コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by IvanDeSousa

今日学んだこと。

スペイン人に城を包囲された時、ポルトガル人はブラフとして城に残った僅かな小麦粉でパンを焼き「もっと欲しいのであれば言ってください」というメッセージと共に敵に投げ渡した。

包囲戦が長期化することを危惧したスペイン人は撤退した。


<記事訳>

1368年、カタルーニャ兵によって包囲された時、地元の「Deu-la-Deu Martins」という女性が飢えた市民たちから小麦粉をかき集めてパンを焼き、「もっと欲しいのであれば言ってください」というメッセージと共に敵に投げ渡した。それに戦意を挫かれたスペイン人は即座にスペインへと撤退した。

Welcome to Monção


reddit.com/r/todayilearned/comments/aldel3/til_a_portuguese_castle_enduring_a_prolonged/
※元サイトでは「パン」でしたが別サイトの説明では「ケーキ」となっていました。当記事では一応「パン」としています。



Comment by bobcat7781 4 ポイント

ハンフリー・ボガート主演映画の「サハラ戦車隊」でそれと似たようなシーンがある。
https://en.wikipedia.org/wiki/Sahara_(1943_American_film)

1942年の北アフリカ戦線。サハラ砂漠にガン軍曹率いる、米国戦車分遣隊第5部隊は軍の指令に従い南下を続けていた。途中、出会った連合軍兵士や捕虜を乗せ、水の出るある廃墟にたどり着く。しかし、独軍も水を求めてそこへ接近していた。ガン軍曹たちは、水を餌に、ドイツ軍を足止めさせる作戦を企てるが・・・。



Comment by ImFerr 3 ポイント

ポルトガル人の血を引いていることを今ほど誇りに思ったことはない。


Comment by Hiccaries 3 ポイント

よく分かんない。

なんでスペイン人は撤退したの?パンが怖かったから?

 Comment by majoroutage 11 ポイント

 ↑城の包囲は長期戦になる。

 敵軍の方が長期戦の備えをしているのであれば持久戦をするメリットなんてないから。

  Comment by Hiccaries 3 ポイント

  ↑あー、なるほどね。


Comment by CJYD21 3 ポイント

ここで徳川家康に注目。

彼は戦で打ち負かされて砦に五人の兵と共に撤退したとき、砦の門を開け兵に軍太鼓を叩かせた。

その結果、敵軍は撤退した。

空城計(くうじょうけい)または空城の計(くうじょうのけい)は兵法三十六計の第三十二計にあたる戦術。

あえて自分の陣地に敵を招き入れることで敵の警戒心を誘う計略のこと。敵方に見破られた場合は全滅の危険性があり、心理戦の一種である。

日本では、戦国時代において、徳川家康が窮地を逃れた際の事例がある。1573年、三方ヶ原の戦いで徳川軍は武田信玄率いる武田軍に大敗し、壊滅状態で浜松城に逃げ帰った。武田軍はこれを追撃するが、家康は「あえて大手門を開き、内と外にかがり火をたかせ、太鼓を叩かせた」ところ、それに警戒した武田軍は兵を引き挙げ、浜松城は落城を免れた[1]。これは武田軍の指揮官の山県昌景や馬場信春が、信玄の教えによって中国古来の孫子・六韜・三略などの兵法に通じており、「空城計」(及び関門捉賊や欲擒姑縦)をよく知っていたためであるとされる。

空城計


Comment by egrith 2 ポイント

それと同じ事がウェールズとブリタニアでも起きたって資料を読んだことがある。

一つはサクソン人との戦いで、もう一つはそれから数百年後のウェールズ人の反乱のとき


Comment by to_the_tenth_power 13.8k ポイント

>>「モンサンの川沿いの街は要塞化された国境線でスペイン人と長く小競り合いをしていた歴史があります。この街には1368年に絶望的な包囲戦に耐えぬいた14世紀の城の跡地があります。ポルトガル側の糧食が尽きかけた時に地元の女性が最後に残った小麦粉でケーキを焼き、まだまだたくさんあるというメッセージと共にそれをスペイン人に贈りました。このブラフは成功してスペイン人は撤退しました。その小さなケーキは今でも街で販売されています」

この冴えた策略を思いついた地元の女性に拍手。

 Comment by Mariosothercap 5 ポイント

 ↑むしろ僕としてはその女性が600年以上も生き続けてケーキを売り続けていることを称賛したいね。

 Comment by Master119 1345 ポイント

 ↑うえぇ。600年前のケーキとかヤバそう。

  Comment by informativebitching 495 ポイント

  ↑もしそれがマクドナルドのケーキだったら多分問題ないはず。

   Comment by Yesmaybeiagreemaybe 47 ポイント

   ↑それ都市伝説だから。
   https://aht.seriouseats.com/2010/11/the-burger-lab-revisiting-the-myth-of-the-12-year-old-burger-testing-results.html

 Comment by Lews_Theremin 8 ポイント

 ↑>>「この冴えた策略を思いついた地元の女性に拍手。」

 とある男性が城を攻めた時に女性は背中に背負えるものは何でも背負って街から出て行ってもいいと言ったところ女性たちはみんな旦那を背負って街から出ていってみんなが笑い出したって話を思い出した。

シュタウフェン家とヴェルフェン家の争いの時代、この城は、1140年に皇帝コンラート3世により包囲された。ヴェルフ6世が率いる救出部隊がシュタウフェン側との戦いに敗れ、ついにヴァインスベルクは1140年12月21日に降伏した。Chronica regia Coloniensisの記述によれば、城の女達は追放されるに際して自分で運べる分の荷物は持って行くことが許可された。すると女達は自分の夫を背負って城を出て行った。これに対して、王は前言を翻さなかった。

ヴァインスベルク


Comment by MordecaiXLII 8990 ポイント

「自分が強いときは弱く見せて、自分が弱いときは強く見せる」

 Comment by El_Maltos_Username 2927 ポイント

 ↑孫武だな。古の賢人の言葉が正しいとまたしても証明されたか。


Comment by SiVeLk 2 ポイント

スカンデルベグはオスマン帝国との戦いで羊の背中に松明を載せて兵の数を多く見せたことがある。

スカンデルベグ(Skanderbeg、1405年 - 1468年1月17日)あるいはスカンデルベクは、中世アルバニアの君主であり、オスマン帝国に抵抗した民族的英雄である。

スカンデルベクは、同時代のハンガリーのフニャディ・ヤーノシュ、ワラキアのヴラド・ツェペシュと並んで、オスマン帝国のヨーロッパへの拡大を遅らせた英雄と見なされる。19世紀にアルバニア人の民族意識が高まると、オスマン帝国からの独立を目指したスカンデルベクは民族的英雄として高く評価されるようになり、アルバニアの独立運動と国民統合に大きな役割を果たした。

Gjergj_Kastrioti

スカンデルベグ


Comment by fuckjoshbrolin2 2 ポイント

フランスの田舎の小さな城がこれと同じことを最後の豚を使ってやってた。

7年以上前に知ったことなんでその街の名前が思い出せない。度胸が必要だけど効果的な戦術。


Comment by CoffeeCupScientist 2 ポイント

敵がその城内に十分な食料があると確信するまで彼女はどれくらいの量のパンを壁越しに投げたのかが気になる。


Comment by rastafaripastafari 2 ポイント

これは諸葛亮級の計略ですわ。


Comment by SystemOfADowJones 2 ポイント

まるでラニスターみたいなやり方だな。

タイウィン・ラニスター公はシーズン1から登場し、シーズン2からシーズン4にかけての主要な登場人物である。

タイウィンは非常に狡猾かつ冷徹な策略家であり、その知性は研ぎ澄まされている。優れた政治力と同時に冷酷な決断をすることでも知られており、〈キャスタミアの雨〉という歌でそれを世に知らしめている。

image

タイウィン・ラニスター


Comment by ihateseaguls 2 ポイント

多分テリーザ・メイのBrexit交渉のための計画もこれと同じものだと思う。


Comment by VejaChya 2 ポイント

これが正しいかどうかは分からないけど、クルド人が別のクルド人に包囲された時もこれと同じ手段を使ったって話を聞いたことがある。

話はほぼこれと同じだけどそっちはパンじゃなくて肉だった。


Comment by KeransHQ 8 ポイント

心にメモ:ポルトガル人とはポーカーをしないようにする。

 Comment by Sarilho1 5 ポイント

 ↑パンを投げつけられるかもしれないから?


Comment by SolomonRed 2 ポイント

最近じゃポルトガルの戦術は進化した。

現在のうちらの主要な戦術は「とにかく遅延戦闘をして援軍のイギリス兵がやってくるまで粘る」と呼ばれてる。

英葡永久同盟(えいぽえいきゅうどうめい、英: Anglo-Portuguese Alliance, 葡: Aliança Luso-Britânica)は、イングランド(現イギリス)とポルトガルの間で1373年に結ばれ、現在まで続く世界最古の同盟。

この同盟は中世にまで遡り、両国の歴史を通じて重要な意義を持つ。19世紀の半島戦争の際にもこの同盟に従って、イギリスはイベリア半島に出兵した。

英葡永久同盟


Comment by dmfreelance 2 ポイント

とある中国の将軍が城壁の上で一切の動揺を見せず楽器を演奏することで、敵軍にその状況が計画通りだからこそその将軍は城壁の上で悠然と楽器を演奏しているのだと思い込ませることに成功したってことがある。

その敵軍は数百もしくは数千の兵で、城の中の兵は数十しかいなかった。

敵軍はそれに動揺して撤退してる。


Comment by happiness_pill 15 ポイント

お~。これは歴史上最も面白くて豪胆なブラフだな。

 Comment by hannfran 6 ポイント

 ↑カルカソンヌでもこれと同じ事が昔起きてる。(こっちはパンではなくて豚)
 https://en.m.wikipedia.org/wiki/Lady_Carcas


Comment by fairydogfather 9 ポイント

「財布には一銭も入ってないのに金持ちであるかのように見せるためにiPhoneを所有する」の戦争版。


Comment by morgan423 3 ポイント

これ結構リスクあるように見えるけど実際はそうでもない。

そのブラフが上手くいかなかった時は数日中に降伏していたんだから。


Comment by GravityDude56 139 ポイント

ポルトガル人だけどその文章の中に罵り言葉が入ってないってことに驚いた。

 Comment by morgan423 62 ポイント

 ↑聞くところによるとポルトガル語の罵り言葉は英語に上手く翻訳できないみたいだからそのせいじゃないかな。

 Comment by betaoptout 4 ポイント

 ↑ポルトガル語って罵り言葉で有名なの?

  Comment by nunomcm 7 ポイント

  ↑ポルトガル北部は罵り言葉をよく使うことで知られてるけど、必ずしも侮辱のために使うわけじゃない。

  感情的な応答としても使われる。

  Comment by canihazdabook 3 ポイント

  ↑北部じゃ俺達罵り言葉を句読点代わりに使ってる。

  ただ俺達はフレンドリーだよ。俺達の話し方がそうだってだけ。

  Comment by GravityDude56 2 ポイント

  ↑北部じゃ大体そう。


Comment by TheJoeGoncalves 2 ポイント

僕その街に行ったことがある!

そこにはその女性がパンかごを持った像が置いてある。うちの母親がいつもその話をしてた。

※関連画像
70192560


Comment by Ynwe 1219 ポイント

オーストリアにも同じ逸話/伝説がある。

城の牛が最後の一頭になった時に、毎日その牛を違った風に塗ることでまるで城の中には牛が沢山いるかのように見せかけたというものが。

この話がどこまで信憑性があるかは分からないけどね。それに似た話は中国にもあるから。

 Comment by Gemmabeta 587 ポイント

 ↑それ戦争じゃよくあるアイデア。

 昔アイザック・ブロック将軍がデトロイトを包囲した時、彼のインディアンの精兵に街の周りを行軍させてその後小さな森の裏に回り込ませてまた行進して出てくるという事を繰り返すというブラフを張ることで彼の指揮下には数千のインディアン兵がいるとアメリカ人に思い込ませて降伏させたことがある。

 Comment by VaultDuke 216 ポイント

 ↑それと似た話知ってる。

 城壁の裏で毎日豚を叩くことで、城外にいる敵軍に城の中の人間が毎日豚を屠殺して肉を食べていると思い込ませた。

アイザック・ブロック(英:Sir Isaac Brock、1769年10月6日 - 1812年10月13日、バス勲章)は、イギリス陸軍少将であり、イギリスの植民地アッパー・カナダの統治者であった。戦闘における優れた指揮と戦略家としての名声を得、特に米英戦争においては劣勢であったイギリス軍で、アメリカ軍の侵略に対抗した。この功績でナイトの爵位を授けられ、アッパー・カナダの英雄という呼び名も貰った。

