コメント
する
このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet

Comment by OFFascist

平均的アメリカ人労働者が取るバケーション日数は中世の農民よりも少ない


<記事訳>

中世の農民の生活は過酷でした。その人生は飢饉や病、戦争の危険にさらされ食事や衛生面でもかなり問題がありました。中世の農民の生活は悲惨ではありますが読者の皆さんは「バケーション」の一点に限っては彼らのことを羨ましく思うかもしれません。

農作業や農作物の収穫は大変な作業ではありましたが、農民たちは一年のうち8週間から半年は休みでした。

教会は民衆が反乱を起こさないようにするために注意を払い、彼らに頻繁な義務的休日を強制しました。

結婚式やお通夜、子供の誕生などの際には一週間ほど休みエールをがぶ飲みしていたかもしれませんし、スポーツイベントが開催された際にはそれを楽しみために休みを取っていました。

労働をしてはいけない日曜日があり、農作業や収穫作業の季節が終われば農民たちは休みに入っていました。

実際、エコノミストのJuliet Shorによれば14世紀のイングランドのように賃金が特に高い時代では農民が仕事をする日は150日を超えていなかった可能性があるとしています。

現代のアメリカ人労働者の場合はどうでしょうか?仕事を初めて1年後の平均的な休暇日数は年に八日です。

The average American worker takes less vacation time than a medieval peasant


reddit.com/r/ABoringDystopia/comments/bnzb1u/average_american_worker_takes_less_vacation_than/
関連記事
外国人「アメリカ人が週40時間の長時間労働を許容しているのは何故なのか」海外の反応


Comment by fortheloveofpugs89 0 ポイント

中世の農民達は家族と一緒に同じベッドに寝て、家の隅っこにあるバケツでウンコしてたんだぞ。


Comment by VacuousWording 0 ポイント

けどそれがあいつらアメリカ人が選んだことでしょ。

アメリカ人はそんなにバケーションに関心持ってないし、欲深い労働者連中なんかだとそもそも自分の休日を全部使おうとすらしない。

これは単なる文化的違い。市場の違いのようなもの(アメリカだと加工済みの食べ物が沢山ある。リンゴを切ったものとか、調理済みの卵とか・・・)


Comment by comptejete 0 ポイント

もしそんなに中世の生活が素晴らしいというのであればその頃に戻ろうとすることを遮るものは何もないはず。


Comment by AllNewTypeFace 430 ポイント

お前ら平均的ヨーロッパ人労働者もそうだぞ。

中世の農民は一年のうち一部しか働いていなかったんだし。

中世の農業は季節に依存するものだったから。

 Comment by adoveisaglove 203 ポイント

 ↑それに中世の農民はお祝いする宗教上の祝日がもっと沢山あった。

 少なくとも高校の教師はそうやって教えてた。

  Comment by aRabidGerbil 75 ポイント

  ↑ああ、カトリックの祭日カレンダーを見てみれば良い。

  全ての場所でその全てが祝われていたわけじゃないけどそれでも十分すぎる位パーティーが多かった。

 Comment by SoManyTimesBefore 115 ポイント

 ↑これどこまで真実なんだろ。多くの家族は冬の間生計を成り立たせるために内職してたろ。

  Comment by infamous4chanhacker 86 ポイント

  ↑それでも記事に書かれている通り料理して食べて、昼寝するだけの時間はあった。

  俺の場合は出来たとしても精々サンドイッチを口に放り込んで車の中で五分くらい寝る程度。

   Comment by DirtieHarry 39 ポイント

   ↑それ俺じゃん。

   Comment by SoManyTimesBefore 17 ポイント

   ↑100%同意する。ただ当時の人は全員が全員農業をしていたわけではないが。

 Comment by captainramen 41 ポイント

 ↑確かにそうだけど毎年冬になると餓死する危険があるよりは毎年二週間しか有給がない方がディストピア感が少ない。

 Comment by Muffer-Nl 36 ポイント

 ↑記事だと中世のイングランドでは一年に150日働くと書いてある。

 2019年のオランダで、一切労働基準法を破らないと仮定すると最大労働日数は一年間で235日になる。


Comment by Fornk51186 1 ポイント

でも中世の農民にはドミノピザもNetflixもなかった。

 Comment by driftwood89 1 ポイント

 ↑自分で食い物作れるのならドミノピザなんかいらないだろ。


Comment by keeleon 1 ポイント

飢えて死ぬ人間も俺達の方がずっと少ないから・・・


Comment by mamerv85 110 ポイント

アメリカ人だけど週40時間以下の労働とか数か月で破産しそう。

正直週40時間以下しか働いていない人がどうやって生きているのかすら分からない。


Comment by agenthondo -2 ポイント

これは誤解を招きやすすぎる。

まず、当時は世界中のほとんどの人間は農業を仕事にしてた。これは非常に季節的なもの。

次にこれは生活水準というものを全く考慮してない。

これはアクセス稼ぎなスレ。

関連記事
外国人「歴史上の出来事の概要をアクセス稼ぎタイトル風に要約していく」海外の反応
外国人「アニメの概要をアクセス稼ぎタイトル風に要約していく」海外の反応
「著名な本のタイトルを『アクセス稼ぎ』風にするスレ」海外の反応


Comment by Antman1605 1 ポイント

自由の国。


Comment by BonjourFromNB 1 ポイント

公平な見地から言うけど、平均的な労働者が取ってる休暇は中世の農民より少ないよ。


Comment by Tajori123 1 ポイント

記事では中世の農民は8週間から半年休みって書いてる。

世界中のどこを探しても平均的な労働者がそれだけ休んでる国は存在しないと思う。


Comment by HighoctaneXD 1 ポイント

でも、俺達の生活は良くなってるんだし。


Comment by 4tl4sZ3r0 0 ポイント

うちらの大半はバケーションをあまりとろうとしない。

仕事が俺達に目的を与えて、それが満足いくものだと考えたらそれをうちらは楽しむから。

俺は一年間で三週間有給を取ったけど、週末を三日にしたのが数回で、1~2週間のバケーションを使って遠くにいる家族の所に行った。

それ以外は唯ボーっとしてただけ。別にその休日が必要だったとは思わない。


Comment by honeyfeet22 1 ポイント

日本人はどうなんだよ。


Comment by Ffzilla 1 ポイント

ブルーカラー労働者のアメリカ人(41歳)だけどバケーションって何?


Comment by xpercipio 1 ポイント

農民って休みのときは弓矢の練習しないといけないんじゃなかったっけ?

