コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by mrfishsticks

【修正版】国歌で『神』が言及されてる国

WLYL6z6


reddit.com/r/MapPorn/comments/2nkevn/fixed_countries_whose_national_anthem_mentions/



Comment by jakethebavarian 0 ポイント

バイエルン州の州歌にも『神』の言及があるよ!


Comment by thehenkan 0 ポイント

これを修正版というのはちょっとばかり言い過ぎじゃないかと思う。


Comment by nickpanzer23 0 ポイント

神を信じているか信じていないかはともかくとして

自分の国の国歌の歌詞に神に対する言及が入ってるのはそんなに気にかかるようなことなのかね?

 Comment by mrfishsticks[S] 1 ポイント

 ↑一般人にとってはそんなことは気にかかるようなことではないんだけどね。

 このサイトにいる連中は政府が宗教を伝統的な意味合いを持つ象徴的なものとして利用する事さえも最悪な事だって考えてる奴が多いから。


Comment by twat_hunter 1 ポイント

ベネズエラの国歌にも神に対する言及はされてないよ!


Comment by Zonnegod 1 ポイント

「ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ」は15番までの歌詞の中に神に対する言及が18回もある。

多分1574年に歌詞が書かれた当時はそういうものだったんだろうな。

ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ(オランダ語: Wilhelmus van Nassouwe)あるいはヴィルヘルムス(Wilhelmus)は、オランダの国歌。旋律は世界の国歌のうちで最も古いといわれる。

旋律は1569年頃によく歌われていたフランスの従軍歌が元になっていて、最古の楽譜は1574年のものである。

ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウエ


Comment by sgtpepper196667 233 ポイント

スウェーデンの国歌には神についての言及は一切ない。元の内容は

1.
汝(thou)が歴史、汝が自由、汝峰の連なり多き北国。
汝が沈黙、汝喜びあふれた美、我は汝に挨拶する
地上にありて最も崇高なる汝に
汝の太陽、汝の青空、汝の草原の緑。

2.
汝が玉座は昔の記憶にあり、汝が名が世界を飛翔していた。
時代にあり、我は知っている、
汝が今も昔も変わらずそのままでいることを。
おお、我北欧に生き、北欧に死すことを欲す!

※引用:古き自由な北の国

 Comment by mo11er 80 ポイント

 ↑なかなかパワフルな国歌だな

  Comment by XTC-FTW 33 ポイント

  ↑イランの革命前の古い国歌とか見てみると良い。これもなかなかパワフル!
  
  Ey Iran the original anthem of Ira...

  こっちはシャー以前の。彼の父が支配していた頃。
  
  Vatanam Vatanam (First National An...

 Comment by system637 1 ポイント

 ↑今まで「thou」っていうのは神の事を言ってるのかと思ってた。違ってたんだな。

  Comment by femstora 11 ポイント

  ↑「thou」は単に「君」を別の言い方をしたものにすぎんよ。


Comment by eggn00dles 1 ポイント

自分が今までに聞いたインドについての事とかその精神性の事を勘案すると

インドの歌詞の中に何かしら神性について言及がされてないってのは結構な驚きがあるわ。


Comment by chmasterl 1 ポイント

ブラジルだとうちらは国歌が二曲存在してる。

一曲は帝国の国歌で、もう一曲が共和国の国歌でこれが公式。


Comment by Uckcan 1 ポイント

実際の所インドの国歌も含まれるよ。

 Comment by edbwtf 2 ポイント

 ↑インドの国歌は全能の存在らしきものについての言及はされてるけど、実際には神についての言及じゃないし。

  Comment by Uckcan 1 ポイント

  ↑全くもってその通り。

それは、我らの運命定めし者。
その名は心を呼び覚ます。
パンジャブ、シンジャブ、グジャラート、マラータ、
ドラビダ、ウトカラ、ベンガルの心を。

その名は、ビンディヤとヒマラヤの山々に響き、
ヤムナー川とガンジス川の、
清らかなる流れに混じり合う。

皆がその名だけを唱い賛える。
皆がその恵みだけを祈る。
皆がそれを賛え唱う。

その手の中にある、全ての人々が救われし民。
それは、我らの運命定めし者。
勝利、勝利、勝利。
その汝(インド)に勝利あれ。

インド国歌


Comment by pharmaceus 1 ポイント

ポーランドとアイルランドというヨーロッパでも宗教心の強さじゃ二強の国がその国歌の歌詞に神に対する言及が入ってないのは結構面白いな・・・


Comment by urretarded36 -3 ポイント

アメリカ合衆国の国歌で言及されてるのは神じゃなくて忠誠の誓いについてなんだけど。

この事に誰も気が付いていないってことに驚いた。

 Comment by mrfishsticks[S] 2 ポイント

 ↑入ってる。
 http://en.wikipedia.org/wiki/The_Star-Spangled_Banner#Lyrics

 Comment by pikaquaza3 1 ポイント

 ↑入ってるよ。四番目の歌詞は大半の人が聞いたことないけど。

おお、そしていつまでも、自由な人が立ち塞がりますように。
彼らの愛する家庭と戦争の惨禍の間に。
天国が救いだした土地が勝利と平和で祝福されますように。
我々を一つの国民として作り出し守ってくれた力を讃えよう。
そして我々は勝つに決まっている、我々の大義が正しい時には。
そいてこれが我々の信条だ:”我々は神を信じる。”
そして星の煌めく旗は勝利の中で翻る
自由の土地そして勇者の住む場所の上で。

星条旗


Comment by Gehbstemmer 1 ポイント

イスラエルの「ハティクヴァ」には直接的な神に対する言及はないんだけど、ユダヤ人の魂がシオンやエルサレムに帰るという事は言ってる。

個人的にはこれは地図の中で緑色に入るんじゃないかなと思うわ。

心に秘めて今もなお,
ユダヤの魂が呼んで、
そして東方の岸へ、前[1]へ、
目がシオンを目差している限りある
我々の希望はまだ失わなかった、
2千歳の希望は、
自由なる民として、
シオンとエルサレムに暮らすこと

[1]:古代ヘブライ語で、「東」と意味が同じである。

ハティクヴァ


Comment by ThunderKant 1 ポイント

スレ主がチリの事を半分に切ってるな。


Comment by releasethedogs 1 ポイント

トルクメニスタンじゃ連中は「トルクメンバシ」のことを神だとして考えてるんだけどこれも数に入る?

歌詞は初代大統領であるサパルムラト・ニヤゾフ(テュルクメンバシュ)を称えるものであったが、2006年12月21日にニヤゾフが死去した後の2008年、歌詞の一部の改正が議会により承認された。この改正により、「テュルクメンバシュ」にあたる部分が「人々」に置き換えられた。

独立、中立、トルクメニスタンの国歌


サパルムラト・アタイェヴィッチ・ニヤゾフ(Saparmyrat Atayewic Nyyazow、1940年2月19日 - 2006年12月21日)は、トルクメニスタンの独裁者、ファシスト、政治家、トルクメニスタン初代大統領(前大統領)、トルクメニスタン民主党(DPT)議長。

1993年からは「トルクメン人の長」を意味する「テュルクメンバシュ(Turkmenbaşy)」と名乗り、国内ではサパルムラト・テュルクメンバシュ(Saparmyrat Turkmenbaşy)と称される。

トルクメニスタンの独立・近代化を行ったが、極端な個人崇拝に基づいた独裁的な政治によって、世界で最も権威主義的で抑圧する独裁者として国外で非難された。通称「中央アジアの金正日」。

サパルムラト・ニヤゾフ


Comment by TheRealEineKatze 1 ポイント

アメリカ合衆国の国歌が米英戦争でイギリス軍が砦を砲撃する内容だっていうのは面白いと思った。

1812年に始まった米英戦争のさなかの1814年9月、ボルティモア(メリーランド州)のマクヘンリー砦での事である。フランシス・スコット・キーは、友人である医師を含む捕虜の交換交渉のために英国の軍艦に乗り込んだ。

英国側の司令官は、最終的にはキーもその友人も解放することに同意した。しかし機密保持のため、英国艦隊が砦を砲撃する間、2人は軍艦内で抑留される事となった。激しい夜間砲撃の後、9月14日の夜明けを迎えたキーらは曙光の中で(“by the dawn’s early light”)、砦の上に星条旗(その当時は星15個、縞15本)が聳えるのを目にする。

激しい砲撃にも砦が死守された事に感銘を受けたキーは、直ぐさま「マクヘンリー砦の防衛」という詩の着想を得、持参していた手紙の裏に書き留める。2日後、ボルチモア市街に友人達と無事に戻った16日の夜、インディアン・クイーン・ホテル(Indian Queen Hotel)で推敲し、4節の詩に体裁を整え、複写を作成し、翌17日に周囲に披露した。

星条旗 (国歌)


おお、見ゆるや 夜明けの淡き光を受け(おお、言ってくれ、あの旗をまだ見ることが出来ると)
先の夕暮れ 陽が落ちる時 我等が歓呼したもの
其は太き縞と輝く星条旗を我々は目にした 危き戦の間
城壁の上に見た 勇壮に翻りし 彼の旗/
狼煙の赤き炎立ち 砲音宙に轟く中
耐え抜き 旗は尚其処にあり
おお、星散りばめたる旗は 今猶棚引くか
自由なる大地 勇者の故郷に

星条旗


Comment by wizrares 1 ポイント

これを書き込んでも遅すぎてみんなに気付いてもらえないだろうという事は分かってるけど、ルーマニアの国歌には神に対する言及はされてない。

キリスト教徒の信仰についての言及はされてるけど、神を直接言ってはいない。

これはウィキペディアにある英語の翻訳
http://en.m.wikipedia.org/wiki/Deșteaptă-te,_romane

11
司祭は我らを十字架へ導く、キリシタンは我らの軍勢なり
自由という言葉のもと聖なる地を目指す
戦いで死を遂げることこそが尚良いことなのだ、満ち溢れる栄光と共に
古き土地で再び奴隷となるのに比べれば

目覚めよ、ルーマニア人!


