コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by shki

金を使用した修繕

DJK3kva


<関連動画>


Mottainaiが育てた修繕技法【金継宗家・金継ぎ】塚本将滋(塚本尚司)


<金繕い>

割れたり欠けたりした陶磁器を漆(うるし)で接着し、継ぎ目に金や銀、白金などの粉を蒔(ま)いて飾る、日本独自の修理法。修理後の継ぎ目を「景色」と称し、破損前と異なる趣を楽しむ。現代では漆の代わりに合成接着剤を使うこともある。金繕い。

金継ぎ


imgur.com/DJK3kva
reddit.com/r/GetMotivated/comments/1fatza/to_repair_with_gold/
※管理人が見た時は全スレッド中3番目に高評価されていました。



Comment by kellbot 4 ポイント

スレ主の貼った画像見てたら好きな言葉を思い出した。

「最も美しい人というのは失意を味わい、苦しみを経験し、もがき苦しみ、目標に自分の手が届かなかったということを十分に経験して自分がどう生きるかを悟った人間の事です。そんな経験をした人物だからこそ周囲へ感謝し、人の感情の機微を悟り、慈悲や優しさ、他者への愛情を持てるのです。美しい人というのは何もせず生まれるわけではありません」

エリザベス・キューブラー=ロス

エリザベス・キューブラー・ロスは、精神科医。死と死ぬことについての画期的な本(『死ぬ瞬間』)の著者 。

その中で彼女は初めて今日死の受容のプロセスと呼ばれているキューブラー・ロスモデルを提唱している。まさに死の間際にある患者とのかかわりや悲哀(Grief)や悲哀の仕事(Grief work)についての先駆的な業績で知られる。

エリザベス・キューブラー=ロス


Comment by thane_of_cawdor -2 ポイント

全スレッド中5番目のスレ

全スレッド中5番目のスレ

全スレッド中5番目のスレ

これはきた。


Comment by npr_junkie 3 ポイント

これ何が問題かってこの「金繕い」をしたいがために俺達が陶器を壊し始めてしまうんじゃないかってことだ。


Comment by Whats_up_ 1 ポイント

これ思い出した。

cOOkmwy


Comment by PanGalacGargleBlastr 2 ポイント

こういう金繕いされた陶器が売ってるようなお店とかがどこにあるか知ってる人っていない?


Comment by PlacidFlux 1 ポイント

これって何語なの?日本語?

 Comment by green0fox 2 ポイント

 ↑そうそう日本語。


Comment by koyo4 1 ポイント

「金繕い」

これはそのまま「黄金で修繕する」っていう意味。


Comment by mike92k 1 ポイント

ちなみに離婚には金繕いは出来ません


Comment by Turbonoodle 1 ポイント

関連ソング


Peter Mayer Japanese Bowl


Comment by dkim95 3 ポイント

この「金繕い」ってどういう発音なの?

 Comment by drivers9001 9 ポイント

 ↑これ日本語では「金繕い」って書かれるもの(最初の「金」って言う文字が「ゴールド」で英語だと発音としては「keen」っていう単語の発音に近い)

 音節は「kin tsu ku ro i」って言う感じ。

 音声学的に言えば「keen tsoo coo row ee」って感じだね。

 (日本語でのRの発音は俺達が発音するRとLとDの中間のような感じ。そんなに気にしなければそのままRの発音でもいいよ)

 「ts」っていうのは「pets」の最後の発音に似てる。

 この動画で最初に言う単語が「金繕い」。ちなみに0:39で見られる。

 
 金繕いの技 漆芸家 宮原隆岳


Comment by ubsr1024 1 ポイント

そのうちダメージジーンズの広告にこの「金繕い」的な何かが登場すると予想。


Comment by veryfancyrats 33 ポイント

これってすごく日本人だと思う。


Comment by Anjistique 230 ポイント

「ひび割れが存在するからこそ光が差し込むことが出来る」

レナード・コーエン

レナード・ノーマン・コーエンカナダのシンガーソングライター、詩人、小説家。日本では主にシンガーソングライターとして知られ、熱心なファンも多い。70歳を超える現在もアルバムをリリースするなど精力的に活動中。

「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第54位。

400px-Leonard_Cohen_2187-edited

レナード・コーエン


Comment by voodoosnail 42 ポイント

今日学んだ事

俺の歯は金繕いされていた。


Comment by ARsmith 7 ポイント

これってなんだか骨折した骨みたいな感じがする。

治るとそれまで以上に強靭になるって意味で。美しいね!


Comment by SomecallmeTim 2 ポイント

日本で言う「侘び寂び」ってやつだな。

不完全さから滲み出る美しさ。


Comment by Zetsumei 1 ポイント

日本のセンスの良さは異常


Comment by sweetpeasoup 1 ポイント

僕、アジア芸術史の講義を受講してるんだけど先週これ学んだよ!


Comment by Wolvenfire86 23 ポイント

スレ主は「かたわ少女」のことが好きななのか

 Comment by beyoncer 9 ポイント

 ↑華子 ;_;

  Comment by evilpenguin234 3 ポイント

  ↑お前の気持ちよく分かる。

かたわ少女は、現代の日本のどこかにある架空の障害児学校「山久高校」を舞台にした美少女スタイルのビジュアルノベルです。平凡な人生を送っていた普通の青年、中井久夫の暮らしは、先天性の心臓疾患によって大きな変化を強いられます。

長期間の病院生活のあと、彼はこの新しい学校へと転校します。この障害を乗り越えて、久夫は友達を — あるいは正しい選択をすれば、恋人を — 見つけます。

本作では5人のヒロインに対応する5つのメインシナリオが用意されています。それぞれのルートで、各キャラクターに関わる物語が繰り広げられます。

かたわ少女は世界各国から参集したアマチュア開発者のチームによって開発されています。本作はクリエイティブコモンズBY-NC-NDライセンスのもとで、無償でリリースされる予定です。現時点ではリリース日は未定です。

キャプチャ
http://www.katawa-shoujo.com/index.php


Comment by saumuribiz 1 ポイント

スレタイを「To Repair With God」って誤読したわ。


Comment by OneRichBastard 1 ポイント

俺の彼女に言う良いセリフ思いついた。

「なあ、俺の心を金繕いしてくれ・・・」


Comment by TodTheTyrant 5 ポイント

大半の人間の心は金繕いされてるよ。


Comment by Primrose54 1 ポイント

これ以前にも見たことがあるんだけど、今日このスレ見ても涙が滲んできた。


Comment by redtheda 20 ポイント

確かに、筋肉だって似たような手順で強靭になるしさ。


Comment by MaxHeiliger3434 4 ポイント

これがブルース・ウェインの新しい趣味なのか

犯罪者を恐れ震え上がらせるためのコウモリを模した高性能スーツに身を包み、極限まで鍛え上げた肉体と格闘技、卓越した知力と探偵術、優れた科学技術と数々の秘密兵器を武器に、ゴッサム・シティの犯罪者を夜の闇の中、取り締まっている。その計らいは法の枠外の私刑であり暴行罪の疑いがあるため、一部の者を除いて警察からは敵視されている。

昼はゴッサム一の大企業、ウェイン・エンタープライズの筆頭株主。大富豪でプレイボーイかつ慈善事業家として知られ、ウェイン・エンタープライズから金を「在庫処分費」と称して「横領」する事で、バットマンとしての装備修復・開発費などを賄っている。

些細な犯罪も許さず悪党に対しては容赦無い。

2707156-tumblr_m7jjdeaczl1rbfvago1_1280

バットマン (架空の人物)


Comment by jeturcotte 0 ポイント

あ・・・れ?

確か日本語じゃ「くろい」って「ブラック」って意味じゃなかったっけ?

なんか混乱してきた。




キャプチャ


<募集>
柊りんのイラストを描いていただける方を募集しています。
稿料は希望額をお支払いいたします。
詳細は「こちら」から

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 名無し   2013年06月02日 12:08  ID:gv.uc41Y0 このコメントへ返信
    日本独自とは初めて知った。

