コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by olivierpo

今日学んだこと

アイスランドでは電話帳はファーストネーム順に記載されている。

これは全員の姓がその人の父親のファーストネームに「-son」や「-dottir」が付いたものだから。

Iceland+Phonebook1


<関連>

アイスランドはノルウェー、スウェーデン、デンマーク、デンマーク自治領のフェロー諸島のスカンジナビア諸国と共通の文化的遺産を共有している。しかしながら、アイスランド人はその他のスカンジナビア人とは異なり、以前は全てのスカンジナビア諸国で使われていた、伝統的な命名制度を使い続けている

例えば、Jón Einarssonという人物にÓlafurという息子がいる時、Ólafur のラストネームは父親と同様のEinarssonとはならず、文字通り「Jónの息子 (son) 」を示すJónsson (Jóns + son) となる。このとき、Jón は属格形(Jóns)をとる。同様の慣習は娘に対しても用いられる。Jón Einarsson の娘 Sigríður のラストネームは Einarsson ではなく、文字通り「Jónの娘 (dóttir) 」を示すJónsdóttir (Jóns + dóttir) となる。

アイスランド人の名前


reddit.com/r/todayilearned/comments/2r0qjy/til_that_in_iceland_the_phonebook_is_sorted_by/



Comment by pcurve 430 ポイント

アイスランドは人口がたった30万人しかいないから、うっかり自分の知らない従姉妹(とか異父姉妹とか)と関係を持たないようにチェックするためのウェブサイトがある。

https://www.islendingabok.is/

 Comment by TRAIANVS 408 ポイント

 ↑「Íslendingabók」が存在する理由はそのためのものじゃないよ。

 それが存在するのは(自分が知る限りでは)貴族ではなくても自分の血筋を千年くらい遡ることのできる世界で唯一の国だから

 それは半ば冗談として作られたもので、うっかり身内とピーーしたりする危険が存在するから作られたものじゃない。30万人って結構な数だからランダムに二人のアイスランド人を選んでその二人が親戚関係にある確率は1%以下。

  Comment by rickamore 16 ポイント

  ↑うちの家族は100年前に噴火による飢饉から逃れるためにアイスランドからカナダにやって来た。

  自分の家の詳細な家系図が載ってる本を持ってる。家系図によるとうちの家系は800年代後半まで辿ることが出来る。何はともあれアイスランド人は素晴らしい家系図を持ってる。


Comment by [deleted] 23 ポイント

面白いな!多分アイスランドではヒットマンを見つけるのはかなり簡単なんじゃないか・・・

 Comment by Doubledogs 3 ポイント

 ↑何で?

  Comment by [deleted] 23 ポイント

  ↑だってソースの記事によると電話帳には名前だけじゃなくて職業や住所も載ってるって書いてるから・・・


Comment by gasgasgasgas 18 ポイント

アウター・ヘブリディーズも似たような感じ。

うちの地元の電話帳は地区と、アルファベット順じゃなくて農場数字順に記載されてる。

それぞれの農場には個人の名前とその人たちの父祖由来の名前もしくはニックネームと電話番号がある

 Comment by ixforres 1 ポイント

 ↑これは知らなかった。今日学んだわ!

 今度ノース・ウイスト島に行くときは調べてみる。

アウター・ヘブリディーズ (Outer Hebrides、スコットランド・ゲール語:Na h-Eileanan Siar西の島々)は、スコットランドの地方行政区画の一つ。スコットランド西岸に連なる鎖状の島々からなる。

アウター・ヘブリディーズ


ノース・ウイスト島 (North Uist、スコットランド・ゲール語:Uibhist a Tuath)は、イギリス北西部、ヘブリディーズ諸島の島。

ノース・ウイスト島


Comment by Vondi 9 ポイント

それはどっちかというと父祖由来のラストネームを持ってることによる文化的なものだろうな。

みんな人の名前を呼ぶときはファーストネームだけで呼ぶかフルネームで呼ぶかのどっちか。ラストネームだけで呼ぶことは絶対にない。

だから電話帳でラストネーム順に記載されたりするのはファミリーネームが一般的な国と比較するとそう意味はないんだよ。

 Comment by ChaosScore3 3 ポイント

 ↑アイスランドがそのやり方を採用しているのに父祖由来の名前を使用してる他の国――たとえばロシアなんか――だとそれとは逆のやり方をしてるってのは面白い。

 そういう国ではファーストネームだけよりも父祖由来の名前で呼ばれることの方が多い。ただ親しい友人なんかだと話は別。

  Comment by bcbb 1 ポイント

  ↑そのロシア人のやり方ってかなり混乱する。兄弟も姉妹も同じように呼ばれるから。

  アンナ・カレーニナとか理解するのが大変だった。

  Comment by [deleted] 1 ポイント

  ↑あとアラビア語ではうちらはよく単に「bin Laden(Ladenの息子)」って呼んでる。

アイスランド人は正式には他者をファーストネームで呼ぶ。例として、首相のヨハンナ・シグルザルドッティルは'Ms' シグルザルドッティルではなく、ファーストネームあるいはフルネームで呼ばれる。

アイスランド人歌手・女優のビョークは芸名ではなく、単純に自分のファーストネームを使用している(フルネームはBjörk Guðmundsdóttir)。アイスランド人は彼女のことを正式か非公式かにかかわらず「ビョーク」と呼ぶ。もしインタビュアーが英語風の呼び方にこだわるのであれば、"Ms Björk"が使われる。

