コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)11:54 No.23163874

(フランス)

自分の国がイギリス/イングランドを戦争で叩きのめしたことがあるなら書き込めるスレ。

一度もそんなことがなかったと言うなら国とは呼べないな。

※「○○なら国とは言えない」というのはよく見かける煽り文句です。

1397577298048


boards.4chan.org/int/res/23163874



Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)11:56 No.23163952

(オランダ)

ほらこれ。
http://en.wikipedia.org/wiki/Glorious_Revolution
http://en.wikipedia.org/wiki/Second_Anglo-Dutch_War
http://en.wikipedia.org/wiki/Third_Anglo-Dutch_War
http://en.wikipedia.org/wiki/American_Revolutionary_War

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:04 No.23164225

 (オランダ)

 ↑未だに顔真っ赤にして発狂した声が聞こえてくる。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Raid_on_the_Medway

 1397577880372

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:10 No.23164418

 (オランダ)

 ↑4番目以外を除いて英蘭戦争はうちらが勝ってるけど、どっちの陣営も勝利はしてないことを頭に入れておかないと。

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:35 No.23165434

 (イギリス)

 ↑こっちがお前らを招いたんだから名誉革命(Glorious Revolution)は数に入らないし、アメリカ独立戦争でお前らは戦ってないんだからこっちも数に入らんよ。

英蘭戦争(えいらんせんそう、英: Anglo-Dutch Wars)は、17世紀後半の3次にわたるイングランドとネーデルラント連邦共和国(オランダ共和国)の戦争であるが、18世紀の戦争も同様に呼ばれる。

18世紀に行われた第四次英蘭戦争により、オランダの国力は疲弊し、海上交易における優勢を失った。マクミラン国際地域研究センター所長を務めるスティヴン・パインクスのような多くの高名な歴史家達は、この戦争を17世紀の一連の戦争と原因が異なるので、一緒にしないほうが良いとしている。

英蘭戦争


メドウェイ川襲撃(メドウェイがわしゅうげき、Raid on the Medway)は、第二次英蘭戦争中に起こった戦闘で、ネーデルラント連邦共和国(オランダ)がイングランド王国に対して急襲を仕掛けたものである。イン グランドは財政難で艦隊を停泊させており、すぐに応戦できなかったのに対し、軍勢で上回るオランダは火船を使ってイングランド艦を焼打ちにし、2隻を拿捕 した。このため財政難であったイングランドは更に大きな損失を受け、この襲撃から程無くしてブレダの和約が結ばれ第二次英蘭戦争は終結した。

メドウェイ川襲撃


ジェームズ2世は、かつて清教徒革命のためフランスに亡命していた頃にカトリックに改宗しており、カトリック教徒を重用してこれに反対していたプロテスタ ントの大臣を次々に罷免していた。このため、ほとんどの議員がプロテスタントであり、カトリックの支配に対して敵意を持つイングランド議会と国王との間に 対立が深まった。

ジェームズ2世がそれまでなかった常備軍を設置するに及んで対立は決定的になったが、議会は王に男子後継者が無かったた め、プロテスタントとして育てられ、プロテスタント国オランダの総督であるジェームズ2世の甥のオラニエ公ウィレム3世に嫁いでいたジェームズ2世の長女 メアリーが後を継ぐことを期待していた。しかし1688年6月10日、メアリー王妃が王子ジェームズを生んだことにより、ついにジェームズ2世との対決を 決意し、ウィレム3世・メアリー夫妻にイングランドへの上陸を要請した。

オランダによるイギリス侵略という側面を強調する歴史解釈もある。しかし、現在では、名誉革命は内乱と外国の侵略が併存した「革命」であり、イギリス人の誇り及び介入したオランダ政府の政治的思惑などから、外国の介入の要素が意図的に無視されてきた、とされている。

名誉革命


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:02 No.23164128

(イギリス)

イングランド内戦。どや。

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:41 No.23170410

 (フランス)

 ↑何でお前らはその出来事の事をうちらみたいに「イギリス革命」って呼んでないの?

  Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:44 No.23170519

  (イギリス)

  ↑そりゃ革命という言葉には多数派の支持が含まれてるけどイングランド内戦はそんなものじゃなかったから。

  クロムウェルは少数派で、戦った相手は王に忠誠を誓う他のイギリス人

  だから内戦であって革命じゃない。あと他にも要因はあるけど説明すると長くなる。

イングランド内戦(English Civil War)は、清教徒革命におけるイングランドの騎士党(Cavaliers、国王派)と円頂党(Roundheads、議会派)の間で行われた軍事衝突である。

市民・兵士の間で平等派が力を増していった。1647年10月、パトニー討論ではニューモデル軍の多数派だった平等派の不満が噴出したが、独立派のヘンリー・アイアトンとクロムウェルに押さえ込まれた。

イングランド内戦


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:06 No.23164303

(アメリカ合衆国)

https://en.wikipedia.org/wiki/American_Revolutionary_War

このスレで何が起っているというんです?


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:07 No.23164332

(ベルギー)

うちの国はイギリスと戦争したことがないぞ。

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:10 No.23164438

 (フランス)

 ↑これなんか数に入るんじゃないの?一部のベルギー傭兵が参戦してるし。

 1397578250860

1326年9月24日、約700人から成る反乱軍は東部サフォークへ上陸した。彼らは歓迎され、反乱軍は約1か月で国内を制圧した。国王と宮廷派の主要人物は逮捕され、エドワード2世はランカスター伯ヘンリーへ身柄を預けられたが、他はデスペンサーの息子を除きその場で斬殺された(デスペンサーの息子もその後処刑)。

イザベラ・オブ・フランス


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:11 No.23164471

(スペイン)

どうだろ。「ジェンキンスの耳の戦争」とかかな。

スペインとイギリスの戦争って大抵が代理戦争だし。

http://en.wikipedia.org/wiki/War_of_Jenkins%27_Ear

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:16 No.23164637

 (フランス)

 ↑お前これの事全部忘れたの?ちゃんと自国の歴史のことは覚えてないと!

 お前らの国はイギリスのケツを何度も蹴り飛ばしてるだろ。

 1397578569050

  Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:21 No.23164856

  (スペイン)

  ↑君はうちらの真の同盟国だな、ピエール。

ジェンキンスの耳の戦争(ジェンキンスのみみのせんそう、英語: War of Jenkins' Ear、スペイン語: Guerra de la oreja de Jenkins)とは、1739年に起こったグレートブリテン王国(イギリス)とスペインの海上権争覇の戦争であり、スペイン当局に拿捕されて耳を切り落とされたという商船船長ロバート・ジェンキンスの名に由来する。やがて大陸のオーストリア継承戦争に拡大し、ヨーロッパ全土にわたる大戦に発展した。

ジェンキンスの耳の戦争


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:13 No.23164538

(オランダ)

うちの国なんか戦争でイギリスを叩きのめしただけじゃなくてイギリス全土を支配してオランダ人を国王にしてるんだぞ。

お前らの国はイングランドを征服したことがあんの?

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:20 No.23164815

 (オランダ)

 ↑うちらはイングランドに勝利しただけじゃなくてアイルランドを征服してスコットランドに俺達のことを無理矢理認めさせた。

 それに共和国だったからうちらのオランダ総督(事実上の終身制大統領、言いかえるとローマ帝国の独裁者)を王座につけてる。

※おそらくウィリアム3世のことを言っているのだと思います。
父はオランダ総督ウィレム2世、母はイングランド王チャールズ1世の娘メアリー・ヘンリエッタ・ステュアート。イングランド女王・スコットランド女王・アイルランド女王メアリー2世は妻。オラニエ=ナッサウ家の出身であるが、ステュアート朝の王の1人に数えられている。

スコットランドにも革命の影響が及び、1689年3月にスコットランド貴族が議会を招集、4月にウィリアム3世とメアリー2世が国王と宣言された。不満分子でジェームズ2世支持者(ジャコバイト)のダンディー子爵ジョン・グラハムがハイランド地方で起こした反乱も7月に鎮圧されたが、1692年にウィリアム3世がハイランド地方の氏族に忠誠を誓うよう命じたところ、スコットランド国務大臣のステア伯ジョン・ダルリンプルがウィリアム3世の命令を取り付け期限に遅れたマクドナルド氏族を虐殺した(グレンコーの虐殺)。

480px-King_William_III_from_NPG

ウィリアム3世 (イングランド王)


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:14 No.23164574

(アメリカ合衆国)

叩きのめしたことはあるけどホワイトハウスを燃やされた。

ワシントン焼き討ち(ワシントンやきうち、英: Burning of Washington)は、米英戦争終盤の1814年8月、イギリス軍がアメリカ合衆国の首都ワシントンD.C.を攻撃したものである。8月24日のブラーデンスバーグの戦いでイギリス軍が勝利した後、ロバート・ロス少将が指揮する軍隊がワシントン市を占領し、ホワイトハウスやアメリカ合衆国議会議事堂など多くの政府関係の建造物に火を点けた。

アメリカ合衆国の歴史を通じて、ホワイトハウスやワシントンD.C.を焼いた国はイギリスのみであり、アメリカ独立戦争以降、外国の軍隊がアメリカ合衆国の首都を占領した唯一の例となった。

ワシントン焼き討ち


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:27 No.23165136

(フランス)

つまりイングランドを叩きのめした国はスペイン、オランダ、イングランド、アメリカ、フランス。以上?

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:29 No.23165193

 (イギリス)

 ↑アイルランドも
 http://en.wikipedia.org/wiki/Irish_War_of_Independence


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:30 No.23165240

(スペイン)

偉大な軍事史を持つ国が登場

カルタヘナ>トラファルガー
ブラス・ド・レゾ>ネルソン

「ジェンキンスの耳の戦争」の内容はなかなか面白い。

>>「この出来事は1731年に起きたことから名付けられた。フロリダの沖合でイギリスのブリッグ船であるRebeccaがスペインのJulio Leon Fandinoが指揮する沿岸警備船であるLa Isabelaによって拿捕された。Fandinoはイギリス船に乗り込んだ後、密輸の容疑でRebeccaの船長であるRobert Jenkinsの耳を切り落とした。そしてFandinoはJenkinsに対してこう述べた。『さっさと国に帰って国王に対し、同じことを繰り返すのならお前にもこれと同じことをしてやると伝えろ』」

1397579423882

ドン・ブラス・ド・レゾ提督は、片目、片手、片足で、時代こそ違いますが、イギリスの片目、片腕のホレイショ・ネルソン提督と好対照の海軍々人で、大西洋せましと活躍しました。

1737年コロンビアのカルタヘナ港(Cartagena)防御のために西インドへ戻りました。今度は再度のイギリスとの戦いで、ヴァーノン提督(Edward Vernon)との戦いとなりました。イギリスはカリブ海方面に120隻の艦船と3万人の軍隊を送りました。1740年にブラス・ド・レゾ提督がそれを阻止するべくカルタヘナ防衛戦で向かい打ちました。18世紀最大の敗戦を英軍は喫しました。

ブラス・ド・レゾ提督


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:32 No.23165350

(イギリス)

http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Stirling_Bridge
http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Roslin
http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Glen_Trool
http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Loudoun_Hill
http://en.wikipedia.org/wiki/Battle_of_Bannockburn

