コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by maxminski

今日学んだこと

木星は太陽から受け取る熱量よりも放射する熱量の方が大きいので毎年2cmずつ縮んでる。


<木星>

木星は、太陽輻射で受ける熱よりも多い熱量を放射している。木星表面の温度は 125 K であり、これは太陽光エネルギーだけで計算される温度 102 K よりも高い。この差を生むものは惑星内部で生成される熱量であり、それは太陽から受けるエネルギー量に匹敵する。

この熱の一部は、ケルビン・ヘルムホルツ機構 (Kelvin–Helmholtz mechanism) と呼ばれる断熱過程で生じるもので、この過程によって木星は年間 2 cm ずつ縮んでいる。逆に、誕生時の木星は現在よりも2倍程度の大きさがあったとも考えられる。

木星
http://www.reddit.com/r/todayilearned/comments/zbwz1/til_jupiter_is_shrinking_by_about_2_cm_each_year/



Comment by StrangerLoop 1 ポイント

太陽系の最も大きい惑星のそんな微小な変化すら計測することが出来るなんて本当にすごいことだよね。

何千キロも遠い所にあるっていうのにさ。本当に衝撃的だよ。


Comment by mrseldowski 1 ポイント

木星が消滅するまでたった3,495,550,000年しか残されていないっていうのか!


Comment by fiplefip 0 ポイント

木星の直径は142984kmでこれを毎年2cmで縮んでいくので割ったら7,149,200,000年になる。

まあこれは木星がこのままの割合で縮んでいけばの話だけどね。


Comment by Poyoya 1 ポイント

それで木星が完全に縮んでしまったらどうなるんだ?

ブラックホールにでもなるの?


Comment by New_Post_Evaluator 1 ポイント

「儂がお前さんくらいの年のときは木星は惑星だったんじゃぞ」

by 吸血鬼、ゾンビ、デーモン


Comment by anonymous_al 1 ポイント

地球温暖化のせいだな。

※とりあえず「地球温暖化のせい」と書き込むのは海外掲示板ではよく見かけられます。


Comment by awkwardhurdle 1 ポイント

地球は木星が放射した熱を受け取ってるんじゃないの?


Comment by paddypower256 1 ポイント

木星の温暖化は今選挙の最大の争点になるで。

※11月のアメリカ選挙のネタはよく書き込まれます。


Comment by jellyfungus 1 ポイント

こいつらはどうやって毎年2cmずつ縮んでるって測ったんだよ。


Comment by XsalvieX 1 ポイント

この割合で縮んでいくなら特に僕が心配する必要はないか。


Comment by bopoqod 1 ポイント

毎年2cmずつ縮んでいくっていうのなら十億年くらい昔は木星の大きさはどれくらいだったんだろうな。


Comment by silver-reaper 2 ポイント

人類はこんなことまで計算可能なのかと考えると頭が変になりそう。

 Comment by Patrickthedoody 1 ポイント

 ↑すごいことだよな?

  Comment by silver-reaper 2 ポイント

  ↑そう思うw


Comment by lastGame 1 ポイント

面白い事実:太陽は一秒間に400万トンずつ質量が減少していく。

http://solar-center.stanford.edu/FAQ/Qshrink.html

太陽の中心部で起こっている核融合は莫大な熱エネルギーを生み出しているが、このとき対応するだけの質量が失われている。 さらに太陽の表面では太陽の大気が太陽風として飛び出していく。 これらにより太陽質量は一定ではなく時間とともに減少していく。

推計では太陽質量の減少のうち 7 割ほどが電磁波としての放射に対応し、残りのほとんどが太陽風によるものである。 また正体不明の暗黒物質の候補のひとつであり、その存在が予測されているアクシオンが、質量の減少に少なからず寄与する可能性があるとされる。 全体で失われる質量は 1 秒あたり 600万 t 弱と見積もられている。

太陽質量


Comment by craigmoliver 1 ポイント

縮んでいくのがこのペースじゃ木星が消滅するのよりも太陽が燃え尽きるほうが早いと思う。


Comment by xanthrax33 2 ポイント

このスレタイは不正確だろう

木星は太陽から受け取る熱と同等の熱を放射してるってのは良い。

けど木星が毎年縮んでいってるのはケルビン・ヘルムホルツ機構というものによるものであって熱を放射することによって起きるものじゃないじゃん。


Comment by Shortstack031 707 ポイント

あー去年より木星が小さくなってるってことなら俺も気づいてたわ。

去年の木星ってやたデカかったもんな。


Comment by EricWRN 236 ポイント

僕の計算によれば木星は12月に崩壊すると言う結果が出た。

 Comment by magictroll 5 ポイント

 ↑どの年の?

