ヘバラギのKorean Diary

大好きなヘバラギ(ひまわり)のような先生を目指して韓国で日本語を教えている修行僧の日韓ひとりごと。

いやいや 第二弾

18ヶ月。
早くも来ました、イヤイヤが…
太陽さんに続き、第二弾。(´Д` )

太陽の時とほぼ一緒。
ちょっと気に入らないことがあったら、泣きわめき…
それでもだめなら、伏せて足をジタバタさせて、のび太泣きを開始。
太樹、母はもうこのパターン、経験済みなのよ。
残念ながら、動揺したりパニックになったりしないわ。
ただ、あなたが落ち着くのを見守る(放置)のみよ。

太樹も母の対応パターンを把握したのか、ある程度泣いたらすくっと立ち上がり、復活します。

が、こういう顔でね。
しっかり下唇出てます。(~_~;)

予防接種の同時接種に御用心‼

昨日、久々に太樹の予防接種に行って来ました。以前は、無料で受ける国家必須予防接種(BCG,B型肝炎、三種混合、ポリオ、風しん、水ぼうそう、日本脳炎)は、保健所に行かなければならなかったんですが、今年から病院でも無料接種が可能になったため、近くの小児科に行って来ました。

ここは、あまり評判が良くないので普段は行かないんですが、かかりつけの病院はいつも一時間待ちが基本なので、まぁ予防接種だけだしいっかーと行ってみたんですが、やはり間違いでした(T ^ T)

韓国では、三種混合とポリオ二つを三回同時接種し、その後追加接種するんです。で、今回は四回目の三種混合だけ打ちに行ったんですが、「お母さん、ポリオも今日打たないとね。」と言われ、あれ⁇三種混合だけだったはずだけど、私が打ち忘れてたんだーと何の疑いも無しに二本打ってもらったんです。
で、昼間は元気だったのに、夜になって発熱。泣いてぐずって目を何度も覚ますので、母子手帳を見てみたところ…

何と今日は打つ必要が無く、満四歳から六歳で打たなければならないポリオの追加接種を病院の手違いで打ってしまったんです。(´Д` )
ただ、三種混合とポリオの同時接種は、これまで接種してきた時にも副作用で発熱してたので大丈夫かと思ったんですが、朝になっても熱が下がらないため、かかりつけの小児科に行って来ました。
先生もビックリされて、色々本で調べてくださったんですが、特に大きな問題は無いとのこと。ただし、体の中に必要以上の菌?が入ってるから、負担がかかって熱を出した可能性が高いのだとか。でも、今回間違えて受けたポリオは、満四歳でもう一度接種しなければならないそうです。

腹が立つやら情けないやら…
母親がしっかり管理してやれなかったがために、こんな事に…
早く熱が下がるよう、ひたすら祈るばかりです。
皆さんも、十分気をつけてあげて下さいね。

順調に成長中!

こんにちは、皆様。
すっかり、ブログサボり癖がついてしまいました。TーT


日本は新学期の季節ですねー。
こちらは、3月始まりなので、すでに新学期から一カ月経ちました〜
そして、4月中旬には中間試験があるのでございます。笑


さて、二人の坊主たちの話です。
太陽さんは、すっかり言葉が上手になりました。
韓国語に負けつつあるけど、日本語も何とか維持してくれています。
母が良く使う、「〜よ!分かった?」が体にしみついてしまったようです。
でも、かと言って常に使われるとムショーに腹が立ちます。苦笑
そして、どこから覚えてきたのか・・・


太陽 「今から、太陽がただいまーするから、おかえりーって言ってね。ただいまー!」
 私 「おかえりー!!^^」


太陽 「(うなずきながら) それでいい。( ̄∠  ̄ )」


私、初めて聞いた時、耳を疑いましたよ。
どっから聞いてきたんだ、どこで習得したんだ、その言い方。

それからさっきの出来事。
テレビを見ながら「今日かぼちゃ(の煮つけ)食べたい〜」と太陽さん。
すでにおかずを準備していたので、「あのさ、明日かぼちゃしたらだめ?」
と、台所から呼びかけてみたところ、


太陽 「(テレビから目を離さず)ん、今日かぼちゃして。」


何でしょうか、その態度。
そりゃ、体にいいし、難しいもんじゃないから作るけどさ。
もうちょっとかわいらしく言えんかね?


そして、もうひとつ。
二人が最近、「母が怒った時の対処法」を身につけたことに気付きました。
太樹は、母が怒った顔をして怒られてるなーと思った瞬間、母にギューっとしがみつき、
「ニタッ(* ̄∇ ̄*)」っと笑います…。
母、ノックアウト。ずるいぞ。
太陽は怒られると、恐ろしいにもかかわらず一生懸命ひきつった笑顔を見せて、
「ママ、かわいいねぇぇぇ・・・(*´∇`*)」と言ってきます。
ずるいずるい。ずるいぞ。
母は笑顔になるしかないじゃん。
二人とも将来、女性の扱い方には苦労しなくても良さそうです。
(ってまだ早すぎ?笑)


というわけで、二人ともしーっかりすくすく成長中です。
太樹は、今月で一歳半なのに、すでに「イヤイヤ期」に突入しています。
気に入らないことがあると、仰向けになって足をジタバタさせながら大泣きします。
うつぶせの時もあります。。。
そして、三歳の太陽さんは、「イヤイヤ期」ではなく、「何で何で期」まっさかりです。
全ての事に「何で?どうして??」と聞きまくる。
色んな事に興味を示しているという事で良いことなんですが、なんせイヤイヤ期君と同時になんで、ちょーっと疲れてしまうというのが本音です。^^;
ま、二人ともけがも無く、大きな病気もしないので、このまんまでいっか。
イヤイヤと何で何でに負けないよう、母も頑張ります。


こちらは、大陸続きなので黄砂がひどいですが、日本は花粉がすごいんでしょうね。。
どうぞ体に気を付けてくださいね!!
では、また近日中にアップします(o^∇^o)ノ(目標)

明けましておめでとうございます。

遅れましたが、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

さて、厄年だった昨年は本当に色々ありましたが、大病をすることもなく、
二男も無事一歳を迎えることができ、とても感謝しています。
今年は後厄だけど、気合い入れて乗り越えます!!

