コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by Ziberzaba

今日学んだこと。

アメリカの陪審員は法律を無視して無効にすることが出来る。


<法の無視>

陪審が事実認定と法の適用を行う際、その前提となる法は裁判官の説示に従うこととされている。しかし、陪審の評決は、結論のみを示し、そこに至る理由を示さない一般評決が原則であるため(ただしアメリカの民事陪審では個別評決もある)、陪審が故意に法を無視した評決を下すことが事実上可能である。これを陪審による法の無視という。典型的なのが、被告人の有罪を立証する証拠が十分あるにもかかわらず、その行為を処罰する法自体が正義に反すると陪審が考えた場合に、無罪の評決を出すような場合である。

例えば、前記のジョン・ピーター・ゼンガー事件、禁酒法時代にアルコール規制法違反で訴追された被告人に無罪評決が多く出された例、黒人や公民権運動の関係者に対する殺害等で訴追された白人至上主義者に、全員白人の陪審が無罪評決を出した例などが挙げられている。

陪審による法の無視は、民事・刑事いずれでも起こり得るが、特に刑事事件で陪審が十分な証拠にもかかわらず無罪評決を下した場合、英米法では二重の危険の禁止により検察官の上訴は許されないので、上級審が法適用の誤りを理由に再審理を命じるなどして訂正する手段がない。

陪審による法の無視については、法律問題への陪審による不当な介入であり、当然許されないという否定的な見方と、民間人の価値観を反映することも法の健全な発展・改革にとって意味があるという肯定的な見方がある。

連邦控訴裁判所の判決には、「陪審による法の無視は、説示された法を適用するという陪審員の宣誓に違反するものである」として、法の支配の観点から、陪審による法の無視は望ましくなく、陪審員が証拠の有無にかかわらず無罪としようとしていることが分かった場合には裁判官はその陪審員を解任できるとの判断を示したものがある。少なくとも、陪審が法を無視することができるということを、裁判官が説示の際に述べるのは不適当であるという考え方が一般的である。

陪審制
reddit.com/r/todayilearned/comments/z178n/til_american_juries_can_nullify_a_law_by_ignoring/



Comment by celestialwolf 30 ポイント

ああ、「法の無視」っていうのは不当な法律に立ち向かうために陪審員に与えられた権力だからな。

もっとたくさんの人が「法の無視」を知っていてほしいものだ。


Comment by l0ve2h8urbs 1 ポイント

これ常識じゃね?


Comment by Ragnalypse 481 ポイント

一応ちゃんと言っておくけど、陪審員がどうしようかという時に法律の無視に言及した場合は大体の場合つまみ出されるんだから。

 Comment by Mattsvaliant 256 ポイント

 ↑まるでそれが悪いみたいな言い方だな。


Comment by PatternOfKnives 8 ポイント

「法の無視」ってイギリスにも存在しているものなの?

 Comment by irnec 8 ポイント

 ↑アメリカ合衆国や英国連邦にある「法の無視」は元を辿ればイギリスのものだぞ。

<ブッシェル事件>

クェーカー教徒であったウィリアム・ペンとウィリアム・ミードは、300人にも上る人間をロンドン市中に集合させ、不法集会unlawful assemblies及び騒擾tulmutをなしたとして、ロンドンのシェリフsheriffによって、ロンドンで巡回裁判令状oyer and terminerによって開かれた巡回裁判所に訴訟係属させられた。

この裁判の陪審は、エドワード・ブッシェル他11名によって構成されていた。陪審は、ペンとミードを無罪として釈放する旨の評決をなした。当該巡回裁判所は、この陪審の行った認定は、明白な証拠と裁判所の指示に反したものとして、ブッシェルに罰金を課し、拘禁するとの命令を下した。

シェリフによって身柄をニューゲイト監獄に拘禁されたブッシェルは、裁判所にwrit of habeas corpusを請求した。裁判長Vaughanは、陪審はいわゆる証人ではなく、事実認定者であって、陪審の事実点に関する役割は法律点に関する判断者である裁判官の役割に比肩するものであると判示した。 

渥美東洋「イギリスにおける当事者主義の確立―伝聞法則の発生―」法学新法66巻2号36頁(1959)

証人たる被害者の保護


Comment by jckgat 0 ポイント

お前らがこれを知らないってことに俺はイラッとくるんだが。


Comment by ghostofmybrain 6 ポイント

これが今日学んだことだ?

スレ主はこのサイトを訪問するのは今日が初めてなのか?


