コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by le_fancyraccoon

何でこんなことが起きるのか誰か説明してくれない?

キャプチャ
「酷いスペイン語の翻訳例をいくつか」
スペイン「私のことは忘れて」

キャプチャ
スペイン「クリスタルジャングル」

キャプチャ
「一番酷いのがこれ」

キャプチャ
「は?原題からしてスペイン語だったのに何で?」

キャプチャ
「長いスレになって申し訳ないこちらレアな『dickbutts』を」


9gag.com/gag/aVXmDAn



Comment by catalincostach 1013 ポイント

そりゃスペイン人は何でもかんでも翻訳しないといけないからだろ。理由は何なんだろ、分からん。多分馬鹿なんだろうな。

あいつら「ジョージ・マイケル(George Michael)」って名前なんかも「Jorge Micael」って翻訳してるし(ちなみに自分は今スペインに住んでる)

 Comment by crp1994 539 ポイント

 ↑スペイン人だけど「Jorge Micael」ってのは聞いたことがない。お前はいったい何の話をしてるんだ?

 Comment by coyoteazul 1 ポイント

 ↑アルゼンチンには昔自分の子供に外国風の名前をつけてはいけないという法律があった。これの趣旨は移民がこの国の文化に溶け込みやすくするため。子供たちを溶け込ませることは重要なことだから。

 Comment by jchevere1999 

 ↑それは連中が望んでそうしたわけじゃなくて、法律がタイトルを変更することを強制したから。


Comment by tomascaetano19 484 ポイント

ドラゴンボールではみんな「kame-hame-ha」って言ってるけどスペイン語では・・・「onda vital(超波)」。これは一体どういうことか。

 Comment by dj_roomba 55 ポイント

 ↑
 495ebf62141836634785735395_700wa_0

 Comment by snixen 

 ↑一部の英語版の映画だと孫悟空は「ka-me ha-me wave」って叫んでる。

 Comment by my_name_is_chef 1 ポイント

 ↑イタリアじゃ「ONDA ENERGETICA」。イタリア人の子供にとっては「kamehameha」は覚えにくかったんだよ。1990年代の俺たちは今よりバカだったしインターネットもなかったしで。

 Comment by bruno9779 

 ↑イタリアじゃ「Onda energetica」だけどこれは結構すぐに廃れた。

 Comment by zpanicz 

 ↑まさにそれ。初めて「onda vital」って聞いたとき「は?」ってなった。(ちなみに自分はメキシコ人ね)

※「onda vital」については以下のような画像をよく見かけます。
kame-hame-ha-in-spanish-onda-vital


Comment by vicechmit 10 ポイント

そりゃ題名の訳を選ぶのはマーケティング部門だから。

翻訳家はそれとは何の関係もないし、大半の人間はそういうアホらしい訳のことは嫌ってるよ。

だからスペインのことを叩いてるやつはちゃんと調べてから叩くべき。

 Comment by carlosvzla 12 ポイント

 ↑ははーん、なるほど・・・要するにお前らの国のマーケティングマネージャーはクソだってことだな。

  Comment by vicechmit 

  ↑その点については心から同意する。


Comment by byjcl1999 82 ポイント

「ワイルド・スピード」は南アメリカでの翻訳だと「aa Rapido y furioso」、スペインでは「A todo gas」。これをそのまま直訳すると「ガソリンを積んで」

 Comment by aglupotto 11 ポイント

 ↑「a todo gas」は英語にすると「フルスロットル」じゃないのか。

 Comment by nicolasmuniz 77 ポイント

 ↑それ「フルスロットル」だろ。「ガソリンを積んで」とか意味不明なんだが。


Comment by gozertank 40 ポイント

フランスとかこれ以上に酷いんだぞ・・・

 Comment by spykodraco 20 ポイント

 ↑「二日酔い(hang over)」は「酷い旅」に変更された。

 ああ、英語のタイトルを別の英語のタイトルにって・・・俺たちは得意なんだわ。

  Comment by dgrays 1 ポイント

  ↑フランス語では二日酔いを表現するのに酷い旅って言うんだよ。

   Comment by limeila 2 ポイント

   ↑違うだろ。「二日酔い=Gueule de bois」。全然同じ意味じゃない。

 Comment by maryjaneholmes 2 ポイント

 ↑これを書き込むためにこのスレ開いた。

 ありとあらゆる映画のタイトルが何かしら性的なものに変えられてる。実にバカバカしい。

 Comment by lebitt 1 ポイント

 ↑ブラジルでの「ハングオーバー(二日酔い)」は「飲むなら結婚するな」。確かに・・・


Comment by noradiv 12 ポイント

「ワイルド・スピード(fast and furious)」は「a todo gas」。は?

 Comment by fuckweebs 10 ポイント

 ↑「rapido y furioso」とか響きが酷い。そもそも俺たちは「fast and furious」って呼んでるからどっちにしろたいした問題じゃない

 最初の二作は「a todo gas」って呼ばれてたけど最近の作品は英語名で呼んでる。


Comment by israman 33 ポイント

シェルドン:英語だと「Bazzinga」、ラテンアメリカのスペイン語だと「Bazzinga」、スペインのスペイン語だと「Zas en toda la boca」

 Comment by menestranza 12 ポイント

 ↑そりゃ「bazzinga」には何の意味もないから。それにファミリーガイで「zas, en toda la boca」ってフレーズがテレビで流行(滅茶苦茶流行しまくった)から。これの影響でみんな最近では「zas en toda la boca」って言ってる。

 Comment by eonoke 1 ポイント

 ↑文化の違いがあるから会話を変更させる必要があったりすることもあるよ。自分がスペインのジョーク言っても多分君は理解できないと思うよ。

 Comment by jrgalarreta7 

 ↑その表現は流行する前から存在してたし、理由はそれ。

シェルドン・リー・クーパーのトレードマーク的なキャッチフレーズは、脚本家のステファン・エンゲルが繰り返し行っていたいたずら、(グレープフルーツの中身をくり抜き、再び元に戻すいたずらなど)が由来です。エクゼクティブプロデューサーのビル・プラディーは、”私がそれを開けると、ステファンが”Bazinga,”というんだ、Bazinga,とは彼にとって”gotcha”(やってやったぜ!)という意味なんだ”と言います。その言葉がスタッフの間で流行り、ドラマの中にまで取り入れられることとなりました。

1.シェルドンのフレーズ”Bazinga”の語源とは!?


Comment by shadowpicoo 261 ポイント

多分、これは多分だけど多分マーケッティングのためにそうしてるんだと思う。何でかというとスペイン人の自分からするとその変な翻訳の方が原題よりも響きが良いように感じるから。

例えば「Duro de Matar」よりも「Jungla de Cristal」の方が響きが良いように感じるみたいな。ひょっとしたらこれはもしかすると自分がそっちの方に慣れているからだけかもしれないけどそっちの方が響きが良いように感じる。

それにラテンアメリカじゃジョーカーのことを「El Guason」と言うって知ってるけどスペイン語だとこれは愚か者って意味になる。ここではうちら「El Joker」って言ってる。

 Comment by bessiejcPro 29 ポイント

 ↑お前が言ってるラテンアメリカって何処のこと?中央・南アメリカ出身だけどそんな翻訳今まで聞いたことがないぞ???