太陽は、12月で3歳になりました。
このごろ、本当に言葉をスポンジのように吸収していて、広島に一カ月しかいなかったのに、
モロ広島っ子になっています。
「いけんよー。」「いいけー、太陽がするけー。」「太樹(弟)がおらん。」などなど。
そして、不思議なくらい日本語と韓国語を使い分けるようになりました。
太陽なりにこだわりがあるようで、必ず韓国語を話す人には韓国語、必ず日本語を話す人には日本語を話します。
父親には韓国語、母親には日本語というのは徹底していますが、
例えば祖父・祖母が習いたての韓国語で話しかけても日本語だし、私が韓国語で話しかけても必ず日本語で返してきます。
逆に、父親や父方家族が日本語で話しかけても、笑ってごまかすか韓国語で反応します。
面白いわー。
ちなみに、弟には日本語環境(日本にいるとかママと一緒)だと日本語で話しかけ、韓国語環境(韓国の保育園から戻ったときとか、パパと一緒)だと韓国語で話しかけてますね。
最近は、「えいごであそぼ」が大好きで、英語の歌もチラチラ歌ったりしています。
今後の展開が楽しみです^^

太樹は、1歳3カ月になりました。
とにかく、あいかわらずマイペース。そして、行動的。
実家では棚の上や机の上、ソファーの上に登ってはジャンプして落下・・・
今朝も流血したところです。汗。。
そして、赤ちゃん言葉を必死で話そうとしたり、コミュニケーションしようとバシバシ叩いてきます。
「おい、こっちむけ。」と言わんばかりに。苦笑。
そして、いっちょまえに今のうちから兄ちゃんに反抗もします。
自分のものをとられた、兄ちゃんの食べてるものが食べたいのにくれないなどのとき、
これまたバシバシたたきます。
そして、「アーギャーグーオー!!」と怒鳴りつけます。。。
しかし、心やさしい太陽兄ちゃんは、よっぽどのことがないかぎり、弟を叩きません。
「やめてーやめてー」と軽く抵抗するか、手でよけるか。
3歳児にたてつこうとは、なかなかタフな一歳児だと母は思いますが、
人一倍我が強く、引くことを知らない子なので、イヤイヤ気がものっすごい怖い今日この頃です。。。

広島生活もあと3日。
そろそろ帰韓準備しないとなー。


最後にちらっとトルジャンチの写真アップしておきまーす。


体調悪いのと、緊張とで顔がこわばってます。。

IMG_7825


お友達のお姉ちゃんと3人で^^
太陽のよだれは、いまだ健在です。笑

BlogPaint

明日帰りまする。

2か月もブログをほったらかしにしておきながら何ですが・・・


明日帰ります!!ヾ(´ω`=´ω`)ノ ヨロシクネ~♪


今週の頭まで期末試験をして、やっとさっき成績処理が完了したところでございます。
明日の夕方飛行機乗らなくちゃならないのに、スーツケースを引っ張り出すことしか出来ていないという・・・
帰れるかな、ワタシ。


一ヶ月ほどおりますので、皆様ぜひお会いしましょうねん!!
ではでは、荷造り開始します。苦笑。。。

まさかまさかのトルジャンチ

最近、急に冷え込んできましたが、皆さんお変わりありませんかー?
おかげ様で、無事先日太樹のトルジャンチを終えることができました。
(写真はまだ出来ていないので、後日アップしまーす。)

が・・・・・
大波乱のトルジャンチでした。
本当にこんなこともあるんだなーって。
実は、トルジャンチの前の週から太陽も太樹も少し体調を崩してて、二人とも小児科に通ってたんです。太陽は風邪、太樹は中耳炎で、太陽は回復傾向にあったものの、太樹は回復どころか鼻水出過ぎでつまりにつまって鼻で息が出来ず、何度も咳をして夜も眠れず、熱も上がったり下がったりを繰り返しておりました。小児科・耳鼻科両方にかかっていたので、大丈夫だろうと判断したのが甘かった・・・

<トルジャンチ5日前>
太陽、太樹連れて、耳鼻科へ行く。
太陽はもう治りかけなので、来なくて良いとのこと。
太樹は、吸入の治療をして様子見。

<トルジャンチ4日前>
夜、大泣き。
抱っこしてもミルクやっても外に連れ出しても泣きやまず、30分以上泣き続けるので急いで支度して救急へ行きかけたものの、道中で眠ってしまったため引き返す。(救急は、特に大した処置もしてくれず、行っても仕方ないと分かってたので。⇒太陽の時、大いに経験済み。)

<トルジャンチ3日前>
父・母、来韓。
朝と晩に耳鼻科へ行って、吸入治療。
太陽はおおはしゃぎ、太樹も機嫌が良かったものの、夜発熱。

<トルジャンチ2日前>
朝、7時に家を出て、一番信頼している小児科の女の先生(大きな病院なので、何人か小児科医の先生がいるんですが、この先生はいつもものすごい人で、1時間待ちは基本。最大3時間半待った事がある。)に診てもらいに行きました。

看護婦さん:体重と熱測りますね。
        熱、ありますね。解熱剤飲ませましたか?
       (韓国では、38度越えると解熱剤を飲ませるのが基本。)
        お母さん、体重が大分減ってますよ。お子さん、ちゃんと食べてますか?

そう。ここ数日、あんなによく食べ飲みする子が全くご飯を受け付けず、粉ミルクも半分しか飲んでない状態だった。もっと早く連れてくるべきだったのに。
そして、診察。

先生:いつから熱出てるの?
 私:もう5日くらいになります。
先生:(聴診器をあてて)何なの、これは!たんが溜まりきってるじゃない!!
    (耳の中を見て)うわ、これはひどいわ。
    お母さんね、すぐ紹介状書くから、大学病院行って入院させなさい。
    今の状態だと、このまま家で薬飲ませて様子見てるわけにいかないの。
    行ったらすぐにレントゲン撮ってもらってね。
    
この日が土曜日、トルジャンチは日曜日、次の日の月曜日は祝日だったんです。
即、旦那と一緒に大学病院へ。
しかし、さすがは大学病院、さすが土曜日。
たくさんの子どもたちであふれかえっており、1時間弱待ったと思います。
(それでもうちは早かった方。)

先生:肺炎一歩手前ですね。入院して様子を見ましょう。
 私:先生、実はこの子、明日トルジャンチなんです。
先生:えっ!?そうなの??
 私:はい。それで、日本から両親が来てまして・・・
先生:あぁ、日本の方だったのね。どうりで発音が。
 私:明日、もし状態が少しでも回復したら、数時間ほど外出許可出してもらうのは難しいですか。
先生:んー、そうね。一応レントゲン撮って、大丈夫そうなら外出許可出します。
   今、部屋が空いてないから、一度家に帰って入院準備して、16時以降にまた来てください。

というわけで、家に戻って両親に事情を話し、太陽を預けて病院へ。

<トルジャンチ当日>
朝は全くご飯を受け付けなかったものの、昼スプーン2杯程度おかゆを食べる。
本当にギリギリまでキャンセルを迷ったんですが、熱も引き、結局外出許可出してもらえたので、
夕方強行突破でトルジャンチをしてきました。
親の欲で、本当に申し訳ないことをしました。。。

トルジャンチの翌日に両親は帰国、そしてその数日後に無事退院になりました。
おかげ様で、今はばっちり元気です!!

