コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by Free_lo

「これは絶対に見るべき」だと思うドキュメンタリーってなに?


reddit.com/r/AskReddit/comments/3n4lnu/reddit_what_are_some_must_see_documentaries/
reddit.com/r/AskReddit/comments/3d9w8k/what_documentary_would_you_recommend_everyone/
reddit.com/r/AskReddit/comments/3n7i8i/what_are_some_must_watch_documentaries/
reddit.com/r/AskReddit/comments/1oulsv/what_are_some_documentaries_that_blew_you_away/
reddit.com/r/AskReddit/comments/24ukfb/what_is_the_best_documentary_you_have_ever_seen/
reddit.com/r/AskReddit/comments/1gkty4/what_is_the_best_documentary_youve_ever_watched/
reddit.com/r/AskReddit/comments/2lec5n/reddit_what_are_some_must_see_documentaries/
reddit.com/r/AskReddit/comments/1e5afl/what_are_your_must_see_documentaries/
reddit.com/r/AskReddit/comments/26cmzg/what_is_the_most_interesting_documentary_youve/
reddit.com/r/AskReddit/comments/29go83/what_are_some_documentaries_that_everyone_needs/
※ネタバレになっているコメントは省略するか曖昧な表現にしています。
※日本でも公開されている作品をなるべく優先して載せています。

関連記事
「外国人があまり知られてない面白い映画を紹介するスレ」海外のまとめ
「自国が正確に描かれている映画を外国人が紹介するスレ」海外のまとめ
「ラストが完璧だと思う映画を外国人が紹介していくスレ」海外のまとめ
「駄作かと思いきや実は傑作だった映画を外国人が紹介していくスレ」海外のまとめ
「プロットはお粗末でも作品としては秀逸な映画を外国人が紹介するスレ」海外のまとめ
「好感を持てる悪役が登場する映画を外国人が紹介するスレ」海外のまとめ
外国人「クソ映画過ぎて逆に良い映画を紹介する」海外のまとめ



Comment by cognitivezombie 3475 ポイント

「レストレポ ~アフガニスタンで戦う兵士たちの記録~」

 Comment by FishHookToo 1041 ポイント

 ↑これを書き込むためにこのスレ開いた。

 「レストレポ」は実際に戦場で戦っている部隊がどんな感じなのかということが非常に良く分かる。ニュースで聞くような戦争とは全くの別物。

 Comment by isliterallyalobster 39 ポイント

 ↑「First Kill」も戦争のドキュメンタリーとしてはかなり良い。

 Comment by MrMagicpants 33 ポイント

 ↑「アルマジロ」もチェックしてみて。これの内容はアフガニスタンのデンマーク人兵士について

15名の米兵が配置されたアフガニスタン・レストレポ前哨基地。"レストレポ"とは戦死した衛生兵の名だ。いつどこから敵に襲われるかわからない緊張と恐怖…最も危険な戦線のひとつといわれているコレンガル渓谷における兵士たちの日常に密着した、実験的なドキュメンタリー。



アフガニスタンの最前線アルマジロ基地。国際平和活動(PSO)という名の下に派兵されたデンマークの若い兵士たちに7ヶ月密着撮影を敢行した。アルマジロ基地はNATOが統率する国際治安支援部隊(ISAF)の一つでイギリス軍とデンマーク軍が駐留している。

平和な都市生活から前線基地での軍務。タリバンを敵とする偵察活動という戦争の日常のなか、数回の交戦で極度の興奮状態を体験した若い兵士たちは戦争中毒に陥っていく。



Comment by burgerdog 2750 ポイント

「二郎は鮨の夢を見る」

 Comment by whatisthis- 210 ポイント

 ↑ドキュメンタリー関係のスレでこれが高評価されないっては多分不可能。

 Comment by Aspiring__Writer 32 ポイント

 ↑これ「Netflixにあるお勧めの番組や映画ある?」ってスレで見た。

 学校で見たけどほんと素晴らしかった。あと一流のスシをすごく食べてみたくなる。

ミシュランガイド東京三つ星に輝く「すきばやし次郎」
世界を魅了する“奇跡の味"に隠された87歳の鮨職人、小野二郎の生き方。

東京・銀座の地下にあるたった10席ほどの鮨店・すきやばし次郎の店主・小野二郎。
87歳の今でも職と技に対するこだわりを持つ彼が握る鮨は、「ミシュランガイド東京」で5年連続で最高の三つ星の評価を受け、フランス料理最高シェフのジョエル・ロブションや、ハリウッドセレブなど、世界中の食通たちをうならせてきた。
そんな彼の作り上げていく鮨の味に驚嘆し、職人としての技や生き様に魅了された、アメリカ人監督のデヴィッド・ゲルブ。
あのメトロポリタンオペラの総帥、ピーター・ゲルブ氏の息子でもある彼は、来日中に「すきやばし次郎」の鮨と出会い、その芸術性に感動して映画制作を決意。約3ヶ月にわたり東京、静岡と密着取材を敢行した。日本人の私たちが忘れかけた、親子であり師弟でもある二人の息子を通じて描かれる、二郎の仕事に対する誠実な姿勢。偉大なる父への敬意、そして葛藤…。

世界が認める名店を支える者たちのプライドと仕事にかける情熱を、温かくもモダンな映像とクラシック音楽の旋律とともに美しく浮かび上がらせてゆく。



Comment by buckblue 863 ポイント

「マン・オン・ワイヤー」

ただただ素晴らしい・・・

1974年8月7日朝、ニューヨークのワールド・トレード・センター。そのツインタワーを綱渡りで渡ろうとしたフランスの大道芸人がいた。
彼の名はフィリップ・プティ。高さ411m・地上110階という巨大な2つの建物の間にワイヤー(綱)を渡してその上を歩くのだ。命綱はない。彼は、なぜこんな危険をおかすのか?
実は、このフィリップ・プティ、ツインタワーが建設されることを知った6年も前から「あのタワーの間で綱渡りをしたい。」という夢を持っていたのだ。しかし、ツインタワーの警備は厳重だ。その上、距離にして42mも離れた両タワーの間に200kgの鋼鉄のワイヤーを渡さなくてはならない。
計画を成功させるため、ヘリコプターからの空撮、新聞記者を装っての侵入、あるいはビルの中にスパイを送り込む…その様子はまるで銀行強盗さながらでもあった。
また、仲間の裏切りなど予想外のアクシデントもプティたちの行く手を阻む。果たして、彼らは綱渡りを成功させることができるのだろうか?
驚愕と感動の傑作ドキュメンタリー!



Comment by 248Spacebucks 626 ポイント

「ブラックフィッシュ」

海の世界は誰に対しても友人ではないと。

水族館で飼育中に数人を死亡させたシャチの“ティリクム”に迫ったドキュメンタリー。監督兼製作のガブリエラ・カウパースウェイトは、シャチの驚くべき生態、悲惨な飼育状況、トレーナーたちの人生と失われた命、数十億ドル規模の水族館産業が彼らにもたらすプレッシャーについて探り、ショッキングな映像や感情に訴えるインタビューを集めた。



Comment by KeySlapper 507 ポイント

「How to Die in Oregon」を見たら尊厳死法についての自分の考えがかなり変わった。

悲しい内容だけどね。

 Comment by notAbigail 94 ポイント

 ↑これは絶対に視聴するべき。ただ赤子のように泣く自由な時間が数時間ある時にだけ見るべき。


Comment by futuredrew 786 ポイント

「グリズリーマン」

これNetflixで四回見た。ティモシー・トレッドウェルという個人的にも性的にもかなりの問題を抱えた男性についてのドキュメンタリー。

俳優になろうとしていたんだけどドラッグに溺れてて、そこから足を洗ってアラスカで熊と一緒に暮らすことに決めたんだ。

 Comment by CaptainH00die 136 ポイント

 ↑誰もヴェルナー・ヘルツォークのドキュメンタリーを挙げてなくて驚いた。

 「グリズリーマン」は彼の作品の中でも傑作。

12年間にわたってアラスカでグリズリーの保護活動をしていた男、グリズリーマンことティモシー・トレッドウェルの姿を描いたドキュメンタリーである。

本作は基本的に、その残された映像、つまり生前の彼自身が監督・出演しているセルフドキュメンタリーフィルムによって構成されている。

グリズリーマン


Comment by Imdouce 923 ポイント

「ホットコーヒー裁判の真相~アメリカの司法制度~」

俺達はコーヒーをこぼした件でマクドナルドを訴えた女性の話については聞いたことがあるだろ?

このドキュメンタリーを見た後はこの件について全く違った感想を持つようになる。

アメリカでは大手企業が様々な手を使い、自分に有利なように司法制度を変えようと活動を行っている。ともすれば力の無い個人は大手企業に立ち向かえず、裁判で不利な立場に追い込まれる例が後をたたない。企業を相手取って裁判を闘ってきた法廷弁護士が、こうした実情を明かすため、ディレクターとして四つの実例を取り上げ大企業の横暴を告発する。

ホットコーヒー裁判の真相 ~アメリカの司法制度~ 前編


Comment by wuroh7 553 ポイント

「Dogtown and Z boys」はスケートボーディングについて全く知らない人にとっても素晴らしい作品

「Riding Giants」も同じ監督が製作した良作。

1970年代初めにL.A.のドッグタウンと呼ばれる地域で生まれた新たなスケートボードのスタイルは、単なる遊びの枠を越え、若者たちの間でファッションから生活スタイルにまで影響を与える一大ムーブメントへと発展していった。そんなスケートボード・シーンで中心的な存在だった“Z-BOYS”の活動を追ったドキュメンタリー。

DOGTOWN & Z-BOYS(2001)


Comment by wtfdizzy 773 ポイント

「フード・インク」は極めて素晴らしい。

あと「ガスランド」も。どっちも絶対見るべき!

体にいいオーガニック・フードとスーパーに並ぶお手頃価格の“フード”。同じ食品でも価格にこれほど差があるのはなぜなのか?その理由は農業が巨大企業になってしまった異常な食事情にあった…。

この問題作をプロデュースしたのは映画『ファースト・フード・ネイション』の元となった「ファーストフードが世界を食い尽くす」の著者であるエリック・シュローサー。アメリカでは農業の工業化問題の第一人者と言われる彼と、監督のロバート・ケナーとが、実に6年もの歳月をかけ完成させた。知らない間に大きなシステムに組み込まれてしまった私たちが、今、本当に食べたいものは何なのか?観れば必ず今日のごはん選びが変わる、フード・ドキュメンタリー。

フード・インク [DVD]
フード・インク


『ガスランド』(Gasland)とは、ジョシュ・フォックスが2010年に脚本・監督を務めたアメリカ合衆国のドキュメンタリー映画。天然ガス掘削や水圧破砕法が引き起こす深刻な水質・大気汚染に悩まされている、合衆国内の地域住民にスポットを当てた作品である。

ガスランド


Comment by rhymeswithsymmetry 797 ポイント

「フープ・ドリームス」

すまん、これスポーツについてのドキュメンタリーなんだけどシカゴのゲットーの様子がよく分かる秀作なんだよ。

シカゴ郊外の貧困地域に暮らし、NBAのスターを夢見るふたりの少年の栄光と挫折をつぶさに捉えたドキュメンタリー。アメリカに暮らす黒人たちの抱える社会問題と、少年たちの力強い生き様がヒップホップと共にビビッドに伝わる秀作。



Comment by conflictedkitten 2260 ポイント

「フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白」

これ見て彼に対する意見がガラッと変わった。

彼は当時必須だったことと、自分が正しいと思っていた事の狭間でもがいていたってことを語ってる。

素晴らしいドキュメンタリー。

 Comment by Will_Fistfight 131 ポイント

 ↑これ。あとエロル・モリスが製作したドキュメンタリー全部。

キューバ危機では核戦争が起きる寸前だった!
原爆投下の裏側には?
東京大空襲で10万人が犠牲になった背景には?
ベトナム戦争泥沼化の原因は?
人間ケネディの苦悩ジョンソン大統領との対立



Comment by pumper911 2142 ポイント

「ザカリーに捧ぐ」

 Comment by Cult_films 1120 ポイント

 ↑これを見る時は大量のティッシュを忘れずに用意しておくこと・・・

 Comment by __andnothinghurt 435 ポイント

 ↑これこのサイトでよく耳にするからようやく見てみたけど、これがどれ程心にくる作品かってみんなが言っていたのは100%本当だった。

 これを見終わったときの自分の感情を表現する言葉が見つからない。

2001年に殺害されたアンドリュー・バッグビィの子供の頃からの友人である監督による作品。
アンドリュー・バッグビィは、ペンシルヴァニアの駐車場で殺害される。
その第一容疑者であった彼の元ガールフレンドは、
アンドリューの子供を妊娠・出産し、ザカリーと名付ける・・・。



Comment by ReverendIrreverence 180 ポイント

「ザ・コーポレーション」

 Comment by durkdurkistanian 13 ポイント

 ↑このドキュメンタリーを見てドキュメンタリーにハマるようになった。

 Comment by vomitwolf 5 ポイント

 ↑これ、これアンドこれ。ほんと質の高いドキュメンタリー

 Comment by OHMmer 2 ポイント

 ↑全然評価されてなくて悲しい。「サバイビング・プログレス - 進歩の罠」を見たことはある?
 http://www.youtube.com/watch?v=3DuampumYoc

マイケル・ムーア監督をはじめ、総勢40人の証言を基に構成された社会派ドキュメンタリー。「株式会社は誰のものか?」という議論から、連続する企業の不祥事の原因、さらには郵便事業民営化問題など、混沌とした社会問題の答えを導き出す。


『サバイビング・プログレス 進歩の罠』は、人類の進歩の物語が荘厳なものであると同時に諸刃の剣であることを表現している。私たちのノウハウの集積である頭脳が5万年もの間アップグレードされていない古びたハードウェアであるにもかかわらず今も動き続けていることは、21 世紀における甚大なリスクである。表現豊かな映像、そして臨場感あふれるサウンド。映像作家マチュー・ロワとハロルド・クロックスが、洞窟の住人から宇宙探検家に至る人類の進歩をじっくり見つめる旅へと導いていく。



Comment by kmuelle6 228 ポイント

「ウォーキングwithダイナソー~驚異の恐竜王国」

これが出たのは僕が第二学年の時だったけど・・・それから飽きることなく何度も何度もこのシリーズを見てる。

 Comment by FiachB7 8 ポイント

 ↑これほんと良い番組だよな。

 俺子供の頃彼が本物の恐竜を観察していたんじゃないかと思ってたくらいだもん。

 この番組が打ち切りになったのは製作費がかさむようになったからだと思う(間違っていたら訂正して)けどまたテレビで放送して欲しい。

  Comment by kmuelle6 7 ポイント

  ↑いやそれ打ち切りになったんじゃなくてミニシリーズになった。「walking with monsters」「walking with dinosaurs」「walking with beasts」なんかがある。どれも良いよ!