  Comment by maryjaneholmes 19 ポイント

  ↑ペルーだと彼が言ってるように呼んでる。

   Comment by bessiejcPro 7 ポイント

   ↑それならラテンアメリカじゃなくてただのペルーだろ。ラテンアメリカにある国はペルーだけじゃないんだから。俺たちのことを一緒くたにしてんじゃねーよ。

 Comment by HJOF 11 ポイント

 ↑メキシコ人だけど多分それは立法者が「外来」のものに対して文化を保護するためにしたことだから翻訳者がどうこうというよりも政治的なことだと思う。


Comment by msandd 138 ポイント

「ドラキュリア(Dracula 2000)」は「Dracula 2001」って翻訳されたからな。

 Comment by hal_9_thousand 12 ポイント

 ↑俺はこれは良い変更だと思う。

 Comment by thecaterpillar 9 ポイント

 ↑
 753484001444815947

 Comment by olafthesnowman 

 ↑そんなの何でもない。アメリカ合衆国なんかドラゴンボールZで8000を9000と翻訳したんだから。

関連記事
「日本版のDBZでは『戦闘力9000以上だ!(It's over 9000!)』とは言わないらしい」海外の反応
ロンドンの博物館から棺桶が盗み出された。それは100年前に捕えられた吸血鬼ドラキュリアだった。
闇夜を舞い、自在に変身するドラキュリア! ヘルシング教授とその甥サイモンが銀のマシンガンで戦いを挑む!
加速する恐怖との惨劇の果てに、驚くべきドラキュリアの正体が明かされる!



Comment by rhkampos 96 ポイント

「悪魔のいけにえ(The Texas Chain Saw Massacre)」の翻訳はアルゼンチンだと「El loco de la motosierra」だけどスペインだとこれは「La matanza de Texas」

1973年8月18日。真夏のテキサスを、ワゴン車でドライブ旅行を楽しむ5人の若者たち。ガス欠となり、一軒の家を訪ねたことから、想像を絶する惨劇が始まる!ドアを開けるなり、人間の皮の面をかぶり、血で汚れたエプロンをつけた大男に襲われ、若者たちは次々に殺されていく!唯一生き残った女性が必死に逃げた先で見たものは・・・!?



Comment by hector9559 147 ポイント

公平な見地から言うとこういった「翻訳の失敗」は言語的なものとか響き的な問題によるものだったりするからね。

実際「Duro de matar」よりも「La jungla de cristal」の方がずっと響きが良いし。他にもこういった例は色々ある。

ただし「Onda Vital」、てめーはダメだ。だからドラゴンボールを視聴するときはカタルーニャ語で見るようにしてる。

 Comment by matedrink24 22 ポイント

 ↑冗談だろ?「Duro de Matar」の方が「Jungla de Cristal」よりもずっと良いだろ。前者だとアクション映画っぽいけど後者だとビクトリア朝の貴族についての映画みたいじゃん(クリスタルジャングルとか何言ってんだ?)

  Comment by cuentamarvelhe 12 ポイント

  ↑「クリスタルジャングル」ってのは現代都市を指す詩的表現。高層ビルのガラスとか。ビクトリア朝とは何の関係もない。まあ確かに「Duro de Matar」の方が響きは良いと思うけど。


Comment by noonewillknow 9 ポイント

ドイツの映画の題名も時々かなりバカバカしいものになる。

 Comment by le_fancyraccoon OP

 ↑それマジ?いくつか教えて

  Comment by juligrlj 2 ポイント

  ↑ドイツ語版の「ダイ・ハード」は「Stirb langsam」でこれは「ゆるやかな死」って意味。

  Comment by ultimatesin 2 ポイント

  ↑「エターナル・サンシャイン」=「Vergiss mein nicht」=「私を忘れないで」

『恋愛睡眠のすすめ』のミシェル・ゴンドリー監督が、ジム・キャリーとケイト・ウィンスレット共演で贈るラブストーリー。ケンカ別れした恋人たちの楽しく幸せだったった日々を、ユニークかつ斬新な手法で綴っていく。



Comment by stephenfeng86 4 ポイント

「スーパーナチョ」とかいう至高のタイトル。

 Comment by menestranza 7 ポイント

 ↑スペイン語じゃ「Nacho libre」には何の意味もない

  Comment by negabarbilla 

  ↑英語だって何の意味もないよ。多分それはナチョとルチャリブレをくっつけた言葉遊び

   Comment by menestranza 

   ↑むむむ・・・

修道院で食事係を務めるドジな男ナチョは、孤児たちに美味しい食事をさせたい一心で、幼いころから憧れていたルチャ・リブレの覆面レスラーになる。相棒のスティーブンとともに厳しい特訓を積んだ後、修道院には秘密でリングに上がるナチョ。彼らは連戦連敗を重ねながらも、チャンピオンのラムセスと戦うチャンスを手にする。果たしてナチョは試合に勝てるのだろうか!?

ナチョ・リブレ 覆面の神様 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ナチョ・リブレ 覆面の神様


ルチャリブレ(Lucha Libre)は、スペイン語でプロレスのことである。特に、メキシカンスタイルのプロレスのことをルチャリブレと呼ぶ。

ルチャリブレはメキシコ合衆国において非常に高い人気を得ている大衆芸能・格闘技で、兼業も含めれば数千人の競技人口を誇り、メキシコを中心に中南米で盛んに興行がおこなわれている。

なおルチャリブレは自由な戦いという意味である。

ルチャリブレ


Comment by matedrink24 2 ポイント

セーラームーンは「Guerrero Luna(戦士たる月)」って呼ばれていた。しかもこれ戦士の女性形じゃない。

あと彼女の名前は「Bunny」だった・・・発音は「boo-ney」


Comment by christyo90 

てっきり酔っぱらった人間はロシアにしか住んでいないと思ってたのに・・・


Comment by karsmoker 

ほんと翻訳は酷い。あとシリーズものや映画で吹き替えに起用してる声優は全員で四人くらいしかいないんじゃないかと思う。だってどの映画でも同じ声優が吹き替えを担当してるし。

あとスペイン語の吹き替えを聞くとか二分も我慢できない。それ聞くくらいなら英語や日本語に字幕がついてる方を選ぶわ。


Comment by natgala11 

「サウンド・オブ・ミュージック」何かだとスペインでは「sonrisas y lagrimas(笑顔と涙)」って呼ばれてる・・・

どこからこのタイトルが出てきたんだよ・・・


Comment by kixmusaid 

スペインは英語版を使おうとしない頑固者だから色々でっちあげるんだよ。これマジな話。


Comment by jordiramn 

それ何でかというと俺たちは1975年まで独裁体制だったから。それで検閲によって大量の外国映画が禁止された。

映画は検閲を受けてわざと誤訳されたりもした。タイトルは全部検閲の趣旨のもとに翻訳されて変更された。

俺たちが民主主義に移行してからもこの翻訳の風潮は残って、少しずつ消え失せていってるけど、多くの映画の配給社は未だに一部の映画のタイトルを誤訳したりしてる。


Comment by raulscrew 

メキシコだとあいつら映画のタイトルに何の意味もない付け足しをするぞ。これが意味不明。

「崖の上のポニョ(Ponyo)」って映画はメキシコだと正式なタイトルは「Ponyo, el secreto de las sirenita」。これを英語に翻訳すると「崖の上のポニョ:小さな人魚の秘密」。

これだとなんだかジブリ映画というよりもディズニー映画の続編って感じがする。


Comment by jhuddleston1980 

ブラジルにもいくつか酷いタイトルに翻訳された映画があるけどスペインほどではないな。


Comment by fgspaggiariPro 2 ポイント

イタリアではダースベーダーが「Dart Fener」、C3POが「D-3BO」、R2D2が「C1P8」

 Comment by angrycoder 

 ↑それ冗談だよな?


Comment by nandeska 1 ポイント

これドイツも大して変りない・・・

「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」が「マイティ・ソー/ダーク・キングダム」に翻訳(?)されてる。

あと「続・夕陽のガンマン( The Good, the Bad and the Ugly)」はどういうことか「Zwei glorreiche Halunken」って呼ばれてる。これは「二大巨悪」って意味。

南北戦争の混乱の中、賞金稼ぎのブロンディーは賞金がかかった悪党と手を組んで荒稼ぎをしていた。そんな折、巷で話題になっていた20万ドルを盗み隠した男の死に際に出会う。たった一人隠し場所を訊いたブロンディー。だが彼の周りには軍隊、賞金稼ぎ、賞金首の男……それぞれの男たちの欲望が、友情と裏切りの狭間で死闘を繰り広げるのだった。果たして20万ドルは本当にあるのか? 最期に手にするのはいったい誰なのか……?