健康で元気なのが一番。
そして、数日通って状態が悪くなるようなら、即病院を変えて診察すべきだと改めて思いました。
皆さんもお子ちゃんも、どうぞ体調くずさないようお気をつけ下さいね!!

もうトルジャンチ

復活宣言をして、はや数か月…
帰省している時にも更新できず、今日まで来てしまいました。
帰省中、遊びに来てくれた皆様、本当にどうもありがとう〜!!

そして、時がたつのは本当に早く、来月次男太樹が一歳を迎えます。
二人目と言う事で、トルジャンチ(一歳のお誕生日パーティー)をするかどうかで迷ったんですが、
太陽の時にはしたのに、二人目だから無し!というのもおかしな話なので、
『極小規模の』トルジャンチをすることにしました。笑

トル写真もばっちり撮りましたよ。
こんな感じ。

DSC_1103[1]

DSC_1223[1]


DSC_1312[1]


DSC_1424[1]



太陽の撮ったスタジオとはまた別の所にしたんですが、また違った雰囲気を楽しむことが出来ました。
太陽のトル写真の時は、あまりにぐずられて、楽しむ余裕なんて全く無かったなぁ…(ボソッ)

というわけで、せっせとトルジャンチの準備をしているわけですが、そんな中、まず太陽と旦那が風邪をひいてしまい(二人は、少々名残はあるものの、元気になりました。)、続いて太樹にも移ったかと思いきや、太樹は風邪をこじらせて、かなりひどい中耳炎になってしまいました。(涙)咳・鼻水はひどいし、鼻もつまって息苦しそうなうえに、食欲も落ちてる感じなので、とても胸が痛いです。。早く元気になってぇ〜〜〜!!

私は・・・
倒れてられないので、気力で持ちこたえてます。^^;
韓国は、昨日から一気に秋、というより冬に近い寒さになりました。
(週末は30度越えてたのに、今日は20度前後。。)
皆様も、どうぞ体調にはお気を付け下さい!!

ブログ、復活します。

まず、遅くなりましたが、この度の震災で被災された方々に、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りしております。


前回の投稿から3か月。
あの後すぐに地震が起こり、毎日NHKのニュースを見ては泣く日々が続きました。
外国にいて、何も出来ない自分が本当にもどかしくてもどかしくて・・・
でも、泣いてても仕方ない。
今、私が出来ることを精一杯頑張ろう!と気持ちを切り替えた矢先・・・・・
4月はじめ、義兄(主人の実兄)が突然他界しました。
主人より二つ上の義兄。
あまりに突然で早すぎる死に、主人はもちろん、義姉、義母、家族中、親戚中が悲しみに暮れてていました。
先日、無事四十九日を済ませ、一つの区切りを終えて、どうにか再出発しました。
もちろんまだ悲しいし辛いけど、義兄の分まで頑張ろうという思いでいます。


息子たちは、ちょくちょく風邪だの腸炎だのをするものの、基本的に元気です。
太陽は、2歳半になりました。
オリニチブ(保育園)がとても楽しいらしく、帰ってきたらつたない言葉で今日あったことについて色々話をしてくれます。今日も帰ってきて置いたカバンに新幹線や車のおもちゃや等色んなものを詰め(最近、自分大事なものをカバンに詰め込むのが大好きです。)、背負い直して「オリニチブ、行く〜!」と叫んでおりました。。。
この写真は、先日オリニチブで参観日があったときの写真です。
お友達からも先生からもよくしてもらっているみたいで、何度も声をかけてもらいました。

DSC00508


太樹は、ずりばいまっさかり。
とにかく這うのですが、這うというよりむしろ「飛ぶ」に近いかも。
トビウオのように「ピョン!」と両腕を使って、勢いよく飛び跳ねます。
そして、何もかも自分のしたい放題。見当たらないぞ・・・と思ったら、ベランダや浴室、靴置場の方に入り込んでます。とってもチャレンジャーです。
太陽は一定の範囲内を行き来し、あんまり冒険はしない子だったのに、やっぱり違いますねぇ。
お薬の容器を持ってご機嫌な太樹。この体勢から「ぴょん!」と飛び跳ねます。

DSC00535


韓国は、今日梅雨入りしました。
日本はもう梅雨は終わったのかな。
また、少しずつブログ更新して行きますので、今後ともどうぞ宜しく!!

オリニチブとトイレトレのスタート!

3月ですね。
日本は、大分暖かかったりするのかなー。
韓国は3月スタートなので、一足お先に新学期開始で、今週から授業も本格的に始まります。

そして、我が家の太陽さんも、先週の金曜日からこちら韓国の保育園(オリニチブ)通いがスタートしました。最初の一週間は、慣らしということで、お昼ご飯前の12時まで。次の一週間はお昼ご飯後の13時までで、次の週からはふっつーに15時か17時まで預けるようです。
日本の保育園にて、最初の一ヶ月苦戦しまくった太陽さん。
私はとーーーっても心配していて、大泣きするだろうな、また夜泣きが始まるのかな、一日号泣だったらどうしよう、乗車拒否とかもしちゃうのかな、もう行きたくないと言われちゃうのかな…などなど、それはもう気をもむ毎日で、夢にも出てきたほどです。

そして初日。
オリニチブに行くまでは大丈夫だったものの、予想通り預けて別れる時に大号泣。園を出てからも、外に聞こえるほど大泣きしていたわが子を置いて、一応帰宅しました。帰宅して、ずいぶん静かだなーと太陽がいないことを実感。んー、やっぱり何も手につかない。そわそわしているうちに、あっという間に時間になり、オリニチブにお迎えに行きました。他の新しいお友達もいっぱいいて、お迎えに来たおかーさんの顔を見てみーんな泣き顔。その中でもひときわ目立って大泣きだった太陽。「あれー、みんなさっきまで楽しく遊んでたのに。お母さんの顔見たら安心しちゃったのかな。太陽くんも、時々お母さんを思い出して泣いたりもしましたけど、いい子して遊んでたんですよー。」と先生。帰り道、良く頑張ったねー、偉い偉いと誉めまくり、恐る恐るオリニチブの事を聞いてみると、笑顔で「せんしぇ、おもっちー(先生とお友達)」との返事。おぉ〜!!「先生とお友達、好き?」と聞いてみると、「せんしぇ、おもっちー、しゅきー!」おぉぉぉ〜!!嫌な事は「イヤ、シロ(韓国語で嫌の意味)」とはっきり言うので、オリニチブもまんざらでもない様子。そして帰宅後、聞いてもいないのに突然、「いっぱいいっぱい、チング(友達)」やら「あーーーマシッター(美味しい)」やら、習ってきたのであろう韓国語を発言!すごーい!!心配しているほど嫌ではなさそうなので、ちょっと安心です。とは言え、本格的な慣らしは今日からなので、しっかり見守って行きたいと思います。

