語をあのフランス人どもは出鱈目に使って哲学してるふりしてたからね
    ポストモダンは詐欺と言われてもしょうがないわ
    9. 名無し   2012年08月24日 13:10  ID:V.pl4PLS0 このコメントへ返信
    またkじょこから新しい哲学が始まるから哲学者には効かない
    10. 名無しさん   2012年08月24日 13:10  ID:FG4HxFbc0 このコメントへ返信
    日本でもマスゴミに重宝される「知の巨人」的な奴らがまさにコレだねw
    11.     2012年08月24日 13:13  ID:6zJYgFCIO このコメントへ返信
    ちょっと空飛ぶスパゲッティ・モンスター教に改宗してくる
    12. 名無し   2012年08月24日 13:32  ID:ckvWWW7y0 このコメントへ返信
    改宗ってどうやるの?


    俺も空飛ぶスパゲッティ・モンスター教に

    改宗するわ。
    13.    2012年08月24日 13:39  ID:XBWYbjIGO このコメントへ返信
    デタラメを指摘された連中もそいつらを崇めてたアカデミズムの連中も
    ソーカル事件以降も知らぬ存ぜぬなのが酷すぎて笑えない
    裸の王様は改心したのに
    14. 名無し   2012年08月24日 13:40  ID:hDe0PMTq0 このコメントへ返信
    うちの教授もよくおやつタイムの時に謎の作り話をするよw
    教育者としてはどうかと思うけど、なかなか面白いし、普通の人なら絶対騙されると思う
    常に疑ってかかれっていう意味も込めてるとは思うけど

    ま、科学の学術雑誌だって誉められたもんでないのだけは確か
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 13:42  ID:5buy.vBj0 このコメントへ返信
    この本の主張はその通り
    ただし科学に哲学が不必要だという誤解も広めた
    心理学脳科学進化論宇宙論の正しい批判をも封じ込めて
    恐ろしいばかりの権威主義と異端狩りを認めてしまった
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 13:48  ID:KK4Wmykl0 このコメントへ返信
    哲学なんて結局宗教と何ら変わりはない
    カント教フッサール教ハイデガー教
    あいつら自分の信奉する哲学者の「この人のここが凄い!だから正しい!」ってのを延々文章にしたものを論文と称してる
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 13:49  ID:q.WYBFlK0 このコメントへ返信
    これ、哲学者側が批判されがちだけど、『自分が理解できないものは、価値があることを否定しきれないから、とりあえず次のステージに進めてより優秀な人達の判断を仰ぐ』という大原則を考えれば哲学者側を批判できない。
    もし発表後、哲学界で絶賛してしまったなら無能を晒していることになるけど、発表しただけで勝利宣言する物理学者のほうが頭おかしいと思う。
    18. 名無し   2012年08月24日 13:54  ID:hDe0PMTq0 このコメントへ返信
    >>17
    それを、自称権威をつけるお仕事の雑誌でやっちゃったのが不味いんじゃない?
    文学賞を、名だたる作家がパッパラパーにあげちゃうようなもんで
    まあ、芸術に関してこの喩えは不適切だと思うけどw
    19.     2012年08月24日 14:14  ID:nYj0EhXq0 このコメントへ返信
    テレビで偉そうに解説してる大学教授やら精神科医やらがどうのこうの的なもんか
    20. 名無しさん   2012年08月24日 14:19  ID:jVCqxfkF0 このコメントへ返信
    米16
    ポストモダン批判とカント批判は全然違う次元の話だと思うんだが
    21. 僕自身コメントする喜びはあった   2012年08月24日 14:26  ID:kLxheeIz0 このコメントへ返信
    物理学者をアホ晒しするために、スルーしたという可能性
    22. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 14:29  ID:3UZ2k9tx0 このコメントへ返信
    哲学も芸術もそうだが、経済や法律も酷いよ
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 14:30  ID:SnvsoN8h0 このコメントへ返信
    こちかめに例えるなら両さんの絵を国内の評論家が褒めたから何億円にも値上がりしたけど
    外国の評論家が批判した途端に紙屑同然に値下がりしたようなもんか
    24. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 14:34  ID:854Ln9j20 このコメントへ返信
    本を読んで心理学のレポートを書かなきゃいけなかったけど
    めんどくさかったから、内容に触れないように
    適当な小難しい単語と文章で適当に埋めたんだよな。そんで優をもらったのを思い出した。
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 15:16  ID:JPyhpBaH0 このコメントへ返信
    日本でもあったな、赤井邦道w

    朝日新聞が絶対に好きそうな文を読者欄に投稿するって奴。
    勿論、事前に予告してな。
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 15:20  ID:2SSVJRbp0 このコメントへ返信
    哲学は遊びの範疇だけど、心理学は医学の皮被ってるから悪質だよな
    国内の経済学者もロクなのが居ない

    香山リカ(自称-精神科医)とか勝間和代(自称-経済評論家)とか只のアジテーターだろ
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 15:23  ID:d.MRMlkI0 このコメントへ返信
    西欧の哲学ってのは言語的な欠点を言語外のマクロ言語で定義付けしようってな無意味な行為に近い要素があるからな。
    それを茶化したSFも有ったし、数学言語を知ってる理系人間には馬鹿らしい事にしか思えないんで起こる事なんだろう。
    何故か日本語には、そういう言語的な欠点は無いのに運用で誤魔化す表現が発達してるが。
    28. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年08月24日 15:27  ID:i84vRHHl0 このコメントへ返信
    スペンサーブラウンなんかを持ち上げた大澤 真幸(まさち)やお仲間達は反省しろよ
    29. 名無しさん   2012年08月24日 15:29  ID:dFd3YoG50 このコメントへ返信
    ソーカル事件のポイントは「難しいことを有難がる風潮」が蔓延っていて
    現代思想の当事者でさえ何を語っているのかわからなくなっていることを白日の下に晒したってこと。

    ソーカルのこしらえたキマイラ論文が査読雑誌に載っちまったってのは要はそういうことだ。
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 15:32  ID:zZS.GUAe0 このコメントへ返信
    ソーカルの批判は妥当だと思うけどこれで哲学非難されるのも困った話だ。
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 16:06  ID:6vhCaZ1o0 このコメントへ返信
    ※7同じことを考えていた。
    伝統的な絵画の価値観に批判的で、原始的な感情を描こうとしたピカソの考え方は、
    むしろチンパンジーに近いはず。
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 16:26  ID:fnbSArT90 このコメントへ返信
    文系いじりによく使われるけど理系も似たようなもんだよ
    有りすぎて今更話題にならんだけで
    まあツッコミがしょっちゅう入る分理系のほうが健全ということかな
    33. 名無しのキダンダーン   2012年08月24日 16:30  ID:TXeUc3My0 このコメントへ返信
    ※32
    理工学系なら検証が可能だし、そうでなければならないからな。
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 16:55  ID:wJ.wSXGJ0 このコメントへ返信
    ドゥルーズ・デリダ方面の人は全くかすりもしてないんだよなあ
    理系が鬼の首を取ったようにこれを持ち上げて哲学全般を批判しているには失笑を禁じ得ない
    35. 名無しさん   2012年08月24日 17:22  ID:pRPqQrmX0 このコメントへ返信
    現代アートとかの、明確なラインがないものの、芸術とゴミとの差とかを考えちゃうな
    古典芸術には積み重ねられた価値観ってもんがあるから解りやすいけど
    そういや村上隆かなんかが「芸術家とは芸術大学を出て論文を書いたことがある人」って言ったてっけ
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 17:24  ID:FcQtSw0f0 このコメントへ返信
    それらは全てユニバーサルメルカトル図法で説明できます
    37. 名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)   2012年08月24日 17:44  ID:jM4oMYqI0 このコメントへ返信
    ※34
    いや、そういうデタラメを哲学界が許しているんだから批判されて当然だろ。