※マヤの暦云々で海外掲示板では12月に人類が滅亡するというネタがポピュラーになっています。


Comment by mjw95k 52 ポイント

これが天王星だったら面白かったんだが。

 Comment by EphemeralStyle 57 ポイント

 ↑天王星だったら全部が面白くなるからな。

※これはジョークらしいのですが意味はよく分かりませんでした。もしご存知の方がいらっしゃれば是非教えてください。
「Uranus(天王星)が"ur+anus"="your anus"」という事だそうです。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。


Comment by OccasionalAsshole 21 ポイント

なんつうビッチな惑星だよ。

 Comment by cp3woo 39 ポイント

 ↑土星乙


Comment by crilen 1 ポイント

月が地球の軌道上から外れるのはどれくらい先の事なんだろうか

 Comment by haiku_robot 6 ポイント

 ↑お月様

 どっかにいくのは

 いつなんだ

※「haiku_robot」さんはいろんな方のコメントを俳句にして書き込む方です。よく見かけます。
アメリカ合衆国のアポロ計画やソ連のルナ計画で月面に設置された反射鏡に地球からレーザー光線を照射し、光が戻ってくるのに要する時間を計れば月までの距離を正確に測定できる。この測定はLLR(Lunar Laser Ranging, 月レーザ測距)と呼ばれ、1969年にアメリカのマクドナルド天文台で初めて行われた。

地球中心から月の中心までの平均距離は38万4,403kmであり、地球の赤道半径の約60.27倍である。21世紀に入ってからも各国の天文台で測定が続けられており、月は平均して1年あたり3.8cmの速さで地球から遠ざかっていることが明らかになっている。






キャプチャ



<お知らせ>

四コマ同人誌が完成しました。
キャプチャ
DLsite:https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ252351.html
booth:https://drazuli.booth.pm/items/1347278
BOOK☆WALKER:https://bookwalker.jp/ded2ebb94a-6cd1-4970-8093-f1b6498c140d/
amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07RJJLVT3

※サンプルの四コマはニコニコ静画にアップしています。
http://seiga.nicovideo.jp/comic/40971


既刊同人誌。
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(絵画篇)―
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(入浴文化篇)―

オコジョのラインスタンプ。
キャプチャ
https://store.line.me/stickershop/product/8850244

柊りんのラインスタンプ。
キャプチャ
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/9255762.html

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
2016年に更新した記事まとめ
2017年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 名無しさん   2012年09月09日 08:12  ID:ZheRK.gr0 このコメントへ返信
    木星などの引力の強い外惑星があるため地球に飛来して致命的な衝突になる確率を下げていると聞いたことがある。
    引力があるのでチリや彗星も引き込んで質量は大きくなったりしないのかな。地球でさえ降り積もる宇宙塵で重くなっているという。
    2.    2012年09月09日 08:45  ID:55iOditR0 このコメントへ返信
    おまえらいい加減オキロ(*´Д`)ノ
    3.    2012年09月09日 08:48  ID:55iOditR0 このコメントへ返信
    意気消沈する言葉は頑なに耳を傾けない、いいな!
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 08:54  ID:YGa59T7O0 このコメントへ返信
    Uranus(天王星)が"ur+anus"="your anus"という発音という辺りから来ているみたいですね。
    天王星の主成分がガス質なのも関係あるかも?

    http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20080413222328AAClLMb
    5. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年09月09日 09:21  ID:58udfjeu0 このコメントへ返信
    >haiku_robot

    アメリカにも3ゲットロボみたいのいるんだな
    6. 名無しさん@韓国ニュース   2012年09月09日 09:25  ID:1HL3QBZx0 このコメントへ返信
    ※4
    神話じゃなかったっけ?
    天王星 ← ウラノス
    あと最近嫌われまくってるウランとかも

    木星(ジュピター) ← ゼウス
    海王星・プルトニウム ← プルートー
    冥王星・ネプツニウム ← ネプチューン
    発見当時にガス質だって分かってたら、そう名前をつけたかもしれんけど・・・

    あと、内側の惑星が岩石質で、外側がガス質なのは、
    水星~火星・・・太陽熱で氷とか溶けちゃう。残った岩石を核にして惑星出来る。
    木星・土星・・・太陽によって氷が溶けない。氷を核にしてガスを集めて巨大化
    天王星~・・・残りのガスの寄せ集め
    だからだそうな。
    7. 名無しさん   2012年09月09日 09:49  ID:zzrNJpYB0 このコメントへ返信
    へぇ…って思った。それだけ
    こういう、一見不要に見える情報も何かの役に立つのだろうか
    8. 名無しさん   2012年09月09日 09:49  ID:vdHDpmXO0 このコメントへ返信
    ⑴木星は太陽から受け取る熱量よりも放射する熱量の方が大きいので
    ⑵毎年2cmずつ縮んでる。

