コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by polymute

ヒトラーの文章が第二次世界大戦以降初めてドイツの本棚に戻ってくる。

アドルフヒトラーの「我が闘争」がドイツで1月に出版される。


<関連記事>

これまでドイツ国内での出版が認められてこなかった、ナチスの独裁者ヒトラーが書いた著書「わが闘争」が来年1月に刊行されることが3日までに分かった。

ミュンヘンの現代史研究所が本の再版を目指しており、来年1月に書店の店頭に並ぶという。価格は59ユーロ(約7700円)。

ただし、元の本をそのまま再版したのではない。現代史研究所によれば、ナチスの思想の背後にあった「うそやうそを含む言葉、悪質な攻撃」を明示するために大量の注釈がつけられているという。

再版が可能になった理由は、ヒトラーの死から70年目にあたる今年の末に、著作権が切れるためだ。

第2次世界大戦の終結時、連合国はこの本の著作権をドイツのバイエルン州に移した。これまでバイエルン州は再版を禁じていた。

hitler-mein-kampf

ヒトラーの「わが闘争」、ドイツ国内で出版 来年1月


reddit.com/r/worldnews/comments/3v4urx/hitlers_mein_kampf_to_be_republished_in_germany/
reddit.com/r/news/comments/3v7vmw/mein_kampf_to_be_republished_in_germany_70_years/
reddit.com/r/worldnews/comments/3v4702/hitlers_words_to_return_to_german_bookshelves_for/
reddit.com/r/europe/comments/3v48hc/hitlers_words_to_return_to_german_bookshelves_for/



Comment by orthoxerox 806 ポイント

(ロシア)

そりゃ良いことだよ。別に「我が闘争」は人を一晩でナチスに変貌させた闇の魔術とかではないんだから。

あの本はナンセンスな嫌悪がふんだんに盛り込まれたつまらなくて漠然とした本なんだろ。

 Comment by myschlongsprettylong 517 ポイント

 (ベルギー)

 ↑しかも当時「わが闘争」を読んでいた奴なんていなかった。

 ニュルンベルク裁判で秀逸だった瞬間と言えばロシア人の原告が被告の一人(シュペーア?)に対してナチスの指導者でありながら「我が闘争」を読んだことがないなんてことがあり得るのかって質問して、その人物はなぜロシア人は本の中で自分の最大の敵は共産主義だと書いてる人物と不可侵条約を結んだんだという質問を返された。

 Comment by ABoutDeSouffle 145 ポイント

 (ドイツ)

 ↑これ。うちの家には古い「我が闘争」があるから十代の頃読もうとしたことがあるけどつまらなさすぎて読み終えられなかった。

  Comment by Slarotimov 21 ポイント

  ↑当時読んでる人なんてほとんどいなかった。ナチス支持者は社会的強制によって「我が闘争」を本棚に入れていただけ(あとナチス支持者だったからと言うのもある)。けど当時これが傑作だと考えられていたなんてことはないと思う。

  それに大半の人は知らないけど「我が闘争」には第二巻がある。全然話題にならないけどね。

   Comment by wiking85 2 ポイント

   ↑ナチスは「我が闘争」を党員の結婚式の時に贈物として配ってた。実際これはヒトラーへの忠誠心を高めるための計画でこの落書きを読んだことがる奴なんかいない。

   あと第二巻は出版されてなかった。その存在を知ってるのは第二次世界大戦オタクだけ。

 Comment by Repulsive_Anteater 84 ポイント

 (アメリカ合衆国)

 ↑ムッソリーニは「あまりにもつまらなくて読み終えられなかった」って言ってた。

 Comment by Not-an-account 17 ポイント

 ↑これ。「シオン賢者の議定書」の方が遥かに危険な本。

ベルトルト・コンラート・ヘルマン・アルベルト・シュペーア(Berthold Konrad Hermann Albert Speer、1905年3月19日 - 1981年9月1日)は、ドイツの建築家、政治家。

アドルフ・ヒトラーが最も寵愛した建築家として知られる。ヒトラー政権のもとで軍需大臣を務め、終身刑に処されたルドルフ・ヘス、および音楽指揮者アウグスト・クビツェクを除けば戦後を生きたナチ関係者の中で最もヒトラーと親しかった人物として知られる。

アルベルト・シュペーア


『シオン賢者の議定書』(シオンけんじゃのぎていしょ、英: The Protocols of the Elders of Zion)は、「秘密権力の世界征服計画書」という触れ込みで広まった会話形式の文書。

ユダヤ人を貶めるために作られた本であると考えられ、ドイツのナチスに影響を与え、結果的にホロコーストを引き起こしたともいえることから「史上最悪の偽書」、「史上最低の偽造文書」とされることもある。

シオン賢者の議定書


Comment by lepermadonna 1 ポイント

これの英語版を読みたいと常々思ってるんだけどオンラインの図書目録にはないんだよね。

ところで今「我が闘争」の著作権を保有してるのは誰?

 Comment by seewolfmdk 1 ポイント

 ↑バイエルン州政府が2016年まで著作権を保有してる。


Comment by bigbramel 67 ポイント

(オランダ)

時間の流れがこの本を甦らせたんだろうな。第二次世界大戦を生き延びた人やその人との思い出がある人がどんどん亡くなってさ。

新しい世代の人間もこれによってどうして第二次世界大戦が起こったのか、どうすれば避けられたかってことを理解できるようになるかもしれんね。

 Comment by MarktpLatz 143 ポイント

 (ドイツ)

 ↑注釈版が溢れてるのはこれが理由。歴史的事情が色あせてるから、この本単体だとわけの判らないことをごちゃごちゃ書いてるだけのもの。

  Comment by Gerrit8500 58 ポイント

  (ベルギー)

  ↑その通り。この本を見ればヒトラーが天才ではなかったという事がはっきり分かる。

  こういうことはヨーロッパではあまり聞いたりはしないけど、ヨーロッパ以外の国やアメリカ合衆国なんかだとヒトラーのことを「傑出した覇者」だと思ってる人が多いってことに俺衝撃を受けたわ。

   Comment by MarktpLatz 51 ポイント

   (ドイツ)

   ↑俺達が未だにヒトラーを崇めてると考えてるサウジアラビアの人間に会った時の方が驚いた。


Comment by MrMumbo 1 ポイント

連中がするべきはヒトラーの演説をYouTubeにアップする事。

そうすればみんなヒトラーの天才性が理解できる。ヒトラーの著作は大したことない。「我が闘争」は四~五回は書き直すべきだった。

追記;は?ヒトラーは演説が巧みだったって書きこんだら低評価されるわけ?議論を呼ぶようなものではないだろこれ。別にヒトラーはイケメンだったから選挙で選ばれたわけではないんだし。

 Comment by qwertzinator 1 ポイント

 ↑https://www.youtube.com/results?search_query=hitler+speech

  Comment by MrMumbo 2 ポイント

  ↑その動画はヒトラーの演説の一部でしょ。ヒトラーの真に良い演説は選挙活動でされた二時間くらいのものであって権力握ってる時にされた演説ではない。

  権力握ろうと活動してる時の方がずっと感情込められてるし。
  

Comment by Stove-pipe 6 ポイント

(ノルウェー)

一度「我が闘争」を読めばどれ程「内容が無い」かってことはみんな理解できる。


Comment by Lorkhi 1 ポイント

(ドイツ)

数年前に「我が闘争」を読もうとしたことがある。

マルクスを読んだ時よりも「我が闘争」を読んだ時の方が疲れた・・・疲れるベクトルが違うけど疲れることには変わりない。


Comment by hoijarvi 2 ポイント

亡くなった両親の家を片付けてる時にフィンランド語版の「我が闘争」を見つけたから子供の頃からの友人で今は歴史教師をやってるやつにあげたわ。

そいつは喜んでたな。第二次世界大戦以降図書館は「我が闘争」を処分したから。

注釈版を出版することは良いことだと思うよ。いかにしてナチスが権力を握ったのかってことは高校の歴史の授業で扱うべき必須のトピックだと思うし。


Comment by Autoshadowbanned 17 ポイント

歴史は隠したりせずそれを知ってそこから教訓を得るよう学ぶべき。


Comment by dieyoung 3 ポイント

完璧なタイミングだね!

 Comment by PlayMeWhile -1 ポイント

 ↑歴史は繰り返す。

 BenGarrison


Comment by retrend 1 ポイント

多分ギリシャの件をどうにかするのに使えるんじゃないかな。


Comment by bbmm 1 ポイント

インターネットアーカイブで注釈つきの英語翻訳が見られる。
https://archive.org/details/meinkampf035176mbp


Comment by Priyon 0 ポイント

ドイツでこれの販売が許されてなかったとは知らなかった。

俺が住んでる所の大半の書店じゃこれ見かけたけど。


Comment by Usagii_YO 1 ポイント

うちは第十一学年の文学の授業でこれを読まないといけなかった。


Comment by axehomeless 8 ポイント

(ドイツ)

これが今まで入手できなかった理由は著作権でしょ。

著作権が消えるから誰でも出版できるようになるわけで。確かそれが理由だったはず。


Comment by HackrKnownAsFullChan 280 ポイント

ドイツで「我が闘争」が禁止されたことなんて今まで「一度」もないんだが。

理由は今年までバイエルン州が著作権を保有していて、バイエルン州が一部も出版しなかったから。
https://en.wikipedia.org/wiki/Mein_Kampf#Current_availability

1945年のヒトラーの自殺によって著作権がバイエルン州のものになって著者の死後70年経ったからこの著作権はパブリックドメインになった。

「我が闘争」の所有は禁止されてない。大半の大学の図書館には置いてある。

「我が闘争」は嫌悪を拡散することを禁止するドイツ基本法よりも前のもので新憲法自体には遡及効が無いから本自体は合法。

けどその主張する所や、それをプロパガンダとして使用したり国家主義者を崇めて嫌悪活動に使ったりするのは違法行為。


Comment by KuyaJohnny 52 ポイント

あと注意しておくべきことは出版されたものは原著の二倍くらいの厚さがある。

これは何でかと言うとみんなが文脈を理解できるように詳細に注釈がされてるから。


Comment by mattkrueg 1 ポイント

この件についてドイツ人はどう感じてるのか気になる。

 Comment by Cyrotek 31 ポイント

 ↑多分大半のドイツ人は全く気にしてなんじゃないかな。少なくとも自分はそう。

 Comment by journo127 2 ポイント

 ↑PDFで読んだことがあるけどくだらない本だったから出版されようがされまいがどうでもいい。

 Comment by Parutha 8 ポイント

 ↑この国の人間の大半に影響を与えるようなものではないと思う。

 学校で読んだからみんなどんなことが書かれてるのか、その内容が嫌悪で満ちているってことを知ってるし。

 多分大半の人はこの本のことを気にもとめないと思う。


Comment by MarchewaJP 3 ポイント

(ポーランド)

これは教養的な意味で出版されるべき。レーニンやスターリンの文書とかコーランみたいな感じで。

 Comment by Dr_Azrael_Tod 5 ポイント

 ↑既にそうだし・・・

 再び読めるようになるのは「別の」理由。著作権が近々切れるから。


Comment by savois-faire 10 ポイント

(オランダ)

良いことだ。読んだことあるけどさほど良い内容ではない。でも本は禁止されたりするべきじゃないし。

 Comment by blackout24 13 ポイント

 (ドイツ)

 ↑ドイツでは禁止されたことは今まで一度もないんだけど・・・
 https://www.youtube.com/watch?v=wFYZTe0DsBA

 Comment by up48 10 ポイント

 (ドイツ)

 ↑別に禁止されたりはしてないよ。

 どんなドイツ人でも読みたいと思えば簡単に読める。


Comment by huuuargh 2 ポイント

ドイツ語が理解できる人ならこれを聞いてみると良い。
https://www.youtube.com/watch?v=qfsmOxkf9AA

 Comment by bbmm 1 ポイント

 ↑ドイツ語は全然分からないけどトルコ人としてSerdar Somuncuが何を言ってるか理解するためにドイツ語を理解していないといけないってことにくすくす笑った。それはともかく良いねこれは。

 ※「Serdar Somuncu」はトルコ生まれの人だそうです。


Comment by tidder212 1 ポイント

(エストニア)

これかなり予言的な本だよ。

書かれていた多くのことが実際に起こったってのは凄い。

 Comment by FolX273 1 ポイント

 ↑例えば?

  Comment by tidder212 0 ポイント

  (エストニア)

  ↑例えばフランスが黒人やアラブ人で溢れるって事。


Comment by RavelsBolero 22 ポイント

「我が闘争」はアマゾンのレビューだと良い評価されてない。

大半の人が「我が闘争」はつまらない本で、歴史を勉強するのに使えるくらいって書いてる。


Comment by mymyselfandthem 81 ポイント

随分前に読んだことがあるけど最初の部分はなかなか興味深かった。人は主として読んだり自分が習ったことをどう使うかで改善されていくってことについて書かれてた。面白いなと思った文章がこれ

「人類は絶え間ない奮闘によって大きくなっていく。恒久的な平和では人類が衰退してしまう」

第二部は基本的にユダヤ人や第一次世界大戦で敗北したことに対する抑圧されたヒトラーの怒り。ヨーロッパにとってはこういった過激な思想の持ち主を無視してそれを支配の基礎とすることを許したらどうなるかってことを学ぶ良い歴史的教訓だよ。


Comment by iliveintexas 1 ポイント

今日学んだこと

ヒトラーは絵を描くのが下手だったけど文章を書くのも下手だった。




キャプチャ


<募集>
柊りんのイラストを描いていただける方を募集しています。
稿料は希望額をお支払いいたします。
詳細は「こちら」から

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. んん   2015年12月08日 12:06  ID:fgDiskbzO このコメントへ返信
    凝り固まった社会的倫理に対する、わが闘争に準じたに過ぎないんです、お巡りさん
    2. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:07  ID:3ybRPADJ0 このコメントへ返信
    「毛沢東語録」と並んで「読んだらレッテル貼られかねない」という意味で手に取りにくい本
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:08  ID:3ybRPADJ0 このコメントへ返信
    ※1
    あんたのそれは「我が逃亡」
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:09  ID:MhsgIOYj0 このコメントへ返信
    ケツを拭く紙にもなりゃしねえ!!
    ttp://drazuli.com/upimg/file9349.png
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:11  ID:6gzHeHRo0 このコメントへ返信
    まあ、あれだ思ったよりつまんないので、なんでこんなもんでみんな踊らされたんだろうと嘆息するのも一興だな。
    それによって、化けの皮が剥がれるわけで。

    資本論とかでも読んだやつおらんやろというね。
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:13  ID:6gzHeHRo0 このコメントへ返信
    ※1

    おまわりさん「わが闘争は、ランツベルク刑務所で書かれました。続きはそっちでね。さあ、こい」
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:16  ID:c37zZg5a0 このコメントへ返信
    焚書的な話かと思ったらただの著作権だった
    8. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:18  ID:C44GQ91m0 このコメントへ返信
    世界はシオンの議定書に記されたシナリオどおりに進んでいる。
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:19  ID:O1HXVAvX0 このコメントへ返信
    ヒゲおじさんも、あれは内容がちょっと中二病すぎた、とか後年になって言ってた気がする。
    10. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:20  ID:vrYPU9o40 このコメントへ返信
    やっぱヨーロッパ人はナチについて詳しく知ってるな。
    教養レベルか。
    ヨーロッパ人の少数民族虐殺、人種差別の考え方に影響を及ぼしているんだろうけど、もっと具体的にはどういう考えに行き着いているんだろうな?
    中国なんか少数民族弾圧でナチを彷彿とさせるし、その反日プロパガンダはナチによるユダヤ嫌悪のそれとそっくりと思うけど。
    その中国とドイツは仲がいい。
    それをヨーロッパの他の国も問題にしない。
    一体、ナチからどんな教訓を得たのか、気になるわ。
    中国が何をしてきたか暴かれたら、ドイツはもう一回反省することになるんだろうか?
    11. まとめブログリーダー   2015年12月08日 12:23  ID:VzR9AmeG0 このコメントへ返信
    まぁ、著者自身が出版した事を後悔するレベルの駄作ですし。
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:27  ID:ilUqgOEU0 このコメントへ返信
    我を通そう
    13. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:27  ID:PHEkdtEo0 このコメントへ返信
    >価格は59ユーロ(約7700円)
    >元の本をそのまま再版したのではない。現代史研究所によれば、ナチスの思想の背後にあった「うそやうそを含む言葉、悪質な攻撃」を明示するために大量の注釈がつけられているという。

    大半の人は読むとしても青空文庫やグーテンベルク的なサイトで読むだろうな
    ただオリジナルのままのを本棚には並べたいドイツ人は少ないだろうから、出版する場合はこれでいいのかも
    14. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:29  ID:X61nRsTU0 このコメントへ返信
    学生の頃に読んだけど、たいした内容じゃなかったことぐらいしかもう憶えてねぇわ
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:29  ID:buhohJTq0 このコメントへ返信
    我逃走
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:31  ID:IkoTwqq.0 このコメントへ返信
    「争闘が我のーラトツヒ」昭和三年度版なら持ってる
    日本は伝統ある国ってことしか書いてなかった
    今の翻訳は黄色人種は糞野郎って書いてある
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:31  ID:xTLom3sk0 このコメントへ返信
    ナチスは悪い奴等だったと教えるなら尚更ヒトラーの本を読ませないといけない
    俺だって朝日新聞を読んでいかに左巻きの連中が狂ってるかということを理解してるしな
    18. りみ   2015年12月08日 12:34  ID:rZ3AJpPc0 このコメントへ返信
    ふ~るい~ ア~ルバ~ム~ め~くり~
    あ~りがと~うって 呟いた~♪
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:41  ID:XdMBuQW30 このコメントへ返信
    ※2
    >「毛沢東語録」

    『我が頭m・・・ もとい『我が東毛』か
    20.    2015年12月08日 12:42  ID:i24eO.sW0 このコメントへ返信
    最近出来の悪いユダヤ陰謀論が流行っててウンザリする
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:43  ID:C44GQ91m0 このコメントへ返信
    ※16
    ヒトラーはいっている事がコロコロ変わるから。
    マレーで英国がやられたときはボロカスに言っていたが、
    末期でも降伏せず、特攻までして奮闘していたのは素晴らしい民族と賞賛している。
    物真似ばかりと批判もしてたり、単一民族でやっているのを賞賛してたりする。

    どっちかだけ書くからおかしいことになるんだよ。
    22. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:44  ID:POJ.6Exh0 このコメントへ返信
    ※2
    人間革命なら大丈夫だな(確信)
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 12:57  ID:aWR9zcDi0 このコメントへ返信
    感銘を受ける為に読む本でない事は確か
    だからと言って、読む価値が無い、とも思わないけどね
    本って面白い面白くないだけで論じるモノじゃないし
    24. 無味無臭なプルンプルンさん   2015年12月08日 13:03  ID:my8umTXO0 このコメントへ返信
    総統閣下は「わが闘争」がずっと出版されてなかった事にお怒りのようです。
    25. 名無し   2015年12月08日 13:08  ID:mZGn1HgHO このコメントへ返信
    戦前の日本語訳は黄色人種差別の部分は意図的に削除されてて、どこぞの新聞社とかヒトラーは親日みたいに民衆を煽ってたそうだ
    原書読める将校や大学生は無意味な戦争が起こると危惧してたって海軍将校だった大叔父が言ってた
    戦後出版された我が闘争を読んだけど、自己評価が高く社会的に認められないジレンマを八つ当たりしている中二病なつまらない本だった
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:09  ID:CYbUfHQL0 このコメントへ返信
    理解することと共感することは別で、無理解こそが闘争に繋がる
    理解しようとしただけで共感していると早とちりされがちで困る
    歴史から学ぶのは人類の特権だし、彼を知り己を知れば…と孫子にもそう書いてあるのに
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:11  ID:MhsgIOYj0 このコメントへ返信
    ※19
                ,.:::.⌒⌒:::::ヽ
                (::::::::::::::::::::::::::::)
               (;:::::::::::::人:::::::::::ノ
               (::: (´・ω・`):ノ 
                 (|   |):::: 
                  (γ /:::::::
                   し \:::
                      \
    毛沢山 (1878~1960) 中国国産党党首
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:11  ID:WYO.tQVr0 このコメントへ返信
    まだ、80年代の炉利エロ本持ってるけど、処分に困る、、
    単純所持が違法になったどうしよう、、捨てるのは忍びない、、
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:26  ID:OYo98GqK0 このコメントへ返信
    りんちゃん既読なのかよ
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:35  ID:WYO.tQVr0 このコメントへ返信
    米7
    「焚書坑猫」の町船橋市。
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:35  ID:PHEkdtEo0 このコメントへ返信
    ※10
    中国の少数民族政策は弾圧一辺倒ではないしなぁ。(弾圧がないとは言ってない)
    少数民族は大学入試で加点される特権があったりするんだぜ
    センター外国語に朝鮮語があるだけで発狂する普通の日本人のがよほどナチだろうな