そして、先週からトイレトレもゆるーく始めてみました。
何からしていいのか分からなかったので、とりあえずトレパン履かせて、数時間ごとにトイレにさそっています。あまり誘い過ぎると嫌なようで、何気なーく誘うんですが、そうすると「一足遅かったー。」ってことが多くて・・・でも、予想以上にウンウンは一度も失敗無く最初からスムーズにトイレで出来、今では「お腹、痛い」と言って自分でズボンを脱ぎ、トイレにかけこむようになりました。
でも、やっぱりしーしーは難しいですねぇ。事前の報告はもちろん難しく、事後報告もあればいい方。濡れたままでも結構平気でいるので困ります。こちらはオンドルなので、部屋の中が暖かいからなのか、あまり不快では無い模様です。下の子が寝がえり始めてゴロゴロしているので、すっぽんぽんのままという方法をとる訳に行かず、未だ「おしっこの出る感覚」を感じとるのが難しい様子。パンツにする度に失敗してしまうので、私も疲れたらオムツにしてしまうのがいけないんだと思うんですが・・・
皆様は、トイレトレ、どうされてます(ました)か?
どんな事でもいいので、アドバイスくださぁぁぁい!!

電子レンジにご用心

2歳になった太陽さん。
とにかく、「ボタン」を押すのが大好きで、携帯電話、電子辞書、パソコン、デジカメ、テレビのリモコン、エレベーターのボタン、電気のスウィッチ、等、とにかくボタンがあるものを見ると、しきりに押して遊びます。

その中でも、特にお気に入りなのが「電子レンジ」。
ボタンがいくつもついてて、なおかつ電子音がピッピと鳴り、スタートボタンで電子レンジが動く様子を見るのが面白いようです。私が電子レンジを使おうとすると、最初は私の後についてピッピと押す程度だったのに、最近では「あっちへ行け」と言わんばかりに押しのけて、自分で適当に時間を設定してスタートを押したりもしていました。(こういう時、私は後ろの方で傍観。)まぁ、私が見てるし、ボタン押させてやるぐらいいいかなと思っていた矢先・・・・・・・

私がトイレに行って目を離したすきに電子レンジをいじったらしく、何も入ってないはずの電子レンジが回っていました。「何やってんの〜」と言った途端、


バチッ!バチバチッ!!


と、ものすごい音と同時に火花が・・・
慌てて電子レンジを止め、中から出てきたもの。
それは、、、
さっきまで太陽さんが手に持って遊んでいたはずの、、、


私の携帯電話ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!


これね、お弁当でも肉まんでも無いのよ・・・
「温めいかがですか?」って聞いてくれなかったじゃない〜!!
とっさにガラス皿から取り出し、電源を入れてみるも全く反応無し。
充電してみるも、うんともすんとも言わない私の携帯電話。


ジ・エンド。チーン。゜(´Д`)゜。


と言う訳で今のところ、誰とも連絡出来ず、音信不通の状態でございます。電子レンジ触らせたのも、携帯電話を触らせたのも私なので、全責任は私にあったのに、パニック&ショックな状況につい大声で怒ってしまいました。ごめんね、太陽さん。

でも、早く発見出来て、けがも無くて本当に良かった。
今後、十分に家電製品の使用を気をつけようと思います。
皆さんも、どうぞご注意くださいませ〜〜〜


↓こっぴどくしかられた犯人
DSC00358

極寒

あにょはせよー。
極寒の韓国に戻ってまいりました。
今日は−17度で、日中も−10度にしかならないそうで、家にこもってます。

日本では、色々どうもありがとうございました。
三人分の帰国準備に時間をとられてしまい、ろくに挨拶も出来ないまま帰ってきてしまいました。。ゴメンナサイ><;
ぜひ、機会を作って、こちらにも遊びに来てくださいね♪

帰って来ても、相変わらずバタバタしています。
まず、太樹の予防接種メドレー。
韓国では、生まれてすぐにA型肝炎の注射をするんですが、していなかったのでそれからスタート。そして、肺球菌にロタの予防接種をして、来週からはBCGに三種混合と予防接種のオンパレードです。

そして太陽は、この2月からこちらの保育園(オリニチブ)に入園が決まり、健康診断をしてきました。身長・体重・歯科検診までは分かるんですが、なぜか血液検査、尿検査、視力検査まであり、かなり苦労しました。。。
と言うのも、血液検査では大泣きされ、視力検査では片目をおさえて、出てくるアラビア数字を読めと言うんですね。2歳の子にですよ?「うちの子、数字はまだ読めないんですけど・・」と言うと、「え!?」とものすごくびっくりされ、「じゃあ仕方ないからこっちにしましょう」と、動物やら花などの絵文字に変更になったんですが、やっと言葉が出てきたうちの坊にとっては難関テストそのもの。日本語でも無理です。と言う訳で、「仕方ないね。じゃあこれはパスということにしましょう。」となりました。
しかし、これ以上に苦労したのが尿検査。
まだおむつが外れていない上に、おむつ以外でおしっこを経験した事のない息子。なのに、「これだけはパス出来ません。お水でも飲ませて、遊ばせてたら出るんじゃないですか?」と冷やかに言われ、コップ2杯の水を飲ませて、トイレで容器かざして格闘するも1時間半。やっと成功しました!><拷問以外の何物でもなく、親子ともどもぐったりでした。無事検査も終わり、保育園に書類も提出したので、来週あたり行われるオリエンテーションに参加して、いざ入園です。慣らし保育も、またいちからスタートなので不安ですが、それ以上に、今日本語しか分からない・話せない状態なので、100パーセント韓国語の環境に適応出来るかどうかが一番不安です。大丈夫かな…

私は、3月からまた非常勤のお仕事を頂いているので、その準備もしつつ、2月2日から始まる旧正月の準備も少しずつしています。いつもお正月は、いとこのお姉ちゃん達がかわいいチマチョゴリを着ているので、今年は太陽もハンボク(韓服)買った方がいいかなぁ…と検討中です。