これはどこかの国/文明だけの話だったかもしれないけど。


Comment by nightcycling 1 ポイント

中世の農民が休日という概念を持っていたってことは知らなかった。


Comment by you_cannot_weild_it 1 ポイント

で、中世の農民よりも平均的アメリカ人労働者は金を稼げてないのか?


Comment by CherryIcee187 1 ポイント

平均的アメリカ人は連中よりも遥かに金を稼いでいるし、21世紀の医療はどの時代どの地域の農民と比較しても良いんだからそれが何だって感じ。


Comment by After6Comes7and8 1 ポイント

生まれはアメリカ合衆国だけど働くのは外国にしようと思ってる。


Comment by Crystalraf 1 ポイント

最近転職したけどそこは最初の五年間でバケーションがたった二週間しかない。

しかも強制残業まである。更には24時間営業だから週末や祝日でも働かないといけないことになる。

やったね。


Comment by cjo7787 3 ポイント

・・・でも経済は非常に強固なんだからこれは何も問題ではない(皮肉)


Comment by mear-folk 1 ポイント

僕は今一時的契約で仕事してるからバケーションすらない。

休みは言えばもらえるけど有給じゃない :/


Comment by 13104598210 91 ポイント

昔歴史を教えてたけど、生徒に中世の農民は現代の会社員より働く時間が少なかったと言ったら生徒達は信じないどころか憤慨してた。

それが事実であるという一次資料を見せるのが難しかったから生徒は僕がデタラメを言っていると思ったんだろうな。

現代の資本主義でこんなに人間が思い込みが激しいというのはある種の感銘さえ受ける。


Comment by Superslowmojoe 2 ポイント

こういう話聞くとマジでヨーロッパに移住したくなってくる。


Comment by HoBoJo62 2 ポイント

俺が働いているところだと一年間で休みは三日しかないわ。


Comment by aliceroyal 283 ポイント

うちの会社は二週間の休暇くれたけど、俺は結局それを診察や病休、メンタル治療のために使った。

この数年間でまともな休日はとってない、休んでるのは祝日の週末が大半(それでも基本的に祝日は金を稼ぐために出勤してる)

ほんと酷い。

 Comment by Rabbit-Holes 244 ポイント

 ↑先進国だと休日と病休は別。労働者はどっちも取れる。

 これはアメリカ合衆国だと夢物語だけど。


Comment by Frieda-_-Claxton 69 ポイント

大人になってからバケーションとか取ったことない。

 Comment by DirtyNortherner 35 ポイント

 ↑マジで?俺の最後の休みは3月で発狂しそうなのに。

  Comment by KenMicMarKey 9 ポイント

  ↑ラッキーじゃん。俺の最後の「有給休暇」は三年前で四日間しかなかった。

 Comment by blasphemous_jesus 2 ポイント

 ↑俺は休暇が必要になったら仕事を辞めて、新しい仕事を見つけるまでの期間をバケーションだと考えてる。


Comment by flip__heck 14 ポイント

技術的進歩のおかげでより手間をかけずに全ての人間に十分行きわたるほど物を生産できるのに、それでも何故かみんな過剰労働ってのは馬鹿げてる。


Comment by HeisenbergsSon 62 ポイント

俺一年間で休みは五日だ。

二か月働いても一日も休めない。

 Comment by driftwood89 23 ポイント

 ↑ヤバいだろそれ。俺は年25日が休日。これはクリスマスを含めてない。

 Comment by geauxsaints2009 2 ポイント

 ↑お前新しい仕事見つけろよ。俺だったら給料が安くなるより休みが増える方を選ぶわ。


Comment by Misplaced-Sock 0 ポイント

平均的なアメリカ人は中世の農民よりずっと良い暮らしをしてるじゃん。

重要なのはここでは?


Comment by arcphoenix13 1 ポイント

中世の頃、大半の人は冬の間働いてなかったと僕は思うんだ。


Comment by noupperlobeman 0 ポイント

今日学んだこと。

冬の極寒の中貧弱な暖房しかない土の家の中で家畜と一緒に過ごすことを「バケーション」という。




キャプチャ



<お知らせ>

四コマ同人誌が完成しました。
キャプチャ
DLsite:https://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ252351.html
booth:https://drazuli.booth.pm/items/1347278
BOOK☆WALKER:https://bookwalker.jp/ded2ebb94a-6cd1-4970-8093-f1b6498c140d/
amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07RJJLVT3

※サンプルの四コマはニコニコ静画にアップしています。
http://seiga.nicovideo.jp/comic/40971


既刊同人誌。
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(絵画篇)―
文化の逆転 ―幕末・明治期の西洋人が見た日本(入浴文化篇)―

柊りんのラインスタンプ。
キャプチャ
http://blog.livedoor.jp/drazuli/archives/9255762.html

<お願い>
コメント欄において記事内容と全く関係ない署名活動、政治活動をすることはお控え下さるようお願いいたします。

<記事について>
・このサイトではすぐ記事にするという事はせずしばらく時間が経って十分にコメントがたまってから記事にするようにしています
そのため速報性のようなものはなく、意図せず他サイトさんとネタが被る場合があります。
・記事が長すぎるという指摘を受けて以来注意するようにしていますが時々長くなりすぎることがあります。

<コメント欄の規制について>
コメント欄がライブドア側によって規制されています。
問題があると判定されたコメントは「このコメントは削除されました」と表示されます。

柊りんのイラスト一覧
柊りんのイラストのリクエスト
暇劇あぷろだ

柊りん&オコジョMMDモデルのダウンロードはこちらから


2012年に更新した記事まとめ
2013年に更新した記事まとめ
2014年に更新した記事まとめ
2015年に更新した記事まとめ
2016年に更新した記事まとめ
2017年に更新した記事まとめ
このサイトについて(アクセス禁止基準など)

翻訳担当:オコジョ
感想担当:柊りん
    コメント 『※』『米』『>>』でアンカー機能が使えます
    (業者の書き込み防止のためhttpを禁止ワードにしました)
    1. 気になる名無しさん   2019年05月21日 12:09  ID:809UKDNk0 このコメントへ返信
    百姓ばっか楽してずるい
    2. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:12  ID:A19ovjUH0 このコメントへ返信
    経済ってものは、
    金を使用する時間を与えないと回らないものなのに、
    ブラック企業はその機会を奪い続けている。
    そういう意味では社会の癌に相違ない。
    3. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:15  ID:i.4kJpBd0 このコメントへ返信
    食糧医療の水準が違うじゃろがい
    4. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:26  ID:vlLfJRPZ0 このコメントへ返信