『ウォーキングwithダイナソー~驚異の恐竜王国』 (Walking with Dinosaurs) は、1999年にイギリスのBBCが製作したテレビシリーズである。

全6エピソード。三畳紀から白亜紀に渡る中生代の世界を描いている。エピソードごとに主役級の恐竜や古生物を設定し、彼らに焦点を合わせつつ、共に生息する他の恐竜・古生物の生態、その時代の自然環境をリアルに再現している。予算と期間を潤沢にとった製作規模が実現した、製作時における最新の情報が盛り込まれた高品質な映像によって、恐竜ドキュメンタリー屈指の名作となっている。

ウォーキングwithダイナソー~驚異の恐竜王国


Comment by flotiste 144 ポイント

「ホドロフスキーのDUNE」

かつてない衝撃。

1975年、アレハンドロ・ホドロフスキー46歳(映画監督)、ミシェル・セドゥー28歳(映画プロデューサー)という2人の男は荒唐無稽で壮大な映画を企画した。撮影を前に頓挫したその作品は、「映画化不可能」と言われた小説、フランク・ハーバートの「DUNE」を原作に、そうそうたる面子をキャスト・スタッフに配し、莫大な予算と、12時間にも及ぶ上映時間を予定していたという。

本作は、この“映画史上最も有名な実現しなかった映画"と言われ伝説となったホドロフスキー版『DUNE』の顛末と、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥー、ギーガー、レフン監督等のインタビュー、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリーである。



Comment by strollingchimp 240 ポイント

「Indie Game: The Movie」

この映画でゲーム開発にどれ程のものが注ぎ込まれてるかを見て眼を見開かれる思いだった

 Comment by sparq_beam 1 ポイント

 ↑似たようなものだと「Ecstasy of Order」

 これはハイレベルなテトリスプレイヤーについてのドキュメンタリー。

 聞いただけだとつまらなそうだと思うかもしれないけど実際はかなり良い作品だよ。

この映画は、インディーゲーム開発者を取り巻く環境、彼らの抱える苦悩などを描いたものだ。インディーゲーム台頭という華々しい活躍のすぐそばで、彼らが何に触れ、どんなことを感じているのかに迫ったドキュメンタリーである。

『Indie Game The Movie』という映画は、ゲームを愛するすべての人必見


1990年の「ニンテンドー・ワールド・チャンピオンシップ(任天堂世界選手権大会)」におけるThor Aackerlund氏の歴史的な勝利から、Harry Hong氏による「Max-Out(最高得点到達)」に至るまで、その20年にわたるテトリス・マスターたちの年代記がこのドキュメンタリー映画「Ecstasy of Order(エクスタシー・オブ・オーダー)」です。

テトリス・マスターたちが世界の頂点を目指す映画「Ecstasy of Order」


Comment by QueueJumpersMustDie 119 ポイント

「ザ・コーヴ」は結構な良作。まあ相当気が滅入ることになるけどね。

あと日本の漁師のことがちょっと嫌いになる。

 Comment by PuppiesCantSwim 14 ポイント

 ↑このドキュメンタリーの字幕はかなり間違ってる。これわざとなんじゃないかと思う。

  Comment by asu601 2 ポイント

  ↑ソースは?

   Comment by PuppiesCantSwim 1 ポイント

   ↑日本語も英語も流暢に話せる俺。

世界各地のイルカ漁や捕鯨問題をテーマに、第82回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞したドキュメンタリー。イルカ解放家として活動するリチャード・オバリーが、捕鯨やイルカ漁で栄えてきた和歌山県の太地町の実態に迫っていく。



Comment by callatim000 224 ポイント

「クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」

元モデルにして限りなくグラマラスを追及する女ジャッキー・シーゲルと、ジョージ・W・ブッシュを大統領にのし上げた男デヴィッド・シーゲルの夫妻は、タイムシェアで巨万の富を得る不動産王として大富豪に成り上がり、フロリダに総工費100億円をかけ、ベルサイユ宮殿を模したアメリカ最大の自宅建築を決意した。
ケタ外れの豪邸完成の暁にはアメリカンドリームの頂点に立つ…はずだった、世界最大の経済危機リーマン・ショックが起きるまでは。
会社が崩壊の窮地に立ち急激な節約生活を強いられるも、いまひとつ危機感のない妻ジャッキー。
金策に奔走し追い詰められていく夫デヴィッドとの溝は深まるばかり。
はたしてこの二人の行く末は…。



Comment by Lt_Rooney 134 ポイント

「How Beer Saved the World」

これはまさに君が今考えているであろうことについてのドキュメンタリー。

人類の文明の支えや発展にビールがどんな風に貢献したかという内容。

 Comment by Qweniden 7 ポイント

 ↑こんなこと言いたくはないんだけどこのドキュメンタリーの中で論理の飛躍や明らかに間違ってることが混じってたりする。

米国のDiscovery ch.で放送されたビールにまつわるドキュメンタリーなのですが、その内容がビールと言う飲み物がいかに人類の歴史に貢献してきたかを学者が真面目に語っています。

How Beer Saved the World


Comment by timeywimeystuff1701 246 ポイント

「ベイビーズ -いのちのちから-」ってドキュメンタリーがある。

これはそれぞれ違った文化でどんな風に赤ちゃんを育ててるかって内容。

個人的には良かった。

 Comment by Celery0331 22 ポイント

 ↑映画で見たけど喋らなくてもかなり意思疎通できるってのは凄かった。

 確かに違っている所を描いてはいるけど、それでも人間が実際どれほど似ているかということも描いてるよ。

命、あふれる。
アメリカ、アフリカ、モンゴル、日本、4つのいのちを追った、成長のドキュメンタリー
2009年4月に、この世に誕生した4人の赤ちゃん。アメリカ、ナミビア、モンゴル、そして日本。同じ時代に生まれ、全く違う環境で育つ彼らは、それぞれどのように成長していくのだろう?本作は、世界各国の赤ちゃんたちが、誕生してから初めの一歩を踏み出すまでという、最も特別な1年間をじっくりと撮り続けた、いまだかつてないドキュメンタリーです。



Comment by bligatoryhendrixperm 409 ポイント

「God Grew Tired of Us」

アメリカ合衆国に移住した南スーダンの戦争孤児についてのドキュメンタリー。

 Comment by blindeatingspaghetti 13 ポイント

 ↑身の回りにあるものがあって当然だと思ってる人はこれを絶対に視聴するべき。

 この映画は自分のキャリアを変えることになった(ジャーナリズムから難民関係の仕事に)

 Comment by Fred_Zeppelin 6 ポイント

 ↑あまり馴染みがない人はDave Eggersの「What is the What」って本を読んでみて。

 これはValentino Achak Dengという名前の失われた男の子についての伝記。これ色んな人にお勧めしてる。

スーダンの内戦により、難民となることを余儀なくされた25,000人の若い男の子たち。長い長い徒歩の旅を経てたどり着いたケニヤの難民キャンプで、国連の援助を受けながら暮らしている彼らには、将来の展望が見えません。
そんな彼らのうち、何人かが移民としてアメリカに迎え入れられることに。

初めて乗る飛行機やエスカレーター、加工された食品やテレビに驚き、あわてる微笑ましい姿も束の間、アメリカでの生活を始めると、自国の状況、離れ離れになった仲間や家族への思い、先進国と発展途上国の違い、色々なことが明確になってきます。

「神様は僕らにうんざりしてしまったんだ(God grew tired of us)。」
自分たちの状況をそう語る難民の一人ジョン。それでも、仲間の難民や家族のため、朝から晩まで働いて、仕送りを続ける日々。そして数年が経ち、大学で勉強しながらさまざまな知識を得、スーダンのことを先進国に理解してもらう活動を起こし、スーダンに学校や病院を建てるまでに成長します。

ブラッド・ピットやニコール・キッドマンが 支持する、スーダンの難民の実状を描いた ドキュメンタリー映画 「God Grew Tired of US」


Comment by Porakone 3369 ポイント

「The king of kong」

「1980年代初期、ビリー・ミッチェルが打ち立てた記録は25年間維持されてた。このドキュメンタリーはワシントン出身の真面目な教師であるスティーブ・ウィービーが失業中にその記録に挑んだもの。」

 Comment by [deleted] 1629 ポイント

 ↑何が面白いかってこのドキュメンタリーはつまんなさそうな臭いがぷんぷんしてて、あらすじ読んだ大半の人が見ることはないって事。

 これほんと素晴らしいからみんな見るべき。

 80年代初頭に流行った「パックマン」等と同じ種類のアーケードゲームでお馴染みの「ドンキーコング」。これはスーパーマリオシリーズのマリオが登場した初めてのゲームとしても知られている。プレイヤーはマリオを操り、ドンキーコングにより投げられる樽や火の粉などを避けながら、レディーを助けるという1 面完結のゲーム。シンプルではあるものの、発明された歴代ビデオゲームの中で一番難しいとされている。

 この「ドンキーコング」で歴代記録を叩きだしたのがビリー・ミッチェル。この記録は20年もの間破られる事はなかった。彼は1999年にパックマンでも完全制覇を成し遂げている。そのビリー・ミッチェルの記録を更新しようとある男が立ち上がる。彼は中学校の科学の教師スティーブ・ウィービー。そしてビリーとスティーブによる「ドンキーコング」チャンピオンを争う戦いが始まる。その記録をまとめたのが『King of Kong:A Fistful of Quarters』というドキュメンタリー映画である。

The King of Kong:A Fistful of Quarters - 岡本太陽


Comment by fauxreality 2838 ポイント

「アイルトン・セナ ~音速の彼方へ」

 Comment by groff200 540 ポイント

 ↑俺なんかF1のファンですらなかったけどこのドキュメンタリーは素晴らしいと思った。

 セナは素晴らしかったし、その死は残念。

34歳の若さでこの世を去った天才F1ドライバー、アイルトン・セナの真実に迫ったドキュメンタリー。94年のサンマリノGPで衝撃的な事故死を遂げたセナの生涯を、レース映像やプライベート映像を交えて振り返る。



Comment by AltInnateEgo 1908 ポイント

「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」は芸術に対する見方が本当に変わった。

 Comment by cmf2071 124 ポイント

 ↑素晴らしい映画ではあるけどドキュメンタリーではないと思う。

ビデオ撮影が趣味の男ティエリー・グエッタが様々なグラフィティ・アーティストと出会い、彼らの素顔を撮影するうちに念願だった伝説のバンクシーとの接触が叶う。
本人はアートの知識も技術もないティエリーはやがて、バンクシーによってアーティスト "ミスター・ブレインウォッシュ" に仕立て上げられ、ついには個展を開くことに。
全ては仕組まれたことなのか、あるいはリアルなドキュメンタリーなのか…。



Comment by rickyt3292 1709 ポイント

「Cocaine Cowboys」

マイアミがヤバい所だってことは知ってたけどあそこまでヤバいとは思ってなかった。

 Comment by ruttin_mudders 2 ポイント

 ↑君は「The Two Escobars」をチェックしてみるべき。
 http://espn.go.com/30for30/film?page=the-two-escobars

比較的警察の数が少なく、海路によって南米からのアクセスも容易だったマイアミは1970年代の後半からコカインやマリファナといった麻薬の密輸が急激に増え始め、何百キロ・何千キロといった量の麻薬がマイアミへと流れ込んでいく。これによって麻薬ビジネスに関わっていた者たち(特にコロンビアン・マフィア)には莫大な富がもたらされるものの、これと同時にマフィア同士の抗争も増加し、幼い子供を含め年に500人以上もの人が殺されるという異常事態に発展する。

これを重く見たマイアミ警察は警官の大幅な増員をはかるものの「麻薬の経験がある者はお断り」という制限のおかげでろくに人が集まらない始末。警官の殺害や汚職逮捕も増加し、マイアミの事態は全国的な問題へと発展していく。そんななか、ビジネスの大半を牛耳るコロンビア人の女ボスの存在が明らかになってくる…。というのが大まかなプロット。

「COCAINE COWBOYS」鑑賞


Comment by Saganated 1035 ポイント

「コスモス」

 Comment by Just_Another_Swede 43 ポイント

 ↑カール・セーガンの説明の仕方は滅茶苦茶上手いから物理学や宇宙のことを全然知らない人でも理解できる。

 彼が人類が如何に破滅的な存在なのかということを語ったときの声が悲しそうで涙が出そうになった唯一のドキュメンタリー。

コスモス (COSMOS) は天文学者のカール・セーガンが監修し、1980年にアメリカで初放送されたテレビドキュメンタリー。

コスモスは空前の視覚効果を伴った世界初の宇宙に関する超大型ドキュメンタリー番組であり、世界中60カ国以上に配信され、大きな話題をさらった。1981年、エミー賞の部門賞を受賞。放映依頼、再放送やビデオ、DVDの販売もされており、セーガンが他界した1997年までにその視聴者数はのべ5億人と謳われ、The Science Channelによると、現在は6億人に達している。

コスモス (テレビ番組)


カール・エドワード・セーガン(Carl Edward Sagan, 1934年11月9日 – 1996年12月20日)は、アメリカの天文学者、作家、SF作家。元コーネル大学教授、同大学惑星研究所所長。NASAにおける惑星探査の指導者。惑星協会の設立に尽力。核戦争というものは地球規模の氷河期を引き起こすと指摘する「核の冬」や、遺伝子工学を用いて人間が居住可能になるよう他惑星の環境を変化させる「テラ・フォーミング」、ビッグバンから始まった宇宙の歴史を”1年という尺度”に置き換えた「宇宙カレンダー」などの持論で知られる。

カール・セーガン


Comment by fred_fred_burgerr 1089 ポイント

「I know that voice」は声優についてのドキュメンタリー。

これは素晴らしいんだけどカートゥーンに興味が無い人には面白いとは思えないかも。

もっとガツンとくるようなドキュメンタリーがお望みなら「The Wild and Wonderful Whites of West Virginia」。これ何度も見てしまう。

アメリカの山奥に住む、貧しくも"アナーキー"な白人一家を追ったドキュメンタリー。数多くの犯罪に手を染め、司法をもさじを投げた彼らの暴挙の裏には、アメリカの裏面史ともいえる移民たちが抱えた悲しき物語があった──。

明るくもアナーキーな白人一家が抱える闇


Comment by KIM_JONG_1Ls_DONKEY 1230 ポイント

北朝鮮内についてのViceのドキュメンタリー。
https://www.youtube.com/watch?v=24R8JObNNQ4

北朝鮮がどんな感じなのかという貴重な様子を見ることができる。三部作。

 Comment by Zombie46 103 ポイント

 ↑去年の九月に北朝鮮に行ったけど行く前見るにはこれがお気に入りのドキュメンタリーだった。

 行ってから感じたことだけど、このドキュメンタリーの殆どは今でもかなり正確だけど写真を撮影したりすることは結構気楽に出来た。

 それに事前に準備さえしておけば北朝鮮に行くのはそんなに難しいことではない。


Comment by hornyhooligan 976 ポイント

「インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実」

これは2008年の金融危機についてのドキュメンタリー。

非常にレベルの高い映画製作で、責任のある人に対してかなり突っ込んだ質問をしてる。

あと金融の世界がどんなふうに機能しているのかということも非常に良く説明してる。

 Comment by bopplegurp 315 ポイント

 ↑似たような感じだと「エンロン 巨大企業はいかにして崩壊したのか?」

 これはエンロンの崩壊についてのドキュメンタリー。これ見ると金融界のトップのことが嫌いになる。

リーマン・ブラザーズ経営破綻を皮切りに起きた経済崩壊の真実に迫る社会派ドキュメンタリー。政治家、ジャーナリストなどへのインタビューやリサーチを積み重ね、諸問題の本質にメスを入れる。



ベストセラー本「The Smartest Guys in the Room」を基に、エンロンの元社員の証言、内部資料として残された衝撃的なビデオ映像や音声テープによって、想像をはるかに超えた企業ヒエラルキーの乱用と、モラルのかけらもない企業精神の発露を暴く。その内情は恐るべきものであり、いち企業が政界や経済界を巻き込みながら急成長し、崩壊するまでの経緯と、強欲に充ちた人間ドラマを炙り出す。



Comment by danrennt98 1270 ポイント

「Dark Days」

これはニューヨークシティの地下鉄の地下に住んでるホームレスたちについてのドキュメンタリー。

非常に興味深い。一部の人なんか電子機器やテレビを持ってるくらい。非常に汚いけどそれぞれが自分の住む所や家族がそこにはある。

ヤバいのと素晴らしいのと恐ろしいのが同時に襲ってくる。

http://www.imdb.com/title/tt0235327/


Comment by SunsetFae 1019 ポイント

「The Thin Blue Line」

本作で描かれるのは、76年にダラスで起きた警官射殺事件。尋問するために車を停車させた警官。てそれを車内から射殺した容疑者ふたり。事件の再現映像とともに、容疑者や関係者の証言映像で構成され、全編に流れるのはフィリップ・グラスの音楽。射殺犯ランドール・アダムズには死刑が宣告される。同乗していたのはデビッド・ハリス。前科があり、精神病を患った16歳の少年であった。やがて映画が進行していくにつれ、事件の真相は思いも寄らぬ方向へ歩み始める。

クライテリオンからのお知らせ《3》 エロール・モリス監督作 『ザ・シン・ブルー・ライン』


Comment by Stoltz3 1165 ポイント

「運命を分けたザイル」
http://en.wikipedia.org/wiki/Touching_the_Void_(film)

ペルーのアンデス山脈のシウラ・グランデに二人の男性の死すれすれの体験についてのドキュメンタリー。

まるで彼らと一緒に登山しているかのような感じがしてくる。

あとこれはNetflixにもある!

 アンデス山脈にある前人未到のシウラ・グランデ峰登頂に挑んだジョーとサイモン。しかし天候の悪化によって、ジョーが片足を骨折する。サイモンは、2人とも命を落とすか、あるいは動ける自分だけが助かるべきかで悩み、ジョーとの命綱であるザイルを切る選択に迫られる。実話を基にしたノンフィクション文学のベストセラーを、ドキュメンタリーかと見紛うような映像で再現した一作。

   実際にアンデスやアルプスでロケが行われ、大自然のスケール感や恐怖が伝わってくる。とくに夜の雪嵐や、氷の割れ目であるクレバス内部の映像、雪に覆われた絶壁に豆粒のように貼りついた人間という遠景が圧巻だ。体感温度マイナス60度の過酷な状況下で凍傷が悪化していく過程も、これまでの雪山映画では表現しきれなかったリアル感が際立つ。劇中には、実際にモデルとなった人物も登場し、当時の様子を生々しく告白。究極の選択を迫られたサイモンの苦しみが観る者の胸に迫る。



Comment by Bitchcat 1022 ポイント

「Bully」

この子供には心から同情した。彼が欲しかったのは友人だったのに。

それにこういった状況下で大人たちは大して彼の助けになっていないように感じた。

 Comment by pumper911 252 ポイント

 ↑これ良いよね。もっと評価されても良いのに(この五年間で見たドキュメンタリーの中でもトップ5に入る)

 この映画の中で一番重要なことはこういった状況では教師というのが如何に大したことが出来ないかということ(君が指摘した通り)

 世の中の人間は子供に心を強くしろだとか先生に言えとかいうけどこういった事例では教師はこの状況を改善する役には全く立ってない。

何人かの子どもたちとその家族に焦点をあて、アメリカの学校でおきているいじめ問題についてを描いたドキュメンタリー映画。

Bully / 追いつめられて~アメリカ いじめの実態~ ~いじめにつてのドキュメンタリー


Comment by [deleted] 1363 ポイント

「ジーザス・キャンプ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~」

 Comment by heybrother11 165 ポイント

 ↑これ自分が住んでる所のすぐ近くで撮影されたんだけど、こういう人が本当にいるのは誓って間違いない。

キリスト教福音宣教会のフィッシャー女史が主催する子供のサマーキャンプを追ったドキュメンタリー。世界各地の福音宣教会信者の家庭から子供たちが参加するサマーキャンプでは、子供たちに原罪を懺悔させ、中絶反対を説き、ブッシュを奉っていた。



Comment by longlankin 1878 ポイント

「自己の世紀」。アダム・カーティスが製作した2002年のBBCのドキュメンタリー。

これは心理学の技術と、広告主や広報がどう使っているのかということについて。

インタビューや内容は目を見張るものがある。

 Comment by rumckle 300 ポイント

 ↑アダム・カーティスは素晴らしい。

 個人的には「テロとの戦いの真相」もお勧めしたい。これは中東でのイスラム過激派とアメリカ合衆国での新保守主義の台頭について。

『自己の世紀』(じこのせいき、The Century of the Self)は、イギリスBBCが制作し、2002年に4回シリーズで放送されたドキュメンタリー。

ジークムント・フロイトやアンナ・フロイトの精神分析学や、フロイトの甥であるエドワード・バーネイズが研究した群集心理学が、政府や企業による大衆心理の分析や操作にどう影響を及ぼしたかに焦点をあてたテレビ番組である。

すでに故人となった人物だけではなく、存命中の人物も忌憚なく映し出したドキュメンタリー・シリーズである。疑似科学もしくはオカルト科学者とされたヴィルヘルム・ライヒや、左翼・学生運動の扇動家だったジェリー・ルービン、存命中の人物では自己啓発セミナーにおける教祖的存在のワーナー・エアハードや元アメリカ大統領のビル・クリントン、加えてトニー・ブレア イギリス首相(当時)なども題材として取り上げている。

自己の世紀


『テロとの戦いの真相』(テロとのたたかいのしんそう、英: The Power of Nightmares: The Rise of the Politics of Fear)は、BBCで2004年に放送されたドキュメンタリー番組である。監督はアダム・カーティス。英国アカデミー賞のBest Factual Series or Strandを受賞した。

テロとの戦いの真相


Comment by AsianEgo 3048 ポイント

「プラネットアース」シリーズは大好き。

どのエピソードも最低三回は見てる。

 Comment by ayb 2486 ポイント

 ↑夜寝る時はこれで寝てる。酒とアッテンボローのドキュメンタリー。

 まるで祖父が自分に寝る時のお話を聞かせてくれるような感じがする。

 Comment by catch22milo 684 ポイント

 ↑自分の人生を語る人を選ぶとしたらデイビッド・アッテンボローにするわ。

ツンドラ平原を大移動する数万頭のカリブーの群れ、その後をつけ狙い襲いかかるオオカミ。乾期の砂漠で砂嵐に巻き込まれ、群れからはぐれてしまうゾウの母子、、、。地球には不思議に満ちた自然景観があふれ、そこには誰も見たことのない野生のドラマがあります。

これまで撮影困難だった大自然の景観。そして、千載一隅の決定的瞬間。これらをおさめるために、BBCが培ってきた世界第一線の自然・動物カメラマンの力と、NHKがもつハイビジョンの新しい技術が結集。全世界200カ所以上で大自然と向かい合いました。

撮影日数は、のべ2000日。コウテイペンギンの南極・越冬撮影、地底数百mで10日間キャンプしながらの洞窟撮影、山賊の襲撃におびえながらのユキヒョウ撮影など、限界への挑戦の連続でした。 そして誰も見たことのない私たちの「地球の素顔」をとらえることに成功したのです。 惑星・地球が作り出したダイナミックな環境と、そこに生きる生きものたちのドラマを、かつてないスケールで御届けします。

プラネットアース DVD-BOX 1 episode 1‾episode 4
プラネットアース DVD-BOX 1 episode 1‾episode 4


サー・デイビッド・アッテンボロー(Sir David Attenborough OM, CH, CVO, CBE, FRS、1926年5月8日 - )は、イギリスの動物学者、植物学者、プロデューサー、作家、ナレーター。

デイビッド・アッテンボロー


Comment by Twister-SF 50 ポイント

「スーパーマンを待ちながら」

これはアメリカ合衆国の公教育の現状と、悲惨な教育によって苦しむ子供についての気が滅入るようなドキュメンタリー。

『スーパーマンを待ちながら』(Waiting for "Superman")は、デイビス・グッゲンハイム監督、レスリー・チルコット製作による2010年のドキュメンタリー映画である。

チャーター・スクールに入学しようとする数人の子供たちを追いつつアメリカ合衆国の教育の問題点を分析する。

スーパーマンを待ちながら


Comment by ElPhingerLoco 366 ポイント

「バラカ ~地球と人類の詩~」と「SAMSARA」

哲学書「神話の力」をベースに、壮大な大自然と共に歩んできた人間たちの生活の様子を辿る、ロン・フリック監督の異色ドキュメンタリー映画。

バラカ~地球と人類の詩~


SAMSARA、輪廻転生を意味するこのサンスクリット語は聞きなれない言葉だが、古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語のようだ。

この言葉をタイトルに冠したドキュメンタリー映画「SAMSARA」は、フィルムメーカーのディレクターRon FrickeとプロデューサーMark Magidsonによって、25の国と5年以上の歳月を掛けて撮影されたもので、世界の観たことのないような地域の不思議な光景を探った圧倒的な美麗映像で映しだされる内容となっている。

食に対する意識を考えさせられる印象深い映像SAMSARA food sequence


Comment by christiansi1 72 ポイント

「Catfish」

のめり込む内容ではあるけど恐ろしくもある。

オンラインの世界は奇天烈な場でもあるんだなと。

NYCに住む写真家のNevのもとへ8歳の少女が描いた絵が届く。ミシガンに住むアビーという少女は新聞で見たNevの写真を絵画にして送ってきたのだ。それから2人の写真と絵の送りあいという交流が始まりNevの兄と友人はそれをドキュメンタリーにしようと提案する。アビーの家族とFacebookでも交流していき姉のMeganとは恋愛にまで発展しそうになるが、どこかおかしいと思った3人はミシガンを突然訪れることにする。そこで彼らを待っていた真実とは?