他にも沢山。

1397579569428

スターリング・ブリッジの戦い(スターリング・ブリッジのたたかい、英語: Battle of Stirling Bridge)は、1297年9月11日にウィリアム・ウォレス、アンドリュー・マリー率いるスコットランド軍がスコットランド総督サリー伯ジョン・ド・ワーレン率いるイングランド軍を打ち破った戦いで、スコットランド独立戦争におけるスコットランドの初の大きな勝利であり、スコットランドの自信は回復し、ウィリアム・ウォレスの名声は高まった。

スターリング・ブリッジの戦い


時はスコットランドVSイングランドの独立戦争さなか。1303年のBattle of Roslinという戦いで、スコットランド軍(8、000兵士)がイングランド軍(30,000兵士)を破った地でもあるために『ロスリン』という土地は有名にもなっているようです。

夏が終わり秋


ラウドン・ヒルの戦いでペンブルック伯エイマー・ド・ヴァレンス (Aymer de Valence, 2nd Earl of Pembroke) を討ち破ったのに先立つ4月に、ロバート1世はグレン・トルールの戦い (Battle of Glen Trool) でイングランドに対して小規模な勝利を得ている。

ロバート1世 (スコットランド王)


バノックバーンの戦い(Battle of Bannockburn、ゲール語:Blar Allt a' Bhonnaich )は、1314年6月24日にスコットランド王国とイングランド王国の間で行われた会戦。

スコットランドに侵攻したエドワード2世率いるイングランド軍が、スターリング近郊でロバート1世とスコットランド軍と戦い、大敗した。

バノックバーンの戦い


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:38 No.23165569

(デンマーク)

1397579900544

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:01 No.23168769

 (イギリス)

 ↑ローマやキリスト教の手が入ってなかった異教徒の野蛮人・・・

 1397584882230

クヌート1世(英語:Canute / Cnut / Knut I、デンマーク語:Knud 2.、995年 - 1035年11月12日)は、ノルマン系デーン人で、イングランド王・デンマーク王・ノルウェー王を兼ねた王(イングランド王在位:1016年 - 1035年、デンマーク王在位:1018年 - 1035年、ノルウェー王在位:1028年〈1030年説あり〉 - 1035年)。

父スヴェンおよび叔父ボレスワフ1世配下のポーランド諸侯と共にイングランドに侵攻して活躍した。1014年、父が戦死した後、その後を継いで戦い続けて勢力を拡大した。それをもって1016年、アングロ・サクソン封建家臣団の会議でイングランド王に推挙され、即位することとなった。

1018年には兄ハーラル2世の死によりデンマーク王位を継承した。その後はノルウェーやスウェーデンに遠征して勢力を拡大した。1028年にはノルウェー王位も兼ねることとなり、3国の王位を兼ねて「大王」と称された。ここに、広大な北海帝国を築き上げたのである。

Cnut

クヌート1世 (イングランド王)


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:43 No.23165768

(オーストラリア)

このスレに漂う劣等感半端ないな。

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:47 No.23165890

 (フランス)

 ↑おー、イギリスのポチが発狂してんぞ。精々泣いとけ

  Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:09 No.23169110

  (アメリカ合衆国)

  ↑これ


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:45 No.23165844

(オーストリア)

第一次世界大戦以前うちの国はイギリスと戦ったことがない。

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:10 No.23166698

 (オーストリア)

 ↑まあ、第一次世界大戦でも戦ったことないんだけどね。

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:35 No.23167695

 (ドイツ)

 ↑あるよ。三十年戦争で。ただ負けてる。

 プロイセンの後継国としてのドイツとして言うと
 https://en.wikipedia.org/wiki/War_of_Austrian_Succession

 1397583337807

  Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:45 No.23168124

  (オーストリア)

  ↑>>「オーストリア継承戦争」

  連中は俺達の同盟国だったんだぞふざけんな。

   Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)15:52 No.23173647

   (ドイツ)

   ↑オーストリア継承戦争はプロイセンがイギリスに勝った戦争で、三十年戦争はお前らが連中に負けた戦争。文章読めるようになれよ。

オーストリア継承戦争(オーストリアけいしょうせんそう、独: Osterreichischer Erbfolgekrieg, 仏: Guerre de Succession d'Autriche, 英: War of the Austrian Succession, 1740年 - 1748年)は、神聖ローマ皇帝位およびオーストリア大公国(ハプスブルク君主国)の継承問題を発端に、ヨーロッパの主要国を巻き込んだ戦争。カナダやインドで英仏間の戦争にも発展した。

オーストリア継承戦争


イングランドも当初はドイツに軍を派遣したり、フランスとハーグ同盟を結んだり、マンスフェルトに資金提供したりして三十年戦争に介入していたが、フリードリヒ5世の義父だったイングランド王ジェームズ1世が1625年に亡くなりチャールズ1世が即位すると、側近のバッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズはフランスとの協調外交で反ハプスブルクとプファルツ救援を掲げてスペインのカディスに艦隊を派遣した。

ところが、マンスフェルトの大敗及びカディスの遠征失敗でバッキンガムは人望を失い、1627年にフランスに宣戦布告したがフランス・スペインの同盟締結でフランスも敵に回してしまい、ラ・ロシェル包囲戦の敗北でバッキンガムは更に権威を失墜、イングランド議会からも費用の無駄遣いと外交の失敗を責められ、1628年にバッキンガムが暗殺されるとチャールズ1世は1629年にフランスと、1630年にスペインと和睦して三十年戦争から手を引いた。

三十年戦争


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:22 No.23167204

(イギリス)

真の国足るには俺達に勝ったことがないといけないと考えるとか。

1397582568373
※「お前の涙が美味い」は海外掲示板でよく見かける煽り文句です。


Comment by Irishfag 04/15/14(Tue)13:25 No.23167324

(アイルランド)

アイルランドが鼻歌交じりで参上

800年間戦闘には負けて、戦争には勝利した。

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:39 No.23167899

 (イギリス)

 ↑小銭に目がくらんでEUに魂を売って自国の財政政策の舵を取れなくなって、今ではヨーロッパ最大のモスクを建築してる国が何言ってんだw


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:43 No.23168053

(アルゼンチン)

イギリスを叩きのめそうとしたけど俺達の大半が酔っ払ってたから連中が勝った。


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:49 No.23168326

(ロシア)

これくらいしか思いつかない。

File: 1397584177897.png-(85 KB, 325x722, civil war.png)
85 KB

    The only I can think of

1397584177897

ロシア内戦(ロシアないせん、ロシア語:Гражданская война в России グラジュダーンスカヤ・ヴァイナー・ヴラスィーイ)は、1917年から1922年にかけて旧ロシア帝国領で争われた内戦である。

ソビエト連邦の歴史学では、慣習的にロシアという言葉を用いず、1917年から1922年にかけての内乱、国内戦、諸外国による軍事干渉といった用語を用いていた。これは、舞台となった地域の大半がその後ソ連領となったこと、ポーランド・ソ連戦争やウクライナにおける民族運動、バスマチ運動、中央アジアにおける列強の干渉を含む為である。

ロシア内戦


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:50 No.23168367

(アイルランド)

よしきた。

独立戦争であいつらを叩きのめしたことがある。


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:50 No.23168375

(トルコ)

これだけで十分だよね?
http://en.wikipedia.org/wiki/Turkish_War_of_Independence

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:52 No.23168448

 (イギリス)

 ↑死亡者にイギリス人が一人も入ってなくて笑った。

  Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:55 No.23168549

  (トルコ)

  ↑ならこれは?
  http://en.wikipedia.org/wiki/Gallipoli_Campaign

   Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)13:57 No.23168638

   (イギリス)

   ↑それによってオスマン帝国崩壊と海外領土がイギリスの手に渡る結果に繋がっただろ

    Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:02 No.23168828

    (トルコ)

    ↑ガリポリの戦い以前からオスマン帝国の崩壊は始まってた。

    イギリスの目的はガリポリの制圧で俺達はそれを死守したんだから勝利でしょ。

ガリポリの戦い(ガリポリのたたかい、英語: Battle of Gallipoli、トルコ語: Canakkale Muharebeleri)は、第一次世界大戦中、連合軍が同盟国側のオスマン帝国の首都イスタンブル占領を目指し、エーゲ海からマルマラ海への入り口にあたるダーダネルス海峡の西側のガリポリ半島(現トルコ領ゲリボル半島)に対して行った上陸作戦。

当時国家として末期症状であったオスマン帝国軍を軽んじた連合軍は短期決戦を想定して挑んだ。しかし、のちに新生トルコ共和国の初代大統領に就任することになるオスマン帝国の名指揮官ムスタファ・ケマル・アタテュルクの活躍をはじめ、敵の予想外の頑強な抵抗に遭った連合軍は多大な損害を出して撤退、作戦は失敗に終わった。この戦いは陸・海・空三軍の総力を結集した大規模上陸作戦としては世界初と言える。

ガリポリの戦い


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:09 No.23169097

(イギリス)

イギリスはフランスを蘇生機に入れて生存させ続けていたことがある。

現実を直視するべき。前世紀ドイツはフランスを征服してフランスは存在が消え失せているはずだった。

フランスが今でも生き残っているのはひとえにイギリスによる干渉があったため。

北アメリカでも同じようなことが起きてる。イギリスが勝利してたのにケベックの奇妙な習慣を維持することをうちらは許したんだからな。

何で俺達はこんなにフランスに対して寛容なんだ?


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:12 No.23169227

(アイルランド)

トルコ人はガリポリの戦いがフランスやイギリスにとって重要だったと思ってるのかよ。連中にとっちゃ些事だぞ。


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:13 No.23169256

(フィンランド)

http://en.wikipedia.org/wiki/Raid_on_Kirkenes_and_Petsamo

EF作戦は、1941年7月から8月に実行されたイギリス軍の作戦。作戦目的はノルウェーのキルケネスとフィンランドのペツァモ周辺のドイツ船舶攻撃。空母ヴィクトリアスとフューリアスから航空攻撃が行われたが、目立った戦果はなかった。

7月30日、ヴィクトリアスとフューリアスから攻撃隊が発進し、前者はキルケネス、後者はペツァモの攻撃に向かった。キルケネスではドイツの砲術練習艦ブレムゼなどを攻撃したが、与えた損害はわずかであり、ブレムゼは無傷であった。攻撃隊は29機中13機を失った。ペツァモには船舶は居らず、攻撃は港湾施設などに対して行われた。ここでは24機中3機を失った。

EF作戦


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:22 No.23169637

(フランス)

イギリス人が発狂しているスレ。

1397586176780


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)14:40 No.23170359

(イギリス)

こういうくだらない口論は別にするとフランスの風景や景観は息をのむくらい素晴らしい。

1397587240790


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)17:37 No.23178293

(ギリシャ)

でもイギリスちゃん(Britain-chan)は昔からうちらに良くしてくれてたから、今まで戦ったことがない :3


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)17:44 No.23178573

(日本)

日本はプリンス・オブ・ウェールズとレパルスというイギリスの誇りを沈めた。

そしてうちの国は自転車と軽戦車でイギリスの植民地に侵略したけど、連中がこの戦術であんな簡単に総崩れになったのが信じられない。

マレー沖海戦(マレーおきかいせん)、別名:マレー洋作戦(マレーようさくせん)は、第二次世界大戦及び太平洋戦争の初期の1941年12月10日にマレー半島東方沖で日本海軍の航空部隊(一式陸攻、九六式陸攻)とイギリス海軍の東洋艦隊の間で行われた戦闘である。

日本軍はイギリス海軍が東南アジアの制海権確保の為に派遣した戦艦2隻を撃沈し、この方面での初期作戦上で大成功をおさめた。また、当時の「作戦行動中の新式戦艦を航空機で沈めることはできない」との常識を覆した。当時の世界の海軍戦略である大艦巨砲主義の終焉を告げる出来事として海軍史上に刻まれている。

マレー沖海戦


1941年12月8日にマレー半島北端に奇襲上陸した日本軍は、イギリス軍と戦闘を交えながら55日間で1,100キロを進撃し、1942年1月31日に半島南端のジョホール・バル市に突入した。これは世界の戦史上まれに見る快進撃であった。

マレー半島のイギリス軍は軽く抵抗して時間を稼ぎながら、大小250本の河川にかかる橋梁を逐次爆破し後退した。日本軍は、当時のマスコミが「銀輪部隊」と名づけた自転車部隊を有効活用し、進撃を続けた。日本軍の歩兵は自転車に乗って完全装備で1日数十キロから100キロ近くを進撃し、浅い川であれば自転車を担いで渡河した。戦前からこの地域には日本製の自転車が輸出されていたため部品の現地調達も容易であった。

マレー作戦


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)18:57 No.23181422

(イギリス)

日本が第二次世界大戦でうちらを叩きのめしてシンガポールを奪ったけど、多分イギリスの軍事史で最悪の敗北がこれだと思う。

まあでも日本人が優れていたというよりはうちらが無能だったってのが原因だけど。

ただ連中は今でもクイーンズイングリッシュを喋ってるから全て良し。

1397602638383


Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)18:59 No.23181521

(ドイツ)

全国土が焦土と化したけどイングランドを叩きのめしたことがあるって国は「イギリスを叩きのめした」ってことになる?

 Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)19:08 No.23181784

 (イギリス)

 ↑いやそれはない。お前らは単体で他の国よりもイギリスに損害を負わせたけどうちらのことを叩きのめしたことはないから。

  Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)19:22 No.23182221

  (フランス)

  ↑>>「お前らは単体で他の国よりもイギリスに損害を負わせた」

  フランスがアメリカのことをイギリスから解放した。

  ドイツはアメリカ合衆国が超大国になる手助けをしてその仕事を完遂させて、お前らは今ではアメリカ合衆国の衛星国家になってる。




キャプチャ

 イギリス海軍は艦砲射撃による攻撃をして、戦闘は約三時間半続いた。この戦闘でイギリス海軍旗艦ユアライアラス号の艦長ジョスリングとウィルモット少佐を含む一三名が死亡した(負傷者五〇名)

 一方、薩摩の死者は五名、負傷者は一八名にすぎない。


 アーネスト・サトウによれば、代理公使のニール中佐はイギリス海兵隊の薩摩上陸を主張したがクーパー提督は断固それを拒否して、砲撃を停止し、そのまま横浜に退却したのである。これは明らかに敗戦である。

参考文献:『イギリス紳士の幕末』 山田勝 pp.31-32


 われわれが去るとき、日本の大砲はまだわれわれ目がけて発砲をつづけていた。弾丸は一つも、わが艦隊のところまで届かなかったのであるが。しかし、このようにわれわれを追い撃ちしたので、わが方が数か所の砲台を破壊し、また鹿児島の町を廃墟と化せしめたにもかかわらず、薩摩側では自分の力でイギリス艦隊を退却の止むなきに至らしめたと主張するのも無理ではなかろう。

参考文献:『一外交官の見た明治維新(上)』 アーネスト・サトウ/著  p.111


<お知らせ>
「暇は無味無臭の劇薬」の同人誌が完成しました。




<募集>
柊りんのイラストを描いていただける方を募集しています。
稿料は希望額をお支払いいたします。
詳細は「こちら」から

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
2016年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:05  ID:wVAk3xdY0 このコメントへ返信
    ポップコーンじゃ!ポップコーンの時間じゃ!!
    2.     2016年04月05日 12:08  ID:o3JHWWGt0 このコメントへ返信
    アジアで言うなら、一度でも中国を叩きのめした事がある位の感じなんだろうか
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:08  ID:Bk1CKkbS0 このコメントへ返信
    えーっと太平洋戦争オタクとしては言いたいことは沢山ある

    だがコレで日本大勝って事にして平和的に手を打たないか?
    ttp://drazuli.com/upimg/file10545.jpg
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:10  ID:teZDf4Ng0 このコメントへ返信
    なかなかレベルの高いイミフ定義だが
    単にイギリスの戦争の世界史として見ると面白い
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:12  ID:n5B2Q4A60 このコメントへ返信
    イエスかノーか!はっきりしろ!
    なお、通訳がかなり酷かったのが原因の模様

    まあ偶発事故とは言え、薩英戦争じゃ、艦長首きっちり取ってるからな
    首おいてけの国にいらぬ喧嘩売るもんじゃない
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:12  ID:RHiIJB0P0 このコメントへ返信
    ※2
    え?全然違うけど?
    そもそもなんで何もかも全く事情が違う物に
    別の物が当て嵌められると勘違いしちゃうわけ?
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:14  ID:.lrW56JA0 このコメントへ返信
    下関戦争での舌先三寸でエゲレスに実質的に勝ったという高杉晋作の大魔王っぷり
    8. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:15  ID:12WjnDSj0 このコメントへ返信
    ウィリアム3世の肖像画の馬の顔怖い
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:16  ID:p2equ.eA0 このコメントへ返信
    日本のリアルサイヤ人こと戦闘民族薩摩藩は分けて考えてもらえませんかね・・・?
    10. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:16  ID:HddYo0830 このコメントへ返信
    イギリスは世界中に迷惑かけてるな
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:17  ID:H4i1.WZ90 このコメントへ返信
    おシャカ様(小声)
    12. 無味無臭のアノニマス   2016年04月05日 12:19  ID:Yoe.Oshl0 このコメントへ返信
    以前から思ってだけどなんで翻訳記事はどこも一人称複数主格が"うちら"なの?
    13. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:19  ID:jAtNQ7iC0 このコメントへ返信
    ポルトガル「あれ、俺らはなぜ一度もイギリスと戦ってないの?」
    14. 名無し   2016年04月05日 12:19  ID:onz9RItD0 このコメントへ返信
    >>10あいつらは絶対許せないアル
    15. んん   2016年04月05日 12:20  ID:wJStHxTL0 このコメントへ返信
    違うんです。ドーバー海峡を渡ってきただけなんです
    棍棒やめてくださいお巡りさん
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:20  ID:ABjTWzr00 このコメントへ返信
    ここのコメ欄も
    「40good以上(赤色)貰った事のある人のみ書き込めるコメ欄」
    という設定にしたらスゲー書き込み減りそう。
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:20  ID:iSnAdcEA0 このコメントへ返信
    なるほど、品性のない自尊心を守るためなら戦争で亡くなった同胞を無能呼ばわりしても構わないのか。
    さすがはイギリス人、実に紳士的だ。お前らとまるで同じだな。さあ、イギリス人に倣い
    お前らも綺麗事のひとつでも言って見せてくれ。
    18. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:22  ID:PsJmRw4L0 このコメントへ返信
    戦場レベルなら「叩きのめした」の事例に事欠かないよ
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:24  ID:aidtj9yx0 このコメントへ返信
    ※2
    むしろ日本だろ
    中国は国というより地名だからなぁ…
    20. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:25  ID:1.uS0FvU0 このコメントへ返信
    ※7
    あれも実は連合軍のほうが死傷者多くて、英国は旗艦の艦長と士官が死傷しているんだよな。
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:26  ID:KCs9tvAB0 このコメントへ返信
    WoTのTiar3初戦をチハで挑んで初めてマチルダとAT2を見かけたときはイギリスこえええって思った
    22. 名無し二等卒   2016年04月05日 12:27  ID:unKKskHC0 このコメントへ返信
    結果的に大英帝国を崩壊させたのは日本だけどな
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:29  ID:1.uS0FvU0 このコメントへ返信
    マレー作戦は日本軍はかなり準備してて、技術者や運転手も用意して、
    鹵獲した自動車などは全部修理して輸送に活用しているんだよね。
    この時くらい準備してインパールやってればなあ。
    英国側も退却準備中だったというから、もうちょっと余力残せて到着していれば違ったはず。
    24. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:30  ID:i0GULwYB0 このコメントへ返信
    ※3
    意味不明
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:30  ID:gy5q.esw0 このコメントへ返信
    こういうの見ると日本の侵略がーっていうことの馬鹿馬鹿しさを思うわ
    そして白人様がそれを語ることの愚かしさを思わずにいられんわ
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:32  ID:zapF2FKg0 このコメントへ返信
    だれか、この戦いに勝てる方はおられませんかー
    ttp://drazuli.com/upimg/file10546.jpg
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:32  ID:Q6d.rbSW0 このコメントへ返信
    地球の裏側の国と戦争するってのも不思議な話だな
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:34  ID:V0TwHFi90 このコメントへ返信
    予言しよう
    この記事のコメント欄は荒れる
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:37  ID:5VyX.syR0 このコメントへ返信
    「その昔、13隻の韓国船が130隻の日本水軍を打ち負かした」【海外反応】
    昨日こんなの見たけどイギリスの気持ちわかるな
    ttp://drazuli.com/upimg/file10547.jpg
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:37  ID:6Ga.4YhO0 このコメントへ返信
    ローマ帝国時代から何回侵略されて、侵略してを繰り返してんだか…
    イギリス以外じゃ成立しない話題だな
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:39  ID:S5jkFz5F0 このコメントへ返信
    シンガポール失陥はイギリス人に言わせればイギリス最大の敗北なのかー。
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:42  ID:UJ4kOOi40 このコメントへ返信
    ※23
    インパールは時期がね・・・
    大東亜戦争の緒戦で一気にインドへの侵入を果たしていれば、恐らく大成功だったのだけど。
    33.     2016年04月05日 12:43  ID:lEslFUn40 このコメントへ返信
    ※29
    へえw
    500人足らずの対馬武士に一万数千の朝鮮兵が恐れをなして逃げ惑った話なら知ってるけどすげーなーw
    そう言えばライト兄弟よりも早くに空飛んだんだよなアイツラ。いや~すげーすげーよすげーなー(^^)
    ・・・ホント、なんなんだアイツラは(´д`|||)
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:44  ID:9yExGOx70 このコメントへ返信
    イギリスには不敗の名将・牟田口将軍がいるじゃないか。シンガポール失陥なんてチャラにしろよ。
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:49  ID:cmt35J0l0 このコメントへ返信
    薩英戦争は贔屓目に見ても引き分けじゃね?
    政治的には勝ちだったかもしれないけど。
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:55  ID:z8eG9hbu0 このコメントへ返信
    いろんな言葉残してるチャーチルの発言見てると、
    統べるべき者の立場にある大英帝国が統べて何が悪い?
    服従させられる側は力が無いからだ。
    と、こういう結論に至ったのだが・・・
    英国史を遡ると、イギリス自身がこうなのよね。
    そういう政治指導者を生み出す土壌と伝統なんだろうなと。
    37. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 12:56  ID:MHl.CI2v0 このコメントへ返信
    ※29
    あぁ。あのピンポンダッシュの戦いなw
    あれが誇れるならば、他国では誇れる戦いはもっとありそうw
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:02  ID:N.dznK0E0 このコメントへ返信
    ガリポリもマレー沖海戦もその戦いでは勝ったけど戦争全体で見ると負けだからなぁ…
    戦争全体でイギリスに勝ったアジアの国はアフガニスタンくらいだろうか
    十字軍戦争含めればシリアとか色々増えるけど
    39. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:12  ID:r3r3K4dJ0 このコメントへ返信
    ※29
    朝鮮の役なら島津が朝鮮の船をフルボッコにしてなかったっけ?
    島津で大河ドラマができんのはそこらへんが原因だし
    そもそも朝鮮の役も実質は明軍との戦いだったし、獲得した土地は痩せこけてたし
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:13  ID:nGLC0.B40 このコメントへ返信
    ※22
    西欧各国の植民地が相次いで独立したのは冷戦構造の構築待っただか中にあって米ソが
    各地の勢力を自陣営に取り込もうと宗主国に圧力かけまくったのが第一の原因
    あんだけ衰退してたオランダですらアメリカの圧力がなけりゃインドネシアの再占領におそらく成功してた
    あとは宗主国自体の疲弊だけど
    冷戦構造ができあがるきっかけも宗主国の疲弊もどちらも直接の原因はドイツなんだよなぁ…
    ある意味で宗主国の衰退と植民地の解放にもっとも影響及ぼしたのはドイツだな
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:15  ID:LzCunlY80 このコメントへ返信
    イギリスが第二次大戦はあまり触れられたくないのは分かったw
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:15  ID:iPAIUReO0 このコメントへ返信
    イギリス軍は銃や海軍を持ってない相手には強い
    弱い相手を探すのが上手いよね
    43.    2016年04月05日 13:21  ID:Dfc.qcTU0 このコメントへ返信
    こーゆーまとめ記事面白くてすき
    ※はくさくてきらい
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:26  ID:1.uS0FvU0 このコメントへ返信
    ※40
    植民地の定義と構造が変わっただけですよ。
    自治権が与えられただけ。
    自由貿易の名のもとに関税自主権を与えず、逆に資源は買い叩く、現地企業の権益はそのまま。
    国営化とかやったら、経済制裁で破綻させる。
    核不拡散という名目で核武装を認めず、敵からの防衛という名目で軍隊を駐留させる。
    45. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:29  ID:WHvTe3MR0 このコメントへ返信
    「たたきのめす」が、最終的に勝利するという意味では少なくなるけど、
    でも、シンガポール要塞陥落は本当に衝撃らしいね
    日本じゃあまり知られてない感じ
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:31  ID:QI6TsTQs0 このコメントへ返信
    ※33
    皮肉だろ。
    「そんな妄想歴史にすがらなきゃいけないお前たちの涙が旨い」っていう。
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:35  ID:rlPE2Vic0 このコメントへ返信
    プリンスオブ何たらのことあるかなーって思ってたらやっぱりあったw
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:36  ID:rlPE2Vic0 このコメントへ返信
    まあ日本は世界相手にガチで戦争やったことのある国だからな
    嘘ばっかりついて負け戦ばかりのどこかの国もどきとは違うわな
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:37  ID:j1cUSbAU0 このコメントへ返信
    ※19
    正直これはあんまり嬉しく無いから中国に押し付けたい
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:39  ID:JYvdeQNB0 このコメントへ返信
    プリンス・オブ・ウェールズも武蔵くらいの話が残ってればまた違ったんだろうな。
    51.    2016年04月05日 13:40  ID:xfBwVgy90 このコメントへ返信
    よし!ポップコーンは持ったぞ!
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:40  ID:QI6TsTQs0 このコメントへ返信
    ※36
    実際、それが歴史だし、日本もそういう現実を理解していたから国力を必死でつけて食う側に立ったんだ。