Comment by BZH_JJM 0 ポイント

ラ・マルセイエーズは三番が始まるまで『神』は登場してこないよ。三番は誰も歌わないし。

この地図はちょっとばかり間違ってるような気がするな。というか三番は公式の国歌ではないし。

 Comment by mrfishsticks[S] 1 ポイント

 ↑これは既に何度も言ってるんだけど、その節が普段歌われないからといって国歌の一部じゃないって意味にはならんよ。

3番

何と! 外国の軍勢が
我らの故郷に来て法を定めるだと!
何と! 金目当ての傭兵の集団が
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
おお神よ!(Grand Dieu !) 両手は鎖で縛られ
頚木をはめられた我らが頭を垂れる
下劣なる暴君どもが
我らの運命の支配者になるなどありえない!

ラ・マルセイエーズ


Comment by LordofAllerton 1 ポイント

アフリカのは大英帝国の影響。


Comment by nancyboy 1 ポイント

ポーランド人だけどこのスレを見てから自分の頭の中でポーランドの国歌を歌ってみたけど確かにその通りだ。

歌詞の中に神が入ってないってことに気が付いてびっくりした。

そのうち修正されるのが不安。歌詞は多分少なくともヨハネ・パウロ2世に言及するものになる。

ヨハネ・パウロ2世(羅:Ioannes Paulus PP. II、英:John Paul II、伊:Giovanni Paolo II、波:Jan Paweł II、1920年5月18日 - 2005年4月2日)は、ポーランド出身の第264代ローマ教皇(在位:1978年10月16日 - 2005年4月2日)。

ヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)


Comment by twilliamsb 2 ポイント

アフリカのは大英帝国の全盛期と完全に一致。

v9Jm1


Comment by Sloshyman 62 ポイント

アフリカで国歌に神が入ってる国の大半が大英帝国の一部でもあったというのはなかなか興味深い。

 Comment by Orado 13 ポイント

 ↑これに気が付いたのが自分だけじゃないって分かってホッとした。偶然かどうかは分からなかったけどな!

 Comment by AQUA2 1 ポイント

 ↑それは中々良い着眼点じゃないかって思う。

 エジプトとナイジェリアは例外として、アフリカにある旧大英帝国の植民地はどこも国歌に神が含まれてる感じだ。

 タンザニアなんかはなかなか興味深い・・・あそこは人口の1/3がキリスト教徒で、1/3がイスラム教徒、そして1/3が伝統的宗教。それでも「国歌に神が含まれている」のカテゴリーに入ってる。

 普通に宗教的同一性と一神教であることが「国歌に神が含まれている」のカテゴリーに入る国の要素なのかと思ってた。

宗教は、タンガニーカではキリスト教が30%、イスラム教が35%、伝統的宗教が35%である[4]。ザンジバルではほぼ100%がイスラム教である。

タンザニア


Comment by Coul33t 57 ポイント

フランスの国歌の歌詞には神は入って「いない」から。

実際国歌は「ラ・マルセイエーズ」の一部だけだから神の言及があるとは言えない。

仮に「ラ・マルセイエーズ」全体だと考えたとしてもあれはただ単に「Grand Dieu !」であってこれは宗教とは何の関係もない。

 Comment by Valemount 5 ポイント

 ↑それどこをソースにした?

 憲法には明確に「国歌はラ・マルセイエーズ」とすると書いてるだろ。

  Comment by jbmass 1 ポイント

  ↑99.9%使用されるのは短縮バージョンだろ。さもなきゃ国歌演奏が四分くらいかかる。

   Comment by Valemount 1 ポイント

   ↑それはそうだけどあくまでも利便性のためにであって、他の部分も国歌の一部である事には変わりはないよ。

 Comment by Thamanizer 1 ポイント

 ↑歌詞全体の中に「神」が入っていれば普段歌われる部分かどうかってことに関わりなくカウントしてるみたいだね。

 これと同じことがスウェーデン、ノルウェー、アメリカ合衆国の国歌についても言える。

  Comment by LeCanardfou 2 ポイント

  ↑でも「ラ・マルセイエーズ」に書かれてる「神」ってのは実際には本来の「神」という概念とは全く何の関係もないだろ。

  これは僕が見つけた翻訳(http://www.marseillaise.org/english/english.html

  What! These foreign cohorts!
  They would make laws in our courts!
  What! These mercenary phalanxes
  Would cut down our warrior sons
  Good Lord! By chained hands
  Our brow would yield under the yoke
  The vile despots would have themselves be
  The masters of destiny

何てこと

Good lord!


第2条(共和国の言語、国旗・国歌、標語、原理)

国語はフランス語、国旗は青白赤より構成される三色旗、国歌は「ラ・マルセイエーズ」、標語は「自由・平等・友愛」、原理は「人民の人民による人民のための政治」

フランス共和国憲法


Comment by W00ster 1 ポイント

ああ、他の大半の国と同じようにノルウェーの国歌にも7番に神に対する言及がされてるけどこの部分は歌われたりすることはないよ。

精々歌われるのは最初と最後の節。全部は歌われない!

https://en.wikipedia.org/wiki/Ja,_vi_elsker_dette_landet

我らこの国を愛す(われらこのくにをあいす)またはそうだ!我らはこの国を愛す(-われ-くに-あい、Ja, vi elsker dette landet)はノルウェーの国歌である。

通常は1番、7番、8番が演奏される。


7
家と小屋の中のノルウェー人よ、
あなたの偉大な神に感謝せよ!
神は国を保護する事を願っていたが、
暗い時代もあった
父達が戦い
母達が泣いていた間、
私達の神は道を静かに開いた
私達が私達の正義を勝ち取るように

我らこの国を愛す


Comment by MonsieurMeursault 1 ポイント

マダガスカルの国歌には神性なものへの言及がされてるけどこれが聖書からのものかどうかははっきりとは分からない。

我が愛しき祖国
正大なるマダガスカル
我が愛、決して朽ちず
永遠にあり

主よ、祝福を
父のこの島に
繁栄す幸福を
我等のために

主よ、祝福を
父のこの島に
繁栄す幸福を
我等のために

マダガスカル共和国国歌『愛しき祖国』


Comment by lastamaranth 1 ポイント

アメリカ合衆国の国歌には神や高次の存在に対する言及は含まれてない

あれは忠誠の誓い。

 Comment by The_camperdave 2 ポイント

 ↑アメリカ合衆国の国歌には神の言及されてるよ。

 四つの節で基本的に最初の節しか歌われてないってことに気が付いてる?


Comment by squngy 1 ポイント

スロベニアの国歌は悪魔の言及ならあるけど神の言及はない(一部の翻訳では『万歳(long live)』が『神の祝福があらんことを(god bless)』になってる)

ただ国歌の元になった曲の他の部分では神への言及もある(公式の国歌はその曲の一部だけ)

Žive naj vsi narodi
ki hrepene dočakat' dan,
da koder sonce hodi,
prepir iz sveta bo pregnan,
da rojak
prost bo vsak,
ne vrag, le sosed bo mejak!

Long live all nations(全ての国に万歳)
who long to see the day,(その日を待ち続ける人)
that everywhere the sun goes,(全ての場所に太陽が輝き)
strife would be driven away,(争いは消え去り)
that every brother(全ての兄弟が(これは中性的な意味で。意味としては同郷の人に近い))
free shall be,(自由に)
not devil, but neighbor at boarder be!(寄り添うのはもはや悪魔ではなく隣人で!)

自分が出来る限り原文の直訳になるように訳してみた。


Comment by hiragar 4 ポイント

実際にコロンビアの歌詞には「recuerda las palabras, del que murio en la cruz」っていう部分がある

これは「十字架にかけられてなくなった人物の言葉を胸に」って意味でまさにイエス・キリスト、別の言い方をすると神の事を言ってる。


Comment by rishinator 4 ポイント

バングラデシュが主要なイスラム教国なのに国歌の中で神や預言者について触れられていないことにはバングラデシュの国歌はイスラム教徒じゃなくて「ラビンドラナート・タゴール」が書いたからという事も理由に付け加えたいね。これはインドの国歌を書いた人物と同じ

他に興味深いものとしてはインドの国歌は分裂前に書かれたものだから現在はパキスタンになってる「シンド州」の事なんかも出てくる。

 Comment by philosyche 3 ポイント

 ↑あー、これ昔から気になってた。

 なんで俺たちは今はもううちの国ではない場所についても歌ってるんだ?ってさ。

 それだからどうってわけじゃなくて単に興味本位で。

サー・ラビーンドラナート・タゴール(英語:Sir Rabindranath Tagore、ベンガル語:ロビンドロナート・タクゥル রবীন্দ্রনাথ ঠাকুর、ヒンディー語:ラビーンドラナート・タークゥル रवीन्द्रनाथ ठाकुर(टगोर)、1861年5月7日 - 1941年8月7日)は、インドの詩人 、思想家である。詩聖(グゥルゥデーウ गुरुदेव)として非常な尊敬を集めている。

インド国歌及びバングラデシュ国歌の作詞・作曲者で、タゴール国際大学の設立者でもある。

426px-Rabindranath_Tagore

ラビンドラナート・タゴール


Comment by Thorhallur_Bjornsson 3 ポイント

俺はアイスランドの国歌は大嫌い。うちの国の国歌にするには最悪すぎる。

この曲は如何に神が素晴らしくて強大か、如何に人間は矮小で弱い存在か。そして我々は神を称える小さな花でそれから死亡するってだけの内容。これだけ。

これがアイスランドの国歌なんだもんな。

俺としてはアイスランドの国歌は「Island er land titt」「Island farsalda fron」「Island ogrum skorid」にするべきだよ。

現在の国歌である「Lofsongur(俺たちが小さな花のやつ)」はただのクソみたいな讃美歌。


Island er land titt - Fjallabra...


