aamall

2014年07月25日

ブス二十五箇条

今日は、写真がないのだけど、今朝の新聞に入っていた保安寺さん発行「鈴の音」にいいことが書かれてたので、抜粋し、ご紹介させていただきます。

【ブス二十五箇条】
宝塚歌劇団の壁に何年か前に「ブス二十五箇条」という紙が貼ってあった。
最初の十箇条をあげると、
1.笑顔がない。
2.お礼を言わない。
3.おいしいと言わない。
4.精気がない。
5.自信がない。
6.愚痴をこぼす。
7.希望や信念がない。
8.いつも周囲が悪いと思っている。
9.自分がブスだと知らない。
10.声が小さくいじけている。
まずトップに挙げているのが「笑顔がない」。それだけ笑顔が重視されている。
つまり、これと逆のことをすれば、美人になれるわけである。ここで「ブス」に挙げられている内容を見ると、容姿についてはまったく触れられていない。その人の「振る舞い」「行い」が問題にされている。だから行いを変えれば誰でも美しくなれる。ということである。美しい「振る舞い」から美しい光が放たれるのであろう。

いかがでしたか?
これって、私自身のことはもとより、すべて接客業にも通じるなぁと思いつつ読みました。
ある韓国ドラマでは、お師匠さんがこんなことをおっしゃってました。
「商売とは、お金を得ることではない。人を得ることなのだ。」
夏休みも本番。たくさんのお客様が、「小豆島に来てよかった。」「DREAMISLANDのガイドツアーに参加してよかった。」「こまめ食堂に行ってよかった。」と心から思っていただけるよう、みんなで力を合わせてがんばります。
ほんっと暑いですが、暑さ対策は万全に、ぜひ小豆島に遊びにいらしてください♪ お待ちしています。

なお、7月29日(火)8時〜16時には、保安寺本堂で、きゅうり加持が行われます。
きゅうりに病を封じ込めて、心と体の健康を祈念する行事です。

2014年07月24日

ひらけ、ごま

夕焼け
日本昔ばなしみたいな今日の夕焼け。
ゴマ
むかーしむかし、肥土山というところにゴマの花が咲いていました(^ー^)
そう、これがゴマです。
夏は花が咲く季節。9月になると根元から刈り取って、下にシートなどを敷き、乾燥させながらゴマが弾けるのを待ちます。アラビアンナイトの「アリババと40人の盗賊」に出てくる洞窟を開く呪文の言葉、『ひらけ、ごま』は、この様子から来ているそうです。

さて、今から150年ちょっと前のこと、農家では、畑の隅にゴマを植えていました。収穫時期になると、当時、67軒あったゴマの搾油農家が各農家のゴマを集めに来ます。そして、ゴマを搾り、油にしたものをまた農家に返します。農閑期の冬場、農家はそのごま油を使って、おいしい素麺づくりに励みました。
今、小豆島に残っているゴマの搾油農家はただ1軒。かどや製油という大きな工場になって、全国の約55%のごま油を搾っています。皆さんのお家にある、黄色いキャップのごま油は、最初は小豆島そうめんの品質を高めるために作られ始めたもの。酸化しにくく、風味のいいごま油を使っているのは、小豆島そうめんだけの特徴です。

2014年07月23日

すっきり桟敷

池田の桟敷
どこもかも草の勢いがすごいなーと思ってたら、ここは草刈り直後のすっきり野天桟敷でした。
積み上げられた1個1個の石が、にっこり笑顔で笑ってるみたい。
草刈りはハンパなく大変だけど、やっぱきれいなのが1番ですねー。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2014年07月22日

どで〜ん

どでカボチャ
葉っぱの陰から、オレンジ色のまぁるいカボチャが顔を覗かせています。普通のカボチャに比べれば、かなりでっかいけど、この子たちはまだまだ子ども。これから夏の暑い日差しを浴びて、どんどん、どんどんでっかく成長します。
この子の名前は、アトランティックジャイアンツ。別名“どでカボチャ”。
今年も9月21日(日)には、小豆島ふるさと村で第28回日本一どでカボチャ大会が開催され、全国各地から、どでか〜いカボチャが集結、その重さを競います。優勝者は、なんとアメリカ西海岸で行われる世界大会にも招待参加できますよ。
ちなみに、日本大会の過去最高は、第22回大会の530.9キロ。この子たちは、はたしてこの重さを抜けるのかー?!
どでカボチャ 