    「デタラメを指摘されてない人もいるので哲学界は健全です」ってか、馬鹿らしい。
    38. 名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)   2012年08月24日 17:47  ID:jM4oMYqI0 このコメントへ返信
    哲学界に自浄作用がないことがわかったのだから、哲学が全般が批判されても仕方がない。

    いまだにソーカル事件を乗り越えてないようだし、そもそも学問として成立しているのか怪しいところだ。
    39. MG名無しさん   2012年08月24日 17:53  ID:jiOKOi4j0 このコメントへ返信
    ソーカル事件はさ、やたらと人文の分野に物理学や数学の概念を流用したがる奴がいるから、それに対する悪ふざけみたいなもんだろ。査読して掲載した人間がおかしかったからといって哲学全般がおかしいわけじゃないのは当たり前のこと。それとも論文載せるときに全哲学者が論文をチェックしろってのか?
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 18:00  ID:fWLgtLLc0 このコメントへ返信
    日本でも似たようなことがあったな。
    中沢新一が、東大教養学部の助教授に推薦されたが、理系教授からの猛反対で否決された件。
    「雪片曲線論」で用いた似非科学が理系学者の非難の的になって、否決。
    こいつもそう言えば、ポストモダンとかと持ち上げられていたな。
    しかし、こいつを生き残らせている日本の文系学壇もどうしようもないな。
    41. 名無しさん   2012年08月24日 18:03  ID:ozYV1obR0 このコメントへ返信
    それでも日本ではポストモダニストが低俗リベラルの擁護者、代弁者として
    今日もメディア、学会界隈でもてはやされ、知識人代表者ぶってる件
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 18:10  ID:OpveEPzo0 このコメントへ返信
    現代音楽とか現代アートとかもなんか「現代芸術っぽい」ってだけで
    意味不明なもんがチヤホヤされてるよな
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 18:15  ID:D6C78nrv0 このコメントへ返信
    呉智英さんは、こけおどしで「すべからく」をつかった上に誤用する奴をつよく批判したが、
    それのすごく高級なのって感じ。

    ※15
    んー、それは誤読する奴の所為で、ソーカルの責任には帰せないね。

    ※17 ※18 ※29
    論文を載っけちまった『ソーシャル・テキスト』誌の編集長はイグノーベル賞を受賞したんだよね。
    44. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年08月24日 18:24  ID:X3G80Scr0 このコメントへ返信
    >>やたらと人文の分野に物理学や数学の概念を流用したがる奴がいる

    ラカンとか?ポストモダニストの一部は小難しく言うことが目的のアホがいるからなあ
    あと、学術的権威にあかせてデタラメを通すことは極めて近代的なことだと思う
    45. ̵̾��������   2012年08月24日 18:24  ID:utrWFVVJ0 このコメントへ返信
    「荒唐無稽な嘘のつき方騙し方セミナー」は民主・自民・民社・協賛・公明へどうぞ、中でもハトポッポを「ミラクル~ピ~」という恐怖の荒業をお持ちのようです。
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 18:25  ID:WcxWMvGD0 このコメントへ返信
    身近な日本のポストモダンってーと“サブカル”を想起するなあ
    オタクぶってエヴァとかまどマギとかにとんちんかんな解釈つけて喜んでる人たちみたいな
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 18:29  ID:ob0sB.9U0 このコメントへ返信
    ソーカルに便乗してポストモダニズムを批判した気になっている人々も実は同じ穴のムジナであると何故気付かないのか…
    48. a   2012年08月24日 18:34  ID:pYkjFV7y0 このコメントへ返信
    チンパンジーの描いた絵を見て
    「すごい...人間ワザとは思えない!」
    って批評したのならスゴいよね。
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 18:51  ID:OpveEPzo0 このコメントへ返信
    ※47.
    ソーカルは論理的な説明をせず「それっぽい」言い方をする事で
    相手を批判し言い負かした気分になってる君みたいな人間を批判してるんじゃないの?
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 19:19  ID:V...i7oZ0 このコメントへ返信
    ※34
    おいおい平然と嘘を吐くなよ。
    ドゥルーズやラカンにはどストライクだったろ。
    デリダは避けて通ったみたいだが。
    51. 名無しさん   2012年08月24日 19:22  ID:LA.H9r9y0 このコメントへ返信
    ※22
    どれも考えることを辞めちゃった感があるよねw
    知性と合理によって描かれた設計図通りの社会制度、法制度、経済システムを整備すれば永続的な繁栄が約束されると思い込む、現実から逃げ出したヘタレだよ。
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 19:33  ID:HkZap0100 このコメントへ返信
    この事件以降、ポストモダン()
    みたいな扱いを受けるようになったので
    引っかけられた方は今でもはらわたが煮えくりかえる思いだろう
    53. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 19:34  ID:U.nvCxm50 このコメントへ返信
    掲載前に事前審査がある論文雑誌が掲載を認める
     =この論文は少なくとも議論する形式は整ってますよ
     『含む(ありえんだろその展開、と批判されまくる)』、と
     うちの会社が雇った専門家は判断しました

    そもそも
    でたらめな数式や化学式になぞらえて哲学した論文
    >数式や化学式が理解できないなら論文評価が不可能
    >雑誌者の事前審査哲学者は
      A・化学式や数式を知ったかぶりして審査パス
      B・数式や化学式がわからない、と言い出せなく、そのまま審査パス
    どっちにころんでも真摯な学者の態度ではないわな
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 19:34  ID:.0h0Z.9h0 このコメントへ返信
    ※46
    この事件で指摘されていることと同じだね
    ソーカル事件では数学物理など専門外の知識を哲学の世界で振り回していたけど
    対して日本の70~80年代の風潮で哲学など難解な学問はファッション化してて
    専門外の人々に対してそういうものを振り回す人間が知的でかっこいいと思われていた時代だった
    で、そういう時代もバブルと共になくなったんだけど
    今サブカルとかで「この作品は(哲学者)の~という思想を感じさせる」みたいなことを
    書いている連中はその時代に学生でそういうのに憧れていた奴かそれのフォロワーばっかり
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 19:35  ID:bJMTBIuz0 このコメントへ返信
    原理的な科学哲学専攻の俺からすると、ポストモダン系、観念論系、現象学系の論者は総じてクソ。クソの中にも使える考察はあったりするが、大抵は科学的な検証を経ていない。まぁ、「科学的な検証って何か」を論じてる俺らが発言しても説得力はないが…
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 19:41  ID:V...i7oZ0 このコメントへ返信
    ※34
    もう一つ。
    上げるんなら同じポモでもイーグルトンやローティだろ。
    そもそも現代哲学主流のテーゼはいかに哲学が科学と共存するかだ。