ソーシャルネットワークの怖さを描いた衝撃的なドキュメンタリー作品『Catfish』


Comment by Sodic 166 ポイント

「マーダーボール」

交通事故に遭って四肢マヒ障害を負ったズパン。だが彼は“車椅子ラグビー”、その格闘技を彷彿されるような激しいぶつかりあいを見せるため“マーダーボール”とも呼ばれるスポーツに巡り合い、現在はアメリカ代表選手となっている。同じくアメリカ代表チームの仲間もケンカや病気など、さまざまな理由で車椅子生活となった面々がいた。

そんな彼らは2002年、車椅子ラグビー世界選手権大会で世界ランキング5位のカナダと対戦。このカナダにはかつてアメリカで名選手と謳われたジョー・ソアーズがコーチに付いていた…。



Comment by PaganLibrarian 1 ポイント

ミュージシャンなら「永遠のモータウン」は見るべき。

1960年代から世界中に多くのヒット曲を送り出した音楽レーベル“モータウン”。その栄光を陰で支えたレコーディング・バンド「ファンクブラザーズ」に迫ったドキュメンタリー。インタビューや演奏などを収録。



Comment by wizard10000 115 ポイント

ラッシュ。「ビヨンド・ザ・ライテッド・ステージ」

 Comment by StickleyMan 75 ポイント

 ↑ミュージックドキュメンタリーだと「ラスト・ワルツ」も傑作。

 これはザ・バンドのコンサートについてでマーティン・スコセッシが監督してる。

カナダのハード・ロック・トリオ、ラッシュのドキュメンタリー。貴重なインタビューやライブ映像はもちろん、メタリカやフー・ファイターズ、スマッシング・パンプキンズといった豪華ゲストのコメントを交え、彼らのこれまでの軌跡を綴る。

ビヨンド・ザ・ライテッド・ステージ [DVD]
ビヨンド・ザ・ライテッド・ステージ


60年にロニー・ホーキンスのバック・バンドとして活動を始めた“ザ・バンド”が、76年11月25日、彼らが初公演を開いた場所、サンフランシスコのウィンターランドで解散コンサートを行ったドキュメンタリー・フィルム。スコセッシ監督のもと、当代一流のカメラマンを配して、一つの映像作品として独立した内容を持っている。



Comment by rumckle 98 ポイント

「The Trap: What Happened to our Dreams of Freedom」

これはアダム・カーティスによる三部作で我々のフリーダムやリバティについての概念が1950年以降どのように変化したのかということについてのドキュメンタリー。

アダム・カーティスはお気に入りのドキュメンタリー制作者の一人(あと前回見た時はyoutubeに転がってた)

「フリーダム; freedom」と「リバティ; liberty」は、ともに自由と訳される。現在、この2つの語はほぼ同じ意味で用いられるが、その意味合いはいくらか異なっている。

フリーは古英語の「frēo」に由来する。これは古インドヨーロッパ語の「prijos」や「prēy-」、あるいは古ドイツ語の「frijaz」に起源をもち「好む、愛」の意味を持つ。北欧神話のフレイ、フレイヤも同じ語源による。古アイルランド語の「riar」はウェールズ語の「rhydd」と対応し現在の「free(自由な)」に直接対応している。古代ギリシア語では「πρᾶος(praos, 温和で、優しい)」。気ままさや傲慢さが含意される場合がある。

一方でリバティはラテン語「liber」の「社会的・政治的に制約されていない」「負債を負っていない」という意味から、英語の「liberal(形:自由な)」や「liberty(名:自由)」の語源となった。自由主義の「liberalism」はこれによる。また「liberate(動:解放する)」、「liberator(名:解放者)」、「liberation(名:解放)」も同じ語源による。こちらでは自由の消極的側面 (しなくてよい)が強調される。

「フリーダム」と「リバティ」


Comment by I_wear_jorts 86 ポイント

「The parking lot movie」

とにかく見るべき。

この作品は一風変わったドキュメンタリー映画で、バージニア州シャーロッツビルのとある駐車場で働く係員たちの姿を描いている。 彼らが低賃金で過酷な日々の仕事をどのように切り抜けているのか、映画を見ればきっと驚かされるに違いない。

【ビデオ】アメリカで話題の「駐車場」を舞台にしたドキュメンタリー映画を紹介!


Comment by ClayGCollins9 90 ポイント

「Marwencol」。これこそ真の傑作。

ホーガンキャンプは2000年春、バーで複数のティーンエイジャーに絡まれ、手ひどく暴行を受けて病院に担ぎ込まれる。9日間昏睡状態で生死の境を彷徨った挙げ句目覚めたホーガンキャンプは、過去の記憶をほとんど失っていた。

ホーガンキャンプはリハビリのために自宅に6分の1サイズの第二次大戦のモデルを製作し始める。そこに登場する人体モデルは自分を含め現実の人物を反映しており、ホーガンキャンプはその一体一体のモデルにストーリーを付け加え、物語を紡ぐことによって、現実世界と徐々に対峙していく‥‥

Marwencol


Comment by Scawt 723 ポイント

「素晴らしき映画野郎たち(American Movie)」

酷いタイトル(毎回これは「最終絶叫計画(Scary Movie)」とは関係ないって言わないといけない)だけどウィスコンシンの映画生成作者についての素晴らしいドキュメンタリー。


Comment by askold9 140 ポイント

「Thus Film Is Not Yet Rated」はかなり良いよ。

あとこれは性について・・・

 Comment by ncsarge 5 ポイント

 ↑「This Film Is Not Yet Rated」を見つけるためにここまでスクロールしなくちゃいけなかったってことが信じられない。

 映画産業にいる人間は全員見るべき過小評価されてる映画だと思う。

 Comment by AnteaterKL 4 ポイント

 ↑これ母親と一緒に見たんだけど、母親と一緒に見るような映画ではなかった。

数十年にわたり謎に包まれていたアメリカ唯一の映画倫理委員会『MPAA』を公のものにする。「映画の年齢制限は誰がどう決めているのか?」という疑問に対するドキュメンタリー。知られざる映画の裏の1シーンにメスを入れる作品。

#023 ノット・レイテッド~アメリカ映倫のウソを暴け!~ |「松嶋×町山 未公開映画祭」公式サイト


Comment by BEARmanSHARK 416 ポイント

「シュガーマン 奇跡に愛された男」

昨夜見たばかりだけどヤバかった。

 Comment by moonst0mp 35 ポイント

 ↑長い間見てきた中でも素晴らしいドキュメンタリーの一つがこれ。

 あとこれをまだ見たことがない人のために言っておくけど、これ視聴する前にググったり背景事情がどんな感じなのか調べずに見た方が良いと思うよ。

1968年、ミシガン州デトロイト。場末のバーで歌う一人の男が大物プロデューサー目にとまる。彼の名はロドリゲス。デビューアルバムを発表するが、商業的には大失敗に終わる。多くのミュージシャンと同じく、彼もまた誰の記憶にも残らず、跡形もなく消え去った。

しかし、音源は運命に導かれるように海を越え、遠く南アフリカの地に渡る。反アパルトヘイトの機運が盛り上がる中、体制を変えようとする若者たちの胸に突き刺さったロドリゲスの曲は、革命のシンボルになっていた。その後も20年に渡って広い世代に支持され続け、南アフリカではローリング・ストーンズやボブ・ディランを超えるほど有名なアルバムになっていた。

しかしロドリゲスの「その後」を誰も知らない。失意のうちにステージで自殺した、との都市伝説だけが残されているだけだった―。 これは、音楽の共鳴力に心打たれ、人生に起こる本当の奇跡に出会う、珠玉のドキュメンタリーである。



Comment by bhaku 479 ポイント

「悪魔とダニエル・ジョンストン」

 Comment by not-throwaway 7 ポイント

 ↑ヘビーメタルや音楽ドキュメンタリーが好きなら「アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち」も要チェック。

 影響力があったけど当時の他のバンドと比べるとそこまでではなかったメタルバンドについての非常に興味深い映画。

 http://www.imdb.com/title/tt1157605/

世界中のアーティストたちを魅了する天才シンガー・ソングライター兼アーティスト、ダニエル・ジョンストン。『悪魔とダニエル・ジョンストン』は、その繊細さゆえ、躁鬱病に苦しむダニエルの狂気、創造性、そして愛を描いた傑作ドキュメンタリー。

監督ジェフ・フォイヤージーグは、ダニエル・ジョンストンという謎多き生ける伝説を題材に、誇大妄想に苦しむ天才アーティストの原点から現在までの浮き沈みの激しいドラマティックな人生、破天荒なエピソード、様々な禁断症状や挫折、そして痛ましいまでの贖罪の数々を110分間のフィルムのなかに濃密に映し出していく。

悪魔とダニエル・ジョンストン [DVD]
悪魔とダニエル・ジョンストン


現在活躍する人気バンドに多大な影響を与えた不遇のヘヴィメタバンド・アンヴィルの活動の軌跡を追ったドキュメンタリー。夢を諦めずに30年間バンド活動を続けてきた男たちの姿と、長年彼らを見守ってきた家族やファンの姿を映し出す。



Comment by redaniel 424 ポイント

「UPシリーズ」

 Comment by zombieatingcake 30 ポイント

 ↑これ14年間見続けてる。次の7年が待ちきれない。

『UPシリーズ』(Up Series)は、1964年に英国グラナダ・テレビが制作したドキュメンタリー番組『seven up!』及びその派生シリーズである。

1964年に英国で放送された『seven up!』は、ロンドン周辺やリヴァプールなど、英国に住む7歳の子供たちを集めてインタビューし、7歳までの生育環境がどれだけ彼らの成長に影響を与えるかを、同様の質問を投げかけることで浮き彫りにし、階級格差がこの段階で固定化されてしまうことを立証しようとしたドキュメンタリー番組であった。

その後、同じ出演者に7年ごとに取材を繰り返すことで、彼らの人生がどれだけ幼少時の生育環境に影響されるか、テレビに出演し続けることが彼らの生き様にどのような影響を与えているか(観察者効果)などを探る上で、心理学、社会学、教育学など様々な見地から興味深い番組となっている。

UPシリーズ


Comment by ElementaryMyDearWat 234 ポイント

ケン・バーンズが製作したドキュメンタリー全部。

 Comment by squirrelpocher 23 ポイント

 ↑これ。「南北戦争」はかなりのレベル。

 これが有名な作品だってことは知ってるけど、これ一本でアメリカ合衆国の歴史に興味が出た(興味が出たから大学院まで行った)

 Comment by strib666 3 ポイント

 ↑凄く良い作品なのにあまり話題にならないのは「ルイス&クラーク:発見隊の旅」。これは間違いなく視聴する価値がある。

ケネス・ローレン「ケン」バーンズ(1953年7月29日~)はアメリカ人映画監督・製作者。

記録映像や写真を使ったドキュメンタリー映画で知られ、代表作は『南北戦争』(1990)、『野球』(1994年)、『ジャズ』(2001年)、『戦争』(2007年)、『アメリカの最高のアイデア:国立公園』(2009年)、『禁酒法』(2011年)と『セントラルパークファイブ』(2012年)。

写真を流れるように切り替え、書物からの引用のナレーションでイメージを統合するドキュメンタリー映画の独自スタイルを開発し、長編ドキュメンタリー『ブルックリン橋』(1981年)を完成、アカデミー賞の「最優秀ドキュメンタリー賞」入選。PBSで放送された。

ケン・バーンズ


ルイス・クラーク探検隊(ルイス・クラークたんけんたい、英語名:Lewis and Clark Expedition)は、アメリカ合衆国陸軍大尉メリウェザー・ルイスと少尉ウィリアム・クラークによって率いられ、太平洋へ陸路での探検をして帰還した白人アメリカ人で最初の探検隊である。

ルイス・クラーク探検隊


Comment by esd07004 515 ポイント

「ザ・ムーン」

アポロ計画の宇宙飛行士に焦点を当てたドキュメンタリー。「これは月に行った人の話」

発射シーンはほんと凄い。

69年にアポロ11号が月面着陸に成功した当時の貴重な映像を、宇宙飛行士たちの証言と共に綴った壮大なドキュメンタリー。アメリカが発動した“アポロ計画”の牽引役として月面に降り立った彼らが何を感じ、何を見たのか。その真相が今明かされる。



Comment by reendawgg 211 ポイント

「グレイ・ガーデンズ 追憶の館」

1973年、ケネディ一族の取材の為にドキュメンタリー映画のスタッフはジャクリーン・ケネディ・オナシスの叔母であるビッグ・イディ・ビールとその娘リトル・イディ・ビールが住むハンプトンのグレイ・ガーデンズ邸を訪れる。

1930~40年代は社交界の華と謳われた母娘だったが、今はゴミが散乱し荒れ果てたグレイ・ガーデンズ邸で多数の猫やアライグマに囲まれひっそりと暮らしていた。

グレイ・ガーデンズ 追憶の館


Comment by DallasJew 407 ポイント

「ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター」

 Comment by dnlllblnc 10 ポイント

 ↑ロックミュージックが好きな人にとってはこれ傑作。

D・グッゲンハイム監督が、エレクトリックギターの巨匠、ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイトの夢の顔合わせをフィルムに収めた音楽ドキュメンタリー。それぞれの生い立ちやギターと音楽への熱き思いを語る。



Comment by weavjo 192 ポイント

「Louis Theroux」が製作したドキュメンタリーは全部。

特に「Miami Mega Jail」


Comment by joec_95123 3324 ポイント

「アクト・オブ・キリング」
キャプチャ
https://www.youtube.com/watch?v=SD5oMxbMcHM

これはインドネシアのかつての死の部隊のメンバーについてのドキュメンタリーで特にAnwar Congoという個人で1000人以上を殺害した歴史上でも相当な殺人犯について。

彼や他の人物は戦争犯罪者で、自分たちが殺害した男性や強姦した女性について軽く話したり冗談を言っていてまるでそれが良い時代であったかのようにしてた。

彼 ら側が戦争に勝利したから母国では英雄とされているし、彼らが参加した虐殺についていかなる罰も与えられてない。けど彼が犯した犯罪をこの映画のために演 じさせることによって、あと役割を切り替えて一部では犠牲者を演じさせることでCongoは自分が犯したこと、自分が他人に対してどんなことをしたかと か、どれ程邪悪だったのかということについて初めて考えていくことになる。

これはかなり重みがあるもので、相当鳥肌が立つ。映画全体を見るのに二回観なくちゃならなかった。

これは別の予告動画。
キャプチャ
https://www.youtube.com/watch?v=tQhIRBxbchU

60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者は軍ではなく、“プレマン"と呼ばれる民間のやくざ・民兵たちであり、
驚 くべきことに、いまも“国民的英雄"として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人権団体の依頼で虐殺の被害者を取材していた が、当局から被害者への接触を禁止され、対象を加害者に変更。彼らが嬉々として過去の行為を再現して見せたのをきっかけに、「では、あなたたち自身で、カ メラの前で演じてみませんか」と持ちかけてみた。
まるで映画スター気取りで、身振り手振りで殺人の様子を詳細に演じてみせる男たち。
しかし、その再演は、彼らにある変化をもたらしていく…。