        ( ´・ω・)  休みが多いだけじゃありません。
        /  ⌒ヽ  彼らはメタボとも縁がありません。 
        (人___つ_つ 私は遠慮しますが。
    5. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:31  ID:PcotbLr.0 このコメントへ返信
    なお、税金+家賃(昔は家賃ないんで)は今のほうが高い模様。
    6. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:34  ID:JDhWUfDB0 このコメントへ返信
    と学会山本会長の発言。
    江戸時代が良い時代だって?全然駄目。だってインターネットが無いんだぞ!(真剣)
    7. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:34  ID:rbUomkDo0 このコメントへ返信
    アメリカの平均休暇数って年8日なの?
    病欠は除いてるのかも知れないけど意外と少ないのね
    俺が使う有給の方が多くてビックリ
    8. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:36  ID:rbUomkDo0 このコメントへ返信
    関連記事
    外国人「アメリカ人が週40時間の長時間労働を許容しているのは何故なのか」海外の反応

    HAHAHA興味深いですね
    9. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:36  ID:Ge.gPBug0 このコメントへ返信
    欧米でも高所得者はだいたいは日本人が抱いてる欧米の労働環境と関係ないぐらいの労働時間だったりするみたいだな
    10. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:44  ID:w.wWegic0 このコメントへ返信
    その代わりお金は全くないからな
    冬の間はお腹空かせないために寝てばっかりで
    保存用の固いパンを少しかじっては寝てという冬眠状態。
    今でもその気になればできるんじゃないか?
    娯楽に慣れた現代人には地獄だろうけど。
    11. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:47  ID:.EjTvpO60 このコメントへ返信
    ※3
    アメリカの食料医療ひどいよー
    ・中間層が没落している → フードスタンプに頼る人の増加
    ・その一方で食品加工業が既得権益化している
    ・1985-2016年 アメリカの国民の6割の所得が低下
    ・実質的な医療費の支出 3.2倍へ上昇
    12. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:48  ID:zdIx3Fdt0 このコメントへ返信
    兄弟が外資系で働いてるけど、話を聞くとその会社で働いてる外国人は日本人より働いてるらしい
    クリスマス休暇以外は基本週5日で働いてるし、休日出勤も月に何回かある、バリバリ残業もある
    って感じで日本には祝祭日があって良いなと嫌味を言われたことあるそうな
    13. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:50  ID:KOSBbDUC0 このコメントへ返信
    アメリカの場合は給料が一週間ごとに支払われる職場と二週間ごとに支払われる職場と月に一度支払われる職場があって、ブルーカラーやレッドネック(外回りの営業を含む)と呼ばれる労働者やサービス業界の労働者の大半は週一や二週一の給料制で働いており、住んでいるアパートも週一や二週一の家賃払いになっている。
    このような週一や二週一の場合は補償なしでの当日解雇が可能で、アパートも家賃が少しでも遅れると荷物を玄関先に出して鍵を変えることが認められている。
    だからアメリカのブルーカラーやレッドネックやサービス業の労働者は解雇を恐れて休めない。
    14. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:51  ID:.EjTvpO60 このコメントへ返信
    ※10
    これが意外に娯楽はあった。
    記事中にもあるように、毎日が「聖ナントカの日」だったから。
    年がら年中なんかしらのお祭りがある。
    むしろ、お金が我々から時間や共同体としての一体感を奪っているのかもしれないよ?
    15. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:55  ID:.EjTvpO60 このコメントへ返信
    江戸の長屋の町民も夫の義務は食費を稼ぐことで、妻の義務は家賃と教育費(寺子屋)を稼ぐことだった。
    でも、それだけ。
    銀行がないし、火事も多かったから貯蓄なんかしない。
    必要な分だけ稼いだら、あとは遊んでいた。
    医療は現代のほうが進んでいるかもしれないけど、人間らしい暮らしではどうなんだかね。

    16. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 12:59  ID:E12pI04K0 このコメントへ返信
    世界の年間労働時間(OECD加盟国平均は1759時間)
    2257・・・メキシコ  
    2024・・・韓国   
    1980・・・ロシア  
    1885・・・イスラエル 
    1780・・・アメリカ  
    1723・・・イタリア  
    1710・・・日本   
    1681・・・イギリス  
    1570・・・スイス   
    1514・・・フランス  
    1433・・・オランダ  
    1356・・・ドイツ 
    17. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 13:02  ID:CKRsivjc0 このコメントへ返信
    その間に日本で…?  その頃、日本は?
    18. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 13:05  ID:zJQOvZcB0 このコメントへ返信
    労働の定義にもよると思うけど。
    今みたいにコンビニやamazonがあるわけじゃないから、最低限度の生活を維持するだけでもすごい労働になりそう。
    19. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 13:14  ID:vlLfJRPZ0 このコメントへ返信
    どういう意味かと調べたら、「一方日本では」ですか。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16489.jpg
    20.    2019年05月21日 13:17  ID:nXLgVDlc0 このコメントへ返信
    色々な仕事が効率化してるはずなのに仕事は増えるばかり
    21. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 13:27  ID:t2iisrSy0 このコメントへ返信
    農閑期ってのがあってだなあ
    22. んん   2019年05月21日 13:39  ID:y0RLl2v70 このコメントへ返信
    やめろ、この記事はおれに効く。やめてくれ
    23. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 13:39  ID:.EjTvpO60 このコメントへ返信
    中世に足りないものは医療もそうであるんだけど、冷蔵庫だと思うよ
    24. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 13:39  ID:dPwd4ClX0 このコメントへ返信
    古代ローマ市民の労働も日の出から昼までとかそんな感じ。
    まあ、住宅事情悪いから家にはすぐ帰らず、みんな公共の広場とか風呂行ってた。
    歴代皇帝がやたら公共設備充実させていたのもよく分かる。市民は皇帝の名前入り
    公共設備で多くの時間を使ったのだから、そりゃ人気に直結する。

    奴隷もそんなに働き詰めってわけでもなかったらしいね。大規模農場、鉱山の奴隷は
    利潤追求のために徹底的に絞られてたっぽいが。
    25. 鳥さん   2019年05月21日 13:46  ID:x4Axk.HR0 このコメントへ返信
    臆病だから、極悪人に利用される。極悪とはインフレを利用する奴等!栄養とか、病気とか、学問とかに金掛け過ぎなんだよ。医療、薬、学校、住宅が他の物価より際立って高騰してるから貧乏人は何時まで経っても貧乏なんじゃ。反対に金持ちは益々。俺は天才だから、学問、医療栄養を信じていない。何時も同じ服を着てる。洗濯はしてるが。
    26.     2019年05月21日 13:47  ID:tUHnzInk0 このコメントへ返信
    どうせ内職してるでしょ
    27. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 13:52  ID:Xp0ZcENk0 このコメントへ返信
    照明というものを贅沢に使うことができないので暗くなったらそもそも仕事ができない
    28.    2019年05月21日 13:58  ID:d77.kjqW0 このコメントへ返信
    >多くの家族は冬の間生計を成り立たせるために内職

