aamall

2014年11月22日

ふるえる心

2014_1122_062150
2014_1122_063337

冬の始まりの風物詩。
今年で12回目となる「瀬戸内カヤック横断隊」がはじまりました。
横断隊は小豆島から山口県の祝島までの約250キロを
7日間かけてゴールを目指す国内最高峰のシーカヤックアカデミー。
今年は女子や外国人も含めて全国から18名が参加。
プロだけで漕ぐのならまだしも、
アマチュアも混在するところがアカデミーたる所以。
年齢や経験や体力、性別や国籍の異なる者同士が
どうやったら全員でゴールできるかを考える「道場」でもあります。

航路は決まっていませんが、安全性を突き詰めると
かつて「北前船」が辿っていた島々を繋いで行く「沖乗り航路」となり
かつ、潮や風を含めた「海気」を読む原始的な航海術も同じ。
人力の旅に今も昔も違いはありません。
月、太陽、風、波、雲、潮、音や温度や湿度や空気感、
パドルから伝わってくる水の堅さや柔らかさといった感触、
それら全てにメッセージがあります。
つまり、自然の摂理が凝縮された海を「漕ぐ」ということは
大いなる自然そのものを学ぶ旅でもあり、
最古の航海民族である日本人のDNAやルーツ、
失われかけた文化を遡る旅でもあるのです。
加えて、いくつもの島々でたくさんの出会いがあり、
人情があり、助け合いや感謝があり、
一瞬一瞬に心震える風景や感動があります。

漕ぐことになんの意味があるのか。と尋ねられることがあります。
何事にも意味や損得が求められる時代にあって
「漕ぐ」ということの意味を説明するのは難しいです。
遊んでるようにしか見えない。という人もいます。
確かに遊びです。しかし子どもがそうであるように、
人は遊びの中から多くのことを学びます。
時に痛い目に遭うこともありますが、痛いほどより多くのことを学びます。
なんにもない荒野の中にこそ、一見意味の無い不毛の場所にこそ
心震える感動や風景があり、学びがあるのです。
つくられたものではないから感動が大きいのだと思います。
自らの手足を動かし目にした風景は一生心に残る大きなものです。
人には心ふるえる感動や体験こそが大切なのだと思います。

from Kenji

dreamisland1 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月21日

2番目においしいおにぎり

王さんの「小豆島の光」撤去作業がはじまりました。
厨房の窓から見える小豆島の光は、見るたびに外壁がなくなり、通路がなくなり、夕方にはドーム部分まで撤去。一気に風景が様変わりして、ちょっと寂しい1日でした。

でも、今日はおにぎりをめーっちゃお褒めいただき、ちょっといい気分の
1日でもありました。
おにぎりって、たぶんおかあさんが結んでくれたおにぎりが、みんなにとっての最高のおにぎりですよね。こまめ食堂のおにぎりは、おかあさんの次、2番目においしいおにぎり♪ と思って頂けたら嬉しいなーと思っています。

明日からいよいよ3連休。
一生懸命おいしいおにぎり結びますよー!!


dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 

2014年11月20日

改名するなら・・?

クサギ
紅葉が始まった木々の中、クサギが可愛い実をつけていました。
クサギは、臭木と書き、葉っぱや茎を傷つけるとくっさい匂いがすることからこの名前がつけられたそうですが、花はかわいらしくて甘い香りがするし、実はこんなに華やかだし、そろそろ名前を変えてあげたいような気がします。
とは言え、「じゃあ何てつける?」って聞かれたら、残念なことにぜーんぜん思いつかんのやけどね(^^;

2014年11月19日

自分のための迷い旅

柿の木
昨日、奈良に行ってきました。
目的は、飛鳥大仏様にお会いするため。友人から「美しいよー♪」と聞いて以来、気になって仕方なかったのです。
「風を感じる旅にしよう!」と急きょ駅前でレンタサイクルを借りて出発しました。
でも私、かなりの方向音痴。いえ、自分ではまともと思ってるのですが、旅の途中には、いつも必ず数回道に迷います。しかも、スマホを小豆島に忘れてきたので、ナビもなし。。レンタサイクルのお店でもらったマップ
1つが頼りです。
あすかにいますじんじゃ
レンタサイクルのおっちゃんは、「まっすぐ行くだけやから、絶対分かる。ちょっと坂道やけど、15分くらいで着くで!」と言ってくださったけど、坂道はめっちゃしんどかったし、まっすぐ来たら別の場所に来てしまったよ。。
でもね、名前が気に入りました。
「飛鳥坐神社」と書いて、「あすかにいますじんじゃ」。まさに今の私!
ゴミは持って帰ってください
神社にあったお願い看板もかわいかった。
この文章読むと、「絶対きれいにして帰ります!」と思うもんね。
でも、何処も同じ。どこに旅しても、ちゃんとマナーを守ってゴミは必ず持ち帰りましょう。
田んぼ
これもはさがけの一種かな。
田園風景の中で、とってもかわいいアクセントです。
飛鳥寺
30分近くかかってようやく飛鳥寺へ。
ご本尊の飛鳥大仏(釈迦如来坐像)は、飛鳥時代に作られた銅像で、推古天皇17年(609年)、天皇が詔して鞍作鳥(止利仏師)に造らせた日本最古の仏像だそうです。1400年余の時を経て、今もなお柔らかなお顔で静かに佇んでいました。
とまれ
その後もあちこち迷いながら、約3時間の自転車旅。
でもね、改めて思ったのは、やっぱり旅は歩いたり、自転車に乗ったりしてするべきだなーということ。
迷っても、迷ったことが楽しいし、あまりに分からない時は、畑にいるおじいちゃんに尋ねたり、ついでにちょっと世間話をしてみたり。。何と人と交流することの楽しいことよ。
頭の中ではわかってるつもりでも、自分も外へ出かけていかなければ実感できないことって本当に多い。スマホを忘れてよかったなー。なんて思ったりしたのでした。