2014年07月21日

感謝のお米

こまめ田全景
田植えから2ヶ月目のこまめ田です。
「よその子は大きくなるのが早いなー」とよく言いますが、うちのこまめ苗もめっちゃ早いです。
畔の草刈り
夕方、水を止めにこまめ田へ行くと、な、なんと、知らないうちに畦がきれいになっていました。
不思議に思い、翔くんに確認してもらったところ、なんと、翔くん父が草を刈ってくれたのだそうです。しかも、翔くんに内緒で。
こまめ田は、いえいえこまめ食堂も、DREAM ISLANDも、応援くださってる皆様のおかげで前に向いて進めてるんだなと思います。本当にどれだけ助けていただいていることか。。ありがたいことです。
こまめ田には、きっと感謝のお米が育っています。
千枚田夕陽
帰り道、夕陽を受けて輝くこまめ苗がきれいでした。

2014年07月20日

成長記録

2014_0720_115542-1
2009年より毎年お越し頂いているお客様。
6才ではじめてカヤックに乗ったお兄ちゃんも今年で6年目。
今じゃ一人乗りのシングルカヤックも乗りこなせるようになりました。
今日はエンジェルロードまで往復12km。
小学生最高記録達成!やればできる!
来年は海峡超えしよう。じゃ、また来年!


dreamisland1 at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月19日

待つこと

2014_0719_171318
時折強烈なシーブリーズが吹き荒れる。
気温は高いが上空に寒気が入り風は冷たい。
ここんとこ不安定な天気。
今日も分厚い雲がかかり夕陽は雲の向こう側。
2014_0719_184330-1
でも、待てばこなこともある。

キングオブサーファー、ジェリーロペスは
1回の大波に乗るのにまる一日を費やすと言う。
つまり99%の時間は海に浮いてるだけ。
ジェリーはこう綴る。大波に乗るコツはただ一つ。
待つこと。
でも多くの人は待てないんだ。

数年前、波戸で出会った釣りの名人の老人も同じことを言った。
待てば大物がかかるんだけどな。
でもほとんどの人は待てないんだ。

海はいつも 「待つこと」 を教えてくれる。
from kenji

dreamisland1 at 21:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月18日

夏です。

笠ヶ滝
きらきらの青空。
ヒマワリ
太陽に微笑むヒマワリの花。
ヤギ
おしゃれなヘアスタイルのヤギ沼さん。
夏がピカピカだー!!

2014年07月17日

またもや旬をいただきます。

エダマメ
たっくさんの採れ採れエダマメをいただきましたー。
枝豆
ようやく枝から外し終わると、今度は塩茹で。大きなザル一杯のエダマメの端を切り落とします。こうすることで、実にも塩味がちゃんとついておいしいのだそうです。
茹で上がりを待ちわびてさっそくいただきました。
あま〜〜〜〜い♪♪
旬の味は、本当に本当に最高なのでした。


2014年07月16日

8週間目のこまめ田

こまめ田
こんなに大きくなりました。
千枚田


2014年07月15日

椎の実

マテバシイ
名前は知ってても、実は今まで椎の木を見たことがなく、もちろん椎の実も見たことがなかった私。今日、たまたまこの木を見つけ、「でっかいどんぐりやなぁー。」と思った途端、頭の中がきらり。「これ、椎の実ちゃう?」
調べてみると、やっぱり椎の実でした。えっへん。
マテバシイだそうです。
炒ったら食べられるらしい。。どんな味がするのかなぁ。興味津々です。
キジ 
椎の実に興奮してたら、キジさんに会いました。私が立てた物音に、急いで隠れてしまったのだけれど。
キジ
見えてますよ。

2014年07月14日

おとなの味

イギス豆腐
小豆島の食について調べている学生さんたちとお話してるうち、イギス豆腐の話になったので、母に頼んで作ってもらいました。
イギスとは、海藻のことです。
夏、波打ち際にふわふわ〜っと網目状に絡まって転がっているイギスをたくさん採ってきて、数日間、水洗いと天日乾燥を繰り返します。そして、水洗いのたびに、ゴミや貝殻を取り除いていきます。とても手間がかかりますが、イギスは、海藻そのものを煮溶かせて食べるので、きれいじゃないとダメなのです。
熱々をバットに入れて冷やし、固まったら出来上がり。
イギス
からし酢味噌でいただきます。