    日本人の物持ちの良さはすごいからなあ。

    逆に外国ではただ繋げるだけなの?
    2. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:12  ID:FfPeeoSR0 このコメントへ返信
    (笑)
    3.    2013年06月02日 12:12  ID:pqgAdDAR0 このコメントへ返信
    2ゲット
    美意識の塊
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:14  ID:aC67xLps0 このコメントへ返信
    ※1
    ただ繋げるというか、陶器に限らず美術修復だと元通り(限りなく元の状態)するってのが基本だな
    この金継ぎも陶器独特の方法で、日本も他の美術品だと大抵元通り(限りなく元の状態)にする
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:15  ID:b.npEsPd0 このコメントへ返信
    きんつくろいの”くろい”でブラックかwこういうのは難しいかもね。
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:16  ID:705N5xoh0 このコメントへ返信
    破れた障子に柄物の和紙を貼り付けるの思い出した。趣があって良いね
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:17  ID:7BLdCII10 このコメントへ返信
    森羅万象一つ一つの物にも神がやどる・・・
    だから物は大切に使いましょう、というのが古来から日本人が教育されてきたんですね。
    そこからいろんな形で文化として伝わって来たんでしょう。
    8. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:18  ID:mr0edPRu0 このコメントへ返信
    素敵。割れる前よりも美しさが増してる
    9. 劇薬コメンター   2013年06月02日 12:19  ID:I7xCveYg0 このコメントへ返信
    最後の1コメントはいらねーだろ
    10.     2013年06月02日 12:23  ID:W2oBUg9TO このコメントへ返信
    ギャラリーフェイクでも見たけど、洋外の陶磁器は傷を分からなくする直し方だけど、日本の茶碗なんかはそうはしないものらしいな
    日本でも他の美術品をそうしないのは、茶碗が美術品じゃないからじゃないの
    眺めるだけじゃなく、実用品として使ってなんぼのものだと思ってるから
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:24  ID:4syfXxt00 このコメントへ返信
    ※9
    あれがこの翻訳の金繕いなんだろ(適当)
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:25  ID:1DFvu45a0 このコメントへ返信
    ばーちゃんが、ばーちゃんのじーちゃんから受け継いだやつ、うちにもあるよ。
    けど、割れ方がよろしくなかったせいかあまり美しくないんだ。
    補修品だから金繕いしたものはお店には売ってないだろうねえ
    13. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:25  ID:cHmX68gw0 このコメントへ返信
    まあ染付されてたり、マイセンみたいな西洋の陶磁器を金で繕っても汚らしく見えるだけだろうな
    日本みたいに素朴さとか不完全性を尊んだ焼き物だからこそ、継ぎ目も含めて完成に近づくというか成長してるって感じ方なんだろう
    14. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:26  ID:c9G1hRVC0 このコメントへ返信
    古田織部の故意に破損させた上での金繕いで知ったから
    あんまり良い印象が無いんだよなー
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:26  ID:IhP8P7nO0 このコメントへ返信
    この技術はいいよね、俺の湯飲みも愛着があるからもし割れたら金継ぎで直したいと思ってた所なんだ。
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:28  ID:ax3cRU9a0 このコメントへ返信
    「これはこれで良い」と最初にやった人じゃなくて最初に認めた人が凄い。
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:28  ID:1DFvu45a0 このコメントへ返信
    有名な国司茄子なんか、実はいちど粉々になったものを江戸幕府が全心血をそそいで修復したものなんだ。
    金で繕わない方法も日本にはちゃんとあります。
    18. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:28  ID:cHmX68gw0 このコメントへ返信
    お前らだって先祖代々受け継がれた命を持ってるだろ
    ちょっとくらい傷が付いても、それは箔ってもんだ
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:28  ID:8owkYKDv0 このコメントへ返信
    歯は金繕いしてはいけない
    20. 名無し   2013年06月02日 12:34  ID:psNwMo7L0 このコメントへ返信
    りんちゃん割って金繕いで修理したい
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:34  ID:Jx33tUl50 このコメントへ返信
    大切なもの壊したときにコレやってもらえたら、新しく生まれ変わった感じがしていいだろうなぁ
    22. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:37  ID:RRzylqv40 このコメントへ返信
    銀歯とか白い歯の被せよりも、金歯のほうがちゃんと
    歯に接着されて虫歯になりにくいらしい。

    金繕いではないけど、日本だと江戸時代とか割れた茶碗とか繕う職人さんが
    いて、天秤?みたいなのに担いで商売してたみたいだね。
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:40  ID:0U8LjOZO0 このコメントへ返信

    金繕いは見た目が美しいのは勿論だが、物を大事にする心、欠けた痕跡さえも良しとする心、それら全てを含めて美しい。

    この金繕いのような心の在り様を、また千代に八千代に引き継いでいきたいものだ。

    24.    2013年06月02日 12:47  ID:oYxZN24l0 このコメントへ返信
    日本料理屋でバイトしてた時に、マスターがやってたな
    お皿を割ってしまって怒られるかと思ったら、直るから大丈夫って言われて安心した覚えがあるわwe
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:47  ID:fIGf.cYO0 このコメントへ返信
    俺の歯は白金加金で修繕されていた
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:50  ID:BGOOi7PB0 このコメントへ返信
    >全スレッド中5番目のスレ

    >全スレッド中5番目のスレ

    >全スレッド中5番目のスレ

    >これはきた。

    五番目のスレであることに何か意味でもあるの?

    それはそうと、これ蒔絵だったんだね。そして(かなづくろい)と読んでた。
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:52  ID:IxPahSd70 このコメントへ返信
    >>音声学的に言えば「keen tsoo coo row ee」って感じだね。
    ハリウッド的なかめはめ波を連想した
    他言語の発音を自言語に落としこむのは難しいやね
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:56  ID:Yb5Upa.M0 このコメントへ返信
    りんちゃんがキリッとして吃驚した。
    いつも抜けてんのに・・・・。
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 12:57  ID:TO2UhIP90 このコメントへ返信
    馬蝗絆なんつうものもあるわけだし、この手の本場は中国なんじゃねーの?茶壷って急須のことだけど、長いこと使ってお茶を吸わせることで育てるんだそうだよ。当然、縁は欠けたりするわけだが、それを金で修繕して長く使う。
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:01  ID:BnSkoseS0 このコメントへ返信
    金継ぎって初めて知った
    最初の写真とか、動画の茶色い茶碗が素敵だと思った
    31.    2013年06月02日 13:02  ID:szEWB8SV0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:05  ID:d8OLAq3d0 このコメントへ返信
    いいドヤ顔だ
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:06  ID:poL4KeGz0 このコメントへ返信
    貧乏くさ
    新しいの買えばいいのに
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:06  ID:Q11XDtAF0 このコメントへ返信
    動画があがってるPeter Mayerのフォークはいいね。歌詞が載ってるページ探しといた

    ttp://iloveclassical.wordpress.com/2011/03/27/japanese-bowls-a-new-favorite/
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:06  ID:9JZR9grJ0 このコメントへ返信
    偶然も必要な芸術だから極めて高度だな。
    この手法はどんどんパクられるだろな、割れ方が完璧なバランスなら2度と作れない最強の稲妻紋様に。
    焼きの偶然と破壊と創造、日本的で素晴らしい
    36.    2013年06月02日 13:08  ID:Ym2X0dJK0 このコメントへ返信
    金繕いとか、外国の人達って何処からネタを拾ってきてるんだろ?
    茶器とかの古美術品の取集が趣味な人でもいるのかな?
    ネットでたまに日本人が知らない専門的な知識(日本各地の方言の成り立ちとか)を持ってる外国人がいてビックリする。
    37. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:11  ID:ZYZtJ79g0 このコメントへ返信
    普段使いの安い陶器は白玉粉で繕って使ったとか江戸時代の本に図が載ってたな。溶けたりしなかったんだろうかと思うけど、当時は新しく買うより治す方がはるかに安かったんだな。

    繕い→ツクロイ→ツ クロイ→クロイ で、黒はblackなんじゃないの?という事か!【つ】は一体どこへ行ったと思ったw確かに少しだけ日本語かじってたらそう思うかも。
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:16  ID:ZYZtJ79g0 このコメントへ返信
    ※33 これはどうしょうかっていうものを、ひと工夫してさらにオシャレに洗練させて使うのが日本人っぽい。ケータイやネイルなんかのデコものとか別にしなくてもいいのにしちゃうだろ?新しいのとか既製品買うだけで、壊れたら捨てるってのは誰でも出来ることだもの。
    39. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:16  ID:VRa9ffD00 このコメントへ返信
    番町皿屋敷のお菊に教えてあげたい。
    40.     2013年06月02日 13:20  ID:IJO249AA0 このコメントへ返信
    かたわ少女はとっくに完成してリリースされてるけど。
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:21  ID:kJa2Nip80 このコメントへ返信
    丁度この前ハンズで金継ぎセット買ったとこだったわ
    大きく欠けた所はガラスを継いだりしたらめちゃめちゃお洒落になるよ
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:22  ID:lQPdtcsw0 このコメントへ返信
    男女間も金繕い出来るよ
    その金の多さによるけどね
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:25  ID:hzZVAQGx0 このコメントへ返信
    むかし金箔が付いた皿をもらったことがあって、
    電子レンジに入れたら大変なことになった。
    金繕いはどうなの?
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:25  ID:TQ.mwo4C0 このコメントへ返信
    >>14

    >>これ何が問題かってこの「金繕い」をしたいがために俺達が陶器を壊し始めてしまうんじゃないかってことだ。

    司馬遼太郎の「割って、城を」だな。
    45. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:25  ID:yGU4p.fD0 このコメントへ返信
    ※35
    夕方のニュース番組でやってたんだが、
    金使うせいで買いなおすよりも高いとか、後継者不足とかだ。
    無くなる位なら真似されたほうがマシだとも思うよ。

    ※37
    江戸ってパリより早く世界一番乗りで人口100万人到達した都市だった。人が多い反面、すごい物不足なのでなんでもリサイクル・リユースのエコ都市化を余儀なくされた。当然、食器類も治した方が安い。

    下水道が無いのに人糞を肥料に使うため有料回収業者がいたりでパリと違って異臭がしなかったり、そもそも街に塵ひとつ落ちてなかったり。
    和紙も再生紙として使いまわすので当時の浮世絵とかがあんまり日本に残ってなかったり。
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:27  ID:6y03tapy0 このコメントへ返信
    味があるよね
    戦国時代だかに流行った時はわざと割って美しい割れ口探したりとかもしてたってのを聞いたことがある
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:28  ID:wmy2Xo4w0 このコメントへ返信
    中途半端にかじった日本語知識で全てわかった気になってたらそりゃ混乱するわな
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:31  ID:3V45N6dQ0 このコメントへ返信
    以前に美の壺(?)のそばちょこの回でやってた。
    その時は金継ぎって言ってたけど、金繕いともいうんだね。
    金継ぎされたようなお茶碗とか食器も、骨董市とかで売ってるらしいよ。
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:37  ID:ADmI1wH50 このコメントへ返信
    へうげたものよのう
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:38  ID:UuKSJi.K0 このコメントへ返信
    ここのブログらしくないスレを取り上げたなw
    こういうのはパンドラの憂鬱とかがやればいいんだよ。
    51. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:39  ID:1DFvu45a0 このコメントへ返信
    ※37
    補修用の白玉粉ってのは、団子つくるための米の粉のことじゃないんですよ。
    ガラス質のものを細かくすりつぶしたもののことなんです。
    これを塗って、高温で溶かし固めれば、ひっつくという寸法で。
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:40  ID:LbfzPgll0 このコメントへ返信
    元の様に使えるだけでなく、そこに付加価値を付ける。転んでもただでは起きない。

    歯科医は金繕いに転職できるかも…
    53. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:43  ID:AYEONQdG0 このコメントへ返信
    金継ぎだけはどーもよく分からんわ