Comment by WannaBeScientist 59 ポイント

「フォークス・オーバー・ナイブズ~いのちを救う食卓革命」

何を食べるかってことが自分の健康に影響を与えるってことをみんな知るべき。

2011年全米で公開され大ヒットを記録!「食」について隠された真実を暴く、戦慄のドキュメンタリー映画。本作では心臓病、癌、発作、糖尿病など重病の死亡原因の多くは食生活において動物性と加工食品を摂取しなければ、これらの病気はコントロール可能で、全く逆の状況にできることを分析。栄養学者T・コリン・キャンベルと世界的に著名な元トップ外科医を追っていきながら、2人の革命的研究を紹介する。



Comment by analogkid1 52 ポイント

「Fat, Sick and Nearly Dead」

Fat,Sick & Nearly Dead 「デブで病気で死にそう」は 衝撃的なドキュメンタリー映画です。
主人公はオーストラリア人のJoe Cross氏です。Joe Cross氏は 体重310lb(155kg) の肥満と慢性蕁麻疹に苦しんでいました。慢性蕁麻疹のためにステロイド(これも肥満の原因になる薬)を服用せざるを得ない状況でした。彼は 「もう うんざりだ!」として 野菜ジュースだけを飲む断食を始めます。

彼は 野菜ジュースによる断食を Rebootと名付けています。Rebootを 60日間 アメリカを車で旅行しながら行いました。その結果、体重は 240lb(120kg)と約35kgの減量に成功し、肥満と病気を克服していきます。旅の途中で 同じく肥満と人生に苦しむPhilと出会い Philのダイエットを手助けし Phiもダイエットに成功するというストーリーです。

Fat,Sick & Nearly Dead 「デブで病気で死にそう」 予告編 英語版


Comment by lucas 45 ポイント

「Waco: The Rules of Engagement」

 この映画は、1993年にテキサス州のウェイコで起きた、キリスト教系カルト教団、ブランチ・ダビディアンによる51日間のたてこもりと、集団自殺を扱った記録映画だ。

 後に行われた公判を縦軸として、当時の事件を振り返りながら、その事実関係を検証しなおしていくというスタイルをとっている。基本路線としては、集団自殺として扱われた事件が、FBIのミスによって引き起こされたのではないかという疑義を、豊富な映像資料を使って反証していくという内容になっている。

Waco - The Rules of Engagement


Comment by CoffeeNTrees 91 ポイント

「crumb」

1943年に生まれた、「フリッツ・ザ・キャット」で知られるコミック作家のロバート・クラム。彼の父親は元海兵軍人の暴力的な人で、家族たちはみな、心に傷を負っていた。この作品は、クラム自身が薬物中毒の兄と母や、極度の人間嫌いの弟などを紹介しながら自らのことを語る、ドキュメンタリー映画である。

クラム (1994)


Comment by thundercatsarehere 75 ポイント

「ワンエイティ・サウス 180°SOUTH」

 Comment by bijjj 8 ポイント

 ↑これ時々見るんだけどすぐに冒険に出かけようって気分になる。

自然を愛するスペシャリストたちの“人生の旅”を描くライフ・ドキュメンタリー!patagonia創業者イヴォン・シュイナード。THE NORTH FACE創業者ダグ・トンプキンス。彼らの運命を180°変えた伝説の旅があった。そして今、ひとりの青年がその軌跡をたどる。



Comment by baysa 63 ポイント

「ブリッジ」

ゴールデンゲート・ブリッジから飛び降りる人についての興味深いドキュメンタリー。

 Comment by ghoulishgirl 8 ポイント

 ↑未だにこのドキュメンタリーのことは考えてしまう。

 破滅に向かって飛び降りる人を見るのはな。このドキュメンタリーは好きだし、見終わってからもずっと心に残り続ける作品。

全長:2,790m、高さ:230m、海までの距離:66m。

毎年900万人の観光客が訪れるサンフランシスコの象徴、ゴールデンゲート・ブリッジ。そこはアメリカを代表する観光地であると同時に世界最大の自殺の名所でもある。

2004年から2005年にかけての1年間、カメラはその美しく巨大な橋を撮り続けた。

『ブリッジ』は、そこで繰り広げられた命の記録である。“自殺”それは、悩める現代社会が抱える最大の問題のひとつ。

本作は、いまだかつてないいかなるフィルムメイカーも避けてきたそのタブーに、映画史上はじめて真正面から向きあった。

これは死を見世物にする映画ではない。生きることの意味と命の大切さについての勇気ある問題提起である。



Comment by MrValdemar 53 ポイント

「ステロイド合衆国」

クリス・ベルが見たステロイドと大衆文化。

 Comment by G3t2DaChoppah 2 ポイント

 ↑これ先週見た。ステロイドはビッグマック並みにアメリカ合衆国の文化に根深く染みついてる。

 これは視聴するべき。あとステロイドについて違った見方をするようになるかも。

アーノルド・シュワルツェネガー、ハルク・ホーガン、シルヴェスタ・スタローン等に憧れ、ステロイドを使用し続けている監督自身の兄と弟のエピソード。また、プロスポーツ選手や医療係のエキスパートたちへのステロイドに関するインタビューを通して進行するドキュメンタリー。「ステロイドの使用はアメリカ社会を反映している」という真実を暴く。



Comment by doctorish 48 ポイント

「北朝鮮強制収容所に生まれて」

初めてのデートで見るような作品じゃない。

北朝鮮の政治犯強制収容所に生まれ育ち、やがて脱北に成功した青年が語る壮絶な記憶とは…。『北朝鮮強制収容所に生まれて』は、シン・ドンヒョクの告白を軸に、収容所の驚愕すべき実態を描き出したドキュメンタリー映画である。 シン・ドンヒョクは1982年11月19日に北朝鮮の強制収容所で、両親の表彰結婚(※)により生を受け、生まれながらの政治犯として育つ。

彼が過ごした14号管理所は、“死の収容所"だった。子供たちは6歳から労働を強いられ、飢えと暴力と拷問にさらされて生き、鉄条網の外の世界のことを知ることはない。『北朝鮮強制収容所に生まれて』は、北朝鮮の強制収容所を逃れた数少ない人物の記録である。

※表彰結婚:収容所内の規則をよく守り、よく働く模範的な収容者同士を、年に数回、保衛指導員の指示で結婚させる制度。



Comment by 00b5d3 20 ポイント

「Hot Girls Wanted Documentary」はマイアミのアマチュアポルノ産業と女性にとってそれがどんあものなのかということを扱ったドキュメンタリー。

かなり悲しい場面があるし、そこでのことについて考えたくなる。確かNetflixにあるはず。

本作は、アマチュアポルノ業界で働くことを決意した20歳前後の女の子4人を中心に、インターネットポルノの影響や業界の裏側を掘り下げた作品。

ポルノ業界の暴力的行為に向き合う話題の作品とは?


Comment by dylanah 34 ポイント

「ピクサー・ストーリー」

ピクサー映画を見てるくらいハマりこむ。

ピクサー社の誕生を支えた人物は3人。優秀なCG研究者エド・キャットマル、同社に出資したS・ジョブズ(当時アップル社を離れていた)、ディズニーでアニメーターだったJ・ラセターだ。ディズニーの世界に強く影響を受けたラセターだが、1982年の映画「トロン」で使われたCG技術に感銘し、キャットマルらとルーカスフィルムでCGの開発に取り組む。やがて彼らはピクサー社を創設し、数々の試行錯誤を経て長編に着手していく。

ピクサー・ストーリー


Comment by Quouar 578 ポイント

「The Imposter」

これは今まで聞いたことがないような話についてのドキュメンタリーだけど、これを映画に落とし込む手法が実に素晴らしい。強くお勧めする。

 Comment by xninex 97 ポイント

 ↑これは信じられないような話。映画を見てる間ずっと「マジで?」って感じだった。

1994年、テキサス州。

ニコラスと言う名の幼い少年が姿を消した。

そしてその3年後、遠く離れたスペインでニコラスが発見されたと言う。

しかし家族の元へ戻ってきたニコラスは、元の姿とはかけ離れていた。

彼はほんとうにニコラスなのか。そして、その目的は。

そしてこの家族は「何故」この「彼」を受け入れたのか。

映画「The Imposter」




キャプチャ

モキュメンタリー(英: Mockumentary)は、映画やテレビ番組のジャンルの1つで、架空の人物や団体、虚構の事件や出来事に基づいて作られるドキュメンタリー風表現手法である。モキュメンタリーは「モック(wikt:mock)」と、「ドキュメンタリー」のかばん語であり、「モックメンタリー」「モック・ドキュメンタリー」ともいう。

作風はコメディから、よりもっともらしくねつ造されたシリアスなものなど幅広い。しかし、あくまで事実を伝えるドキュメンタリーとして構成していくため、ドキュメンタリーの慣例に則って虚構のインタビューやニュース映像、関係者の証言、関係各位などの感謝の言葉などが織り交ぜられてゆく。

このジャンルの起源は、はっきりとは分かっていない。映像作品以前では1938年に放送され実況中継風の演出が話題となったラジオドラマ『宇宙戦争』が有名だが、映画では1950年代に現れている。1980年代に架空のバンド"スパイナル・タップ"を追ったクリストファー・ゲストの作品『スパイナル・タップ』で有名になった。その後の1990年代には、魔女伝説を扱った低予算映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が興行収入の面で大きな成功を収めた例として挙げられる。

モキュメンタリー

<募集>
柊りんのイラストを描いていただける方を募集しています。
稿料は希望額をお支払いいたします。
詳細は「こちら」から

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. んん   2015年10月09日 12:06  ID:uRYxnQKpO このコメントへ返信
    米欄で詰られる現状に一石を投じるべくビハインド・ザ・コーヴしただけなんです、お巡りさん
    2. トロい家来(名前必須になった?!?!)   2015年10月09日 12:07  ID:uWKZmTF50 このコメントへ返信
    (まだ全部読んでないけど、、、)翻訳&まとめに脱帽
    おこじょさんASKスレ何個覗いたんだ?!?!
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:10  ID:KXieIS0v0 このコメントへ返信
    三連休は久々に映画でも見ようかな
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:16  ID:oweD4iVG0 このコメントへ返信
    モキュメンタリーでは「光と闇の伝説 コリン・マッケンジー」が面白かったな
    ロード・オブ・ザ・リングの監督が作ったやつ
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:16  ID:wr6PEgRS0 このコメントへ返信
    面白いドキュメンタリーなら『ロスト・イン・ラマンチャ』
    面白いモキュメンタリーなら『放送禁止』シリーズかな
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:19  ID:wyUFZfJp0 このコメントへ返信
    >「北朝鮮強制収容所に生まれて」
    >初めてのデートで見るような作品じゃない。

    見たのか……
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:21  ID:m1Da10lw0 このコメントへ返信
    モキュメンタリーというと「The RUTLES」だな。
    本家ビートルズのアメリカ版ドキュメンタリーや当然「アンソロジー」なんかより早く
    発表され、作詞作曲者自らジョン(役名ではロン)の役で
    「ああ、これはアレとアレをイイ感じで混ぜてるな」
    という際どいパロディ楽曲(でも使用機材やステレオミックスなどかなり厳密に当時の機材を使っている)を20曲ほどちりばめ、本家ビートルズを彷彿とさせながらも架空のバンド「The RUTLES」のデビューから解散・その後を描いた佳作。

    何が凄いってドキュメンタリー構成なのでインタビューとかが入るわけだけど、
    ミック=ジャガーは出てくるわ、ニュースのレポーター役としてジョージ=ハリスン本人は出てくるわ、
    少なくとも日本の公式ビートルズファンクラブでも認められたパロディバンド。

    ちなみに製作はモンティ・パイソンの人w(ポール(役名ダーク)役や司会進行役で出演していたりもする)
    8. シー・シェパードマジ困る   2015年10月09日 12:31  ID:KXieIS0v0 このコメントへ返信
    イルカ、クジラ漁に反対する人達って中国人が犬を食うのに嫌悪感を覚えるたぐいだと思ってたけど違うんだよな
    どうも彼らにとってイルカは同族扱いらしい
    日本人の感覚で言うとアボリジニぐらいの心理的距離感かな?