    これは日本のお百姓さんもそうだな
    昔話の「かさ地蔵」の、ワラを編んで笠を作って町に売りに行くとか冬の内職だよね
    29. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 14:14  ID:MMqTl9Mp0 このコメントへ返信
    これは、雨天は休み、冬場は休み、作業は明るいうちだけ、日中一番暑い時間帯は熱中症予防で休みという仕事の時間だから(あと、西洋の場合だと、安息日(日曜日)が入る)。

    ただ、生産力がないので、飢餓、結婚できる人が限られる(ほぼ長男のみ、次男以下は、よほどの地主でも下男頭みたいな地位しかない)、子供がよく死ぬ、姥捨て、日照り、長雨、干ばつに抵抗できないなど大量の問題があるので、ここだけ比較してもダメやで。

    逆に言うと、近代以降は、努力すれば、それだけ生産力が増える社会だというのもある。
    近代以降は、工場労働が時間制なので、時間にとやかく言うようになったというのもあるしなあ。
    30. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 14:27  ID:0T2eUPXM0 このコメントへ返信
    江戸時代の大工とかめっちゃのんびり働いてたらしいね
    商売人も成功したら40代で隠居生活に入って自分の好きな事して暮らしたらしいし
    まあ貧乏人の悲惨さや医学の未発達さ、その他諸々考えるとだからって江戸時代で生きたいとは思わんけど
    31. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 14:29  ID:MMqTl9Mp0 このコメントへ返信
    戦前の都市部の下層社会の研究、結構あるけど(統計がそろっているため)、全体的に、病気になると、老いも若きもすぐ死ぬという社会。

    病気になる→寝ていれば治る→治ると入ってない→収入の低下→死亡 という流れがある。

    戦前だと、全体の人口の7~8割くらいが下層社会(零細農家・自営業・職工、工場労働者、日雇いなど)なので、概ねこんな感じである。

    日本の平均寿命とかが上がってきたのも、戦後になって、社会保険とか、栄養状態がよくなったとか、医療制度がちゃんとしてきてから。
    高度経済成長は偉大。
    32. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 14:35  ID:.kgS8Cdy0 このコメントへ返信
    ※29
    で、生産が需要を上回るようになっても上手く調整できないままなの現代
    33. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 14:59  ID:oAd6WCOC0 このコメントへ返信
    ※17
    江戸時代まで日本の休日は月に1日だけだった。
    それに比べたら今は週に二日も休む上に、年がら年中祝祭日だらけ。
    今の日本人は怠けすぎだ。
    34.     2019年05月21日 15:08  ID:mUCvlF5F0 このコメントへ返信
    世知辛いスレだった
    35. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 15:41  ID:Narjyh.e0 このコメントへ返信
    ※33
    「休日」と言う意味ではともかく
    産業革命以前と以降で労働時間がまったく違う
    幕末の日本に来たイギリス人は日本人があんまりにも働かないのでびっくりしてた
    江戸なんかでは夏には午前中しか働かなかったし
    侍なんて月に数回しか仕事がない役職もあって毎日観光三昧してるやつもいた
    数学ブームの時も農村ですら数学にいそしむ余裕があった
    36. 5   2019年05月21日 15:53  ID:Rtpqy5uO0 このコメントへ返信
    労働時間を話題にするときはアメリカを先に語るようにしてください
    37. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 15:57  ID:74V.V0wW0 このコメントへ返信
    さすがに中世の農民生活と大雑把に比べてしまうのはどうかなあ。
    本文中にもあるけど「これは誤解を招きやすすぎる」。

    >アメリカ人だけど週40時間以下の労働とか数か月で破産しそう。
    >正直週40時間以下しか働いていない人がどうやって生きているのかすら分からない。
    週40だと日本でもフルタイムの基準だと思うけど、
    これでカツカツな人も多いって現状を見るのが大事な気がする。
    週刻みなのはアメリカの給与体系が週払いなんだっけ?
    38. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 16:44  ID:UTXpwS6q0 このコメントへ返信
    ※16
    この中で正しい数値を計上してる国はいくつあるだろうか…
    39. 鳥さん   2019年05月21日 16:52  ID:x4Axk.HR0 このコメントへ返信
    31さんへ。おいらは結構な歳で江戸時代ならとっくに死んでる。医者、薬一切縁が無い。食べるものも好き勝手。喫煙もシテル。しかし夜立で睡眠も摂れないほど元気だ。おいらに限れば医療なんて糞咥えじゃ。君みたいなのがいるから科学は進歩しないし臆病者が増えるんだ。
    40. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 16:59  ID:y7paPFNm0 このコメントへ返信
    夜働けないし、荒天も働けないし、欧州の長い冬も働けないんだからそりゃそうだろうという気がする
    41. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 17:06  ID:CKRsivjc0 このコメントへ返信
    ※39
    とりあえず、※31なり>>31なりで書くとリンクされてよいですぞ。
    42. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 17:11  ID:bk.IKF.O0 このコメントへ返信
    明らかに日本よりブラックなアメリカ
    43. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 17:16  ID:MnO5A7IC0 このコメントへ返信
    ※39

    その31だけど、そりゃ、江戸時代でも、80歳とかまで生きているひとはおったよ。
    だけど、ほかが全般的に低い。
    特異な例を標準にはできないということ。

    自分ができるからって、他人ができるというのは、ブラック企業の始まりなので、よくないよ。ブラック企業の社長って、そういう精神の人、結構いる。俺ができたんだから、お前もやれという。
    44. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 17:19  ID:MnO5A7IC0 このコメントへ返信
    ※32

    需要が多様化したという方が正確かも。
    大量生産式のときは、ある意味単純で、作ればうれるだったけど、需要が多様化すると、そういうわけじゃないから。
    人の欲が増えたという話かも知らんけど。
    45. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 17:21  ID:MnO5A7IC0 このコメントへ返信
    ※22

    月曜日さん「・・・さあ、来い」
    46. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 17:31  ID:MnO5A7IC0 このコメントへ返信
    >農民って休みのときは弓矢の練習しないといけないんじゃなかったっけ?