    ちなみに中華人民共和国憲法 民族の自治と文化が保証されている
    ttp://drazuli.com/upimg/file9350.png
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:36  ID:njRwVbqJ0 このコメントへ返信
    我が狂騒
    我が妄想
    我が銃創
    我が焦燥
    我が想像
    我が病巣
    我が暴走
    …う〜んあまり面白いのが思いつかない
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:39  ID:qbIKkKMV0 このコメントへ返信
    ※28
    違法になる前に海外に逃がせば良かったのに。
    あとはこっそり公園で燃やそうとして通報されるしか手がないな。
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:41  ID:C44GQ91m0 このコメントへ返信
    ※28
    財産権の侵害として国を訴えるべきだな。
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:46  ID:WZdLr.3r0 このコメントへ返信
    ※26
    しかしISISがどういう思想を持った組織か報道すると炎上する
    敵の思想を知る機会を奪うべきではないのは同意だけど、感化されちゃう人が出るのは困った所
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:47  ID:A5rbuTXK0 このコメントへ返信
    ※24
    おっぱいぷるんぷるぅ~ん!!(閣下的怒りの表現)
    37.    2015年12月08日 13:48  ID:JhdAD..L0 このコメントへ返信
    「帰ってきたヒトラー」で
    現代に蘇ったヒトラーがバイエルン州に印税請求しようかとか言っていたけど
    出版されてないんじゃ印税もなにもないか
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:49  ID:A5rbuTXK0 このコメントへ返信
    ※28
    ミニトマトだっけ
    39. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:49  ID:UcFkU9VA0 このコメントへ返信
    「我が闘争」より「血と土」のほうが重要だ
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:50  ID:5iBqL0U90 このコメントへ返信
    >>31
    一部の社会制度と一部の国民感情で比較すんなよー
    41. 無味無臭   2015年12月08日 13:55  ID:sYhJL9000 このコメントへ返信
    面白い本だと思う寝る前に読むとすぐ眠くなるし。暇つぶしにはとてもいい
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:57  ID:BBb074GH0 このコメントへ返信
    「わが闘争」の原文を翻訳していた日本人が躊躇するほど、ヒトラーは日本人を蔑視していましたが、三国同盟以降はそういった発言は控えてます。
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 13:58  ID:vrYPU9o40 このコメントへ返信
    ※31
    本気で言ってんのか?
    中国共産党には、いずれウイグル虐殺、チベット弾圧の責任を取ってもらうぜ。

    >センター外国語に朝鮮語があるだけで発狂する普通の日本人のがよほどナチだろうな
    すごい意見だな。到底相容れないものを感じるわ。
    ウイグル虐殺を訴えるウイグル人、チベット弾圧に抗議して焼身自殺するチベット人らの前で言って欲しいねw
    中国人にはその責任を絶対に必ず取らせる。
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 14:10  ID:daRZS7Q30 このコメントへ返信
    ヒトラーの封印が解かれるのか
    45. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 14:13  ID:C44GQ91m0 このコメントへ返信
    ※31
    日本でやる試験なら外国語学の専攻などの一部の例外を除き日本語でやるべきだ。
    韓国語はおろか、英語で教えられる講師すら殆どいないのだから。
    英語なども認めるべきではない。
    アイビーリーグだって黒人への加点やアジア人への減点などはあっても、
    日本語で受けさせろとかいっても相手にされないでしょ。

    何より英語以外の外国語は難易度がかなり下がるという疑惑がある。
    平均点にかなりの差があるからね。
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 14:31  ID:cchP9hLo0 このコメントへ返信
    戦争の結果が逆だったら
    チャーチルやルーズベルトやスターリン関連の書籍は発禁だったのかな
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 14:32  ID:y11TajPY0 このコメントへ返信
    注釈がむしろナチス絶対悪化の為の嘘塗れになっていそう
    適切な情報補完ならともかく、
    注釈と称した歪曲・印象操作であるならば、するべきではないね

    何がどう印象操作なのかの議論が認められているのなら、
    歪曲版だったとしても考察の種として意義があるんだけど、
    公の場でナチスを肯定したら違法になるんじゃそれもダメなんじゃないかと思うし
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 14:41  ID:y11TajPY0 このコメントへ返信
    ※43
    取り敢えず中国人(漢族)が、
    少数民族に対する優遇措置に怒っている事があるのは確かだな
    以前日本のネットによく出てきてた中国人コテハンも、
    イスラム系を全力で嫌いつつそういう話をしてた


    余談としてそのコテハン、今年の頭からぷっつりネットに現れなくなった
    ネットで彼と絡んでいた人からは、
    「中共のスパイ取り締まり強化によって拘束されたんじゃなかろうか」
    と危惧されてる
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 15:01  ID:C44GQ91m0 このコメントへ返信
    ※48
    つまり少数民族の中で漢化しようとして、さらに成績のいいものを優遇する分断統治というわけですね。
    人材流出にも繋がるし一石二鳥。
    飴と鞭というわけです。とても分かり易い。
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 15:10  ID:ZYcXaRQm0 このコメントへ返信
    ヒトラーの著書って別に規制されてたわけじゃなかったんだ。
    ホロコースト否定を規制する法律とごっちゃになってた。
    51. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 15:27  ID:IqlH49OU0 このコメントへ返信
    ヒトラーの予言と、『日月神示』の予言と最後が微妙に同じな気がする
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 15:46  ID:DDphHcNI0 このコメントへ返信
    歴代の指導者が幾度となく理想郷を唱えているけど、一度もよかった試しなんてないよな。
    良いと思わされているだけで、満たされているのはいつも指導者だけ。
    どこかの会社で誰かの傘下に入って社畜になるより、自分で社長になったほうがいいのと同じなんだよな。
    シリアの反政府勢力の気持ちがわかる気がする。
    53. 名無し   2015年12月08日 15:49  ID:ahju.6p.0 このコメントへ返信
    我が闘争、毛沢東語録、ロリータ
    3大借りたいけど躊躇してしまう本
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 16:04  ID:lBV0.CYg0 このコメントへ返信
    ※32
    なだそうそう
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 16:20  ID:WfiTyc3w0 このコメントへ返信
    ※53
    最初のふたつは結局のところ思想の垂れ流しで面白いとは思わんが
    ロリータは一度読んでみるといい
    結局のところあれはロリコン男が少女の現実をつきつけられる物語だw