05 Island, Farsalda Fron


Haskolakorinn - Island ogrum ...

 Comment by Gavekort 2 ポイント

 ↑冗談だろ?アイスランドの国歌はお気に入りの国歌の一つなのに。

 
 Icelandic National Anthem - "Lofs...

賛美歌(アイスランド語: Lofsongur)は、アイスランドの国歌。

一般的には1番のみ歌われるが、学校で教える事が無い為に多くのアイスランド国民は歌うことが出来ないという。宗教的な歌詞のため批判されることもある。

賛美歌 (国歌)

 
Comment by iTM3 3 ポイント

ついに宗教関係の話題でポーランドが入ってないものが出てきたか。


Comment by chinchulancha 2 ポイント

アルゼンチンの国歌では神について触れられてないけど憲法には言及がある。


Comment by jdmiller82 2 ポイント

ウルグアイで育って学校で何度も国歌を歌ったけどウルグアイの国歌はかなり好きだわ。

神についての言及はないけど内容が実に愛国的。

「Libertad o con gloria morir!」

一部手を加えて英語に翻訳したらここアメリカ合衆国の国歌でもいけるんじゃないかと思う。

「自由を、自由を、東方人(オリエンタレース)よ!」
それは我らが祖国を救いし雄たけびよ
それは激しき戦いの場で燃え上がる、気高き熱意の激励よ
「自由を、自由を、東方人(オリエンタレース)よ!」
それは我らが祖国を救いたまいし雄たけびよ
それは激しき戦いの場で燃え上がる、気高き熱意の激励よ
この栄光ある神聖な、神からの賜物たる我らは、暴君に引けを取らない!‐戦慄するがいい!
暴君よ戦慄するがいい!
暴君よ戦慄するがいい!あぁ!
我らが戦いの場で、死にながら叫ぶであろうものは「自由」!我らが叫ぼうとするのも「自由」!
我らが戦いの場で、死にながら叫ぶであろうものは「自由」!我らが叫ぼうとするのも「自由」!
我らが死にながらも、叫ぼうとするのは「自由」!
我らが叫ぼうとするのは「自由」!
我らが叫ぼうとするのは「自由」!

ウルグアイの国歌


Comment by Eyebrow_tank 2 ポイント

ラトビアの国歌は文字通り「ラトビアに神の祝福があらんことを」って呼ばれてる。

ラトビアに幸いあれ(ラトビア語:Dievs, svētī Latviju!)はラトビアの国歌。作詞・作曲はKārlis Baumanis(Baumaņu Kārlis、1834年-1904年)による。

ラトビアに幸いあれ


Comment by Roll9ers 2 ポイント

イギリスや他のヨーロッパ諸国の国歌の中に神に対する言及がされててホッとした。

このおかげで少なくともこのスレの中じゃ連中のいかに自分たちの方が優れてるかなんて書き込みを見ないで済むからな。


Comment by the-ace 2 ポイント

名称自体が「The Jewish State」な極めて宗教的な国家であるイスラエルの国歌に神に対する言及がされてないのは興味深いな。

※「Jewish」には「ユダヤ教の」や「ユダヤ人の」といった意味があります。

 Comment by Dreamerlax 2 ポイント

 ↑そりゃ「Jewish」って単語にはとある人種の集団という意味もあるからな。

 だから「ユダヤ人の無神論者/ユダヤ教の無神論者(Jewish Atheists)」なんてのもあるんだろ。

 Comment by Fredster94 1 ポイント

 ↑イスラエルは宗教国家じゃないんだけど。


Comment by kholto 170 ポイント

デンマークの国歌には女神(フレイア)について言及されてるんだけどこれも数に入るのかな?

 Comment by Tjomme94 118 ポイント

 ↑それはまた実にヴァイキングなことで。

 Comment by kaspar42 71 ポイント

 ↑実際にはデンマークには国歌が二曲存在してる。

 一方の曲には女神の言及があって、もう一方は沈むスウェーデン海軍についての曲

 http://en.wikipedia.org/wiki/Kong_Christian_stod_ved_h%C3%B8jen_mast

  Comment by Sharradan 15 ポイント

  ↑もう一方の曲は国王の国歌として知られてる。

  Comment by FiskeFinne 1 ポイント

  ↑船が沈んでるってだけじゃなくて、スウェーデン兵の頭部を叩き潰して、恐怖の叫び声を上げさせ、逃げまどい死ぬところを見るって内容。

  これ現代だったら国歌とはみなされないよな・・・

1.
麗しき国がある
磯の香り満つ東(バルト海)の岸辺に
ブナの木が誇らしげに枝を広げる
丘や谷に風が優しく吹き降りる
古(いにしえ)の人々はデンマークと呼んだ
女神フレイアが住まうところ

麗しき国


「クリスチャン王は高き帆柱の傍に立ちて」(デンマーク語: Kong Christian stod ved hojen Mast)はデンマークの王室歌。

「麗しき国」と共に市民用国歌の一つでもある。

デンマークの国運を左右し、最終的には、自らの命運に殉じた17世紀の“悲劇”の国王クリスチャン4世を褒め称えて創作された。

クリスチャン王は高き帆柱の傍に立ちて

※「クリスチャン王は高き帆柱の傍に立ちて」はトルステンソン戦争での「コルバーハイドの海戦」を下敷きにしたものだと記載されていました。

トルステンソン戦争(トルステンソンせんそう、Torstenson-krigen)は、1643年から1645年にかけて行われたスウェーデンとデンマークとの戦争である。

1644年9月にフランス王国とオランダが調停に乗り出し、翌1645年2月にブレムセブルー条約(ブロムセブロー条約)が結ばれた。結果はデンマークのスウェーデンによる屈服であった。デンマークはこれを境に大国から転落していった。

トルステンソン戦争


Comment by SerArthur 2 ポイント

自分の国の国歌の歌詞も知らないバカが集まってるスレ。


Comment by Inkshooter 0 ポイント

「いやいや、うちの国の国歌には神に対する言及とか存在しないから!うちの国は君の国よりも世俗的だし!」

このスレに書き込まれてるコメント全部がこれ。


Comment by Castillion 3 ポイント

スイスの国歌は全ての節で四か国語全てで神について言及されてる。

うちの国の国歌はほんと嫌いだわ。

だってこれはスイスの正統性が云々ってものじゃなくて讃美歌のようなものだし。

文字通り「神は日々ここにおられる、スイスは神を称えよ」って内容

国歌ならスイスの伝統や美しい自然(今の国歌でも描かれているとしても)、スイスの精巧な工芸品や人々、スイスの(歴史的な)中立姿勢を謳った国歌の方が良いわ・・・

とにかくスイスって分かるものが入ってる国歌が:-(

空が朝焼けに染まり
我等の頭上に陽光降り注ぐ
主の御姿そこに在らん
アルプスの山々 光り輝くとき
主への祈りを捧げ 汝にひれ伏さん
我等は悟り 理解するのだ
この国は主と共にあることを

スイス国歌


Comment by comodin 6 ポイント

エクアドルの国歌でも神について触れられてる

「...dios miro y acepto el holocausto...」

これは英語に翻訳すると「神はそれを見てそのホロコーストに賛意を示した」(これはユダヤ人のホロコーストの事ではない)

万歳、おお祖国よ、1000回!
おお祖国よ、君に栄光を、君に栄光を!
すでに君の胸、君の胸は
喜びと平和で溢れている、すでに君の胸は溢れている;
そして君の額、光を放つ君の額が
太陽よりも光るのを私たちは見つめる。

壮大なピチンチャ山が飾る
土地の息子たち、最初の人たちは、
君を女主人として常に喝采した、
そして彼らの血を君のために流した。
神は見て犠牲を受け入れた、
そしてその血は仰天する世界が
君のまわりに何千人も出現するのを見た
他の英雄たちの多産な芽だった。

‘Salve, O Patria’ 「万歳、おお祖国よ」   (エクアドル共和国国歌)


Comment by dinosawrsareawesome 2 ポイント

スコットランドの国歌には神に対する言及はされてない。

入ってるのは「神よ女王を護り賜え」の名称の中だけでこれはここじゃ歌われたりしない。

 Comment by kazcovic 23 ポイント

 ↑つい最近スコットランドはイギリスに留まり続けるって選択をしたんじゃなかったっけ?

  Comment by dinosawrsareawesome 6 ポイント

  ↑スコットランドで誰かに国歌は何かって聞いたら誰も「神よ女王を護り賜え」とは答えんよ。

   Comment by TehBuddha 8 ポイント

   ↑どう考えても「スコットランドの花」の方がずっと良い。

   Comment by EpicFlyingCat 1 ポイント

   ↑UKの国歌は何かって聞いたら「神よ女王を護り賜え」だと答えるでしょ。スコットランドも含まれてるってことだよねこれ。

  Comment by kingofeggsandwiches 3 ポイント

  ↑そうだけど、他の世界はUKを一つの国だと考えてるけどうちらは一人の君主の下に連合する四つの国。だから自分たちのスポーツチームも存在してるでしょ。

  イングランド:「神よ女王を護り賜え」「エルサレム」
  スコットランド:「スコットランドの花」
  ウェールズ:「我が父祖の土地
  北アイルランド:「ロンドンデリーの歌」「アイルランズ・コール」「兵士の歌」

   Comment by _doctorgonzo_ 2 ポイント

   ↑北アイルランドで「ロンドンデリーの歌」のことを自分たちの国歌というか疑問だな。

   多分連中は「兵士の歌」もしくは「神よ女王を護り賜え」の二者択一だと思う。

 Comment by AleixASV 4 ポイント

 ↑カタルーニャのも違うけど僕はそんな細かいところまではやってないだろうなと思ってた。

 「収穫人たち(els segadors)」が州歌だけどかなりいよ。正直言って多分自分のお気に入り。

 
 Catalonia National Anthem (english...


Comment by Daario1 7 ポイント

ISISの事は嫌ってるけど連中の国歌はマジで格好良い。


ISIS國歌:烏瑪,曙光已經出現 ISIS ...

 Comment by Milkgunner 2 ポイント

 ↑ISISの国歌は「Kenny Loggins」の「Danger Zone」だとばかり思ってた。少なくとも何人かに聞いたらそう答えるはず。

 Comment by ChrilleMeister 1 ポイント

 ↑ああ、ISISは心底嫌いだけどこれは結構良い。

 Comment by PTFOholland 3 ポイント

 ↑これって著作権で保護されてたりするのかね?

 誰かがこれをYouTubeで利用したりしたら著作権料がISISに流れたりみたいな?


Comment by evan_carter 0 ポイント

アメリカ合衆国の国歌に神に対する言及がされているかといわれたら細かい事を言えば入ってるっていうのが正しいのは確かにそう。

6節の中に神に対する言及は入ってる。でもアメリカ人として言うとこの事は今日初めて知った。

 Comment by houad 0 ポイント

 ↑それと同じことがこの中の国の半分近くについて言えるよ。


Comment by MartialCanterel 45 ポイント

スペインの国歌はそもそも歌詞が存在しない。

国王行進曲(こくおうこうしんきょく、スペイン語: Marcha Real)は、スペインの国歌および王室歌。音訳はマルチャ・レアル。歌詞の無い国歌の一つ。

現在においても歌詞をつける動きがあるが、スペインの社会に人気がないからその歌詞が実現に至っていない。

スペインオリンピック協会が募集した約7000件の歌詞を元に、2008年1月に新たな案が発表されたが、スペイン万歳という言葉が含まれていたために左派から猛反発を受け、結局採用されていない。

国王行進曲




キャプチャ

3f548ffa
フランス「フランス万歳!」
スペイン「スペイン万歳!」
アメリカ「アメリカ万歳!」
ドイツ「ドイツ万歳」
【速報】ドイツが右翼化


<お知らせ>
「暇は無味無臭の劇薬」の同人誌が完成しました。




<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
2016年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:06  ID:HzC34tDq0 このコメントへ返信
    >Comment by sgtpepper196667 233 ポイント
    >スウェーデンの国家には神についての言及は一切ない。元の内容は
    <歌 家
    2. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:11  ID:hWXNLJ0V0 このコメントへ返信
    神奈川県の歌には意図せずして紛れ込んでいる
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:12  ID:1lq44dBU0 このコメントへ返信
               |
                |  彡⌒ミ
               \ (´・ω・`)また髪の話してる
                 (|   |)::::
                  (γ /:::::::
                   し \:::
                      \
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:13  ID:B49cReZ20 このコメントへ返信
    君が代は短くて良かった。
    常に略されてて自国民でも歌詞がわからない国家は不便だ。
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:19  ID:VvO0Gda60 このコメントへ返信
    神だの自由だの戦いだの、よその国の歌詞は血気盛んだな。
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:19  ID:AxYhw3e30 このコメントへ返信
    神って最初に罪を考え出したり元カノのところに今カノつれて説得にいったりろくでもないやつだよな
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:20  ID:fGbBvCoV0 このコメントへ返信
    現人神はカウントしてくれないんですね
    8. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:21  ID:hVdw5YCq0 このコメントへ返信
    ※3
    剃っているだけだ!!
    ttp://drazuli.com/upimg/file4809.jpg
    9. んん   2014年12月02日 12:21  ID:XLHFOwoaO このコメントへ返信
    りんちゃんよ、
    私の下半身をもって現人神の奇跡をご披露しよう(ヌギヌギ
    いざ!
    10. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:23  ID:7S2vKxBb0 このコメントへ返信
    俺たちの神の他は神じゃないという
    3大邪教の意図が透けて見えるね
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:25  ID:BHEZgi400 このコメントへ返信
    ドイツが右翼化・・・・

    これと同じことを言われている国がいるんだけど・・・・

    どこの国だったけ・・・・ 

    特徴のある国だったような・・・・
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:27  ID:gGrO4gwT0 このコメントへ返信
    君と天皇とみなせば、天皇は日本神話やその神々と明確につながるので、ある意味君が代は神に言及されてる。
    13. 名無し   2014年12月02日 12:27  ID:vo7XR3Kn0 このコメントへ返信
    一方日本は恋歌を国歌にした
    14.    2014年12月02日 12:32  ID:hjecKO490 このコメントへ返信
    韓国の国歌にも神は入ってるのか。

    「神はすべての文化の起源を我らに賜う、文化そのものは貰えない」って感じかしらん。
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:32  ID:d0EM3DKe0 このコメントへ返信
    日本の場合はあまりにも溶け込みすぎてるから、あえて書き込むまでも無い気がする。
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:33  ID:EG6X26Ci0 このコメントへ返信
    最後のコミックは日本も他人事じゃねー
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:35  ID:EsLTwv.v0 このコメントへ返信
    ※12
    「君が代」が読まれた頃に天皇のことを「君」なんて言ったら不敬になると思う。
    18. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:41  ID:6kJLFmND0 このコメントへ返信
    君が代の『君』が何を意味するか諸説あるらしいけど、現代では天皇陛下ってのが一番しっくりくるよね
    別に決め付ける必要もないし、自由に解釈できる今のままでいいけど


    ●ついでに分かった豆知識
    歌詞のさざれ石は小石の意味らしく、それが巌(巨石)になるわけがない、思っちゃうけど
    溶けた石灰で小石同士がくっついて大きな岩になることもある
    その岩もさざれ石と呼ぶけど、専門的には石灰質角礫岩というらしい

    ↓苔むしたさざれ石

    ttp://drazuli.com/upimg/file4811.JPG
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:46  ID:wzjXZO1y0 このコメントへ返信
    ※18
    国産みの神話を見ても、日本人はどうやら雫やら小石やらといった小さなものが集積して凝固するという世界創世のイメージが通底してるっぽいよね
    20. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:51  ID:1rg3dc170 このコメントへ返信
    スペイン万歳の掛け声は、歴史的に変わってきた経緯があるそうな。

    もとは、スペインで万歳をいうときの掛け声は、聖マリア万歳 だったのが、国王陛下万歳 になり、最後に、スペイン万歳 になった。

    宗教的権威→君主→国家 となっており、まさしく近代化という感じがする。
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:52  ID:ULBTHB0E0 このコメントへ返信
    スペイン人がスペイン万歳って言ってもいいじゃん?
    22. 管理人です   2014年12月02日 12:53  ID:tqCCgMHK0 このコメントへ返信
    皆さんコメントありがとうございます

    >>1さん

    誤字のご指摘ありがとうございます
    早速記事を修正いたします。
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:54  ID:Mr.L9PGM0 このコメントへ返信
    韓国が赤いので調べてみたらこんな歌詞なのね(以下wikipediaより引用)

    1番東海が乾き果て、白頭山が磨り減る時まで(=永遠にありえないことのたとえ)神のお護りくださる我が国、万歳(=万年永久に)
    コーラス(無窮花(=韓国の国花)、三千里(3,000朝鮮里=朝鮮半島の北から南までの長さ=韓国全土という意味)、華麗な山河、大韓びと(韓国人)よ、大韓をとわに保全せよ(韓国を永遠に守ろう)。)

    なお作曲者は親日家(天皇礼賛発言を繰り返した)だそうで、しかも割と最近の人物のため2005年まで著作権でモメていたという
    まーあちらさんらしいっちゃーらしい、そんな話
    24. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:54  ID:x5AeXme50 このコメントへ返信
    自国の雄大な自然を称える、ってのは自然崇拝とも言えるような
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 12:57  ID:LW5qvOt70 このコメントへ返信
    韓国国歌に神って言葉が使われていることがちょっと意外だった(子並感)
    聞いてみたけど、意外と物静かやね。激しい感じの想像してた
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:05  ID:H12dczu30 このコメントへ返信
    米11
    次の「中国+朝鮮 VS その他全世界大戦」
    の戦争では勝ち馬に乗ろうぜ。
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:09  ID:MKLAEqiD0 このコメントへ返信
    ※17
    「君」という言葉が最上敬語だった時代もあったんですけどねえ。
    「貴様」という言葉が敬語だった時代もある。「キミィ、ちょっとききたまえ」みたいな使い方のほうがむしろ最近でして。
    君が代の成立年代ってかなり異論ありますが、かなり敬った使い方をしてた時代ではないかって言われてますよ
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:13  ID:iBLCN9qS0 このコメントへ返信
    日本も該当するよな
    これでいいのに、都合よく「君」の解釈を変えようなんて歴史の否定で気味が悪いわ
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:19  ID:.7nlkoZA0 このコメントへ返信
    ※19
    その辺の意識は「和を以て貴しとなす」に通じているんだろうね
    現代でいえばスイミーとか「オラに元気をわけてくれ」に通じるかなw
    「小さいものも集まれば大となる」ってのは日本の思想の到達点かもしれない
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:22  ID:bwmqFdMW0 このコメントへ返信
    神をたたえるよりも自分たちの国自体をたたえる国歌がほしいというコメントに共感。
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:22  ID:bAhJynZG0 このコメントへ返信
    ※17
    海ゆかばって歌知ってる?「大君の辺にこそ死なめ」って意味分かる?
    まあ、わかんねえだろうなwごめんねw
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:29  ID:bwmqFdMW0 このコメントへ返信
    ・「君が代」の「君」は天皇のことを指すのか
    ・天皇を指す場合、天皇は神とカウントしていいのか

    外国の人の考え方による議論が出てくることを期待していたんだけどなあ
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:37  ID:v5FST9pW0 このコメントへ返信
    仏教が強い国は歌詞に神が入ってないみたいだけど、
    典型的な仏教国のカンボジアだけ神が入ってて気になるな。
    あそこ上座部仏教だったよね。
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:42  ID:v5FST9pW0 このコメントへ返信
    ※28
    同じ文章なのに都合により文章をこねくり回して解釈がコロッと変わったり、
    読み方が変わるあたりは実に日本らしい歌詞ともいえるw
    35. 無味無臭なアノニマス   2014年12月02日 13:42  ID:KN4fYj.t0 このコメントへ返信
    天皇陛下の事を大君と言ったりしてなかったっけ?
    だから君=天皇でも違和感は無いかな。