Comment by ___coldspace___ 3 ポイント

「クリスタルジャングル」と「ダイ・ハード」の間に一体何の関係があるというのか?

 Comment by vialgy 22 ポイント

 ↑この映画の舞台はガラスでできた建物で溢れている街の中で、その街はジャングルのルール(弱肉強食)で支配されてる。これを混ぜたものが「クリスタルジャングル」

 Comment by dr_makak 3 ポイント

 ↑ポーランドではこれ「ガラスの罠」。最初の部分については当てはまるけどそれ以外の部分については全くかすってもいない。


Comment by app3833 

レオン→プロフェッショナル→El asesino perfecto(完璧な暗殺者)

 Comment by beltran1992 1 ポイント

 ↑それどこで?ラテンアメリカ?スペイン?

 スペインじゃレオンは「El Profesional」でこれ同じ意味だぞ。

ニューヨークを舞台に、凄腕の殺し屋と家族を殺された少女との心の交流を描いた、リュック・ベッソン監督によるスタイリッシュ・アクション。買い物に行っている間に家族を惨殺された12歳の少女マチルダは、隣人レオンに助けを求める。戸惑いながらもマチルダに救いの手を差し出すレオン。彼が殺し屋だと知ったマチルダは、復讐するために殺し屋になりたいと懇願する。



Comment by asofiaossazuain 1 ポイント

「ソウ」は「el juego del miedo」。これは「恐怖のゲーム」・・・

 Comment by menestranza 2 ポイント

 ↑恐ろしいゲーム、な。

 Comment by XantE 1 ポイント

 ↑それなら意味通じるけどそれでもアレだな:P

全く見当が付かない状況下で錯乱するふたりの男と刑事。ふたつのシチュエーションが交錯する中、彼らは究極の選択を迫られる。



Comment by omniostrue 3 ポイント

フランス語では「ダイ・ハード」は「Piege de Cristal」って呼ばれてる。

これの意味は「クリスタルの罠」


Comment by jaycobb 1 ポイント

これスペインだけじゃない。

ポーランドじゃ「ダーティ・ダンシング」が「Wirujący Seks」って翻訳されてた。これは「Swirling Sex」って意味。

 Comment by agoye 

 ↑は?マジで?

  Comment by jaycobb 

  ↑これガチだから。俺の言ってることが信じられないのなら「filmweb.pl」をチェックしてみろ。

避暑地にやって来た17才の少女がダンス・インストラクターの男性と恋に落ち、大人の女性へと変わっていく様を描いた青春映画。



Comment by lhi04 6 ポイント

翻訳家だけどこれの責任が俺たちにないってのはその通り。その責任はマーケティングの連中にある。


Comment by Xelibri 2 ポイント

ポーランドじゃ「ダイ・ハード」は「ガラスの罠」って翻訳されてるし、他の映画はガラスの高層ビルとか全然関係ないのに連中はこれにこだわりつづけた:P

 Comment by menestranza 1 ポイント

 ↑ポーランドやフランス、スペインの三カ国がどれもガラスの罠だとかジャングルだとか言う感じになってるのは変わってるな。

 他にもこんな風に翻訳してる国は結構ありそう。


Comment by miapilar1993 6 ポイント

スペイン人の翻訳家だけどそれマーケティングの連中が決めることだから!(俺たちがつけたわけじゃない!)

けど俺たちもこういうのを目にするたびに自分の目を潰したくなる。


Comment by clara_govit3 ポイント

実際のところこういった映画のタイトルが「変な風に」翻訳されるのはマーケティングのせい。

多分君がオリジナルのタイトルの方が良いと思うのは君が英語を知っているから、けど英語を喋ることが出来ない人にとっては原題がそのまま「正確に」翻訳された場合は本来の意味を理解することが出来ないから変だと感じるよ。

あと企業が興味あるのは金を稼ぐことだから、キャッチーなタイトルの方が良いんだよ。


Comment by aboixvega 

スペイン人だけどこういう例は大量にある。

「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」はスペインだと「Criadas y Senoras」だけどこれは英語だと「メイドと淑女」という意味。

黒人家政婦の存在が当たり前の地域社会で育ってきたスキーター。しかし、大学から戻った彼女は、家政婦たちの置かれた立場が当たり前に思えなくなってくる。そこで、身近な家政婦たちに現状に対しての想いをインタビューしようとするが、彼女たちにとって真実を語ることは南部という地域社会で生きる場所を失うことを意味していた─。



Comment by cosmicoddity 

イギリスの映画の一部はアメリカ合衆国で公開されるときに違うタイトルになったりする。

「The Boat That Rocked」はアメリカ合衆国だと「Pirate Radio」だし、「Undertaking Betty」は「Undertaking Betty」になった。


Comment by tonnio80 1 ポイント

オランダじゃありがたいことに外国映画は原題のままで映画自体も全部字幕表示。

唯一の例外は午後に公開される小さな子供向けの映画


Comment by iridion 8 ポイント

その気持ちは分かる。ここイタリアじゃ「エターナル・サンシャイン」は
「Se mi lasci, ti cancello」って翻訳されてた。

これは「別れるというのならデリートしてやる」って意味。


Comment by drunkenyoshio 1 ポイント

「onda vital」のことは忘れてはならない・・・


Comment by kewlsen 4 ポイント

こういうのが起こるのはスペインだけでラテンアメリカでは起こらないと思ってる連中には「Reverendo Alegria」の存在を思い出していただこうか。

あと「onda vital」についてギャーギャー言ってる連中のことは理解できない。子供たちは日本語を知っておくべきだとでも?それで何か変わるのかよ?


Comment by n7Angel 2 ポイント

結構スペインに旅行するアルゼンチン人だけど連中の文化じゃうちらの文化よりもはるかに何でもかんでも翻訳する風潮がある。

例えば外国映画でスペイン語に吹き替えされていない映画を見つけるのは至難の業。一方でアルゼンチンじゃ元々の言語を流してそれに字幕をつけた映画を見るって方が一般的。

こういうことがなぜ起こるかというと映画はまずスペインの州であるカタルーニャの言語であるカタルーニャ語に翻訳されてからスペイン語に当てはめられるから。この過程で色んな単語の正確性が失われることになる。

スペイン出身の人はラテンアメリカの翻訳の仕方よりもこういう翻訳の方を好む傾向があるな。


Comment by raulvicentej 

スペイン人だけどこれはかつて検閲があった時代から受け継いだ負の側面なんだよ。

外国映画がスペインで公開されたころ(独裁時代)大半の人は読み書きできなかったから読むことが出来なかった。だから映画業界はポルトガルのような他の国がやってるような字幕システムじゃなくて現在の吹き替えシステムを適用した。

その映画業界が原題を翻訳してそれが今連中がやってること。それに自分が賛同してるってわけじゃないよ、ただそういうものなんだということだけ。




キャプチャ

日本でのビデオ発売時の邦題『バス男』は、当時の日本でヒットしていた『電車男』にあやかったものであるが、主人公のナポレオンがバス通学をしているだけで、『電車男』に似ている要素はまったく存在しない。販促目的でつけられたこの邦題は酷評されることが多く、「日本一最悪な邦題」と言われることすらあった。

このため日本でも原題そのままの『ナポレオン・ダイナマイト』で呼ばれることもあった。2013年10月には、電車男ブームに便乗したタイトルを付けたことに対する謝罪文を付けて、原題の『ナポレオン・ダイナマイト』へ改題して再発売された。