昨日は学生さんたちに「どんな味?」と聞かれ、
「子どもの時は苦手なのに、大人になったらおいしくなる、大人の味。」と答えました。
でも今日、召し上がっていただいたら、「おいしいですよ。」って。
みんな若いけど、既に違いの分かる大人なのね。

2014年07月13日

海遊びシーズン♪

P7120119
ぷかぷか〜&サンセット
P7120189

P7130127
ジャ〜ンプ&ひなたぼっこ。
P7130123
海遊びシーズンまっさかりだよー♪♪

2014年07月12日

伝統芸能

恵比寿舞
中山農村歌舞伎保存会会長の矢田さんによる恵比寿舞を再び拝見しました。81歳とは思えない、若々しい矢田さんの足の運び。本当にすばらしいです。
また、このほど、矢田さんのおじいちゃんが記した恵比寿舞の歌が出てきたそうです。
恵比寿舞 文献
昭和21年春。
矢田さんが12〜3歳の頃、おじいちゃんたちが歌っていた謡や踊りを見聞きし、記憶していた恵比寿舞が、70年後の今、矢田さんを通して披露されています。
同時期に、この本が出てきたってことは、矢田さんのおじいちゃんからの何かのメッセージなのかもしれませんね。
どじょうすくい
今日はもう1つサービス。
どじょうすくい。めちゃめちゃ楽しいです。

2014年07月11日

夏が来たー!

浜這う
青空に映えるハマボウの花。
夏が来たー!ってことを感じさせてくれる花です。
今、まさに満開!!

2014年07月10日

台風の1日

内海湾
今日の内海湾です。
台風の影響を避け、たくさんの船が避難してきています。

dreamisland1 at 16:33|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!小豆島 暮らし 

2014年07月09日

7週間目のこまめ田

7週間目のこまめ田
7週間目のこまめ田。ずいぶん大きくなったでしょう?
でも、これから初めての台風がやってきます。
初めての試練。一生懸命踏ん張るんだよー!
サツマイモ畑
サツマイモ畑の雑草がやたらにすごいので、3人がかりで抜きました。
1時間強必死に頑張って、一応、土が見えるようになりました(^^;
立ち上がったら、足腰がギクシャク。草抜きは手動なのに、体はまるで電動仕掛け。。草抜きって、大変や・・。

カエルが生る木

カエル
カエルが生るオリーブの木。カエル密度がハンパないです。

dreamisland1 at 14:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月08日

台風接近中

今日の海
台風が近づいてるからか、はたまた気温が一気に上がったためか、何だかぼわ〜んとした今日の瀬戸内。
穏やかだけど、気のセイかちょっと不穏な感じ。
クラゲ
浜辺に打ち上げられたクラゲの切れ端が美しい。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年07月07日

紅色

夕焼け
雨が上がって、一気に紅に染まった今日の夕焼け。
王さんの作品「小豆島の光」も、家々も、そしてダムの堤防も、みーんな紅色に染まっています。
夕陽


dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!小豆島の 自然 

2014年07月06日

新じゃがとオリーブ牛のおいしい出会い♪

20140703_180311
掘り掘りの新じゃがをたくさんいただいたので、小豆島オリーブ牛と玉ねぎ(もちろん自家製)をたっぷり加えて、コロッケを作ってみました。せっかくのオリーブ牛なので、炒めるのにもエキストラバージンオリーブオイルを使いましたよー(^^)v
自画自賛だけど、結構イケます♪ しかも、オリーブ牛なので、冷えてもおいしいのが嬉しいところ。あと3回くらいは作れると思うので、良かったらぜひ召し上がってみてくださいね。



dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 

2014年07月05日

海の彼方へ。。

虫おくり(広角)
4年目にして、初めて見れた中山の虫おくり。
こまめ田の稲虫も、しっかり海まで追い払っていただいて、千枚田の夜がゆっくりと更けていきました。
虫おくり