人生、時には立ち止まり、自分のための迷い旅。えへへ。。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!りっちゃんの旅 

2014年11月18日

さよなら、小豆島の光

小豆島の光へ
瀬戸内国際芸術祭2013を大いに賑わせてくださった台湾のアーティスト 王文志さんの作品「小豆島の光」がいよいよ20日から取り壊されることになったので、お別れに行ってきました。
小豆島の光 出口
多少の傷みはあるとはいえ、しっかり強固に造られた小豆島の光。芸術祭の時には、いったいどれほどの人たちがここを通り作品の中に入られたのでしょうか。
小豆島の光
美しいその姿は今も健在です。
王さん
ここにみんなで座ったり、寝っ転がったりしながら、竹の間から吹き上げて来るさわやかな風や、木漏れ日のようにきらめく太陽の光を感じていたのがついこの間のような気がします。
この日もやっぱり心地いい風が吹いていました。
小豆島の光からこまめ食堂
窓から見えるこまめ食堂。
この坂を下り、幾度となくぜんざいやしょうが湯などのおやつを運びました。それを合図に王さんが休憩を知らせます。
王さんチームの笑顔が私たちを出迎えてくれました。
こまめ食堂の竹箸
こまめ食堂の竹の割りばしもちゃんと小豆島の光を支え続けています。

2016年に開催予定の芸術祭に、王さんがまた作品を作ってくださるかどうかはまだ分かりませんが、また王さんチームの笑顔に逢いたいなーと心から願っています。

2014年11月17日

瀬戸内で生きる

イリコ漁
朝の内海湾。
9月から11月はイリコ漁のシーズン。
瀬戸内海とともに生きる人たちを、手が届きそうなくらい近い場所で垣間見ることができます。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2014年11月16日

冬のはじまり

2014_1116_102646
あ〜寒い寒い。今年は特に寒いね〜
と毎年言ってる気がするが、気温は例年通り。
冬の始まりが一番寒い気がするんですが
みなさんはいかがですか。
from Kenji


dreamisland1 at 21:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月15日

つやつや〜♪

ご飯
毎朝、ご飯が炊きあがる時間の頃って、厨房に朝の柔らかな陽射しが入ってきます。
葉っぱが風に揺れるたび、その光と影もご飯の上でさわさわと揺れるのだけど、この陽射しがご飯をほんっとつやつやと輝かせてくれるんです。毎朝、おにぎりを結びながら、ひとり嬉しさににやつく私。
そんな嬉しさをお伝えしたくて、撮った1枚です。
私の気持ち、伝わったかなぁ。。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 

2014年11月14日

縁起もの

ムベ
これ、なーんだ。
漢字で書くと、『 郁子 』。
『 いくこ 』・・ではなく、『 むべ 』 と読みます。
アケビ科の一種で、「不老長寿の霊果」と言われるほか、幼木の時は葉っぱの数が3枚、その後、成長するにつれ5枚になり、実のなる頃には7枚になるので、「七五三の縁起木」とも呼ばれる縁起物の果実です。

2年前、ご近所さんにたくさんいただいてムベの存在を初めて知り、大興奮でジャムでも作ってみるかーと取り組んだ結果、かなり悲しい結果に。。
果肉の中に種だらけのムベは、そのまま吸うようにして果実をいただくのがよさそうです。

2014年11月13日

西風

2014_1113_094959
ピューーーーー ゴゴーーーーーー
西風吹きすさぶ今日の小豆島。海は大時化。
こんな日はカヤックもできないし
エンジェルロードでも行ってみますか。
2014_1113_102506
ピューーーーー ゴゴーーーーーー
相変わらずスゴイ風だね。
こんな時はコレ。マイケル遊び。
ポー!
ネタ古いっすか・・・

dreamisland1 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月12日

輝く!