Comment by ajw827 218 ポイント

「法の無視」っていうのは良くも悪くも使われてきたからな。

北米じゃ地下鉄で働いてた人が捕まって裁判所送りになって法の無視によって無罪になって。

南米じゃ黒人をリンチしてた連中が裁判所送りになって法の無視によって無罪になったし。

 Comment by firemogle 60 ポイント

 ↑自由や民主主義っていうのは時折本当にどうしようもなくなるからな。

  Comment by mrj0ker 143 ポイント

  ↑どうしようもなくなるのは民主主義の方であって自由というのは悪くならんだろ。


Comment by theorymeltfool 1 ポイント

ああ、陪審員による法律の無視って素晴らしいよね。


Comment by wiltedbouquet -2 ポイント

「法の無視」こそ陪審員裁判制度の中で最も優れたものだろ。


Comment by talkinlil 1 ポイント

スレ主は今まで「法の無視」を聞いたことがないの?それって本気で言ってる?


Comment by PhoenixSD 1 ポイント

陪審員が結論出しても有罪か無罪か決まるわけじゃないけどな。


Comment by Ididmybesttonotice 2 ポイント

それはごくまれなケース。

それに控訴されると簡単にひっくり返るし。(民事ではね)


Comment by pack0newports 2 ポイント

俺が三年前に「法の無視」についてスレ立てした時はこんなにスレ伸びなかったんだけど・・・


Comment by MpVpRb 1 ポイント

この「法の無視」が法に則った制度だっていうのは知ってほしくないね。

善きにしろ悪きにしろ陪審員って奴は自分が望むとおりに票を投じるんだから。


Comment by merkwurdig_lieber 0 ポイント

今日学んだこと。

スレ主は「ロー&オーダー」を視聴していない。

すべての事件は彼らによって、暴かれ、そして裁かれる。犯罪を捜査する警察、そして容疑者を起訴する検察。これは彼らの物語だ。
あらゆる犯罪が起こりうる人種のるつぼ、マンハッタン、ニューヨーク市警(NYPD)27分署。
彼ら警察の仕事は、犯罪現場とその周辺を調査して証拠を集め、事件の全体像を推理して容疑者を捕まえること。
そこからは検察の仕事だ。検察チームは警察から提出された証拠を精査して引き渡された容疑者の起訴の是非を決定する。有罪を勝ち取るために、検察チームも自ら事件の調査を行なう。法廷、そして法廷の外で弁護士や裁判官とのギリギリの駆け引きと攻防を経て、「法」と「秩序」のもと判決が下される…

LAW&ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ1〉DVD-BOX

ロー・アンド・オーダー


Comment by iwenttoVT 0 ポイント

「ロー&オーダー」を見たことない奴もいるんだよなぁ・・・


Comment by ssh_host_key 1 ポイント

「法の無視」こそアメリカ人が全員知っておくべき一番重要なこと。

「法の無視」という権限の行使は一般的なものであるべき。


Comment by Caraes_Naur 0 ポイント

まあそうだけど大半の裁判官は陪審員に「法の無視」を避けるよういくつかの指示は出してるよ。


Comment by ChocolateHead 2 ポイント

何でもかんでも一般的に法律を無効にすることが出来るわけじゃないよ。

限定されたケースにおいて法を無効化できるだけでさ。


Comment by madstebbs 1 ポイント

これって陪審員が理解していておくべき最も重要な権限じゃねーか!


Comment by Pinyaka 21 ポイント

これを今知ったというのは悲しいことだけど学んでくれたことはうれしいよ。

こういうのは中学校か高校で教わるべきものだ。




キャプチャ



<お知らせ>

四コマ同人誌が完成しました。
キャプチャ
DLsite:https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ252351.html
booth:https://drazuli.booth.pm/items/1347278
BOOK☆WALKER:https://bookwalker.jp/ded2ebb94a-6cd1-4970-8093-f1b6498c140d/
amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07RJJLVT3

※サンプルの四コマはニコニコ静画にアップしています。
http://seiga.nicovideo.jp/comic/40971


既刊同人誌。
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(絵画篇)―
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(入浴文化篇)―

オコジョのラインスタンプ。
キャプチャ
https://store.line.me/stickershop/product/8850244

柊りんのラインスタンプ。
キャプチャ
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/9255762.html

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
2016年に更新した記事まとめ
2017年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 08:10  ID:V5QIWil10 このコメントへ返信
    アメリカですらお粗末なのに、日本で陪審員制度採用したら失敗するのは火を見るより明らか。
    それより裁判官が下した判決を審判する機関を造ったほうがマシ。
    2. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 08:24  ID:iqE4oNDP0 このコメントへ返信
    裁判官が下した判決を審判する機関を審判する機関をまた作るんですね
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 08:25  ID:xZhnMfAl0 このコメントへ返信
    ※1
    裁判官が下した判決を審判する機関も癒着やら何やらで
    すぐに機能しなくなるさ。その機関をさらに
    監視する機関を作り更にその機関を審議する機関を作り・・・と
    結果天下りやら利権の温床になる。日本も大概クソ。
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 08:35  ID:afxaPn1W0 このコメントへ返信
    有名だろ。バブル時代の日本企業はさんざこれにやられた。

