運命のサロン

2008年02月02日

アロマとの出会い・サードコンタクト

このブログは、2007/05/04(金)のものを再収録したものです。
-----
その便りが来たのは去年の10月ごろ

さすがに1日12時間程度まで労働時間は減っていましたが、
産休明けから働きづめで激務は相変わらず。
更に育児に家事もしなければいけません。
一人暮らしなら、見なかったことに出来る事も、
家族が居ればそうも行かないのが辛いところです。
もちろん初めての子供ですから分からない事だらけ。
更にこの頃今まで唯一まともだった
背中から腰にかけての痛みにも悩まされました。
昼は仕事、夜は夜泣きで寝る時間もなく、
まさに心身ともに疲れ果て、壊れていました

そんな時、私の唯一の支えだった「サナーレ」から、
2005年末でサロン閉鎖のお知らせが来たのです。
足元が崩れる感じでした。
何とか閉鎖前に行きたいと思いながら、
結局時間がとれず、年を越してしまいました。

幸い、お気に入りだったセラピストさんは、
他のお店に移られたということで、
年明けにたずねてみました。
その方の笑顔や雰囲気は以前のままで、
たっぷりトリートメントしてもらい、
身体はとても楽になりました。

でも、やっぱり何かが違うのです。
「サナーレ」で得られた至福の時ではないのです。
その時初めて、アロマテラピーのトリートメントは
施行する人だけでなく、
そこにある全てが影響するのだと感じました。
もちろん、新しいサロンには今でもたまに行きますし、
その場所なりの良さも感じています。
ただ、その時の、壊れていた私には、何かが足りなかったのです。

そんなある日、その頃良くあった背中の激痛に耐えられなくなりました。
とても、遠いサロンまで行く気にはなれず、
近くに良いところがないか、ネットで一生懸命探しました。

そして、たまたま「cocoroherb」のサイトを見つけます。
サイトの感じが気に入ったので、電話して予約を取ろうとしました。
でも、一人のセラピストさんが対応している自宅サロンですので、
その時はたまたま運悪く留守電だったのです。

ちなみに、私は普段忙しいことを理由に、当日予約しかしたことがありません。
(先の予約をしてもいけなくなることが当たり前の状態だったからです)
しかも、電話がにがてで、特に留守電が苦手なので、伝言を残した事がありません。
更に、かかってきた電話には旦那の場合以外出ません。
自分は留守電に伝言を残さないくせに、人からの電話は留守電を聞きながら、
必要だと感じたときだけ出るのです。
(なんてやな人でしょう・・・でも、「自分も!」って人いませんか?

(中には電話しようか迷っているうちに1日が終わる事も)

ね?普通だったらここで電話を切ってそのサロンの事は忘れてしまうはずでしょう?
ところが、ここから、自分でも信じられない事が始まります。
なんと、留守電に予約したい旨、伝言を残したのです。
しかも、折り返しかかってきた電話に「cocoroherb」の番号か確認もせず、出たのです。
そして、当日は予約が埋まっていると聞き、いったんは電話を切ったものの、
その日のうちにメールで別の日の予約をしたのです!!
今までの私では信じられない行動でした。

だから私は絶対これは運命だったんだと思ってます。
そして、初めてのセラピストさんとは緊張してうまく話せないのに、
なぜかいろいろなお話をしてしまったことも、
施行後、心も身体も救われ洗われたように感じたことも、
「cocoroharb」のセラピストさんがとってもやわらかい素敵な人だったことも、
「cocoroharb」に素敵な2匹の癒しねこがいて、雰囲気も気に入った事も、
「cocoroharb」にセラピストになるためのレッスンがあったことも、
全部たまたまかもしれないけど、私はそうなるように決まっていたんだと思っています。

はい、この何度も何度も繰り返し出てきている

「cocoroherb」が私にサロン開業を決意させた

3つ目の運命のサロンです。

最後に、この3日で運命、運命言ってますが、
元々は運命とか宿命とかを信じないタイプの人間です。
(これまでがこれまでだけに説得力にかけるな・・・)


先着10名様にプレゼント・お家でも“ぽっかぽか”キャンペーン中
アロマテラピーサロン Dream Time

ランキング←人気ブログランキングに参加しています。
お気に召しましたら今日もクリックをお願いいたします。


dream_time_angel at 19:31??Permalink??clip!

アロマとの出会い・セカンドコンタクト

このブログは2007/05/03(木)のものを再収録したものです。
-----
手軽なアロマグッズで楽しむ程度だった私が、
アロマテラピーサロンに頻繁に足を運び始めたのは、
仕事の主体がIT関連になった頃からでした。

常に1日約20時間、月28日労働が当たり前の生活。
食事も仕事をしながら、
家はシャワーを浴び2〜3時間程度の睡眠をとるためだけにありました。
当初は数少ない休日はひたすら眠ってすごしいましたが、
当然それくらいで取れる疲れではありません。
徐々に私は心身ともに疲れ果てていきました

そこで思い出したのがアロマテラピーサロン。
あの空間と温かい手で癒されたら、少しは頑張れるかも。
そう思い、たまの休日にはアロマテラピーサロンを渡り歩くようになりました。
ちょうどインターネットの口コミも充実し始めた頃で、
当時住んでいた場所も都心だった事もあり、結構あちこちのサロンに行ってみました。
(ちなみに都心に住んでいたのは通勤の時間を極限まで抑えるためです)
そんな中、二つ目の運命のサロンに出会います。
場所は表参道の「サナーレ」
トリートメント技術はもちろん、サロンのインテリアを含めた雰囲気、
サロンを訪れてから帰るまでの流れや、サロンメニュー、出される飲み物やリネン類、
話し方や接し方などセラピストさんの作り出す空気のすべてが私にあっていたのです。
もちろんお気に入りのセラピストさんもでき、
ちょくちょく浮気をしながらも4〜5年お世話になりました。
まさに、私にとっての駆け込み寺。
心身ともに疲れ果ててから行くので、エッセンシャルオイルを選ぶ時、
うまく言葉が出ない事や、泣き出しそうになることもしばしばありました。
その時によってエッセンシャルオイルから受ける印象が違う事
(たとえば嫌いな香りがとてもよく感じたり)を知ったのもこのサロンです

そして・・・訪れるたびに言われる言葉は、
「お体がかわいそうですから、今度はここまでひどくなる前にいらしてくださいね。」
(でも、私の忙しさをよくご存知だったので、次回の予約を求める事はなさいませんでした。)

残念ながら、そのアドバイスに従い通いつめる前に、
2006年末で「サナーレ」は閉店してしまいました

実はこれが、サロン開業を目指す大きな引き金になっていたりします。

その話はまた明日。

 

先着10名様にプレゼント・お家でも“ぽっかぽか”キャンペーン中
アロマテラピーサロン Dream Time

ランキング←人気ブログランキングに参加しています。
お気に召しましたら今日もクリックをお願いいたします。


dream_time_angel at 19:26??Permalink??clip!
サロンのご案内
Dream Timeのサイトへ
天使のヒーリング*アロマセラピーサロン
Dream Time


横浜市青葉区、田園都市線の
藤が丘駅と青葉台駅の間、
看板猫がお迎えするホームサロンです。

時間をかけて選ぶ
エッセンシャルオイルの香りと、
手のぬくもりで身体と心、
魂を癒すお手伝いを。
Recent TrackBacks
Recent Comments
Profile

塚本 光恵

QRコード
QRコード
カウンター
livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました