働くみんなが誇れる会社づくり

 ●お互い聴き合い、本音で話し合える関係を作り、
 ●人と人のつながり方を変えていき、
 ●主体性の原則に則って、働きがいの向上貢献します。
 ●そして、結果として、業績の向上に貢献します。
そして、世の中に、ビジネス(事業、仕事)を通して生まれる笑顔の数を増やし、働くみんなが誇れる会社を増やすことが、僕の使命です。

新規事業(ERP)

ブログマーケティング

ブログを使ったマーケティング施策を行うことを決めました。

新規事業のマーケティング施策のひとつとして、先週末から開始しました。

"ERP"といったB2B高額製品の販売・導入といった、敷居の高い事業ですが、
ここから何か生まれるんじゃないかと思って、とりあえずはじめてみました。

そういえば、先々週に『IT化座談会』なるものに参加しました。
経営者や経営陣の方々が、自社のシステムについての問題などを話し合う場だった
のですが、結構意外に思ったのは、中堅中小企業の多くでは、まだ"オフコン"を
使用しており、それが成長・拡大するビジネスと整合性を取れなくなってきている
といった課題をお持ちになられている方が、多いってことでした。

この場で営業営業した話はできなかったけど、こういった悩みを持っている
経営者様は沢山いるのだろうなと思った。

どうやってこういった層にリーチしていくか、これが課題。

今月後半、第一弾としてFAX−DMを行う。

以前行ったこともあり、大きなリターンは見込めないだろうが、
数件のお客様とコンタクトできれば成功と思っている。

結果と反省は、またここに書きます!

(FAX−DMのコンテンツ作成における方針は、
 「製品を前面に出さない。共感を得、思わず返信してしまった。」
 といったリアクションを導きたいと考えてます。)

PS
そういえば、もうひとつブログを作ってます。
そのブログが、ライブドア主催のグランプリ投票にノミネートされてしまいました。
(最近更新怠っていたのですが・・・)
そちらも適度に更新しつづけよっ。

受注

今日、小さい案件だけど新規顧客で受注できた。正直いうと赤字案件。
でも、強引に獲りにいった。理由は下記のとおり。

・営業フェーズを、これまで技術者だったメンバーに全て任せた。
 交渉、見積り、要員手配。
 「たぶん大変だろうな」と口では言っているが、なんとか成功させたいと
 言ってもくれている。このマインドを持つことが大事だと思う。

・技術的にとても意義のあるもの。
 先進技術であり、終えれば多くのメンバーが先進技術をマスターしてるはず。
 それに、新人の育成機会としてはもってこい。

・空いているよりはマシ。
 システム開発事業の在庫は人。
 案件なければ人件費がかかるだけ。 
 であれば、キャッシュインがあった方が良い。

これまで、利益重視でこういう獲り方はあまりなかった。
こういったのばかりでも問題だが、こういう案件もあってもいいと思う。
絶対、次に繋がるはずだ!
技術力が高まり、営業経験も蓄積していく。
そうすれば、利益率の高い仕事が行える。

こういった真の意味をきちんと伝えていくことが、僕の仕事。

PS
最近、うちの会社の一部ではじめたことがある。
それは、営業フェーズに極力若手を同行させること。
仕事を獲る難しさ、お客さんのわがままの発生現場、それに対する上司の対応、
など、リアルに現場を体感してもらいたい、それが目的。
で、結構、効果てき面。
「あの案件、どうなりましたか?」
「受注したいですね!」
とか、若手から出てくるようになってきました。

マーケティング

新規事業の新規顧客ファーストコンタクトのための施策を考えた。
実際、他社との協業で、実践まで辿り着いたのもある(トライアル)。

 FAX-DM:費用対効果の高そうな業者と契約できた

◆〆唾眠顱Д札潺福爾茲衫匹気修Α別ノ呂鮃發瓩襪燭瓩帽岷乕佞にはするが)。
      リストはパートナーに準備してもらえそう。FAX-DMでも集うが。

 ITコーディネーター参画モデル
     :とても良い方とめぐり合えた。ただ、その方のやり方が、
      うちの新規事業とずれるところもある。擦り合せが必要。