    飾るんならともかく、普段愛用するってんなら
    ゴールドなんて金属色じゃなくもっと落ち着いた色の方が愛用できそう
    54.    2013年06月02日 13:43  ID:0YT46ptc0 このコメントへ返信
    ら行の発音にDがあるというのはびっくりだな
    発音て面白い
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:43  ID:ej8NfKZ30 このコメントへ返信
    日本でも海外でも、直し屋あるけど。時計とか鞄とか
    使い捨てしちゃう時代 どうなんだろうな 
    使い分ければいいんだと思うけど
    これっといったやつを、見つけて育てたいな。

    年を重ねるごとに味が出て、壊れても味がある。直し蘇るそれも味になる。そこに美があるね。
    物に命が吹きこまれるっうか、命が宿るつうかなんつうかええもんやな。

    さて茶碗を割るか。
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:44  ID:SU9ofrJX0 このコメントへ返信
    俺の心は既に繕えないな。せめてウランかなんか流し込んでくれ。
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:46  ID:1DFvu45a0 このコメントへ返信
    ※53
    金継ぎまでするのは、大抵の場合茶器です。あとは飾りにもするような大皿とか。
    半分は観賞用ですね・・・
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:52  ID:C8TnFf3z0 このコメントへ返信
    こういう動画は普段自分では見ないから
    海外の反応とともに自分の知識にもなってとてもいい記事でした
    59. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 13:55  ID:49AVI7Ok0 このコメントへ返信
    ※53
    銀繕いもあるよ?
    個人的には金繕いよりいい場合が多いと思う
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:01  ID:tyJhW.fp0 このコメントへ返信
    金to黒い
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:02  ID:rHBbPLsC0 このコメントへ返信
    ※45
     有料の場合もあるだろうけど、たいてい必要とするのは農家だし、普通は作物(野菜)と物々交換じゃね? 
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:03  ID:w9UWCnsh0 このコメントへ返信
    ゲヒゲヒ
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:04  ID:ohlW4CzD0 このコメントへ返信
    あまり長く使わず壊れた場合、捨てたり買い換えたりするたびに心が痛む。
    本当は、一つのものを大事に修理しながら使いたい。
    けど、今じゃ修理するほうが金がかかるんだよなあ…。
    江戸時代みたいに凄腕の修理人が山ほどいたらいいのに。
    64. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:09  ID:5vSSLXuS0 このコメントへ返信
    BADで消されたコメは何となく想像できるぞなもしww
    65. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:14  ID:WCsabRXb0 このコメントへ返信
    クルマやバイクを擦ったりぶつけたりするとひどく悲しいけど
    まあそれも味ってもんよ……と開き直るのは粋人ならぬ凡俗には難しいなw
    66. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:17  ID:.Wheurkr0 このコメントへ返信
    国宝級の品もせっかくなおしたんだから飾るばかりでなく
    たまには一般公開的に地元の人間でも招いて茶でも立ててみては
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:18  ID:bBAGD3SQ0 このコメントへ返信
    以前には中国にもあった技法だけどね
    足利義政だったかが茶碗の修復を求めて中国に送った結果がこれだった。
    馬蝗絆?だったかな。
    もう今じゃ日本でしかこんなことできないけどね。
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:33  ID:r8t85Gg.0 このコメントへ返信
    某古織殿のアレが出ているけど、程度を弁えた上で不必要さを感じさせない金継ぎもあるから少し注意して外で見る食器をじっと観察してみるのもいい
    古い景勝地の旅館なんかが割と面白いものを持っていることがある

    ※17
    焼け跡から掘り出して家康が漆で修繕させたのは大阪に今ある国司茄子ではなくて静嘉堂文庫にある九十九髪茄子の方じゃないの?

    ※22
    もう今じゃあんまり見なくなったけど鎹で繕うのもあったな
    瀬戸物の繕いの人なんかが町や村を廻ったらしいな
    同様のものが中国にもあったけど未だになくなっていないのか少し気になる

    ※29
    少なくとも鎹とかを使う分なんかは向こうが本場というか発祥で合ってるよ

    ※57
    たまに旅館や料亭で出てくる食器にされているのを見たいことがあるよ
    ただ日常では旧家でもないかぎりあんまり目にしないな
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:33  ID:YK4xBf1E0 このコメントへ返信
    ※18があまりにかっこよすぎて茶化せない
    70. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:38  ID:b2pHPn8o0 このコメントへ返信
    えらそうな事言ってるけど、お前ら壊れたら即捨てるだろ
    そして俺もそんな人間だ
    ちょっと反省しようと思う
    71. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:44  ID:r8t85Gg.0 このコメントへ返信
    ※67
    碗以外でも青磁の瓶でもそのものズバリ鎹っていう銘の物品があるね
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:47  ID:xTbTlPCr0 このコメントへ返信
    ドヤ顔かわいい
    73.    2013年06月02日 14:48  ID:dBOp2JmV0 このコメントへ返信
    うちの母親も趣味でこれやってるわ
    阪神大震災で壊れた陶器とかをこつこつ直してる
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:50  ID:cU8sB1sO0 このコメントへ返信
    「keen tsoo coo row ee」
    こうやって発音覚えていくのかw
    75. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:52  ID:r8t85Gg.0 このコメントへ返信
    ※70
    コップというか酒器の類いで灰釉が少しかかっただけの大量生産の粗末な陶器なんだけど気に入っていたから飲み口が欠けたので金継ぎをしようとしたら家人に止められた
    後日それと同じものを家人が用意したんだけれどどうしても経年の変化の部分が違うから同じ仕様のものでもイマイチにしか感じなかったよ
    たぶん金継ぎや鎹で修繕するのってそんなちょっとした気持ちから来るんだとよくわかったよ…
    76. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:55  ID:tZok7TRf0 このコメントへ返信
    神戸製鋼が阪神大震災を受けたとき再生不能になるほどの被害を受けた。
    しかしメインである高炉だけは使用可能で、それでなんとか会社も生き残ってこれた。
    そして数年後、更新のメドがたち、解体してみると底部に亀裂が発見された。
    ただそこには溶けた鋼鉄が固まって傷を塞ぎ、高炉を守っていた
    溶鉱炉だから文芸とは関係ないが話を聞くだけでその物の価値は生まれてくる

    人も同じで、傷を持った人程価値が高くなる

    なお、その高炉は今年休止が決定した
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:58  ID:6.s8TsVO0 このコメントへ返信
    物を大切にする精神
    これは大切なんだと思わせてくれる
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:59  ID:Z3JzGcOF0 このコメントへ返信
    >最も美しい人というのは失意を味わい、苦しみを経験し、もがき苦しみ、目標に自分の手が届かなかったということを十分に経験して自分がどう生きるかを悟った人間の事です。そんな経験をした人物だからこそ周囲へ感謝し、人の感情の機微を悟り、慈悲や優しさ、他者への愛情を持てるのです。美しい人というのは何もせず生まれるわけではありません

    最も美しい言葉の一つ。
    座右の銘になった。
    79. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 14:59  ID:kTqxtbo70 このコメントへ返信
    ※67
    金継の元は中国の技法じゃないよ
    日本は鉄のかすがいでぶち止めるような無粋なことはしない

    まああれはあれで陶器を鉄で止めてるわけだから技術は高いんだけど
    まるで美意識というものがない
    割れた器を作り直せって言われたけどできないから繋いで送り返した
    それだけ

    そんなもんでもかすがいをイナゴに見立てて
    銘馬蝗絆と名前付けてプレミアム化させた日本人のひらめきは凄いわ
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:01  ID:VFe3dM0S0 このコメントへ返信
    最後の仕上げが難しいんよ
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:05  ID:r8t85Gg.0 このコメントへ返信
    ※79
    作業をする職工の意図に美意識は存在しないだろうけど後天的に他人がそれを付与してそれが付与した本人以外にも理解されることはあると思う
    82. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:07  ID:rk.bTmiv0 このコメントへ返信
    金泥(金粉)の値段がものすご~く上ってまして…
    加工されてる分割高だし、10年で2倍になってる
    金を使う職人は大変だと思うよ
    83. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:11  ID:OIdBYIzs0 このコメントへ返信
    英語圏の人、は「つ(tsu)」の音が特に最初にあるのが、発音が難しいっぽい。
    Let'sとかpetsとかfeetsとか、最後に来るのはちゃんと「つ」と発音するのに、
    最初にあると「とぅ」とか「てぅ」とか「てゅ」と発音してしまうみたいだ。
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:18  ID:sxgZlu.T0 このコメントへ返信
    ※33
    実用ならそうだけど、思い出の品なら修復して使ってあげて益々愛着が沸いてくるさ。
    85. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:23  ID:sQCFbyCA0 このコメントへ返信
    (昔の)日本のセンスの良さは異常
    江戸時代とかリサイクル徹底してたんだもんな
    こういう技術はずっと残っていてほしい
    86. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:24  ID:ydwTZccn0 このコメントへ返信
    ※43 電子レンジに入れると破損する可能性がある。
    金継ぎってものは
    割れた陶磁器を漆で接着して表面に金をまいて金色にしたもの。
    だから漆でくっついているだけだから、電子レンジには弱い可能性がある。
    本物の漆器も電子レンジに入れたらダメなのと同じ。
    ※53 漆でくっついているだけで、金は表面をコーティングしているだけだから
    銀を使えば銀色に、金を使わなければ漆そのものの色である茶色の線になる。
    金を使うのが一般的だし、
    金継ぎの費用も高いし継いで直そうとする器は高価なものが多いので
    「せっかくなら金で」って事になっている。頼めば銀でも無地でも、ひょっとしたら赤色とかも可能かも。

    金継ぎを趣味にしている人間の一番の悩みは
    「素材にする割れた器が無くなる事」
    始めたきっかけは「割れたお気に入りを直したい」って思いから始まるのだが、
    そこで目覚めてしまうと身近にある割れた陶磁器をすべて直してしまい、
    友人親戚知り合いの家から割れた食器をかき集めて直し、
    使う金の代金より安価な器でも金継ぎしてしまう。
    そして最終的には
    「あの器割れないかな。割れて金継ぎしたら良くなりそう」って邪悪な考えに取り付かれるw