アイスランド人の名前


モスクワ駅へ母を迎えに行った青年士官ヴロンスキーは、母と同じ車室に乗り合わせていたアンナ・カレーニナの美貌に心を奪われる。アンナも又、俗物官僚の典型である夫カレーニンとの愛のない日々の倦怠から、ヴロンスキーの若々しい情熱に強く惹かれ、二人は激しい恋におちてゆく。文豪トルストイが、そのモラル、宗教、哲学のすべてを注ぎ込んで完成した不朽の名作の第一部。



Comment by idreamofpikas 77 ポイント

ファミリーネームは受け継ぐ(たいていの場合は外国人の両親から)のは大丈夫だけど、1925年以降新しいファミリーネームを採用するのは違法になってる。

 Comment by moss_in_it 68 ポイント

 ↑アメリカ人の父親がいるアイスランド人で名前は父親のを受け継いでるけど問題になったことは一度もない。

 許可される例もあるよ。ただアイスランドのミドルネームを付けないといけなかったけどね。

 だから僕の名前はアメリカ合衆国においてとアイスランドにおいてで(合法的に)違ってる

1925年以前は、新姓を名乗ることが法的に認められていた。この例の一人はノーベル文学賞を受賞したハルドル・ラクスネスである。1925年からは、親から受け継いだ法的権利のあるもの以外姓を名乗ることはできない。

アイスランド人の名前


Comment by Skipwreck 51 ポイント

アメリカ合衆国に住んでるアイスランド人だけど、自分の娘に自分のラストネームである「ThorsSON」を付けるのは変な感じがする。

本来であれば「ThorsSON」じゃなくて「Thorsdottir」にしなければならないのに。(dottirは娘)

 Comment by [deleted] 29 ポイント

 ↑シク教徒も。男性はみんな「Singh」ってラストネームを持ってるし女性の場合は「Kaur」

 でも友人は自分の娘のラストネームをそのまま「Singh」ってした。故国ではそれは変な風に見られる。

  Comment by SAMUEL_L_FAPSON 8 ポイント

  ↑今では男性のシク教徒は「Singh」はミドルネームとして使ってるけどね。

 Comment by MystyrNile 3 ポイント

 ↑名前が「-dottir」で終わるアメリカ人は存在しないんじゃないかな。

  Comment by xsailerx 11 ポイント

  ↑基本的に女性の場合は結婚したら旦那の名前を使うからな。

  これはつまり「dottir」は一世代限りで使われるって事。「-son」の場合は子孫が居る限り使用されるけど。少なくともアメリカ合衆国では。

 Comment by psionides 15 ポイント

 ↑それってアメリカ合衆国の「Kowalski(もしくはモニカ・ルインスキー)」のように名字が「-ski」で終わるポーランド人子孫の女性みたいだ。

 ポーランドでは「-ski」の名字には二つの形式があって「-ski」は男性用、「-ska」だと女性用

 だから「Kowalski」と結婚した女性は名字が「Kowalska」に変わる。

  Comment by killjoy27 1 ポイント

  ↑大半のスラブのシステムと似てるわそれ。俺のラストネームは「Kuzhlev」。だから女性だと「Kuzhleva」になる。


Comment by amberenglund 8 ポイント

その名字って世代ごとに変化するの?うちのご先祖様は何代もの間世代ごとに名字を変えてた。

(「Anders Nilson」は「Nils Jonson」の息子で、その「Nils Jonson」は「Jon Anderson」の息子でなどなど)

ちなみに自分はスウェーデン人

 Comment by Trihorn 27 ポイント

 ↑それ名字じゃなくて父祖由来の名(父親の息子/娘)もしくは母祖由来の名(母親の息子/娘)

 例えば自分の名前が「Jón (John)」で、父親が「Gunnar」で母親の名前が「Anna」だとしたらこんな感じで呼ばれる。

 ・Jón Gunnarsson(父祖由来の名)
 ・Jón Önnuson(母祖由来の名)
 ・Jón Gunnarsson Önnuson(父祖由来の名と母祖由来の名)

 そして自分の子供たちは「Jónsson(息子たち)」もしくは「Jónsdóttir(娘たち)」になる

 これは名字ではなくて父祖由来の名と母祖由来の名

 それにそうだね。このシステムは他の北欧諸国でも昔は使用されていたものだけど、連中はこれが名字になったんだよ。

 「Svensson」は「Sven」の息子だったけど父祖由来の名を使うのを止めて代わりにこれを名字にした。


Comment by nakedcows 1 ポイント

これはインドネシアのものに近いはず。


Comment by dlr6481 1 ポイント

じゃあ仮に僕の家族がアイスランド人だったとして祖父の名前が「Dick」だったら、僕の名前は「Dicksonson」になっているってこと?

 Comment by onlysane1 1 ポイント

 ↑君の祖父の名前が「dick」だったら君の父親の名前は「X Dickson」になってるはず。

 そして君の名前は「Y Xson」になってるはず。


Comment by EconomistsNeverSleep 1 ポイント

そもそも電話帳の存在自体を忘れてた。もう10年以上電話帳を見てない。


Comment by Basic_Becky 1 ポイント

この記事2009年のじゃん。今でもアイスランド人は電話帳を使ってるのか気になる。

 Comment by Grubnar 2 ポイント

 ↑自動車の中にいつも置いてる。レイキャビクに行く場合に備えて。

 電話帳の最後のページには地図が載ってるからな。あの場所俺は大嫌いだ!