    百年戦争の時のイングランドのヨーマン(自由農民)やんけ。
    47. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 17:38  ID:T3HPrvKf0 このコメントへ返信
    ある種宗教的な意味もあるけどね
    安息日っていう神様も休んでるんだからお前らも休めっていう
    今ほど作物は品種改良されてないから、季節外れの栽培が出来る訳でもないし
    それに職が際限なく増えたってもあるし
    昔はバナナ共和国的な一次産業が主だったけど現代はそうじゃないし
    48. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 18:09  ID:vfwsoQ9N0 このコメントへ返信
    「日本人は働きすぎ!エコノミックアニマル!」とか言われるけど実際にはアメリカ人のほうが働いてるんだよね
    49. 無味無臭なアノニマスよん   2019年05月21日 18:15  ID:xCgG..NZ0 このコメントへ返信
    まあそもそも中世では、基本的に、日が昇ってから沈むまでしか仕事はできない。
    もちろん、真夏なら夜明けから夕暮れまでで12時間を超えるが、しかし真夏というのはふつう農繁期ではないわけでね。
    いっぽう、高価な油を使って、明かりを灯してまで仕事をするというのは、かなり特殊な領域の話になる。
    近世の日本でも、江戸をはじめとする都市部ならともかく、農村部でそんなに「夜なべ仕事」ができたかというと疑問だ。
    だから、縦割り的な「日数」で考える以上に、現在の「労働時間」というのは長くなっているはずだよ。
    50. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 19:25  ID:gQIlylhP0 このコメントへ返信
    中世と比較するナンセンスさ
    51. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 19:51  ID:sbmb9Vf20 このコメントへ返信
    魔女狩りに使ってた時間を仕事や趣味に
    まわせるようになったじゃん。
    昔は昔で無駄な時間拘束が色々あった。
    日本もキリストの板を踏むのに並ばされてた時間を
    タピオカに並ぶ時間に回せるようになったじゃん。
    52. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 20:06  ID:wtNDtin70 このコメントへ返信
    平均8日ってまじ?
    祝日が日本より圧倒的に少ないのに休暇も8日しかとらないとか1年目とはいえ働きすぎだろ
    53. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 20:08  ID:h36NdHwo0 このコメントへ返信
    ※2
    そういう意味でなくても社会の癌
    54. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 20:11  ID:h36NdHwo0 このコメントへ返信
    ※16
    あのイタリアですら日本より働いているわけだが
    55. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 20:17  ID:h36NdHwo0 このコメントへ返信
    就職氷河期世代がこれからどうなるか
    ちゃんと日本語が話せて勤労意欲もある世代を放置してまで労働者を入れるのか?
    56. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 20:43  ID:0ZKr.hdV0 このコメントへ返信
    だいたいリクルートと経団連が悪いと思います(思います)
    57. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 21:20  ID:Fi2SW8Ea0 このコメントへ返信
    ※9
    管理職以上は日本以上に激務やで
    管理職以外は給料安いけど定時帰宅当たり前だったりするけど
    激務だけど有給休暇がまとめて取れるから問題にならないだけやな

    58. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 21:50  ID:1MLAhVgP0 このコメントへ返信
    この前、映画「野麦峠 」を観てて思ったんだ。
    この時代より医療がマシになっただけで、
    俺、女工らと労働時間さほど変わらなくね?って....
    59. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 21:58  ID:Sv4NkiJQ0 このコメントへ返信
    昔の日本経済は、馬車馬のように働いて世界と戦ってたのにね。労働時間や環境をヨーロッパみたいにしようとして全てが下降線。働くことより休みを増やすことばかり考えるようになってしまった…。
    60.    2019年05月21日 22:26  ID:q27egFja0 このコメントへ返信
    田畑を休ませてる間ただ遊び呆けてる訳じゃないぞ
    傭兵として戦に参加したり人足やったり
    出稼ぎしなきゃとても食っていけないんだから
    61. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 22:38  ID:VikOpGq10 このコメントへ返信
    現代人は基本的人権の尊重だのと言って奴隷制度を軽蔑したりしてるが
    「奴隷」とかいう露骨な言葉を使わないだけで、実質的にやってる事は
    奴隷制度が当たり前だった頃と大して変わらんよねって思う。

    それをどうこう言う気も、別にないけどさ。
    人間のやる事だもんな、そりゃあそうなるだろ。
    おっぱいは小さいのが好きです。
    62. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月21日 22:44  ID:.XdU10.h0 このコメントへ返信
    でも、農民は日が昇ってるから暮れるまで働くから一日の労働時間は結構いってるはず
    63. 参謀猫   2019年05月21日 22:53  ID:R.4wsuD40 このコメントへ返信
    能力のある人程仕事が次々入るからお金を稼いでも使う時間がない。
    だから貯金だけなんだか知らないうちに増えていくことになる。

    時間と健康とお金が揃ってあるなんて人生の中で限られた期間しか
    ないから、その一番良い時を楽しめるようにしたは神の一手だと思う。

    休日を与えることで、経済効果が上がるのは、普段時間がなくてお金を
    使う暇がないこういう人達がお金を使うから。
    正直、来年もまたやってほしいという話はでもおかしくないよ。

    反面、お金がない職域階層の人達には休日が長くなっても、いつもと変わらない。
    テレビで「休日が長すぎる」とかやっていたのは、この階層の人達向けの
    ガス抜きだと思う。

    今回休めなかった人達が休めるようにするために業務改善のコンサルを入れて、
    その経営指南に基づいて設備投資をする必要があると経営している人が意識して
    くれれば、幅広い人達が次は休めるようになるんじゃないかな。