    そして「我が闘争」よりも
    ローゼンベルクの「二十世紀の神話」の方が内容イっちゃってて面白いがお値段高いし
    さらに色々盛り沢山な「ナチズム文学集成」は
    確か14、5年前に第一回配本があって以降続刊が出ていない…

    56. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 16:25  ID:WfiTyc3w0 このコメントへ返信
    ※6
    そういえばサド侯爵の「ソドム120日」も獄中で書かれたものでしたなぁ…
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 17:15  ID:kG2lypii0 このコメントへ返信
    共産主義を敵とした日独が敗れて大陸がアカに染まり、共産主義大勝利
    実に良く出来たシナリオだ
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 18:17  ID:zj8Ohd9C0 このコメントへ返信
    >>マルクスを読んだ時よりも「我が闘争」を読んだ時の方が疲れた・・・疲れるベクトルが違うけど疲れることには変わりない。

    WW2時代あたり(むしろそれよりも前か?)の思想家だったり政治やアイデンティティやイデオロギーを本気で語ってる本って、どれもこれも洩れなく疲れそう。
    59. すをみ   2015年12月08日 18:18  ID:7UiBAxUb0 このコメントへ返信
    いろいろ言われる本だが、実際に読んでみると、ところどころだが当時のドイツにおいてはむしろ全うすぎて受け入れられなかったのじゃないか、と思われるような正論があったりするんだよなあ。

    「イギリス人を見習い、若者たちにスポーツとしての闘争を広めよう。」「青年同士が拳で(つまりボクシングで)決着をつけるほうが鋼のナイフで決闘するより野蛮である、と考えるドイツ人は誤っている。」とかね。
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 18:18  ID:XlBA0R1L0 このコメントへ返信
    ※43
    なかなか勇ましいがここで言ってもどうせマウスの裏とか服のタグとかにはmade in chinaと書いてあって
    具体的な活動と言ったらネット上で悪口言うだけの良くいる人間(スラックティビズムと言うとこのサイトで知った)
    としか思えん
    本当活動してる人だったら謝罪するし尊敬するけど
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 18:23  ID:gBa9.Gh00 このコメントへ返信
    ※32
    架空の幻想 抱くんじゃない
    覆水盆には 返らない
    目標マイナス 現実イコール
    それが今の 君の闘争
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 18:26  ID:gBa9.Gh00 このコメントへ返信
    ※7
    つい最近、日本でも
    焚書的な愚行を犯して
    取り返しの付かない悪法が施行されてしまったじゃない。

    特定の書物を禁止すれば悲劇が無くなるのか?
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 18:44  ID:n0B3ffnV0 このコメントへ返信
    ドイツでは戦後ナチスが徹底的に忌避され、全ての責任を負わされていたのと同様に、日本では軍部にその刃が降りかかったんだよなあ。

    もし欧米らが日本に対してやったように「ナチス(天皇)は守り、軍に全ての責任を負わされる」だったらドイツの立場は日本と同じようになっていたんかねえ。「我が闘争」が今も普通に売られていたりしたんかな。

    64. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 18:58  ID:U1C0IU940 このコメントへ返信
    臭いものに蓋で封殺したらまた同じこと繰り返すんじゃね 
    65. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 19:14  ID:4QPE8qrp0 このコメントへ返信
    ※42
    海軍省軍務局長の井上成美少将(当時。最終階級大将)が日独伊三国同盟に猛反対した理由の一つとして、
    『わが闘争』の原書を読んでヒトラーが日本人を蔑視していたことから同盟国として信ずるに足りないと見ていたというのがあるらしいね
    66. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 19:34  ID:yB1aDMGo0 このコメントへ返信
    わが闘争読んでみた。
    内容は、卑劣で不潔なユダユ人がマスコミや政治の世界に入り込み、世論操作でディスカウントドイツ民族に精を出していて、ドイツ民族の栄光を貶めるための嘘ばかりつく。何度理詰めて説得しても、その時には間違いを認めても、翌日になると綺麗に忘れて同じ嘘の主張で反ドイツ民族の世論作りに精を出している。
    そんな内容だった。
    まさに当時のユダヤ人は朝鮮人みたいに描かれていた・・・
    当時のドイツ人は日本人のようだった。
    嘘だと思うなら、皆わが闘争読んでみて。
    67.     2015年12月08日 19:37  ID:3ppzTfXd0 このコメントへ返信
    欧米人はナチスを悪なんて断罪出来ないと思うけどな
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 19:43  ID:MhsgIOYj0 このコメントへ返信
    ※66
    理詰めで説得したら、その場だけでも納得するなんて、素晴らしいことじゃないですか。
    「ユダヤに対する愛はないのか!!」って叫ばないんでしょ?
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 19:45  ID:2imLiF6S0 このコメントへ返信
    フォルクスワーゲン「今の状況で勘弁してくれ」
    70. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 19:49  ID:XNnU0EE90 このコメントへ返信
    つまらないから読まなかったってコメント多いよね、外人は

    アホかいね?、すでに時代背景違っちゃってるのに面白いワケ無いだろう
    読んだって、今を基準に見ていたらワケワカメだろがよ
    それを陳腐化って言うんだよ

    アレを読んで面白いのは、時代背景をよく勉強している人だけだっての
    そういう人だけが、本から何かを取り出せるんだよ
    歴史ってのは、どうでも良いバカ小説で楽しむものじゃ無~い~の!
    71. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 19:49  ID:DXVwbfwQ0 このコメントへ返信
    ※70
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 19:58  ID:BbnTjxLy0 このコメントへ返信
    ハーケンクロイツなんかでもそうだけど何でも封殺してしまえばいいって考え自体が一番危険だと思うわ
    73. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 19:58  ID:DXVwbfwQ0 このコメントへ返信
    ※71は手が滑って送信ちゃったゴメン
    ※70
    上でもムッソリーニの例が出てるけど彼だけじゃなく当時のSSの上級将校ですら
    「あまりにバカバカしすぎて読めなかった」って言ってる人が何人もいるレベルの文章だぞ我が闘争って
    貴方は今の人が今の価値観で~とか言ってるけど我が闘争はむしろ当時の人、
    その中でもヒトラーと思想的に近しいドイツ語話者ですら駄文、読む価値なしと判断してるような本
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 20:18  ID:xT1f4lT10 このコメントへ返信
    ※66
    「ヒトラーの描くユダヤ人はネトウヨの描く朝鮮人みたい」、な。
    「イスラエル人の描くアラブ人」とか「韓国右翼の描く日本人」でもいいけど。
    75. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 20:19  ID:GN26wOU40 このコメントへ返信
    ttp://drazuli.com/upimg/file9352.jpg

    元記事を見てきたけど、他記事が気になった。
    【ヒトラー似の「やかん」? 話題沸騰で品切れに】
    「(ヒトラーに似せる意図は)まったくなかった」と弁明しながら、
    「オンラインでは売り切れたので、お買い求めは店頭(カリフォルニア州南部)で」と付け加えている。
    76. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 20:24  ID:y11TajPY0 このコメントへ返信
    ※64
    臭い物に蓋をし続けた結果、今現在、
    同じではなく全く逆のベクトルで混乱が起こってるな

    ナチスみたいな民族差別ダメ!