と言う訳で、かなりまとまりのない帰国・近況報告になってしまいましたが、何とか極寒の韓国での新しい生活を再スタートさせました。
また、皆さんの近況もぜひぜひ教えてくださいね☆
それでは〜〜〜♪

2歳くんと2か月くん

残すところ、広島滞在も一ヶ月を切りました。
特に、太樹が産まれてからは、この2か月どうやって過ぎていったのかというほど、あっという間に過ぎて行きました。

あっという間…と言えば昨日、太陽が満2歳を迎えました。
ついこの間、トルジャンチをしたと思ってたのに、本当に早いものです。まだ単語レベルではありますが、言葉も色々話すようになりました。こちらの言う事は、あらかた聞き取れているようですが、以前分かっていたいくつかの韓国語を全く忘れてしまっており、韓国語には無反応です。イヤイヤ期真っ盛りで、とにかく「イヤ」の連発。着替え、手洗い、食事、お風呂、歯磨きなどなど、何か一つさせようとすると、エビぞりで猛反発してきます。気に入らない事があると、周りの物を投げたり、叩いてきたり…難しい年ごろです。汗;;;
とは言え、あれほど嫌がっていた「保育園」は、今や大好きな所になっていて、迎えに行くと靴箱の所で「イヤ〜(帰らない〜)」と帰宅を拒否するほど。朝、教室に送り届ける時も、「行ってらっしゃい」と挨拶して別れるんですが、一人でスタスタ教室に入って行って、振り返りもしないので、他の子が「バイバーイ」と私を見送ってくれる始末。。。まぁ、いいけどさ。

DSC00237


さて、2か月を迎えた太樹ですが、2800グラムと小さ目に生まれたにも関わらず、今では5000グラムを超え、抱っこ紐が必須になっています。とってもマイペースな子で、ミルクは飲みたい時に飲みたい分だけ飲んで終了。気分が乗っていれば全部飲みますが、あまり気のりしない時は、ちょっと飲んで「いらん」とそっぽを向き、3時間経たないうちに「またくれ〜」と要求してきます。寝る時も、傍で太陽がワーワー騒ごうが泣きわめこうが、眠たかったら、いつの間にか一人で眠りについていることもしばしば。太陽が赤ちゃんの時は、袋のカサカサ音ですら起きてしまうような音に敏感な子だったので(そういう風に育ててしまったところもありますが。)、すごく不思議な感じです。

DSC00225

 

こんな感じで、2歳くんと2か月くん、順調に育っています。
1月7日には帰韓するので、お時間あったらぜひ遊びに来てくださいな〜☆

遅くなりましたが、ご報告!

皆様、ご報告が遅れてすみません!!
(rain様、ありがとう〜)
産前産後であまりに色々な事がありすぎて、ブログでのご報告がすっかり遅くなってしまいました><

予定通り10月7日、2842グラムで第二子を出産いたしました〜
前回は緊急帝王切開だったんですが、今回は予定帝王切開ということで、主人にも立ち会ってもらいました。
太陽の時は、3400グラムとかなり大きめだったので(41週6日で出したんだから、仕方ないよね。。)、この度息子2を見てやっぱり「ちっさいなー」と思いました。
名前は、お兄ちゃんと最初の文字を揃えて、太樹(日本名 たいき;韓国名 テス)と名付けました。韓国では、一番上の子のどれかの文字を一文字とって、以下下の兄弟につけることが多く、うちは「太(テ)」の字を二人に使いました。「でも、もし3人目を授かって女だったらどうするの?」と、母に直球で突っ込まれた次第です。ええ、そうですね。おっしゃる通り。そうなったら、その時に考えます。笑

さて、産前産後の色々ですが・・・
まず私が大風邪をひいてしまい、喘息のような咳が止まらなくなり、手術日延期の話まで出ておりました。咳込みながらも強行突破で、何とか無事出産。しかし、この風邪が直後に母にうつってしまい、母ダウン。これと同時ぐらいに、今度は太陽がお腹を下し、更に咳・鼻水が止まらない状態に。。で、みんなも治りかけたころ、やっと退院になったんですが、退院と同時に太陽がまた高熱を出し、約一週間保育園をお休みしました。
ようやく、ようやく今週に入って少しずつ落ち着いてきた次第です。
太陽の時も色々あったけど、今回の出産も結構なドタバタ劇でした。汗

今日は、取り急ぎご報告まで〜
親子ともども、今後ともよろしくお願いします!


追伸:いつも難しそうな顔をしています。
IMG_8493

保育園入園とその後

やっとここ最近、朝晩が涼しくなってきました。
皆様、いかがお過ごしですか。

気づけば、出産まで1か月を切りました。
入院・出産の準備をあれこれしなくてはならない時期ですが、
実は実は太陽がこの9月から保育園でお世話になっています。
「産前産後」という理由で保育園を利用出来る制度があり、
出産前後の8週間という制約付きでお世話になっています。
それでも、私の住んでいる地域も例外無く待機児童が多い地域でして、
いくつもの書類を準備し、入園までも大変でした。
しかし、運良く入れてもらう事ができ、現在慣らし保育期間中です。
通い始めて一週間弱ですが、想像以上に大変なもので、
親子してトレーニングをしています。

初日。
全く分からないまま保育園へ行き、お友達がたくさんいる輪の中へ自分から進んで走って行く。
もちろん、その後母がいない事に気付き、大号泣。
預けていた時間中、ずっと泣いていた。

二日目・三日目
外出だと思い、家を出るところまではよかったものの、
保育園に到着後、泣き始める。
頑張って笑顔で送り出したものの、帰りの車内で「これで本当に良かったのか」と自問自答を繰り返す。

四日目〜七日目
もう「朝起きたら保育園に行く」と言う事が分かっているようで、
起きた時点で号泣開始。
朝食も拒否、着替えも拒否。
とにかく泣いて暴れる息子を必死で着替えさせ、車へ乗せるが、
自分も辛くなって車の中で一緒に泣いてしまう。
でも、送り届ける時はとにかく笑顔で!と頑張って先生に預ける。
六日目ぐらいからは、泣きながらも先生に手を広げて行くようになり、母にも「バイバイ」と手を振ってくれるように。

本日、八日目。
少しぐずりはしたものの、出発前に長めに抱いたりコミュニケーションをしたりしたのが良かったのか、泣きはせず、車も中でも泣くこと無く保育園に到着。
ぐずりつつも、自分の靴箱がもう分かっているようで、自分で靴を入れる。
先生の顔を見たら涙が出たけど、今日もしっかり手を広げて行ってくれ、しっかりバイバイもしてくれた。