    なんにせよ、そんな遠回しだったりややこしい東の果ての国歌に欧米各国はそこまで興味が無かったみたいだね
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:45  ID:c3xpwB8e0 このコメントへ返信
    ※32
    君が代の歌詞ってそこまで知られてるものなの?
    そんな期待をしている人が居ることに驚いた
    37. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:57  ID:H05vtk7c0 このコメントへ返信
    午後の自由研究:都道府県歌に神が入ってる都道府県
    (各都道府県が定めているものor県民手帳に記載されている・いたものとする。愛唱歌とかは無視。宮城秋田は順列をつけず二つ制定している)

    沖縄:沖縄県民の歌:なし 鹿児島:鹿児島県民の歌:なし
    宮崎:宮崎県民歌:なし 大分:大分県行進曲:あり(*1)
    熊本:熊本県民の歌:なし 長崎:南の風:なし
    佐賀:佐賀県民の歌:なし 福岡:希望の光:なし
    高知:高知県民の歌:あり(*2) 愛媛:愛媛の歌:なし
    香川:香川県民歌:なし 徳島:徳島県民の歌:なし
    山口:山口県民の歌:なし 広島:未制定
    岡山:岡山県の歌:?(*3) 島根:薄紫の山脈:なし
    和歌山:和歌山県民歌:なし 奈良:奈良県民の歌:なし
    兵庫:未制定(*4)大阪:未制定
    京都:京都府の歌:なし 滋賀:滋賀県民の歌:なし
    三重:三重県民歌:なし 愛知: われらが愛知:なし
    静岡:静岡県歌:なし 岐阜:岐阜県民の歌:なし
    長野:信濃の国:なし(*5) 山梨:山梨県の歌:なし
    福井:福井県民歌:なし 福井:石川県民の歌:なし
    富山:富山県民の歌:なし 新潟:新潟県民歌:なし
    神奈川:光あらたに:なし 東京:東京都歌:なし
    千葉:千葉県民歌:なし  埼玉:埼玉県歌:なし
    群馬:群馬県の歌:なし  栃木:県民の歌:なし
    茨城:茨城県民の歌:なし 福島:福島県県民の歌:なし
    山形:最上川:なし(*6) 秋田:秋田県民歌:あり(*7)
    秋田:県民の歌:なし 宮城:輝く郷土:なし
    宮城:宮城縣民歌:なし(*8) 岩手:岩手県民の歌:なし
    青森:青森県賛歌:なし 北海道:北海道民のうた:なし(*9)
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 13:59  ID:H05vtk7c0 このコメントへ返信
    *1:非公式だが昔県民手帳に記載があった。ただし今は無いので「未制定」として扱うのが正しいかも
    *2:古事記に出てくる「建依別」が四国を指す別称として出てくる
    *3:歌詞は県民手帳にのみ掲載。合唱動画なども無く、確認不能。ネット社会の敗北
    *4:過去に制定しているし廃止もしていないが、県庁は制定したことを否定している
    *5:「大和武」が出てくるけど、なしで
    *6:昭和天皇謹製。日本で一番短い県歌
    *7:「『神』秘」の語が出てくるので一応ありで。特に雄大な歌詞で個人的お気に入り
    *8:神は出てこないけど「鵬翼は萬里を翔る」とかファンタジー感があってカッコいいと思った(どうでもいい情報)
    *9:「光あふれて」「むかしのむかし」「北海ばやし」の三曲統合

    まとめ
    ・思ったより少ない。ほとんどが戦後しばらくぐらいに制定しているので「神」を意図的に避けている気もする
    ・「生産」「建設」「平和」「文化」といった語が多いのは戦後復興を称えるものだろう。ものによっては「新憲法」というのも出てくる
    ・正直に言えば上の四語を使用した曲が多くて似たり寄ったりでつまらないのが多い
    ・確認できるものの中で、現在公式に、明確に「神様」に言及しているのは、名前だけとはいえ香川県のみと言える

    おわり
    39. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:08  ID:mRqVJh8C0 このコメントへ返信
    古き自由な北の国ってのかっけー
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:11  ID:pkMt04VC0 このコメントへ返信
    ※38
    あなたのデータを見た限り香川じゃなくて高知じゃないか?
    そして香川に十数年はいたのに一度も県民歌を聞いたことがなかったという事実に驚愕。
    岡山放送のOH体操はそらで歌えるのに・・・
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:14  ID:gEDCGorC0 このコメントへ返信
    君が代の解釈で毎回「古文ってややこしやー」ってなるよねー
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:15  ID:4ZDbHUwG0 このコメントへ返信
    ※40
    香川じゃなくて高知でした。ごめんなさい

    あと昭和天皇謹製->昭和天皇御製が正しい
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:20  ID:vn.icJHm0 このコメントへ返信
    君が代の解釈はどうでもいいんだけど天皇というのが一番しっくりくるな
    それとは別に日本は天皇を象徴とする立憲君主制で内閣総理大臣の指名も天皇がやる
    今でも君が天皇で何も問題ない

    ただ君が代は歌にくいし歌って面白いものじゃないのが残念
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:25  ID:4iOFucU70 このコメントへ返信
    ※11
    スウェーデンのことだな!
    45. 名無し   2014年12月02日 14:30  ID:kXl3pTkT0 このコメントへ返信
    >アフリカで国歌に神が入ってる国の大半が大英帝国の一部でもあったというのはなかなか興味深い。

    ほんとだ。見事にアフリカが縦断されてる。
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:34  ID:s8cHFB.f0 このコメントへ返信
    君が代は国家、国体が長く続くように歌っているけど
    この中での時間というものの表現の仕方がすごくいい
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:37  ID:4iOFucU70 このコメントへ返信
    ※23
    知らなかったけど良い歌詞だな
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:40  ID:yeVOY.wv0 このコメントへ返信
    君、が最上級の呼び方ってーのは
    ハリーポッターでよく闇の魔法使いが例のあの人の事
    我が君、って呼んでるじゃない
    あれだよあれ
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:53  ID:l5dcARem0 このコメントへ返信
    ※43
    大事なことなので正確に。
    内閣総理大臣は、国会が指名し天皇が任命する。
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 14:54  ID:l5dcARem0 このコメントへ返信
    他の国の国歌でも「君」が何を意味するか、議論になっているらしい。
    51. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 15:10  ID:Mr.L9PGM0 このコメントへ返信
    ※50
    日本人でもあまりはっきりしてないのにね
    はっきりしないのがむしろ日本的なのかもしれないけど
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 15:11  ID:JAqkCCJN0 このコメントへ返信
    ※35
    大君は少なくとも江戸時代における征夷大将軍の外交名称の事
    元々は、征夷大将軍って、東国の蛮族を討伐するための軍政の最高指揮官って役職でしかないし

    それが、日本の中央政府を構築してて、外交も担当しているなんて、外国にどー説明すんだよ。

    だから、外交上は将軍じゃなくて「大君」と名乗った。天皇陛下の事じゃない。
    これでも元寇直前までは将軍と幕府は外交にはノータッチだったんだけどね
    53. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 15:11  ID:4IK.1nKS0 このコメントへ返信
    こうして他国の国歌みてると『君が代』で騒いでる教師やブサヨが滑稽に見える
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 15:13  ID:Yc5HHubb0 このコメントへ返信
    ※23
    その神って何を指すんだ?
    神話的なもの?
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 15:25  ID:4ZDbHUwG0 このコメントへ返信
    ※27
    少なくとも初出とされる古今和歌集においては「君」の使い方は多様で
    最上敬語を意味する、とは言えない

    例えば
    「君がため 春の野にいでて 若菜つむ 我が衣手に 雪は降りつつ」
    「君ならで 誰にか見せむ 梅の花 色をも香かをも 知る人ぞ知る」
    なんかは「この物を送るあなた」という意味しかないし(そもそも上に至っては光孝天皇本人のものだし)
    恋歌なんかでは「(私の好きな)あなた」ぐらいの意味で頻出するし

    君が代の原点と同じ賀歌だと
    「かくしつつ とにもかくにも ながらへて 君が八千代に あふよしもがな」
    なんかも光孝天皇が祝いの席で送った歌だし、敬意はあるだろうけど=最上敬語ではないね

    編纂意図から見ると古今和歌集の賀歌は長寿祝いの歌で固められていて
    ここで指す「君」は祝われている長寿の人を指すだろうってことは普通に読める

    まあ「元は祝いの席の中心にいる人を指していたけど、国歌採用時に明確に天皇を指すようになった」あたりが落としどころじゃないかな

    ちなみに、明治、昭和初期ぐらいの和歌でも、君は天皇だけじゃなくて「あなた」「目上のあの人」ぐらいの意味として使われてるよ(現代に近いんだから当たり前のような気がするけど)
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 15:49  ID:.azVDISO0 このコメントへ返信
    君が代は
    一万年と二千年前から愛してる~
    みたいな解釈だった。
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 15:51  ID:89jrGedD0 このコメントへ返信
    結婚の始まり。ウビチニは、ももひなき(天皇)・ももひなみ(皇后)。いさなき(天皇)・いさなみ(皇后)。つまり木と実。男がき、女がみ。これがしっくりくる。イモ(女)・オセ(男)(伊勢)、ウビ(男)・スビ。キネ・ウスもそのような意味かと。キネは名前に多く使われている。
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 16:02  ID:T2q9fvc60 このコメントへ返信
    とりあえず君が代は前奏を入れるかどうか一度考え直すべき
    あのトラップ、そろそろ統一してくれ
    59.    2014年12月02日 16:06  ID:lM8YWsQv0 このコメントへ返信
    とりあえず君を辞書で引けよめんどくせえな
    60. やまちゃん   2014年12月02日 16:18  ID:N82vcrbWO このコメントへ返信
    君が天皇でもって宇多田ヒカルが歌う君でもどっちでもロマンチックでいいんじゃない?
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 16:23  ID:eMU.s5hm0 このコメントへ返信
    ※17
    君主って言葉もあるわけで。
    62.    2014年12月02日 16:27  ID:nBZjEGnEO このコメントへ返信
    答えがでる訳がないんだからどうでもいいよ
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 16:55  ID:SUtwqI210 このコメントへ返信
    君が代の「君」は英訳だとストレートに「Lord」だから
    英訳で知った人は王様万歳系の歌詞だと解釈するんだろね。
    64. すをみ   2014年12月02日 17:10  ID:VPOEpe8q0 このコメントへ返信
    ※30
    日本の場合は、国自体が神様のかたまりみたいなものですしお寿司。
    65. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 17:17  ID:MKLAEqiD0 このコメントへ返信
    ※55
    時代によって意味は遷り変わるって言いたかっただけなんですけど。
    「あなた」だって元々はあちらの方向という意味でしかなくて
    ぼやっとした言い方が相手を敬うのに適してるから二人称として使われるようになって