ナポレオン・ダイナマイト

<募集>
柊りんのイラストを描いていただける方を募集しています。
稿料は希望額をお支払いいたします。
詳細は「こちら」から

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 暇ななんたらかんたら   2015年10月15日 12:03  ID:jMBNP.780 このコメントへ返信
    バス男・・・
    2. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:06  ID:NDEoqfXq0 このコメントへ返信
    この翻訳はランボーだな
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:07  ID:ST2EVWvP0 このコメントへ返信
    邦題のセンスの良し悪しは別として
    どうしてこうなった度だとバス男よりもさらに上だと思う
    ttp://drazuli.com/upimg/file8633.gif
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:10  ID:L6515UKi0 このコメントへ返信
    「A Hard Day's Night」
    の日本語タイトルが
    「ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!」
    なのは、邦題を考えた水野晴郎さんのセンスのせいであって日本語に罪はないぞ
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:12  ID:X4n.RyZY0 このコメントへ返信
    クソ邦題なら山ほど候補があるのに良い邦題と言えば
    「天使にラブソングを」一強状態なのはどうなのか
    6.     2015年10月15日 12:13  ID:n.8B.1R50 このコメントへ返信
    日本は、邦題よりもキャッチコピーのセンスが絶望的に悪い
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:13  ID:Cw5cN9FH0 このコメントへ返信
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    | よくある事だ、気にするな

     \__________ __________/
                   ∨
    ttp://drazuli.com/upimg/file8634.jpg
    8. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:14  ID:3U80l7xj0 このコメントへ返信
    そのまま直訳してもその国の文化によっては馴染みが薄かったりするから変えることも時には必要だろうけど・・・
    タイトルってキャッチコピーや予告編並みに重要だろうに何でこんなんなるんや
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:16  ID:fQ3B5DmC0 このコメントへ返信
    日本版タイトル       原題

    スタンド・バイ・ミー    THE BODY(死体)
    ベイマックス        ビッグヒーロー6
    アナと雪の女王       Frozen
    カールじいさんの空飛ぶ家  Up
    塔の上のラプンツェル    Tangled
    きみに読む物語       The Notebook
    戦場にかける橋       The Bridge on The River Kwai
    天使にラブソングを     sister’s act

    味覇            創味 シャンタン
    10. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:18  ID:n9sgdRPO0 このコメントへ返信
    The Bucket List → 最高の人生の見つけ方
    The Magic of Belle Isle → 最高の人生のはじめ方
    And So It Goes → 最高の人生のつくり方
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:18  ID:Cw5cN9FH0 このコメントへ返信
    ※5
    聞き捨てならんな
    ttp://drazuli.com/upimg/file8635.jpg
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:19  ID:n9sgdRPO0 このコメントへ返信
    The Bucket List → 最高の人生の見つけ方
    The Magic of Belle Isle → 最高の人生のはじめ方
    And So It Goes → 最高の人生のつくり方
    13. んん   2015年10月15日 12:19  ID:oxbef5ZtO このコメントへ返信
    あんまり関係ないと思いますが、
    邦画タイトル+中学生並みの英語の作品は軒並み地雷な気がします
    りんちゃんも私のキャノン砲~higher than the sky~をご覧になれば真贋はっきりつくことでしょう(ヌギヌギ
    14. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:22  ID:n9sgdRPO0 このコメントへ返信
    ※12
    2回投稿してたごめんなさい
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:24  ID:3U80l7xj0 このコメントへ返信
    ※5
    洋題「凍る」
    邦題「アナと雪の女王」

    これは元がシンプルすぎるだけでいい邦題とは違うか
    16.    2015年10月15日 12:28  ID:8clgHF2k0 このコメントへ返信
    ミシェル・ファイファーのホワットライズビニーズは、当日タイトル日本風にしたほうが内容わかるんじゃないの?と、言われてたな

    ニコール・キッドマンの冷たい月を抱く女は、原作タイトルとかけ離れすぎてきてよくわからないと、ニコール・キッドマン本人が言っていた
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:28  ID:x8NLuKDP0 このコメントへ返信
    スペインにも戸田○津子さまがいらっしゃたのですね
    18. まとめブログリーダー   2015年10月15日 12:31  ID:B1.sPZFs0 このコメントへ返信
    オリジナル「Hasta La Vista, Baby.」
    日本語版「地獄で会おうぜ、ベイビー。」
    スペイン語版「Sayonara, Baby.」
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:31  ID:jhBt9GgP0 このコメントへ返信
    輸入映画3大糞
    ・そのとき流行ってたフレーズにあやかってタイトルを変える
    ・そのとき流行ってた芸能人が吹き替え
    ・なっち
    20. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:36  ID:ZifMB4.40 このコメントへ返信
    スペイン語がスペインだけでしか使われていないとしたら
    ここまでボロクソに言われなかっただろうなw
    なまじラテンアメリカという比較対象があるせいで…
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:37  ID:hJ8uz2Gf0 このコメントへ返信
    別に、意訳や原題からかけ離れた邦題なんていくらでもあるから、それはどうでもいいのだけれど、邦題にするにあたって、ほぼ必ずと言っていいくらい、複数形のsと定冠詞であるtheが抜けるのは気になるなあ。日本人としては。
    22. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:45  ID:gNom5mop0 このコメントへ返信
    武器名だけど、ゲイ・ボウを黄槍→ 必滅の黄薔薇にした厨二力は呆れたものだと思う。
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:53  ID:CtD9a1d30 このコメントへ返信
    邦題も見てみるとアレなのもあるけど、なかなかやんけ!
    24. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 12:57  ID:xfQBYKDA0 このコメントへ返信
    真夜中のカーボーイはさすがに古いか。
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:08  ID:hrZbqJMT0 このコメントへ返信
    えびボクサー(シャコ)
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:11  ID:kXcqSScL0 このコメントへ返信
    タイトルの訳がひどいってのはどこの国でもあると思うけど、
    90年代ぐらいから増え始めた原題そのまま邦題は
    おもしろ邦題を探す楽しみが減るから個人的には嫌いだわ。
    しかも※21が言うように微妙に英語変えるし。
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:22  ID:LLJYSfTG0 このコメントへ返信
    「ワイルドスピード」はスレで出てるとおり”fast and furious”だから
    どうも違う気もするが、でも「速く、激しく」でも「怒濤の速さ」でも
    日本語にするとタイトルが伝えたいことが伝わらないから
    一周回って「ワイルドスピード」はなかなかいいタイトルじゃん?ってなる。
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:22  ID:5.cRLAL00 このコメントへ返信
    勝手にシリーズ化
    ttp://drazuli.com/upimg/file8636.jpg
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:26  ID:nvoslLWR0 このコメントへ返信
    好きな映画を紹介する時に変なタイトルだと怪訝な顔をされます

    ttp://drazuli.com/upimg/file8637.jpg
    「恋はデジャ・ブ 」(原題:Groundhog Day )
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:29  ID:RifeOrrh0 このコメントへ返信
    翔び出せ! コルピクラーニ
    ttp://drazuli.com/upimg/file8638.jpg
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:33  ID:RifeOrrh0 このコメントへ返信
    ※29
    ループ物の金字塔みたいな映画なのにいかにもB級ラブコメみたいな邦題で大損してるよね
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:34  ID:a..zbVlQ0 このコメントへ返信
    Cross of Iron⇒戦争のはらわた
    嫌いではないが
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:35  ID:bMo0ZnuW0 このコメントへ返信
    ※19
    先生!2番目と3番目のコラボはどうしたらいいですか⁉
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:40  ID:jk6mJjmp0 このコメントへ返信
    『死霊の盆踊り』
    『フォレスト・ガンプ 一期一会』
    『スパイ大作戦』はある意味名訳。