    裁判官が下した判決を審査するより、裁判官自体の資質や公正性審査する方が司法と民主制の調和からも妥当だろ。今の国民審査はあってなきがごとし。
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 08:44  ID:QvmGPpre0 このコメントへ返信
    法を無視して人の裁量で判決が決まるのなんて法治国家じゃねえじゃん・・・
    そんなの土人国家もいいとこなのに賛同されてて気持ち悪い・・・
    6.    2012年08月31日 08:47  ID:hIDjQeHx0 このコメントへ返信
    ひと昔前の法律が現実に追いつききれないことは良くあること
    「柔軟に適用」でも難しい場合は法律の無視なんてのもあっていいよな
    殺人ではないけど鬼畜な所業をした犯人とか
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 08:55  ID:nf2mJSPq0 このコメントへ返信
    「民間」の意見の流行を作れるのはメディアを持つ者。
    8. 名無しさん   2012年08月31日 08:57  ID:z0KZl.EJ0 このコメントへ返信
    「遠山の金さんは裁判官と検察官と陪審員と証言者が同一人物というトンデモ栽培」
    それが時代劇で良い話として出てくるんだから、根本的に理解が足りないんだろうな
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 08:58  ID:ASS5iTLG0 このコメントへ返信
    アメリカの陪審員って人種やら宗教やらが絡んでもめてなかったっけ?
    被告と被害者と陪審員の人種構成で有利不利があるとかで。
    10.    2012年08月31日 09:06  ID:NEOjD9HZ0 このコメントへ返信
    日本の法律でも同じようなことしてるよ
    条文だけ見れば明らかに適用されるけど、それが明らかに不合理な場合とかは、「条文の趣旨を解釈→それが今回のケースでは当てはまらない→今回のケースだけは条文が適用されない」って法律解釈することは裁判でもよくある
    陪審員どころか法曹が普通にやる事なんだよね
    法律ってのは杓子定規に運用するだけじゃ駄目なんだよ
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:07  ID:HwkvKzJJ0 このコメントへ返信
    だからアメリカだと知財の裁判は有利な州でやるんだよな。
    日本企業敗北→賠償金の流れは様式美
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:11  ID:afxaPn1W0 このコメントへ返信
    陪審と法の合理的解釈は全く違うだろ。アメリカみたいな陪審はある意味法からの跳躍だ。
    13.    2012年08月31日 09:14  ID:NEOjD9HZ0 このコメントへ返信
    ※12
    似たようなもんでしょ
    結局、法律解釈ってのは結論ありきの後付けなんだから
    陪審員だって妥当な結論からスタートするし、法曹も同じ
    やってることは変わらない
    14. 名無しのポケモンマスタ-   2012年08月31日 09:14  ID:L4SiEWPt0 このコメントへ返信
    一部の影響力の強い連中が得しそうな仕組みだなw
    ヤクザ、権力者、宗教家
    15. 僕自身コメントする喜びはあった   2012年08月31日 09:16  ID:vMVV6cJb0 このコメントへ返信
    日本の裁判員制度に反対する理由の一つに、こういうアメリカの陪審員に与えられてる
    権利が与えられてないことがある
    判決の仕事だけは押し付けて、こういう権利を与えないとか単なる国家によるパワハラ
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:17  ID:afxaPn1W0 このコメントへ返信
    >陪審員だって妥当な結論からスタートするし、

    それが保障されてないから法の無視と言われてんだろ。
    17.    2012年08月31日 09:19  ID:hIDjQeHx0 このコメントへ返信
    法律の限界の有名どころ
    尊属殺人判決1973年
    http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8A%E5%B1%9E%E6%AE%BA%E6%B3%95%E5%AE%9A%E5%88%91%E9%81%95%E6%86%B2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

    ・親父がクズで娘を14から犯しまくり子ども5人産ませて不妊手術
    ・職場で相思相愛の相手と巡り合って結婚の機会が
    ・親父激怒し、娘を10日間監禁し犯す。娘は口論の末親父を絞殺

    このころ尊属殺人という法律があって、肉親を殺すと死刑か無期懲役しかなかった
    この事件のおかげで尊属殺人は違憲と判断され、その法律は撤廃
    しかし普通の殺人罪でも心神喪失がないと執行猶予つけられない
    結局被疑者は精神的には全くの健常者であったにもかかわらず無理矢理心神喪失扱いにして執行猶予つけた
    18.    2012年08月31日 09:23  ID:NEOjD9HZ0 このコメントへ返信
    ※16
    何言ってんだか
    条文やら理論から演繹してに結論を出さずに、結論からスタートするからこそ法が無視されるんじゃん
    条文からスタートしてたら法の無視なんてあり得んから
    何も分かってないな
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:24  ID:BB19Cotu0 このコメントへ返信
    陪審員なんて素人なんだから人気投票見たいもんだろ
    もしオレも陪審員に選ばれたら見た目で決めると思うよ
    20.    2012年08月31日 09:26  ID:NEOjD9HZ0 このコメントへ返信
    結論の妥当性の保証って、その為の陪審員制度じゃん
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:30  ID:5JvhNx5c0 このコメントへ返信
    Low & Order 面白いよね~
    22. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:32  ID:Z1PDRnXK0 このコメントへ返信
    ゴミ制度。
    罪刑法定主義はきっちりとしないと。
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:36  ID:Pp4vXzUX0 このコメントへ返信
    いい弁護士つけて陪審員の心情に訴えれば勝てると。
    つまり、裁判は金持ちが有利と。
    しかも、アメリカは金儲けのため訴訟起こされるし。
    これじゃ正義は語れんだろ。