    …っていうか、日本語ってもともと敬語がすぎると罵倒語になったり、敬語が時代とともに敬意が薄れていって普通に使われるようになってさらにその上の敬語ができてって具合に進化してるんですよねえ。だから「君」の敬意が時代とともに薄れたからその上の「殿」とか「閣下」とか「あなた」とかそういうのができたりなんだりした。「君」が敬語だった時代だと敬意が薄いバージョンはたぶん「汝(なれ・な)」あたりじゃないですか?
    新古今も古今もその時代よりだいぶ下ってますから敬意がすでに薄れてるんです。
    66. 富嶽   2014年12月02日 17:26  ID:aR3BwLrS0 このコメントへ返信
    チェンバレンという人が英訳した君が代


    汝の治世が幸せな数千年であるように

    われらが主よ、治めつづけたまえ、今は小石であるものが

    時代を経て、あつまりて大いなる岩となり

    神さびたその側面に苔が生える日まで
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 17:43  ID:.m7deA..0 このコメントへ返信
    天皇を指してるんだったら「大君」じゃないとおかしいんじゃない
    どちらにせよこんなに美しい詩がプロパガンダに利用されてんのは本当に残念
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 18:03  ID:4ZDbHUwG0 このコメントへ返信
    ※65
    そりゃそれ以前は汝とか妹とか兄かなとは思うけど
    現状確認されてる初出の時点の話をすれば「最上敬語」ではなく
    それ以前を説明する根拠が無いのであれば「かなり敬った意味」ではなかったと言えるでしょう

    例えば汝がよく使われる万葉集の時代でも
    天皇を指す「君」も恋人を指す「君」も同時に見つけることができるし
    どこの時代の資料を見て、昔は高かった敬意が古今集の頃には落ちていた、といっているのかが分からない

    個人的には古事記の
    「赤玉は緒さへ光れど白玉の君が装ひし貴くありけり」
    「奥つ鳥鴨著く島に我が率寝し妹は忘れじ世のことごとに」
    とか
    「ちはや人宇治の渡に(略)本方は君を思ひ出 末方は妹を思ひ出 苛けく(略)」
    を見るに兄<->妹のように君<->妹っていう語の関係にあったんじゃないかと思ってる(独自研究)
    これらの君はどちらも天皇関係に使われていると言われればそうなんだけど、そもそも古事記は天皇家の話だし・・・
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 18:40  ID:RgjuXM4y0 このコメントへ返信
    天皇のことを大和言葉では「おおきみ」とよんだからね。
    漢字をあてると「大王」だが、これは大陸の王と日本の天皇がまったく同じ概念で
    あったとはいえないから、似た概念の言葉をあてたときに大王という漢字を用いたのだろう。
    おおきみ、の「きみ」は「あなた」であり、「大いなるあなた」で「おおきみ」。
    特別な存在の「普遍的な特別性」をあらわすときに、「普遍的な二人称代名詞」を
    あえて使うことで表現するのは、さまざまな国でしばしばみられる手法だ。
    70. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 18:42  ID:4iOFucU70 このコメントへ返信
    ※52
    義満「院司も蔵人も職事も弁官も俺の家来一人にやらせちゃえば院宣も綸旨も宣旨も俺の判断で出せるじゃん」
    →伝奏奉書

    狂気の発想や・・・どんな脳味噌してんだ
    それだけ大人物だったってことか
    71. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 18:44  ID:v5FST9pW0 このコメントへ返信
    ※66
    ちょっとまてやチェンバレン
    「われらが主よ、治めつづけたまえ」←これはどっからきた
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 18:51  ID:pf166Xon0 このコメントへ返信
    君が代って本当に平和的な歌で好き

    ちっちゃい石が集まって大きな石になるくらい
    長い時間ずっとずーっとあなたの世界(国?)が続きますように
    って、こんな歌詞他の国に無いよ

    君は「大切な人」っていう使い方らしいけど、
    日本国民それぞれが大切な人を思いながら歌えるって素敵だと思う
    まあ日本の定義=天皇だから、
    国歌として解釈するなら基本的に天皇でいいけど
    73. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 18:55  ID:Ls7QnKO40 このコメントへ返信
    ラビンドラナート・タゴール氏の写真を見て「インド人の老賢者」のイメージにあまりにピッタリで我ながらビックリ
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 19:00  ID:A8VTGn0y0 このコメントへ返信
    ※5
    まあ国歌に何を求めるかの違いもあるだろうね
    ドイツに敗北後その勢力下にあった時期のモロッコを舞台とした映画『カサブランカ』で、
    バーで『ラインの守り』を歌うドイツ人将校に反抗して店内のフランス人たちが
    一斉に『ラ・マルセイエーズ』を歌いドイツ人将校たちを圧倒するというシーンがあるけど、
    ここで『ラ・マルセイエーズ』の代わりに『君が代』歌ってもしっくりこないだろうなーとは思う
    国難にあって国民を奮い立たせるための歌なら、勇ましく、多少暴力的な内容でもいいってことなんだろうね
    75. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 19:15  ID:hIAlQtcY0 このコメントへ返信
    ※5
    フランスの国歌なんかは歌詞があまりに血腥いという理由で一部には代えようとする動きがずっとあるんだそうだ。
    実際「ラ・フランセーズ」だかなんかという別の国歌が作られたこともあったんだけど、結局国民に受け入れられずに消えていったとか。
    76. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 19:46  ID:sDk6G94K0 このコメントへ返信
    我らが君が代は雅で繊細だから男声合唱には適さない
    革命とか独立が建国の精神になっている国歌は
    良くも悪くも雄々しくて盛り上がるよね
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 19:52  ID:2uBYeTwy0 このコメントへ返信
    >>「いやいや、うちの国の国歌には神に対する言及とか存在しないから!うちの国は君の国よりも世俗的だし!」

    何でこうなるのか興味深いな
    フランスとか必死になってうちの国歌には神は入っていないって言ってるし
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 20:01  ID:Sf5qgr.E0 このコメントへ返信
    国家もそうだが、憲法、特に前文に神が出てくる国の多いこと多いこと。
    西側先進国だよ。
    79. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 20:05  ID:61SUi9Pp0 このコメントへ返信
    ※23
    この曲、作った人が昔日本軍の軍歌を作ったという事実が出てきて
    国歌を変えるべきだという議論が韓国の国会でされたという残念なエピソードもあるよ
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 20:06  ID:A8VTGn0y0 このコメントへ返信
    ※77
    フランス人は自分たちの国民精神を結構フランス革命に求めるからね
    フランス革命では教会の財産没収や政教分離などが一時期極端なまでに推し進められた
    今でもフランスは世界随一の政教分離が進んだ国家となっている
    そう言ったところにアイデンティティを求めてるから、革命期に作られた自分たちの国家に
    神についての言及があることに拒否感を示してるんじゃないかな
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 20:17  ID:ZLnLXrJm0 このコメントへ返信
    ※32
    君が代が外国人の間で話題になるとしたら

    世界一長い国歌=ギリシャ 
    世界一短い国歌=日本

    これくらいが限界
    82. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 21:05  ID:X3K7zFh50 このコメントへ返信
    ※76
    そのせいか、ソ連の国家含む共産国家の曲は最高にカッコいい
    国はアレだけど曲には罪は無いしよく聞いてる
    83. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 21:22  ID:yZppcs3L0 このコメントへ返信
    ※80
    フランス革命ってフランスじゃどういうイメージなんだろう
    個人的にはgdgd過ぎて笑うしかないイメージだけども
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 21:45  ID:VVMtpHsp0 このコメントへ返信
    平成11年の国旗国歌法制定時の公式見解で君が代の君は天皇を指すとされているし
    古今和歌集に載っている元の和歌も貴人を言祝ぐ賀歌であって、恋の歌ではないよ
    我が君がMy Lordと訳されているように、君が天皇を指すのは失礼という指摘は間違いだよ
    現代の用法でも、辞書を見れば分かるけれど名詞としての君の意味は、まず天皇や君主といった意味が第一に来るよ
    85. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 21:51  ID:LI3CDO2X0 このコメントへ返信
    ISISの国歌無駄にかっこよくてワロタ
    86. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 22:23  ID:m0rWm85x0 このコメントへ返信
    ※11
    たしかJから始まる島国だったような…
    87. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 22:38  ID:4m.GPcJX0 このコメントへ返信
    ※81
    君が代は11小節だけどウガンダ国歌は9小節しかないよ
    ttps://www.youtube.com/watch?v=tr2QtUNhwLI
    88. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 22:40  ID:0tZ2OFFF0 このコメントへ返信
    君が代も好きだけど「日の丸の旗」の歌も好き。
    2番まであるけど演奏時間45秒、ラまでしか使わないから誰でも弾ける。
    小学校一年で習ったけど、国旗とか国歌のニュースで話題にあがらないのはもう習ってないからなのかな。