    『風とともに去りぬ』や『三銃士』は今ならもっとつまらない訳になっていたと思う。
    「ホビット荘」や「つらぬき丸」という翻訳も自分は好きだ。
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:47  ID:qlzE.XRQ0 このコメントへ返信
    ※29
    それ書こうとしてた
    邦題酷いけどいい映画だよね
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 13:51  ID:DZwylk550 このコメントへ返信
    米19
    うざいCMも加えてくれ。

    一時期流行ってた素人に感想言わせるCMとか最悪だった。
    37. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 14:05  ID:E0x39KsV0 このコメントへ返信
    変てこアルマゲドンシリーズ、TVで放映しようぜっ!
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 14:13  ID:uV9r.7fe0 このコメントへ返信
    原題 Mine vaganti (浮遊機雷)
    邦題 あしたのパスタはアルデンテ

    どうしてこうなった?
    39. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 14:14  ID:BcbvKx2d0 このコメントへ返信
    ある映画が流行ると、似たような映画買ってきて、似たような題名つけて売り出すのは結構あるな
    ランボーが流行ったときに
    乱暴者ってビデオを見つけた時は笑ったw
    ロボコップが流行ったときは、△×コップ、○○コップが沢山並んでた
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 14:29  ID:0R8rHmkq0 このコメントへ返信
    ※15
    アナ雪はそれ単体だといいけど
    Frozen Fever→エルサのサプライズ
    まで含めると一気に微妙感が…
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 14:45  ID:199yVqnW0 このコメントへ返信
    日本映画がアメリカだと全く別な題名になるだけでなく登場人物の名前までアメリカ風に変えられるからお互い様でしょ
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 14:53  ID:JafqclkB0 このコメントへ返信
    原題      邦題
    First Blood  ランボー
    Rambo     ランボー 怒りの脱出
    Rambo 3    ランボー3 怒りのアフガン
    Rambo     ランボー 最後の戦場
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 15:06  ID:5vIzqc7f0 このコメントへ返信
    スパニッシュ野郎の翻訳が気になるので?(訳:戸○奈津子)
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 15:09  ID:.WThPHHd0 このコメントへ返信
    かつて、「渡るべき河」という西部劇を、禿げたインディアンの酋長が出てきて、ヒロインの入浴シーンがあるからという理由で、「乳房とハゲ頭」という名前で売り込んだプロデューサーがいる
    45. 無味無臭なアノニマスよん   2015年10月15日 15:38  ID:.G5v1VXi0 このコメントへ返信
    >「サウンド・オブ・ミュージック」何かだとスペインでは「sonrisas y lagrimas(笑顔と涙)」って呼ばれてる・・・
    >どこからこのタイトルが出てきたんだよ・・・

    これはそんなに悪い訳とはいえないと思うね。
    『The Sound of Music』というのはそもそも舞台劇(ミュージカル)のタイトル(演目)なわけだが、これは、前奏曲に続いてマリアが歌う、冒頭の曲のタイトルをそのままつけただけ。ベースになっている『トラップ一家物語』のストーリーとはあまり内的な関連がない。おまけにこの表題曲、『エーデルワイス』『ドレミの歌』『すべての山に登れ』などはもちろん、『私のお気に入り』にくらべても知られていないし歌われることも少ない。
    そして実際この映画は、スペインだけではなくて、ドイツでは『Meine Lieder – meine Träume(私の歌 私の夢)』、フランスでは『La Mélodie du bonheur(幸福の調べ)』、イタリアでは『Tutti insieme appassionatamente(みんな一緒に、情熱的に)』という風に、各国語それぞれに工夫した翻訳タイトルがつけられている。イタリアのやつはたぶん、劇中でマリアが子どもたちに(歌の途中で)出す指示のセリフを使ったものじゃないかな。それらにくらべてみれば、スペインの『笑顔と涙』というのも、まあまあそれほどヒドいわけでもないと思う。
    ちなみに中国では『音乐之声』、まったくその通りだw
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 15:42  ID:y5.xGpQg0 このコメントへ返信
    ※6
    「日本よ、これが映画だ!」

    何故かアメリカ側が叩かれた模様。
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 15:50  ID:pUTZpSW.0 このコメントへ返信
    ※34
    ミニミニ大作戦(原題:The Italian Job)も追加で。
    48. トロい家来   2015年10月15日 15:50  ID:PwANJq0m0 このコメントへ返信
    海贼王      ワンピース
    偶像大师     アイドルマスター
    迷糊餐厅     ハチャメチャレストラン→WORKING!
    全职猎人     専業狩人→HUNTER×HUNTER
    无头骑士异闻录  無頭騎士異聞録→Durarara
    腹黑妹妹控兄记  腹黒の妹がブラコンな話→れでぃばと
    飙速宅男     疾るオタク→弱虫ペダル
    紳士学園     検閲上の超訳→監獄学園

    ダサい中国版タイトルでも、悩んだ末の適訳のはず。まあ無頭騎士異聞録は結構かっこいいですよね。布伦希尔德ブリュンヒルデ加尔刚蒂亚ガルガンティア斯特拉托斯ストラトス。当て字の中二感もたまりません。
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 15:54  ID:pUTZpSW.0 このコメントへ返信
    ※9
    今のウェイパーは創味シャンタンが入ってない奴だから。
    昔と今は別物。
    50. 無味無臭なアノニマスよん   2015年10月15日 15:57  ID:.G5v1VXi0 このコメントへ返信
    ※34
    まったく同感。
    イヤだっていうヒトもいるようだが、「馳夫」や「粥村」も含めて、ホビット「庄」やその周辺で出て来る地名その他を、いかにも田舎臭い語感の日本語にして、カタカナで示されるヌメノールやエルダール起源の固有名詞群との差異化を測ったのは、瀬田貞二の絶妙のバランス感覚だと思う。「馳夫」が実は「アラソルンの息子アラゴルン、またの名をエレサール」だというから意外性があるのであって、「ストライダーさん」が「アラゴルンさん」になったからといって、日本語文から受ける印象に大した違いはない。
    「ナルニア」の『銀の椅子』でいうなら「泥足にがえもん」、あれを例えば「パドルグラム」にしてしまってはダメなわけで、同じ理由からやはり「ゴラム」ではなく「ゴクリ」が正解だろう。
    51.    2015年10月15日 16:11  ID:4v3pLiWO0 このコメントへ返信
    沈黙シリーズというシリーズでもないセガール映画
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 16:47  ID:.GPbp2Un0 このコメントへ返信
    スパイもの好きとしては、
    ピアース・ブロスナン主演
    November man →スパイ・レジェンド
    ケビン・コスナー主演
    3Days to kill→ラストミッション
    なのは頂けないなぁ。
    96時間シリーズももう96時間関係なくなってて許せない。
    53. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 16:57  ID:Qdf6I.8o0 このコメントへ返信
    去年のWhiplash(原題)も日本じゃ『セッション』だからなぁ
    劇場から出た後、「どこがセッションだったの?」という声を何度も耳にしたわ
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 17:09  ID:8NOWxO.Z0 このコメントへ返信
    原題:WILD HOGS  邦題:団塊ボーイズ