    移民受け入れなきゃ!

    「ドイツは大量に難民を受け入れる!」宣言

    移民受け入れ国や通り道になってる国で激しく治安悪化、Daesh(ISIS)も便乗
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 20:29  ID:xT1f4lT10 このコメントへ返信
    ※43
    韓国支配や対中戦争を反省しつつウイグルやチベットに共感してるなら、お前は偉い。(日本人と仮定して)

    安倍ちゃんになってから保守・右翼の方々はウイグルチベットに関してだんまりよ。
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 20:37  ID:y11TajPY0 このコメントへ返信
    そういえばもう随分前に、こんな本があったのを思い出した
    (うちの実家の自分の部屋にあるw)

    1999年以後―ヒトラーだけに見えた恐怖の未来図 (ノン・ブックス) | 五島 勉
    ttp://www.amazon.co.jp/dp/4396102879

    著者が「ノストラダムスの大予言」シリーズをヒットさせたけど、
    後に予言がハズレて梯子を外された五島勉なので、
    今となっては信憑性を疑われるのは無理もない所ではある

    ただこの本は何故か、彼の予言本シリーズの中で(自分の記憶にある限り)唯一、
    「この予言もノストラダムスのそれと一致する」
    みたいな無理矢理な纏め方をされてなかったりするし、
    実際読んでみると結構示唆に富んでいたりもする

    で、中にはこの記事のメインディッシュ「我が闘争」の一説が
    未来の予言になってるという話もあったりする

    話半分~1/4で読んでもなかなか面白いと思うので、興味と暇があればひとつ
    なお買ってまで見たくないと言う人は、こちらの要約ページでも
    ttp://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html
    79. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 20:38  ID:yB1aDMGo0 このコメントへ返信
    ※68

    我が闘争・(国会図書館インターネットアーカイブ)
    ttp://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1438941

    コマ番号73・本文P124七行目から。

    『ユダヤ人は始め相手をばかにしてかるが、相手が手堅いと自分の方でばかを装い、それでもかなわぬとなると相手の言葉を聞き違えたまねをし、問い詰められると不意に話題を他に転じてごまかしてしまい、ごまかしきれなくなるとまた逃げて、詳しいことは何も知らぬと言う。』中略『誰の目にも降参の他はないと見えるくらいに十分に叩きつけて、少しは効き目があったろうと思っていると、翌日にはまた、すっかり驚かされる。ユダヤ人は昨日のことなど少しも知らぬかのごとくで』中略『怒鳴られるとびっくりした様子をして、自説の正しいことは昨日既に証明せられたはずで、それ以外のことはまったく何も覚えていないと言いだすのである。』

    ヒトラーは若い頃、ユダヤ人も同じ人間であり、差別するのは良くないと思って同情していたのに、その後、知れば知るほど嫌いになって行ったと我が闘争に書いてあり、韓流ブームまでの日本の若者が、韓国人の反日活動の実体を知れば知る程嫌いになる過程とすごく似ていた。
    当時のドイツ人にとっては、ユダヤ人は朝鮮人並に憎まれていたというのが面白かったということでw
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 21:20  ID:vrYPU9o40 このコメントへ返信
    ※60
    アンタはスラックティビズムの意味を間違えてると思うぜw
    具体的な活動と言ったらネット上で悪口言うだけのよくいる人間のことをスラックティビズムなんて言うか?w
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 21:42  ID:FyEeprGM0 このコメントへ返信
    ※77
    スプラトリーには言及してるで?
    82. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 21:59  ID:jSZUm3Y40 このコメントへ返信
    ※32 これが抜けてる

    我が逃走
    83. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 22:10  ID:6nsoRzt20 このコメントへ返信
    偽書だけどシオンの議定書は確かに面白い。
    面白いというかためになる
    ナニワ金融道みたいな面白さ
    中公文庫はわが闘争じゃなくてこれこそ文庫化するべき
    まあユダヤ人団体がぎゃあぎゃあ喚くんだろうけど
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 22:13  ID:BiUJ2CNn0 このコメントへ返信
    タブー視してあまりやり過ぎると特別なものかと勘違いしちゃう人も出てくるから、発売するのは良いこと。
    ローマ式敬礼もそろそろ許してやって。
    85. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 22:19  ID:.SsL8.Cg0 このコメントへ返信
    ぼちぼち読んでるんだけど、思想としてはあれとしても、
    今のマーケティング理論に通じるような考え方を感じる。

    共産主義者に対する警戒とか割と的を得てると思うんだけどな。
    あとはもう少し、平易にまとめてくれてたら良かったのに…
    86. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 22:20  ID:fEwOpPsX0 このコメントへ返信
    ※80
    「中国は責任とれよ」ならネットでもよくある言葉遣いだけど、「中国人にはその責任を絶対に必ず取らせる」なんて言われちゃ、実際になんらかの活動してるのか?と思われても仕方ないよ。
    87. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 22:28  ID:kDzu5ewv0 このコメントへ返信
    ※10
    >その中国とドイツは仲が良い
    今のドイツをナチスドイツを同一視してやるなよ…。
    あんなに脱ナチでがんばってるのにかわいそうだろ。
    88. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 22:52  ID:vrYPU9o40 このコメントへ返信
    >>86
    外人かな?
    「犯罪者には責任を取らせる」と書いてあれば、それはその人の意思表明と解釈されると思うけど。
    中国人に少数民族虐殺、弾圧の責任を絶対に確実に意地でも「取らせる」と書かれると何かまずいのかな?
    中国人に責任を「取らせる」のは当たり前の話だと思うけど。
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 22:52  ID:DvbpFNMf0 このコメントへ返信
    そんなにつまらな内容なのか
    ヒトラーの人間性にまで興味を持つほど、当時のヨーロッパ情勢も詳しくないし日本語版があっても読まないだろうな

