AVの感想とかお風呂とか

見たAVの感想および自分の性癖の分析、お風呂について、日々思うことについて

移転しました

移転しました
http://kastamukeitai.blog15.fc2.com/

みつめてしごいて5

みつめてしごいて

日本橋道楽にて100円で購入。
抜けないけど面白い。
見所は松田龍平似のいじめられっこ気質の男優?の人が、罰ゲームってことで、自分で書いたへたくそな孫悟空の絵の刺青を腕に彫られるところ。
悲しくてひどいなぁと感じつつ笑えると思った。こういう感情はなかなか味わえないものだと思う。
それと一重瞼の女優に整形させて二重瞼にさせてみつめてしごかせるところ。
瞼の整形が終わってして療養している女優の自宅の映像がインサートされてんだけど、その女優の自宅の生活感のあふれっぷりがよかった。
悲しいというか見てはいけないものをみたというか道徳的にまずいんじゃないかというかなんというか一言で言い表せない気分になった。こういう一言で表せない気分を作り出すものを芸術と呼ぶのではないかと思う。
この作品を見るとインジャン古河監督は才能があるなぁと感じる。
でてくる女優のレベルは一様に低いけどやっていることが過激でポップで素敵だなぁとおもう。

100

みつしごジャケ

STREET ANGELS 225

STREET ANGELS 22

密室感を強く感じさせるハメどり、かつ、ハメ撮りしている監督兼男優がキモくない(あえいだりしない、腹が出てたりしない、女優を乱暴に扱わない)、かつ、ハメどられている女優が一定水準以上のルックス、かつ、ビデ倫じゃないって言う条件を満たしてて、女優の演技も全体的になかなかよくて、今の僕の見たいビデオの条件をパーフェクトに満たしていてこれだ!ってテレビの前でちっちゃなガッツポーズをおもわずとってしまった。超抜けるし。
かんぺき。最近ハメ撮りがすごく好き。リアルだから。ライトがしょぼい分女優のアラが丸見えになって生活と地続きのセックスって感じがしてすごくいい。
この監督の人はNO SEX NO LIFEでサンキュー高田とアテジス典香の出てくる作品とってた人かなーと思ったけど違うかも。しかしアテジス典香のプロフィールは悲しくて面白いなぁ。これとかこれとか。
つーか黒田さんと結婚してたんだなぁ。

100
street angels 22

マネージャーヤっちゃった。1

マネージャーヤっちゃった。グッチ小山

うーん、インジャン古河監督は一体どうしてしまったんだろうと思ってしまう。忠実堂とかV&R時代の作品はたとえやらせでもリアリティが感じられたんだけど、この作品に関してはというかCROSSの作品全般やらせ感、やっつけ仕事感が漂っていて悲しい。グッチ小山は忠実堂の調子に乗って企画単体女優の美人マネージャーさんもみんなでヤっちゃったビデオとかでは仕掛け人として出てたりしてかわいいなーと思っていてこの作品でカラミをやっているってのを知ってびっくりしつつ見たいなーと思った。
あとなんかweb上で見た記事でインジャン監督はこの作品はガチですみたいなことを言っていてさらに見たいなーと感じてみてみたわけだけど、多分ガチって言うのはマネージャーがからみをするっていうのがガチってことで、作品内のドキュメンタリー部分はガチではないというかドキュメンタリーではないというかフィクションだってことだろうなと感じた。どこでフィクションぽいなーと感じたかって言うとグッチ小山とインジャン監督が空港で挨拶を交わすシーンでなんかグッチ小山がかしこまっていて、演じてる感じだったとこ。そもそもグッチ小山とインジャン古河監督は顔見知りなわけだし、かしこまって挨拶する関係でもないはずなのになーと思った。
でもなんかそんなやらせだ!ありえない!っていうことは野暮なことだと思うし、抜けるか抜けないかってトコでAVは判断すべきなんだと思う。
で、まー抜けない。グッチ小山の体型はすきだしインジャン監督の羽目鳥も好きだけど、グッチ小山の乳首が変だったから抜けなかった、さいだいのがっかりした点はそこ、乳首。
でもグッチ小山がうつ病だって言うのはほんとっぽいなぁと感じた。