    期待しないで観たけど結構面白かった
    完璧に邦題で損してるなと思った
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 17:20  ID:.eYJIMS00 このコメントへ返信
    ※34
    ダルタニアン物語よりも『三銃士』のほうがはるかに有名になっているあたり
    本当に名訳だと思う
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 17:22  ID:b2LC0gMz0 このコメントへ返信
    ※3
    邦題・『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』は映画評論家・水野晴郎がユナイト映画在籍時に名付けたもの。ただあまりにも原題とかけ離れた命名のため、前年の1963年にBritish-pathe社が製作したニュース映画「The Beatles come to town」(63年のマンチェスター公演を収めたもの)と本作を取り違えて命名したのではないかという意見もある。これについて、当時東芝音楽工業でビートルズ担当であり、本映画のプロモーションにも関わっていた高嶋弘之は「取り違えの可能性は否定出来ないが、むしろあの時代の状況やファンの気持をうまく取り込んだ結果ではないか」と語っている[1]。
    2000年に再上映とDVDがリリースされた際には「ハード・デイズ・ナイト」に邦題が改められた。
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 17:28  ID:b2LC0gMz0 このコメントへ返信
    Dr.strangeloveが博士の異常な愛情になったのは面白いと思う
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 17:34  ID:NzOtEs3g0 このコメントへ返信
    ※9
    原作本はそうだけど映画の方は英語でもスタンド・バイ・ミーだよ

    59. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 17:44  ID:V8GLDQUX0 このコメントへ返信
    酷い邦題といえばO-Zoneの
    Dragostea Din Tei(菩提樹の下の恋)→恋のマイアヒ
    Fiesta de la noche(夜の祭り)→愛のデ・ラ・ノーチェ
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 17:45  ID:PcuuB9AO0 このコメントへ返信
    昔の海外小説なんかは受け手が理解しやすいようにという目的で登場人物の名前まで
    日本風に改変されてることあったから割とそのまま入ってくるようになっただけマシなのかもな。

    ※3
    時代性も加味すると原題直訳よりもどんな作品かイメージしやすいという意味ではこれが正解って感じするわ。

    ※5
    『俺たちに明日はない』とか『明日に向かって撃て』とか『史上最大の作戦』とか『大脱走』とかいくらでもあるだろ!
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 17:48  ID:rfoctOV.0 このコメントへ返信
    沈黙シリーズはもうマーケティング的に成功の部類ではなかろうか
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 18:17  ID:9GwL0Etb0 このコメントへ返信
    ※41
    宇宙戦艦ヤマト→スターブレイザーズ
    ・沖田艦長→キャプテンアバター
    ・古代進→デレック・ワイルドスター
    ・島大介→マーク・ベンチャー
    ・森雪→ノバ・フォレスター
    鉄腕アトム→アストロボーイ
    ・アトム→アストロボーイ
    ・お茶の水博士→ドクターエレファン
    オネアミスの翼なども登場人物がアメリカ風に変更されたが詳細は忘れた
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 18:19  ID:Cw5cN9FH0 このコメントへ返信
    ※51※61
    セガールさんの場合はGEKIシリーズでも
    タイトルを良いようにオモチャにされてるからなあ
    64. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 18:44  ID:2HcAxR.B0 このコメントへ返信
    全米が泣いた

    のキャッチと皮肉がイギリスで受けてるとか
    日本人が言葉の裏に辛辣な意味いれて冗談にしてるって
    65. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 18:48  ID:.AOpM4EA0 このコメントへ返信
    『ぼくらの』の中国タイトルが『地球防衛少年』だった時は、何か切なくなった。
    66. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 19:47  ID:S1cmGwwg0 このコメントへ返信
    ※50
    トールキン作品は翻訳の際、英語で表記されている固有名詞は現地語に直すよう定められている。
    何故ならそうした固有名詞自体が中つ国の言葉を訳した物だという設定があるからだ。
    瀬田貞二氏の訳語選択も素晴らしいと思うけどね。
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 20:04  ID:DE.ufMa40 このコメントへ返信
    逆に「エグゼクティブ・デシジョン」とかはもうちょっと気の利いた邦題つけて欲しいと思う。
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 20:06  ID:ST2EVWvP0 このコメントへ返信
    ※66
    トールキン作品の翻訳事情といえば
    中国語訳だとローハンが「洛汗国」になってるって話を最近聞いて面白かったな
    遊牧国家じゃないんだから「汗国」って…
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 20:18  ID:X4n.RyZY0 このコメントへ返信
    ※19
    ポスターを改悪も追加で
    70. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 20:27  ID:5Q.krnCZ0 このコメントへ返信
    遊星から物体Xという名訳
    71. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 20:42  ID:PaTlyGCB0 このコメントへ返信
    ※17
    あの人はこなした仕事の量が多い分ミスの総量が多く見えるだけだからセーフ
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 20:44  ID:KNm5ajR40 このコメントへ返信
    トールキン関連のコメがあるんで便乗させてもらうが
    『ロード・オブ・ザ・リング』←これも完全な間違い
    映画の邦題は定冠詞と複数形を省略するのが慣例になっているので
    何も考えずにそのパターンに当てはめて安易に名付けたんだろうが
    指輪の王は「すべての指輪を支配する王」なのでRingsでなければいけない
    RingとRingsでは作品の本質自体がまったく違ってしまう
    73. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 20:44  ID:.WrOZFoJ0 このコメントへ返信
    原題:Battle of Britain  → 邦題:空軍大戦略

    内容は真面目な群像劇なのに、すごいB級臭漂う雰囲気に
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 20:51  ID:jk6mJjmp0 このコメントへ返信
    ※50
    >ホビット「庄」
    一応弁解しておくと、「庄」も「荘」も荘園(庄園)制由来の行政単位で、異字同意なのだ。
    本文を確認せずに書いたので「どっちだったか、まあ同じ意味だし」と書き込んだけど。
    75. 名無し   2015年10月15日 21:06  ID:WqgQz8A90 このコメントへ返信
    りんちゃんは高校生の筈なのに、なんで「バス男」のこと知ってるんだ・・・?(´・ω・`)
    76. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 21:25  ID:8Y57F.G.0 このコメントへ返信
    俺の知ってる最低の邦題。
    1977年、サスペリアが日本でスマッシュヒットした結果、翌年もう一本ダリオ・アルジェントの映画(Profondo rosso)が日本で公開された。
    邦題はサスペリアPART2。しかしこの映画、サスペリアと全く関係の無い映画どころか、製作されたのはサスペリアの二年前。内容的にも、サスペリアは魔術や悪魔が主体のオカルトホラーなのに対し、サスペリアPART2は生身の人間による猟奇殺人というサイコサスペンス。
    それどころか、サスペリアには本当に正式な続編が存在する。
    目茶苦茶やん
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 21:38  ID:Uotkrp3e0 このコメントへ返信
    >こういうことがなぜ起こるかというと映画はまずスペインの州であるカタルーニャの言語であるカタルーニャ語に翻訳されてからスペイン語に当てはめられるから。この過程で色んな単語の正確性が失われることになる。

    そんな事実はないから。カタルーニャで映画を見ようとしたら、映画は全てスペイン語だよ。アメリカ映画も、フランス映画も、アニメもスペイン語。英語版やフランス語版などのオリジナルで上映されていることなんて、レイトショーで一月に一回上映するぐらい。カタルーニャ語版なんて、日本のアニメぐらいだよ。

    スペイン語化がひどすぎてカタルーニャ語を保護しているぐらいなのに、こういう嘘ついてカタルーニャを悪者にするのは、許せないな。
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 22:05  ID:kTrk259G0 このコメントへ返信
    ※75
    コメ欄のおっちゃんおばちゃんのせい。

    2013-12-03→ ttp://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/6961817.html
    2014-03-13→ ttp://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/7140048.html
    2015-04-10→ ttp://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/7879584.html

    数ヶ月前に見たよなと思ってググったら、三つも出てきてびびった。
    79. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 22:19  ID:AXRzsGzS0 このコメントへ返信
    The Book of Eli が、ザ・ウォーカーみたいな中途半端なカタカナ語だと困る
    原題を探すのに苦労するから
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 22:24  ID:VAppWrcm0 このコメントへ返信
    アメリカはタイトルどころかキャラの名前や設定まで改悪するぞ
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 22:34  ID:Tw3dMfty0 このコメントへ返信
    ※76
    勝手に続編扱いは昔はよくあったな
    デブゴンやMr.Booとか記事に出てる続夕陽のガンマンも別作品なんだよね
    82. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 22:35  ID:.BVFUBax0 このコメントへ返信
    邦題         原題
    「ハムナプトラ」   「the mummy(ミイラ)」