    ※76
    男声女声というより、独唱のイメージが強い。
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 22:53  ID:QyVg4OoF0 このコメントへ返信
    君が代の『君』は天皇陛下を指し天皇陛下は神でした
    だから日本の国歌にも神が入っています
    90. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 23:22  ID:cfD4xiPT0 このコメントへ返信
    イスラム国に国歌あるのか。

    アフガンのタリバン政権は音楽そのものを
    神が禁じる悦楽とみなして否定していたから
    国歌も存在しなかったが。
    91. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 23:36  ID:FJn..4gY0 このコメントへ返信
    ※86
    しかも大手のメディアなんかも声高に言っているらしい

    92. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月02日 23:57  ID:p9P.RJHN0 このコメントへ返信
    虚仮の無住まで
    93. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 00:22  ID:95L4QYtT0 このコメントへ返信
    ※83
    まあ良くも悪くも西洋諸国が近代国家へと変容していく第一歩になったし
    その経緯とかよりも「民主主義と国民の権利を自分たちで勝ち取った」ってところに
    誇りを見出してる人が多いって感じじゃないかな
    94. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 00:43  ID:1mHjjxXx0 このコメントへ返信
    日本の国歌は、日本語で読めば神はでてこないけど
    古ヘブライ語で読めば、神をたたえる歌。
    物や形に表すと、こうやって神を貶めるやからがいつの時代にもわくから
    古代の人が、詩をダブルミーミングで本当の意味を隠したのは流石としかいえないな。
    95. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 00:47  ID:6l4Tymo90 このコメントへ返信
    ここまで神曲(スラング)なし。
    96. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 01:27  ID:roUi7bjW0 このコメントへ返信
    やば
    97. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 01:44  ID:x3274P3h0 このコメントへ返信
    ※23
    情緒的ないい歌詞なんだよねぇ、意外と。
    98. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 01:55  ID:0mVpCC590 このコメントへ返信
    ※52
    ※35が言ってるのは大君(おおきみ)で
    江戸時代に将軍が外交で使ってたのは大君(たいくん)なので
    別物かと

    99. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 02:17  ID:JJcJs8d70 このコメントへ返信
    ※97
    わが国、万歳ってとこの歌詞「ウゥーリィーナラマーンセェェー」
    妙にダサい
    100.    2014年12月03日 03:28  ID:67p2GwXLO このコメントへ返信
    天皇陛下は神じゃないよ。陛下は階段の下って意味で神様の言葉を階段の下で畏まって承る人のこと。だから神様のしもべであって神様ではない。
    101. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 05:14  ID:Hp.V.vBT0 このコメントへ返信
    ※94
    「イスラム教徒「メッカの中心にある黒い物体の中がどうなってるか紹介する」海外の反応」
    の記事で似たように日本とイスラエルを関連付けて語って大量badくらった人と同じ人?
    102.    2014年12月03日 05:49  ID:aZS3z.KGO このコメントへ返信
    ※94じゃないけど、イスラエルって言っても現在イスラエルに住んでるインチキユダヤ人のことじゃなく失われた十支族のことだよ。それに日本人=ユダヤ(シュメール)人説は今に始まったことでもなく日本人が言い出したわけでもないよ。

    以下コピペ

    日本人シュメール起源説を最初に唱えたのは実は日本人ではなく元禄時代日本にやって来たドイツ系オランダ人歴史学者ケンペルでした。
    「高天ヶ原はバビロニアにあった」「日本人ははるか昔西方のその源郷から渡来した」と提唱しました。
    しかし当時の日本には民族の歴史を世界史規模で考えるだけの視野がなく注目する人もいませんでした。
    が、大正年間バビロニア語を学んだ原田敬吾がこのケンペル説を唱え日本人シュメール起源説を発表したのです。
    この原田説を継承、発展させたのが三島敦雄で伊予大三島神社に奉職し神社・古典に造詣の深い三島は昭和2年12月に「天孫人種六千年史の研究」を発行します。
    三島の日本人シュメール起源説を要約すると「古代の日本にはさまざまな人種が渡来したが建国の大業を成し遂げ経営、統一した中心人種は世界の諸文明の祖であるシュメール人であった。
    彼らは今から数千年前その大宗家たる皇室を奉戴し日出づる処、豊葦原に渡りシュメール人の理想を表現するため日本を築いた」
    この三島の著作は昭和10年代には陸軍大学陸軍士官学校の課外読本のひとつに採用されペルシャ作戦、アラブ侵攻計画といった机上演習もされたといいます。
    つまり昭和11年以降三島の本は時代の流れの最尖端を行くベストセラー(合計100万部近い)だったのです。
    しかし1945年8月の敗戦後、アメリカの占領軍により、この本は一冊残らず探し出して没収され焚書されてしまいました。

    103.    2014年12月03日 06:34  ID:gMluVaRYO このコメントへ返信
    続き

    イスラエル北王国がアッシリアに滅ぼされ祖国を追われた同国民がいずこかへと消えたのが西暦紀元前721年。
    そこから世界史屈指の謎とされる失なわれたイスラエル十支族探しが始まり今日十支族の末裔がいた可能性が見られる地方はインドカシミール地方、アフガン、中国などがあげられる。
    これらを地図の上に落とすと彼ら十支族の行程としてシルクロードが浮かび上がり当然その先に日本があるわけでイスラエル十支族は日本にやって来たという説が浮かび上がる。

    神武天皇の誕生年は紀元前711年。一方イスラエル十支族が失踪したのは紀元前721年。その差わずか十年。
    このことから神武天皇=失なわれたイスラエル十支族を意味し東征神話=イスラエルから日本へ達した彼らの旅路を示すものではないかというもの。

    104.    2014年12月03日 06:40  ID:8tay7O4rO このコメントへ返信
    さらに続き

    イスラエル→神・秘密。シュメール→sumerでsio・merの合成語。塩・馬を持つ。馬はヘブライ語でウンマ。日本語には4000~5000のシュメール由来の言葉があると云われています。
    東方の日出づる処は古代よりヘブライの民にとって「天国」を意味しているが約束の地、カナンはカヌナーの転訛としてヘブライ語で読む時「葦の原」を意味し
    東方の日出づる処はヘブライ語で「ミズホラ」と呼ぶので日本の古名「豊葦原(トヨアシハラ)ミズホの国」はヘブライ語由来とする説もあります。
    さらにヤマトはヘブライ語アラム方言ではヤ・ウマトで神の民。
    天皇の古称ミカドはガド族出身の者の意。ニッポンはニェポンでガド族の始祖ガドの長男の名前。

    ミソギ→ミソグ(分別・性別)
    サムライ→シャムライ(守る者)

    105.    2014年12月03日 06:44  ID:pk8otKIKO このコメントへ返信
    まだ続き

    3世紀末、エルサレムの再興を夢見たイスラエル系(シュメール人)の渡来人は応神天皇をリーダーとして新天地である豊葦原に都を造営するために民が決起するべきと公言しました。
    この知らせは大陸側、特に朝鮮半島のシュメール人同胞にも伝わり、中でも有力なユダ族を主体とする秦氏(ダビデ王の末裔、秦の始皇帝の血族)はシュメール人の移住を朝鮮半島から加速させる原動力になりました。
    この時日本へ渡る通過拠点となったのが今の韓国、伽耶(カヤ)命と希望が語源。生きることを意味するだけではなく数字にも置き換えられヘブライ語では幸運を象徴する十八となります。
    「生きる恵み」「生きることの幸せ」を示唆したものと考えられます。
    次に任那(ニンナ)は主浦を朝鮮語で訓読みしたものとされてきましたがヘブライ語では「帰属する」「仲間に数えられる」
    つまり伽耶と任那で「神の民に帰属し生きる幸運をつかむ」「 神の選民として生きる」という意味になります。
    まさに日本に都を建設する噂を伝え聞いたシュメール人が約束の地にて決起することを象徴するにふさわしい帰属意識を高潮させる言葉となるのです。
    各地に散っていた神の民シュメール人が約束の地日本に渡るための最後の重要拠点だったのです。
    106. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 06:59  ID:3.KTc1uY0 このコメントへ返信
    その説はねえ
    結局「似てる」以上の域は出てなくて
    偶然ではない証拠があるわけではないから、そこまで力強く推されても・・・
    当然学会の主流でもなんでもないし
    (神話の話をすれば似たもの神話なんて一杯あるし)

    例えば日本人全体がシュメールを受け継いでいるか、という点なら
    遺伝子学的に否定はできると思う

    でも、もしかしたら過去日本に渡来した人物の中に、西方遥か彼方からの文明を受け継いだ人物がいたとしたら、それはロマンがあることだけどね
    107. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 07:05  ID:EJLLAYU20 このコメントへ返信
    神が歌詞に入ってる国は中二病。
    日本でいう所の「天使」とか「涙」とか「思い」
    とかのダサいワードに似てる。
    108. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 08:33  ID:MdJWwBhy0 このコメントへ返信
    日ユ同祖論は耳タコ。
    「万葉集が韓国語で読める」並みの胡散臭さ。
    109. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 08:45  ID:.i1RNgz.0 このコメントへ返信
    しかし、懐かしすぎるトンデモ持ってきたなあ。
    他記事でも見かけたけど、まさか本気で信じてる?
    110. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 09:35  ID:Hp.V.vBT0 このコメントへ返信
    日ユ同祖論は日本が世界でもかなり文明が発展した国なのはシュメール人のお蔭!って言いたいの?