と、こんな感じです。
最初は私も辛かったけど、この数日は太陽にも変化(成長)が見られ、母としてとっても嬉しく思っています。^^
ちなみに、どれほど泣いても初日から給食は完食、お昼寝も少しは出来ているみたいです。
でも、やっぱり辛いんだろうな・・・
イヤイヤ期に本格的に突入したようで、些細なことや「何で!?」と思う事にも腹を立て、寝転がって泣いたり、抱っこを要求してきたり、叩いたり引っ掻いたりするようになりました。
太陽なりに、ストレスやもやもやがあるんだろうなと、私も余裕がある時には、極力受け止めるようにしています。
そして同時に、外出を拒否するようになりました。
外出準備をするとものすごく嫌がり、スーパーに行くだけでも結構時間がかかってしまいます。もう靴の種類も分かっているようで、保育園に行く時にはく靴は断固として拒み、絶対保育園に行くときにははかないサンダル(保育園ではサンダル禁止なので)をはかせると安心しておでかけしてくれます。

日本で、なおかつ新しい保育園という環境の中で、本当によく頑張ってくれていると思います。最初は「早く慣れさせないと!」という焦りがありましたが、K姉さんやその他もろもろの方にアドバイスをもらい、どっしりとした気持ちを持ってゆっくり慣らせることにしました。親子ともに頑張ります!!
おっと、そろそろお迎えの時間だ〜

暴炎と憎い三歳

暑いですね。
いや、暑いとかいうどころじゃないですね。
外は暑いだろうなぁ〜と家にこもっておりますが、家の中もそれなりに暑い。
冷やし過ぎるのも良くないだろうと、極力エアコンは付けまいと頑張るものの(←ほぼ我慢大会)、午後2時にはめまいがして気が遠くなって来るので、敢え無く断念・・・の日々でございます。

韓国では、このようなとんでもない猛暑の事を「暴炎(ポギョム)」と言いまして、このところ各地で暴炎警報が発令されております。
「相当暑いぞ〜!」という事を伝えたいことは良く分かりますが、
漢字からのイメージだと大規模な火災を思い浮かべてしまうのは私だけでしょうか・・・

とは言え、ソウルは最高気温でも31度ほど。
日本の天気予報を見て、それはもうビックリでした。
「熱中症」に関する話題が、NHKのトップニュースで取り上げられるのも無理ないですね。
是非、皆様の熱中症予防策など伺えたら嬉しいです!

さて、こんなに暑くてただでさえイライラするのに・・・
太陽さん、そろそろ兆候が出始めました。

「憎い三歳(ミウン セサル)」

韓国では、産まれた時点で一歳とカウントしますので、三歳とは満二歳の事を表します。
俗に言う、「イヤイヤ期(第一次反抗期)」ですね。
イヤイヤ期に突入したのか、前段階なのかは分かりませんが、とにかくスゴイ。
自己主張が激しく、思い通りに行かないと発狂。
機嫌が悪い時には、話しかけてもひたすら首を横に振り、何もかも拒否。
気に入らないと、物を床に叩きつける。
もともとぐずりーだったけど、更に輪をかけてぐずりーに。

オンマ、聞いてないよー。涙。
二歳になってからでしょう?
アナタ、二歳になるまでまだ4か月も残ってますわよ。
成長している証拠とは言え、この暑さで妊婦にはこたえる。
本当にイヤイヤ期に入っちゃったのかなぁ・・・

と言う訳で、今回はヘトヘト報告でした。泣。
皆様、暑さやその他もろもろ、ただでさえバテやすいこの時期なので、しっかり食べて飲んで寝て、上手に乗り切りましょうね!!

今月のあれこれ報告

皆様、こんばんは。
日本の梅雨はいかがでしょうか。
毎日雨なのかな。
こちらソウルは、梅雨入りしたものの、今週末雨が降ったぐらいで、
ほぼ良いお天気が続いて暑苦しいぐらいです。

今月もまた、ドタバタの一か月でした。
いや、現在進行形でございます。
そんなドタバタを一つずつ報告させていただきますね。
お時間の許す限り、お付き合いくださいませ〜

まず、6月初めに引っ越しました。
以前住んでいた所と距離的にはほっとんど変わらないのですが、
住所が変わって新住所になりましたので、追ってご連絡しますね。
今のところは、前の所に比べると快適で気に入っているのですが、
5階建ての5階でして、エレベーター付いてません。。
いや、最上階を強く希望していたので基本的に不満は無いんですが、
やっぱり子連れの妊婦にはこたえる…
息子12キロ、お腹とお腹の子合わせて約1キロをしょって行き来するので、
外出もある程度の覚悟が必要です。
かと言って、やっとあんよがさまになってきた息子は遊びたいさかり。
外に出たくて、公園に行きたくて仕方ありません。
なので、目標毎日、最低でも二日に一度は外に出るようにしています。
ちょーっと不便ですが、もし良かったら是非遊びに来てくださいね!

それから、6月中旬に無事、今学期を終えることが出来ました。
今学期は新しい科目を担当させて頂いたこともあって、授業も手探りの状態だったのですが、
とにかく今回も学生さん達に何度となく助けられました。
そして、皆様の頑張りブログやコメントを読みながら励まされました。
カムサハムニダ〜><
成績処理も終わったので、今は最後に書いてもらったアンケートを大切に読みながら、
まとめ作業をしています。
まだまだ修行不足、勉強不足。
頑張らなくちゃ!!

そしてワタクシ、めでたく?オーバーサーティー、31になりました。
誕生日の際には暖かいメッセージを頂き、どうもありがとうございました!
おかげで素敵な誕生日を過ごす事ができました。



がーーーーー!!!!!



うちの旦那。
出勤時も一言も無し、携帯メールも電話も無し。
仕事だから仕方ないけど、夜は会社の会食でほろ酔い状態で帰宅。
「ただいまー。今日一日良く過ごした?」(韓国語直訳)
と、結婚2年半にして妻の誕生日をキレイさっぱり忘れておりまして、
結果はご想像にお任せしますが、まぁそれはそれは大変なことになりました。
別に期待してたわけでも無いけど、数日前まで覚えてたことも知ってるけど、当日完全に忘れ去られると、やっぱり・・・ねぇ。
ごめんなさい、ちょっと愚痴になっちゃいました。