0

グッチ小山

WATER POLE 023

 ギャルでスレンダーな感じが好みだったので借りた一本だけど、そんなにぐっと来るわけでもなくそんなにがっかりするわけでもなくって感じで可もなく不可もなくな一本だった。がっかりポイントとしてはローション3pの場面でベッドのシーツが茶色く汚れていたこと、あれは何が原因なんだろうか、ファンデーション?生理の血?なんだかわかんないけど、汚いなーと思ってややなえた。
 密室感、密室感がほしいのかもと思う。以前大槻ケンヂが何かのインタビューで、僕はアメリカンな感じの陽気で明るいカラミは嫌いで、日本って感じの秘め事って感じのじっとりとしたカラミが好きだ、みたいな事を言っていたのを思い出す。そのきもちっが今ならわかるきがする。
 羽目鳥は昔女優の体が俯瞰できないって理由でだいっ嫌いだったけど今はとてもすき。

60

waterpole02

ギリギリモザイク あゆむがいっぱい癒してあげる5

 大きなつり目と華奢な体が好きな感じだったので借りた作品。
 映像ではジャケ写よりもアジア度が高くて、安っぽい感じの人だったけど、演技がうまくて、体も華奢で、良かった。
 全体的にオーソドックスなカラミがなんのひねりもなく続いていくだけだったけど、緩急のついたあえぎ声やしなやかな身のこなしは見ていてとても楽しくて、単調な構成が加瀬あゆむのポルノ女優としての素材のレベルの高さを引き出すのにむしろプラスに作用していた。名作。

100

加瀬あゆむ

MAN EATER 04 城崎めぐ1

MAN EATER 04 城崎めぐ

 とても奇妙な作品だった。パッケージの裏をみていて、すごい大きな口をあけてあえいでいるような写真がのっかてたので、すごくあえぐ人なのかなーと思って借りてみたんだけど、あんまりあえぐことはなくて何故かずっと笑ってた。城崎めぐなりに痴女を解釈した演技なのか薬で狂ってるのかよくわかんないけど、クンニされてるときもシックスナインのときもフェラんときも挿入後もずっとあははあははって笑ってた。意味わかんねー