    既に指摘されてるけど、⑴は⑵の結果なので因果関係が逆。
    ⑵はケルヴィン‐ヘルムホルツ収縮による効果。
    この効果自体は重力によるもの。熱は副産物。
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 09:54  ID:glMHkObX0 このコメントへ返信
    地球も太陽から受ける熱よりかなり多くのエネルギーを放射してると聞いたけどな。

    月は少しずつ離れてるけど、地球の自転が月の公転周期と同期した時点で止まる。
    10. 4   2012年09月09日 10:05  ID:YGa59T7O0 このコメントへ返信
    ※6
    あ、いや※4は管理人さんの「※これはジョークらしいのですが意味はよく分かりませんでした。もしご存知の方がいらっしゃれば是非教えてください。」へのレスでした。
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 10:10  ID:3DJsDwBt0 このコメントへ返信
    ※6
    いや、※4は天王星のジョークの推測をしてるんだろw
    12. 4   2012年09月09日 10:12  ID:YGa59T7O0 このコメントへ返信
    それぞれの惑星名の起源は神話ですが、
    海外で天王星(Uranus)は、しばしばこういう下ネタ関連のネタで出てくる事があるみたいです、
    という事が言いたかったのでした。説明不足で申し訳ないです。
    13. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 10:26  ID:iSvCM8rO0 このコメントへ返信
    "your anus"か・・・
    ただでさえ分厚いセーラーウラヌスの薄い本がさらに分厚くなるな。
    俺はマーズ以外買わんが。
    14. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 10:55  ID:s9CtAy6B0 このコメントへ返信
    でも、あんだけでかいと中心部に地球くらいの岩石惑星みたいなのがあって核分裂で発熱してる可能性もあるんじゃないかな。
    15. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年09月09日 11:11  ID:rpnbX6xg0 このコメントへ返信
    木星の核について記述してるとこって殆どないよね
    上層のメタンとか鉱物じゃない気体ばっかだから
    縮んで消滅するのか、一定までいって止まるのか判断つかない
    16.    2012年09月09日 11:17  ID:3r0ANTXp0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 11:19  ID:hynHdw6d0 このコメントへ返信
    ※6
    海王星と冥王星逆になってるぞい
    18. 名無しさん   2012年09月09日 11:25  ID:79Fmycsb0 このコメントへ返信
    木星の地面あんの?
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 11:46  ID:NUltVdrJ0 このコメントへ返信
    冥王星って都会?
    http://mimizun.com/log/2ch/chiri/975572946/
    20. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 11:56  ID:sKwBIYjw0 このコメントへ返信
    バスターマシン三号ブラックホール爆弾
    21.    2012年09月09日 11:59  ID:hq8loDvyO このコメントへ返信
    月は一定の距離に遠ざかったら安定するけど
    そん時は地球の自転と同期して地球の片側からしか月が見られなくなるんだぜ
    空の一点に静止してまう
    22. 名無しさん。   2012年09月09日 12:00  ID:U49UmWyK0 このコメントへ返信
    あれ?木星の衛星ぐらいなら人類暮らせるんじゃね?
    というか太陽が膨張しだしたら徐々に外側に移住していかないとな
    23.    2012年09月09日 12:04  ID:Jvqppn2G0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    24. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 12:13  ID:hynHdw6d0 このコメントへ返信
    ※22
    太陽系最大の「衛星」であるガニメデすら水星より少し大きいくらいだぞ。
    重力が小さすぎる。
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 12:14  ID:hynHdw6d0 このコメントへ返信
    ※21
    そしてその頃には地球の一日が30日くらいになってるな。
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 12:33  ID:b1liEbW.0 このコメントへ返信
    地球温暖化のせいワロタ
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 13:17  ID:KkSZc3sT0 このコメントへ返信
    「♂」は火星のシンボルだぞ
    マーズ神の盾と槍からの図案化
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 13:28  ID:OAfgkoqR0 このコメントへ返信
    ケルビン・ヘルムホルツ機構とか難しいこと言ってるけど、
    翻訳元の解説してる人よくわかってないんじゃないかな
    一定の熱を持った気体が膨張することは誰でも知ってるだろう(断熱膨張)
    反対に、気体を外から強制的に圧縮すればその仕事は熱に変換される
    その圧縮に相当する仕事を、木星の場合は重力がしてるわけで、
    その際に熱放射される仕組みをケルビン・ヘルムホルツ機構と呼ぶんだろ
    知らんけど
    つまり木星が縮んでる原因は重力であり、
    熱放射によって縮むという表現はおかしいんでないの
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 14:06  ID:BfKYqLGX0 このコメントへ返信
    気体の塊は気圧の勾配で重力と釣り合っていて、気圧勾配すなわち温度勾配なので、熱が中心から外に流れる。
    熱が流出するのだから気体は冷えて圧力が下がり、重力に負けて収縮する。とその位置エネルギー解放で温度が上がる。
    こうして重力収縮により中心部の温度が上がった結果、核融合の着火点に達する事ができれば、そのガス塊は恒星になる。
    核融合が始まるとその熱で温度勾配を維持できるので、収縮は止まる。