さて、最後に我が家の一人目・二人目報告。
一人目の坊ちゃま。
先日、また熱を出してしまいました。
しかも高熱。
昼間解熱剤を飲ませても38度台で、夜は最高39度9分まで・・・
小児科に行ったところ、「今流行している喉熱風邪ですね。」とのこと。
熱は2日ぐらいでおさまったんですが、何を飲んでも食べても泣いて痛がる息子。
麦茶ですら拒否しはじめ、これはただの風邪じゃないかもと耳鼻科へ。
喉・手・足の方を見て、先生が一言。
「手足口病ですね。幸い、手と足には出てませんが、喉の方に水疱が出来てます。小さい子には口を通じて感染の可能性があるので、
自宅で安静にしておいてください。」とのこと。
手足口病。
おぉそれ、育児書で読んだことあるわ。
大変やなー。痛いだろうなぁ・・・
またまたウィルス君にやられた坊ちゃま。
とにかく、喉の水疱がしみるのか、水分補給に大分苦労しました。
体が辛いのか、一日中しがみついて離れませんでした。
何でこんなに病気続きなんだろう・・・
親としても辛かったです。
でも、今では完全に治り、元通り元気になりました!
パワー全開、「(お外に)行こうか!」攻撃を受けまくってます。

二人目について。
坊ちゃまの相方の二人目ベビ。
元気にすくすく成長中。
推定体重500グラム、少し大き目だそうです。
産婦人科の先生曰く
「二人目はねー、大体大きめなんですよ。一人目の出産で子宮をリサイクルしているでしょう?だから、居心地良くて大きくなりやすいんです。」
リサイクルかぁ・・・
何か微妙な表現だけど、居心地いいんならそれでいいや。
そして、超音波も見てきました。



さて皆さん、どっちだったと思いますか??



私をよくご存じの方なら、やっぱりねーの結果。
何となくそうかなと思ってたけど、自分でもやっぱりねーの結果。
そういう運命らしいです。
私は男の子の母親らしいです。
と言う訳で、坊ちゃまの相方は二人目クンが決定しました。^^



ものすごーく色々長々としたご報告でした。(失礼!)
一段落までもうちょっとかかりそうなので、
また落ち着いたら更新します!!

二人目の妊娠

おかげ様で、やっとやっと風邪が治りました。
丸々一か月かかりました。
中耳炎も治って耳も聞こえるようになり、鼻も治って味覚・嗅覚も戻ってきました。
味覚を感じた時は本当に嬉しくて、味をかみしめて食べました。
もう二度とこんな辛い思いはしたくないので、毎日塩うがいして風邪予防に取り組んでいます。

さて、記事に書いておきたかった二人目の妊娠。
これもまた、想像以上に結構ハードです。

●つわり
妊娠が分かったのは2月のバレンタインの頃。
最初は検査薬で陽性反応が出て、1週間後ぐらいに産婦人科に行ったんですけど、もう既に少しずつつわりが始まってました。
息子の時もしんどかったけど、今回は長く(5週目〜17週目ぐらい)、
つわりもひどかったんです。
白米全く受け付けずで、米粒が体に付くことですら苦痛でした。
なので、一番辛かったのが、3食息子にご飯を作って食べさせること。
ミルクも卒業し、市販の離乳食も食べなくなってしまい、しっかりご飯を食べる息子。
パン大好きだけど、毎回パンと言う訳には行かず…
とにかく、適当おかず(野菜ゆでるだけどか、味噌汁の具とか)を準備し、
ご飯は毎日米を炊くのが苦痛だったので、一回に5合とか炊いて冷凍にしていました。

ようやく落ち着いてきたけど、曇りや雨の日は体調が一気にダウン。
つわりが再開することもしばしばです。

●お腹のふくらみ具合
気のせいかもしれませんが、お腹も早く出てきたような気がします。
4か月に入った頃から普段はいていたものがきつくなり、
4か月終わり頃には完全にマタニティー服に移行していました。
ちょうど6か月に入ったばかりですが、既に誰が見ても完全妊婦。
体が重たく、立ったり座ったりも一苦労です。

●息子の変化
二人目を妊娠してから、一か月ぐらいしてからだったかな。
一人遊びを上手に出来ていた息子が、急に甘えん坊に。
とにかく、そばにいないとぐずるぐずる…
料理をしていても、皿洗いをしていても、トイレに行こうとしても、
とにかく手を広げて「抱っこ」を要求。
重いつわりでさらに体が辛く、申し訳ないと思いつつも、
怒ってばかりだったような気がします。
この話を義理姉(娘二人あり。)にしたところ、
「それねー、ちゃんと二人目の存在分かってるんだよ。
うちもそうだったし。目に見えなくても、自分の他に誰かいるって
気づいてるんだよー。」とのこと。
おぉ・・・そうなのか。
ちびっこだと思っていたけど、しっかり分かってるんだな。
と不思議に思っていた矢先、例の胃潰瘍で入院をしたので、
もしかしたら体調が悪かったからかも?とも思いましたが、
未だに甘えん坊のままなので、やっぱり分かっているようです。


と、結構しんどいことも多いですが、つわりも落ち着いてきたし、
最近胎動も感じ始め、嬉しいことも増えています。
性別はまだ分からないけど、旦那も私も、ほぼ弟になるんじゃないかと見ています。
どちらにせよ、元気に生まれてくれたらそれだけで十分。
それでも、やっぱりちょっとは気になる今日この頃です。(笑)

 

踏んだり蹴ったり 息子編

3月から今日まで、本当に色々と大変でした。
いやいや、現在進行形だわ・・・
では、その色々をお話したいと思います。

実は、3月は一か月間、太陽が腸炎にかかってしまい、
元気だし食欲はあるものの、お腹がゆるい状態が続き、
おかゆ生活が続いていました。
普通、腸炎って1週間ぐらいなんじゃないの?と思っていたものの、
長引いてしまい、1か月小児科にも通い続けました。

そして、ようやく治ったなー、そろそろ桜咲かないかなーなんて思っていた4月中旬。
ある朝突然、下痢・嘔吐にみまわれ、水分も吐くようになり、
救急病院へ。
ベッドがないとの対応に旦那が腹を立て、その日は帰宅しました。
吐いた物が麦茶の色で、麦茶飲ませてるからかなーと
思っていたものの、
時間がたつに連れてどんどん茶色が濃くなって行き、
元気も無くなり、
目を開けるのが精いっぱいと言う状態になって、
即かかりつけの小児科に行ったところ、紹介状を書いてもらい、
大学病院へ行きました。(救急で行ったところ。)
そこでも吐き、点滴で接種した水分まで吐く始末…
でも、大学病院だからなのか、救急だからなのか、全く対応してくれません・・・
最後の最後、お腹から思いきりどす黒い茶色のものをはいて、
ようやく医者がかけつけ、胃カメラを飲ませたところ・・・
胃潰瘍でした。。。
小さな子が胃潰瘍になるの?とお思いでしょうが、なるみたいです。
便も黒いものが出てたし、吐くものも茶色いしおかしい・・・
おかしい・・・と思って何度も医者に尋ねたのに、対応無し。
ひたすらブドウ糖の点滴を打って最後の最後にこういう結果に至りました。
最後は本当に太陽も泣く元気もなく、声を出す元気もなく、
ただ半目を開いていた状態で、涙が止まりませんでした・・・