    日本でも試験的に陪審員制度やってるが、これ日本には合わないように思う。
    少年法やら量刑の軽さやら法制度の改善すべきところはあるが、法治国家の方が安心できる。
    24. 名無しさん   2012年08月31日 09:38  ID:EKNM3jBJ0 このコメントへ返信
    りんちゃん今日も可愛い
    25. 僕自身コメントする喜びはあった   2012年08月31日 09:42  ID:.CsZUwno0 このコメントへ返信
    一長一短だな
    陪審員が恣意的に法を曲げることができるのは怖いけど
    法の方に明らかに不備があって法が正義を成さない場合、法の無視が必要だと思うときもある

    最近の事例だと、無免許運転に危険運転致死傷罪が適用されないとか
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:43  ID:hIDjQeHx0 このコメントへ返信
    世の中、理性と感性が半々くらいで回ってる

    理性ってのは言葉だ
    言葉ってのは矛盾を嫌う
    感性ってのは言葉以外のものだ
    矛盾はあっても無くても同価値で、むしろ矛盾があった方が尊いこともある

    理性の効率性が役に立つこともあるし、邪魔になることもある
    感性の跳躍力が劇的に物事を進めることもあるし、激しく後退させることもある

    法律は矛盾を嫌う理性そのもの
    人間社会なら矛盾が無くなることは無いから限界がある
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:51  ID:jUqV77n00 このコメントへ返信
    これって、三権分立が成り立っていないってことだよね。
    法に不備があるなら、立法府を動かすべきなのに、
    陪審が勝手に法をねじ曲げるなら無法時代と同じじゃないか。
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:52  ID:cEiZYqe70 このコメントへ返信
    何事も知識の無い人間は黙っておくべき

    「」
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 09:54  ID:MBvhKZ8A0 このコメントへ返信
    これって、コモン・ローこめvs元スレ主(大陸法外の地域)の戦いか?
    でえ、ルイジアナやケベックの事は知っていたけど宗教的に見てスコットランドが「外」で
    北アイルランドや旧エールが「内」やったのが凄く以外だお。
    30.    2012年08月31日 09:59  ID:hIDjQeHx0 このコメントへ返信
    ※27
    つーか、見落とし、例外、矛盾が全く無い完璧な法律になるように調整するってのが人間には不可能なんだよ
    人間自身が完全な存在?になるっていうファンタジー世界でしか完璧な法律はできっこない
    だから法律を柔軟に適用しても対処できない事例が出た時、そんなことは滅多に起こらないけど起こった時、法律の無視は必要なわけで
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 10:12  ID:soWeBvLP0 このコメントへ返信
    支配層が庶民から自由を奪うために作った下らないルールなんか
    庶民の感覚で無視してよい
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 10:16  ID:p1Xmigll0 このコメントへ返信
    下手すると法律<感情論になるからなぁ。マスコミの情報操作次第で無法国家になりかねない危険な部分が多いんだけどね。
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 10:17  ID:QBc86ncI0 このコメントへ返信
    ※31
    「支配層」を選んでるのは国民じゃねーか
    その意見は民主主義国家で言ったら失笑物
    34. ななしさん   2012年08月31日 10:18  ID:vsvrbqce0 このコメントへ返信
    O・J・シンプソンの件があるから陪審員制はなんとも……
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 10:23  ID:hIDjQeHx0 このコメントへ返信
    法治主義も法律の無視もどっちかだけ偏りすぎると間違いを犯すということやね
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 10:26  ID:i800Y2.60 このコメントへ返信
    ※18
    法律論が理論的と勘違いするのはやめた方がいいよ。それは、あくまで建前だから。
    勉強していけば、演繹的に論証不能な理論だけど、結果の妥当性を追い求めざるを得ない場合なんて腐るほどあることがわかるから。
    37. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年08月31日 10:32  ID:5uOGxbzO0 このコメントへ返信
    陪審員制度って過度に「市民を信用」してる感じがしてあんまり好きじゃ無いんだけどな
    こんなことになるのなら裁判所ももう要らん。
    市民が集まって犯罪者の待遇を話し合えば良い。