    だから外国人が書き込んでいた
    「金継ぎがしたいがために器を壊したくなる」って感情は珍しくないぞ!
    でも作る大変さも直す大変さも理解しているから
    自ら器を破壊する人間は絶対にいないぞ。安心してくれ。
    87. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:26  ID:1PjVAdfb0 このコメントへ返信
    侘び寂びはいいね
    美意識以上に学べるものがある
    これが受け入れられる国の人は信用できるような気がする
    88. 名無し   2013年06月02日 15:29  ID:k1zIPUSA0 このコメントへ返信
    壊れて直したモノを使っているとみすぼらしくなる
    でもそこに金を使うことでさりげないオシャレさが加わる
    その辺のバランス感覚が好きだな
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:32  ID:jtopEyHf0 このコメントへ返信
    良い作りの物は、修理してでも長く使いたくなるものだよ
    陶器だけじゃない、服でも家具でもなんでもね
    90. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:34  ID:n3qxZN6p0 このコメントへ返信
    僕とりんちゃんの仲も金繕いしてほしいです
    91. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:35  ID:BZ52NRU.0 このコメントへ返信
    修復と修理の違いってやつか、
    修復は見た目元の状態に直すが安全上使用できない場合が多い、
    修理は金など人体に悪影響が無い物を使い使用し続けれる。
    92. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:37  ID:ZN78diIs0 このコメントへ返信
    まあ、モノを大切にするって精神や、それを形にして文化にまで昇華している国や民族は
    日本以外にもたくさんあるんだろうが
    それに「美」を見いだして、以前とは違う「価値」を付加している文化は
    他ではなかなか無いんじゃないだろうか。
    93. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:50  ID:wPzTY70M0 このコメントへ返信
    ギャラリーフェイクで知った奴は少なくあるまい、修復と修繕は違うのです。
    94. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:50  ID:OYx94Rcy0 このコメントへ返信
    ※51 そういうものがあったのか!あの白玉粉でどうやって後まで使っていけるのかイマイチ疑問だったけど、長年の謎が解けたわ。ありがとう!!

    そういえば母親の実家の蔵からも金継ぎされた皿や、くすんだ茶色の何かで接合された茶碗出てきてたわ。なんか変な色してたほうが白玉で継いだ方なんだろうな。江戸以前から続く旧家だったらしいけど、家立て直すときにかけた茶碗を直したやつとか、塗り直しした漆器とかわんさか出てきた。当時は値段も高かったろうし田舎で手に入りにくかったのかもしれないけど、直す人がいて手軽に頼めるなら直したほうが早いわな。
    95. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:51  ID:r8t85Gg.0 このコメントへ返信
    ※88
    別に金だけじゃなくても漆や金属で留めるだけとかでも調子よく決まれば劇的に変わるぞ
    漆とかだと上手くいけば仕上がりが鉄や辰砂で絵と施したようになったりと本当に修繕する人の腕次第な所がある
    修繕するものの絵付けの状態や釉薬や陶磁の種類等々の幾つかの条件が重なればかなり希ではあるが修繕した部分が最初からいましたけど何か?なんて言わんばかりのものになることがあるのでなかなか侮れないのだ
    96. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 15:58  ID:QdzPgMpw0 このコメントへ返信
    日本の周辺国には、物を奪う、壊す、真似するだけしか能が無い国しかないから、不完全な物にも良さを見出だす日本の侘び寂びの文化は当然目立つわな
    何処の文明圏にも属さず、日本の風土に合った物だけを取り入れ独自の発展をしてきたから
    日本だけでしか生まれない、成立しない珍しい文化が多くて、海外に対するカウンターになってる
    馬蝗絆というコメが出てきたが、誰にも見向きもされない物に価値を見いだし、それを権威付けしたのなんかはその典型
    これは奪う、真似するだけの国では閃かない発想だと思う
    97.    2013年06月02日 16:01  ID:PQBO5lo80 このコメントへ返信
    中国とかから来た技術かと思ってたわ
    って事は近代の修繕方法なのか。
    98.    2013年06月02日 16:03  ID:dZVYDpj70 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    99. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:07  ID:7pr2EAxX0 このコメントへ返信
    現代の金繕い(ワイヤ・ボンディング)は外からだと見えない。ww
    欧州系ルーツの文化だとステンドグラスやクレイジーキルトが感覚的に近いかも?
    100. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:08  ID:hGvqBe.60 このコメントへ返信
    ※61

    貧乏長屋だと、家賃収入より汲み取りの上がりのほうが多かった。

    縄張りが決まってて、勝手に汲み取りすると喧嘩沙汰。
    101. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:09  ID:49AVI7Ok0 このコメントへ返信
    ※61
    どっこい、下肥問屋と言うのが有ってそこが汲み取り&買取して問屋から近隣の農民に卸したりするから現金取引になるんだ
    102. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:09  ID:1x4Zybkq0 このコメントへ返信
    うちに金繕いした茶碗がある
    名匠の手によるものではなく、自分が陶器づくり体験教室で作った茶碗w
    1年ほど愛用したあと、レンジにかけたら割れてしまったので修繕に出した
    作った以上にお金がかかったが、オンリーワンの愛着があるので良いものですよ

    でも今の時代に日常使用しようと思ったら、レンジがかけられないってのはすごい不便なんだよね
    漆で修繕したものももちろんダメだけど、基本的に手びねりの陶器は
    中の気泡が大きいのでレンジにかけちゃいけないみたいです
    103.    2013年06月02日 16:11  ID:PQBO5lo80 このコメントへ返信
    < `∀´>「ヒデヨシガー」
    104. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:19  ID:uykVsaK10 このコメントへ返信
    カイカイへどうぞ
    105. 名無しさん   2013年06月02日 16:20  ID:xIh.8guiO このコメントへ返信
    ひび割れが新しい味わいになるんだね。
    美しい。
    106. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:22  ID:U3ij6PYY0 このコメントへ返信
    韓国のある陶芸家は、日本の井戸茶碗(高麗茶碗)に対し、
    「美」は「そこに美を見つけ出した人(日本人)の物」である、
    と評していた。

    他者の見つけ出した「美」を、あたかも自分の物であるかのように
    振る舞う人間とは、一線を画した発言だと思う。

    彼の国でも、職人には、本質を求める人も多いんじゃないか?

    107. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:28  ID:FGXhbYwi0 このコメントへ返信
    >Comment by npr_junkie 3 ポイント

    >これ何が問題かってこの「金繕い」をしたいがために俺達が陶器を壊し始めてしまうんじゃないかってことだ。

    ゲヒ殿「そ、そんなけしからん事をする者がいるわけござらん(挙動不審」
    108. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:35  ID:8uGWYNLF0 このコメントへ返信
    絶対にケチつける奴が出てくると思った
    どうして日本に関する何かが褒められると反射的に批判せずにはいられないのか
    109. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:43  ID:FyPW0HsW0 このコメントへ返信
    日本人ってリメイク好きだよね
    大昔からやってたんだね。勉強になりました
    110. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:46  ID:M.ZgKF3.0 このコメントへ返信
    粋だねぇ
    111. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:57  ID:5vSSLXuS0 このコメントへ返信
    ※76
    素晴らしいお話をありがとう
    ここのブログが好きなのはこういう出会いがあるからなんだ

    管理人さん、ありがとう
    112. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 16:58  ID:.fDmt7lN0 このコメントへ返信
    つくろい、のくろいを黒いじゃないの?

    と言ってた外人、なんかかわいいなw
    113. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 17:11  ID:kIELRacQ0 このコメントへ返信
    ※74
    Half Seen Tight Girl!
    114. あぁ   2013年06月02日 17:17  ID:a3SZ1h6f0 このコメントへ返信
    フクロの真ん中あたりに、縫ったようなシワが有りますよね>金繕い
    115. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 17:18  ID:99j.UHuY0 このコメントへ返信
    茶道では画帳を崩した折れのある絵や、金継ぎが上手く(あくまでも欠点以上の映えを生んだ場合は)効果を生んだ場合は、逆に好まれるのが面白い。
    月は曇りなきものだけではなく、物はどこか欠けているのが普通だと言った兼好の美意識。
    それを否定して満月を素直に美しいと言えと言ったのが本居宣長だが、結局明治以降に国学が文化を破壊・修正しながらも、この美意識の面では兼好が勝利したと言える。

    手元にあるのは単に金継ぎして値が下がっただけの伊万里であったり源内焼であったりするが、愛おしいよ。
    この技術と理解という日本の文化が、古い物を捨てさせなかった。
    しかし、最近は外国人が注目して日本人が目を惹かれないことが多い。
    ここで「日本の文化は素晴らしい」と言うのであれば、実際に買ったり、金継ぎを頼むこともして欲しい。
    116.     2013年06月02日 17:21  ID:wcc22t6h0 このコメントへ返信
    ギャラリーフェイクスレか?

    合成樹脂で修復すると有害だから飾り用以外には向いてないとかなんとか。

    で、合成接着剤ではどうなの?
    117. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 17:29  ID:uw0N033a0 このコメントへ返信
    ※106
    おいおい、「適当にもっともらしい立派なことを言って自分を偉く見せる」
    のは韓国人なら誰でもやってる行為だよ。

    その発言だって、所詮は日本か欧米の評論家の受け売りじゃないの?