    つまり収縮するか止まるかを決めるのは重力に対抗できる温度勾配を維持できるかどうかなので、外部からの熱供給によってでもそれが達成できるならば収縮はしない。木星の場合はそれが微妙にマイナスなので、わずかに収縮して位置エネルギーを解放し続けているはず…という事だね。
    まあ、木星大気は恐らく底に固体核があって支えているので、純粋な自己重力系ではないけれど。
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 14:13  ID:5kZIuc0W0 このコメントへ返信
    二倍のサイズだと恒星になるはずだが・・・
    それに、体積の話だから単純計算ではいけないし、
    サイズが二倍も、体積が二倍なのか直径が二倍なのか今一分からないし、
    ちょっと人に話すには用心しないとなー。

    というか、うそっぽい気がするが気のせいか?
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 14:16  ID:gQK.7uBV0 このコメントへ返信
    >>誕生時の木星は現在よりも2倍程度の大きさがあった
    太陽みたいに核融合し出すには未だ足りないのか
    10番惑星は熱核反応して反物質の太陽になったというのに(あの頃は冥王星さんも惑星扱いだったなぁ…)
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 14:24  ID:BfKYqLGX0 このコメントへ返信
    まとめると、元記事の因果関係は正しい。
    「木星大気を支えるのに必要な熱の流出量>木星が太陽から受け取る熱量」だから、木星は縮んで熱を賄っているはずだ。という理路です。
    ただ、良くわかってない中心核に意外な熱源があったりするならば、もちろんこの限りではないと思う。
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 14:28  ID:BfKYqLGX0 このコメントへ返信
    ※30
    「二倍の質量」だったら恒星になったろう、という事。大きさだけが二倍でもダメ。
    34.    2012年09月09日 15:00  ID:hq8loDvyO このコメントへ返信
    木星は二倍の質量でも恒星になれないよん

    最低十倍くらい必要
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 15:07  ID:hq8loDvyO このコメントへ返信
    >つまり木星が縮んでる原因は重力であり、
    >熱放射によって縮むという表現はおかしいんでないの

    エネルギーと質量は等価なんで、熱放射によってわずかずつ質量失ってるんでおかしくない
    36.    2012年09月09日 15:58  ID:EdfiJqN90 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    37. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 16:09  ID:EOkAKeDW0 このコメントへ返信
    表面が2cm縮むって事は、直径だと4cm縮んでるって事?
    38. 名無しさん@ネタさか2ch   2012年09月09日 17:30  ID:AjV8jDMt0 このコメントへ返信
    >>34
    10倍でも無理。10倍じゃ褐色矮星になる。
    80倍ぐらいは必要。80倍でやっと、うっすらと軽水素の核融合の火がつく。
    39. 名無しのサッカープレイヤー   2012年09月09日 17:45  ID:nNFyimVI0 このコメントへ返信
    ※37
    表面が2cmってどこから出てきたの?
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 19:25  ID:hynHdw6d0 このコメントへ返信
    近年も彗星食らったりしてるからなぁ、案外小惑星たらふく食べて
    金属水素じゃない核が出来上がってるのかも知れない。
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月09日 21:00  ID:CnECoprQ0 このコメントへ返信
    >>40
    コアが金属水素ってのは推定であって確定ではない
    42. 名無しさん   2012年09月09日 21:25  ID:VMCzMqrm0 このコメントへ返信
    今回誤字多いっすね
    43. 読者小笠原、コメントをする   2012年09月09日 22:09  ID:Ep9BnaML0 このコメントへ返信
    さよならジュピターw
    44. 管理人です   2012年09月09日 23:10  ID:fIcyjVOE0 このコメントへ返信
    みなさんコメントありがとうございます。

    >>4さん
    教えてくださりありがとうございます。
    さっそく記事を修正いたします。

    >>42さん
    誤字のご指摘ありがとうございます。
    管理人が気づいた箇所は修正いたします。
    45. 名無しさん   2012年09月09日 23:21  ID:oQBMgj2B0 このコメントへ返信
    地球に隕石がバンバン落ちてこないのは木製がガードしているからとかなんか・・・聞いたきがするが、
    小さくなっちゃったら巨大隕石きちゃうんじゃね?
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2012年09月12日 23:32  ID:uhsariHb0 このコメントへ返信
    あくまで「そういう計算になる」というだけであって、実測のはなしではない。 
    大きさも重量も、「そういう理論が成り立つ」という「一つの話」である

    ・・・という事は、誰も突っ込んでないなw
    まぁ、突っ込むまでもなく常識か。