    何が

    「禁じ得ない。」

    だよアホかと。
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 19:54  ID:oi38eaoH0 このコメントへ返信
    この指摘は重要だったとは思うし、当時の米国でポストモダンを称する連中が如何に酷かったかってのが分かっていいとは思うけど
    ソーカル事件で批判できるのは、単に晦渋な書き方ってのじゃなくて似非科学的手法についてであって例えばハイデガー的胡散臭さにはまったく対応できないんだなぁ
    ドゥルーズについては、まあ積極的に批判できるのはドゥルーズ単体でなしにドゥルーズ=ガタリのころの著作で、あれはまああのいい加減な文体に価値?があるらしいし
    ラカンは当時の米国の翻訳状況から考えると、非専門家のソーカルに手に入ったのはイミフ「エクリ」だけだろうし、その死後に概して簡単になっていった過程を知らなんだんやろうな
    まあ、専門外のこと知ったかすると痛い目見るで、ってくらいの事件ですな
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 20:39  ID:wJ.wSXGJ0 このコメントへ返信
    ※56
    批判している内容がかすりもしてないってことなんだけどな
    まあ、ドゥルーズ読んでないんだろうけど、読むの面倒なのは分かるし君はそれでいいよ
    59. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 20:39  ID:jZ36QEMF0 このコメントへ返信
    ※49
    正確に言えば、用語の正確な意味を知らないのに「それっぽい」ってだけで使ったり、(著者自身ですらよくわからない)難しい用語を使うことで煙に巻くことを批判したんだな
    別に哲学に限った話じゃないのだが、哲学だけを批判してると思ったやつが顔真っ赤にして反論するあたり、いまだに意図が良く伝わってないんだろう

    結局言いたかったことは、分かりやすく書けることは分かりやすく書けっていう当然のことなのにね
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 21:16  ID:V...i7oZ0 このコメントへ返信
    ※58
    ドゥルーズ(ガタリ)の長文を引用した上、
    そのセンテンス一つ一つについて誤用とナンセンスを
    あげつらっていくような「内容」だったわけだが。

    知らない人が騙されるからいい加減にしなさい。
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 21:27  ID:jZ36QEMF0 このコメントへ返信
    >>1のリンク先にすら批判された人物の中にドゥルーズの名前が書いてあるのに、それすら読めない人って…
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 21:29  ID:u8NSMwd10 このコメントへ返信
    ※55哲学のことはよく知らなくて申し訳ないんだけど
    科学的な検証を経ていたら科学哲学の居場所ないのでは

    チンパンジーが描いたって絵を絶賛したってのは逆にきちんと機能してるんじゃ
    人間とじゃ動かし方、筆や白地に対する考え方が根本的に違うからタッチも人間離れするだろうし

    63. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 21:32  ID:FuSLsuA.0 このコメントへ返信
    哲倫の論文ってホント「カント様のここが凄い!」「ローティ様のここが正しい!」みたいなことを延年並べてるだけ
    発表聞いてるとほんとに愕然とする
    アカポス減っても自業自得だろとしか思えない
    あんな連中からは何の学問的進展も発見も得られない
    64. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 22:01  ID:3lV0P53M0 このコメントへ返信
    ※34
    裸の王様が「王様は裸だ」と言う連中に対して失笑を禁じ得ないと言ってるような状況だな

    ※44
    ラカンはまさに「知」の欺瞞で批判されてるうちの一人だよ
    無理数(irrational number)と虚数(imaginary number)を取り違えた上に
    無理数のirrationalと非理性的という意味のirrationalを混同して
    全く意味をなさない主張をぐだぐだ書いていた例とかが槍玉に挙げられてた
    65. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年08月24日 22:17  ID:VKwshpQb0 このコメントへ返信
    ところが自然科学の世界でも優性思想みたいな学問もどきのオカルトが流行ったことがあるから、
    人文科学だけが適当というわけじゃないんだね。
    これは日本の原子力開発の技術者研究者の適当さにも通じる話だが。
    どんな分野の学者でも専門外のことを書くと頓珍漢になるって話。
    66. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 22:28  ID:2CzaPP8f0 このコメントへ返信
    相対主義と絶対主義の相克
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 22:28  ID:aXavfdzI0 このコメントへ返信
    哲学のうさんくささは日本だけじゃなかったのかw
    欧米でも似たような扱いとは知らなかった
    一応、哲学を擁護すると、
    あれは「知識」「知恵」でお互いの知を批評して口上させる
    対話術だからな
    やがて机上の空論へ流れていく可能性はおおいにはらんでいるわけよ
    そのへんをうまく回避して
    きちんと論議できる人を「哲学者」と呼ぶわけ
    だから哲学専門の教授はいるけど、哲学者は現代社会にはなかなか見当たらない

    ラカン どストライクだったのか
    内田なんとかがラカンにのっかって何かのし上がっているが
    擁護論とか出すかなw

    68. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 22:31  ID:CIEyNSeN0 このコメントへ返信
    ヒーリング音楽とかボカロ楽曲もいい加減なのが多いなw
    69.    2012年08月24日 22:32  ID:JRMKRChR0 このコメントへ返信
    今更ソーカルかよ
    理系様のコンプレックスは果てしないな
    70. 名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)   2012年08月24日 22:43  ID:jM4oMYqI0 このコメントへ返信
    ※69
    こんなフルボッコにされてる奴らのどこにコンプレックス抱けって言うんだ

    いくら文系だからって、もう少し考えてから発言すべきだな
    71. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 22:51  ID:V...i7oZ0 このコメントへ返信
    ※69
    アタクシ文系で分析哲学方面です。
    あなたの理系コンプはよくわかります。
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 23:11  ID:OQWuE4NY0 このコメントへ返信
    そんなことよりインド哲学学ぼうぜ
    73. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 23:16  ID:EdOz8KC90 このコメントへ返信
    朝日新聞にはかなうまい
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 23:41  ID:lvJJKEVQ0 このコメントへ返信
    確かに昔は、哲学が科学を含む様々なものを生み出して思想・思索の最先端を行ってたかもしれないけど、最近は科学の後追いになってる気がする
    それなのに未だに、哲学は百年先を見据えているだの、哲学は全ての勉学の中心だの、哲学こそが暴走する科学の枠を規定するだの言って、哲学者は不勉強な科学分野に口を出そうとしてたりする
    近年の哲学はちょっと老害化してきてるように見える
    75. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月24日 23:56  ID:furFEAsu0 このコメントへ返信
    「僕には友だちがいる」とかね
    76. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 00:49  ID:m71dcAYV0 このコメントへ返信
    ※69
    いまさら観は否めないが、コンプとは違うだろw
    俺は文系で社会科学系な
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 00:59  ID:EhiHP9xW0 このコメントへ返信
    哲学って、対象としている物事の本質を司るシステムを見出していくことだと思うけど、今の哲学という学問は哲学的思想について哲学している(つまりメタ的なシステムを見出そうとしている)から、一般人にとっては無意味な成果しか出せていない。
    科学とか芸術とか実業とかスポーツとかの分野での一流の人間が語る『大切な事』のほうが実用的で再利用可能な哲学だと思う。
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 01:20  ID:dJE88FIA0 このコメントへ返信
    古いネタ
    79. 名無し@気団談   2012年08月25日 01:23  ID:0qPqV0wL0 このコメントへ返信
    意味も分からずソーカル出せば現代哲学を否定できると思ってる馬鹿(理系に多い)は
    ものすごく多い
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 01:41  ID:EDWxfd9c0 このコメントへ返信
    よく知らんがラカンは最近、精神分析学に科学的裏付け与える精神分析“科”学っていう分野ができて見直す動きもあるらしいな。
    まあ、裏付けをとったところで臨床に生かされるワケじゃないから日の目を見そうにないが。
    でもラカンの用語は面白いのが多いから、いくつかは引用されつづけると思うわ。
    81. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年08月25日 01:44  ID:CwzqUq2p0 このコメントへ返信
    *70
    といっても今更ソーカルなのには違いはないからな。