    同じ人間であっても人種、病気、思想で同じ人間扱いしないやつが居るように
    別の種族であっても人間扱いするやつがいるわけだ
    まあそりゃ白人がアボリジニハントとかやってたら殴ってでも止めるよねという話で
    絶対に分かり合えないのもしょうがないんだが

    こっちもまるで共感出来ない理由で仕事と伝統を失いたくないわけで
    さらにそう言った思想の金持ちが金を出すからビジネスでテロ行為してくる奴も居るわで・・・

    どうすりゃええんや・・・どこぞの国みたいに捕る気は無かったとか言い張るか?
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:32  ID:wAsSBOj90 このコメントへ返信
    ※1

    ビハインド・ザ・コーヴ
    ttp://drazuli.com/upimg/file8574.JPG
    10. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:34  ID:urxABrsb0 このコメントへ返信
    >Comment by doctorish 48 ポイント

    >「北朝鮮強制収容所に生まれて」

    >初めてのデートで見るような作品じゃない。


    いや、タイトルからしてデートには向かないとわかるじゃないか
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:35  ID:pz9NJhIT0 このコメントへ返信
    ビハインド・ザ・コーブ
    ザ・コーブがいかに偏向したプロパガンダかよくわかる
    12. 無味無臭なアノニマスよん   2015年10月09日 12:38  ID:LpDIFT.r0 このコメントへ返信
    元スレでは誰も『ハーヴェイ・ミルク』を挙げてないのか。
    日本のものとしては『山谷─やられたらやりかえせ』を挙げておこうか。

    モキュメンタリーっていう言葉は初めて知ったわ。
    『スキージャンプ・ペア Road to TORINO 2006』はモキュメンタリーの傑作ということだねw
    13. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:39  ID:w3JS8ytq0 このコメントへ返信
    戦争もの、高齢者もの、闇社会・底辺社会もの
    正直暗い気持ちになるからあまり見たくない
    14. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:39  ID:Db6r9Wbz0 このコメントへ返信
    いくつか見たいドキュメンタが発見できた
    管理人さん、これをまとめてくれて感謝です
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:42  ID:1enkWQi50 このコメントへ返信
    す、水曜スペシャル・・・
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:50  ID:A7jz1S5k0 このコメントへ返信
    ザ・コーヴ入れてるせいで、他まで「見ない方がいいD○Nメンタリ」なイメージに上書きされた…
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:55  ID:wyUFZfJp0 このコメントへ返信
    ※16
    18. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 12:55  ID:wyUFZfJp0 このコメントへ返信
    かわいそう
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:04  ID:YsGvRAz90 このコメントへ返信
    100年後にはドキュメンタリーのつもりで短絡的思考を押し付ける映画
    多文化を理解せず自戒もしない偽物の正義の典型
    ほぼカルト宗教の宣伝映画

    としてザ・コーブが挙げられるでしょう
    20. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:05  ID:dqi0Flph0 このコメントへ返信
    ドキュメンタリーは基本的に「どこに嘘があるかわからない」って姿勢でみないといろいろアレやで
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:06  ID:ktUOGtCf0 このコメントへ返信
    映画じゃないから「映像の世紀」はリスティングされないかな?
    22. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:07  ID:gPvALEpn0 このコメントへ返信
    ttp://drazuli.com/upimg/file8575.jpg

    外来生物問題が叫ばれる現在、一人が立ち上がった…。

    「 ミドリガメを唐揚げにして食べて減らそう 」
    その調理工程を余すことなく撮影。
    人間の身勝手に振り回され、売買され、飽きられ、捨てられ、
    挙句に害獣とまで呼ばれたかわいそうなミドリガメたちの命を
    責任をもって頂戴する。命の重さの意味を改めて考え直す
    環境ドキュメンタリー…。「ミドリガメの唐揚げ作りました。」

    ぜひご覧ください。(グロ画像あり閲覧注意)
     ブログ名「 ナイカラツクッタ 」
    ttp://gorigorihanami555.doorblog.jp/archives/43702338.html

    実際は上記のような重たい理由は特になく好奇心で食べただけ
    なのですが、ミドリガメ料理に興味のある方はぜひご覧ください。
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:08  ID:urxABrsb0 このコメントへ返信
    いくつか見て見たいのあるな~
    でも近くのレンタルやってるところ品揃え良くないのが悩み
    「ホットコーヒー裁判の真相~アメリカの司法制度~」←これ扱ってるかな…
    24. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:19  ID:dqi0Flph0 このコメントへ返信
    記憶に新しいのはNHKの「漫勉」の藤田和日郎回は結構話題になってたなw
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:19  ID:GoXsNmu90 このコメントへ返信
    ※21
    「映像の世紀」つい最近再放送されてたね
    音楽が好きで昔サントラ買ったけど今回もまた見てしまったw
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:21  ID:0oqWZk9bO このコメントへ返信
    割とマジでなすびの懸賞生活
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:32  ID:zVO.iNjP0 このコメントへ返信
    スーパーサイズ・ミー面白かったな
    ただ医者が似たチャレンジして適切な運動と野菜の摂取すれば一ヶ月マック生活でも全く問題なかったってあったからちょっと偏向な気がするけどオススメ
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:36  ID:dwuReCp.0 このコメントへ返信
    反イルカ漁カルト連中のバイブルことザ・コーヴを叩きに来たら、
    既にコメ欄では何度も叩かれててほっとしたんだぜ


    それだけじゃなんなので
    イギリスの給食改善ドキュメント「ジェイミーのスクール・ディナー」は必見
    時代的にはもう結構前の作品になっちゃったけど、
    アレを見ると「食育」という物の大切さと、
    それが満足に成されてない事の恐ろしさを教えられるはず
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:39  ID:58.OFUOX0 このコメントへ返信
    FOOD TECH
    っていって「アメリカで食べられてる料理の原材料はどこから来てるの?」
    みたいなドキュメンタリーがあったけど、アレも中々面白い
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:46  ID:esIV9uUW0 このコメントへ返信
    そもそもドキュメンタリーに入れる事自体間違いなんだが、ザ・コーヴはモンド映画なんだから、深く追及しないのが鑑賞時の作法だろ。
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 13:56  ID:uzf2nWVn0 このコメントへ返信
    COSMOSがあってうれしい!
    けど、ドキュメンタリー枠なのかは謎。
    教育もの、科学の啓発用だと思ってたから。
    "Come with me."でカール・セーガンに恋に落ちた五年生の深夜。
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 14:14  ID:sO0izR.10 このコメントへ返信
    もとのスレにも上がってたがアクト・オブ・キリングは確かにインパクトのある映画だったな
    スハルトのカウンタークーデタ自体は有名だしよく知っていたのに、
    その最中の虐殺について今までほとんど知らなかったのにも衝撃を受けた
    同時にインドネシアのみにとどまらない人類全体の業の深さを感じた
    「人1人殺せば犯罪者だが、数千人殺せば英雄だ」とは今でもよく言われる話だからね…
    33. 名無し   2015年10月09日 14:16  ID:lFI3trrD0 このコメントへ返信
    映画じゃないけどメーデーシリーズは結構面白いと思う
    如何にして飛行機事故は起こるのか?
    そしてその対策はどの様に取られるのかとかも知ることが出来る。
    それと事故原因の7割はヒューマンエラーに関する物だから身の回りの事にも応用が利くものが多いのも良いよ
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 14:20  ID:QGd5rapP0 このコメントへ返信
    ※13
    暗い、深刻なドキュメンタリーばかりじゃ嫌だ
    そんな貴方に『悪魔とダニエル・ジョンストン』
    歯医者で治療しながらインタビューに答えるバッド・ホール・サーファーズのギビーなど珍妙なシーンてんこ盛り
    オルタナティブ・ロック好き必見

    興味ない人には何が面白いのか良く分からないと思う
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 14:27  ID:HA34rTTs0 このコメントへ返信
    プロジェクトx好きだったなあ
    何で捏造にてを出してしまったんや・・・
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 14:31  ID:.cw95j4j0 このコメントへ返信
    >「Hot Girls Wanted Documentary」はマイアミのアマチュアポルノ産業と女性にとってそれがどんあものなのかということを扱ったドキュメンタリー。

    どんあ?
    37.     2015年10月09日 14:42  ID:I.MTah3p0 このコメントへ返信
    趣旨とは違うだろうが阪神淡路大震災のやつ
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 14:56  ID:oKaAzFtV0 このコメントへ返信
    これはありがたい良スレ
    39. 富嶽   2015年10月09日 15:03  ID:03WmYg2R0 このコメントへ返信
    極稀にプロパガンダまがいのものも混ざってるからね。
    ドキュメンタリーも誰かが作った映画のジャンルのひとつだというのを忘れないように。
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 15:11  ID:OnFoQRaS0 このコメントへ返信
    ※33
    123便の回は期待して見たんだけど、
    再現の乗客の様子がすげえアメリカンで嫌だったわー
    俳優達が日本人じゃないとかいうんでなく、ひたすら絶叫OMGで
    愛してるよと老夫婦手を取り合う、みたいな。
    落合証言に、激しく降下する時に、女性の悲鳴が聞こえたが
    それ以外はおおむね静かだった、みたいにあったんで・・・
    それが余計に悲痛なんだけどね
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 15:56  ID:FIX16e7R0 このコメントへ返信
    ※33
    メーデー・衝撃の瞬間はDVD出してくれないかなぁ。
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 15:58  ID:YI53s2tw0 このコメントへ返信
    昔はNHKでドキュメンタリーばっかりみてたな。
    NHK産のものも海外産のもの(ETVでしょっちゅう流してた)も良作が多かった。
    最近のNHKは無駄タレント起用が多くて見なくなったけど、ドキュメンタリの質はどんなもんだろ。
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 16:07  ID:Od2CUo0f0 このコメントへ返信
    ドキュメンタリーと言われても話半分くらいで眺めるようにしている
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 16:15  ID:m1Da10lw0 このコメントへ返信
    ※31
    同輩かなぁ、「想像の宇宙船」に乗って解説する博士とか、
    有名な「双子のパラドクス」とかやってた記憶。
    ウチにはその概略本といってもB4変形くらいのでかい本なんだけどが全五巻あったんだけど
    どこ行ったんだろう。

    そしてサウンドトラックの中でも日本では特に有名になったのが
    ヴァンゲリスの「Alfa」って曲でアルバム「Albedo 0.39」ってのに収録されてるよ。
    一曲目の「Palstar」なんかも使われてたかな。

    高校の頃ボイジャー2号辺りが天王星・海王星に近付いたコロも日本独自なのか
    続編的な番組があってそっちのEDには同じくヴァンゲリスの「天国と地獄」から一曲目(最後の方)が使われてた。
    45. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 16:51  ID:uWKZmTF50 このコメントへ返信
    ※28
    今見た!超面白い
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 16:52  ID:7VQKUqEW0 このコメントへ返信
    「核拡散をもたらしたフランス外交」
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 16:57  ID:KtshLkEu0 このコメントへ返信
    連休前の暇つぶし情報感謝!
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 17:07  ID:c5NhJLZ00 このコメントへ返信
    ボーリングフォーコロンバインは俺のアメリカに対する見方をかなり変えてくれた傑作
    そのへんのスーパーで銃買えちゃうとかアメリカ人頭おかしいと思ったよ
    これじゃ、いつまでたっても銃乱射事件がなくならないわなw
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 17:52  ID:.dazi.W80 このコメントへ返信
    記事に挙がったようなフード・ドキュメントが持ち上げられる米国はやっぱり食育がなされてないんだなぁ、と思った
    食生活の自由があったのに、結局は個人が最適な食物の選択ができなかった、または社会がそれをさせなかったがためある意味「自由」は奪われていったと言えなくもない
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 18:37  ID:BrbFPcXo0 このコメントへ返信
    み…民明書房……
    51. トロい家来   2015年10月09日 19:02  ID:uWKZmTF50 このコメントへ返信
    「舌尖上的中国」

    中国の、元FOX編集者の作った食番組。
    空腹時には見ないようにね。
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 19:54  ID:ix.KeiOg0 このコメントへ返信
    まあ、ドキュメンタリーはそのテーマに関する導入であって、
    本命は番組最後の参考文献に挙げられてる様な底本や後出の総括本だと思ってる。

    重要事実が(やむを得ぬ事情があるにせよ)しれっと省いてあったり、
    後の発見で放送内容と真逆の定説が生まれる事も珍しくないから。

    無論、正確で詳細であればあるほど読むのがクソめんどくさい学術本や
    胃もたれしそうなニュージャーナリズム本に手を出す際に、
    同テーマに取材した良質なドキュメンタリーは最高の水先案内人になる事は
    間違いないとも思うけど。




    53. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 20:06  ID:Z5DEeY.00 このコメントへ返信
    局の深夜でやってるドキュメンタリーなかなか面白いよな…
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 20:23  ID:d.3LBm2q0 このコメントへ返信
    激録!警察密着24時
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 20:31  ID:dwuReCp.0 このコメントへ返信
    嘘っこドキュメンタリーといえば、
    731部隊の悪行を捏造した「悪魔の飽食」なんかもそれに入るんかな

    ※45
    ありがとう、名前出した甲斐があったよ
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 20:57  ID:3.efVUVF0 このコメントへ返信
    松嶋×町山 未公開映画を観るTVは本当に良いTV番組だったよなぁ~

    上にあがってるジーザス・キャンプとザカリーも良かったが他にも
    スーパーサイズ・ミーに触発されたコメディアンが大麻を吸いまくる「スーパーハイ・ミー」とか

    元少年兵がボクシングチャンピオンになるまでの話「カシム・ザ・ドリーム」とか

    社会派だと「フロウ~水が大企業に独占される!」とか色々勉強になる番組でした。
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 21:27  ID:GKOEuWq.0 このコメントへ返信
    ※20
    どんなに優れた作品でも作り手の色が出ちゃうから、真実の一面でしかないんだよね。
    面白いという時点でどこかに嘘があるか、編集された点があると思った方が確実。
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 22:04  ID:lCTuEwpH0 このコメントへ返信
    渡辺篤史の建もの探訪
    59. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 22:16  ID:dSehrjNf0 このコメントへ返信
    ドキュメンタリーだけ見て分かった気になっちゃうのは怖いな
    史実なり資料なり作られた背景も知るようにしたい
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 23:03  ID:3FmidXCd0 このコメントへ返信
    ※59
    そうそう。この手のプログラムは「わかった気になってしまう」のが大問題
    問題提起としては良いと思うけど鵜呑みにしてはいけないよね
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 23:22  ID:nlUQzbe40 このコメントへ返信
    プラネットアースとか動物や自然のドキュメンタリは食事しながら観るのにちょうどいい
    社会問題系とか人生扱ったものは、気合い入れて観なくちゃいけない気がしてハードル高く感じて結局観ないんだよなぁ
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 23:57  ID:ihOkOL8C0 このコメントへ返信
    ※8
    そんな大層な理由じゃないよ
    今のEUの難民問題と同じ
    脳内お花畑の意識他界系の人達が「自分たちはいい人である」と見せたいがために
    事実関係は一切無視して、「悪い奴らを批判するボクたち」の立場に浸ってるだけのこと

    そういう連中が金を出すからクジライルカ(というかサイズが違うだけだが)漁叩きは儲かる
    その金目当てにチンピラが寄ってきて、更に意識他界系の馬鹿もそいつらに合流する