0

MAN EATER 04 城崎めぐ

星野桃BEST5

星野桃BEST

 ギャルっぽい感じと華奢で小さな体がかわいいなと思って借りた一本。
 ムーディーズの人気シリーズ何作かのダイジェスト版、全体的にはげしめのカラミだったというか、全部生カンのように見えた。星野桃は演技がうまく、あえぎ声もちょうどいいトーンと強さで、体の動きもしなやかだった。顔は整形しているのかもしれないけど、バランスが取れていてかわいかった、一方、体は、骨格は華奢であるが、お腹はたるんでいて、肌もきめが少し粗くて浅黒かった。でも、その体のアラが人間らしさというかリアリティというか、そんな感じのものを僕に感じさせ、興奮するファクターのひとつとして重要なポジションを担っていた。作品としてはとても満足できたんだけど、僕は以前はAVを選ぶ際の絶対的な条件として女優が色白であることというのが自分の中にあったんだけど、最近は色白よりもヒサロで焼けている人や自黒の人を好むようになってきている。まー色白も依然としてすきなんだけど。これはこだわりが弱くなってる、好みが変化してるってことなのかなぁとも思う。
 好みの変化っていうのは日々起こっているなぁというのを最近すごく考えていて、たとえば、以前は音楽、映画、小説なんかが大好きで、熱心に聴いたり観たり読んだりしてたんだけど、最近はこの三つに全然興味がなくなってきた。また好きになる日が来るのかもしれないけど、そういうことに時間をかけて、自分なりに分類して、それぞれのカテゴリを深く掘っていくって作業に面白さをみだせなくなっている。
 おもしろいことってのはなんだろうかって考える。ちょっと前、1、2年前ならよりたくさんの女性とエロいことをして、よりたくさんの気の合う友達と遊ぶことが人生で最もおもしろいことだって即答できてたけど、最近はよくわからなくなってきた。
 おもしろいことはないわけではない、たとえば、友達と酒を飲んでしゃべったら気分は高揚するし、音楽はあんまり聴かなくなったけど、ポッドキャストなんかは楽しく聴く、露天風呂から風景を眺めたら気持ちいい、漫画は面白い、でもなんか予想ができちゃう。あのとき体験したあれに似てるとか、過去に似た経験をしていることが多くて。
 年をとるごとに将来が不安定な感じもなくなってくる。僕はいま20代半ばなわけだけど友達も僕も定職について、学生時代みたいに夢を語り合うこともなくなったりして、D[di:]さんの名作『キぐるみ』のなかの
 ”かなうかどうかわからないけど『夢』について語り合うのはあまりにも甘い蜜の味。若者に与えられた特権的ナチュラルドラッグ。”
って一節を思い出したりする。若者じゃなくなって、夢をかたるのがむなしいことになってしまったかなしさと恐怖を日々感じたりもして、こういう悲しさと恐怖を感じるってことは他人の目を気にしすぎているせいなのかも知れないとか考えたり、でも他人と他人の間でしか自分は生きれないんじゃないのかというのも考えたりしたり。
 夢と現実の二択なんてないようなきがして、どっちかっていうと、孤独にたえれるかどうかってことのような気がする。
 ポッドキャスト『ラジオ版学問のススメ』に脳の研究をしている人がゲストで出ていて、まず脳が勝手に行動を起こす、んで、その行動に後から心が意味をつけていく、みたいなことを言っていた。運命は存在するような気がする、でも環境を強引に変えたら運命も変わる気もする。

100
 

美しい痴女の接吻とセックス14 田中梨子3

美しい痴女の接吻とセックス14 田中梨子

パッケージを観てかわいいと思って借りてみた。映像でも可愛かったけど、あんまり演技が上手じゃなかったというか、そんなにあえがない人だったので、あまり興奮できなかった。パイパンなのも意味不明だった。
 でも作品の雛形はよくできていて、無駄なシーンはなくてストイックにセックスとかするだけってのは魅力的だし、素材によってはすごいエロさを生み出すことができるんだろうなあと感じた。
 しかし、AV選びに関してはすごく迷走している。びで倫以外かつパッケージ表の顔が好みであるっていう条件のみで5本くらい借りてみたけど、おおはずれもおおあたりもなく、いまいちだなーとしか思えない作品ばっかりで、何を借りればいいのかまったくわからない。そもそもあまりしこる気になれない。性欲の衰えなんだろうか…

50

美しい痴女の接吻とセックス 田中梨子

ONLY ONE 蛯原友美3

ONLY ONE 蛯原友美

 僕は釣り目が好きで、スレンダーな体系が好きなので借りてみた一本。
 パッケージではなななんきりこっぽい顔のひとだなーと思ったけど、映像で見た感じでは田島寧子となななんきりこをたして2でわって縦横比をバランスよく整えた感じの顔でした。少し頬骨の存在感が大きくてそのことが微妙な不細工感を視聴者に感じさせる結果につながっていると僕は考えました。体は微妙に骨太感が漂っていましたが、ていねいにケアしているようで、スレンダーであり綺麗でした。演技力は痴女なのか、M女なのか、もしくはS女なのかよくわからないふわふわした感じで、はげしくついて!とかせりふを言う場面があったんだけど、せりふをしゃべるタイミングが悪かったり、微妙な棒読み感がただよったり間抜けでしたが、全体的に性に対する貪欲な姿勢が伝わってきて好感が持てました。
 僕的に一番の見所はローションバイブのシーンです。まんぐり・ローション・バイブのコンボはかなりぐっと来るものがありました。

60
ONLY ONE 蛯原友美
プロフィール

dreamcaster

最新コメント
  • ライブドアブログ