    結局あれは人文科学アカデミズムに対する批判にしかならなくて、哲学の内容的な検討もろくにしないでの
    部分的周辺的な批判で終わってしまったから。
    日本でも同時期にマックス・ウェーバー批判の本が出てたけど、日本国内の社会思想史アカデミズム批判に話が
    及んだところ研究者による幼稚なバッシングが起こり、学問的な検討はろくに検討できないで終わった。
    批判に対してまともなリアクションを起こせない人文科学の研究者もヘタレともいえなくもないけど、
    批判する側も一方的な批判をするだけの「ヤリ逃げ」とも言える対応なのはいただけない。
    82. 名無しさん   2012年08月25日 02:07  ID:jnwEDPaa0 このコメントへ返信
    勢いとひらめきだけのアートが嫌いだよ
    それらも重要な要素だけど技術の研鑽も無しに奇抜なパフォーマンスやってるだけの連中多すぎ
    推敲の跡も無い
    何の価値も無い
    83. 名無しさん   2012年08月25日 02:23  ID:D6KpKtOs0 このコメントへ返信
    哲学の話は「そもそも哲学とはなんぞや?」から始めないといけないクチなんで、何が何やら
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 02:49  ID:WCHZ6CzU0 このコメントへ返信
    理系は理系で言葉が定義を離れて慣用的に別の意味で機能して
    社会に定着することを軽視しすぎるね
    放射性物質と放射線の複合としての「放射能」とか
    実はそれはそれで「こちらを被曝させるモノ」としてあながち間違いでもないけどね
    理論に溺れて、そういう曖昧さも含んだ現実感覚から遠ざかって、
    コミュニケーション不全をすぐに起こす
    85. 名無しのサッカープレイヤー   2012年08月25日 02:50  ID:uXawzk.B0 このコメントへ返信
    >>67
    いまさらソーカル事件初めて知ったかのように語る人間に擁護されても
    哲学畑の人は困るだろうよ
    86. 名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)   2012年08月25日 02:57  ID:2cR6O1eb0 このコメントへ返信
    いや、「今更」っていうのも正しくない気がするな。
    ソーカル事件を完全に克服できているかって言うと怪しいからな。いまだにファッショナブルナンセンスは横行しているし。
    87. 名無しさん   2012年08月25日 03:02  ID:6b0geLo.0 このコメントへ返信
    批判はいいが、こういう意地悪なやり方はなんだかなぁ
    辱められた方は怒ったり無視したりで溝ができるし、
    あとは無知で傲慢な口だけの外野が騒いで終わりじゃん
    88. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 03:11  ID:EDWxfd9c0 このコメントへ返信
    たとえばある胃薬があってこれはどういう作用で胃に効いているのかあまりよく判明してないと。
    内科の医者のフィロソファー氏は、これは「成分の構造が脳を刺激して結果、胃をよくしてるのだ」と説明していた。
    そこに薬理学かなんかを勉強してるソーカル氏がやってきて「成分は構造的に脳に作用しているワケではない。脳を刺激してるワケでもない。胃を良くしてるわけでもない。」という批判をしてきた。
    じゃあどうなってるの?ってなる訳だが、それに全く答えられてない。極端な例えだがこれがソーカル事件なんだよ。

    確かに内科医はよく知らないのに「成分の構造」とか「脳」とか慣れない言葉を使っちゃったと言う誤りはある。けどこれを言い換えたところで胃にどういう具合で作用しているのかは分からないままだし、ソーカル氏の指摘を汲み取っても胃薬の仕組みを解明するのにほとんど役に立ってない。

    本来、哲学ってのは議論の中で醸成されるものなのに、批判だけして代替となる理論を全く提示せず、言い逃げしてった事がソーカル事件の意味の無さなんだよ。
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 03:14  ID:rTiTFgnJ0 このコメントへ返信
    たとえば韓国人がES細胞についての捏造論文をつくり、それが超有名ジャーナルに載った。
    これは確かに問題だが、生物学や科学技術全体が否定されるものではない。ただのミス

    それと同じことがこれにも言えるのかね。哲学はまったく知らないが
    90. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 03:27  ID:EDWxfd9c0 このコメントへ返信
    ※89
    哲学の議論ってのは
    「こうやってこうすればES細胞ができる」「いやできない」「ウソでした」
    って感じじゃなく
    「こうやってこうすればES細胞ができる」「こうやってもできる」「こうしてもできる」「こうしてもできる」・・・
    ってある中で一番、適切な道をみんなで選んでるんだよ。ソーカルの批判もその中の一つにすぎない。
    91. 名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)   2012年08月25日 03:43  ID:2cR6O1eb0 このコメントへ返信
    ※88
    それでは全然例えになってない。

    内科の医者のフィロソファー氏は、これは「成分の非ユークリッド可微分構造が脳の量子力学的効果を励起した結果、胃に測度論的効用を付与しているのだ」と説明していた。
    そこに薬理学かなんかを勉強してるソーカル氏がやってきて「お前は何を言ってるんだ?」という批判をしてきた。
    じゃあどうなってるの?ってなる訳だが、そもそも理論ではないナンセンスに代替となる理論を持ってくることはできないからだ。


    92.    2012年08月25日 04:02  ID:hS2r5jIyO このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    93. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 04:20  ID:GAIJ.kYN0 このコメントへ返信
    文脈を真面目に踏めば、「文脈を踏んだ」という自己ストーリーが思考の柵になる。
    新しいものを批判する人はそういう人。
    94. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 05:38  ID:.NtpP8K20 このコメントへ返信
    ただの哲学思想ならいいんだけど、数式や論理を用いて何かを証明する類の哲学なら、文脈だとかメタファーという言い訳は通用しない
    たった一カ所の論理の飛躍があるだけでダメになるのが証明って奴なんだから
    一カ所の論理の飛躍がメタファーや文脈で許されるんなら、1+1を3にすることも100にすることもできてしまう
    95. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 06:35  ID:9um8D2gy0 このコメントへ返信
    最低限の学問的作法も守れていない連中が、批判に対して「かすりもしない」だとか「部分的周辺的な批判に終わっている」なんて書いているの見ていると腹筋が痙攣してしまう。
    結局のところエセでガセでまともに相手をするシロモノではないってことが明らかって示されたんだろうが。