    Suit Trainさんのオリエント急行の旅 フランス~イタリア23時間
    ttps://youtu.be/7jlZrSmwp54
    64. 名無しのミリヲタ(ズブロッカ美味しいワニ)   2019年05月21日 23:18  ID:Xh0N9QmQ0 このコメントへ返信
    そういえば、3年以上有休を使っていないワニ。
    65. 名無しのミリヲタ(連投ゴメンなさいワニ)   2019年05月22日 00:08  ID:G2WbRPIT0 このコメントへ返信
    ※22 ※45
    『月曜日』の画像を探してきたワニ。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16490.jpg
    (薄い本は集めてないけど、円盤は持ってるワニ)
    66. 名無し   2019年05月22日 00:14  ID:5Sb9m3TX0 このコメントへ返信
    日本ばっか過労過労言われてるけどやっぱ海外も働かされてるよな
    本当に労働短いのなんて一部の職業だけ
    金融なんてむしろ外資の方がキツイ
    67. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 00:14  ID:gXV5Qh970 このコメントへ返信
    アメリカの農業は低賃金でも働く中南米からの移民(不法も)が多いでしょ
    68. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 02:10  ID:uE12IkvR0 このコメントへ返信
    機械が労働を奪う、AIが仕事を奪うと言われ続けてたのに何故年々仕事は増えていくのか
    69. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 03:26  ID:VNloUJBV0 このコメントへ返信
    日本は過労死
    中国は996(9~21時労働を週6日以上の略)
    欧米はワーカーホリックで家庭崩壊
    労働は楽しい(洗脳)
    70. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 06:50  ID:vsgrIfjq0 このコメントへ返信
    出稼ぎなんて中世の欧州でメジャーなわけないだろw
    あれこそ産業革命交通革命以降のお話やぞ
    71. 名無し   2019年05月22日 07:36  ID:4EQJYx6b0 このコメントへ返信
    >>68

    ジャーナリストとかはそう言うけど
    現場知ってると、最も機械化に向いてそうな倉庫の管理ですら人手必要
    機械に丸投げなんて無理無理
    って倉庫会社の人が言ってた
    72. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 07:39  ID:8OyUYnYT0 このコメントへ返信
    確かに「労働」という範囲ではそうだったかもしれんけど
    当時は何をやるにも人力で便利な家電製品はおろか水道だって無かった
    生活するだけでもすごい労力が必要だったということを忘れてはいけない
    73. 鳥さん   2019年05月22日 08:30  ID:cxXuOrag0 このコメントへ返信
    仏教では、何もしないという概念がある。出家(家族、富.地位、職業を捨てる)し、座禅しこの時間は当然何もしない。
    釈迦は85まで生き、その父は色々説があるみたいだが120、弟子は100超えて出家。欲を持つから臆病になり、医療や富に頼る。
    74. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 09:13  ID:1qOy5plP0 このコメントへ返信
    ※72
    おう、高度成長期と比べても、今のほうが労働時間伸びているけどな!
    75. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 10:23  ID:YdXctsfs0 このコメントへ返信
    更に歴史を遡って、人類が狩猟採集で暮らしてた頃は農耕暮らしよりもずっと休めていたと聞いた頃があるな
    人類は忙しくなる一方か
    猿に帰ろう
    76.    2019年05月22日 11:10  ID:Pw9hNoYp0 このコメントへ返信
    >>15
    江戸時代でも今のリーマンに当たる丁稚や手代は今のブラック以上に過酷だぞ
    77. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 11:51  ID:59VCEd2t0 このコメントへ返信
    米55
    10年位前の中日新聞のコラムで日清食品の社長が
    「日本の若者に元気がない、、」
        ↓
    「そうだ!外国人移民を受け入れよう!」
    って書いてた、、あまりに意味不明なので日清に電話して
    本当にこんな発言したのか聞いたら確かに言ったとの事、、
    78. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 15:32  ID:MLJCMTNX0 このコメントへ返信
    ※20
    一概に効率化っていうけど、
    それを実現させるために機械なり電力なり道路なり自動車なり鉱物資源の採掘なり、
    あるいはそれらに関する法整備なり国家資格なり研修なり、
    効率化の前提として必要なものが増えただけだからね。

    中世を基準にするなら、
    てこの作用(物理法則)を使うとか糠床の作り方(化学法則)とか、
    個人レベルの知識と手間で実現できるものでもない限り、
    他人や農耕土木用牛馬などの苦労を前提としてしまうわけだし。
    技術的な「ミッシングリンク」を自力で辿れる人が何人いるのやら。
    79. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 17:00  ID:dx48NK0f0 このコメントへ返信
    ※74
    そんなデータがどこにある。
    ほんの一部でしかないブラック企業の例だしても意味ないで。
    高度成長期は週休二日制はないし週48時間労働が普通よ。
    70年と今じゃ500時間以上年間労働時間減ってるわ。
    80. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 17:39  ID:ZHI9Ys0b0 このコメントへ返信
    アメリカの場合は大学進学で借金を背負ってスタートという人が
    多いからなぁ…。
    それによって高学歴ほど失職できない立場になり、雇用する側が
    より有利になっているというのが大きいと思うわ。
    81. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 18:17  ID:d0.jyiOs0 このコメントへ返信
    ※5
    昔ってのをいつの時代を想定してるのか知らんが江戸時代とかなら普通に家賃はあるぞ
    税金はそりゃ今の方が高いよ
    そもそも経済規模が100年前と比べても数百倍~数千倍になってるからそれに合わせて納税額も上がるのは当然
    暮らしの話をするなら税金の額面じゃなくて税率で話をすべきでしょ…(呆れ)
    どこの国でも基本的に昔の方が税率高い(農民なんか収入のほぼ半分持ってかれるのも珍しくない)んだが
    今の時代給料の半分も(所得)税で持ってかれる国なんてほとんどない
    今と昔どっちが生活苦しいかなんて比較するまでもない
    82. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 18:33  ID:AF0yDGbK0 このコメントへ返信
    昔と比べて豊かになったんだから労働時間増えててもしょうがないというのはおかしい
    昔と比べて技術も発達し作業は効率化され、物流も、物自体も豊かになってるのに労働時間が増えるのはおかしいって話だ
    83. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 18:58  ID:EPC.sHNN0 このコメントへ返信
    最近日本の労働環境意識高まってるけど、いま世界を席巻してる巨大企業は
    大体イケイケだった頃の日本企業と同じような働き方してたりする
    ぶっちゃけ、ああいう一流どころから見れば、
    今の日本人は「勤勉」と言えるほどには働いてない
    84. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 19:40  ID:T2Y5YTHV0 このコメントへ返信
    ※81
    でも、江戸時代の家賃って、ウ ン チ(店子の出したものを肥料用に売る収入の方が家賃収入より高かったので滞納がかなりおおめに見られた)で払えるじゃないですか。
    85. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月22日 21:11  ID:kNN0K4660 このコメントへ返信
    ttp://drazuli.com/upimg/file16491.jpg