    そんなにご立派に「美」を理解していれば韓国の芸術家や職人が
    あんなにへんてこりんな物ばかり作ることの説明がつかない。
    118. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 17:34  ID:1DFvu45a0 このコメントへ返信
    けどさ、日本の伝統品でも金継ぎが似合わないものだってあるんだからね。
    三代目徳田八十吉のやつは金継ぎにあわないだろうなあああれ。
    二代目とかなら似合うかもだけど。
    119. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 17:36  ID:IMmKPC2I0 このコメントへ返信
    ※33
    この味が分らないって事は成金趣味なの?趣味わる。
    120. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 17:38  ID:r8t85Gg.0 このコメントへ返信
    ※117
    とりあえず大阪の東洋陶磁美術館あたりに行ってみればわかるよ
    現代の復古の物でも青磁の筍型の酒器なんかわりといい感覚があると思う
    121. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 17:43  ID:Ss0bDz3b0 このコメントへ返信
    無傷の茶器より金繕いした茶器のほうが骨董価値が上がるんだぜ?
    122. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 17:49  ID:yrsL.nKx0 このコメントへ返信
    国宝を荒らす鮮人に注意が必要、海外に認知される=鮮人が狙いだすと思って間違いなし。
    123. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:00  ID:Kt9CNNeH0 このコメントへ返信
    いいね
    大量生産・大量消費の世の中だけど、いい物は大切にしたい

    ※121
    織部ェ・・・
    124. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:01  ID:BVJgPtaL0 このコメントへ返信
    タイのベンジャロン焼は、インド以西の文様と東洋が融合したようで
    おもしろい。
    ttp://t.pimg.jp/000/717/960/1/717960.jpg
    ttp://825.fm/blog/media/thumbnail/32_20120128-benja-1.jpg

    マレーシアも、もともとニョニャ文化でマレーでデザイン、景徳鎮にオーダーしてた
    面白いニョニャ陶器がある。
    125. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:02  ID:rF69WDlF0 このコメントへ返信
    金継ぎは、韓国起源です 豊臣秀吉が半島の職人をすべて強制連行して行ったのです
    126.    2013年06月02日 18:03  ID:LcaOiy6eO このコメントへ返信
    歴史が見えるのは価値に繋がるよな

    127. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:06  ID:aFzPa5.I0 このコメントへ返信
    未使用切手よりも、使用済み切手のほうが価値があるのと同じ理屈だわな。
    128. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:10  ID:wPzTY70M0 このコメントへ返信
    >125
    そういうあからさまな釣りは帰ってどうぞ
    129. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:16  ID:99j.UHuY0 このコメントへ返信
    ※121
    物によるよ
    傷の位置や形、修理を依頼した器がどんな器か、修理がどんな景色を生んでいるか
    正直、修理を依頼した所蔵者や修理後のお墨付き(をした人)で値段と「評価」が変わることもある
    130. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:18  ID:6dbCjoeg0 このコメントへ返信
    こういう伝統芸能の技は日本人でも知る機会ないから、とても楽しめました。外国人の反応も合わせて一挙両得。( ・∀・) イイネ!
    131. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:19  ID:bqULOaJP0 このコメントへ返信
    ※117
    >「適当にもっともらしい立派なことを言って自分を偉く見せる」

    韓国人のこの性癖にコロッと騙される日本人がまだまだいるんだよなあ…
    その辺をしっかり見極めないと、これからまた100年は寄生されてしまう。

    彼らは「口はタダ」くらいにしか思ってないから、得をしそうなら
    なんでも言うし、ネットで日本人やアメリカ人、ドイツ人に成りすますのも平気。

    132. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:35  ID:6q8GAVnP0 このコメントへ返信
    >128
    なんですぐ釣られんの?馬鹿か?
    133. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:39  ID:K9yPLu1E0 このコメントへ返信
    金を使うのは美しさもあるけど、味を損なわないためというのもあると聞く。
    134. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 18:43  ID:jnM.0RK.0 このコメントへ返信
    やっと海外の反応に金繕いがきたか。
    うちに欠けてしまった捨てきれない大切な焼き物があって、
    金繕いしようと押し入れの奥にしまってあるよ。
    金繕い講座って高いんだよね。でもどうせするならちゃんと習ってからしたいなあ。
    135. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 19:08  ID:J.Z3SiIr0 このコメントへ返信
    ※73
    1000年後に国宝になってるかもね!!
    136.    2013年06月02日 19:23  ID:NzoUUiPT0 このコメントへ返信
    この美意識は好きだけど、賞賛されているコメント見て「日本人なら当たり前」だと言ってホルホルできる程に今の日本人が当たり前に持ってる美意識だとは思えない。
    こういうの見ると昔の人って色んな事を深く考えてたんだなって思えて、今の世の中の薄っぺらさが嫌になってくる。

    iPhoneのケースはいいね。素晴らしい。
    俺は壊れたら新しいの買ってしまうから絶対にこんな発想出て来ない。
    137. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 19:30  ID:IT7usWND0 このコメントへ返信
    家の銀繕食器は銀の目止めのそのまた上から、銀のかすがいが打ってあって、
    それをまた潰して埋めてあるんだけど、あんまり他で見たこと無いんだよね。
    正しいのかな・・ 
    138. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 19:35  ID:TO2UhIP90 このコメントへ返信
    もともとは禅寺の坊さんが作務としてやったもんだから、起源は宋だな。
    139. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 19:36  ID:.DNeH1540 このコメントへ返信
    >>41
    ハンズで売ってるのか
    安かったらふちが欠けて残念だけど気に入ってる茶碗やってみたいな
    茶碗安物だったけど、二度と巡り合えないし

    今回の記事は格調高くもあり、勉強にもなり、良かったです!
    140. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 19:43  ID:.1izubpO0 このコメントへ返信
    ※54
    不思議じゃないよ

    だめぇ→らめぇ
    141. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 19:55  ID:lQPdtcsw0 このコメントへ返信
    つまりあれだ
    茶碗や皿を落としそうになったら無理に受け止めようとせずに
    豪快に落としちゃえばいいんだ

    庇った挙句、ほんの端っこだけ欠けてしまった茶碗や皿ほど貧乏臭いものはないからね
    142. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 19:56  ID:DeE689iO0 このコメントへ返信
    へうげものの金繕いする回は笑った
    143. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 20:09  ID:pBFOt2VK0 このコメントへ返信
    >これ何が問題かってこの「金繕い」をしたいがために俺達が陶器を壊し始めてしまうんじゃないかってことだ。

    ゲヒヒそんなことないでござるよ
    144. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 20:13  ID:1DFvu45a0 このコメントへ返信
    ※55
    割るなああああああ


    割るならせめて真ん中から綺麗に。あと、大きなかけらがいくつかできると・・・イヤナンデモ
    145. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 20:16  ID:Ofdp.3CG0 このコメントへ返信
    今では日本で金繕いすると放射性物質も封入されるので大変危険です。
    バンダジェフスキー教授やバズビー博士や早川由紀夫教授によると
    東北関東で今後数年以内に数千万人が被曝による心不全やガン、白血病等で死に至ります。
    また、特に東日本産の製品は放射性廃棄物と同等なので大変危険です。
    146. 名無しさん   2013年06月02日 20:23  ID:rbKNcxaX0 このコメントへ返信
    こうやって割れた所を生かして美しく仕上げるのって凄い。
    どこで見たか忘れたけど、割れた陶器を完全に修復する人も凄かったな。
    147. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 20:40  ID:NbyxLrpF0 このコメントへ返信
    泣きながら修理したガンプラは愛着がわくよな
    148. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 20:47  ID:kCRd7EOI0 このコメントへ返信
    日本人の不完全なものへの美意識ってのは何なんだろうな。
    合理的に見れば朝鮮青磁のが一見美しいのに白磁に惹かれる心とかな。

    まぁ、ギャラリーフェイクなんだけどさ。
    149. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 20:48  ID:CWhLbmHl0 このコメントへ返信
    >ちなみに離婚には金繕いは出来ません

    これはこれは皮肉屋のイギリス人さんじゃありませんか
    150. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 20:57  ID:SitKXnc20 このコメントへ返信
    ※33
    お前は馬蝗絆すら知らないらしいな
    151. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:00  ID:rQJHF3iX0 このコメントへ返信

    てか、これやってもらったけど、お金損したよ

    やっぱり修理した部分はすごく弱い

    飾ってあるだけの陶器ならいいけど、使うものは修繕費以外に金の値段も入れて高いのに、またすぐに同じところが割れたわ
    152. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:02  ID:42UjjIln0 このコメントへ返信
    詳しくは知らんけど、外国にも同じような技法はあると思うよ。
    漆を使うのは日本ならではだろうけど。
    ステンドグラスみたいな金属で接合する技術は古代ローマにもあるじゃん。
    153. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:02  ID:9rohlz5g0 このコメントへ返信
    日本人は大陸的な完全美や左右対称より
    非左右対称やゆがみを尊重する傾向があるけど
    それは自然美に傾倒してるかららしいよ
    154. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:04  ID:SitKXnc20 このコメントへ返信
    ※75
    それは確かにあるな…
    それこそ思い出には価値をつけられないからね
    …悪い思い出は安値で売っぱらいたくなるけどねorz
    織部黒と黒織部一遍に割った時が一番きつかったm(_ _;)m
    155. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:04  ID:ppswepv10 このコメントへ返信
    マスコットちゃんのドヤ顔久しぶりに見た
    156. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:06  ID:lQPdtcsw0 このコメントへ返信
    ※148
    日本の美意識ってのは自然との対話によって産まれたものだと考えているよ
    自然は必ずしも美しいものばかりではなく、醜いものも含まれて自然と成している
    ある一方から観たら美しく、他方から観たら醜く、その形を成す
    それを潜在的に思考出来るんだと思う
    自然をその生活に受け入れてきた日本人はその感覚を今尚強く持ち続けているんじゃないか
    157. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:09  ID:xNXeoL9N0 このコメントへ返信
    離婚に金繕いか・・・

    金の額によっては可能なんじゃないか
    158.    2013年06月02日 21:10  ID:fQIZ9cjk0 このコメントへ返信
    あれは鉛で繋いでたと思うが、青磁の腕があったよね。イナゴに見えるとかなんとかの。