    まぁ結局アメリカも法治国家じゃ無いんだよな。西部開拓の頃から人治国家だった
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 10:38  ID:.ND22tjP0 このコメントへ返信
    政治家、自衛隊にも「超政治的処置」とか認めてやれよ。
    竹島、尖閣諸島なんて現場に任せろ!
    行き過ぎなら、あとでどんだけでも叩けるし。
    39.    2012年08月31日 10:39  ID:hIDjQeHx0 このコメントへ返信
    裁判所ってのは物事を解決するための場所で、法律はなんとなく公平っぽくなるようにするために使う道具
    道具は人間に使われるものであって、人間の上位にあるものでは無い
    法治主義は社会全体に公平感を漂わせるのに役に立つけど、もちろん不備や不具合なんていくらでも抱えているのであまり道具に頼りすぎるのも良くないです
    人間社会にはいわゆる鬼畜とか人外とかもいるので…
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 10:44  ID:kurVtl.Q0 このコメントへ返信
    逆に、法に触れずに人の財産盗んだり、国を売ったりすることも十分可能だからな
    法の抜け道がある以上、法を無視してそれらを防ぐ方法があるのは自然なことだ
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 10:51  ID:KUvOmLvp0 このコメントへ返信
    既存の法が正義の上に立脚していない(正義の担保がない)と考えられたとき使用される権利と考えられてるんだろうね。
    2chでも「法が裁かないなら社会的に殺せ」とかやってるじゃん、あれの法廷版という訳かな?
    42. 魔王に恋する名無しさん   2012年08月31日 11:08  ID:X0Ir3UG80 このコメントへ返信
    日本の裁判所も結構結論ありきでやってるだろ
    結論決めて法律適用する時に法律の解釈をこねくり回す
    アメリカの陪審員制度ほどは柔軟に運用できんけどな
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 11:21  ID:kurVtl.Q0 このコメントへ返信
    白人至上主義者ってカルトじみた悪魔教徒のような扱われ方だけど、
    アパルトヘイトを廃止した後の南アフリカが、
    世界最凶の犯罪地帯に変貌してるのをみると、複雑なんだよな

    白人が黒人を支配してた昔と、現状の平等な南アフリカを比べると
    どっちがより人間にとって犯罪的な結果なんだろか
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 11:34  ID:Qw718DUv0 このコメントへ返信
    自分たちの力で法改正できるという希望を失った社会には、「法の無視」という夢が必要。

    重要な場面で、どのような理屈で無視が許されるかは、
    マスメディアや匿名のネットを通じて宣伝される。
    45. MG名無しさん   2012年08月31日 11:40  ID:W3emqTj30 このコメントへ返信
    米27
    日本だって三権分立は後付けの設定だぞ。
    明治期に警察権を行政と司法どちらが持つかで争ったくらいだし。
    ドイツじゃ裁判長(司法)を市長(行政)がやったりする。
    以前2chで自称法曹界の人が「三権分立は先進国の証」とか言ってたけど笑止千万だったわ。
    46. 無題   2012年08月31日 11:46  ID:iUQisavUO このコメントへ返信
    南アフリカの治安悪化は、居住を制限されてた貧民達が、移動の自由を手に入れたんで職を求めて首都になだれ込んだだけ。

    つまりアパルトヘイトの負の遺産であって、人種問題じゃない。
    47. 僕自身コメントする喜びはあった   2012年08月31日 12:07  ID:.CsZUwno0 このコメントへ返信
    法の無視が法治主義に反してるとか言う人がいるが
    法の無視自体が法に則って適正な手続きで執行されるんだから、法治主義に反してはいないよ


    48. 名無しさん   2012年08月31日 12:12  ID:78y7Jxzj0 このコメントへ返信
    大津の自殺問題で「加害者を殺人罪で処罰しろ」という意見を言ってるのは「法の無視」を支持しているとみなしていいはず。
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 12:19  ID:n4wEXch50 このコメントへ返信
    法は空理空論じゃないんだから、どう運用されてきたか(機能してきたか)がより重要だと思うんだが、
    >黒人や公民権運動の関係者に対する殺害等で訴追された白人至上主義者に、全員白人の陪審が無罪評決を出した例

    差別・偏見が反映されるようじゃ、噴飯物。
    それが出来るなら、黒人に辛く、白人に甘い判決、外国企業に辛く、アメリカ企業に甘い判決が可能だろうな。
    >アメリカ企業が外国企業と争う裁判で、アメリカの陪審員がアメリカ企業に有利な判決を下すケースが多く、日本企業の多くが特許裁判などのアメリカの裁判で米国民の陪審員に不利な判決を下され巨額の賠償金を取られてきた
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%93%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 12:26  ID:aAxQdptX0 このコメントへ返信
    「法の無視」は初めて知ったなぁ。
    ウチらの国の弁護士は「常識の無視」はよくやるけど。
    51.     2012年08月31日 12:28  ID:VbajtDc8O このコメントへ返信
    法治国家じゃないやん
    52.    2012年08月31日 12:56  ID:d76IEs8X0 このコメントへ返信
    アメリカらしい民主主義的発想だよな。