    「クァドラトゥスの詭弁的議論と、われわれの賢者たちの著作から無器用に借りてきた哲学のきれはしとに、わたしはじきに飽きてしまった。」
    96. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 07:19  ID:EDWxfd9c0 このコメントへ返信
    ※91
    そう言い換えたところで程度の問題にすぎないんだよ。
    そもそも哲学的言説っていうのはそういうやり取りの応酬なんだから。
    ※94
    哲学はまだ未熟な学問で「論理的な記述」と「比喩的な記述」の間に、いまだ境界線が設けられてないんだよ。1を2と比喩したり、99と比喩したりできてしまう。
    分析哲学や科学哲学もまだ仮説であって、比喩と言えるレベル。
    そもそも「明日は何日か」って問いにすら、時間や重力を数的・記号的に比喩をしてるとも言えるんだから。
    97. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 07:32  ID:EDWxfd9c0 このコメントへ返信
    ※95
    例えば、人類がまだまだ頭が悪くて、1+1をやっと2だと突き止めた頃、1×10を「いっぱい」って答えにすることは、全く意味のないことではないんだよ。
    哲学的な問題ってのはそれほど暗中模索状態なんだよ。ガセかどうかは仮説にすぎない。
    98. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 07:44  ID:WRPHeg5t0 このコメントへ返信
    コメ欄を見れば一目瞭然

    哲学関係者は巣に帰れよ
    99. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 08:10  ID:9um8D2gy0 このコメントへ返信
    ※97
    出鱈目を書き連ね、「暗中模索です」「これが間違っているとは限らない」「これは仮説である」「発展途上だから自由に(出鱈目に)表現できる」
    いやああ、哲学者って、いい商売ですねえ~~~ まことにうらやましい。
    100. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 08:14  ID:.OcUtNtS0 このコメントへ返信
    比喩で却って意味がわからなくなってる印象
    101. 人類は麺類   2012年08月25日 08:48  ID:W4RzGC7J0 このコメントへ返信
    >空飛ぶスパゲッティ・モンスター教
    ><主な教義>
    >・祈るとき、「アーメン」の代わりに「ラーメン」と言う。

    なんだと

    なん…だと…!?

    スープは醤油ですか味噌ですか?まさか豚骨だとか?
    102. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 10:40  ID:TS2xX.0O0 このコメントへ返信
    ※99
    横からですまんけど
    哲学以外の学問でも大なり小なりそういうことってあるんじゃないの?
    文系の論文でこれが正解です大発見ってあんまりない気がする
    103. 名無しさん   2012年08月25日 11:11  ID:8yKd0j6B0 このコメントへ返信
    ユニバーサルメルカトル図法のスケール大きい版
    104. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 11:47  ID:.Pl9Yj6A0 このコメントへ返信
    96
    どんな概念も出鱈目に使ってもメタファーやアナロジーなんだから構わないのなら
    それはただの衒学趣味にしか思えないのだけど?
    その概念をこういうメタファーとして定義して使う必然性、
    異質な領域の概念の説明に科学的概念をメタファーとして使うのは本当に有効なのか
    それを説明できますか?というか自説のなかでその手続きしてくださいってまず言いたかったわけで
    105. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 12:32  ID:K2yPEIsP0 このコメントへ返信
    このやり取り見てても分かるだろ
    わざわざ小難しい言葉を選んで、小難しい口調で、回りくどく話して「俺頭いいだろ?」感を醸し出す
    哲学やってる連中の一番悪い特徴

    シンプルな事を、できるだけシンプルな言葉で、本質だけを抜き出して相手にぶつける訓練を全くしてない
    だから普通のディベートやらせるとメチャクチャ弱い
    106. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 12:55  ID:K2yPEIsP0 このコメントへ返信
    本当にタチの悪い哲倫の奴は※99みたいなことをリアルで口に出して言うんだよ
    「笑っちゃう」でいいところを「腹筋が痙攣する」とか
    クァドラトゥスのなんたらが…なんて冗長なことをマジでダラダラ並べ立てる
    本筋を無視してオレってインテリアピールを延々やってる
    交流発表なんかやってるとこういう哲倫野郎は浮くどころか無視されてるよ
    107. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 13:14  ID:QTu3ggZd0 このコメントへ返信
    それこそ理系でもあるだろうが、一般的に論文というのは誰かに読んで考えを理解してもらうためのもの
    だからこそ論文用の英語(出来るだけ意味が単一になるような文、単語を選ぶ)だとか、数式を使って曖昧な解釈が許されないように書くんだ
    わざわざ理解させにくい文にするなんてナンセンス

    理系でも専門用語使って話すときは、無知な相手を適当にあしらうときか、よほど共通理解があって説明を省略するときぐらいなもん
    そういう説明が返ってきたときは、相手するの面倒なんだなって思ったほうがいいレベル
    108. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 18:06  ID:U0b4k5K60 このコメントへ返信
    安易に哲学全体を批判する人こそ、無知な「知ったかぶりのインテリ気取り」じゃないかね。
    だいたい日本における哲学のイメージはだいぶ歪められている。「浮世離れした、屁理屈をこねる学問」。こんな先入観を持っている人って多いんじゃないの?
    実際には、人間の意識の正体とか、思考法の基礎とか、宇宙の正体まで、幅広く取り扱っている学問。そんなものを、「哲学」と一括りにして「こうだ!」と決め付けるのはあまりに乱暴。

    21世紀は「脳の時代」と言われているけど、「心=意識」に関して何千年も考え続けてきたのは、他ならぬ哲学。
    そして、哲学や神経科学、心理学など幅広い学問を統合し、「心とは何か=宇宙とは何か」を解き明かそうとしている「21世紀の学問」が『認知科学』。
    もしも哲学が無ければ、哲学批判派の大好きな「理学分野である認知科学」は生まれなかった可能性が非常に高い。


    確実に言えるのは、記事の流れに乗せられて、安易に批判を始める人が、教養が有る人とは言い難いということだ。
    109.    2012年08月25日 18:14  ID:U0b4k5K60 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    110. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 18:19  ID:JVwhl35k0 このコメントへ返信
    ユニバーサルメルカトル図法か
    111. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 18:22  ID:U0b4k5K60 このコメントへ返信
    ※77
    基礎無くしての応用は有り得ない。
    実践的というのは具体的と同義で、応用的。これには、普遍性、再現性が低いという重大な欠点が存在する。
    一方で抽象的、普遍的といったものは、基礎に当たる。しかしこちらにも問題点があり、抽象的なゆえの弊害で、理解がしにくく、現実に落とし込むには相応の知性を要するという欠点がある。

    じゃあどうすればいいか?
    基礎と応用、つまり、理論と実践、どちらも行えばいい。
    まずは知識を蓄え、思考し、理論(=基礎)を組み立てる。続いて、それを実際に現実で活かし、各人が各人の状況に合わせて実践し、現実に落とし込んでいく。普遍的、抽象的であることの利点はここにあって、普遍的であるがゆえに、多くの状況に対応しやすい。