    斉藤隆夫も日本でもべき論や道徳論に明け暮れ、植民地支配を非難する人間が多いが「侵略せらるるのを厭うならばなぜに強くならないのか」人間どころか生物の歴史は力の闘争の歴史であって倫理の歴史ではない、といってる。

    道徳は物理法則じゃないのだから、現実は弱肉強食で生き残るにはそれに適応せざるを得ない。
    53. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:42  ID:QI6TsTQs0 このコメントへ返信
    にしても、どこもこの手の話題は盛り上がって楽しいねw

    イングランドを叩きのめしたよ!ってスコットランドが手を挙げてくるところとか、らしすぎて。
    54.     2016年04月05日 13:47  ID:ZASuPYEK0 このコメントへ返信
    薩摩「せやな」
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:50  ID:crFsFsO10 このコメントへ返信
    WW2はメリケンにやられたけどエゲレスには負けてないだろ
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 13:57  ID:N.dznK0E0 このコメントへ返信
    ※55
    上のオーストリア継承戦争なんかもイギリス直接打ち負かしてないのに勝ち誇ってるし
    大同盟同士の戦いなら片方の陣営が勝ったらそれに付随する国家についても勝ちでしょうよ
    直接の戦闘の推移に関係なく
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 14:00  ID:ZIiFSaUI0 このコメントへ返信
    F1、ルノー対マクラーレン。
    何回もマクラーレン叩きのめしてたじゃん!
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 14:01  ID:wZwaWczB0 このコメントへ返信
    薩英戦争は当たり前のように出てるかと思ったのに、
    最後のりんちゃんコメントでやっと出てきたか

    ※23※32※34
    牟田口ェ……

    やはりこういう話では奴を槍玉に挙げる展開は避けられないな
    59. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 14:10  ID:5VyX.syR0 このコメントへ返信
    ※33
    本スレの流れから皮肉ってわかってよ
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 14:35  ID:1eE.LLOJ0 このコメントへ返信
    イギリスのEU離脱投票が迫る中、フランスが煽ってるんかな?

    ・EUから出て行くな。ただでは済まんぞ
    ・むしろ、出て行って世界中から叩かれろ

    のどっちだろ?いやその両方、愛憎相半ばか?
    61. すをみ   2016年04月05日 14:36  ID:ruqZRjIS0 このコメントへ返信
    ※31
    言い訳の余地がないほどコテンパンに負けただけならまだしも、
    「一人のイギリス兵なら、日本兵十人を相手して軽くやっつける!」と粋がった挙句だからなあ。

    この戦いの結果を報じたある新聞の見出しが「日本兵は十一人でやってきた」だった、という実話だかジョークだかわからない話が今に伝わっているのは、さすがイギリスと言うべきか。
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 14:36  ID:.owncaX70 このコメントへ返信
    29.
    朝鮮の歴史上、唯一の英雄とされているようだけど、大将はどうなったのかな?
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 14:45  ID:Awmh2gOK0 このコメントへ返信
    ※38
    WW2のイギリスの対日戦は惨敗と言って良いからなぁ
    インパールあるとはいえ結局失った地域を回復した訳じゃない

    結果的に東南アジア支配の終焉って戦争に負けた時レベルの損害受けたし

    WW2の勝者側に居るけどイギリスの戦後の低迷っぷりとアメリカ・ソ連の躍進をみると勝利者とは程遠いし
    64. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 14:56  ID:N.dznK0E0 このコメントへ返信
    ※63
    戦争の勝ち負けに戦後の云々まで全部評価に入れるのはナンセンス
    そういう言説は極論すれば
    「アレクサンドロスやカエサルの偉大な勝利だって
    結局マケドニア帝国もローマ帝国も滅んでるんだから無価値じゃん」
    って言ってるようなものだ
    戦争の勝敗を論じるならば歴史全体ではなくその戦争単体で見るべき
    65. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 15:00  ID:wZwaWczB0 このコメントへ返信
    ※60
    少なくともフランス政府は「出て行ったら移民押し付けるぞ」って言ってるような
    66. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 15:09  ID:EzVdpFft0 このコメントへ返信
    ※35
    戦闘民族な薩摩が凄かった印象ばかりが残るが
    あれ英軍の自滅っぽいとこもあるような気もする

    ついでにスレ初頭オランダがはりきっててなんかかっこいいw
    今もロンドンとアムステルダムは割と商売で張り合ってて
    オランダの「日本人は労働ビザいらんよー」の時のインタビュー記事の中で
    「オランダ語できなくても英語でほぼおk」
    「オランダ人はイギリス人みたいな言い回ししない教科書通りの英語話すからわかりやすいyo!」
    「イギリスがEU抜ける可能性だってあるから対EU拠点はこっちにドゾー」
    ……という感じで日本資本誘致を狙いあちらをライバルとしてバリバリ意識してたのが記憶に残ってるw
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 15:13  ID:7C6QitQR0 このコメントへ返信
    次は、アメリカとロシアに喧嘩売って
    その内1勝したことがある国スレよろしく
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 15:19  ID:Im0AMqWA0 このコメントへ返信
    ・英政府、日本の雑草に「白旗」上げる

    ttp://drazuli.com/upimg/file10548.jpg

    日本の雑草「イタドリ」が19世紀に英国に「侵入」。
    政府も知恵を絞ってこの外来種を駆除しようとしているが、ことごとく失敗。
    ttp://news.livedoor.com/article/detail/10402776/
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 15:19  ID:TqwEWoQ30 このコメントへ返信
    いかにイギリスが各地で戦争ばっかしてたかということですよね
    70. すをみ   2016年04月05日 15:32  ID:ruqZRjIS0 このコメントへ返信
    ※68
    イギ公ならそんなのパイにでもして食っちまうだろう、と思いきや、それほど大問題化していたとは知らなんだ。
    そうか、あれはルバーブと違って固いからなあ。味は似たようなものだけど。
    71.    2016年04月05日 15:37  ID:dGBOaGzDO このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 15:57  ID:Awmh2gOK0 このコメントへ返信
    ※64
    戦争の勝敗を歴史全体で見ないって戦争評価としては愚の骨頂だけどなぁ

    後、極論が意味わからん
    マケドニア帝国もローマ帝国も崩壊したのって、アレクサンドロスやカエサルの戦争の勝敗が原因か?前者は急死と後継者問題、後者なんてカエサル関係ないだろ。
    73. 野原ひろし   2016年04月05日 16:01  ID:8xo4oWmf0 このコメントへ返信
    ※25
    「外交とは自国側を正義にする仕事である
    騙される方が無能なのだ」
    リンカーン
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 16:02  ID:N.dznK0E0 このコメントへ返信
    ※67
    どちらにも勝ったことあるのはイギリス(米英戦争、クリミア戦争)くらいかな?