Comment by edalcol 1 ポイント

へー、ブラジル人は姓があるけどお互い呼ぶときはアイスランド人と同じくファーストネームを使ってるわ。


Comment by hewee19 0 ポイント

アイスランド出身の男とホッケーをしたことがあるんだけど彼の名前は「Anar Anarson」

アイスランド人は自分が会った相手が従兄弟のような親族ではないことを確かめるためのアプリも持ってる。

親族とピーーするかもしれないという問題があの国にはあるんだよ。ヤバいな。

 Comment by [deleted] 1 ポイント

 ↑そりゃアイスランドには32万人しか人が住んでいないからでは?


Comment by tdt30 -5 ポイント

この記事「Television」と「computer」は英語の単語だって書いてるけどどっちもラテン語をベースにしてフランス人が作った単語だぞ。

 Comment by MystyrNile 5 ポイント

 ↑「Television」と「computer」は英語の単語なんだが

  Comment by tdt30 0 ポイント

  ↑「Television」:http://en.wiktionary.org/wiki/television
  フランス語の「télévision」の借用語

  「Télévision」:http://en.wiktionary.org/wiki/t%C3%A9l%C3%A9vision#French
  「télé-(遠く)」と「vision(見る)」が由来。1900年8月25日のパリ万博の記事で「Constantin Perskyi」が初めて使用(Télévision au moyen de l’électricité)

  「Computer」:http://en.wiktionary.org/wiki/computer
  「compute +‎ -er」が由来

  「Compute」:http://en.wiktionary.org/wiki/compute#English
  フランス語の「computer」から。これはラテン語の「computare(概算、考える、計算する)」が由来。
  「com(一緒) + putare(洗う、きちんとする、刈る、はっきりさせる、整える、調整する、考える、数える、~と考える)」が由来。


Comment by monkeyfullofbarrels -5 ポイント

何で住所で分類してないの?

 Comment by kuemmi 11 ポイント

 ↑そりゃ探してる相手の名前は知ってるけど、その人の住所や電話番号は知らないことが普通だからじゃないの。


Comment by henrysmith78730 1 ポイント

1980年代にドバイに住んでたことがあるけどあの国の電話帳も同じくファーストネームでアルファベット順に並んでた。

「アリ」って名前が電話帳の最初の1/4くらいを占めてたわ。


Comment by daughterofthehorde 6 ポイント

アイスランド人の血を引いてるカナダ人。私は女性だけど自分のアイスランド風のラストネームには「-son」が付いてる。

昔からアイスランドでは私は変な目で見られるんじゃないかって気になってた・・・

 Comment by Niebel 3 ポイント

 ↑多少くすっと笑ったりはするかもしれないけど、みんな君がアイスランドで生まれた人じゃないってことはちゃんと分かるよ。


Comment by McSparklePants 9 ポイント

今日学んだこと

世の中にはまだ電話帳を使用してる人が存在する。

 Comment by [deleted] 9 ポイント

 ↑このスレ見てそういえばもう五年くらい電話帳を見てないなって思い出した。

 昔は毎年電話会社が新しい電話帳を戸口に配達してたけど、もうここしばらくは配達されたりしてない。

  Comment by angurvaki 4 ポイント

  ↑今でもガソリンスタンドとか電話会社に行けば電話帳貰えるよ。

 Comment by snemand 5 ポイント

 ↑本自体は使われてないけど、ウェブページやアプリは使われてる。

 電話帳って言うのはあまり良い翻訳じゃない。何でかというとうちらがそういう場合は本形式やウェブページ形式の辞書両方を指して使うから。


Comment by mageganker 36 ポイント

「ソー・オーディンソン」が今納得できた

マイティ・ソー(The Mighty Thor)は、アメリカ合衆国の出版社マーベル・コミックが刊行する複数のアメコミに登場するスーパーヒーローである。

マイティ・ソー


Comment by Bilgerman 6 ポイント

ヴァイキングはほんと最高。

強姦だの掠奪だの奴隷とかいったのはいただけないけど、ヴァイキングの文化は実に良い。


Comment by Trihorn 3 ポイント

もしくは母親の名前ね。

このシステムは「父親由来の名」と「母親由来の名」であって姓ではない(姓は姓であるけど)

違うシステムだからこれを姓と混同しないようにね。

あとアイスランド人を「父親由来の名」や「母親由来の名」や姓で呼ばないようにすること。基本ファーストネーム

 Comment by Smygfjaart 1 ポイント

 ↑これは他の北欧諸国ではかなり一般的。

 スウェーデンやデンマーク、ノルウェーはどこもこれを姓にしてる。

 「Alva Nilsson」とか「Emma Gustafsson」とか「Astrid Jensen」とか。


Comment by elameddit 2 ポイント

インド南部出身なんだけどうちらも「父親由来の名」制度を使ってる。

今はアメリカ合衆国に住んでるんだけど誰かから自分のラストネームを呼ばれると変な感じがする。

だってそれ父親のファーストネームだし

 Comment by Trihorn 4 ポイント

 ↑じゃあそう言ってやれよ。

 俺はアイスランド人だけど他の文化圏の人と話をするときはいつも俺のファーストネームを呼ぶように頼んでる。


Comment by Classified0 2 ポイント

へー、と思ったのがこの部分

「特例で新しい名前も追加されるがそれはアイスランド風でないといけない」

これってアイスランドに移住してきた外国人にも適用されるの?移民の場合どう言った命名が主流なの?