    あれ欲しいんだ。無理だけど。
    159. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:36  ID:Mh1q3g.10 このコメントへ返信
    これは家庭ではできないのかな?
    贈り物でもらった常滑焼のカップが割れた時にショックだったんだ。
    160. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:47  ID:GRbyZp640 このコメントへ返信
    そういやセラミック製の碍子もバカでかいのは一度パーツごとに焼成して、そのあと粘土を接着剤代わりに挟んで焼きなおして繋げるそうだな
    こういう技術も、そういったところから来てるんだろうか
    161. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:51  ID:BaTjemno0 このコメントへ返信
    こうして長く長く大事にしているとやがて道具は付喪神に。
    162. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:52  ID:ApQB89mY0 このコメントへ返信
    利休の妻・おりきの逸話を思い出すと
    うーん、って感じもある
    163. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:57  ID:BaTjemno0 このコメントへ返信
    ※158
    東京国立博物館の馬蝗絆か。
    代わりがほしいと注文した時にはもうロストテクノロジーって
    余所事じゃないね、近在でも漆を植えて和漆の復興事業やってるけど
    金繕いの技法も、陶器や漆器の扱いと作法も、残したいね。
    164. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 21:57  ID:8zLPJLXw0 このコメントへ返信
    人間の脳というのは、ランダムな配置を見ると無意識に意味を見出そうとする。
    その「ゆらぎ」が自然界に近いほど心地良い。

    そこに気づいてほぼすべての芸術・工芸に取り入れた日本人はすごいわ。
    それだけ受け手の一般日本人の美意識が高いんだろうね。
    165. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 22:08  ID:aLX8hNgQ0 このコメントへ返信
    漆と金銀で継ぐのは一つには
    膠などの接着剤だと匂いや味が出ちゃって
    茶器としての使用に差し障りがあるから、つうのがある

    166. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 22:28  ID:KHiGXOfM0 このコメントへ返信
    >あ・・・れ?
    >確か日本語じゃ「くろい」って「ブラック」って意味じゃなかったっけ?
    >なんか混乱してきた。

    同音異義語が少ない国は大変だな。
    167.    2013年06月02日 22:32  ID:U3ij6PYY0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    168. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 22:48  ID:..Cs2ASj0 このコメントへ返信
    ※13
    個人的には金繕いが映えるのは土物だと思ってる
    古伊万里は金繕いでプラスになるケースを見たことないから
    まあ個人の好みだけどね


    ところでこの金繕い、
    ハンズなどキットを買えば個人でもできる。…らしい。
    誰かやったことある?
    169. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 22:54  ID:tmkvwt9V0 このコメントへ返信
    ※167
    日本人にはあんまり馴染みがないけど大陸側が所謂玉器というか玉を人の手で作るっていう意識があってそれが磁器の製作に影響しているっていう言説がある
    玉は天から得るものでありそれと同時に人の手で磨いてさらに完うするものと聞く
    幸いにしてそれなりの玉器を拝見する機会と天下に名だたる磁器を観覧する機会があったその言説が本当のことのように思える
    たぶん和氏の璧を作るくらいの考えじゃないのかな
    あとは青銅なんかの金属製の祭器を土でもって写ていたのも幾らか影響があるかもしれない
    特に朝鮮だとそのような作品が目立つことがあるね
    中国でも宋代にそういう作風でかなり秀でたものがある
    170. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 23:10  ID:wL9BMKt30 このコメントへ返信
    ※94

    白玉は現代風に言うとガラスフリットだよ。古い物は鉛白玉が多く、現在は無鉛白玉が主流かな。

    くすんだ茶色は多分生漆そのままの色だと思うよ。上に金を蒔かなかったんだと思う。
    フリットは不純物が入ってなければ無色透明だしね。

    古い美術品が残っているなんて羨ましいよ。
    昔は薪窯だから今みたいに簡単に焼けないし、大量生産品でもないからね。
    その分職人は沢山居たし、直して使う方が合理的だったんだろうね。
    171. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 23:14  ID:m0U6OUfF0 このコメントへ返信
    普通の庶民は「白玉粉」というガラス質ののりで接着して焼き直す「焼き継ぎ」という修繕方法のほうが一般的だよ。
    172. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 23:25  ID:x.vqpw.O0 このコメントへ返信
    今自分が絶対そのまま捨てないものっていうと服とか布物くらいだな。
    分解・リユースに適さなさすぎる品物が多いんだよ今の世の中は。

    服なら、そのまま譲る、売る、生地やパーツを他の縫い物にする、布地回収に出す(これは微妙か)、掃除用端切れにする(いくらあっても困らない)。
    着物は、古着やレンタルも充実してたが、生地四角いまんまシンプルに縫い留めてあるだけなのでリユースにも完璧な作りだった。
    こういうのは元の素材の質がいいほど使いまわせる。3回洗濯したら毛玉だらけの服とか売ってる今は・・。
    173. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 23:28  ID:.BFLo0Su0 このコメントへ返信
    >確か日本語じゃ「くろい」って「ブラック」って意味じゃなかったっけ?

    つべで木村政彦の動画で米欄に韓国人が湧いてて、Kimuraは"Kim"uraだから韓国人なんだよと在日認定してたの思い出したw

    174.    2013年06月02日 23:33  ID:T.6ibs5Q0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    175. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月02日 23:41  ID:hfPbFkgJ0 このコメントへ返信
    金繕いの発音について説明してる人が貼った動画が
    よりによって機械音声で笑った
    「きんずぐろい」とズーズー弁ぎみなのはかわいいけど
    176.    2013年06月02日 23:44  ID:MMU3i.X30 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    177. 名無しさん   2013年06月02日 23:48  ID:xIh.8guiO このコメントへ返信
    いちいち関係の無い韓国を持ち出してくる韓国脳の人は、迷惑だから出て行って。
    178. パサラソケサラソ   2013年06月03日 00:07  ID:d5.7zMRt0 このコメントへ返信
    普段使用している大切な湯飲みが割れたら金繕いしてみよう
    179. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 00:38  ID:79itJ6Ti0 このコメントへ返信
    ※170
    直して使うと愛着もでるから余計に大事に使おうとするんだよね。変にくすんだ色の茶碗は普段使いだから、きっとそれで構わなかったんだと推測した。
    母親の実家は今は普通の家だけど、私が子供の頃は家の中に長い廊下と囲炉裏があった大きな農家だった。地主だったから蔵の中の所蔵品も半端なかったけれど、お茶碗とかだけじゃなく掛け軸にしろ屏風にしろ何度も貼りなおしたり修繕した跡があったし、祝い事の度に百年以上前のそれを出してきて使ったらしい。

    戦前までの豪農っていうのかなりのお金持ちなんだけど、それでも普段使いのお茶碗を繕ったりして(しかも見栄えをそんなに気にしてない)使っていたことがちょっと驚きだった。今だったら高価なものはともかく、普段使いのお茶碗とか欠けたらまず使わないもの。

    180. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 01:26  ID:Y.hqgJvm0 このコメントへ返信
    割れても繕うだけの価値がある茶碗が欲しいなー
    181. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 01:33  ID:D5EQIzK70 このコメントへ返信
    破壊されたものを、その傷込みで美しく生まれ変わらせることで、失敗した過去をも肯定できるようにするっていう素晴らしい思想
    まあ初めてやった人はもっと単純に考えてただろうけどw
    182. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 02:15  ID:apPU18xu0 このコメントへ返信
    古田織部がわざと名物を破損させて金繕いしてゲヒヒヒとかやってたら大顰蹙買ったんだよなw
    元々は割れた器を修復するだけだったのに付加価値になっちゃったから貴重な唐物の大名物故意に割っちゃうとか
    どうも利休や織部は文化人の側面とは別に生臭い商売人の臭いが付いて回るね
    183. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 02:25  ID:3B7.Zumt0 このコメントへ返信
    日本文化を世界が評価したとたんに突然「真髄はわが国にある」とか言い出すからなw

    117. 無味無臭なアノニマスさん 2013年06月02日 17:29 ID:uw0N033a0
    ※106
    おいおい、「適当にもっともらしい立派なことを言って自分を偉く見せる」
    のは韓国人なら誰でもやってる行為だよ。

    その発言だって、所詮は日本か欧米の評論家の受け売りじゃないの?

    そんなにご立派に「美」を理解していれば韓国の芸術家や職人が
    あんなにへんてこりんな物ばかり作ることの説明がつかない。
    184. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 03:48  ID:xuG1hA5r0 このコメントへ返信
    接着に漆を使うのでやったんであれば、漆に電子レンジはダメだよ。漆死んじゃう。というか金もだめだー
    金が器に合わない、高すぎるというんであればこくそ(漆に磁の粉などを混ぜた接着剤)そのままの色味でいいかも。

    金継ぎ専門じゃないけど関わる仕事してるからちょっと嬉しい
    185.    2013年06月03日 03:51  ID:hGnrN.tC0 このコメントへ返信
    割れ方によって復元か金繕いにするような気がしてきた。
    186.    2013年06月03日 03:52  ID:79itJ6Ti0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    187. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 04:25  ID:2bxo.6Bi0 このコメントへ返信
    そういえば爆発的に普及したダメージジーンズも日本発祥だもんな
    188. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 04:30  ID:6J.2KJdQ0 このコメントへ返信
    最近ひびの入ったや陶器って独特な美しさが有るように思えるようになった。

    米186
    紙から人糞まで資源は極力リサイクルし有効利用していた時代だからね。
    189. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 04:39  ID:hTirTmqj0 このコメントへ返信
    これを知ったのはギャラリーフェイクでも織部でもなく探偵ナイトスクープ
    依頼者が子供の頃から使ってたキャラクター茶碗がぱっくり→大昔のアニメでメーカー在庫無し
    →金継ぎで修復 って流れだった。
    自分も未来少年コナンのキャラ茶碗割って悲しかったから羨ましかったわ
    190. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 05:01  ID:iaz9vd1v0 このコメントへ返信
    私は継ぐにしてもやっぱり金を入れてないほうが好きだな
    ※186
    江戸の町が塵一つ落ちてなかった
    半分当たってる。記録では目立たない坂の脇にゴミ溜めができちゃうとかの問題もあったらしい
    やっぱり町が大きくなるとね
    んでまあお上が人を遣って土地の埋め立てに使ってたそうな
    異人さんはそういうとこまであげつらってなかったのか、見てなかったのか
    191. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 05:08  ID:fL.c21kM0 このコメントへ返信
    金接ぎって言葉は知ってたけど金繕いとも言うんだね
    192. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 05:41  ID:f7mzeP2z0 このコメントへ返信
    ブルース・ウェインの画像みたら、ガンカタ思い出した
    193. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 05:55  ID:j5CtifHW0 このコメントへ返信
    ※186
    家庭でひとまとめにした紙くず ←業者が巡回して回収(買い取る)
    通行人が放り捨てた紙くず ←業者が拾う(無料で手に入る)