    二元論的に、「あっちは駄目で、こっちがいい!」と断定するのではなく、賛否含めて情報を収集し、統合し、より良い情報へ「更新」する事が、重要なのではないだろうか。
    112. 名無し   2012年08月25日 18:34  ID:yucgMWrO0 このコメントへ返信
    多分今だとチンパンジーの絵は古いって言われる
    その手の作品も取りこんだよ、現代アートは(また彼ら動物の手法も一本調子なので・・・)
    良い事か悪い事かわかんないけどね
    多分悪い事だ、省みると言う事はしなくて良い、ただ加えればいいとしてしまったんだから
    113. 名無しさん   2012年08月25日 19:14  ID:NtyZNmAl0 このコメントへ返信
    大学名だけが発言の説得力に結びつく学問はろくなもんじゃない
    114. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 19:36  ID:mi9vjZJz0 このコメントへ返信
    ※109
    馬鹿馬鹿しい仮説はまじめに議論しないよ。
    あまり哲学を馬鹿にしないで。

    認識論的懐疑論なんて、パトナムなりクワインなりかじった人なら
    自信満々ご開陳なんてできないだろうに。
    さんざん議論されて一応の結論が出ているような話を持ちだして人を無知呼ばわり。
    一体誰と戦っているのか。

    哲学や心理学については何故か勉強しなくても自分がいっぱしに思える症候群
    というのがありましてね。
    115. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 22:16  ID:upfg3xbl0 このコメントへ返信
    哲学の人ってさ、※95読んで気持ち悪いと思わない?
    地獄のミサワじゃんw
    哲学研究科の人の気持ち悪さってこういうナルシストっぷりというか、難しいことをなおさら難しく言ってインテリアピールするところにあると思う

    難しいことを難しく並べ立てるのはナルシスアホでもできるけど、難しいことをシンプルに語ることってのはすげー難しいの
    クァドラトゥスの…なんて引用してドヤ顔してんのはナルシスアホの所業だよ
    116. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月25日 22:34  ID:2cR6O1eb0 このコメントへ返信
    ※108
    >>実際には、人間の意識の正体とか、思考法の基礎とか、宇宙の正体まで、幅広く取り扱っている学問。
    で、21世紀以降何か「具体的な」成果はありましたか?

    哲学が酷いのは、具体的な成果を一つも挙げられないくせに、「もし哲学がなかったら~」と恩着せがましくいってくるところ。実際はなくても困らないものが大半なんだろうけど、歴史にifはないから反証不可能だもんね。言うだけタダだわな。
    117.    2012年08月25日 22:58  ID:upfg3xbl0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    118. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 00:05  ID:3hBTk9Yo0 このコメントへ返信
    無限の猿がハムレットを書くね
    119. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 03:12  ID:xiNMvGdq0 このコメントへ返信
    ※6
    Fラン大学も最高学府なんだが。
    120. 名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)   2012年08月26日 04:50  ID:9IeBY4kE0 このコメントへ返信
    ※119
    だから?

    ※109
    物理学をろくに学ばずに宇宙論語っちゃうような奴らが「無知な輩は喋るな」とは笑わせる。ブーメランにも程があるだろ。
    「無知な輩は喋るな」を徹底したら、哲学者は何も言えなくなるんじゃないか?
    専門外のことについて曖昧で素朴な議論をするのがお前らの仕事だろ?
    121. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 07:00  ID:7APkz2Bo0 このコメントへ返信
    ※120
    あのさ、そもそもこの一件は、ただこの哲学者が物理学も学ばずに発言した無知な輩ってだけだろ?
    何で一人の哲学者のミスという「部分」から、「哲学者は物理学も学ばない」という「全体」を決め付けられるのか。
    そもそも哲学者が自然科学を学ばないってのが根拠の無い思い込みだよね。例えば科学大国アメリカでは、哲学、物理学、化学は一般教養として一緒くたに勉強させられる。哲学だけ勉強させるなんて有り得ない。



    君のそういうめちゃくちゃな論理の飛躍こそ、哲学的素養が無い証拠じゃないの。
    122. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 07:03  ID:7APkz2Bo0 このコメントへ返信
    ※117
    他業者に役に立つと思わせるどころか、21世紀で最重要であろう認知科学の発足、発展に大いに関わっているのですが。
    だいたい無知な輩を批判するのは哲学者に限らないし、学問の世界ではそんないい加減な輩は批判されて当然でしょ。
    123. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 07:16  ID:7APkz2Bo0 このコメントへ返信
    ※116
    >で、21世紀以降何か「具体的な」成果はありましたか?
    これこそ、君が無知なだけじゃん……。
    現代の科学のパラダイムは何か知ってる? 認知科学。「心」を理学的に解明しようとする、学際的な学問。頼むから少しはグーグルで検索するだけでもいいから調べてほしいんだけど、認知科学には哲学、心理学といった、いかにも「日本の理系」が嫌いそうな「文系学問」が発足、発展に大いに関わっている。
    哲学や心理学は、「心とは何なのか? 宇宙が生まれたのはなぜなのか?」という、なぜか今まで自然科学では追及されることのなかった根本的な問題に対して考察を続けて、その成果を他分野と融合させた結果、理学と人文が調和した21世紀の学問、「認知科学」が誕生したんだよ。これだけでも、凄い成果だよ。それとも君は、哲学、心理学が無くても認知科学は誕生していたと言うおつもり?

    あと誤解されているかもしれないけど、自分は哲学に傾倒している訳じゃないよ。それどころか専門は認知科学。どちらかと言えば自然科学者だけど、人文科学者でもあるの。
    科学者を名乗るのならば、より正しい知識を発見するために、必要であろう知識は「分野問わず」吸収して当たり前だ。
    仮にその知識が間違っているのなら、正しい知識に修正すればいいだけなのだから。
    124. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 07:19  ID:7APkz2Bo0 このコメントへ返信
    ※109


    >認識論的懐疑論なんて、パトナムなりクワインなりかじった人なら
    自信満々ご開陳なんてできないだろうに。
    さんざん議論されて一応の結論が出ているような話を持ちだして人を無知呼ばわり。


    自分は「哲学に対する偏見」という命題の根拠として、一例を持ち出しただけなんだけど……。
    例自体はさほど重要じゃないって、そんなことも分からん?