例えばジョンとサラの二人のアメリカ人がアイスランドに移住したとして、その二人の間に息子ができたらその子供のラストネームはスミスとかジョンソンになるの?

息子のファーストネームがアイスランド風にされなければならないのか、移民はアメリカ風のファーストネームを自由に選べるの?

 Comment by littlidabbi 2 ポイント

 ↑移民は自分たちの名前を変更することを要求されたりはしない。昔はそうだったんだけど数十年前に廃止された。

 移民の場合はどうなのかって明確なことは知らないんだけどアイスランド人と移民のカップルの場合は子供に少なくともアイスランド風のミドルネームを付けなくてはならないってことは知ってる。

 多分これは移民の間に生まれたアイスランド国籍の子供についても同じなんだと思う。


Comment by Throhohyeahaway 2 ポイント

アイスランドの事を読めば読むほど全く違う世界だって感じがする

最高にエキゾチックな場所だな。

 Comment by onlysane1 1 ポイント

 ↑色んな意味で他の世界とは隔離されてるって感じ。


Comment by [deleted] 1 ポイント

ベトナムでも電話帳はファーストネームで並んでる。

これは基本的にみんなファーストネームで呼び合うから。公式な場でもそう。

 Comment by Cares_Deeply 7 ポイント

 ↑ラストネームで分類されてたらNの項目だけで一冊の本になれそう。


Comment by siddrajput 1 ポイント

電話帳とか誰が使ってんだよ?

 Comment by [deleted] 1 ポイント

 ↑アイスランド人だろ。どう見ても。

  Comment by dayumgurl1 1 ポイント

  ↑大半の人は電話帳使ってないよ。使ってるのは一部の年配の人くらい。

  うちらは基本的に誰かを調べたいって時はJá.is(http://ja.is/)を使ってる。


Comment by drsjsmith11 298 ポイント

アイスランドの父祖由来の名のシステムの結果として、自分が他のアイスランド人を二度目に呼ぶときはその彼か彼女のファーストネームを使ってる。

「Aron JóhannssonがPanamaを相手に戦ったけど、Aronが勝利を決めるゴールを入れた」って感じに。

対比:「Olivier Poはスレ立てした。Poが立てたスレにはかなりのレスが付いた」

 Comment by Sr_Citizen 190 ポイント

 ↑ははw 「Po」はドイツ語だと「戦利品」って意味。

  Comment by DownvoteMeansAgree 6 ポイント

  ↑ドイツ人の子供なら「カンフー・パンダ」を面白いって思うに違いない。

  Comment by alexanderpas 4 ポイント

  ↑「Po」はオランダ語だと「便器」って意味。
  http://en.wikipedia.org/wiki/Chamber_pot

   Comment by youngone1024 3 ポイント

   ↑ニュージーランドでもそう。

   実際祖父が第二次世界大戦中にイタリア北部に居た時、ニュージーランド地区では「ポーで小便」するための列を作る場所があった。

   イタリアじゃそれ川の事言ってたんだけどニュージーランド人からするとかなり面白いと思ったんだよ

  Comment by firerosearien 1 ポイント

 ↑それヘブライ語では「ここ」って意味だよ!

 Comment by runnyyyy 7 ポイント

 ↑海外に住んでるアイスランド人だけど周りの人がラストネームで呼んでくるのに未だに慣れない。

 なんかラストネームで呼ばれると変な感じがする

 Comment by arturenault 3 ポイント

 ↑父祖由来の名とかないけどブラジルでもうちら同じことやってるよ。サッカーファンなら知ってること。

 Comment by spiderzork 1 ポイント

 ↑スウェーデンでも他人の事をファーストネームで呼ぶのはかなり一般的。

 姓で呼ばれることもあるけど相当フォーマルな場でないと「ミスター/ドクター」はない。もしくは1930年代にタイムトラベルするか。

ポー川(Po)は、イタリア北部を横断している、イタリア国内で最も長い川である。アルプス山脈などに源流を持ち、ロンバルディア平原、ポー平原を流れ、アドリア海に注ぐ。総延長は650kmを超える。

その水はポー川流域にヨーロッパ有数の農産地域を作っている。下流域では、米作が盛んなことで有名である。

ポー川




キャプチャ


<募集>
柊りんのイラストを描いていただける方を募集しています。
稿料は希望額をお支払いいたします。
詳細は「こちら」から

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 無味無臭なアイスランド人   2015年08月13日 12:04  ID:Iqnp5Pee0 このコメントへ返信
    りんちゃんの息子は「リンセン」になるわけか
    2. 名無しの権兵衛さん   2015年08月13日 12:07  ID:8.xd7ld40 このコメントへ返信
    パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリーア・デ・ロス・レメディオス・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・ピカソ定期