    勝ってないけど両方に苦渋を舐めさせたという意味ならアフガニスタンとかすごい
    三度戦ってイギリスに二度勝ち、ソ連を十数年苦しめ、
    アメリカにはとうとう負けたもののアメリカも現在進行形で処理に追われている
    当時世界最大級の大国が軒並み手を出して苦しんでるんだよなぁ
    75. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 16:21  ID:QI6TsTQs0 このコメントへ返信
    ※68
    侵入って、イギリス人が観葉植物としてもって帰ったからじゃないかwww

    当時、日本の植生はあちらでは珍しいものが多かったからプラントハンターがいろいろもって返った結果そうなった。
    76.     2016年04月05日 16:21  ID:Y.CKMQxc0 このコメントへ返信
    ※29
    なお。朝鮮軍は日本の明遠征軍の先頭数隻にちょっかいをかけたが、
    後続の大艦隊にビビって、早々に逃走した模様。
    その後、日本は目標地点に何事もなく到達し、戦略目標を達成。
    損失はほぼ無かった模様。
    77.     2016年04月05日 16:33  ID:6qA4ErNL0 このコメントへ返信
    ※33だけどちゃんと読んでよ(´д`|||)
    文章力に問題有り有りなのは認めるけどさ(;^_^A
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 16:37  ID:EptzrZIs0 このコメントへ返信
    でもなんだかんだで叩きのめしたことがある国よりイギリスのが圧倒的に世界への影響力があるよな
    23169637が貼ってる画像のように白人じゃなくて世界中の異民族をこき使いまくった結果なんだろうけど
    79. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 16:49  ID:Gu9SOa7t0 このコメントへ返信
    ※72
    アレクサンドロスはその地域を自分の一族が長年にわたり支配することはあんまり考えてなかったからこそ
    あんだけ拡大できた面があるのは確かだな
    それにカエサルの時代にゲルマニアへの備えを万全にしておかなかったのが
    トイトブルク森の戦いに繋がり、それがのちのローマの衰退の一因だったというのは
    ギボンもモムゼンも指摘している有名な歴史の分岐点だよ
    だからといって彼らがやったことの意味が消えうせたりはせんだろう?
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 16:55  ID:ZEXHRL3G0 このコメントへ返信
    銀輪部隊がどーのこーの書いているやつはザイニチだろ。
    レパルスに関しては、当時最新兵器で襲いかかった。
    ザイニチって、日本軍のだめな所は仲間内でアーカイブしていて、即座に書き込むようにしている。
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 17:07  ID:ij6C0m7h0 このコメントへ返信
    ※58
    今村均が100人いれば……
    82. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 17:08  ID:kBA.1z1l0 このコメントへ返信
    薩英戦争は流石に草生える
    83. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 17:16  ID:.lrW56JA0 このコメントへ返信
    ※20
    旗艦の艦長が死んだのは薩英戦争だよ
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 17:17  ID:ai.T9Sry0 このコメントへ返信
    ※2
    アジアはヨーロッパほどドンパチしてない気がするから当てはめるの無理そう
    85. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 17:19  ID:u6CgmKX00 このコメントへ返信
    言語の面では、シンガポールどころじゃなく、イギリスの圧勝だな。
    今の英語がイギリスの言語なのかという問題は別として。
    86. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 17:58  ID:wZwaWczB0 このコメントへ返信
    ※70
    本当イギリスはなんでイタドリをルバーブ代わりにジャムにして食わないのかとつくづく思ってる
    多少は面倒くさかろうと、葛よりよほど楽なんじゃないのかと

    イタドリのジャム
    ttp://cookpad.com/recipe/1135174
    87. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 18:21  ID:Awmh2gOK0 このコメントへ返信
    ※79
    例えが関係ないって事だよ
    彼らの戦争が契機になり以後ずっと衰退していくなら分かるけどそうじゃない

    こっちは、イギリスはWW2を契機にずっと衰退し続けてるのに勝者かって話なのに
    88.     2016年04月05日 18:26  ID:Vs3usWRM0 このコメントへ返信
    タラ戦争のアイスランドが本文に出てこなくて寂しい
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 19:10  ID:wVAk3xdY0 このコメントへ返信
    ※11
    シャカ様は戦って無いから・・・(小声
    90. 名無し   2016年04月05日 19:17  ID:rtnMS7ON0 このコメントへ返信
    エゲレスの鼻って
    取り外し出来るんでない?
    ソレかペキペキ可動式のアレ
    91. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 19:43  ID:eh3VWMvN0 このコメントへ返信
    ※68
    鯉と葛とワカメも海外で猛威を奮っているらしいね
    イタドリ含めて「世界の侵略的外来種ワースト100」に入ってる
    92. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 19:53  ID:oGlpGjlc0 このコメントへ返信
    この英仏の中の悪さを利用してドイツが分断工作に成功したWW2ではフランスは占領されましたとさ。
    過去のいがみ合いで目の前の脅威を忘れちゃいかん。

    日本も米国叩きで目の前の脅威から目を逸らす人がいますけど。
    93. 名無し   2016年04月05日 20:03  ID:Ey0zDfwL0 このコメントへ返信
    ww2後の戦後処理でのイギリスって完全負け戦だよなぁ

    虎の子のスエズすら、抵抗したものの呆気なく失う始末だし
    94. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 20:10  ID:ST2CGUIV0 このコメントへ返信
    おう、んで降伏すんのかしないのかイエスかノーで答えろよ
    ttp://drazuli.com/upimg/file10549.JPG
    95. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 20:13  ID:iv75GJmN0 このコメントへ返信
    ※43
    くさいよね~
    なんか戦史などの記事に急に湧いてくる感じの
    96. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 20:25  ID:7.wzpt0I0 このコメントへ返信
    ※94
    いいえっす。
    97. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 20:45  ID:TQLHDjjG0 このコメントへ返信
    稲中のこのネタ
    昔は何気なく読んで笑ってたけど、薩英戦争だったのね

    ttp://drazuli.com/upimg/file10550.jpg
    98. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 21:05  ID:wZwaWczB0 このコメントへ返信
    ※43※95
    ここのコメ欄のどこが臭いんですかねぇ……
    お前らはもしかしたらまとめサイト一般について言ってるつもりかもしれんが、
    文章見る限りこのコメ欄についての理不尽な悪口になってるぞ
    99. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 21:20  ID:ZrnYPR1f0 このコメントへ返信
    ※64
    ナンセンスか?
    戦後の戦後処理とか対応・動きについての評価は考慮するものだけど
    その後の対応で国の存亡が決まるから
    100. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 21:21  ID:s0QegyuK0 このコメントへ返信
    叩きのめしたと言えるかはわからないけど、
    イギリスはアイスランドのせいで何回かひどい目にあってるよね
    タラ戦争といい、金融危機といい
    101. 名無しのミリヲタ(40年もの)   2016年04月05日 22:03  ID:4bN5JC9K0 このコメントへ返信
    「ぶちかました」というのなら、フォークランド紛争で一躍有名になったこれを思い出す。
    ttp://drazuli.com/upimg/file10551.jpg
    (画像は地上発射型のエグゾセ対艦ミサイル)

    ちなみに有名な空対艦型だけでなく、ポート・スタンリー攻防戦の時に艦上発射型のを陸上発射型に改造したやつで駆逐艦「グラモーガン」を損傷させていたりもする。
    そういえば、これフランス製だったっけ。
    102. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 22:07  ID:uUPwUQdn0 このコメントへ返信
    ※26
    蛮族ならぬBANZOKUをつれてくればなんとかなるんじゃないかな。
    103. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 22:09  ID:0dHYyu4C0 このコメントへ返信
    ※100
    あとトルフィンだな。
    104. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 22:14  ID:uUPwUQdn0 このコメントへ返信
    ※68
    ちなみにイタドリは土壌に他の植物の成長を抑制する成分を注入してしまうため、この成分に耐性のない地では恐ろしいほどに繁栄するのである。
    日本でのセイタカアワダチソウみたいなもん。
    やっぱり外来種は危険だよなぁ。
    105. すをみ   2016年04月05日 22:30  ID:ruqZRjIS0 このコメントへ返信
    ※75
    薬草として有用なドクダミはまだしも、チカラシバまで「芝生のアクセントに最適な草本。秋には美しい紫色の、ブラシのように見事な穂が楽しめます」とか言っちゃって園芸用に栽培しちゃったからなあ、イギリス人…
    106. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 22:46  ID:EzVdpFft0 このコメントへ返信
    ※94
    ダメだどうしてもリゲインのテーマが頭をよぎるw
    107. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 23:02  ID:2.hHawNz0 このコメントへ返信
    全部ヘタリアで脳内再生。
    108. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月05日 23:04  ID:nxuksWKP0 このコメントへ返信
    ポーランドボールで再生。
    109. 雀の涙   2016年04月05日 23:11  ID:ul3v6GQR0 このコメントへ返信
    ※91
    海外で猛威を振るっているコイは日本原産の鯉ではなくて、中国原産の白鰱(ハクレン)や黒鰱(コクレン)です。
    上の画像が日本の鯉で、目が口よりも上にあり、ウロコの模様がはっきりしています。
    下の画像が中国原産のハクレンで、目の位置が低く、ウロコが鯉ほどはっきりしていません。
    コクレンはハクレンの近縁種で特徴が似ていますが、ハクレンよりも黒ずんでいます。
    ttp://drazuli.com/upimg/file10552.jpg
    110. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 00:06  ID:BGNLgPzP0 このコメントへ返信
    ※68
    うちの地方だとイタドリも食べますけど…
    皮むいて生で。ルバーブの代わりに皮むいてジャムにする人もいるみたい。
    111. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 00:17  ID:DLMRXBh.0 このコメントへ返信
    ※26
    ttp://drazuli.com/upimg/file10553.jpg
    112. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 00:20  ID:nPSBoBl50 このコメントへ返信
    これでも喰らえ!
    ttp://drazuli.com/upimg/file10555.jpg
    113. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 00:27  ID:BXzF4PIQ0 このコメントへ返信
    ※112
    SPAM SPAM SPAM SPAM~♪ Delicious sperm!
    114. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 01:27  ID:eibk8DvV0 このコメントへ返信
    ※92
    むしろ中国がヤバいからアメリカに組するのは仕方がないと
    TPPやアメリカの酷さを誤魔化させようとする奴が多い
    せめてその対中でしっかり行動してくれてれば分かるんだが
    実際はサンゴ密漁野放しだったし
    115. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 01:32  ID:coiT5GzS0 このコメントへ返信
    ※83
    下関のほうでも英国旗艦の艦長は負傷し、士官も複数死んでる。
    116. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 01:37  ID:KHjLfh5B0 このコメントへ返信
    ※91
    調べてみたらオコジョも害獣に指定されているんだな
    117. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 01:38  ID:xAwNKuch0 このコメントへ返信
    ※63

    後期のビルマ戦線は戦略的に見ればWW2全体でも稀なほどの見事な勝利やで
    日本じゃ牟田口をはじめとする無能な将軍の稚拙な指揮が敗戦の主因として断じられ
    それ以外の要素に言及されることは少なく
    あってもせいぜい末期日本軍の物資の欠乏などが挙げられるぐらいだけど
    そもそも大戦末期において英国もビルマ戦線において置かれていた状況はかなり劣悪だったのよ
    42年のビルマ戦線の大敗北でも
    本土の新聞がほとんど報じなかったほどにビルマ戦線自体に対する国民の意識が低く
    「こんなところで勝っても誰も喜ばないし目立たないしキャリアにならない」という考えが将兵に蔓延していた
    さらに悪いことに司令部の高級将校も同じような考えを持っていたようで、
    送られてくる兵装は北アフリカ戦線であまった砂漠仕様のものである、なんてこともしょっちゅうだった
    そして最も重要なのは当時インド・ビルマ防衛を担当していたイギリス第14軍は
    イギリス本土軍、ANZAC、インド植民地軍、その他の植民地軍の寄せ集めであって、
    戦闘において高度な連携をとることも、戦争自体に共通の大義を見出すことも難しかった
    これらの複合作用からイギリス軍の士気は非常に低く
    また頼みの綱の米軍もビルマにおける主目的はビルマルートを通じた蒋介石への援助であり
    イギリスの目的であったビルマの奪回には非常に消極的だった
    118.    2016年04月06日 01:38  ID:xAwNKuch0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    119. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 01:43  ID:xAwNKuch0 このコメントへ返信
    ※118
    さらに続き
    大戦後期ビルマにおいて英軍に勝利をもたらした決定的要因は日本軍の自壊でも、圧倒的物量差でもなく
    それらはあくまで混迷を極めていた軍隊を様々な面から立て直した何人もの優秀な将校の活躍が
    前提としてあってはじめて成り立つ話なんだよ