    >哲学や心理学については何故か勉強しなくても自分がいっぱしに思える症候群
    >というのがありましてね。
    そんな人間は学問分野問わず存在する。
    だいたい主張をするのならそれを支える根拠、事実くらい提示しなさいよ。
    その論理力の無さこそ、哲学、ついでに数学の素養も無い証拠だっての。

    >一体誰と戦っているのか。
    鏡を見ながら復唱してみようか。
    125. 名無しさん   2012年08月26日 07:51  ID:DnNissec0 このコメントへ返信
    ソーカル事件はずいぶん後になって知ったんだが、リアルタイムで追っかけたかったなw
    126. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 13:01  ID:xvwCywmn0 このコメントへ返信
    ※121
    批判されたのが数人じゃないとか、そもそも投稿された論文は「物理学者」が書いただけで物理学の用語使ったわけでもないとか、そもそも哲学者が物理学を学べって話でもないし、どんな事件なのかさっぱり分かってないだろ…

    「権威ある」論文誌の特集回に、デタラメな用語の使い方したり既存の哲学者の論文から意味のない文を引用したデタラメな論文が載ってしまったことが原因
    用語の正確な意味を知らずにオサレというだけで、理学分野の用語を使って敢えて難解な(かつ意味がとれない)表現にする風潮、さらに言えば査読制度がないから嘘八百でも通ってしまうようなポストモダン哲学界への批判

    「分野を問わずに知識を吸収する」なんてオサレなこといってるが、それがそもそも見当違い
    覚える気もないからこんなことになっただけ
    そもそも理学の用語は曖昧さを避けて厳密な定義を行うためのものなのに、全く門外の哲学で使用できるはずがない
    専門家ですら必要なものはきちんと定義づけを行ってから使うものなのに
    127. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 16:22  ID:9IeBY4kE0 このコメントへ返信
    ※121
    この事件について何もわかってないな。デタラメを言った「一人の哲学者」だけの問題じゃないんだよ。
    デタラメに気づかなかったりデタラメを容認していた他の哲学者もおかしいわけだろ?
    つまり、門外漢の物理学者に指摘されるまで、哲学界に全く自浄作用が働いてなかったという異常事態が問題なの。

    ※122
    自分が認知科学畑だからって「認知科学は21世紀で最重要」とか言って恥ずかしくないのかw
    そう思いたい気持ちはわかるが、共通認識ではないってことは覚えておいたほうがいいぞ。




    128. 名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)   2012年08月26日 16:33  ID:9IeBY4kE0 このコメントへ返信
    ※123
    哲学者がいなくても認知について研究する科学分野は自然に誕生していたんじゃないか。それは学際領域ではないかもしれないけど、別に学際領域と言うだけで何か価値が上がるわけでもないからな(哲学などの人文系分野が加わっても、実質的にはそれほど役に立ってないかもしれない)。
    何にしろ、具体的な成果を挙げてくれない限り水掛け論にしかならないな。

    哲学の理論を応用して産まれた「具体的な」結果を、一つだけでもいいから言ってみ。
    129. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月26日 21:48  ID:10c7AA5B0 このコメントへ返信
    今は亡き大日本帝国憲法は、伊藤博文が当時のドイツだかプロイセンだかのヘーゲル学者シュタインに教えられて作成されたもんやで
    戦前の天皇制については古臭い王制と思われてる節があるけど、実際はフランス革命の衝撃から生まれたヘーゲル哲学における国家理性を上手いこと取り入れた実にモダンな制度なんや 
    割と具体的な結果やろ
    130. 魔王に恋する名無しさん   2012年08月26日 23:15  ID:innl5JQF0 このコメントへ返信
    例えチンパンジーが描いたものでも、それが良い物なら正当な評価がなされるべきなんだから、別に構わないんじゃないかと思う
    芸術批評が権威主義に陥ってるよーと言いたかったんだろうが、あれだけじゃ意味をなしてないだろ
    131. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月27日 05:03  ID:l.2X3lLU0 このコメントへ返信
    でもチンパンジーにも描けるような絵ならありがたみなんてないよね。

    少なくとも高い値段が付くのはおかしい、ってことになる。チンパンジーに量産させられるんだから。
    132. 名無し2ちゃんねる(n´・ω・`n)   2012年08月27日 09:13  ID:l.2X3lLU0 このコメントへ返信
    大体の哲学者はソーカルの指摘が正しかったことを認めてるよ。
    認めてないのは、中途半端に哲学をかじったような奴らだけ。
    133. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月27日 10:46  ID:tc8BeROf0 このコメントへ返信
    ※111
    指摘される問題点は基礎を捏ね繰り回すのに終始することが多く
    また応用は個々人に委ねられる上に、応用だけで活用できるものではないがゆえに
    ある意味、宗教観だの"禅"に近いものを学問だと言っちゃってる辺りではなかろうか
    と齧ってもない人間が言ってみる
    134. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月05日 09:12  ID:SusHk9Q50 このコメントへ返信
    みんな哲学しすぎワロタwwwwwwwwwwwwwww
    議論が好きなやつらwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    哲学の無用、不毛っぷりがこのスレの内容そのものじゃんwwwwwwwwwwww
    135. 名無しのはーとさん   2012年09月07日 23:28  ID:JHfbHmMu0 このコメントへ返信
    そもそも哲学なんて学問でやるようなもんじゃないだろ。いや、それは言いすぎかもしれないけど、
    趣味兼頭の体操として物思いにふける時にやるだけで十分足りる。哲学なんてそんな難しいもんじゃないよ。

    ただ、>>128 みたいなノータリンにもわかりやすいように説明すると、世界のあらゆる科学や学問は哲学から生まれたんだよ。
    「世界」の真理を知りたい。何故太陽は上るのか?→天文学 何故人は生きているのか?→解剖、生物学 この世界はどんな仕組みになっている?→物理学
    とかね。物事を「追及する」というのは哲学が始まりで、ソクラテス辺りの時代からある。
    だから哲学する事がなければ人は進歩しなかったが、逆に現代の哲学はそれらを生み出した後の思想の話だけになっているので、大した意味はない。せいぜい毎日を気分よく過ごせるぐらい。

    というわけで、哲学なんてのはスワンプマンだのテセウスだのを中二的に楽しむだけの面白い教養娯楽のジャンルだよ。
    あなたもぜひやってみたら?
    136. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月14日 18:16  ID:h42otwHZ0 このコメントへ返信
    現代哲学者を見てりゃ哲学なんかやるだけ無駄だとわかるだろう。

    まあ理系の学者も学生気分のバカが少なくないけどな。
    お前の仕事は教科書暗記してウンチク垂れることなのか?って感じだ。
    137. 名無しさん@熱湯浴   2012年10月30日 21:39  ID:jwy51x1h0 このコメントへ返信
    絵のやつは「無知」ってタイトルで逸話も含めた現代芸術になりそうw
    138. 無味無臭なアノニマスさん   2012年11月05日 02:04  ID:8DuHDfiU0 このコメントへ返信
    前衛芸術ってのは、絵画だけじゃなくてそれに込められた作者の熱い思いを妄想するもんだから深読みさえできればチンパンジーでも有名人でも平等に価値があるんじゃあないかと一般人がコメント
    139. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年12月04日 20:41  ID:BEdmdsTC0 このコメントへ返信
    まったく哲学的真理の何たるかも知らないで哲学がいらないなんてよく言えるもんだわ
    お前らは何も知らないんだよ。そこのところをよく自覚しとけ
    無知の知なんて高尚な話じゃないからな。本当に何も知らないだけだよ