    先祖がただの漁師の俺としては血に誇りとかいまいち分からんが800年とか遡れるとここで絶やすわけにはとか思うんだろうな
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 12:08  ID:.iEN2KK.0 このコメントへ返信
    ヴィンランド・サガでトルフィンがトールズソン姓だったから知ってた
    でも一応調べたらあれが実話ベースで
    これからトルフィンがグズリーズと結婚すると知ってそっちの方が驚いた
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 12:10  ID:keWNXj1k0 このコメントへ返信
    アイスランドでは苗字の概念が無いってゴルゴさんが言ってた
    5. 無味無臭のアノニマスさん   2015年08月13日 12:10  ID:bUMxeFtD0 このコメントへ返信
    農協職員だが、よく「電話帳に載ってない」と言われる。
    「JAー」ではなくて「(地元名)農業協同組合」で検索してくだせえ。
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 12:14  ID:A7Kf0.WS0 このコメントへ返信
    …ハゲって名前は短くて良いよね

       彡 ⌒ ミ   彡 ⌒ ミ  そうだね
     _(;´・ω・`)  (´・ω・`)_ このレスの男性陣も
     |≡(   )≡≡ (   )≡|   「ハゲ」で統一できてるしね
     `┳(__)(__)━━ (__) .(__)┳
    ,..,..┴,...,...,......,......,......,...┴,,,,
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 12:22  ID:aWTMfNSe0 このコメントへ返信
    ロビンソンとかダビッドソンとか、英語圏でよく聞く姓にけっこうあるよね
    同じようにマック(Mc)も、ゲール語で「息子」の意味
    今では姓に名残が残るだけらしいけど
    ゲール語はアイルランド・スコットランドの古語なんで、「マック」はそっち系の人を意味するらしい

    マック + ドナルド = マクドナルド
    マック + アーサー = マッカーサー
    マック + クイーン = マックイーン

    マグワイア、マッキントッシュ、マッカートニー、マッケンジー、マッコイetc
    いっぱいあるな



    ところで
    最近ボロンソンを見かけないね
    8. ( ゚∀゚)o彡゚ちっぱい!!ちっぱい!!   2015年08月13日 12:28  ID:hunlSYJU0 このコメントへ返信
    りんちゃんはAAだから一番前だね
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 12:35  ID:Ry.BBD8E0 このコメントへ返信
    個人の名前という概念を持たない民族はないと思うけど、
    名字の概念って文化によってバラバラだよね。

    古代日本史の氏姓制度がいまだによくわかってない。
    10.    2015年08月13日 12:36  ID:5JABRXoE0 このコメントへ返信
    フィッツ〜は〜の庶子、て意味だから少し似てるかも
    臣籍降下で嵯峨源氏、とかいうのとはちょっと違うか
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 12:37  ID:jmpOIp3N0 このコメントへ返信
    そのルールで行くと孫悟空の親は名無しか
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 13:01  ID:nnzGeDtX0 このコメントへ返信
    ファーストネームの自由度も国によってかなり異なるけどアイスランドはどうなんだろう
    ことによると同じ名前がずらりと並ぶことになりはせんか
    13. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 13:03  ID:lL3s8.Xv0 このコメントへ返信
    サッカー見てると他の国もそうなんじゃないのと思うけど(電話帳は違うと思うけど)
    ブラジルのジュニオールとか
    東欧のビッチとか
    14. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 13:18  ID:zzVnkb0S0 このコメントへ返信
    血族を中心とした考えは同じだけど、日本は○○家の子って括りで
    アイスランドは父親の息子・娘って括りなのか

    きっと家族についての考え方も色々違うんだろうね。面白いなぁ
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 13:18  ID:Nd1WdNM20 このコメントへ返信
    30万人の社会で住所に職業まで乗っているとかアイスランドの犯罪事情が気になるな
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 13:22  ID:D35FWKV40 このコメントへ返信
    米9
    古代朝鮮では女子には名前が無かったって聞いたけど、、本当なのかな、、?
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 13:40  ID:ci7vn.Gs0 このコメントへ返信
    >この記事2009年のじゃん。

    2009年の時点で既に電話帳の存在を忘れきっていた
    載せた所でウザいセールスしかかかってこないし、何の役にも立たない…
    18. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 13:46  ID:YU3CdbrW0 このコメントへ返信
    日本でも江戸時代には基本的に農民は苗字持ってなかったみたいだけど
    「太郎さんとこの与兵衛くん」とか呼んでたのかな
    アイスランドはそれが今でも残ってる感じで
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 13:48  ID:Z0NfZ9PA0 このコメントへ返信
    父親名+sonではなく、母親名+sonの人もいるのか気になる
    ジーザス・クライスト・マリアズソンとか……
    20. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 14:21  ID:GzJrGZul0 このコメントへ返信
    初カキコ…ども…
    (中略)
    尊敬する人間 バイキング(強姦だの掠奪だの奴隷行為はNO)
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 14:23  ID:W.ZaYzOQ0 このコメントへ返信
    日本の電話帳も田舎に行くと同じ姓ばかりずらずら並んでいるから、
    実質ファーストネーム順みたいなものだな。
    22. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 14:31  ID:Z0GR8mrt0 このコメントへ返信
    奴らがやたらとファーストネームで呼び合うのも、糞みたいな命名制度のせいかw
    おれは苗字じゃないと嫌なんだよw
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 14:35  ID:YMIZRm6J0 このコメントへ返信
    ※21
    流石に公式の場ではないけど、田舎では普段はファーストネームを呼び合うのもアイスランド風。
    ジジババがカズさんとかよっちゃんとかアキ兄とか言ってるのは傍から見てても微笑ましい。
    必要に迫られて自然とそうなったんだろうけど、なんだか生涯の友達って感じがするんだよね。
    24. 無味無臭なターミネーターさん   2015年08月13日 14:38  ID:3bEyoRbw0 このコメントへ返信
    今日知ったこと
    アイスランドでは電話帳でターゲットを見つけるのがロスアンゼルスよりも楽。
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 14:42  ID:GzJrGZul0 このコメントへ返信
    以前TVで見たパラオ人の名前について思い出した