    …と、だいぶ長くなってすまない
    でも※63みたいなビルマ戦線における英軍の活躍を無視する言説はあまりにも多く見かけるし
    そのどれも見当違いだからどうしても反論したかったんだ
    120. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 01:50  ID:coiT5GzS0 このコメントへ返信
    ※104
    今ではススキが頑張って逆転しつつあるけどね。
    121. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 02:01  ID:w3pPHdHS0 このコメントへ返信
    ※87
    無駄だよ
    戦争評価の観点がズレてる
    あっちはドンパチやり合う部分を見てる

    アンタはもっと総合的な観点で見てる
    戦争で勝とうが国の力が衰えたなら負け戦って戦史の常識も踏まえて考えてる
    実際、イギリスは多くの領土を失ったまま大戦が終結し残った植民地も最終的に手放した
    勝った筈なのに国土は減り収入も減り以後低迷が続く訳で
    だから戦後とか衰退とか指摘してるンだろ
    122. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 02:15  ID:w3pPHdHS0 このコメントへ返信
    ※117
    そら、評価が低いのは単純にアメリカにもっと決定的なのやられてるからだぞ
    123. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 03:00  ID:KiBxoCGr0 このコメントへ返信
    ※121
    君も※87も「先の大戦の敗北と戦後のイギリスの衰退にはどれ程の関係があるのか」という根本的な観点が抜けてるぞ
    総合的に見てるんじゃなくただ直近の事象を短絡的に組み合わせて考えてるだけだ
    そもそも戦後イギリスの衰退はいわゆるイギリス病が根本的な原因だが
    イギリス病を作り出すきっかけになったベバリッジ報告の草案自体は労働党内では41年時点で既に完成してたんだよ
    イギリスが社会保障を重視する福祉国家に舵を切ることは大戦前の時点で避けられなくなっており、
    そしてそうした場合イギリス病もまた避けられないという前提がまずあるんだよ
    さらにGDPなど多くの国力を測る指標で米ソに水を開けられてたのも戦前からだ
    勝っても負けてもイギリスが世界の第1極になるのは開戦前にわかりきってたことなんだよ
    そうした前提の上で戦中戦後のイギリスの立ち振る舞い見るなら
    むしろ非常に上手いこと現実的な立ち位置に着地してるようにしか見えんのだが
    第二次世界大戦は確かに世界史上の重大な転換点だが、英国の衰退は何も第二次世界大戦だけで決まったわけじゃない
    124. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 03:42  ID:9CC9rh3g0 このコメントへ返信
    ※74
    イスラム系の国に首突っ込むとえらいことになるって、世界の国々は学べなかったのかね…
    学べなかったようだね(とくにアメリカ)
    125. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 06:13  ID:coiT5GzS0 このコメントへ返信
    ※118
    当時の英国が民主主義に反帝国主義ねえ。
    大日本帝国といかほどの差があっただろうか?
    同じ立憲君主制であり、反ドイツってだけで選挙で選ばれた第一党の党首でもないチャーチルが首相に就任し、
    選挙も10年間くらいやめて(日本ですら一応やってるのに)
    非常大権法で国民の生命と財産は好きに使えるよってことにして、
    ナチス容疑があれば、裁判所の命令ぬきで逮捕と無期限の拘束が可能だったのが当時の英国なんだけどねえ。

    まあ実情はどうあれ正しいように見せるのが政治だけどさ。
    126. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 06:22  ID:coiT5GzS0 このコメントへ返信
    ※123
    その英国病の理由である社会保障の充実と高額納税者への課税強化の原因が戦争なんじゃないのかと。
    戦争と社会保障はほぼ=で結べるもの。
    銃後の守りがなくては兵士は戦わないし、労働者も働かない。
    戦争に参加したことで社会保障の充実を行わなくてはいけなくなり、その費用の捻出の為に税金を増やした事で、
    医者や技術者などの頭脳流出が起こった。
    第二次大戦に参加しなければそんな必要はなかったと思うのですよ。
    アメリカから借りた兵器の返済は50年くらいかかってるし、大英帝国が世界にもっていた基地の多くは、
    米軍に譲渡された。こうやって海洋通商網が米国にとられた事で衰退が確実になった。

    ぶっちゃけドイツなんて放置しとけばよかったんですよ。ヒトラーも英国とはできれば講和と考えていたし。
    ポーランドとの同盟なんてなかったことにして見捨てておけばよかったのです。
    実際同時に攻め込んだソ連に対しては何もしなかったしね。
    127. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 06:54  ID:FiJKBLaw0 このコメントへ返信
    チャーチル自身が、目の前のドイツの脅威に気を取られすぎてより厄介な敵(ソ連と共産主義のこと)を見逃してしまったって判断ミスを認めてる。

    そしてその判断ミスが、今の欧州にもずっと尾を引いた形で悪影響残してるよ。
    128. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 07:56  ID:d9KAEchP0 このコメントへ返信
    薩英戦争で、イギリス側は通りすがりの船撃沈まで戦果にいれて勝利とか主張してて笑うw
    イギリス側7隻薩摩側3隻の参戦戦力になってるけど、それ戦闘参加してねーし
    129. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 08:45  ID:ZX36rc9I0 このコメントへ返信
    ※126
    開戦時の政権は保守党でベバリッジ報告の草案作ったのは労働党のシャドウキャビネットだから
    その主張はまず前提が成り立ってないな
    そもそも草案作り始めたのは大戦前の話だし、
    反戦主張してた労働党が参戦前提の草案なんか作ったらあらゆる方面から突き上げくらうわ
    130. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 08:47  ID:a1lUNvnV0 このコメントへ返信
    ※2
    中国は日本が思ってるよりずっと他国にボコボコにされてる国だよ
    大英帝国とは比較対象にもならない
    131. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 09:51  ID:fGE89oPJ0 このコメントへ返信
     Comment by Anonymous 04/15/14(Tue)12:47 No.23165890

     (フランス)

     ↑おー、イギリスのポチが発狂してんぞ。精々泣いとけ


    このコメ好き
    ポチ公だったらもっといい
    132. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 11:28  ID:9KLRsVNz0 このコメントへ返信
    こんだけやっているんだから、そりゃイギリスは戦争上手いよな。
    133. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 11:44  ID:coiT5GzS0 このコメントへ返信
    ※129
    いつ作ったかは問題ではないのです。いつできたかが問題なのです。
    農地解放(この言い方は嫌いですが)は戦前から準備が進んでましたけど、実現したのは戦後です。
    134. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 11:58  ID:iNKeqZGR0 このコメントへ返信
    ※44
    いや、外交権持ってる時点でそれ植民地じゃねーから
    135. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 12:13  ID:WoGql0Hd0 このコメントへ返信
    ※133
    いつ作ったかが問題にならないという主張の根拠は何?
    少なくとも戦前からベバリッジ報告の草案が存在したという事実は、
    英国が戦前から高福祉国家へ舵を切ろうとしていたことを明確に示している
    そしてその試みが英国病を引き起こす原因になったことに関しては疑いようがない
    それに対して「社会保障と戦争は明確に関連してるから」の1点張りは根拠が薄いんじゃない?

    それにイギリスのシャドウキャビネットおよびそこで出された提案は
    日本の政治における「できたらいいなー」って構想以上に大きな拘束力を持つということも
    ちゃんと把握しておくべき
    日本の農地改革の例はここでは全くもって参考にならない
    136. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 13:43  ID:W.DS8wYq0 このコメントへ返信
    自分棚に挙げて他国叩くときほどイキイキするのは国内外一緒みたいだな
    137. すをみ   2016年04月06日 15:05  ID:wgTWTHPf0 このコメントへ返信
    ※124
    新参者のメリケンは仕方ないにしても、欧州諸国が忘れ果てた、ってのはどうかしているような。
    ヨーロッパの騎士道ロマンスは、サラセン(イスラム)帝国の凄さなしには語れないのに。

    もうね、それこそ「アラビアの薬でも治せない=不治の病」「サラセンの絹ずくめの装い=金に飽かせた豪奢な衣装」なんていう慣用句があったぐらい。
    十字軍の騎士が捕虜にされて奴隷になり、その子孫がイスラム教徒としてスルタンの護衛兵になった、なんて実話も珍しくなかったらしいし。
    あ、そう言えばシェイクスピアの「マクベス」にも「アラビアの香水のすべてを振りかけようとも、この小さき手を芳しくはできまい」なんてセリフがあったっけ。
    138. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 15:20  ID:coiT5GzS0 このコメントへ返信
    ※135
    法案というのは考えることではなくて、成立させるのが難しいからですよ。
    民主党の案みてたらわかるでしょう。
    139. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 15:54  ID:yuVrI.rG0 このコメントへ返信
    ※138
    イギリスは二大政党制が完全に機能してていずれ労働党が政権奪取するのは確定事項だから
    日本の民主党じゃ比較にならないでしょう
    農地改革といいさっきからイギリスの政治システムを無理矢理日本のそれで例えようとして破綻してるぞ
    140. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 16:36  ID:aCixiZ8j0 このコメントへ返信
    アイルランドじゃね?
    現在進行形でイギリスに痛い目見せてる気がする
    141. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 18:11  ID:WLItqYvY0 このコメントへ返信
    つくづく英とは同陣営かつ最大限の距離をはさむべきだな
    この状態が一番勝利に近いだろう
    142. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 19:26  ID:P8eMUSRr0 このコメントへ返信
    薩摩藩と高砂軍がくっついたら強そうだな
    143. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 19:28  ID:P8eMUSRr0 このコメントへ返信
    ※10
    地球にイギリスとスペインがなかったら平和な星になっただろうね
    144. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 19:39  ID:P8eMUSRr0 このコメントへ返信
    ※65
    トンネル埋めちゃえっ
    145. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月06日 22:14  ID:qIgu9Iov0 このコメントへ返信
    ※118
    >戦闘へ立ち向かう動機を与えるために民主主義や反帝国主義と言った普遍的な大義を

    ヘソで茶を沸かしますね
    146. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 01:58  ID:9FNiE4Ar0 このコメントへ返信
    山下将軍はすごい
    147. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 04:19  ID:fFysbDVN0 このコメントへ返信
    戦争に勝てなくても良いじゃん。
    メシがうまいのと、ファッションセンスが良いという点では勝っている。
    148. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 05:45  ID:yRXQ.2QP0 このコメントへ返信
    ※94
    そこは「[はい]か[イエス]で答えろよ」っていわないとw
    149. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 09:44  ID:BF8IHd.h0 このコメントへ返信
    ※67
    細かい事言うと、ベトナム戦争ですらアメリカは敗戦してはいない。
    アメリカ相手に勝ちきったのってスー族(レッドクラウド戦争)しかいない気が…………
    150. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 10:28  ID:BLAte0cM0 このコメントへ返信
    ※125※145
    ※118が評価してるのは普遍的な共通の大義のもとに多文化をまとめ上げる手腕であって
    実際に大英帝国がどうであったかについては話題にしてないと思うんだけど…
    151. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 12:30  ID:7S5uLsSy0 このコメントへ返信
    イギリスの王室はフランスのノルマン公の子孫だろ
    フランスはイングランドを征服してる
    152. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 16:17  ID:CduZcAdt0 このコメントへ返信
    ※22
    インドが独立できたのは日本のおかげってインド人が言ってるもんね。日本がなければ列強はいまだにやりたい放題だったろう。
    153. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 16:40  ID:Lc.y5Hkb0 このコメントへ返信
    ※40
    ドイツの大暴れの効果を過小評価するものではないし、あなたの言われるような要因、つまりソ連にビビったアメリカが「もうやめろ」と言い出したこともあると思うが、それが「第一の原因」であるとは私は考えない。
    まず植民地の民が何百万人も、命をかけて戦ったことが第一の原因である。
    そしてそうなるに至るまでに日本が果たした役割は、少なくともドイツやアメリカと同等の重みを持っている。
    154. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 19:31  ID:WdzdkCml0 このコメントへ返信
    ※139
    主張に無理がありすぎる。
    いつか「労働党」が政権が取れるかもしれないので、その法案を思いついた時が、
    「英国」が福祉国家に舵を切った時というのは無茶苦茶。
    二大政党制が成立しているかどうかなどは関係ない。
    二大政党制が成立していたとしても政権が取れるわけじゃないからね。
    そもそも当時の英国において長らく二大政党として成立していたのは保守党と自由党であって、
    労働党は自由党が分裂して、その自由党の一派と連立して一度政権をしたことがある程度の政党でしかない。
    日本の民主党と変わらんよ。
    155. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 19:31  ID:WdzdkCml0 このコメントへ返信
    ※148
    アンゼロット様
    156. 名無し   2016年04月07日 20:23  ID:CBER4TV50 このコメントへ返信
    イギリスもフランスも戦勝国だろうが
    戦後の欧州で政治経済の主導権をドイツに奪われてる時点で負けだよね
    157. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月07日 22:03  ID:p5VJ4L.H0 このコメントへ返信
    ※123
    上手く立ち回っと言えば聞こえがいいが
    WW2を勃発させた時点で、いい結果が生まれない泥試合にハマったイギリスの負けだよ