    「知らない・興味無いのに哲学者が科学についてうだうだ言ってんじゃねーよ」ってのがソーカルの論旨だからな。
    よく知らないのに今哲学に適当吹いてるお前らのことだよ
    140. 無味無臭なアノニマスさん   2012年12月05日 00:34  ID:XVAAdvX00 このコメントへ返信
    ※139
    あなたがた哲学者様とやらは難解な言葉で"真理のような何か"を量産するばかりで2000年以上の昔からぜーーーーんぜん進歩していないじゃないか。エホバが存在することは証明できましたか?死後の世界の有無は判りましたか?人生に生きる価値があるかどうかあなたは答えられますか?などなど、これらはぜーーーーんぶ2000年前から全く進歩してない。呆れるね。
    例えば四大元素説が誤りだったというのはとうの昔に明らかにされたことだがその四大元素説をヨイショしてた人が哲学界では未だに大哲学者扱いされてるじゃないか。しかも哲学の生意気なところは数学さえ怪しい人間が物理の世界に首ツッコんで専門家気取りするところだよ。物理学者がとんでもない予算を組んで必死こいてスイスの地下に加速器作ってようやく粒一つの存在を証明したというのに、それに対して哲学者が何してたか考えてみればただ訳のわからん難読語を並べて「存在論」とかいう仰々しい名前の疑似科学をこしらえただけじゃないか。しかも頭の中で曖昧模糊なナニモノかを空想しただけで物理学を超越した真理に対する探求が出来てると本気で思っているんだからね、もう噴飯物だよ。将来的に人類に貢献するかもしれない子供がこういう無意味に難解な本のせいで先入観を植え付けられて「物理って難しいな、やめておこう」となったら哲学者はどうやって責任取るんだ。
    141. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年12月05日 09:07  ID:ldD8PqZj0 このコメントへ返信
    ※140
    言った通りだよ。お前はなんも知らんだけなの。
    なんで哲学のことなんて微塵も知らないお前が「ぜんぜん進歩してない」なんて断言できるのか本当に理解できんわ
    四大元素wなんでここでエムペドクレスが出てくるんだよwその時点でズレまくってるわけw
    アルケーや物活観の文脈も知らずにそんなことを言ってみたところで無駄なんだよ
    「タレスは一なる元素は水といった。人体の大部分は水だし、生活に欠かせないからこそそう思ったんだろう」
    ばーか!何も知らないんだよお前は!そもそも「誰」が「4大元素説」を「ヨイショ」してるって?
    「誰」の「どの著作」の「どういった記述」からそう判断したんだ?哲学に関連するものについて少しでも読んだことがあるのか?
    「哲学者が物理の世界に首ツッコんで専門家気取りするところ」?なるほど。ポストモダンの思想家にそういう批判が免れない奴がいるのは事実だろう
    で、お前から出てきたのが「エムペドクレス」???なにそれ???
    あげくにエホバ?死後の世界?「子供が無意味に難解な本のせいで」?
    例によって批判自体もズレまくってるわけだが、お前の云う「難解な本」って何か指示対象があるの?w
    142. 無味無臭なアノニマスさん   2013年02月01日 05:44  ID:gBfXpct70 このコメントへ返信
    主張内容はともかく、個人的には自分の顔にウンコ塗りたくってウンコを指差して笑ってるようなやり方はくだらないと思いますわ
    本業よりイタズラで有名になるってのはどうなんだ
    それはさておき
    ソーカルの批判の本質を見誤ったあげく 
    これ幸いと自分が馬鹿だから理解出来ないの棚上げにして、哲学へのルサンチマンを爆発させたり
    高校倫理程度の知識しかない無学な連中でも思いつくような、ネットにいくらでも転がってるしょうもない哲学批判を語りだしたりしてるのは恥ずかしいな。2000年以上前のギリシア人の方がよっぽど賢い哲学批判をしてますわ 
    ネットが発展しても使ってる連中の知能は上がってない 大衆が馬鹿なのは仕方ないけど 歴史に学ばないなら原始人からやり直せばいいと思うよ

    あと歴史繋がりで、哲学史かじったことあるなら誰でも知ってるような論理実証主義の失敗から学ばずに
    論理実証主義から厳密さと鋭さをすべて奪って劣化させたような意見をドヤ顔で語ってる似非理系連中は科学への適正を疑わざるをえないっすわ
    実験だけなら頭使わなくてもやっていけるのかね?
    143. 名無しさん   2013年02月12日 01:51  ID:lF..Lt3c0 このコメントへ返信
    あーあ、結局本質的議論から離れて、
    哲学否定派にレッテル貼りするアホと哲学肯定派にレッテル貼りするアホの罵り合いになっちゃったな。

    馬鹿な煽りとかするのは、俺みたいな脳足らん連中だけで十分だろ。
    お前等自分の理屈を順序立てて説明できるような連中まで、アホの真似をしていると思うと悲しくなるわ。

    論理的に理屈を述べる中に煽りや相手立場をディスるような、不毛な事していちゃ、議論自体が始まらないでしょーが。
    144. 無味無臭なアノニマスさん   2013年11月16日 13:14  ID:xZ4YnYFb0 このコメントへ返信
    キチガイだからしょうがないね
    145. 無味無臭なアノニマスさん   2013年11月25日 11:59  ID:X7n5.G8v0 このコメントへ返信
    ソーカルが批判してるのはとりあえず数学や物理学の全く意味のない引用の事なんだよなぁ
    まぁ物理学者で哲学を批判してる人は多いけどさ(ファインマンとかディラックとか)
    146.    2013年12月23日 11:07  ID:XGWMQe6TO このコメントへ返信
    文系は馬鹿
    で良いじゃん
    147. 無味無臭なアノニマスさん   2014年07月29日 17:20  ID:gPTkQJjn0 このコメントへ返信
    ルソーとソフィストのたまり場になっとるw
    148.    2014年08月06日 15:07  ID:9tM55fAm0 このコメントへ返信
    ※138
    俺もそう思う。
    チンパンジーが描いた素の人間では思い付きも、やりそうもない配色やタッチで描かれたものを、
    無名な前衛芸術家が人間的な思考と理性の元で「何らかのテーマ」を込めて描いたものと誤認させた上で評価させたわけなんだし。
    話は飛ぶが、行き詰ったアーティストがドラッグに手を出すってのは、チンパンジー的な状態を意図的作り出そうってのもあるんだろうなあ。
    149. アグモン   2014年11月03日 11:36  ID:Ltybr6On0 このコメントへ返信
    5 プラズモン
    カルダモン
    カルデスモン
    オジャマモン
    ホリエモン
    ゼルーモン
    ゴーモン
    オルゴーモン
    バキューモン
    ジェモニモン
    ピグモン
    ガラモン
    ネイチャージモン
    レイザーラモンHG
    レイザーラモンRG
    150.    2014年11月16日 21:59  ID:lRcMv8990 このコメントへ返信
    人文系学問のインチキさ
    呆れるね
    151. アノニマス   2015年03月01日 16:28  ID:RQHdp5H80 このコメントへ返信
    経済学なんてその多くがデタラメだしね。
    経済学的な言葉と適当に数字とグラフを提示すれば簡単に人をだませるよね。
    152. 名無し   2015年05月04日 17:44  ID:PtAhhnG.0 このコメントへ返信
    ※6
    アカ臭いって…
    あいつらはマルクスを解体することに情熱を全て捧げてたような奴等だぞ
    左派っちゃ左派だが
    153.     2015年11月03日 15:02  ID:XTFn4SxG0 このコメントへ返信
    そもそも科学なんてただの道具だから
    154. 無味無臭なアノニマスさん   2017年01月25日 03:18  ID:vWCPxFEj0 このコメントへ返信
    ニーチェ「ね? 言ったでしょ。ニヒリズムの時代が来るって


    画像投稿(アップローダーを開きます)