    どーしてこんなタイトルになったんだと思った映画の一つ。
    83. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 22:59  ID:fwC9wkJK0 このコメントへ返信
    ※80
    ハーモニーゴールド「名前や設定どころか話の内容まで合体させますが何か?」
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 23:12  ID:NktCSO.u0 このコメントへ返信
    元記事が興味深くてコメ欄でさらに知識が深まるいい記事だ。
    85. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 23:31  ID:xlP78GKC0 このコメントへ返信
    ※50
    ちなみに「粥村」は誤訳とのことで、新版では「ブリー村」になっている。
    瀬田訳はちょこまかやらかしていて、「嬉し野」→「あやめ野」、「イセンガルド」→「アイゼンガルド」など、主要地名も修正くらってる。
    ただ、文体の秀逸さはピカイチで、格調高く読みやすいんだよねえ。
    86. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月15日 23:43  ID:wCTubWjL0 このコメントへ返信
    ※77
    これに合わせて一つ。有名な話なので知ってる人も多いと思う。
    カタルーニャ州をスペイン本国から独立させたいと考えている勢力があるが、彼らのシンボルは「クレヨンしんちゃん」。
    77の言うような事情は、日本のアニメが安く放送できるコンテンツである事も絡んでいるんだけど、こうなってくるとカタルーニャ語を日本のアニメで勉強したって人も少なくないわけで。
    87. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 00:09  ID:JR0i1OGP0 このコメントへ返信
    ※34
    賛同者がいるかどうかわからんが
    「モンテ・クリスト伯」→「岩窟王」
    「レ・ミゼラブル」→「ああ無常」
    「サン・マール氏の二羽のツグミ」→「鉄仮面」
    「灰色の女」→「幽霊塔」
    も良い翻訳タイトルだと思う
    黒岩涙香のセンスは素晴らしいな

    ちなみに、これらは黒岩涙香の翻案小説として日本に広まったのだが、ぶっちゃけ今で言えば盗作に当たるw
    時代が時代やなあ
    88. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 00:37  ID:JR0i1OGP0 このコメントへ返信
    ※62
    「科学忍者隊ガッチャマン」(72年)→「Battle of the Planets」
    大鷲のケン→マーク
    コンドルのジョー→ジェイソン
    白鳥のジュン→プリンセス
    燕の甚平→ケヨップ
    ミミズクのリュウ→タイニー
    南部博士→チーフ・アンダーソン
    ベルクカッツェ→ゾルター

    「スターウォ-ズ」の影響で、宇宙の星ぼしが舞台の別物に改変された
    なんか変なロボットまで追加されとる・・・
    でも、これアメリカで大人気になって今でもファンが多いんだよなあ
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 00:53  ID:.Rya52.E0 このコメントへ返信
    ※7
    沈黙の戦艦の正式な続編に限って沈黙がついてないというw
    90. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 02:40  ID:Vc6OftfV0 このコメントへ返信
    インサイドヘッドも原タイトルがinside out って知った時驚いたな。
    日本人にわかりやすくなるのはわかるけどさ。
    91. 無味無臭なアノニマスよん   2015年10月16日 03:50  ID:LA3OFzr70 このコメントへ返信
    ※66
    >トールキン作品は翻訳の際、英語で表記されている固有名詞は現地語に直すよう定められている。

    そういうことなら、まさしく英語以外のなにものでもない「Strider」を、現地語=日本語、それも「やまとことば」の系列で「馳夫」と訳したのはまさに正解であって、「ストライダー」のまま放置するのは規約違反(?)ということになるね。

    ※50
    上のこととも関連するんだが、私見では「粥村」も「嬉し野」も誤訳ではない。
    トールキンが第一の読者と想定しているのは、なんだかんだいっても英国の少年少女層だ(『指輪』にこそ学術的な雰囲気を漂わせた序章がついているが、本来の入り口は『ホビットの冒険』だということもある)。で、彼らが最初に「Bree」とか「Gladden Fields」といった語にぶつかったとき、それを頭のなかでどう変換するだろうかと考えれば、「粥村」「嬉し野」はまさしく正解なんだよ。
    92. 無味無臭なアノニマスよん   2015年10月16日 03:53  ID:LA3OFzr70 このコメントへ返信
    ※91の補足
    「Gladden」が実は「金色の」という意味であり、その植物があやめの仲間であるというようなことは、本編の後にある「追補編」その他において、ゴンドールやさらにはクウェニャ語・シンダール語についての解説を読み解くことで初めて明らかになっていく。
    追補編にはほかにも、例えばエルダールにおける6つの曜日の呼称がヌメノールで7つになり、それぞれの本来の意味が忘れられて、発音のみがホビット庄に伝わってさらに変化し、そして現在使われている英語の曜日名称になったという、「言語学者トールキン」ならではの「仕掛け」も豊富に詰まっているが、そういうことを最初から「開示して」しまっては味わいが半減する。

    最近の新訳における「訂正」というのは、トールキンが読者のために用意し、瀬田がその意を汲んでなんとかそのまま写し込もうとした「悠久の歴史・言語史が、読むうちにだんだん明らかになっていくという読書体験」といったものを切り捨てて、せっかくの重層構造を単純化・平板化している。なんというか、攻略ガイドを本編そのものに吸収させてしまうような。

    仮にあくまで「Breeは粥(村)ではない」ということにこだわるなら、その場合の正解は「ブリー村」ではなく「岡村」もしくは「丘村」だろうし、そういう主義でいくのなら、サム、サムワイズは最初から一貫してバン、バナジールに変換しておくのが筋だろう。そのへんについては「追補編 F Ⅱ」にある、「(いわば)素のトールキン」による英語「翻訳」についての解説を読めばわかるし、またこれを読めば読むほど、むしろ瀬田訳の正当性は明らかなように私には思えるんだよね。
    93. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 06:19  ID:LXahN64B0 このコメントへ返信
    ※88
    ニポンでもあなたの良き隣人スパイディが巨大ロボを召還するキノコ狩りの男!スパイダーマッ!!にされてたし喧嘩両成敗で
    94. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 07:07  ID:zPtfbUUx0 このコメントへ返信
    ※93
    それはむしろ低姿勢アクション等が本家に逆輸入されてるじゃないですかーw
    あとマーベル自体が字幕つけてネット配信したりしてますのすし
    95. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 07:08  ID:s5apvFHP0 このコメントへ返信
    改題どころか世の中にゃAsylumみたいに劇場公開中のタイトルと内容を
    そのままパクって作っちゃう映画もあるぐらいだからなあ
    96. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 07:14  ID:7vdDFPaO0 このコメントへ返信
    ちなみにセガールさんの後を継いで
    次代の邦題弄られスターの座を有望視されているのが
    元ピープルズチャンプ様

    ttp://drazuli.com/upimg/file8639.jpg
    97. スパイディ大好きマスさん   2015年10月16日 10:17  ID:8c202PcuO このコメントへ返信
    ???「せっかく俺ちゃんが出たってのにタイトルがあのヘンテコモミアゲって不公平じゃね?ちょっとマーベル編集に文句つけてくる」
    98. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 10:49  ID:xjY6uo3Q0 このコメントへ返信
    原題:Atomik Circus
    邦題:エイリアンVSヴァネッサ・パラディ

    どうしてこうなった
    ヴァネッサ・パラディに何の恨みが…w
    99. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 10:56  ID:bfko5NfK0 このコメントへ返信
    途中まで笑って読んでたけど、オチが案外重かったわ…