    近代の書物なら諭吉さんの学問のすすめは良いと思う
    人間は生まれながらに貴賤は無いが、なぜ貴賤(誰にでも出来る丁稚仕事や世の中を動かす人)が出来るのかは学問(広い意味での教養)を修めたかどうかだという内容
    是非みんなに読んでほしい
    90. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 23:10  ID:KQvq7KO60 このコメントへ返信
    著作権が切れた本を7700円で販売するのかよ…
    青空文庫的にweb上で公開するのかと思った。
    そんなに高かったら、右翼が読みもしないのに本棚に飾っとく一冊みたいになっちゃうだろ。
    91. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 23:16  ID:guVok03W0 このコメントへ返信
    ※60
    なんか知的なツッコミをしてるつもりなんだろうが、そんな安物の商品を個人的な不買運動して抵抗した気になってる奴なんてベルマーク以上に偽善だし無能も良いところじゃないかな。
    不買運動なんてテロリズムなんだから他人を巻き込んで数の暴力に訴えないとなんの意味も無い。
    92. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 23:18  ID:43mHNxOr0 このコメントへ返信
    ※32
    我が党争

    ハイライトは長いナイフの夜の章だろうな
    93. は?   2015年12月08日 23:34  ID:sEQgw.7J0 このコメントへ返信
    7700円にびっくりポンや

    古本屋で我が闘争下巻を50円で買った

    日本の事もちょっと書いてあった
    94. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 23:40  ID:o6O4.CSC0 このコメントへ返信
    ヒトラーは相当な読書家だったが、
    本ばっか読んでるやつが書いた本なんてあんなもんだ。妄想、思い込み、勘違いばかり。
    読書すれば文才がつくわけじゃない好例だわ
    95. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月08日 23:52  ID:qj.SoXWG0 このコメントへ返信
    ※20
    リチャードコシミズwwww
    96. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 00:03  ID:PfMgJGHl0 このコメントへ返信
    ヒットラー本人はノータッチのゴーストライター説も強いんで
    これ読んでもヒットラー個人の評価には繋がらない気がするね
    ナチズムの研究という意味では意味あるかもしれないけど
    97. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 00:29  ID:zGHh.hbe0 このコメントへ返信
    ルーデルの本はフィクション読む感覚で楽しめたけど、ヒトラーには手が出しづらいな
    単に読みにくそうで
    98. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 00:31  ID:5jkatzXk0 このコメントへ返信
    ※9
    「NSDAPが政権を取れると判ってたらあんな本書かなかったのにー」ってブー垂れてたらしい。
    でも、その割には皆に配ってるんだよね。
    99. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 00:48  ID:F1ZNtqk.0 このコメントへ返信
    ※27
    党首が被り物とはけしからん。
    100. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 05:55  ID:XAU9.Feu0 このコメントへ返信
    プチトマトか
    101. 名無し   2015年12月09日 07:05  ID:PiXGxseg0 このコメントへ返信
    色々読めるほうがいい。
    102. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 07:38  ID:6P.NcTd60 このコメントへ返信
    ※99
    国産なんです。
    103. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 07:45  ID:ACWzAY040 このコメントへ返信
    つまらない内容はともかく、その本を本棚に並べて所有する意味は、欧州人にとっては大きいはずだ。日本人には大した意味はない。
    104. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 07:48  ID:TO1kU67T0 このコメントへ返信
    ※65
    それも単純すぎるんだけどな。国家に友人などいない。
    その時の国策と国益によって付き合う国を変えるのは当たり前。

    アメリカを見てみろ。第一次大戦後のドイツを支援したのはアメリカ、中国権益狙いでナチスと組んで、日本の妨害をして日中戦争を煽っていたのはアメリカとナチス。
    ナチスが欧州で派手な戦争をしだしたら、ソ連を支援していたのはアメリカ。
    ソ連が欧州の大半とったら、今度はソ連と手をきって、戦っていた日本やドイツを支援して防波堤にしたのはアメリカ。一緒に戦った英国には巨額のレンドリース代金と、英国が囲っていた植民地市場を奪い取った。
    ソ連の拡大を防ぐ為にアルカイダを支援して、アフガン紛争をおこし、今度はアルカイダと手を切り、
    テロとの戦いとかやっているのもアメリカである。
    アメリカは信頼したから、支援したわけじゃない。敵の敵だから支援しただけ。
    そしてこれはアメリカに限らず、殆どの国家がやっている事。
    ソ連が崩壊するまでは世界一の親日国家は中国だったりする。インドは親ソでパキスタンが親米だったが、今は逆転しつつあったりするし、国際情勢は複雑怪奇であり、信頼できる信頼できないなどという感情で動くべきではない。
    105. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 07:52  ID:TO1kU67T0 このコメントへ返信
    ※83
    メディアに関連しているところを読むべきだよな。
    あれそのまんまの事やっているから。
    106. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 07:59  ID:ohClChX30 このコメントへ返信
    ※75
    やかんとヒトラーだとどうしてもケトラーを思い出すなぁ
    名前こそそのまんまだけど見た目は全くヒトラーに寄せてないというのがミソ
    ttp://drazuli.com/upimg/file9354.jpg
    107. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 08:02  ID:GJTAMPo.0 このコメントへ返信
    ※104
    横やけど、井上提督からしたら、「同盟国としてはどうよ」って話でしょ
    国家に友人とか関係ない。

    理屈大魔王の井上提督からすれば、ドイツの指導者たるヒトラーが深謀遠慮の人であるなら、
    公の出版物において、将来的に味方になるかもしれない人たちをこき下ろすか?
    なぜ、10年経ったら友好的になったのか?利があるから?
    それって同盟国としてどうよ?利によって近づくなら、利によって裏切られるだろう。
    そんな国を、「同盟国として」信じられるのか?
    同盟組まずとも普通に友好的にしてたほうがいいんじゃないの?って話でしょ

    本来、「同盟国」って重いよ
    その重さに対し、ヒトラーの態度の変わり方はあまりに軽いから、同盟国としてはどうよって話でしょ
    108. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 08:16  ID:TO1kU67T0 このコメントへ返信
    ※107
    同盟結ぶまで敵対してるからね。
    ドイツからすると明治維新の時世話してやったのに、
    第一次大戦で宣戦布告してきて、山東省と太平洋諸島を奪い取った敵だからね。
    国民党をずっと支援してきて、軍事顧問団も送っているくらいで、
    日中戦争のプランを考えたのはゼークトのはず。

    そして全ての国家は利によって動いているわけで、ドイツもアメリカもそれは変わらないわけ。
    勿論日本もね。
    また文章の一文をとりあげてどうとかいうなら、
    ルーズベルトの当時の発言はヒトラーもドン引きするくらい酷いぞ。
    109. 名無し   2015年12月09日 08:24  ID:yPe2IGIb0 このコメントへ返信
    我が闘争、自宅の本棚にあるよ
    昭和48年発行とあるからそこそこ古いバージョン
    学生時代神保町の本屋で買った記憶があるけど
    中身は一度読んだきりあまり覚えていないw
    110. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 09:13  ID:q1HdjVFa0 このコメントへ返信
    ※89
    実際につまらない
    あの本の内容からして、なんで当時のドイツの知的エリートがこれを支持できたのか
    本気で疑うレベル
    例えは悪いが、某首相がネト○ヨ的世界観全開な著書をものしたとして
    その内容を第一線の研究者とかが支持できると果たして想像できるか?って感じ

    ただ、当時のドイツの知的エリートは
    ヒトラーはアホだけど自分たちなら操縦してどうにかできるから
    自分たちにとって都合のいいところには乗っかって利用できる部分は利用してやろう、と思ってたようだが
    結果はあの通り
    知性がないことと権力を争う相手として与しやすいということとは別問題
    某首相についても、低学歴でアレな世界観の持ち主だということで甘く見るべきではない
    111. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 10:38  ID:pEzH5VU.0 このコメントへ返信
    ※110
    君が他者をアホと言える知能と知性を持っているか甚だ疑問だ
    112. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 10:49  ID:ujZXgmu.0 このコメントへ返信
    ※88
    だから、「責任を取らせる」と意思表明することは「何らかの行動を起こしている、もしくは起こそうとしている」と見られてもおかしくないでしょって言ってるの。

    何の力も権限もない、行動も起こしていない人間が「絶対に責任をとらせる」なんて意思表明するのは滑稽だよ。それなら「責任を取らなければいけない」とでも言えばいい。

    あと私は日本語のニュアンスに突っ込んだだけであって、政治思想の話はしていないし是非も表明していないのですが。
    113. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 13:01  ID:kTsJBxKI0 このコメントへ返信
    ※49
    漢化とかいうけど同化政策について言うならば
    アイヌや琉球民族に自治権を与えず、彼らの民族語での教育も許していない日本が言えることじゃなくね
    114. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 14:30  ID:5BdRvVHE0 このコメントへ返信
    ※110
    ヒトラーと某首相とやらのスキルも、史観も、なんも見えてないねお前
    ネト○ヨとか好き好んで言いたがる奴の知性の程が改めて知れる
    115. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 14:45  ID:J70bJvhf0 このコメントへ返信
    ちょびひげのおじさんは、移民に荒らされた今の欧州の惨状を見て
    さぞかしぼやいてることだろう。
    「だから言ったのに…」と。
    116. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 14:49  ID:J70bJvhf0 このコメントへ返信
    日本でも相手に論破されそうになったり、反論できなくなると
    「あいつはヒトラーだ!」と相手にレッテルを貼って
    言論戦からの逃亡を図る連中が後を絶たないから、
    おじさんの著書の復刊は、思索的にもよいことだと思う。
    117. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 15:35  ID:G.R7N2WW0 このコメントへ返信
    本当にすごかったのはゲッベルスの方だと思う
    118. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 19:05  ID:b.x9Izvz0 このコメントへ返信
    ※113
    そんな民族いませんよ。
    薩摩民族も会津民族も長州民族もいないようにね。
    明治以前は言葉などろくに通じなかった。
    119. すをみ   2015年12月09日 19:17  ID:AGRNasUZ0 このコメントへ返信
    ※113
    自治権云々、はさておき、「民族語での教育を禁止」って、それはどこの何という組織のプロパガンダ?
    明治のころはいざ知らず、二十世紀も半ば以降はない話だ。公教育で採用していないのは事実だが、自主的な学習や学究が禁止された話は聞かないね。戦時中でさえなかったことだが?

    それが本当なら、金田一京助はタイーホされたはずだよな。彼の功績として、アイヌ語のローマ字化でアイヌ人自身が自主的にアイヌ語を資料化して(例えばユーカラの記録など)保存できるようにした話は有名だよねえ。
    120. y   2015年12月09日 21:47  ID:JnJQbT1L0 このコメントへ返信
    第十一学年は高2と訳したほうが分かりやすいんじゃないかな
    121. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月09日 23:43  ID:5jkatzXk0 このコメントへ返信
    ※117
    ゲッベルスも元はナチス左派でシュトラッサー兄弟の派閥にいたのがヒトラーに心酔するようになったわけで。
    人心掌握というかカリスマみたいなのはあったと思うんだ。
    122. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月10日 20:30  ID:n4baOdSb0 このコメントへ返信
    政治家としては二流
    軍人としては三流
    演説家としては数百年に一度の天才
    123. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月11日 00:01  ID:4vxIdSPf0 このコメントへ返信
    ひどくつまらない本だったという記憶はある。
    当然ながら中身は覚えちゃいない。
    そうか、当時のドイツ人もそう思ってたのか。
    オレだけじゃなかったんだな。
    124. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月11日 11:16  ID:GlKOt7Zu0 このコメントへ返信
    西園寺生徒会長を思い出す。
    なお読んではいない模様。
    125. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月11日 11:36  ID:8qNcQobn0 このコメントへ返信
    第2次大戦どころか第一次大戦だって日中戦争だって日露戦争だって
    これから起こる第三次大戦だって何もかも仕組まれたものですからね
    ヒトラーだってナチスだって奴らの道具に過ぎませんから
    こんな本一冊どうということもありませんわ
    126. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月11日 23:56  ID:v2ifbbTW0 このコメントへ返信
    ひとらー序盤から吐きまくり!
    127. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月12日 06:36  ID:Wb8RNLsN0 このコメントへ返信
    ※111
    優しい人だね。疑問を感じる余地はないでしょw
    128. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月13日 12:33  ID:tBii0Ui90 このコメントへ返信
    ※2
    毛沢東語録は先週、イギリス議会で飛び交ったw
    129. 無味無臭なアノニマスさん   2015年12月23日 12:48  ID:VZSusBYC0 このコメントへ返信
    あの時代の苦しいドイツ状況から抜け出させる指標としてはいい本だったと思うよ
    群衆心理とは何かプロパガンダについても書いてあってすごい考えてたね
    抜け出すためのゴールが東方侵略しかないのは良くなかったと思うけど
    130. 無味無臭なアノニマスさん   2016年01月11日 13:00  ID:yOCjyfmY0 このコメントへ返信
    ※2
    「毛沢東のはレッテルじゃなくて実際変」

    今じゃ無かったことになっているが確かに学ぶべきだな。他のヨーロッパ人も反ユダヤ政策に加担したことを

    131. 無味無臭なアノニマスさん   2016年01月18日 10:56  ID:fWikgOhf0 このコメントへ返信
    ネットで断片読んだだけだけどユダヤの画策についてはっきり言及してたことに驚いた
    てかマジで中韓ユって似たような民族性なのな
    国がない/機能してないとこういう性質に行き着くのかね
    132. バー   2016年02月11日 15:13  ID:BfSJfverO このコメントへ返信
    去年 ライトノベルサイズでこの本 古本屋に売られてたけど居畔してるヤツだったのか謎だな。
    133. 無味無臭なアノニマスさん   2016年03月03日 00:40  ID:0kaDx7k60 このコメントへ返信
    わざわざ注釈入れるために7700円か
    さすがシオンの民はいい商売をする


    画像投稿(アップローダーを開きます)