↓は、昨日トライアルしてみた。中々の感触。
これらを自力でできるくらいにならなきゃね。

がんばろっ。

PS
FAX-DM原稿をUPして、コメントいただければと思いましたが、
恥ずかしいからやめておこっ。・・・絵心、ないんす・・・。

仕事を獲るって、ほんとむずかしい

良い話は頻繁にくるが、最後までいくのって、ホント難しい。
どうすればいいか、、、。
いま、僕に何ができるか、、、。
なかかか、思うように受注が出来ない。
もちろん、外部要因もあるが、それだけじゃない。

どうすれば、顧客と直接のファーストコンタクトが取れるか。
どうすれば、クロージングまで短く持っていけるか。
どうすれば、複数企業のチーム営業の中でイニシアティブを握れるか。

やっぱり、自社オリジナルの強みが必要だ。

新規商材を考えよう。

「何気にあると便利」

こんなもの、ないかなぁ?

メール

実は昨夜、こんなメールを、提案活動に関わってくれた人、同じグループの人たちに送った。

-------------------------------------------------------------------

××株式会社提案に関わってくれた皆へ

お疲れ様です。○○(僕)です。
早速、××から提案結果がきました。
残念ながら受注に至りませんでした。
我々が、添付のA社かB社かはわかりませんが、C社に大きく水を開けられる結果
となってしまいました。

提案作業を手伝ってくれた方々、どうも有り難うございました。
その努力に答えることが出来ず、申し訳ない。
今回は心底受注したかった案件で、勉強込みだが約2−3週間掛けて準備してきましたが、
結果として受注に至らず、自分の力不足を改めて感じてます。

今回のことから、反省すべきことと皆さんにお願いしたいこと、
この数十分の間に色々考えてました。

主な反省点
・ 周到な準備はもっとできたはず。
  このような情報がそれなりに出されたケースにおいては、自社工数を掛けられる
  状態であれば、それなりにFIT&GAPをしておくべきと考えた方が良い。
・ 少し慢心があった。何とかなると思ってしまっていた。(なめていた) 
・ もっと周りを巻き込むことが必要だった。自分ひとりの発想には限界があった。
・ △△をもっともっと知っておくべきだった。
※ 他に私についての問題や気をつけたほうが良い点を感じた人がいれば、遠慮なく  教えてください。
  真摯に受け止め、改善していきたいと思います。

お願いしたいこと
・ 私はまだまだ微力なので、みんなの力をもっともっと貸して欲しい。
  今以上に積極的に提案して欲しい、自ら関わってきて欲しい。
  そして、みんなの力で提案フェーズからでも良いものを生み出していきたい。
・ △△に限らず、新しいビジネスの可能性なんかについても、どんどん
  アイデアベースでいいので、ぶつけて欲しい。
  そしてみんなで話し合って、良いものを創造していきたい。
・ そしてみんなで"成長"していきたい。高めあっていきたい。

とはいえ、もう終わってしまったことです。いつまでも落ち込むわけにもいかない。
我々にはまだまだ成長の余地がある、とプラスに考え、
みんなで一緒に、強い集団創りを目指して頑張っていきたいと思ってます。

みんなの力を貸してください。
そして、みんなの力を合わせて、強い組織を目指していきましょう。
私も今まで以上に頑張ります。
宜しくお願い致します。

-------------------------------------------------------------------

そして今朝、数人からメールを貰った。
励ましの声をもらった。
一緒に頑張りましょうという声をもらった。

嬉しかった。

少しずつ、コツコツと、一丸を目指して頑張るのみ。

PS
今朝、モチベーションアンケート結果の報告会を行った。
伝わったかどうか分からないが、皆真剣に耳を傾けてくれた。
変えていこう。みんなで変えていこう。
それが僕ができること。それが僕のやり方。
コメント
昔書いたプロフィール
大学卒業後、2社で7年間働き、システム受託開発を主事業とする中小企業に現在勤務。

なぜ今の会社にいるのかって?

それは、父親が経営する会社だから。

って理由で数年前に入社したけど、本当にそれで良かった?僕に何ができんの?と日々悩み悪戦苦闘しながら、自分が会社に入った真の意味・意義、自分の会社での存在価値(自分にしかできないことは何か!!!)を探し、ちょっとでもそれっぽいものを見つけたら実践している毎日です!

ちなみに30代前半。男。
今のプロフィール

dream_challenge

オススメ本1
オススメ本2
オススメ本3
オススメ本4
オススメ本5
オススメ本6
オススメ本7
オススメ本8
オススメ本9
オススメ本10
オススメ本11
オススメ本12
オススメ本13
  • ライブドアブログ