2014年07月04日

虹の架け橋

田んぼの虹
夕方、こまめ食堂の厨房で片づけをしていたら、目の前の田んぼから虹が伸びていました。
大興奮しながら、急いで外に出て、写真を撮りました。
そして、写真を撮りつつ、その虹の行く先を目で追ったら・・
虹
何と、空をまたいで王さんの作品「小豆島の光」へと繋がっていました。
またまた大興奮!!
まるで、台湾と小豆島の架け橋のようです。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!小豆島の 自然 

2014年07月03日

6週間目のこまめ田

田んぼ
田植えからはや1ヶ月半。
稲の成長も著しいこまめ田です。
ほら、こまめ田を渡る風が見えるようになりました。

やんちゃなねーちゃん

スモモミルク
スモモをたくさんいただいたので、みんなで知恵を絞ったら、めっちゃイケてるドリンク、『すももミルク』 が誕生しました♪
見た目は、こまめ食堂の定番『いちごミルク』 にそっくりですが、中身は全然違います。

どんな味かといいますと・・・
「いちごミルクのやんちゃなねーちゃんって感じ。」  by 翔
「うん、うん。中森明菜みたいや。」  by 佳代
・・どんな味やねん(^^;
すももジャムがある間だけの、今だけ限定メニューです。

2014年07月02日

坂手ふるさと農道

坂手ふるさと農道
久しぶりに走った坂手ふるさと農道。
洞雲山に向かっていく感じがとても美しくて、大好きな道です。
坂手の集落
見下ろせば、坂手の集落。
海岸からすぐに山が始まる小豆島ならではの地形の中で、たくさんの家と段々畑が海を眺めています。
壺井栄文学碑
坂手は、小説「二十四の瞳」の作家、壺井栄が生まれ育った集落。
小さい頃の栄が遊んだ、海を見下ろす『向かいの丘』には、「桃栗三年 柿八年 柚の大馬鹿十八年」と書かれた栄の文学碑が佇んでいます。
ホーホケキョ。周りの木々からウグイスの声が楽しげに響きます。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!小豆島の 風景 

2014年07月01日

海が呼んでいる

海
小豆島の東側、瀬戸浜の海。
潮の流れのあるここの海は透明感があってめちゃめちゃきれい。
久しぶりに、のんびりカヤックに乗りたくなってきました。
ハマチシャ
浜辺には、ハマチシャや
ハマナデシコ 
ハマナデシコの花。
海が呼んでます\(^0^)/

2014年06月30日

感謝の気持ち

「ありがとう。」とか、「ごちそうさま。」とか、感謝の気持ちを伝えることって、すっごく簡単なことなのに、意外と言わない人が多いですね。

久しぶりにお会いしたお客様から、こんな話が出ました。
他人には言えても、身内にはなかなか言えなかったり、反対に、仲間内では言えるのに、他人にはなかなか言わなかったり。簡単だけど、難しいのが、こういう感謝の言葉なのかもしれません。

私自身、こまめ食堂の厨房にいて、お客様から声をかけていただくことって本当にうれしいし、「おいしかったー。」なんておっしゃっていただくと、一気に天にも昇る気持ちになって、「もっと頑張ろう!」って前向きな気持ちになります。
感謝の言葉をかけていただくことって、自分の存在を認めてもらえたってことにも繋がるから、なおさら嬉しい気持ちになるのかもしれません。

人と人のかかわりの中で、自分の感謝の気持ちを素直に伝えることは、まわりまわって自分を幸せにすることなのかもしれないな。
お話ししながら、そんなことを思いました。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年06月29日

水分求めて三千里?!