    パラオでは自分の名の後ろに父親に名をつけて名乗る文化があった
    そこに日本の委任統治による日本語由来の名が定着する
    その結果、例えばだけど「テルオ・ノブオ」のような名前の人が現れるようになった
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 14:51  ID:qELmD53y0 このコメントへ返信
    ※6

    禿さんという名字は、存在するぞ。
    かむろさんと読むが。
    27. すをみ   2015年08月13日 14:57  ID:4dgust680 このコメントへ返信
    ※21
    28. すをみ   2015年08月13日 15:01  ID:4dgust680 このコメントへ返信
    ※21
    昔は、同じ苗字の家同士は「屋号」で区別していたような地域だと、電話帳上では区別できず、不便になるのだろうな。
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 15:23  ID:jm1P4lb90 このコメントへ返信
    欧米の農民や平民も昔は名字が無かったから地名を名字代わりにしてるのが多い
    レオナルド・ダ・ヴィンチ(ヴィンチ村のレオナルド)みたいに
    他にもウィリアム・オヴ・オッカムとかジャンヌ・ダルク(ジャンヌ・ドゥ・アーク)とか
    アラブ人の~アル○○も冠詞+地名

    あとスラヴ系の~ノフ、~フスキー、~ヴィッチも息子って意味だっけ
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 15:39  ID:GzJrGZul0 このコメントへ返信
    ※20
    バイキングじゃなくて「ヴァイキング」な(自演)
    31. ななし   2015年08月13日 16:09  ID:Kd9X4.AE0 このコメントへ返信
    実践する機会はなくとも
    知識を仕入れる事は
    悪い事ではない
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 17:04  ID:zjZ3oi4u0 このコメントへ返信
    ※18
    日本の場合は農民や町人は江戸時代に公の場で苗字の使用を禁止されていただけで、多くの人が古くからの苗字を持っていたよ。
    戦国時代の豊臣秀吉が、木下弥右衛門の子供として出生して木下藤吉郎と名乗っていた事などが代表的な例(大工の子だとか足軽の子という説もあり)
    江戸時代に書かれた公的に扱われる百姓一揆連判状などの証文の多くには、権兵衛とか八吉などの名前だけか、吉田村多平とか西の浜十蔵とか居住地と名前で書かれたものが多い一方で、私的な金銭借用書などには苗字も書かれていることがある。
    日本地図を作った伊能忠敬の場合には、町人だった父親の名前は神保貞恒で、父が小関家に婿入りして生まれた時には小関三治郎という名前だったが、伊能家に婿入りした時に忠敬の名をもらい、以降は伊能忠敬と名乗った。

    ただし、狭い農村集落の中だけで生活するには名だけでも支障がなかったので、200年以上の長期にわたって禁止されている間に苗字を失ったことも多いようだ。
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 17:36  ID:bUMxeFtD0 このコメントへ返信
    日本語のPoは、ジャイアント馬場かな?
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 17:49  ID:lBTCWHiA0 このコメントへ返信
    日本だと、電話帳は昔、漢字順で載ってなかった?
    御陰で間違い電話多かった。
    いや、今でもよく間違われるけど、読み方が違うから、電話帳で掛けてきてんだろうなー、と丸わかり。

    さらにどうでもいいけど、アイスランドは、軍隊も無く自衛隊も無く、お巡りも鉄砲持ってないんだとか。
    災害救助は、ボランティアなんだと。
    火山災害の特徴で日本と違うのは、氷河が一気に溶けて洪水になること。
    寒い国の火山も大変なんだな、と思ったことが。
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 17:55  ID:lBTCWHiA0 このコメントへ返信
    『更級日記』作者菅原孝標女
    平安日本とはまた違うんだな、などと思った
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 18:22  ID:qELmD53y0 このコメントへ返信
    北欧というとムーミンが思い浮かぶけど、あれか? ムーミンの名前は、

    ムーミン・ムーミンパパソン

    になるのか? 馬から落ちて落馬したような名前になるけど。
    37. 劇訳コメンター   2015年08月13日 18:41  ID:MMkEVA2o0 このコメントへ返信
    電話帳めんどうだから持ってこないでほしい・・
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 18:45  ID:H7TBz1sQ0 このコメントへ返信
    クラスメイトのフルネームは覚えてても、
    その親の名前なんて知らない事もあるので
    子供にとってはは凄く面倒臭いと思う

