みつめてしごいて

日本橋道楽にて100円で購入。
抜けないけど面白い。
見所は松田龍平似のいじめられっこ気質の男優?の人が、罰ゲームってことで、自分で書いたへたくそな孫悟空の絵の刺青を腕に彫られるところ。
悲しくてひどいなぁと感じつつ笑えると思った。こういう感情はなかなか味わえないものだと思う。
それと一重瞼の女優に整形させて二重瞼にさせてみつめてしごかせるところ。
瞼の整形が終わってして療養している女優の自宅の映像がインサートされてんだけど、その女優の自宅の生活感のあふれっぷりがよかった。
悲しいというか見てはいけないものをみたというか道徳的にまずいんじゃないかというかなんというか一言で言い表せない気分になった。こういう一言で表せない気分を作り出すものを芸術と呼ぶのではないかと思う。
この作品を見るとインジャン古河監督は才能があるなぁと感じる。
でてくる女優のレベルは一様に低いけどやっていることが過激でポップで素敵だなぁとおもう。

100

みつしごジャケ