中干し
中干し中。田んぼがひび割れてきています。
今、稲の根は、水分を求めて長く長く成長中。。らしいです。
がんばれ、がんばれ。
田んぼ
今日は朝から地域の皆さんが田んぼに出て、一斉に草刈りでした。
すっきりきれいに刈られた畦が、稲の成長を際立たせて、本当にきれい。
今週末はいよいよ千枚田の稲虫を海の彼方に追い払う「虫おくり」の行事です。

※土庄町肥土山の伝統行事 虫おくりは、例年通り半夏生の7月2日の夕方に行われます。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 

2014年06月28日

季節のお野菜いかがです♪

野菜
梅雨だけど、野菜はすっかり夏野菜。
インゲンにモロッコいんげん、おナスにきゅうり、ズッキーニ。
デカニンニク
でっかいニンニク〜♪
さて、何を作りましょうか。。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 

2014年06月27日

甘酸っぱくてジュ〜シー♪

スモモ
小豆島の今の旬と言えば、そうスモモ〜♪
3月末に真っ白な花を咲かせたスモモが、今、まっ赤な実をつけてます。
レットスターというこの品種、もともと小豆島出身で植物学者の八代田貫一郎さんが、米国から取り寄せたメスレー種を馴化させ、農家の藤本幸太郎さんが小豆島で広めたことから、『こうたろうもも』とも呼ばれます。
甘酸っぱくてジューシー、皮も実も真っ赤なのがレットスターの特長です。

ここ数日、次々とスモモをいただいて、みんなニヤニヤ。木で熟した完熟スモモって、ほんっとおいしいんですよ。ま、果物アレルギーの私は、以前食べた味を心の中で反芻しながら、みんなのおいしい顔をチラ見してるだけですけどね(^^; ちと寂しい。。

草刈り
そして今日は、畦の草刈り。翔くんの頑張りで、みるみる畦がすっきりしていきます。

2014年06月26日

中干しを開始しました。

中干し
稲の茎が20本を越えてきたので、今日から中干しを開始します。
中干しというのは、稲を植えてから約1ヶ月経った頃、一度田んぼの水を全部抜いて土が割れるほどカラカラにすることです。水がなくなるので、水分を求めて、深く根が張り、茎も太くなるそうです。
がんばれ!こまめ苗。
5日〜1週間ほど水を抜いたら、またたっぷりの水を入れます。

こまめの豆の木

ナタマメ
ナタマメの種をいただいたので、植えてみたら、童話の世界に出てきそうな、おっきくてかわいい芽が出ました。
土から顔を出したところ、豆の皮を被ったままの芽、豆のまん中に葉っぱを挟んでいるもの、葉っぱが伸びて豆がパカッと開いているもの、どんどん葉っぱが増えてきているもの。同時に植えたのに、少しずつ成長具合がずれていて、種からの成長過程が一目瞭然です。
これからぐんぐん大きくなって、もしかしたらジャックと豆の木みたいに雲まで届く豆の木になるかもね〜♪

2014年06月25日

5週間目のこまめ田

5週間目
こまめ田も田植えからはや5週間。苗がどんどん大きくなって、緑色が濃くなってきました。
田んぼ
遠くから見ても、いい感じ。
ちなみに、王さんの「小豆島の光」のすぐ上がサツマイモ畑、その上がこまめ田です。ちゃんと成長してるなぁ。うるうる。。

2014年06月24日

職人技

とっくり蜂
お墓参りに行ったら、お供えしてた高野槇の葉っぱにとっくり蜂が巣を作っていました。細長い1本の葉っぱの中ほどに、壺状の巣をまるで職人技の器用さでくっつけてます。
人間の場合は手先が不器用でも、それぞれにちゃんと職人さんがいて、いろんなものを作ってくれるけど、昆虫や動物の世界はホント大変だなぁ。人間でよかったような気がします(^^;
海の風景
ちょっと遠回りして見た三都半島の海。今日の海は本当に穏やかです。

profile
立花律子  りっちゃん
こんにちは^^
NPO法人DREAM ISLAND
代表の立花です。

小豆島生まれの小豆島育ち。
'85年より社団法人小豆島観光協会に勤務、刺激的な22年を過ごす。'97年より事務局長就任。ずっこけながらも前進あるのみ!でいろんな企画に手を出し続ける。
'06年9月末日をもって退職。生まれて初めて、自分の夢に向かって起業を決意する。

私の大好きな小豆島をもっともっと知っていただきたい。小豆島が好きな人をどんどん増やしたい。
繋ぐ、結ぶが、私の役目。たくさんの笑顔とハッピーを創造するため、ひたすら楽しみながら走る走る走る!で頑張りま〜す^^v
とりえは笑顔…のみ?!
小豆島ガイドツアーズ DREAM ISLAND

棚田デリカフェ こまめ食堂