    どう考えてもWW2が無ければもっとゆっくりと衰退していったのは誰でもわかる事
    WW2によって一気に衰退した事に変らない
    158. 名無し   2016年04月08日 07:57  ID:L..tRHQH0 このコメントへ返信
    ※157
    幾らww2前から陰りがあったとはいえ
    あの大戦でどれだけの人、物、金、領土失って、それがどれ程の深刻な影響を残したかって事だよな
    159. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月08日 14:28  ID:YLh10TXz0 このコメントへ返信
    スペインはガチ。対イギリスの戦勝率すごい。

    でも日本語版wikipediaではあまり詳しく記録されてないのが残念。
    160. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月08日 18:32  ID:MeYQ9Bpm0 このコメントへ返信
    ※134
    植民地なので外交権は持ってません。
    宗主国の方針に反した外交方針をした時点で、その政権は潰れます。
    敵対国家との経済協定を結ぼうとしたら、暴徒が投石器を持ち出して大統領が追い出されたり、
    敵対している非承認国家を支援していたら、軍事クーデターが起こったりします。
    他にも閣僚のスキャンダルが相次いで選挙で大敗したりとかいろいろおきます。
    161. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月08日 22:57  ID:f.GzhXO50 このコメントへ返信
    日本がクィーンズイングリッシュ使ってるって、Boxのことを「ボックス」と発音していることを言っているんだろうか?
    162. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月09日 02:49  ID:SJBxzrNC0 このコメントへ返信
    その時はまだイギリスとちごたけど、ローマも支配してたやんな。
    ローマに支配されてたから文明国やってんって誇りに思ってるらしいって聞いたことあるけど、ホンマなんかな。
    163. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月09日 16:43  ID:oOj6Pty10 このコメントへ返信
    シンガポールの時は、
    イギリス人にとって日本人なんてリアルでサルの亜種程度の知識しかなかったんだろう
    164. 無味無臭なアノニマス   2016年04月09日 19:08  ID:3KQu4d2K0 このコメントへ返信
    そんな大英帝国も植民地を失い独立も相次ぎ、そのうちグレートブリテン島南半分にある小国イングランドに成り下がりそうだな。
    165. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月10日 09:59  ID:FmMYztsW0 このコメントへ返信
    ※86
    イギリスだとルバーブはジャムじゃなくてコンポート状にして食べるのが多い気がする。
    イタドリで代用可能な物もあるが、代表的な物(ルバーブ・クランブルとかルバーブパイとか)はでろでろのジャムじゃ興ざめだろう。

    レシピに(ルバーブを煮る際)煮崩れないように注意とか書いてあるレベル。

    味が似ててもイギリス人的には代用出来るもんじゃないんじゃないのかな?
    166.    2016年04月11日 17:11  ID:Jr94dMBB0 このコメントへ返信
    領土広いと大変なんやなって
    167. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月12日 01:21  ID:.XmJgFi.0 このコメントへ返信
    ※73
    正義とわがままの押し付け、セールスは迷惑極まりない
    168. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月12日 01:25  ID:lO5LC1k10 このコメントへ返信

    福田恒存はアングロ・サクソンに逆らう国は滅ぼされるといっている。
    169. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月12日 02:15  ID:F2prdoPB0 このコメントへ返信
    プリンス・オブ・ウェールズとレパルスの撃沈を語るなら
    以前の日英同盟辺りの事も語った方が方が良いと思うけど
    また日本海海戦でロシアのバルチック艦隊に日本が勝てたのも
    当時の英国がロシア側の補給の邪魔をした事も一因になっていると思うし

    まあ当時の英国は、純粋に日本の味方をしたというよりも、
    ロシアの戦力を日本に削がせたかった…という辺りが本音だとは思うけど
    でも、仲が良かった事は強調しておいて損はないと思う
    170. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月12日 10:57  ID:.G.xX3p10 このコメントへ返信
    高校の時世界史とって欧州史に苦労したけど、当時インターネットでこういう記事読めたらもっと興味深く勉強できただろうなあ。
    171. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月12日 12:18  ID:1cIDtNVZ0 このコメントへ返信
    ※68
    葛が家の中にまで生えるんだっけ。
    172. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月12日 12:22  ID:1cIDtNVZ0 このコメントへ返信
    ※100
    アイスランドすげーな。顔見知りがそこらじゅうなほど人口が少ないのに……
    173. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月12日 21:58  ID:K5hStDOS0 このコメントへ返信
    ※13
    イギ「俺らは永久に友達同志だぜ!!」
    174. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月12日 22:11  ID:8dM9K1ys0 このコメントへ返信
    落ち目の大英帝国に致命的な止めを刺したのは日本なんだけど
    日本人はほとんどそのことを知らず、第2次世界大戦はアメリカと闘ったことしか覚えていない
    そこがイギリス人の気に障るとかなんとか
    175. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月13日 16:19  ID:zUAC8EMs0 このコメントへ返信
    ※12
    頭の悪いJKを気取ってんだろうな
    176. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月13日 17:04  ID:S4cbAalq0 このコメントへ返信
    ※174
    つってもたまにネタがでるとドイツと戦争中で植民地まで手が回らなかったとかPOWは万全な状態じゃなかったとかマレー半島はほとんど植民地軍でザコとか言い訳してくるシナー
    数日前にネタになってたニュースでも駐日大使が英は植民地に継続か独立か「選択」させたとか強がってるシナ
    177. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月14日 10:37  ID:6L2xi5GQ0 このコメントへ返信
    ※40
    大英帝国崩壊の原因は普通に大日本帝国とそれに続く現地人の独立運動でしょう。
    そこを無視するのは黒人解放の要因からキング牧師や解放運動を無視するくらい無理がある。

    私は独立運動で血を流した国の国民の前で「植民地解放の第一要因は冷戦構造うんぬん。無駄な血を流したな」と言い切る勇気はない。
    178. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月14日 22:26  ID:GtmGpqZt0 このコメントへ返信
    英国はやはりなんというか、実績と行動範囲の広さが違うわ…
    考えてみたら凄まじい国
    179. 通りすがり   2016年04月17日 01:35  ID:EuVU9blI0 このコメントへ返信
    英国が周りに喧嘩売りまくってたことは
    理解した。欧州はどこもそんな感じか。
    左手で握手、右手にナイフ。
    180. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月17日 22:12  ID:Yahpa4phO このコメントへ返信
    イギリス王室はドイツ系といった方がしっくりする
    ノルマンといってもフランス住まいの北欧系って感じ
    181. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月18日 18:59  ID:Lh8WFQRZ0 このコメントへ返信
    これってさ、間接的にイギリスを褒めてる様なものだよね。
    だって、イギリスに勝った事が名誉なわけでしょ?
    それって逆に言えば
    「イギリスってスゲー国だけど、うちはそのイギリスを叩きのめしたんだぜ! どや!!」
    ってことでしょ?w
    182.    2016年04月18日 20:19  ID:B8vSuuC90 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    183. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月18日 20:32  ID:z5Xdavqb0 このコメントへ返信
    一応日本はイギリス以外にもフランスオランダ等の欧州アジア殖民軍は全部叩いて追っ払ったで
    184. ブラッティ・スコーン   2016年04月18日 21:40  ID:tSXHMLDL0 このコメントへ返信
    >>107-108
    ごちゃ混ぜおぶ再生されてなんかいないんぐだからなバカァ!
    185. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月18日 22:01  ID:mje4CSl40 このコメントへ返信
    ていうかどの国もほとんど「イギリスに戦争に勝った」じゃなくて
    「イギリスとの戦争に局地戦で一時的に勝った話(でも最終的にはイギリスに負けました)」を挙げてるだけやな…

    「イギリスに戦争に勝った」というなら独立戦争におけるアメリカだけやろ
    まだイングランドでいうなら北海帝国のクヌートとノルマンディー公ウイリアムだけやな
    (ノルマンディー公はイギリス王から王位継承を約束されてたのでこちらは勝利うんぬんの問題ではないかもしれんが)
    アフガンですら英露間で露が譲歩したからイギリスに見逃されただけだし
    186.    2016年04月18日 22:42  ID:DnghlzUp0 このコメントへ返信
    このコメントは削除されました。
    187. tk   2016年04月19日 14:23  ID:iwC6H.D80 このコメントへ返信
    対英戦で最大の戦果を挙げたのは
    厳しい戦況にありながら最終的に、自国の人間を王位に就けたオランダかな
    次点はオランダよりは状況が良かったノルマンディー公
    次いで本土の大半を征服、長期支配したデーン人勢力
    植民地や海外領土の支配を放棄させた、カペー朝フランス、米13植民地の反乱軍がそれに続く感じか
    188. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月19日 22:15  ID:wnfGGHvF0 このコメントへ返信
    ※187
    デーン人はむしろ短期支配だしなぜカペー朝?
    オランダはむしろマイナスでしかない
    戦果ではなく名誉革命で呼ばれただけだから
    しかもオラニエ公(ウィリアム3世)はオランダ軍を英軍に従属させたためオランダ本国は弱体化

    189.    2016年04月19日 23:03  ID:CKFAoOAO0 このコメントへ返信
    1藩vs国で勝ってしまう薩摩

    今で言えば1県vs国で勝利したのと同じ
    190. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 00:52  ID:wcLck7M30 このコメントへ返信
    え?
    賠償金払いたくなくて戦ったのに、
    結局負けて謝罪して賠償金まで支払った薩摩がなんだって?
    それ以来英国のポチとして幕府と会津をいじめぬいた薩摩が何だって?
    薩摩勝利()とかほざいてるアホは小卒なんだろうか
    191. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 02:30  ID:Qltrbzqo0 このコメントへ返信
    薩摩すごすぎw
    武器も相当劣っててこれだからな