    スペイン語って一口にいうけど、中南米とスペインでは結構違うし
    中南米は原住民の言葉やら移民元の言葉やらも混じってるから
    国によっても結構違うんだろうな。
    元がスペイン語でも訳すっていうのはちょっと分かる気がする
    100. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 11:13  ID:.AqY0XVP0 このコメントへ返信
    電波女と青春男→Ground Control to Psychoelectric Girl
    101. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 11:15  ID:jXIt1DVO0 このコメントへ返信
    ※88
    名前とかは仕方なく思うこともあるけど、内容の大きな変更に関しては制作・販売元である日本側がマーケットの拡大を重視して作品自体を大事にしていないように思えて憂鬱になる。買う方の要求がいくら強くても、作品自体を変えてしまうような要求は拒否して欲しい。
    102. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 11:36  ID:12yhG4Lu0 このコメントへ返信
    そのままじゃ日本人に理解できない(ウケない)から全く別モノに変えてしまうのは仕方ないとして
    本編中に全く出てこない、関係しないフレーズを入れるのはやめて欲しい
    103. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 11:51  ID:olJLzxZz0 このコメントへ返信
    ※42
    ランボーという邦題を見た制作側がいいねって
    なってタイトルをランボーにしたんだっけ?
    104. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 12:18  ID:GZoOy5Qn0 このコメントへ返信
    ※92
    お前の書いた本が読みたい!
    105. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 16:31  ID:dVtsvHwH0 このコメントへ返信
    「シッコ」や「シリアナ」は原題と変えてもいいと思う
    106. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 16:45  ID:KvkbMMRN0 このコメントへ返信
    愛と青春の旅立ちは賛否分かれそう
    107. すをみ   2015年10月16日 17:55  ID:ykYYKFVW0 このコメントへ返信
    ※87
    涙香訳だったかどうかは忘れたが、「空ろな針」を「奇岩城」としたのも名訳だよね。
    「砲弾のかけら」を「オルヌカン城」にしたのもGJ。ルパン物の題名って直訳すると面白そうに見えないものが多すぎ。
    108. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月16日 22:36  ID:9JNj91WX0 このコメントへ返信
    バス男は謝罪と改題で許された為繰り上がりで最悪の邦題になったのがゼロ・グラビティ。
    109. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月17日 05:16  ID:P4a0bpXb0 このコメントへ返信
    ※103
    それはデマだよ 元々一部の国ではランボーのまま
    110. 無味無臭なアノニマスよん   2015年10月17日 09:20  ID:VtILHPnn0 このコメントへ返信
    ※107
    Wikipediaによると、「奇巌城」という邦訳題は保篠龍緒によるものらしい。
    ルパンものの題名についてなんだが、ルブランが強烈に意識していたのはドイルのホームズものだった、ということもあるんじゃないかな。
    ホームズは主として短編、ルパンは主として中長編による展開なわけだが、
    「空ろな針」「砲弾のかけら」「水晶の栓」「金の三角」「虎の牙」「緑の目の令嬢」・・・
    といった題名群を、
    「ボール箱」「金縁の鼻眼鏡」「まだらの紐」「第二の汚点」「青い紅玉」「独身貴族」・・・
    といった題名群と比較して考えてみるとね。
    111. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月17日 17:42  ID:q8U9ZT5m0 このコメントへ返信
    「がっこうぐらし」を「学園孤島」と訳した中国人 有能
    112. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月18日 03:19  ID:eQm1E92Z0 このコメントへ返信
    グッジョブが「よい仕事をした」だったあの頃。
    113.     2015年10月18日 06:58  ID:uIcYJFzgO このコメントへ返信
    ガラスを撃て
    ヤツは裸足だ
    クリスタルジャングル
    114. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月18日 12:17  ID:xjv8bZdx0 このコメントへ返信
    ※93
    レオパルドンはスパイダーバースで活躍したので許された
    ただし敵にバラバラにされた模様
    115. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月18日 14:16  ID:xQfBnQKd0 このコメントへ返信
    レンタル落ちの中古ビデオで「彼女がトカゲに着替えたら」ってのを持ってるけど原題は知らない、、
    116. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月19日 00:58  ID:BI.Q8ZFs0 このコメントへ返信
    提督の戦艦 原題:Адмиралъ(提督)
    戦艦の指揮を断って巡洋艦に乗ったりして戦艦との縁も黒海艦隊司令長官だったぐらい
    映画的にも白軍司令官の時期を全面に押し出してるのにこの邦題はおかしいよなぁ?
    タイトルだけ見たらセガールパロのB級映画だと思われかねん
    117. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月19日 10:28  ID:Vs.bNaMM0 このコメントへ返信
    このサイトに限らずだけど海外の反応系ブログってトールキンや中つ国に
    やたら詳しい人がたまに降臨するよね
    別に嫌だとかじゃなく単純にすごいなあと思って
    自分も指輪物語関連は好きで読んだけど設定が深すぎて覚えきれない
    118. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月19日 14:32  ID:VlrBXi.P0 このコメントへ返信
    ※11
    原題だと『ショーシャンクの救済』だっけ。原作だと『刑務所のリタ・ヘイワース』
    119. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月19日 21:40  ID:HSI2t8vN0 このコメントへ返信
    ※62
    >>オネアミスの翼なども登場人物がアメリカ風に変更されたが詳細は忘れた

    おそらくアメリカ人のテレビ局からすれば「アメリカ産のアニメじゃないと
    子供は見ない」と思ったんだろうね あと太平洋戦争後だったから、テレビで
    「おい何で日本のアニメを輸入しやがった」と文化侵略だと思われたかもしれない

    今はインターネットのおかげで、あれは日本産だったと気づくアメリカ人もいて、
    微妙な反応が多いらしい 特に反日や中韓の遺伝子を持つアメリカ人の混血は
    複雑な心境だとか 子供の頃に萌えたアニメキャラが実は大嫌いな日本人が
    考えたものだと知って嫌がっている人もいると他の翻訳ブログで書かれていた

    まぁ嫌韓のオタクが凄く面白いアニメを見ていたら、製作スタッフが全て韓国人と
    分かって発狂するのと同じ
    120. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月21日 23:02  ID:SUxtlE8c0 このコメントへ返信
    ※6
    「優しさが」とか「愛を」とかを入れないと
    興収を支えるメイン層である女性客様がいらっしゃって下さらないからねしょうがないね

    同じように原題の「私を地獄に連れてって」っていう内容にも即したゴキゲンなタイトルが
    やっぱり女性にウケなそうだからって「スペル」になった件も腹に据えかねる
    別に女性自体をどうこう言うつもりはないっつーか女性だって首を捻るでしょこんなセンス
    そもそもサム・ライミのボンクラハイテンションホラーを女性客で支えること自体無理があるだろ!
    121. 無味無臭なアノニマスさん   2015年10月29日 05:00  ID:S3a33pe80 このコメントへ返信
    ※82
    原題どおりに味気なく「ザ・マミー」とか、変な気を利かせて「襲来ミイラ軍団!」とかにされるよりはよかったんじゃないかな。
    作品と関係ある名前だし、なにより特徴的な名前で響きがいいし。

    続編のハムナプトラ2になったら、ハムナプトラ関係なくなっちゃったのも変な話題になったよな。
    122. 無味無臭なアノニマスさん   2015年11月11日 10:39  ID:xy9Ms2NN0 このコメントへ返信
    クリスタルジャングルはヴィクトリア朝の貴族っぽいのか
    123. 無味無臭なアノニマスさん   2016年03月25日 05:52  ID:X6OcuJHI0 このコメントへ返信
    ※39
    似たような映画ならまだマシだぞ
    全く似ても似つかないものまで何故かシリーズモノのフリして出すとか意味分からん
    クライモリ禁猟区お前のことだ


    画像投稿(アップローダーを開きます)