    言葉が似てるってこじつけにしか聞こえないし
    世界の果てには楽園(素晴らしい土地)があるなんて神話・おとぎ話の初期設定だし
    故郷を失ったのはご愁傷様だがこっちからしたらメーワクな話だ
    111.    2014年12月03日 13:47  ID:1gMmzKyUO このコメントへ返信
    否定されると思ったw日本は渡来人の集まりで多民族国家だからシュメール人だって渡来した可能性はあるし一時期は人口の70%を占めていたとも云われてるんだけどね。
    こじつけでもいいけど、なぜ日本では八(はち)という数字は縁起が良いとされてるかとか三種の神器を持ち込んだのは誰か神社やお寺を山に建てるのはなぜかとか。調べてみるのも面白いと思うよ。
    112. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 14:43  ID:yHbi.q4f0 このコメントへ返信
    上にも書いたけど、シュメール文明が流れに流れて日本にたどり着いた可能性はかなり低いし証拠もないけど、可能性だけの問題で言えばあるとは思うよ
    ただその上でシュメール人がたくさん流入したとなるとルートがかなり謎だし、さらに低い可能性になるね(ロマンはあると思うけど)
    信じたいなら信じればいいけど、力説したいなら「奇妙な一致」だけじゃなくて、より具体的な証拠を探したらどうだろう

    一時期は人口の70%を占めていた
    ->遺伝子的に日本人にはそういった名残は見つからない。つまりそれだけ大量に居たシュメール人は遺伝子も残さず突然消失したことになる。不思議

    お寺を山に建てる理由
    ->山と寺との結びつきは日本より中国の方が歴史的に早いのよ
    あと例えば京都とかだと一時期郊外に建てる決まりがあったり、偉い人の別荘を寺にしたりしたから山よりの寺が多いのよー

    8が聖数
    ->聖数・吉数の文化はどこにでもあるし、例えば中国でも8を特別視する文化はあるよ?(八卦など。方角から来ている)
    というか説で言うなら
    ・古代の「ヤ」は今でいう8を意味していなかった
    ・その後方角から由来する特別視された八が大陸から輸入され習合した
    って説だってあるし

    三種の神器を持ち込んだのは誰か
    ->答えの出さない推理ゲームっていろいろ想像できて楽しいよね
    113.    2014年12月03日 17:03  ID:oP0E2MgsO このコメントへ返信
    ひとつの可能性を話してるのに執拗に否定されるようなことだろうか。
    あとこじつけいうならヤマトやニッポン、豊葦原瑞穂の語源や言葉の由来ぐらい示してほしい。
    それから中国も日本に影響を与えたが、その中国にしろ陸続きのうえ多民族国家だから様々な文化の影響を受けているのは周知の事実。現に仏教もインド伝来のもの。
    数字のはちについてもなぜ縁起が良いとされているのか何故はちなのか?の理由になっていないが。
    もうこのへんにしておくけど否定派の人たちは日本に日本人なんて固有の人種は誕生していないこと分かってんのかな。日本人なんて渡来人の寄せ集めだぞ。
    114. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 17:14  ID:rtOXXobn0 このコメントへ返信
    ※113
    「可能性」なんていくらでもいえる。俺でもそれぐらいの電波は可能だ。
    だが、電波ではなくて「学術的な証拠」をくれ。
    115. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 17:39  ID:yHbi.q4f0 このコメントへ返信
    ※113
    うん、だから「その可能性は低いよね」って言ってるだけで否定してないよ?
    「低い可能性を考慮する」っていうのは、その可能性をちゃんと検証する場合に意味があるのであって
    「こういう可能性がある」って力説するためにある訳じゃないよねって書いてるんだよ

    語源を唱えられるかどうかを重要視しているみたいだけど、例えば単に「これらの古代語の語源を辿れば日本で独自に生まれたものと周辺国のものとが合流してできたものだ」と主張したとして、受け入れてくれるのかな
    ある語源説を唱えられることは、当然その説が正しいことの証明にはならないし、その可能性が高いということにもならない
    あるいは渡来人が居たことはシュメール人が渡来する可能性をことさら高めるものでもない

    というか※112をちゃんと理解してくれてないみたいで残念
    (シュメール文明が流れ着く可能性がありえることも8の由来も書いたのに)
    116. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 17:58  ID:Z8cTNVlz0 このコメントへ返信
    ※100
    相変わらず嘘を垂れ流すね、おまいさんは。
    >陛下は階段の下って意味で神様の言葉を階段の下で畏まって承る人のこと。だから神様のしもべであって神様ではない。

    陛下って言葉は古代中国から使われている君主に対する敬称を持ってきただけで、元々の意味がどうであれ、それによって天皇陛下の神性が否定されるわけではない。
    現在は人間宣言によって現人神ではなくなっているが、神話上の神の子孫であることは否定されていない。

    古代の祭政一致の時代は神の託宣を受ける祭司が君主的立場にあったが、皇室は出自を表す神話自体によって神性を持っている。

    陛下は階段の下という意味であるが、天皇陛下や君主に対し直接呼びかけるのを遠慮して用いる言葉。君主が階段の下にいるのではなく、君主に呼びかける側が階上の君主に対して下にいる、という事。
    117. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 20:33  ID:cFw3hNKH0 このコメントへ返信
    ※113
    記述には使われていても口語としては紀元前20世紀に死語化したシュメール語をずっと使いながら大陸を横断して、先住していた縄文人の言葉を駆逐してシュメール語に置き換えたことになるよ?
    シュメール人ってのは「シュメール語を話す人」のことであってそんなに強い結びつきのある集団じゃないのに、共同体も言語も維持しながら中東から日本まで来たっておかしくない?シュメール人王朝が途絶えたときも虐殺や奴隷化が行われた形跡はないのに必死こいて東に逃げる理由もわからん

    118. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 22:41  ID:EhdAG2jx0 このコメントへ返信
    君が代の「君」が天皇だってのには違和感があるなあ

    だって天皇だぞ?
    「君」ってめっちゃフランクな呼び方じゃね?
    119. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月03日 22:50  ID:gkK6I91m0 このコメントへ返信
    ※81

    歌詞が最古の国歌=日本 
    楽曲が最古の国歌=オランダ

    オランダ国歌は古い歌だが国歌としては2代目。
    1932年までの旧国歌も好きだけどね。
    120. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月04日 02:02  ID:PzDkP8oX0 このコメントへ返信
    ※113
    日本固有の人種って何?氷河期の頃は日本は島じゃなく大陸の一部だった。
    だから陸路で色んな人たちがたどり着いてその後氷河期が終わり海面が上昇して島になった。
    だから日本人と言っても様々な遺伝子が組み込まれているのは中学生レベルの知識。
    当然シュメール人もいたかもね。渡来人という概念が新しすぎるんだが。
    てゆーか人間なんて全員元アフリカ人じゃねーか。
    豊葦原瑞穂国はこの国の美称。意味は葦の穂(稲穂)が豊かに実る国。
    古事記や日本書紀に出てくる造語みたいなもの。
    ぶっちゃけ日本(日ノ本)も大和も日本人が造り出した造語みたいなもの。
    八の数字が縁起が良いのは漢字で書いたとき末広がりだから。
    日本人はゲン担ぎにはこだわるしな。
    日本人は渡来人の集まりなんだぞ!って、知ってるよ。みんな知ってるよ。

    121. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月04日 08:09  ID:o6lz1FIo0 このコメントへ返信
    ノ( ◕ ‿‿ ◕ )し
    122. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月04日 09:46  ID:iTiducsS0 このコメントへ返信
    KAMIという単語を世界が取り入れたらいいんとちゃうん?
    そしたらイエスもアラーもブッダもみんなKAMIという概念でまとめられるでしょ
    そういう概念すらないから対立しちゃうんじゃないの
    まあそもそも一神教の人には受け入れられない概念なんだろうけど・・・

    ついでに、Japaneseなんかも日本語と日本人の区別がつくように日本式を導入したらいかがかと
    Japan-go Japan-jin というように
    そうすればONLY JAPANESEというのが差別表現だと勘違いされたりしないだろう
    きっと書いた本人は英語が本当に苦手なご老人で「わたし日本語しかしゃべれないんで、すみません」て意味で書いたと思うんだけどね
    123. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月04日 15:15  ID:PeSTQ4ox0 このコメントへ返信
    たぶんスペイン万歳への批判は、そもそもスペインの中でバスク人、カタルーニャ人、ガリシア人とかは自分らはスペイン人とは思ってないし、カタルーニャとマドリードが長年独立問題で対立してることから来る政治マター。
    124.    2014年12月05日 11:33  ID:WT52Bb9l0 このコメントへ返信
    一方日本の国歌には何が含まれているのか日本人にもよく分からないのであった
    125. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月07日 01:59  ID:je1P.3iR0 このコメントへ返信
    ※18
    共産党が君が代否定する為に作ったロジックですね。
    そして、それを広められて、意識しないでそう思い込まされてる、
    日本を負ける迄戦わさせた共産主義者たちの洗脳にやられている。

    まあ、彼らは上手にやってきてたから、気付けないのもしょうがない。
    126. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月09日 15:56  ID:JrF.b5e20 このコメントへ返信
    ※67
    え……日本の国歌なのに、天皇陛下万歳という解釈にしたら「プロパガンダ」になるわけ?
    それって上にあるドイツ万歳が右傾化とされる画像と同じじゃないか。
    特殊な思想持ちなのは周りじゃない。あなた自身だ。
    127. 無味無臭なアノニマスさん   2014年12月11日 01:23  ID:.HcHDGmU0 このコメントへ返信
    ※71
    君が代は千代に八千代に=
    汝の治世が幸せな数千年であるように(われらが君よ)治めつづけたまえ

    これなら納得いく?

    我らが主←ここの歌詞はmy Lord。我らが主(しゅ)じゃなくて我らが主(あるじ)。
    128. 無味無臭なアノニマスさん   2015年01月10日 23:09  ID:qK653x2R0 このコメントへ返信
    君が代は古代ユダヤ語で神を讃えてるんだぞ(棒読み)
    129. 無味無臭なアノニマスさん   2015年03月14日 04:50  ID:dZZKjpeD0 このコメントへ返信
    歌詞のない国歌って貴重だから、スペインにはそのままでいてほしい。


    画像投稿(アップローダーを開きます)