    全ての国民が完全な知性を有していて健全で善良な思考をすることを前提としている所なんか特に。
    53.     2012年08月31日 13:02  ID:gNoPVY.tO このコメントへ返信
    難しい特例処置だねー、宗教や特定集団によって法が歪まされる危険もある
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 13:26  ID:lQyFPlg70 このコメントへ返信
    柔軟といえば聞こえはいいが、ようは、法律に対する無知が原因。ようは、素人に法律判断させるムリゲーだもの。
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 14:19  ID:9d5oxUcb0 このコメントへ返信
    法治国家が聞いて呆れるな
    日本の常識を無視した法律も相当アレだが
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 14:23  ID:D4N5bvth0 このコメントへ返信
    法の軽視に繋がらず、法へ敬意を払うという上に立っている場合のみ
    法の無視は許されると思う
    57. 名無しさん   2012年08月31日 14:24  ID:lqGOwbDa0 このコメントへ返信
    知ってる人もいると思うけど一応書いておくと、

    日本の裁判員制度だと、裁判員全員が有罪だと言っても、
    残り3人の裁判官が無罪と言えば無罪になる。
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 14:25  ID:HInWZ4GF0 このコメントへ返信
    日本の場合は犯した罪を法律に照らし合わせて判決出すってことなんで
    今までは兎に角、判例重視だけど
    アメリカは被告の犯した罪が法的に無罪か有罪かを判断するというよりは
    被告自身の主張の勝ち負けを法廷で決めるという感じ
    検察の主張を覆すために、弁護士は心象勝負に出る
    信憑性に欠けるという証拠を数多く上げる方が効果が高い
    関係ないんじゃないのー?というような証言者の私生活に関する個人攻撃もアリ
    イヤー、ナンていうか、上手く説明できないなぁ…
    陪審員の心さえガシッと掴めば無実じゃなくっても無罪を勝ち取ることも可ということ
    陪審員は有罪か無罪を決めるだけなんで、法律の知識自体殆どいらない
    日本の裁判員は有罪の時には刑の重さも決定する仕組み
    幾ら、裁判官と一緒とはいえ荷が重いと思うよ
    59. 名無しさん   2012年08月31日 14:29  ID:3LhOX4tR0 このコメントへ返信
    日本は半分は二権分立くらいに思ったほうがいい
    立法府の最多数派が行政府の長を兼ねているわけで
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 14:40  ID:26LESG4y0 このコメントへ返信
    三権分立()ですね、素晴らしい

    日本も陪審員が居なくてもこうなるからムジナだけどさ

    人が人を裁くのは無理 って誰かが言ってたけど
     まさにその通りなんだな
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 14:59  ID:g.oWqk8g0 このコメントへ返信
    法は万能ではないし、法はあくまで善良な世界を築くという目的の為の「手段」に過ぎない
    法治を至上主義とする人もいるみたいだけど、社会の変化に法律が追いつかない
    特定の人間が立法や行政と癒着して不正を働いているということも珍しくないわけで、
    上で述べた通りに法律は決して万能でない。

    もちろんこの法律の無視が素晴らしいものかと言われれば人間の意思が介在する以上は
    とても不安定で危なっかしいものなのは言うまでもない。
    が、悪法もまた法のような法治至上主義もまた危ういんだよ。
    62. 名無しさん   2012年08月31日 15:22  ID:eWBVuUPx0 このコメントへ返信
    こういう物事こそ学校で取り上げ教育に発展させるべきだと思うんだけどな~
    答えとかはないだろうけど、考える力が上がりそうw
    63.     2012年08月31日 15:52  ID:CBWYz3890 このコメントへ返信
    やっぱ裁判員制度はだめだな
    プロが法に基づいてやるべき
    64. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 16:14  ID:ZIursybY0 このコメントへ返信
    法を不当だと思うときは陪審員が裁判官に違憲審査を促すって形にした方がいいんじゃないかな。
    さすがに無視で済ますってのはどうかと思う。
    65. 名無しさん@熱湯浴   2012年08月31日 17:18  ID:7qbXMPA.0 このコメントへ返信
    陪審が法を無視するってのは、やっぱり根底に「役人・政治家は間違いを起こす」っていうのがあるからだろうね。
    実際向こうの議員さんはどれだけ議会に法案を提出したかを選挙民へのアピールに使うから、意外とトンデモ法案がポコポコ出されてて、これが上手いこと時流に乗ったり不思議な政治マジックが起こって通っちゃったりすることがあるから。
    66.    2012年08月31日 17:41  ID:hIDjQeHx0 このコメントへ返信
    海外だと宗教観も違うし、現状に追いついてないトンデモ法もいっぱいあるしなあ
    市内で核爆弾を爆発させたら500$の罰金とか
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 18:24  ID:D4N5bvth0 このコメントへ返信
    The 裁判員 は良いゲームだよ 
    68. 僕自身コメントする喜びはあった   2012年08月31日 19:17  ID:4du7A9Qg0 このコメントへ返信
    ※10
    何意味わかんないこと言ってんだ。本当に法律勉強したことあるのか?
    そんなのは※17が挙げてる尊属殺みたいに例外中の例外だろ