    このテーマすら漫画にしてるF先生の守備範囲の広さ。
    (ドラえもん30巻)
    ドラえもんってチート技術で無双する
    異世界なろうの先駆けなんだよなあ。
    86.    2019年05月22日 23:08  ID:ko2W.kV40 このコメントへ返信
    >>70
    何言ってんの?
    百年戦争で農民の傭兵が活躍してたの知らない?
    87. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 00:16  ID:LO7fgqQ80 このコメントへ返信
    日本の各地に「お祭り」の文化が広くあるのは、昔は休日といった概念が無く「お祭りの日は朝から酒を飲んでも文句を言われない」って考えだった
    88. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 00:47  ID:3VyW8juB0 このコメントへ返信
    ※77
    中日新聞とは官房長官に噛みつくことで有名なスベタの東京新聞の本体だから
    89. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 07:08  ID:rjaaMojA0 このコメントへ返信
    アメリカのホワイトカラー、特に金融関係は金はいいけど普通じゃ無理なぐらい激務らしいね
    だからみんなアンフェタミンやコカインみたいなアッパー系ドラッグ決めながら働く
    90. 無味無臭なきんのたまおじさん   2019年05月23日 08:04  ID:2nlqf.fp0 このコメントへ返信
    ※58
    「ああ野麦峠」原作者の山本茂実が、実際に当時働いていた女工たちに聞き取り調査をしたところ、ほとんど全員が「それでも故郷で農業やるよりは遥かにマシ」だったそうな
    「農作業のほうが重労働」「女に衣食住が保障されているというだけで贅沢」「病気になったら薬がもらえる」などなど
    やっぱり昔の百姓の生活は厳しかったんだな・・・
    長時間労働だったことよりも、糸の品質チェックに厳しかったことのほうがキツくてみんな泣いたとのこと
    91. 無味無臭なkinnnotamaojiさん   2019年05月23日 08:07  ID:2nlqf.fp0 このコメントへ返信
    ※75
    92. 無味無臭なきんのたまおじさん   2019年05月23日 08:28  ID:2nlqf.fp0 このコメントへ返信
    ※91
    すみません、また誤爆してしまいました・・・

    ※75
    実際に昔のインディアンやアボリジニなどの狩猟民族の労働時間は1日2時間から4時間ぐらいで、それでも問題なく暮らしていけたらしいね

    余談ですが、SF作家ロバート・J・ソウヤーの作品に「ホミニッド-原人」(2002年・ハヤカワSF文庫)という三部作シリーズがありまして、パラレルワールドではネアンデルタール人が滅びず狩猟文化で発展した社会というのが出てきます
    上記の通り彼らの労働時間は短く、余った時間でいろいろ研究したりして発展しました
    我々の世界と比べると、乗り物や工業などは全くといっていいほど発展しなかった代わりに、狩りをサポートする目的で人工知能などのコンピュータがめちゃくちゃ発展しているというのがおもしろい
    なんと、自分の見ているものを配信している人たちがいて、それをテレビで視聴するという娯楽がある世界で、今のユーチューバーを予言していたw
    93. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 08:44  ID:xPOu.sml0 このコメントへ返信
    ※82
    効率化したらすぐに終わるので労働者の時間は浮く
    資本家は浮いた時間を余暇として扱わずもっと儲けられると考える
    業務はどんどん増えていく、より忙しくなる
    個人的には最大の問題は払うべき対価をコストと呼んで縮小したことにあると思う
    24時間戦えますか?のモーレツ企業戦士たちは貰うもん貰ってたからストレスはそこまででもなかった
    薄給、激務、どっちかだけなら人はわりと耐えられるけど、両方重なると簡単に死ぬ
    今の時代は大手ホワイト以外は独立してフリーでやらなければその調整なんて絶対に無理
    94. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 11:47  ID:VsmngIeT0 このコメントへ返信
    ※65
    週のはじめから成人男子を生殺しにするアニメで間違いないかね?
    95. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 13:04  ID:ruH7QkI30 このコメントへ返信
    ※3
    ブラック企業やら社畜が成立するのは医療技術や保障の充実も皮肉なことにその片棒担いでるんやで。
    若い頃、過労で入院したことが3度ある。そして最後の入院中にしみじみ思ったのが江戸時代ならもう3度はしんでるな~~。だった。

    自分は3度目以来出来ないものはできないで、怒られようが馬鹿にされようが出世が遅れようが開き直るようになったな。能力オーバーです、ってな。そして出来るヤツへの嫉妬もなくなった。俺にはむり、ってな。

    で、その時以降は風邪ひいても寝込むほど悪くならないしインフルエンザに至ってはかかったこともないわ(マジで)。正確には嫁の出産と親父の死が重なったときには終わって数日後に風邪で数日寝込んだたけど、それだけだな。その時にああ、やっぱ無理と病気ってすごく密接に関係してるんだ、と思ったね。

    怠惰も美徳だよ。医療技術や保障なんて皆無の昔や地域なら特に。
    96. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 14:39  ID:s.LugldU0 このコメントへ返信
    ※7
    アメリカに住んでるけど、そこそこの規模の企業ならもっと多いと思う。
    勤務年数と共に有給が増えるとこも多いけど、アメリカ人は短期間で転職する人が多いから最大日数もらえてない人は多いかも。
    ただ日本より祝日は少ない。でも理由があって早退や遅刻するのはけっこう寛大。子供の学校の行事とかで早退しても日本ほど白い目で見られない。
    97. 社畜さん   2019年05月23日 15:39  ID:xUfWAedz0 このコメントへ返信
    月月火水木金金
    98. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 18:28  ID:J0AxenR60 このコメントへ返信
    ※85
    イザナギとかスサノオとか・・・
    99. 名無しのミリヲタ(ワニ)   2019年05月23日 22:31  ID:XPsoVm3h0 このコメントへ返信
    もう一つ『月曜日』の画像を見つけたワニ。
    ttp://drazuli.com/upimg/file16492.jpg
    100. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月23日 23:19  ID:HDxowY4x0 このコメントへ返信
    ※99
    ttp://drazuli.com/upimg/file16493.png

    手品先輩の「月曜日が来たぞー」すき。
    101. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月24日 02:49  ID:MvymUwas0 このコメントへ返信
    農閑期には徴兵されたりしない?
    102. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月24日 06:35  ID:VFoYrmPS0 このコメントへ返信
    ※85
    のび太が戦中戦後の子供っぽい姿なのは、作者の世代的なものを反映してるせいか?
    >ドラえもんってチート技術で無双する
    >異世界なろうの先駆け