    アイスランドの子供もほぼ全員携帯電話を持ってるのかなぁ?
    39. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 18:51  ID:5HiikVD80 このコメントへ返信
    ※11
    西遊記の孫悟空に親はおらんよ。
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 18:53  ID:5HiikVD80 このコメントへ返信
    ※39
    あ!何かダジャレにふつーにツッコんじまった。スマン
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 19:23  ID:xXfxVAJF0 このコメントへ返信
    ※36
    バカボン・バカボンのパパソン
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 20:12  ID:MKRiRobT0 このコメントへ返信
    日本でも寺とかに情報があるから在日じゃなきゃ誰でも200年分ぐらいの家系は調べられるだろ
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 20:18  ID:vtBxZU1x0 このコメントへ返信
    ※3
    てめえ、何さらっとネタバレしてんだよおおおおおお。
    好きな作品はネットでとことん避けてるのに
    こんな地雷を踏むとはあああああああ。
    マジ腹立つ。
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 21:27  ID:k55TOR.B0 このコメントへ返信
    ファーストネームで呼ぶ、っていっても日本人には耳慣れない名前で上手く発音出来ないんだよね・・・
    仕事で時々アイスランド人と関わるけど自力で読めたことがない
    45. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 21:42  ID:NeWlgZgT0 このコメントへ返信
    苗字文化圏にくると
    初対面の人間にも、長年の同僚も父親・太郎を知らないのに「太郎の息子」と呼ばれ続ける感じになるのか・・・
    46. 名無しよん   2015年08月13日 22:03  ID:RMI0IJjH0 このコメントへ返信
    まあスカンジナビアやスラブに限らず、姓(家名)というものが一般化する以前の「名乗り」というのは、基本的にはそういうものだったわけだからね。
    『指輪物語』でいうなら「アラソルンの息子アラゴルン」「デネソールの息子ファラミア」「パラディンの息子ペレグリン」といったあたりが「標準的な自己紹介(名乗り)」。ペレグリン(ピピン)については「トゥック」という「姓」もかなり固定されているが、アルノール王家や執政家については、姓は無いというかあまり意味が無い(アラゴルン以降はテルコンタールという姓もしくは王朝名が固定される)。
    このへんはヨーロッパだけでなく、アラブ含めた中近東でもそうだったし、モンゴルでは現在もそう。というかむしろ「名字(苗字)」というものは一般的にそういう源泉のものが多いわけで、どこかの時点で個人名や職業名や住居の特徴なんかが「家名」へと転化していく。
    中国や朝鮮やベトナムにおける「姓」の方が仕組みとしてはむしろ例外的で、日本の姓のうちでも、そちら寄りに分類できるのは源平藤橘ぐらいじゃないかな(ややこしいけど「かばね」はむしろ職業姓に近いし、中世以後に成立した「苗字」はもっと欧州その他に近い)
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 22:14  ID:Sc341DK10 このコメントへ返信
    800年頃から続いてる家系とかすげーな
    日本だと平安時代から続いてるわけか

    家計図ってうちにはないんだけどどうやって調べるの?
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 22:41  ID:sMTQ7y3u0 このコメントへ返信
    父方はもともとは海辺の村の百姓で漁業をやって船が沈んだりしたけど、じいちゃんは鉱山技師だった。
    父方は短命な家系なので末っ子のおばさんしかもう生きていないが、末っ子のせいか家系については聞いていないらしい。

    母方は山間部の士族で地主で役人だったので終戦直後も何も困らなかったらしいが、忌まわしき農地改革でごっそり持って行かれて今は単なる自作農。
    母方は長命な家系なのだが本家があまりそういうものに関心が無かったようで、母親は早いうちにばぁちゃんに聞いとけば良かったと後悔している。
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月13日 23:15  ID:nnzGeDtX0 このコメントへ返信
    ※47
    近い将来家系図ないと在日認定されてガス室送りにされるから今のうちに調べといたほうがいいよ
    帰化人家系ならご愁傷様。いまのうちに亡命した方がいいよ
    50. 名無し   2015年08月14日 00:15  ID:QuciouOF0 このコメントへ返信
    日本だと「姓」と「苗字」は厳密には違うもので、
    姓は元々出身氏族の名で藤原(ふじわらの)、源(みなもとの)という風に読む、
    苗字は勝手に名乗れるもので氏族とかが完全に過去の物となってから生まれたもの、だそうな。
    江戸時代の徳川幕府に仕えた旗本・御家人のうちでも、割と高位の家でも「苗字はあるけど本姓不明」の家もあったそうで、
    下剋上の世だった内に成り上がったんだろうなーと想像できたり。
    51. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 00:18  ID:1oS3Og220 このコメントへ返信
    そういやインドネシアには苗字がないケースがあったっけ
    例えば過去の大統領でスカルノやスハルトがそう
    52. 名無し   2015年08月14日 00:20  ID:QuciouOF0 このコメントへ返信
    英語の姓は職業姓も多いよね
    スミス(smith)…
    53. 名無し   2015年08月14日 00:23  ID:QuciouOF0 このコメントへ返信
    途中送信しちゃった
    Smith(スミス)…鍛冶屋
    Taylor(テイラー)…仕立て屋
    Potter(ポッター)…陶工
    とか
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 01:03  ID:JxhYe.5i0 このコメントへ返信
    ※36
    ムーミンはフィンランドだからまた名前の法則は変わってくるだろ
    55. 次元神ブルン   2015年08月14日 01:37  ID:K0HxVf3V0 このコメントへ返信
    りんちゃんも、これからは次元りんと名乗るといいよ。ブルン