    条文があてはまらない→条文がないから条文の趣旨を解釈or類推→今回のケースは条文適用、ってことはあっても、その逆なんて滅多にないよ
    条文にあてはまるんだったらそもそも議論にならないから(尊属殺みたいに明らかに条文がおかしい場合を除く)

    まず条文が第一。これ常識。
    条文がそのままあてはまらない場合や条文の意義を解釈するしかない場合などに初めて議論になって、判例や学説で判断基準が示されるんだから
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 19:20  ID:EiYG.nFo0 このコメントへ返信
    陪審員が法を無視するアメリカと裁判長が法を無視する日本とどっちがまし?
    70. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 20:03  ID:sKS8bZ9N0 このコメントへ返信
    アメリカの場合、陪審員の人種の割合で決まるから
    たまったもんじゃないな。
    さらに宗教・保守・リベラル関与する。

    日本人留学生射殺事件
    陪審員は12名(白人10名、黒人2名)全員一致で無罪の評決を下した。
    評決の理由は裁判において、明らかにされていない。
    殺人者ロドニー・ピアーズはKKKのメンバーだった。
    当時の日本のマスゴミは
    フリーズとプリーズを聞き間違えたとする捏造報道を繰り返し、
    人種差別に言及しなかった。
    71. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 20:18  ID:0PN.tZJy0 このコメントへ返信
    おいおい遊戯王か
    72.    2012年08月31日 20:25  ID:hIDjQeHx0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    73. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 21:48  ID:OQ3knTBb0 このコメントへ返信
    日本語への翻訳:

    裁判所は統治行為論・行政判断の尊重・精密刑事司法論が許される
    74. 名無しさん   2012年08月31日 21:59  ID:f3BFyCy70 このコメントへ返信
    アメリカって本当にある意味野蛮な国家だな
    今も官僚がアメリカを手本にしてるのを見ると寒気がする
    75. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 23:01  ID:rPCk.a4x0 このコメントへ返信
    いやぁ、こんなサイトで渥美東洋の名前を見るとは思わなかったw
    76. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 23:17  ID:afxaPn1W0 このコメントへ返信
    形式的な権力分立はもちろん、司法の本質を突き詰めると陪審制は矛盾が大きすぎる。立方行政という多数決原理=民主制の支配する機関によって救済されなかった人々を純理性原理=自由主義の理念によって救済するのが司法の役割。自由と民主制の矛盾相克を調整解決するのが裁判所の仕事と言い換えてもいい。国家制度として司法と言えど民主制と乖離することは許されないにせよ、純理性原理を損なうやり方が好ましいはずはないと思うがね。実際のところ、奴隷制や人種差別といった最悪の制度になんら対抗する力をもたなかったばかりか、かえってこれに迎合するところが大だったのいうのがいい現われ。そもそも陪審制なんて、何百年も前の英国の制度だからな。三権分立の概念すらなかった頃の。現代の法理論に適合しないのはむしろ自然なんだが。それでもアメリカ人はこれを美習と考えてるんだろうけどさ。英米法の系列ですらない日本に導入するのはさらにおかしなことになるのは目に見えてる。そもそも陪審制なんて戦前導入されて結局休止した代物なわけだし。まぁ、裁判員制度はアメリカの陪審制まんま取り入れたわけではないが、国民審査の周辺制度の拡充や刑事の検察審査会制度の充実化の方が筋が通ってるし、日本の司法制度全体とも適合的で、妥当だったと今でも思っている。
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2012年08月31日 23:23  ID:yQlcIRnz0 このコメントへ返信
    渥美先生は中大の伝説
    78.    2012年09月01日 00:44  ID:res0y7FUO このコメントへ返信
    アメリカの裁判はアジア人には厳しい判決出るし、州によっても違う。刑務所に無罪の人間沢山入ってると思うよ。OJシンプソンの無罪判決はアメリカ陪審員らしい。
    79. 名無しのサッカープレイヤー   2012年09月01日 01:30  ID:odYJvvX00 このコメントへ返信
    これでは死刑制度に反対するのも当然だわな。
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月01日 02:07  ID:aA5D2RGZ0 このコメントへ返信
    まぁアメリカは半分くらいの州で死刑制度存続しているけどなw
    西欧(英国除く)の多数は陪審制じゃなく参審制だしな。日本の裁判員制度はこっちに近い。
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月01日 10:59  ID:2EGXRWqR0 このコメントへ返信
    ※67
    ゲーム中に彼氏の死を嘆いていた彼女が、ゲームのエピローグ部分で半年も経たずに新しい彼氏をゲットしていた時の衝撃といったら…
    ゲーム本編はともかく、胸糞悪くなったわ
    82. 名無しさん   2012年09月01日 12:38  ID:SX0mp5Nu0 このコメントへ返信
    愛国無罪は本当にあるということだな
    83. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年09月01日 16:17  ID:EzW1CN5M0 このコメントへ返信
    その国に合った制度がそれぞれあるだけの事。日本人には向いてない制度だろう。
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月02日 00:31  ID:c9dtFtSE0 このコメントへ返信
    不当な法律って発想がものすごいな。日本じゃこんなものあったら在日大暴れだ。
    85. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月02日 02:17  ID:2VTwCjQI0 このコメントへ返信
    ※17
    尊属殺人の場合は、どんなクズ親でも絶対に執行猶予がつけられない(めいっぱい減刑して5年が限度)から
    違憲判決がでたのであって、一般殺人罪の場合、当時は別に心神喪失でなくても執行猶予がつけられる
    (当時は3年以上の懲役なので、特に減刑なしでも執行猶予がつけられる。現在は5年以上なので、何らかの減刑がないとつけられない)
    86. 名無しさん   2012年09月02日 08:03  ID:dkagh.OS0 このコメントへ返信
    悪法も法と断じるよりいいと思うわ
    全てを法律に示せないし、不備もままあるこ当然
    そんなもの遵守するよりも
    87. 名無しさん   2012年09月02日 08:06  ID:dkagh.OS0 このコメントへ返信
    間違えて途中で送ったが訂正するのも面倒だからいいか。