    解決する手段は単純
    こちらの主張を広く展開すると共に、バカ共を国際法に則って徹底的に潰すだけ
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月09日 23:58  ID:vFbmRZ980 このコメントへ返信
    ドキュメンタリー一本見て、真実を知ったような気になるのは
    プロパガンダに乗せられるのと変わらないからね
    「そういう見方もある」っていうところで踏みとどまって、
    多角的な視点で考えるのが大切なんだが、これがなかなか難しい
    64. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 00:03  ID:9aDVxR0Q0 このコメントへ返信
    ※57
    視聴者をわかったようなつもりにさせる、自分が賢くなったと勘違いさせつつ思考を誘導する
    というと池上彰の番組みたいなものか
    65. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 00:18  ID:ZjRPpRBt0 このコメントへ返信
    アクトオブキリングは続編として「ルックオブサイレンス」というドキュメンタリが出てるよ
    あの虐殺で殺された犠牲者の弟が自分の身分を隠して加害者たちに話を聞きに行くというもの。
    よかった
    66. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 00:26  ID:fOldyMuS0 このコメントへ返信
    ※39
    それ。ちなみにザコーヴの一件で端的に分かるように、海外の人たちは実はプロパガンダ耐性がかなり低い。これはもっと知られるべきだと思う。
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 00:45  ID:cXCjfkIU0 このコメントへ返信
    ドキュメントフィルムというのは、必ず「ある意図」を持って作られる。
    よく言えば「テーマ」だ。
    「テーマ」に沿わない編集は意味がないし、カットされる。
    一つのドキュメントフィルムに「素直に」感動した時は、なぜ自分が「素直に」感動してしまったのかも考えた方がいい。
    裏を読め。
    68. 次元真実 ブルン   2015年10月10日 01:55  ID:o8o3up4n0 このコメントへ返信
    オレも感動ドキュメンタリーを紹介しよう!ブルン

    ”Welcom to the ブルンハウス”


    (´・ω・`) <ブルンハウスに訪れた二次妻が他の二次妻たちと触れ合いながら、
    (\∩ノ)    夫であるブルンとの子作りに、日々勤しむ感動大作さ
     しωJ
     


    69. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 02:11  ID:eZ3U6jak0 このコメントへ返信
    ※62
    >意識他界系
    ワロタw 現実見てないって事かw

    >こちらの主張を広く展開すると共に、バカ共を国際法に則って徹底的に潰すだけ
    まず日本の場合はIWCを抜けるなりして
    「商業捕鯨の体裁」という妙な皮を脱ぎ捨てるべきのような
    国際司法裁判所で妙なミソつけられてしまった事で、
    なおさらその辺の足かせに付け込まれるんだし

    ……これをやれないようなデメリットでもあるんかねぇ
    70. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 02:12  ID:eZ3U6jak0 このコメントへ返信
    ※68
    まずそのDQNメンタルをどうにかしようかw
    71. 名無しのミリヲタ(39年もの)   2015年10月10日 02:17  ID:HdusiTGf0 このコメントへ返信
    ※68
    そろそろ来ると思って待っていた。
    内容が予想通り過ぎたので今回はツッコミは無しにしようかと思ったが、「welcome」の綴りを間違えているぞ。
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 02:19  ID:NlDrRvUa0 このコメントへ返信
    ※22
    ミドリガメの甲羅って鼈甲には使えないの? 使えたらタイマイの代わりになると思うんだけどなー。
    73. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 02:54  ID:9aDVxR0Q0 このコメントへ返信
    ※69
    対話し続けるアピールはする必要があると思うよ
    安易にそういう団体から抜けると反論もできない

    幸いとはいえないが、昨今の世界情勢見るにEUもそれどころじゃなし
    反捕鯨組織とかその手の類の連中へ流れる資金も減るんじゃないかな

    根気よく堅実に主張を広げていくのが重要だと思う
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 03:46  ID:R.lRUSob0 このコメントへ返信
    ※68
    ttp://drazuli.com/upimg/file8577.JPG
    75. 雀の涙   2015年10月10日 04:00  ID:RS9oGmcP0 このコメントへ返信
    自然科学系のドキュメンタリーが好き。
    ホットスポット最後の楽園だとか、本スレでも挙がっていたプラネットアースとか。
    直近で見ようと思っているのは、日曜日放送の「ジョーズの謎に挑む」かな。
    ttp://drazuli.com/upimg/file8578.gif
    ※68 ブルン退治GIF作成が捗りそうだ!
    76. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 04:01  ID:Is9.KfTs0 このコメントへ返信
    「さらばアフリカ」は心躍る作品だった。
    ドキュメンタリーって呼んでいいかわからないけど。
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 07:13  ID:j.bK.9fR0 このコメントへ返信
    連休に暇している読者の予定を埋めてあげるブログの鑑
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 07:18  ID:eZ3U6jak0 このコメントへ返信
    ※77
    そういう意図だったら私的には、話題性やネタの弄り甲斐がある記事で、
    ここのコメ欄が議論やネタの応酬になる展開の方を望む所
    79. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 09:11  ID:pMEvbC0N0 このコメントへ返信
    ※8
    海豚鯨は神格化してる、紙の使いとしてる民族も多いので、その辺の反感はしょうがないと思う。
    何せ日本は、紙の使いを食べる世界的に希有な国なので、その辺の感覚は受け入れてもらい難い。
    腫れとケの日に食べるものだとか、地域でこの日に鯨喰う習慣とかもなにせ海外には無いものだし…
    一神教徒は、自分らが正しいと思ったらそれ以外の価値を認め難い民族だし、面倒よね。
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 09:59  ID:GNXWbwdM0 このコメントへ返信
    ドキュメンタリーを絶対視してはいけない、なんてわざわざ賢ぶって言わなくても情報リテラシーの基本中の基本じゃねーか
    ドキュメンタリー以外なら鵜呑みにしていいってのかよ
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 10:06  ID:pMEvbC0N0 このコメントへ返信
    二郎は鮨の夢を見る

    いつ見てもタイトルがダサすぎる
    82. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 11:18  ID:eeXuCFOP0 このコメントへ返信
    ※22
    最近に知って驚いたのだが、ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)は故郷のアメリカでは、野生の個体は絶滅危惧種なんだと
    繁殖力がすごそうなイメージあったけど、意外とそうでもないのかな?
    83. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 11:40  ID:eeXuCFOP0 このコメントへ返信
    ずっと前にここのコメント欄で、あのオレ師が紹介してくれた
    「豚の屠殺・解体現場 Pig slaughter in Bavaria (1985)」
    youtubeで観ることができます
    これを観ちゃうとね、ソーセージやハムを食べるたびに思い出しちゃって、食材になったブタさんはもちろん、それが食卓に並ぶまでに携わった全ての人たちにも感謝したくなります
    ホント、当たり前のようにお肉が食べれる、て実はすごくありがたいことだよね
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 13:19  ID:znPjMa7Z0 このコメントへ返信
    猫好きにお勧めしたい
    「グレートハンティング」
    85. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 13:35  ID:DUnFHoH.0 このコメントへ返信
    ※79
    「紙使い」は大変ですねw
    86. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 13:37  ID:eZ3U6jak0 このコメントへ返信
    ※79
    文句の声がでかいのは、もっぱらそうじゃない国の連中って感じだけどな……
    イギリス然りオーストラリア然り
    しかもイギリスなんか、もっとすぐ近くにも捕鯨やってる国・デンマークやノルウェーもある
    にもかかわらずこの無理解というね
    87. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 14:52  ID:b7F7kBgP0 このコメントへ返信
    純粋なドキュメンタリーとはちょっと違うけど
    ドキュメンタリー・ドラマの「宇宙へ」と「ニュルンベルク裁判」が良かった。
    どっちも再現ドラマ主体なんだが、本当に面白い。
    「宇宙へ」の方はDVDにもなってるぞ。
    ソ連のロケット開発主任やってたセルゲイ・コロリョフさんが渋い&不憫で、何故かソ連を応援したくなる作品

    あと、NHKでやってた「民衆が語る中国・激動の時代 文化大革命を乗り越えて」も良かったなぁ・・・
    こっちは純粋にドキュメンタリーだ。
    88. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 18:08  ID:ZEMmXxRt0 このコメントへ返信
    ドキュメンタリーじゃないけど歴史秘話ヒストリアとかで「敢えてこの人目線」の回は好き
    農民から見た関ヶ原の合戦とか町人と織田信長とか
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 19:21  ID:9HuMIl160 このコメントへ返信
    内容の出鱈目さはさんざ言われてるからこの際置いとくとして
    あれだけ反捕鯨運動を盛り上がらせる契機になったこと考えたら
    ザ・コーヴって編集や構成の妙に関してはある意味凄いのかもしれない
    実際捕鯨国のノルウェーの映画評論家が
    「内容に関しては賛同しかねるが映画としての完成度は高い」って言ってるし
    もっと別の題材でドキュメンタリ作りゃ良かったのに
    90. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 20:31  ID:.7DKJbFU0 このコメントへ返信
    ※72

    ベッコウはベッコウ亀=タイマイの甲羅の表面の色素層の
    部分のみを使用します。「べっ甲 材料」で画像検索すると
    半透明の板の画像がたくさん出ます。タイマイは
    唯一それがとても分厚く美しく、工芸材料として使えます。
    他のカメは色素層がとても薄いので使えません。
    甲羅そのものを防腐処理して素材利用するとなると
    危険な薬品を扱うことになるため、コスト・健康・環境面で
    良い材料とは言えなくなります。したがって
    ミドリガメの甲羅を利用することは難しいと考えられます。
    91. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 20:45  ID:.7DKJbFU0 このコメントへ返信
    ※82

    アメリカではミドリガメを丸のみにする外敵が多くいます。
    むしろ「食べられる側」です。ミドリガメが生態系の
    頂点にいるのは日本の水辺だけです。
    92. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 21:03  ID:fNL5T4Tx0 このコメントへ返信
    「世界残酷物語」「続・世界残酷物語」「世界女族物語」。
    ショック+ドキュメンタリーの「ショキュメンタリー」なんだそうだ。
    ちなみに日本の事も出て来るが、日本人が見ても「何コレ?」な物だった(「東京温泉」)。
    93. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 21:17  ID:WoFYWGWZ0 このコメントへ返信
    個人的には「スペシャリスト / 自覚なき殺戮者」
    と森達也の「A」シリーズ(書籍も含んじゃうけど)
    オウムもナチスも世間一般にいえば「悪者」だけど、
    じゃあその悪の原因って一体何なのかと。
    突き詰めて考えるとほんとうにゾッとする結論になる。

    あと大げさな内容じゃないけど、「プレッパーズ」も結構好き。
    ポールシフトを信じてたりと基本的にはギャグみたいなもんだけど、
    「善人が何もしないから悪人がはびこるのです」
    という風なセリフがポンと出てきたりと案外ハートフルだったりする。
    94. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 21:43  ID:1Gty2q.I0 このコメントへ返信
    ・『ゆきゆきて、神軍』
    『ボウリング・フォー・コロンバイン』、『華氏911』で有名なドキュメンタリー監督のマイケル・ムーアが最も影響を受けたと語る作品
    ドキュメンタリーではあるけど、明らかにカメラを意識した“主演”の奥崎謙三が見せる“演技”が壮絶
    ラストで小指の欠損した手を出して見せる奥崎の姿が強烈な印象を残す

    ・『選挙』
    主義主張は一切示さず、ただただ自分の名前を連呼するだけの日本の選挙活動のいびつさなどを、ある意味コメディータッチに描いた映画
    右も左もわからないまま担ぎ出された候補者の山内和彦が、有力支持者からきつい説教を受けている場面を見ると、いったい誰のための選挙なのかとうんざりさせられる

    ・『ヨコハマメリー』
    伝説の娼婦“ハマのメリーさん”ことヨコハマメリーの足跡を追った作品
    ある時から突然行方をくらませてしまったメリーさんの行方を追って関係者の証言をとっていくのだが、その関係者たちが次々と亡くなっていき作業は困難を極める
    そうやって苦労して辿りついた先に判明する衝撃の結末
    「昭和」という時代が生んだ一つのあだ花が散っていくのを目にしたような気がする
    95. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 21:58  ID:pMEvbC0N0 このコメントへ返信
    ※86
    イギリスとオーストラリアは、遠いところからウチの縄張り来んな、ってのもデカいと思う。
    南極海はオーストラリアのモンらしい。

    そうじゃなくてさ、どうこう喚いてる連中はおいといて。
    鯨と海豚が可哀想人ってらは、ファッションでやってるかあんまりモノを考えてないと思うんだ。
    感化されやすいてのかな。
    先に、もう何年も前から日本憎しの情報が刷り込まれてて、
    でも、海無し国家や鯨なんかよく知らねーって人ら、あんなもん喰えるのかって人の方が多くて、
    そういうのは、何処の国が捕鯨してるなんか興味も無いし日本だけ突出して目立つようにもう刷り込まれちゃってるから
    文化面で時間をかけて、こういうモノの考え方もおまっせと、解きほぐしていかないとって話。

    自国民でさえ、鯨なんかオレくわねーから止めようってアホもいることだし、
    日本は山の人と海の人と都会の人間は食いもんが違うし、祭りも違うから、
    コツコツ腹さえふくれりゃいいって考えだけじゃないよってこと。
    96. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 22:16  ID:DH3LGpaY0 このコメントへ返信
    ※66
    最近思ったのはイスラム国に参加する欧米の若者が
    「テレビやネットで迫害されているイスラム教徒を守りたいと
    思ったんだ」「アメリカを見ていて、キリスト教徒である事が
    嫌になったんだ」と単純な理屈で動いているなと