    書き損じの紙は、墨に防虫効果もあるから邪魔になるまで溜めておいても損なし。
    障子や襖の破れの修繕・かまどの焚き付け・包み紙なんかにも使えた。
    使い切れないぶんは溜めておいて回収業者きたときに売る。

    釘拾いは……リサイクルとか環境保全というより「どっかに小銭落ちてないかな」に近い。
    住宅の鋲や釘なんかの装飾とか、橋の装飾とかの金属パーツなんかはたびたび盗まれた。
    建築業者が道に落っことしてく木の端材を拾って箸作って売って儲けた人もいたとかで、
    端材をただで道に落っことさなくなったという話もあるとか。
    194. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 08:07  ID:KXuudajE0 このコメントへ返信
    中国ではわざと目立つように思いっきり鉄のかすがいをぶち込んだ模様
    なお国立博物館に飾るレベルのものに
    195. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 08:28  ID:db9TMnhl0 このコメントへ返信
    ※168
    そんなもん売ってるのかw
    196.    2013年06月03日 09:13  ID:RsdVymvd0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    197. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 10:16  ID:jCtukjx90 このコメントへ返信
    こういう文化を継承したり、過去を踏まえながら新しい文化を創造していく事が、その国を面白く、魅力的なものにしていく事だと思う、
    198. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 13:03  ID:VAbibjE40 このコメントへ返信
    >「なあ、俺の心を金繕いしてくれ・・・」
    不覚にもワロタ

    199. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 13:18  ID:d8XuBY9c0 このコメントへ返信
    海外にも独特の修復技術があるじゃないか
    フレスコ画が全く別物になるというアレ
    さらにそれを観光に利用するという技術が
    200. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 13:24  ID:9cIEhnVl0 このコメントへ返信
    >>182
    へうげもの出るまでは織部のイメージ悪かったよな、司馬遼太郎のせいでw
    「割って、城を」を今読むと、司馬遼太郎が数寄心を全く理解せずに書いてるのがわかる
    201. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 13:25  ID:d.zJF5Qo0 このコメントへ返信
    金で継ぐのが侘び寂びってなんか違和感
    202. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 13:45  ID:nd6wtlV.0 このコメントへ返信
    「くろい」と「つくろい」は違うよ
    「Mother」と「Smother」ぐらい違う
    203. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 14:28  ID:p8XJt1N50 このコメントへ返信
    201
    金を用いるけどその華美さは装飾の主役ではないんだな
    もともと漆とかで目立たないように継いでたのをあえて割れが目立つよう金で繕う、
    あくまで偶然できたヒビこそが主役になるようにする技法が金繕いで、
    わびさびそのものだと思われ

    204. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 14:54  ID:79itJ6Ti0 このコメントへ返信
    ※188 リサイクルとは意識してなかったでしょうけど、結果的にはそうですよね!
    ※190 幕末だといろいろ物騒だったようなので、歩いていいところしか歩いてなかったようです。あと、街角に埋め立て用の廃棄物が山積みになっている場所を見た記述を見つけたのですが、それがゴミだとは思わなかったようです。まあ、ドブ板の下は掃除の日まで本物のゴミだらけだったみたいですが(笑)
    ※193 お風呂の小僧さんが木切れを拾いに行かされて、同業者に邪魔されるとか、そういう家庭のくずゴミ専門の組合があったとか面白いですよね!料理作った後の灰だって染色や畑の土壌改良のため回収業者がいたとか。

    205. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 15:02  ID:79itJ6Ti0 このコメントへ返信
    ※201
    本物を見る機会があればぜひ見てみてください。金を使ってても下品ではなく、無駄に豪華に見えるわけでもない。むしろ器の素朴さあるいは美しさを、場違いにも思える金が引き立てている。金が器の脇役のように私には見えるのです。私は素人ですが、その不完全な美しさこそ日本人が好むものなんだと思いますよ。
    206. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 15:02  ID:C88KDPUo0 このコメントへ返信
    灰色地に白くうっすら粉引き?してあるお薄の茶碗の、端の欠いたところを
    埋めるように金接ぎしてあるのを古道具屋で買ったことある。
    くすんだ輝きの金色は案外悪目立ちしないで馴染んで見える。
    ご飯茶碗にして愛用してます。

    女性料理研究家が揃いの器を撮影に貸したら見事割られて、
    諦めたのに修復するからと強引に持って行かれて、半年一年待った挙句に
    ぺっかぺかに金継ぎした品をドヤァって持って来られてショックを受けた、
    という話を読んだ時にはわざと割られたんじゃないかと疑ったもんだw

    207. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 15:21  ID:Nv74AzKe0 このコメントへ返信
    人はなぜ欠けたもの不完全な存在に美を見出すのか
    208. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 17:13  ID:3GXEFTnT0 このコメントへ返信
    器と金が地層や鉱脈のように見える、まさに自然美

    挫折や苦しみを超えた先に美しい人間性があるっていう言葉を聞くと千と千尋のテーマ曲思い出す
    209. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 18:56  ID:hm6exdAK0 このコメントへ返信
    いや海外でもパッチワークとかあるだろ
    210. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 21:06  ID:8995Nfhk0 このコメントへ返信
    ※1
    外国では陶器修復の時「見た目を故障前と同じにする」ことに重きを置くから治ったとしても使えないものが多い。

    この金繕いが日本独特な理由は「使用できること」に拘っているため、水を汲んで飲んでも大丈夫で、見た目も変化こそするけど新しい形として楽しむことができる。

    っていう話を昔鑑定団で見た。どちらが優れているかというより、どのような目的で修理したいのかの違いがこの文化の差を生んでいるんだと思った。
    211. 名無し   2013年06月03日 21:33  ID:CZNNH6D1O このコメントへ返信
    金繕いって初めて聞いた。
    芸大から画廊に勤めたんだけどずっと「金継ぎ」って言ってた。
    地方によって違うのかな?
    212.    2013年06月03日 22:27  ID:Nz0AthUp0 このコメントへ返信
    ただ繋げるだけじゃつまらないだろ?
    ってのが日本人的な発想だよな
    そして崩れた美しさもあるね
    それが韓国人には分からないからクローン人間が製造される。
    213.    2013年06月03日 22:40  ID:V3OPP1fr0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    214. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月03日 23:25  ID:1Sj2AbbP0 このコメントへ返信
    持ち主と成長する器って感じでいいよね
    形あるものはいつか壊れる。どんなに大切にしてたって使ってりゃ壊れる
    でもそれを直して成長してまた共に歩むのは楽しいだろうな

    ただ使うたびに割った話になって、割った人は多少居心地悪くなるだろうがww

     俺 で す orz
    215.     2013年06月04日 04:40  ID:RkQGTP.N0 このコメントへ返信
    心とかけるのは面白いな
    壊れて治してより良い物になる
    216. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月04日 07:05  ID:1Rb.NCIq0 このコメントへ返信
    器用な日本人なら割れた部分を目立たなくする事も出来ただろうと思う。
    欠損箇所を隠す、破損してはいない様に見せる事も可能なのではなかったのだろうか。
    それをあえて金という目立つ色彩で補うという事について興味深く思うところがある。
    単なる修復ではなくて新たな美しさ、趣きが生まれているというところにも修復する職人さんの魂みたいなものを感じる。正直さとかも関係しているのではないだろうか。
    217. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月04日 08:19  ID:NR.0Rr2L0 このコメントへ返信
    「金継ぎという言葉をご存じだなんて」と驚かれた10年近く前、
    お気に入りの器(700円)を欠けさせてしまった補修にこれを用いようと思いハンズでキット(5千円)を買った。
    が、このキットには当然金粉は入っていない。別売り。0.5gだか0.2gだかで1万2千円ぐらいした。銀ならその半分。
    さらにそのキットに入っている接着剤も漆ではなく、漆に似せたパテだということをしり、口に入れるものを乗せる食器に…とためらった。(金継ぎは装飾用のみの皿にも使う。景色になるから。)

    迷っているうちに、金の価格は高騰を続け、歴史的な高値を更新し続け、
    欠けた皿はいまだにぽこっと欠けたまんま手元にある…。
    218. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月04日 13:29  ID:kTxAHEBD0 このコメントへ返信
    失敗は成功の母とはよく言ったものです
    219. 名無し   2013年06月04日 17:59  ID:gvBs89X1O このコメントへ返信
    技法の存在はギャラリーフェイクで知ったなー
    220. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月05日 04:00  ID:hji9DeMv0 このコメントへ返信
    修復した合わせ目も面白くね?って面白がった結果なんだろうなあって想像した
    221. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月05日 06:22  ID:ypLJrBj10 このコメントへ返信
    つ つ
    222. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月05日 22:45  ID:wwQHOzyU0 このコメントへ返信
    ※217
    焼き継ぎのほうがよさそうですね。
    223. 名無し   2013年06月06日 08:51  ID:RpX69nZTO このコメントへ返信
    これってバラバラになったのを接ぐよりは欠けたのを修繕したやつのがよく見るな
    ガラクタ屋いくとたまにある
    224. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月06日 22:52  ID:tm6VzgLD0 このコメントへ返信
    漆を使うからかぶれる覚悟が必要なんだよな
    225. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月07日 10:15  ID:.UYZD.CW0 このコメントへ返信
    うちの爺さんが金繕いされた茶碗使って飯食ってたな。
    今思うとあれ、結構値が張ったんじゃないか・・・。
    まあ、再使用を考慮しての修繕方法なんだからいいんだろうけど。