結局、1週間入院をしました。
日に日に食欲も増し、元気になったので一安心だったんですが、
苦労したのが点滴。
動くから外れるんですよ。
何度も刺し直すから、手はグローブのように腫れあがるし、
腫れるから刺せる血管が無く、足に点滴をしたことも・・・
更に、注射針を刺す度に泣きわめくしで、もう気が気じゃありませんでした。

そんなこんなで、元気になってくれた太陽クン。
退院の頃には、残念なことに桜は終わってしまってました。
来年はお花見出来るといいな。
それにしても・・・
お世話になったけど、この大学病院には二度と入院させないと心に誓った私でした。

そして、胃潰瘍がおさまったころ、少し風邪をひいたんですが、
それは大ごとにならず、小児科&耳鼻科通いで何とか治りました。
が、、、
この太陽の風邪が私にうつってしまい、今大変な事になっています。
つづく。

踏んだり蹴ったり 私編

太陽がいくら私の前で咳をしても鼻水がでていても平気だったので、
「やっぱり母は強しなんだなー」と気楽に構えていたワタシ。
ある日を境に、太陽と同じ風邪の症状が出始めました。

最初は咳・鼻水程度だったのに、鼻水の量が増え、(汚くてすみません><)
鼻をかみまくった結果左の耳が痛くなり、これまた救急病院へ。
「鼓膜が腫れてるねー。」と言われたものの、特に処置はなく、
痛み止めの薬を飲んで寝て次の日耳鼻科へ行くと、
「これ、急性中耳炎ですよ。耳に水たまってます。鼻の中もひどいねー。」と。
この日を境に、左の耳が聞こえづらくなりました。
何が大変って、授業ですよ。
学生の声が半分しか聞こえず、私も自分の声がどこまで届いているのか分からない状態・・・
学生たちに迷惑かけながら一応授業を終えたんですが、
この3日ぐらいで鼻の状態が悪化してしまい、
とうとう・・・蓄膿症になってしまいました。。。
「これは酷いから」と耳鼻科で紹介状を書いてもらい、
大学病院に逆戻り・・・
二度と世話にはならんと思ってたのに、情けない・・・
「確実に蓄膿と中耳炎ですね。熱もあるみたいだから、
解熱剤と抗生物質処方しときますね。二週間後に来てください。」とのこと。

と言う訳で、今現在、中耳炎で耳が聞こえにくい状態、
そして、蓄膿で嗅覚・味覚が全くない状態におります。
これだけ人間の感覚を奪われると、何か生きてる心地しないですね。
嗅覚味覚がない事がこんなに辛いなんて知らなかった。
太陽が大物をしても気付けないし、料理の味付けも100%勘。
(旦那曰く、薄目だそうです。)
何を食べても全く味がしないんです。
早く脱出したいけど、もうちょっとかかりそうな予感。
でも、一応峠は越えた(はずな)ので、栄養とって頑張ります。
そして、最後にご報告。

実はまた、妊婦しています。
ありがたいことに、二人目を授かりました。
今5か月、17週目。
予定日はというか、私は帝王切開だったので、今回も帝王切開。
10月初旬に誕生予定です。
rainさん、3月ちゃんと同級生だね〜^^よろしくね!
このような状態なんで、安易に薬や注射が使えず、風邪を悪化させてしまったんですね。
一応、妊婦も5か月以上だったら飲めるというお薬を処方してもらい、治しています。
幸い、二人目ベビは元気でいるようで、
「お母さん大変なのに、赤ちゃん元気だねー。大きさも18週ぐらいの大きさだよ。」と言ってもらえました。
そう、この二人目ベビについてもまた語りたいことがあるんですが、
風邪を治してからまた書きますね。(汗)

お久しぶりです。そしてついに…

大変ご無沙汰しています。
お元気ですか?
日本は春なのかな。
こちらソウルは、まだ雪が降って時には積もったりもし、
いつ暖かくなるんだ〜!いつ春が来るんだ〜!と、みんな怒り気味です。(笑)

トルジャンチ(1歳の誕生日)のご報告もできないままここまで来てしまいましたが、簡単に写真など載せてみます。
50_IMG_3180_copy


















これが、トルサンと言って、トルジャンチのメインの飾り付けです。
真ん中の丸い白いものは、トッケイクと言って、お餅のケーキです。
「祝初トル」と書いてあります。

55_IMG_3263_copy


















これは、トルジャビ。
聴診器やマイク、お金、糸、マウスなどが置かれていて、
子どもが何をつかむかをみんなで予想して当てる、トルジャンチのメインイベントです。ちなみに、ママの念力が効いたのか、ばっちりウォン札を掴んでくれました。(半分強制?笑)

と、トルジャンチも無事終え、只今15か月。
1歳3か月になりました。
赤ちゃん語しか出来なかったのに、最近「マンマ、ないない、いたいいたい、ねんね、行こうか」など、少しずつ言葉を真似するようになりました。
拍手やバイバイ、こんにちは、もしもし、サランヘ〜というような動作も少しずつですが出来るようになっています。

しかし…
周りのお友達は、早い子で8か月頃から歩き始めたと言うのに、うちの坊は1歳過ぎてもハイハイっ子。伝い歩きもあまりせず、焦ってはいけないと思っていても、何だか内心焦ってました。今月に入って2・3歩は歩けるようになったものの、いつになったら歩けるようになるかな、いつになったら靴履いてお散歩出来るようになるかな…気持ばかりが焦っていました。

それが今晩。
突然自分で踏ん張って立ったんです。
でも、足の力が足りなくて、すぐにすとんと座ってしまいました。
「うんうん、大丈夫。歩きたくなったらでいいからね。」と言った瞬間、またもや踏ん張って立ち上がり、思いきり笑顔で、両手を開いて私をめがけて10歩ぐらい歩いたんです!!あまりに突然の出来事でびっくりしたけど、それ以上に嬉しくて嬉しくて、涙が出ました。

最近ちょっとしんどくて、息子によく当たってしまったり、ろくに相手もしてあげられていなかったのに。恥ずかしさと申し訳なさでいっぱいです。今日頑張ってくれた分、私も心機一転、頑張ろうと思います。

周りからもたくさんの嬉しいニュースが届き、喜びでいっぱいの中、私もご報告させていただきました。^^
Profile
Recent Comments
  • ライブドアブログ