Isaac_Brock_portrait(1908)

アイザック・ブロック


 ブロックはハルを脅すための幾つかの仕掛けを使うことにした。まず、援軍を謝絶する伝言(表面上プレボスト宛て)をハルの手に入るようにした。そこに書かれた理由は、インディアンの協力で十分に砦を落とせることとし、すなわちこれ以上のイギリス軍は要らないとしていた。次に、民兵に正規兵と同じ服装をさせ、全軍が農夫や商人ではなく正規歩兵であるかのように見せた。

 こうして、デトロイト砦を包囲すると、サンドウィッチの町の川向こうに大砲を据え、慎重に仕組まれた行軍を何度も行って、実際以上にインディアン同盟軍がいるように見せかけた。もう一つ、テカムセの部隊にできるだけ騒々しい音を立てさせてその兵力を偽装し、とても制御出来ないようなインディアン集団が居るように印象づけてハルを怯えさせた。最後に、ブロックはハルに降伏を要求する文書を送った。次はその一部である。

    「撲滅のための戦争は私の意図するところではないが、いざとなると私では制御できなくなる多くのインディアン戦士が我々の軍隊と共にあることをお気付きいただきたい」

 これに続いて大砲の砲弾を砦に向けて放たせた。8月16日、ブロックの文書を受け取って2時間後にハルは無条件降伏した。

デトロイト砦の奪取


Comment by Brian1701A 9615 ポイント

凄まじく豪胆なギャンブル。

 Comment by wfamily 213 ポイント

 ↑それ最後に残った小麦粉だったんだろ。

 ブラフをしなかったら数日後には100%飢えるけど、ブラフをすればすぐに飢えてしまうものの飢えない可能性だってある。

 Comment by Kyouhen 721 ポイント

 ↑これと似たような話は山ほどあるし、それが上手く決まった時はどれも滑稽。

 毎度面白いのは空城の計。
 https://en.wikipedia.org/wiki/Empty_Fort_Strategy

 どの話も大体守備兵が少ない要塞に大軍が押し寄せてきて、守備側の人物は門を開けて兵を隠すというもの。

 それで敵が現われても罠があるのではないかと疑って撤退する。

  Comment by PM_ME_YOUR_RIGHT_TOE 15 ポイント

  ↑諸葛亮 vs 司馬懿ね!

  これが初の事例かどうかは知らないけど僕の頭に最初に思い浮かんだのがこれ。高度な心理戦だわ。


Comment by PeterJamesUK 2 ポイント

それと似たようなことはフランスのカルカソンヌでも起きてる。

そこでは住民は最後の穀物を豚に与えてそれを街の壁越しに投げた。

カルカソンヌ (Carcassonne) は、フランス南部のオクシタニー地域圏ラングドック地方に属するオード県の県庁所在地である。

古代ローマ時代には要塞に囲まれた都市機能の基盤が形成され、中世にはさらに外側にもう一重の要塞が建設されて、この二重の防備が施された丘の上の城塞都市であるシテ(cité, またはville haute)を核として、オード川をはさんで展開した下街(ville basse)との二層の区域が合わさって発展した欧州最古の城塞都市である。

カルカソンヌ


Comment by Korvrex 2 ポイント

これは実際は嘘だから。そのスペイン人たちはただパンアレルギーだっただけ。


Comment by ImperatorMundi 1 ポイント

うちの故郷には三十年戦争で包囲された時に似たようなことをしたパン職人がいる。

ただ彼の場合はおがくずを使って偽物のパンを作った。

伝説によると彼がそのパンを敵に投げた時に怒った敵兵が彼を撃ったとされている。

ただ敵はそこから撤退した。彼が撃たれたとされている場所には彼の像が立ってる。


Comment by TheJawsThemeSong 41 ポイント

こういう機知に富んだ勝利や戦術について読むの大好き。

こういう話をまとめた本とかデータベースってない?

 Comment by IvanDeSousa[S] 52 ポイント

 ↑このスレがそのデータベースになっていってる気がする。


Comment by marisquo 829 ポイント

スペインとかいう1128年以降ポルトガルに負けまくってる国。

 Comment by Hambeggar 417 ポイント

 ↑ポルトガル関係の戦争について調べてみたけど・・・勝ちまくってるな。
 https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_wars_involving_Portugal

  Comment by TTRO 271 ポイント

  ↑そりゃスペインに勝ち続けられなかったところは今ではスペインの一部になってるし。

   Comment by Ohtar1 74 ポイント

   ↑カタルーニャ語で号泣

ガリシア王国(ガリシア語:Reino de GaliciaまたはReino de Galiza, カスティーリャ語:Reino de Galicia)は、かつてイベリア半島北西部、現在のスペイン、北西地域ガリシア州に相当する地域を中心とした王国。

1126年、レオン王及びガリシア王アルフォンソ7世がカスティーリャ王位を継承、そして1128年にはガリシアの南部にあたるポルトガル地方が、ポルトガル王国として独立した。カスティーリャ王位とレオン王位が1157年に分割されると、ガリシアはレオン王国に含まれた。その後、カスティーリャとレオンは再統合した。しかし、ガリシア王国は1833年まで公式に存在し続けた。

ガリシア王国




キャプチャ



<お知らせ>
同人誌が完成しました。
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(絵画篇)―
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(入浴文化篇)―

柊りんのラインスタンプが完成しました。
キャプチャ
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/9255762.html

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
2016年に更新した記事まとめ
2017年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:08  ID:GI3PiYka0 このコメントへ返信
    食う城の計?
    2. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:11  ID:GI3PiYka0 このコメントへ返信
    civの新しい大将軍の効果が決まったな。
    発動すると、兵営が食糧+1をもたらす。
    3. んん   2019年02月05日 12:12  ID:zKg6Ew9R0 このコメントへ返信
    放置した黒パンをぶつけると思ったあなた。おめでとう、おっさんです
    ぼくも、おっさんです(ヌギヌギ
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:20  ID:b1RGGaUZ0 このコメントへ返信
    空城の計というネーミングセンスよ。
    日本語って素敵やん。
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:32  ID:Rm3.LZvl0 このコメントへ返信
    謙信さま
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:34  ID:N6J827pl0 このコメントへ返信
    ノモンハン事件の時、ロシア側は車に丸太を引かせて土煙を発生させて大部隊がいるかのように偽装したりしてたな
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:34  ID:JyT5DUaz0 このコメントへ返信
    胸が無いなら胸をあげればいいじゃない。
    8. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:45  ID:aOHQ2fn30 このコメントへ返信
    ※4
    兵法三十六計くらいは知っておこう
    9. まとめブログリーダー   2019年02月05日 12:45  ID:ooMG.hk90 このコメントへ返信
    パンにはパンを血には血を
    10.    2019年02月05日 12:47  ID:yFfE1oNA0 このコメントへ返信
    この手の話は大体後世の創作だと思うの
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:48  ID:4QihDohT0 このコメントへ返信
    こういうの大好き
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 12:51  ID:nlkRe1YJ0 このコメントへ返信
    城が水の手を断たれたので、米を水に見立てて(遠目だとわからん)馬を洗うふりをしていたら、最初、敵がこにだまされたんだけど、雀が米をつつきだしてばれたというのがあったなあ。
    13. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:02  ID:nlkRe1YJ0 このコメントへ返信
    ※9

    ロシア人・・・
    14. 雀の涙   2019年02月05日 13:02  ID:me57c.OI0 このコメントへ返信
    ※元サイトでは「パン」でしたが別サイトの説明では「ケーキ」となっていました。当記事では一応「パン」としています。
     
    イチゴの無いケーキなんて、もはやパンじゃん。ただの甘いパンじゃん。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16089.jpg
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:06  ID:Ux89G0V80 このコメントへ返信
    特亜人「日本を攻める時は盾に猫を括れば有効かも?」
    16. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:09  ID:Mcob7cof0 このコメントへ返信
    米12
    白米城伝説は各地に残されてるけど、全部作り話だそうだ。
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:12  ID:nlkRe1YJ0 このコメントへ返信
    ※3

    中世の裁判官さん「アトラスのノーラと刻の工房? それはさておき、乾いたパンを無理矢理口につっこみ、喉に詰まらせたら有罪、詰まらせなかったら無罪という裁判が実際にありました。というわけで、さあ来い」
    18. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:13  ID:Z9hozi.i0 このコメントへ返信
    ふ… フライング・パンケーキ!
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:14  ID:nlkRe1YJ0 このコメントへ返信
    ※15

    それは、世界の半分を敵に回すことになる。
    20. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:21  ID:nlkRe1YJ0 このコメントへ返信
    太平洋戦争中に、日本軍が撤退した陣地で、アメリカ軍が、トイレの排便量をみて、日本軍の人員を3倍くらい多めに間違えたというのがあったなあ。
    これは、日本軍側が何か奇計をつかったというのではなくて、日本人は、米とか植物系の食品をよく食べるため、パン食や肉食が多い欧米人より、排便量が多くなる(食物繊維とかの影響)ということだそうだが。

    なお、タラワでは、アメリカ軍は、航空写真で、日本軍の便所の数から、正確に日本軍の人員を割り出していたり。
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:33  ID:jOL9fv8r0 このコメントへ返信
    計がバレた場合も多いんだろナ。敵の大将は言うね「バカメ」。後世に伝えられること無くそれでおしまい。
    22. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:51  ID:cyPdSqYv0 このコメントへ返信
    ※7
    寄せて上げるんですね
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:52  ID:Z9hozi.i0 このコメントへ返信
    ※15
    古代エジプト人「」
    24. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 13:58  ID:b1RGGaUZ0 このコメントへ返信
    ※8
    Absence castle strategy
    と比べて趣きがあるねって話です。
    欧米の反応の翻訳ですよね?これ。
    25. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 14:47  ID:47ItAO4S0 このコメントへ返信
    ※21
    それはそれで、敵将が見破ったこと含めて手柄話をむっちゃするから。
    部下とかが酒場とかでむっちゃ話しまくるから。
    26. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 14:59  ID:Lj9T4.lG0 このコメントへ返信
    これは美味い>パンがなければ~
    27. 名なし   2019年02月05日 17:49  ID:YM.JIkT80 このコメントへ返信
    城に引き入れて城下町を爆破させて、逃げ道の門から出てくる兵を一網打尽にすると計もあります
    28. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 17:52  ID:SodfXBfg0 このコメントへ返信
    司馬懿にしても、武田にしても
    空城の計は彼等が賢いからハマったわけで、使った方も相手を熟知してる。
    相手が脳筋武将なら、空城を見てチャンスだって!一気に攻め込んできて殲滅されちゃうよねw
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 17:54  ID:R06HhIu20 このコメントへ返信
    ttp://drazuli.com/upimg/file16090.jpg

    はい、りんちゃん♡
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 18:00  ID:e45VNPq80 このコメントへ返信
    ※24
    中国語やぞ
    って話やぞ
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 18:52  ID:X9KRKkOU0 このコメントへ返信
    軍師同士の策による熱い戦いも面白い。
    心理戦に全軍の進退がかかる作戦とか当事者はたまったもんじゃないと思うけど、
    後の時代から見るとロマンあるんだよな。
    孫武や諸葛亮は敵将によって作戦を柔軟に変えてたともいうがどれほどだったのか…。
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 19:16  ID:R06HhIu20 このコメントへ返信
    ttp://drazuli.com/upimg/file16091.jpg

    敵兵はオカズが届いて泣いて喜んだそうな。
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 19:45  ID:qDicmtg.0 このコメントへ返信
    ※25
    そういえば、長曾我部元親が初陣で、敵の動きを見ていてある城が空城の計ではなく本当に空になってることを見破って、その城を無傷で占領したという手柄話があったな。
    34. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 20:21  ID:a5yifw2M0 このコメントへ返信
    米16
    南方熊楠が中国にも類話のあることを指摘しているね。
    ただこういう話には「ばらしたのが油屋の老女だったので城下の人間は油を買わなくなり、永く油屋がなかった」などのオチがつくことで地域性が出るのが面白い。

    米33
    鳥が平気で舞い降りているので気付いたとか、その手の話も多いね。
    逆に鳥が避けたので伏兵に気付いたというのもある。
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 21:11  ID:vK6m8mNC0 このコメントへ返信
    ※24
    向こうの人はAbsence castle strategyという言葉に我々と同じような趣を感じるのかもよ。
    36. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 22:44  ID:a5yifw2M0 このコメントへ返信
    >小さな森の裏に回り込ませてまた行進して出てくるという事を繰り返すというブラフを張ることで彼の指揮下には数千のインディアン兵がいるとアメリカ人に思い込ませて降伏させたことがある。
    日本か中国でも聞いたな、これ。誰だっけ。
    「百人は北側へ回れ!」だとと言って、人数を大きく見せかけたのが赤穂浪士。
    37. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 23:02  ID:ptMpFutm0 このコメントへ返信
    >スカンデルベグはオスマン帝国との戦いで羊の背中に松明を載せて兵の数を多く見せたことがある。

    それはK-popがでかい会場を押さえたのに空席だらけなのを席にサイリウムを結びつけて
    写真を撮って「ホラ満席」というようなものだな
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 23:29  ID:6DV.cgmj0 このコメントへ返信
    ※14
    クッキーです
    39. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 23:36  ID:BV7y5.I70 このコメントへ返信
    ※22
    背中の肉まで寄せても平らな物はせいぜいささやかな変化だと思う
    大量の詰め物が必要でしょ
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月05日 23:41  ID:vBseC.R.0 このコメントへ返信
    ※24
    wikiによるとEmpty Fort Strategyと言うみたいっすよ
    まあ空城計をそのまま訳すとそうなるわな
    日本語だと空で「そら」を連想するから無駄にファンタジー感出るだけでは?
    あとAbsenceならAbsentの方がいいと思う
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 00:02  ID:gTtIFp.c0 このコメントへ返信
    ※19
    もう半分は無関心
    42. 参謀猫   2019年02月06日 00:40  ID:.B.cr1ec0 このコメントへ返信
    ※15 ネコと和解せよ!!
    ttp://drazuli.com/upimg/file16092.jpg

    ……うむ、わかった。

    今年のゴールデンウイークは海外旅行に行く人が多いから
    空城に入らないようにセコムかアルソックすればいいんだな?
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 05:53  ID:Mw6fcz6C0 このコメントへ返信
    パンを食うじょ~
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 09:15  ID:dN3MOzoC0 このコメントへ返信
    ※12
    水ですよ水
    水だってばー・・・と言い張る。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16093.jpg
    45. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 09:35  ID:dN3MOzoC0 このコメントへ返信
    籠城といえば、彦根城を見学したときの案内に「籠城に備え、城内の木も食べられるもの、武器になるもの、各種資材になるものを選んで植えられた」って説明があって「ああ、ここは本当に戦う施設だったんだなあ。」と感銘を受けました。
    現在の彦根城は桜の名所だけど、これは後世になって(昭和9年)観光地化の動きで植えられたものだそう。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16094.jpg
    桜に城ってのはこれまた美しい日本の風景だけど、スパルタンな城のままの彦根城もちょっと見たかったようなw
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 10:54  ID:rxz0bMbt0 このコメントへ返信
    もしかしてパヨクの「無防備都市宣言」ってこれのこと?
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 11:54  ID:UFjIhOYG0 このコメントへ返信
    ※6
    引っ張る車両と燃料があるから出来る策。
    当時の日本にゃ無理。
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 12:28  ID:rxz0bMbt0 このコメントへ返信
    米20
    「できる男はうんこがでかい」って本あったな、、
    49. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 20:39  ID:D8RFFKCd0 このコメントへ返信
    ミリオタさん、今期はなに観てますか?
    50. 7cg3   2019年02月06日 20:53  ID:0mhm4XKV0 このコメントへ返信
    孔明と仲達、やっぱ言及されてたw
    51. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月06日 22:25  ID:B5oaaRZ60 このコメントへ返信
    ※42
    「私生活もネコは見ている」

    いや、わりとマジで。
    52. 名無しのミリヲタ(空中機動作戦ならちょっと知ってるワニ)   2019年02月06日 23:10  ID:.eK8jkcv0 このコメントへ返信
    攻城戦は詳しくないワニ。

    ※49
    「サークレット・プリンセス」「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」「荒野のコトブキ飛行隊」は見てるワニ。
    53. 参謀猫   2019年02月06日 23:40  ID:.B.cr1ec0 このコメントへ返信
    ※52 ポルトガルのリスボンにあるワニ通りのビル壁画

    Crocodile street art in Lisbon(右の小窓にネコ)
    ttp://drazuli.com/upimg/file16095.jpg
    54. 雀の涙   2019年02月07日 02:10  ID:VCKlZ.wB0 このコメントへ返信
    ※44
    ttp://drazuli.com/upimg/file16097.gif 112
    55. 無味無臭なスズメ好きな54さん   2019年02月07日 06:09  ID:J7rg.MWT0 このコメントへ返信
    ※54
    あっ gifいいですね!一段とかわいいや。
    蛇口といえば愛媛県に行ってみたいっす。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16098.jpg
    56. 無味無臭なスズメ好きな44さん   2019年02月07日 06:12  ID:J7rg.MWT0 このコメントへ返信
    ※55
    あっ自分の名前まちがっちった
    まだ寝ぼけてらw
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 08:12  ID:cQiIgX930 このコメントへ返信
    京都や静岡はお茶です。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16099.jpg
    58. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 13:27  ID:.QsMP.vm0 このコメントへ返信
    米45
    、、という事は、ひこにゃんもいざという時は、、
    59. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 13:32  ID:1PnT0Irq0 このコメントへ返信
    ※47
    なお。日本軍が敗北したが旧ソ連軍の方が被害甚大だった模様
    60. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 13:48  ID:bbBli8EI0 このコメントへ返信
    ※59
    まぁ、独ソ戦でも、ソ連の方が被害甚大だから精神勝利ネタになるだけだな。
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 15:44  ID:w1wgyklV0 このコメントへ返信
    ※59

    それを言い出すと、ソ連 vs フィンランドの冬戦争もそうでなあ。
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 17:52  ID:PJC6QqLc0 このコメントへ返信
    ※59
    戦術勝利より戦略勝利が重要なのが良く分かる。
    63. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 19:25  ID:EwadW76a0 このコメントへ返信
    空条の刑。ならわかる。
    承太郎が待ち構えていて、時間止めてドラドラされる奴ね。
    64. 無味無臭な45さん   2019年02月07日 20:35  ID:EZT8U8Hy0 このコメントへ返信
    ※58
    そう、いざとなれば食・・・
    いや出陣するのである!
    ttp://drazuli.com/upimg/file16100.jpg
    65. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 20:52  ID:DoGPJRhR0 このコメントへ返信
    ※60
    畑で兵士が採れる国とは戦っちゃだめだということだな。日中戦争も、戦術的に一勝もできなかった中国が勝利したし。何千万人死のうと負けを認めなくていいのなら敗北はない。
    66. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月07日 23:56  ID:LGtKUzwZ0 このコメントへ返信
    やっぱみんな地域を問わず中世の戦争話が大好きやな
    67. 雀の涙   2019年02月08日 01:39  ID:v2mFOckb0 このコメントへ返信
    ※55 ※57
    松山ポンジュース・香川うどんだし・静岡緑茶・宇治ほうじ茶・沖縄シークヮーサージュース・愛知トマトジュース・青森リンゴジュース・沖縄泡盛・和歌山ハチミツ・東京チョコレート・淡路たまねぎスープ・岡山桃ジュース・盛岡地ビール・宮崎日向夏ジュース・山梨ぶどうジュース・大阪焼酎・境港蟹のだし汁・魚沼日本酒

    いろいろ増えすぎ。
    ただし、季節限定や、イベントでの臨時設置の蛇口もあるので注意。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16101.gif 0.98
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月08日 03:19  ID:fd8C7rro0 このコメントへ返信
    ※3
    いうて2011年やろあれ
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月08日 08:18  ID:ibkJwZV.0 このコメントへ返信

     饅頭怖い
    70. 無味無臭なアノニマスさん   2019年02月08日 10:40  ID:J7L9KC3A0 このコメントへ返信
    ※69
    饅頭が飛んでくる分にはいいけど、熱いお茶が飛んで来たらマジ怖い。
    71. 名無しのミリヲタ(ワニ)   2019年02月09日 14:29  ID:RFHIWxhN0 このコメントへ返信
    ※70
    ある宇宙飛行士が温めた紅茶を飲もうとした時にパックを強く握ってしまい、噴き出した紅茶が表面張力で顔に張り付いた話を思い出したワニ。
    微小重力環境で液体をまき散らすと大惨事になりかねないので、同僚にふき取ってもらうまでじっと我慢して耐えていたそうワニ。
    72. 7cg3   2019年02月09日 14:35  ID:zm8EuWgz0 このコメントへ返信
    >>63
    Q太郎はオラオラで仗助がドラララァァッじゃなかったか?


    画像投稿(アップローダーを開きます)