    また違うよ
    たいていはオチでしっぺ返し食らうもの
    異世界なろうが色々言われるのは、無双だハーレムだと浮かれたまま帰ってこないからじゃね
    そういえば、のび太が異世界チート的なことを原始人相手にやろうとして大失敗してた話があったな
    103. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月24日 07:04  ID:RPAbSeo.0 このコメントへ返信
    ※102
    今思えば、大長編「のび太の日本誕生」はよくできた話だったよな
    ドラえもんさえいれば、クラヤミ族とギガゾンビとやらに簡単に勝てるかと思いきや・・・
    異世界とかではなく古代が舞台だったけど、文明レベルの低い世界で現代人がチート無双しちゃう作品に対する、藤子F不二雄なりの秀逸な回答だったよねw
    104. アボガド   2019年05月24日 09:07  ID:gmjIUn910 このコメントへ返信
    中世ヨーロッパは暗黒時代だーって言われがちだけど、範囲が結構広いんでそんな一言じゃまとめられんのだよね。
    昨日まで暗黒時代だったのが急にルネッサンスになるわけでもないし。
    105. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月24日 10:23  ID:hpPs.LJV0 このコメントへ返信
    ※104
    なお「中世暗黒時代」を日本のネット用語で簡単に言ってしまうと「老害シね」ですね
    "ルネサンス"期を起点にキリスト教会の支配を脱し、隆盛する新しい波のなかで新世代が台頭するときに
    新世代の人々がプロパガンダとして使ったわけです

    日本の「老害シね」と何が違うかって言うと、欧州ではちゃんと新世代が新しい潮流を創り出しましたが
    現代日本のそれはその老害に敗北し、新世代を築けない若者の単語として使われる所かな…
    106. アボガド   2019年05月24日 11:48  ID:gmjIUn910 このコメントへ返信
    別にキリスト教が悪玉とも思わんがね。
    修道院は中世の自然科学研究所という側面もあったし。
    国を問わない宗教ネットワークが今でいうオープンソースみたいな役割を果たしてた。
    有名な地動説天動説だって、地動説を証明するに足る観測データをガリレオ側が示せなかっただけだしな。
    天動説だって、観測データに基づいて書かれたアルマゲストという学術書由来の説得力のあるもんだったしな。
    107. 休日   2019年05月25日 18:48  ID:YVfEypm50 このコメントへ返信
    ボク「平均的アメリカ人より大きいぞ。」ボロン

    女A「キャー、イケメンだし大きいなんて神を具現化したみたいだわ!!」

    女B「今日も寝かせないわよ。」

    ボク「ヤレヤレ、休日が欲しいぜ。」
    108. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月25日 19:56  ID:r57Uez.S0 このコメントへ返信
    ※30
    人生50年の時代だぞ。個人によるかもだが40なんてもう晩年じゃない?
    109.    2019年05月25日 23:11  ID:Y1SdIl1P0 このコメントへ返信
    >>9
    労働時間や休暇に関しては欧と米で大きく違う。アメリカ人は日本人より働いてるよ。
    110. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月27日 20:30  ID:S5UprwK90 このコメントへ返信
    ※108
    いわゆる労働だけじゃなく、水くみ作業とか日常生活の何もかも肉体を酷使してたはずだしね
    統計的な寿命はともかくとしても、40代になるころには腰とかガタガタの人が多かったんじゃないかなと妄想
    111. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月28日 17:17  ID:W4lUNDLq0 このコメントへ返信
    ※76
    そりゃなんにだって例外はあるよ。
    だから、手代から番頭に登りつけるような人は限られていた。
    丁稚なんてほとんどの人が脱落した。
    江戸にはその日暮らしの仕事がいくらでもあり、生活するだけなら、それでなんとかなっちゃうんだから、ブラックなところになんかいつかない。
    他方、働きづめが普通という現代の悲しさよ。
    112.    2019年05月29日 22:44  ID:lN7JdUss0 このコメントへ返信
    40時間程度でガタガタ抜かすな。ブラック社会の日本人は週100時間働いてるぞ
    113. 無味無臭なアノニマスさん   2019年05月30日 12:36  ID:vGYMXRUn0 このコメントへ返信
    ※112
    そういうの、ほんとは自慢にならねーんだけどなぁ
    そんなところにしがみついてないと生活できません
    そんなシステムでないと世の中を回せません
    ぼくらはそんな無能ですって宣言してんだから
    114. 無味無臭なアノニマスさん   2019年06月01日 07:23  ID:iLs9FTZt0 このコメントへ返信
    無能ほど時間を気にするww
    僕はバカですと自称するようなもの。
    115.    2019年06月01日 12:44  ID:u2txvp8o0 このコメントへ返信
    >>109
    なんとなくそんな印象はあったけど、
    このスレ読むと思ってたより酷いなアメリカ
    116.    2019年06月01日 12:53  ID:u2txvp8o0 このコメントへ返信
    >>61
    日本人あいてですらそうだし、これが海外研修生やらの名目で奴隷扱いすること事実としてあるもんなぼくは大っきいのが好きです
    117. 無味無臭なアノニマスさん   2019年06月05日 17:38  ID:.zs0dMrB0 このコメントへ返信
    日本の経済界指導層は良く判ってるんだよ。
    現在、纏まった休暇の前後は、ビジネスにしろプライベートにしろ、、ひっじょう~に多忙になるように出来ている。
    彼らが使って欲しい物事、にしか金を使えない。
    多くの国民に、本当の意味で自由に現金を使われないように、社会を仕組んでいる。
    だから、趣味に大金を投じるオタク層や、趣味関連の業界人には、扱いが手厳しく、日本の経済界で主流にならないように扱われている。
    118. 無味無臭なアノニマスさん   2019年06月12日 19:48  ID:zqXRtgdB0 このコメントへ返信
    この事を広く世の中の人の知識となれば変わるかね。
    アーリア人は奴隷に仕事をさせて自分自身は思索や瞑想に励んで
    ヒンドゥー教が生まれたと聞く。
    119. 無味無臭なアノニマスさん   2019年06月14日 17:33  ID:f5G2mPb10 このコメントへ返信
    ※54
    カラ残業入れれば日本の圧勝でしょ?
    120. 無味無臭なアノニマスさん   2019年06月14日 17:36  ID:f5G2mPb10 このコメントへ返信
    >↑それでも記事に書かれている通り料理して食べて、昼寝するだけの時間はあった。

    >  俺の場合は出来たとしても精々サンドイッチを口に放り込んで車の中で五分くらい寝る程度。

    車なしで移動したり、「サンドイッチ」を作るためには中世ではどれくらい手間だったのかを知らないんだろうな

    労働時間そのものは中世は短かったかもしれないけど、バケーションどころか、家事や家畜の世話、家の修理などに追われる毎日だったと思うよ

    夜は長かったろうから睡眠時間は取れてただろうけど


    画像投稿(アップローダーを開きます)