    おそらく西側では政策に不満を持つ若者を生み出さない為に
    偏った教育をしているんじゃないかと思った

    そしてそれが如実に表れたのは今回のドイツへの難民

    難民を庇おうとする人はニュースやドキュメンタリーを見て奮起
    一方で難民を追い出そうとする人もニュースやネットを見て奮起

    おそらくドイツ人はプロパガンダに一番弱い人達だと思った
    ttp://drazuli.com/upimg/file8579.jpg
    97. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 23:25  ID:uwoAQo2g0 このコメントへ返信
    ※32
    アクト・オブ・キリングを見たならルック・オブ・サイレンスも見るべき
    アクト・オブ・キリングは加害者側の視点で当時を再現するという映画だったけれど
    ルック・オブ・サイレンスは被害者側の視点で描かれている映画
    兄を殺された人が最初は自分のことを名乗らず加害者たちに会いに行くドキュメンタリー
    なぜかルック・オブ・サイレンスは見てない人が多い
    98. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 23:40  ID:.7DKJbFU0 このコメントへ返信
    ※68

    ttp://drazuli.com/upimg/file8580.jpg

    全ての女性キャラが男性を好きなわけではないので
    ブルンハウスに絶対に連れ込めないキャラもいますね。
    連れ込んでも瞬間移動で出て行ってしまいますし。
    99. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月10日 23:47  ID:3sdEVCTU0 このコメントへ返信
    ※98
    キマシタワー
    100. 次元神ブルン   2015年10月11日 01:09  ID:.WVaY.OR0 このコメントへ返信
    ※70 ※71 ※74 ※75
    ハハッ!eをつけるのを忘れてたのはアレだよ、Eカップの女性に
    「ちょっと、私を忘れないでよ!」ムニュ
    って展開が起きる余地を残しておこうと思ったのさ!ブルン

    ttp://drazuli.com/upimg/file8582.jpg

    ※98
    愚か者!百合ユリしてるキャラやレズレズしてるキャラでも、このブルンにかかれば
    あっという間にストレート属性も備えるに決まっているだろう
    まあ、でも黒子はブルンハウスに嫁がなくてもいいよ


    (´・ω・`) <佐天さんや固法先輩、しいたけちゃんなどがブルンハウスにはいるよ
    (\∩ノ)←超能力レベル:7~インフィニティ
     しωJ
    101. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 01:17  ID:DKr7q0930 このコメントへ返信
    アメリカン・ナイトメアは面白かったな。
    現行で販売してないのが残念だけど。
    102. 雀の涙   2015年10月11日 01:18  ID:vbvlmNZw0 このコメントへ返信
    ※100
    ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!ブルンは変態!!
    ttp://drazuli.com/upimg/file8583.gif
    103. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 01:45  ID:HJVSbUvu0 このコメントへ返信
    ※100
    ふむ、オレの「技術」を披露しがいのある奴だ。
    ttp://drazuli.com/upimg/file8584.jpg
    104. 名無しのミリヲタ(39年もの)   2015年10月11日 02:59  ID:OHGtbDix0 このコメントへ返信
    そういえば内容よりも主題歌の方が印象に残っている「世界の空軍 AIR FORCE'82 ドッグ・ファイト」を思い出したが、オリジナルのを見るのは困難なんだっけか・・・。

    ※100
    冥王星探査のドキュメンタリーを作るんで、ちょっと冥王星までロケに行ってもらえるかな。
    打ち上げ機がミノタウロスⅤじゃなくてピースキーパーICBMだったり、何故かペイロードに実弾頭のW87(核出力300Kt)が載っていたりするが気にするな。
    ttp://drazuli.com/upimg/file8585.jpg
    (画像はミサイルサイロから撃ちだされるピースキーパーICBM)

    あと、真の次元神でありたいならば黒子と対決すべきだと思うが。りんちゃんみたいに平坦であっても・・・ん?うわなにをするやめr
    105. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 04:31  ID:FfXSMH9X0 このコメントへ返信
    ※100
    > って展開が起きる余地

    ブルンが何を言っているかわからない件
    106. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 06:00  ID:1JtAhQ5o0 このコメントへ返信
    ※103
    拷問マスターのナッガマンテさんやないか!
    107. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 08:29  ID:v63E.ZWc0 このコメントへ返信
    「ザ・コーヴ」はショッキングな映像が無かったから北欧の追い込み漁による
    血まみれ映像を太地町の映像だと捏造して流したりと、日本人叩き前提で
    切り貼りした人種差別的な作品という事をもっと周知させるべきだと思うわ。

    そうすれば、アイツ等も今までみたいな頭ごなしでの批判は出来なくなる上に、
    日本の提出した細かなデータに対する反論しか出来なくなるからね。
    108. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 19:39  ID:Jmj0qPIX0 このコメントへ返信
    レストレポはおすすめ。
    いかに簡単に人が死ぬのか、いかに労力と命を費やした戦闘が無駄と終わるのか。
    はじまりから終わりまで兵士たちの側で記録された映像は「くる」よ。
    結構、米軍兵士が「ヒャッハー」してる場面も多い。

    製作者/撮影者が最前線に兵士と一緒に侵出していくような撮影手法がたたったのか
    レストレポ公開から1年後、2人ともシリアで死亡している。


    視聴の際、インタビューを受ける際に何故かニコニコしてるヒスパニックの兵士に注目する事をオススメ。



    109. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 19:43  ID:EtexwJce0 このコメントへ返信
    一覧表にしたよ。

    オコジョさんのも掲載した完全な表は以下に置いておきました
    タイニーURLドットコムスラッシュpgcelju(google sheetsです)

    『光と闇の伝説 コリン・マッケンジー』
    『ロスト・イン・ラマンチャ』
    『放送禁止』シリーズ
    『The RUTLES』音楽
    『ハーヴェイ・ミルク』
    『山谷─やられたらやりかえせ』
    『スキージャンプ・ペア Road to TORINO 2006』
    『水曜スペシャル』
    『映像の世紀』
    『ミドリガメの唐揚げ作りました。』
    『漫勉』NHK藤田和日郎回
    『なすびの懸賞生活』
    『スーパーサイズ・ミー』
    『ジェイミーのスクール・ディナー』
    『FOOD TECH』
    『メーデーシリーズ 』飛行機事故
    『悪魔とダニエル・ジョンストン』オルタナロック
    『核拡散をもたらしたフランス外交』
    『ボーリングフォーコロンバイン』
    『舌尖上的中国』
    『激録!警察密着24時』
    『悪魔の飽食』731部隊
    『スーパーハイ・ミー』
    『カシム・ザ・ドリーム』元少年兵がボクシング王に
    『フロウ~水が大企業に独占される!』
    『渡辺篤史の建もの探訪』
    『ルックオブサイレンス』アクトオブキリング続編
    『ジョーズの謎に挑む』
    『さらばアフリカ』
    『豚の屠殺・解体現場 Pig slaughter in Bavaria (1985)』
    『グレートハンティング』
    『宇宙へ』
    『ニュルンベルク裁判』
    『民衆が語る中国・激動の時代 文化大革命を乗り越えて』NHK
    『歴史秘話ヒストリア』
    『世界残酷物語』『続・世界残酷物語』『世界女族物語』『東京温泉』
    『スペシャリスト 自覚なき殺戮者』
    『A』シリーズ 森達也
    『プレッパーズ』
    『ゆきゆきて、神軍』
    『選挙』
    『ヨコハマメリー』
    『アメリカン・ナイトメア』
    『世界の空軍 AIR FORCE'82 ドッグ・ファイト』
    110. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 21:11  ID:mLutRwpm0 このコメントへ返信
    ※107
    それは知らなかった。
    築地で冷凍マグロが引きずられてるシーンが紛れ込んでるのは、人から紹介されて知ってたが。
    111. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月11日 23:25  ID:51Y0r1jf0 このコメントへ返信
    ウォーキングwithダイナソーめちゃくちゃ好き
    人類史とかよりもこういう太古の昔にものすごいロマンを感じる
    恐竜ものならドキュメンタリーでもパニック映画でもアニメ映画でも何でも好きだけど
    112. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月12日 00:54  ID:WPYUg3lg0 このコメントへ返信
    ムーアのような説教臭いドキュメンタリー作品が好き
    危機感の煽り方の勉強になる、扇動者は頭が良いと関心させられるよ
    113. 次元神ブルン   2015年10月12日 02:37  ID:WeWw66hH0 このコメントへ返信
    ※102 ※103 ※104 ※105
    ふむ、やはり嫉妬の声が響き渡るか・・・
    よかろう!このブルン、とことんまで二次キャラとのイチャイチャを見せつけてやろう。ブルン

    (ブルンが押し倒した時のビリビリの反応)
    ttp://drazuli.com/upimg/file8586.jpg

    ※98
    田代まさし!この愚か者!
    画像を、科学の為に!皆のために!鑑賞してもらうように努めるのだ!
    個別で参考画像を提出せよ!

            ⊂(´・ω・`)つ-、<どれ、見せてもらおうか?
          ///   /_/:::::/    
          |:::|/⊂ヽノ|:::| /」    
        / ̄ ̄旦 ̄ ̄ ̄/|    
      /______/ | | 
      | |-----------| |
    114. 雀の涙   2015年10月12日 04:27  ID:bKMwl6WW0 このコメントへ返信
    ※113
    ブルンの気持ち悪い妄想が許せないようだね。
    ttp://drazuli.com/upimg/file8587.gif
    115. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月12日 05:39  ID:5BdYSSCM0 このコメントへ返信
    ※113
    とあるブルンの現実逃避乙w
    116. 名無しのミリヲタ(39年もの)   2015年10月12日 06:47  ID:MAEEFqhB0 このコメントへ返信
    ※113
    ツッコミたいところだが、今ちょっと色々と忙しくて手が離せない。
    ttp://drazuli.com/upimg/file8588.jpg
    117. 名無し   2015年10月12日 08:44  ID:geHkKfy40 このコメントへ返信
    戦災孤児のドキュメンタリーは、大学で見せられことある。同じのかは分からないけど気が滅入る(~_~;)アフリカの内戦の元はヨーロッパ諸国が植民地化してたことが一番の原因。彼らは振り回されている。教育をまともに受けてない。ヨーロッパ諸国のせい。
    118. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月12日 10:11  ID:QRl3XNp50 このコメントへ返信
    ※103、※106
    うろ覚えだけど、こいつはイラストも言うこともアレなお方だけど、話が通じるだけマトモなんだよなw
    幾多の死線を潜り抜けてきた勇者でもオシッコちびりそうな、あの恐ろしいマンパンの砦の中では、こいつでも文明的な常識人レベルw
    119. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月12日 10:50  ID:QRl3XNp50 このコメントへ返信
    わかる人がどれだけいるかわからんうえに、今じゃ視聴困難な作品だけど、俺の超おススメのビデオ作品
    「東映特撮大図鑑」(92年)

    ドキュメンタリーとは違うかもだけど、東映特撮がどうやって作られてきたかという紹介作品
    古くは「ジャイアントロボ」から、当時最新作だった「恐竜戦隊ジュウレンジャー」までの特撮技術の歴史です
    特に、東映特撮メカの変形・合体の歴史がスゴイ!
    ttp://drazuli.com/upimg/file8589.png
    画像はジュウレンジャーのメカたちが召喚されてやって来るシーンだけど、赤のティラノザウルス・黒のマンモス・黄のサーベルタイガーはちゃんと「走って」やって来る
    ティラノザウルスは中に人が入ってる着ぐるみだけど、その他の4体はミニチュアっぽい?
    どうやって走らせてるんだろう? とか疑問に思ってた子は多いんじゃないかな
    これの撮影シーンを見たら「そうやって撮影していたのか!」てみんな驚くと思う
    (ヒント・手前の4体は本当に小さなミニチュアである)
    CGのなかった時代でも、ここまでやっていたのかと思うとビックリすることばかり
    これの動画が挙がっていても、すぐに削除されちゃうんだよなあ
    東映さん、削除するくらいならDVDで出してくださいよマジで!
    今ここ読んでる人で観る機会があったら、ぜひ観ていただきたい、絶対に損はない
    120. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月12日 11:55  ID:NjwZi8X.0 このコメントへ返信
    ※113
    よく来たね、茶でも飲んでいきな。
    ttp://drazuli.com/upimg/file8590.jpg
    121. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月13日 08:40  ID:IDpeSYU10 このコメントへ返信
    「CATFISH」は当時アメリカで相当話題になって、同名のテレビシリーズまで出来たのに
    日本じゃ未だソフト化されてない。
    ネット、というか当時電通がプッシュしていたfacebookのネガティブな部分がクローズアップされてるから
    圧力でもかかってたのかと邪推してまう。
    町山も紹介すると言ったきり音沙汰ないし。
    122. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月13日 23:57  ID:B2k0RBs40 このコメントへ返信
    アメリカンプロレスに人生をかける男たちのドキュメンタリー
    「ビヨンド・ザ・マット」おススメです。
    123. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 02:12  ID:FAI9S.SR0 このコメントへ返信
    つい最近DVD、BDを購入したところでまだ観てないけど映画オタにやたらと評価の高い「鉄西区」と「ショア」
    124. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月20日 03:42  ID:qEW7.rR00 このコメントへ返信
    NHKスペシャル 被曝治療83日間の記録 〜東海村臨界事故〜 (2001年)
    125. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月24日 02:39  ID:tK1HQrdT0 このコメントへ返信
    ザ・コーヴなめてる人もいるけど、いまだに外人はほぼ全員信じてるよ。
    映画サイトのIMDBだのALLCINEMAだの米Amazonのレビューだのみてみ。
    9割以上が満点近い点付けて「必見ドキュメンタリー」ってやってる。レビュー自体も多い。
    英語でまともに反論を広げられない日本人の英語力が残念。
    126. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月26日 02:04  ID:uHjzQ0f10 このコメントへ返信
    ※125
    >いまだに外人はほぼ全員信じてるよ。

    俺の知り合いで鵜呑みにしてる奴いないんだが
    日本でもそうだがamazonのレビューが完全に向こうの意見の反映ってのはないぞ
    2chのカキコミが日本の総意って言う程度には異なってる
    127. 無味無臭なアノニマスさん   2016年04月20日 23:15  ID:hsUhv7KB0 このコメントへ返信
    「ザ・コーヴ」内容に興味もあったけど、遠く離れた映画館まで見に行くほどでは
    無いと思ったし、NHKの番組で『(内容が)フェイクだらけだ』って紹介されていて
    アカンって思ったよ


    画像投稿(アップローダーを開きます)