    法が間違っていないなんてのは言えるはずもないし、そんなもの遵守するよりもよほど民主的と言える。
    時代に即していない大昔のものや自身の利権のために作ったような法律があるのに、人が作った法律なんて信用できねー
    88. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月02日 16:22  ID:70tr8nfo0 このコメントへ返信
    これは有名だよ。黒人殺しても無罪になるし、外国資本によるフェアな取引も、アメリカ様に都合が悪ければ無効にできる素晴らしい慣習。
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月02日 23:53  ID:BECwqHgj0 このコメントへ返信
    これを適切に運用できればなんの問題もないんだがな
    民主主義と同じ欠陥を抱えているというか、これぞ民主主義というか
    90. 名無しさん   2012年09月03日 17:40  ID:wz3tL.4P0 このコメントへ返信
    ※88
    もともとは、民主主義の理想の形として生まれたんだよ。
    まあ擁護すれば。

    日本でも裁判官の多数決で決まるってコメントあるけど、
    アメリカは「一般市民である陪審員が判決を決められることが最も民主主義的だ」って考えたわけ。
    だって、穿って見ると裁判官ってエリートなわけでしょ。
    一部のエリートが支配層に有利な判決を出すことに対する反感があった。
    日本だって裁判員制度導入は、高度な法律論にしたがって裁判官が一般的な心情とはかけ離れた判決を出すことに対する修正が目的だったわけだし。

    それでこの制度の弊害ばかり記事には書いてあるし、そういう面もあるけど、
    「娘を暴行の上殺されたのに、犯人が無罪になることを知って犯人を私刑にした父親」が無罪になったこともある。
    アメリカではドラマも映画も裁判は人気のネタだけど、日本では不人気もいいところ。
    「法律はお上が正しく庶民のために決めてくれる。お上にまかせておけばいい」という日本人は、専門家にまかせるという態度においては間違いではないけど、日米との差をよく表していると思う。
    91. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 02:04  ID:PfSxbmHY0 このコメントへ返信
    アメリカってジム・クロウ法みたいなとんでもない差別制度が法として罷り通ってた国だから、
    善良で高貴な国民は「誤った法」を正す権利と責任があるっていう考えが根底に存在してるんだよ
    法は無謬であり絶対的に正しいという考えは、アメリカ史を見る限り有り得ない理想主義だ
    92. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月10日 23:47  ID:6nLDxgw50 このコメントへ返信
    欧米は狂ってんなー
    93. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月11日 23:13  ID:i0yNkKdT0 このコメントへ返信
    まあ実際には裁判長が陪審判断を無効にもできるわけだし
    94. 無味   2015年10月14日 19:36  ID:c4QxFjmM0 このコメントへ返信
    日本でも法律を無視する裁判官もいる
    事実上の利害関係者が送達を受領した場合の効果では、原則、補充送達として有効だが、この法律を無視する裁判官が実際いて困る


    ※民事訴訟法106条1項
    原則
    『補充送達』として有効