    ていうかイギリスてアメリカと違って日本からしたらカモみたいなポジションなのが面白い
    マレーとか一方的フルボッコ
    192. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 02:35  ID:KR.zsjM.0 このコメントへ返信
    ※186
    他人の目を気にする日本人カッコ悪い
    193. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 09:04  ID:PYrE8V.B0 このコメントへ返信
    攻め込んで征服して支配下に置いた事があるのはフランスとイタリアだけか?
    アジアでヨーロッパまで攻め込んだのはトルコとモンゴルくらいだけど
    どっちも陸軍国だしイギリスまでは行ってないのかなぁ
    194. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 14:59  ID:Im2KI6Az0 このコメントへ返信
    ※2
    アジアつーより東アジアな。で、そんな国は朝鮮ぐらいだろ。他の国つーか民族は一度ぐらいは全土劫掠してる。恐ろしいのは『その後に』民族ごと消える例が結構あるって事だな。
    195. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 16:27  ID:.T09prI70 このコメントへ返信
    産業革命が興る前はヨーロッパより東アジアのほうが全然強かったんだよね
    ヨーロッパの一部列強が東アジアを超えたのは19世紀以降の200年間だけ
    発展が早かった日本にいたっては120年ほど

    イギリスの発明した機械文明がいかに凄かったか
    196. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 22:08  ID:uskyPjv.0 このコメントへ返信
    ※191
    薩摩とか雑魚やん
    マレー?フルボッコにされ返されちゃ意味ねーわな
    勝ったならまだしも敗戦国だし
    197. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 23:17  ID:sCsTHNWl0 このコメントへ返信
    薩摩最強すぎる
    マレーではイギリス軍20万人を数千の兵で撃退か
    アメリカの支援がなかったら勝ってたな
    198. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 23:49  ID:Ym0xlzaJ0 このコメントへ返信
    第二次大戦までの日本人は戦闘民族すぎるw
    199. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月21日 00:47  ID:kztdoR8I0 このコメントへ返信
    薩摩ageとマレー戦過大評価の馬鹿はお勉強しような(笑)
    200. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月21日 03:29  ID:uqUGO3Fq0 このコメントへ返信
    薩摩に負けたのとマレーの惨敗を認められないカスが負け惜しみ言ってるw
    201. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月21日 04:57  ID:8yGyPDAA0 このコメントへ返信
    イギリス(ていうか欧州)は近代兵器で確変入っただけで歴史的に戦争は弱い


    202. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月21日 23:32  ID:pbDEzjov0 このコメントへ返信
    薩摩ヲタの痛さがわかるスレ
    203. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月22日 00:21  ID:4unXUSP.0 このコメントへ返信
    敗北を受け入れられないイギリスヲタの痛さがわかるスレ
    204. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月22日 02:55  ID:.xbjPiDQ0 このコメントへ返信
    ※190
    おは負け犬福島県民w
    205. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月22日 23:35  ID:Xyf6Ba..0 このコメントへ返信
    薩摩と第二次世界大戦の敗北を受け入れられないネトウヨの痛さがわかるスレ
    206. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月23日 01:27  ID:h7.9YUuo0 このコメントへ返信
    マレーの惨敗と薩摩に敗北した事実を受け入れられない福島県民の痛さがわかるスレ
    207. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月23日 01:33  ID:HYQMREJn0 このコメントへ返信
    福島県民というよりバカチョソだと思う

    208. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月23日 19:00  ID:hmdvWJ2h0 このコメントへ返信
    逆にイギリスはアメリカ無しの戦闘で日本に勝ったことがあるのか
    209. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月23日 23:30  ID:DGaa.9Ae0 このコメントへ返信
    薩摩と第二次世界大戦の敗北を受け入れられないネトウヨはチョソと同レベルの知能だなw
    210. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月24日 00:04  ID:cRg8jRGv0 このコメントへ返信
    マレーの惨敗と薩摩に敗北した事実を受け入れられないバカサヨ必死の粘着w
    211. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月24日 20:36  ID:qPtOgUBh0 このコメントへ返信
    薩摩と第二次世界大戦の敗北を受け入れられないネトウヨはチョソ並の粘着wwww
    212. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月24日 23:33  ID:mUuwh6Xo0 このコメントへ返信
    米露中とガチンコやって2勝1敗ですが何か?
    213. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月25日 00:13  ID:.3nlU99c0 このコメントへ返信
    マレーの惨敗と薩摩に敗北した事実を受け入れられないバカサヨチョソ怒りのトソスル一気飲みwwww
    214. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月25日 20:01  ID:CQYUEITZ0 このコメントへ返信
    WW2と薩摩に敗北した事実を受け入れられないバカネトウヨ怒りのトソスル一気飲みwwww
    落ち目の清&露帝国に勝っただけで中共とソ連に負けたことから目を逸らすネトウヨ怒りのトソスル一気飲みwwww
    215. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月26日 00:52  ID:OlnKpPoN0 このコメントへ返信
    マレーの惨敗と薩摩に敗北した事実を受け入れられないバカサヨチョソ怒りのトソスル一気飲みwwww
    ぱよぱよ現実を直視できず捏造発狂wwwww
    216. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月26日 11:31  ID:z9cLhcuV0 このコメントへ返信
    遺恨に生きる朝鮮・支那・会津・パヨク
    217. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月27日 23:38  ID:3CZqAGjG0 このコメントへ返信
    WW2と薩摩に敗北した事実を受け入れられないバカネトウヨ怒りのトソスル一気飲みwwww
    落ち目の清&露帝国に勝っただけで中共とソ連に負けたことから目を逸らすネトウヨ怒りのトソスル一気飲みwwww
    うようよ現実を直視できず捏造発狂wwwww

    218. 無味無臭の日本人   2016年04月30日 02:12  ID:k4k4Am8d0 このコメントへ返信
    下らない言い合いと言うか…下らない英雄気取り。
    端から見てると、そんな事でいつまでも気取ってるから衰退しちゃうんでしょ?と言いたい。

    今まで、日本も、イギリス人や西ヨーロッパを甘やかしたのは大きな大間違いだったな。
    219. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月30日 22:38  ID:cbl55rTu0 このコメントへ返信
    マレーの惨敗と薩摩に敗北した事実を受け入れられないバカサヨチョソ怒りのトソスル一気飲みwwww
    幼児プレイ大好きぱよぱよ久保田くん、現実を直視できずバカサヨ捏造発狂wwwww
    220. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月30日 23:33  ID:IBZjtaNl0 このコメントへ返信
    チョソのブサヨが粘着してて草

    どれだけ言い訳してもイギリスは戦争弱いのにw
    221. 無味無臭なアノニマスさん   2016年05月02日 07:28  ID:2P.rWo0E0 このコメントへ返信
    薩英戦争は英国も薩摩も相手を侮っていて、英国は海岸に近づいて砲撃すれば清のようににすぐ降伏するだろうと思っており、薩摩は薩摩で英国人は臆病だからこちらが反撃できない距離から砲撃して回るだろうと考えて英国艦隊の砲撃予測海域に機雷を敷設して待ち構えていた。
    結果は双方が予期しない近距離での血で血を洗う砲撃戦となり、双方に被害が出た。
    特に英国側は旗艦艦長や副司令官らが戦死しており、大破した艦を曳航して横浜へ撤退している。
    222. 無味無臭なアノニマスさん   2016年05月05日 16:50  ID:hKFUterS0 このコメントへ返信
    ※188
    デーン人はむしろ短期支配だし

    他は賛成だがこの部分は同意出来ないな。中世イングランドの成り立ちを考えれば、ノルド人(デーン人やクヌート大王、現王室の遠い先祖ノルマンディ公ウィリアムも含む)の役割が一番重要だろう。むしろアングロサクソンこそイングランドの一部を数百年支配したとは言え、ノルド人の攻勢と土着のブリトン人の反撃の狭間で双方に同化して消えてった一発屋民族だよ。出身地の北ドイツ・デンマークでもサクソン人以外はノルド人と同化してるし。
    223. 無味無臭なアノニマスさん   2016年05月06日 03:45  ID:J.vEnA..0 このコメントへ返信
    薩摩スゲーw
    224.    2016年05月08日 18:23  ID:AyB2mPp20 このコメントへ返信
    ヒマだ
    225. 無味無臭なアノマロカリス   2016年05月15日 11:03  ID:IBit.2v.0 このコメントへ返信
    日本はイギリスの自動車産業を叩きのめしたからOKでしょ。
    なにも取っ組み合いで勝てばいいってもんじゃない。
    226. 無味無臭なアノニマスさん   2016年05月16日 13:22  ID:65LgC0y60 このコメントへ返信
    当の英国人は「WW2は敗戦だ!」と思ってるよ。戦勝国の筈なのに敗戦国ドイツより配給制を長い間続けたし、アジアを含めて植民地を殆ど失って『超大国』から一応大国レベルまで陥落したんだからな。
    まぁ、かつての大英帝国のプライドがあるから公の場では言わないが、個人的に親しくなると本音を吐いてくれる。
    227. 無味無臭無関心   2016年05月17日 00:50  ID:WRUoDg5Y0 このコメントへ返信
    フランス人って、やっぱりイギリス嫌いだったのね。
    日本人の前だと、ヨーロッパ人同士、表向きだけ仲良さそうにしてるけど、みんな嫌い合ってるんだネ(笑)
    そりゃー、日本とも仲良く出来ないはずだな。
    どっちが良い悪いとかいう意味じゃないけどね。
    228. 無味無臭なアノニマスさん   2016年05月17日 08:35  ID:Thgf.70F0 このコメントへ返信
    ※130
    確かに中国の歴史はかわいそう過ぎ;
    特に南宋が元に滅ぼされる辺りはちょっと同情する…。
    229. 無味無臭なアノニマスさん   2016年05月18日 13:03  ID:iBjd.KsQ0 このコメントへ返信
    薩磐戦争もっとやれw
    傍で見てるとすげえ面白い
    230. 無味無臭なアノニマスさん   2016年05月21日 16:30  ID:B2Ql4V.J0 このコメントへ返信
    ※177
    アジアに独立の芽を残していったのが日本なら、アフリカに独立の種を撒いていったのは実は帝国時代のドイツだったりする。
    植民地を単なる搾取の対象にするんじゃなくて、現地の文明化を図ったって事ね。
    日本の台湾統治も、そもそもはドイツの植民地統治を参考にしてローカライズしてる。

    そういう意味で、そこに触れるならドイツの影響更にでかくなるぞ。
    231. 無味無臭なアノニマスさん   2016年05月28日 23:24  ID:KHqlt6qn0 このコメントへ返信
    ※115

    「我が連合艦隊の一部は、6月19日、マリアナ諸島西方海面において、三群よりなる敵機動部隊を捕捉、
    先制攻撃後戦闘は翌20日に及び、その間、敵航空母艦5隻、戦艦1隻以上を撃沈破、敵機約100機以上を撃墜
    せるも、決定的打撃を与うるに至らず。我方航空母艦1隻、付属輸送船2隻及び飛行機50機を失えり」
    232. 無味無臭なアノニマスさん   2016年06月19日 23:52  ID:rBfLDQyw0 このコメントへ返信
    無能ではないし実力で勝ってるだろ
    支那は強いか?負けて王朝滅びての繰り返しだろ?負けた国探す方が大変だろ
    233. 無味無臭なアノニマスさん   2016年06月19日 23:59  ID:rBfLDQyw0 このコメントへ返信
    こっちとか勝ったとかだな。
    自転車良いし軽戦車とかで行ける。
    喋ってもいない。
    とかになる。だな。


    画像投稿(アップローダーを開きます)