    それにしても、まさか日本の伝統文化紹介のページでかたわ少女の名前見るとは思わなんだw
    日本語版のリリースはまだかねぇ・・・。
    226. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月07日 16:02  ID:bG.b69Ny0 このコメントへ返信
    キモイ! キモイ! 日本に来た白人だけど本当に吐き気がする!
    一億3000万人のうち99.9パーセントが醜いアジア人で占められる日本という国に白人が住むのは無理だ
    通勤電車とかやばい。アメリカじゃあり無いくらい混んでいる上に全員が同じ顔の全員チビの全員ゾンビのような
    目が死んでいるアジア人で埋め尽くされている・・・SO SCARY!
    この国ではどこもかしこもアジア人だらけ・・・アジア人が高級車に乗り、アジア人が政治を取り仕切り、地域所得、
    住宅価格相場に関係なくどこの街もアジア人だらけ。それでも日本の高級住宅とかアメリカの郵便局員以下の狭さwアメリカでは下の中以下w
    黒人やヒスパニックの住む家より小さいwアメリカにもアジア人や有色人種はいるが所得や人種に応じた街がたくさんあり大きい作りな分、
    白人が有色人種と関わらずに快適に暮らすことができる。海が見える丘にある郊外の高価な住宅街は白人専用である
    しかしな、日本でのアジア人どもの気持ち悪さはアメリカでアジア人を見かけた時の不快度をはるかに凌駕しているんだよ!
    てか一億3000万近いアジア人が33万キロ程度の広さにひしめき、うじゃっているとか狂気の沙汰! 同じ面積のカリフォルニアですら3000万人程度なのに。
    しかもほぼ全員がアジア人・・・  有色が増えているがオランダにいた時は人口密度高いといえども白人としか関わらなかったし街も綺麗で何の問題も無かったけど
    アジア人の溶解炉で過ごすのはもうコリゴリです
    227. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月07日 17:02  ID:f2a0wXCq0 このコメントへ返信
    ※226
    出て行けばいいんだよ。日本がアジア人だらけってのは当たり前で世界中の誰でも知ってるし。
    そもそもお前、誰?
    228. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月08日 04:00  ID:I.t53g560 このコメントへ返信
    ※226
    外国人になりすましてまで自分のコンプレックスを人に押し付けようとすんな
    見苦しい
    229. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月08日 08:10  ID:K5ZO.IpA0 このコメントへ返信
    ※226
    は「SO SCARY!」を流行らせようとしている業者さんです

    残念ながら使いどころが無いから流行らない
    230.     2013年06月09日 06:29  ID:DEcxk.MRO このコメントへ返信
    >これ何が問題かってこの「金繕い」をしたいがために俺達が陶器を壊し始めてしまうんじゃないかってことだ。

    実際にいたよねそういう人……
    231.     2013年06月10日 01:14  ID:BTCTpIIb0 このコメントへ返信
    司馬遼太郎の小説で読んだ
    高価な茶器を自分で割って修繕することで自分の手を加えるという人の話を

    修繕そのものが目的で割ってしまうのはちょっと気持ち悪いよな
    232. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月11日 06:22  ID:u7cn8Tze0 このコメントへ返信
    余り関係ないが、クリスチャン・ベールは相変わらず格好イイな
    233. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月11日 12:31  ID:XcodxrWb0 このコメントへ返信
    壊れたものも、壊れたままにしておけば、それは不良品だけども
    諦めずに知恵を絞って修復すれば、唯一無二の一品になる

    なかなか教訓に満ちた技法だなぁ
    234. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月12日 17:53  ID:wpniP9l30 このコメントへ返信
    3世代ほど大事に使ってたら、茶碗全体が金色に輝きそうだな。
    235. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月13日 14:26  ID:xfWSKd0P0 このコメントへ返信
    キンツクロイじゃなくて「キンツギ」って呼んでるけどな。
    中国にもあるよ。
    映画「初恋のきた道」でチャンツィーの母が割れた茶碗を鋳かけ屋(いかけや=鍋の穴の修理業者)に依頼してる。
    ただし中国でキンツギに修復以上の価値を見出してるかどうかは知らん。
    たぶん日本独自の美意識だと思う。
    236. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月15日 02:40  ID:Z.TYNB.S0 このコメントへ返信
    陶芸に関わってる人間だけど金継ぎはホント綺麗だよ
    それこそ伝統でありながら鮮烈さが失われてないから20代の若い作家さんなんかも表現で使ったりする
    ホントこれ日本を代表する文化として大切にされて行くといいなと思うよ
    237.    2013年06月15日 11:57  ID:.nMWi3gb0 このコメントへ返信
    日本語の音を英語で記すのは面白いなぁ
    日本を好きになってくれると嬉しいな
    238. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月18日 04:55  ID:nD6kZYKj0 このコメントへ返信
    これを見て泣ける外国人凄いな。
    ひょうげものの古田織部みたいな人を想像してしまうw
    239. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月19日 01:07  ID:83G4fjlV0 このコメントへ返信
    壊れたところを敢えてデザインにしようという発想がいいね
    最初に考えた人マジで凄い
    240. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月20日 15:54  ID:44RaMnaX0 このコメントへ返信
    >ちなみに離婚には金繕いは出来ません

    上手い…悔しい…
    241. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月20日 17:49  ID:w7QW7mAL0 このコメントへ返信
    別物だとおもうけど、一応素人でも似たようなことはできるみたいだね。
    愛着のある陶器が割れたら自分で金継ぎしてみたいな
    242. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月21日 13:31  ID:L4ZXEW9Z0 このコメントへ返信
    田舎の婆さんが俺が空けてしまった障子の穴を
    桜の花を象った障子紙あてて修繕してたのを思い出した
    単純に直すだけじゃなく遊び心や洒落っ気を込められるセンスは素敵だよな
    243. 無味無臭なアノニマスさん   2013年06月24日 19:13  ID:q9x0ohaw0 このコメントへ返信
    金繕いは特に土物の焼き物、備前とかが割れた時に良く使う手法。
    本来はその上で焼き物に水を吸わせて湯葉とか豆腐とか色味のない食べ物を飾ってこそ本来の姿だと言いたい。

    普通の備前より金つくろいの備前の方が美味そうに見えるよ!
    信楽に枝豆乗っけたり焼き魚乗っけるのも見た目的に美味しくなります。
    244. 無味無臭なアノニマスさん   2013年07月03日 01:19  ID:j3u6ROaP0 このコメントへ返信
    ※63
    あらゆる職人がいて、しかも気軽に利用できる
    医療の未発達とかの問題もあるけど、江戸の職人っぷりは羨ましい
    245. 無味無臭なアノニマスさん   2013年07月04日 08:14  ID:EuIMsrrG0 このコメントへ返信
    朝鮮グラサン猪豚がちょろちょろ顔出してくるが、嫌がらせしとるんか。
    朝鮮汚染の広告業界さんよ。お前らその程度の判断も出来ん民族かいや。
    失せろ。ぼけ。
    北朝鮮にも劣る愚劣国の民とそこから逃げ出した愚劣腰抜けの民さんよ。
    246. 名無しんこ   2013年07月25日 06:20  ID:Y1L0vVwr0 このコメントへ返信
    うちにもいくつもある。昔の日本人は美意識が長けてる、今は、、、、、
    247. 無味無臭なアノニマスさん   2013年07月25日 14:00  ID:RF3ufT1Z0 このコメントへ返信
    繕うために壊すんじゃないか?っていう発想が、
    ああ外国人だなあ・・・と思った。
    248. 無味無臭なアノニマスさん   2013年08月06日 06:43  ID:1FUwqVK90 このコメントへ返信
    最後の
    (tsu)kuroi=Black
    (つ)くろい=ブラック の勘違いは

    (B)RAIN=RAIN と同等な間違え方だなあ。
    249.    2013年08月17日 20:02  ID:q4viHRHIO このコメントへ返信
    茶道では使う道具が金継ぎされた物だけを使う時がある
    本来、金継ぎは個人で楽しむ物でお客様にお出しする物ではないんだが、勿体ない+もののあわれが混じる道具への感謝を表すんだよ

    金継ぎは簡単そうだけど、職人さんによって上手下手がわかりやすい
    唯一無二な物は金ではなく壊れる前のように完璧に修理される
    肉眼ではわからずX線で初めてわかった物もある
    250. ニューバランス コラボ   2013年09月14日 12:01  ID:p2ghNNjJ0 このコメントへ返信
    オフィスサンダルメンズ ニューバランス コラボ http://www.baidulex.com/
    251. 無味無臭なアノニマスさん   2014年10月09日 14:47  ID:n6KwQlGR0 このコメントへ返信
    ※5
    更なる高みをめざせば、そこには「パンツ黒い」・・・
    252. 無味無臭なアノニマスさん   2014年10月09日 14:52  ID:n6KwQlGR0 このコメントへ返信
    ※85
    センスの良さを称揚しているくせにどうして技術のみ推奨するんだ?
    古来の美意識をこそ後世の我々や子孫が受け継ぐべく推奨すべきだろうに。
    技術はあとから追いつくものだが、美意識は初めからないことにはどうにもならないからな。
    253. 無味無臭なアノニマスさん   2014年10月10日 16:54  ID:i5BzFiD20 このコメントへ返信
    紅志野茶碗が欲しい……
    志野ちゃんという名前も良いし、風貌もなんとも言えない味わいがあるし

    ※207
    欠けたものや不足してるところに美を感じられるのは、日本人ぐらいなもんだよ。
    中韓人なんて少しも理解できないらしいし。

    さらにアシンメトリー(非対称)に趣を感じられるのも日本人ならでは。
    だから西洋に行くと、びっしりと規則正しく並んだ模様や、左右対称の物ばかりで、
    見ているうちに脳みそが疲れてしまう。


    画像投稿(アップローダーを開きます)