    (´・ω・`) <二人の子の名前を考えるためにも、早速子作り開始だ!りんちゃん!
    (\∩ノ)
     しωJ

    56. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 01:53  ID:9wLZtILW0 このコメントへ返信
    あの体系論を好むヨーロッパ人たちが、出てくる事例の体系化がどうしてもできず、日本人の歴史ヲタたちの会話よろしく、「出てくる複雑な具体的事例の細かな紹介」に、ひたすら終始してるのが、妙に新鮮で微笑ましかった。たぶん、混乱の大元は、ある社会が「系譜を重視し、よく記録すること(血統概念)」と、その社会の言語において「子孫が系譜を一つの名で一貫して名乗ること(姓概念)」が、実は別物になっていることだと思う。こりゃ分からんよなあ。俺も「なぜ、この2つが連動せず別物になるのか」はさっぱり分からない。
    もう一つ、アイスランドという議論の初期設定からくるのかもしれないが、彼らの議論が、「ファーストネームの宗教性」を捨象して議論を続けていることも気になった。キリスト教の聖人名という、比較的少数の名前をファーストネームにつけ、カトリック圏などは、ここに一種の宗教的連帯を見る(ジョンさんは、世界の「ヨハネさん」と宗教的に連帯する)。これこそヨーロッパの人名に普遍的な現象で、こっちにも目を配らないと、議論の本質は見えてこないような気もする。
    57. 雀の涙   2015年08月14日 02:11  ID:g.MZrMRp0 このコメントへ返信
    ※55
    ついにICPOが性犯罪者の逮捕に来ちゃったね
    ttp://drazuli.com/upimg/file8013.gif
    58. 名無しのミリヲタ(39年もの)   2015年08月14日 02:15  ID:0xN7GzwX0 このコメントへ返信
    ※55
    ああゴメン、誤射した。
    ttp://drazuli.com/upimg/file8014.jpg
    59. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 07:00  ID:jGom9aYu0 このコメントへ返信
    ※55
    お母さん、あの人ちいさーい。
    黙って食べなさい。
    ttp://drazuli.com/upimg/file8015.jpg
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 08:09  ID:JZFIr67R0 このコメントへ返信
    ※54

    そもそもムーミンの作者のトーベ・ヤンソンのヤンソンは、この名前法則をもとにした名字。スウェーデン系フィンランド人。
    ~ソンが、完全に苗字化したタイプ。

    なので、無関係ではなかったり。
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 09:38  ID:.MvnK.lZ0 このコメントへ返信
    ※55、※57
    ブルンちゃん、その「次元」て苗字という設定だったんかーい!w
    次元大介の親戚かなにかか?w
    あと、銭形のとっつあんて、次元や五右衛門に関してはほとんどスルーしてるのがおもしろいよねw

    そういや、ルパンの仲間たちって、家族の話とか全くといっていいほどなかったよね
    せいぜい、ルパンの親父や爺ちゃんの名前が出てくるぐらいで
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 09:45  ID:.MvnK.lZ0 このコメントへ返信
    ※41
    そういや、バカボン一家の家の表札が「バカボン」だったよなw(アニメ無印第1話)
    わりとマジであれは苗字であり名前であるという設定かもしれん
    それだとハジメちゃんはなんなのって話になるけどw
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 12:08  ID:g3Qr3U4I0 このコメントへ返信
    アイスランドの先祖は男系で言えばたった2人のバイキングに遡れるそうな。
    移民が来ても結局はその2人のどちらかの子孫と結婚する事になる。
    64. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月14日 21:12  ID:y01zhkJ.0 このコメントへ返信
    スレタイ見た時点で結論は定まってる。
    要するに「アホ」だな。
    65. 名無しよん   2015年08月14日 21:53  ID:uqEThz5h0 このコメントへ返信
    ※62
    バカボンが生まれた時点で「わしはバカボンのパパで、ここはバカボンの家なのだ」ということで表札が書かれ、
    その家に「初めて」生まれたのがハジメな〜のだ〜という世界観なのではないだろうか(笑)
    66. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月15日 22:41  ID:DTKaBn8Q0 このコメントへ返信
    Comment by Sr_Citizen 190 ポイント

    ↑ははw 「Po」はドイツ語だと「戦利品」って意味。

    エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)「オモロないわ。」
    ttp://drazuli.com/upimg/file8037.jpg
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月16日 06:17  ID:Fwnozq.E0 このコメントへ返信
    いつもいつも勉強になる翻訳ありがとうございます。
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2015年08月17日 11:55  ID:4g4w7PhT0 このコメントへ返信
    ビルマは苗字がないので、アンサンスーチーさんも両親とおじいさんの名前を組み合わせて作ったファーストネームらしい。
    だから、スーチーさんなどと略して呼んではいけない。

    同様にモンゴルにも苗字がない。
    チンギスハーンのハーンは王だか皇帝だかを意味する称号であって姓ではないらしい。
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2015年09月15日 17:44  ID:iXoOGbV20 このコメントへ返信
    ※35
    それは単に記録が残ってないだけで、実際には名前はあったでしょ。
    紫式部も本名は不明だけど、古代〜平安あたりの女子の名前は漢字はわかってもどう読んだか不明なものも多い。皇后定子は現代では「ていし」と読むけど、実際は「さだこ」だったかもしれないし、「彰子」も「しょうし」じゃなくて「あきこ」だったかもしれない。普通に考えて後者の可能性のが高いけど、はっきりわからないから音読みで読むようになっている。

    あの頃の文化は名前ではなく肩書きで呼ぶのが当たり前だったから、源氏物語なんかでも名前ではなく住んでいる場所(桐壺とか藤壷とか六条の御息所とか)で呼ぶ事が多かった。だから本名はあまり知られてないまま埋もれていってしまったケースが多いんじゃないかな。


    画像投稿(アップローダーを開きます)