寒霞渓11月11日
曇り空になってきたので、写真では発色がイマイチだけど、かなり美しくなってきてた昨日の寒霞渓。
美しの原高原
美しの原高原では、この1本の木が最高に輝いていました。
銚子の滝
西に下り、こちらは銚子の滝。
ここも随分鮮やか色に染まってきています。

明日からすっごく寒くなるそうなので、紅葉も一気に進むかも!と思い、慌ててアップしましたが、恐らく今週末から来週末にかけてが、今年1番のピーク。自然の輝きを思う存分、お楽しみくださいね。

石門は3分くらいの紅葉です。

モミジ
昨日歩いた石門の紅葉です。
太陽の光を浴びると、モミジたちが一気に華やいでほんっときれい。
石門洞
奥の、岩肌にくっつくように建てられた建物が、小豆島霊場第18番札所の石門洞。モミジが雲のように広がっています。
石門洞から
石門洞にお参りしてきました。
中から見下ろすと、こんな感じ。下から見るより紅葉が進んでいます。
石門 
石門洞の斜め上、石門の景色です。
あと1週間くらいで一気に鮮やか色に染まりそうです。
石門
こちらは下から見上げた石門。
太陽の光が当たっているところだけ、モミジがきらきら輝いていて、灯りをともしているかのようでした。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!小豆島の 自然 

2014年11月11日

きらきらオリーブ♪

光る海
今日の海はキラキラ。
太陽が、海の上に細かな光の粒を無数に転がしています。
この上で寝っ転がったら気持ちよさそうだなー。
オリーブ
オリーブは緑色から赤く、そして紫色に色づいて、まるで宝石みたい。
つやつやです。
フェイジョア 
園内を歩いていると、あま〜い香り。
フェイジョアの実も食べ頃サイン。地面にころころ転がって、今が1番おいしいよーと芳香を漂わせているのです。

2014年11月10日

寒霞渓の紅葉

2014_1110_152516
今日の寒霞渓はこんな感じ。どんどん美しくなってきてますよー♪


dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月09日

ナタマメが育ちました。

ナタマメ
いろんな珍しいものをたくさん育てているご近所のおっちゃんから、ナタマメの種をいただいて植えたのが6月のこと。
ジャックと豆の木みたいなでっかい芽が出て、最初は、上へ上へ伸びようとしていたナタマメくんも、風に負けて上に伸びれず、結局地面を這ってここまで大きくなりました。そろそろ収穫の季節です。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月08日

寒色の空に。。

2014_1108_102641
健ちゃんが今朝のカヤックツアー中に撮影した海と空。
肥土山
そして、この前の火曜日、寒霞渓からの帰り道に撮った肥土山。

まだ1週間も経ってないのに、空が一気に寒色に変わってきました。
朝晩、本当に冷えるので、うがい&手洗い励行で、自分を守りましょう!

写真が撮れず、ネタ切れでーす(^^;



dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月07日

日本!食紀行 「♯70 むすぶ〜小豆島・千枚田と生きる〜」

夏前から何度も取材にお越しくださった西日本放送の「日本!食紀行」
間もなく放送です。

ずっこけてる私が度々登場しそうなので、別の意味でドキドキなのですが、空からの千枚田や農村歌舞伎の様子など、ご覧いただきたい映像も多いので、時々片目をつぶりつつ、ぜひご覧いただければ幸いです。

なお、この番組は、公益財団法人民間放送教育協会の全国放送です。
地域によって、放送局や放送時間が異なりますので、皆様の地域の放送スケジュールは同番組のHPをご参照ください。

2014年11月06日

オリーブ牛コロッケ♪

オリーブ牛コロッケ
久しぶりに小豆島オリーブ牛のミンチ肉を使ってコロッケを作りました。
明日の「棚田のおにぎり定食」のおかずの1つになります。
オリーブ牛たっぷりでおいしいよー♪♪

2014年11月05日

夏の忘れ物

ひまわり
今を盛りと咲き誇るヒマワリたち。
人間の心は不思議なもので、元気いっぱいのヒマワリなのに、なぜか哀愁を感じてしまいます。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月04日

紅葉がはじまりましたよー♪

別当川
目が覚めたら、めっちゃいいお天気。これは行くしかない!ってことで、寒霞渓に行ってきました。
麓から見ても、少し色づいてきているのが分かります。ちなみに、山の
1番低いごつごつしたところが寒霞渓。東側の星ヶ城(817m)と西側の美しの原高原(777m)の間にある渓谷(612m)だからね。
ブルーラインから見た瀬戸内海
車でぐんぐん登ってると、とっても美しい風景が広がります。
左の山は浪切さんのいらっしゃる碁石山、そこから右側に伸びている半島が「二十四の瞳」の田浦半島、遠くにうっすら見えてるのは四国の山並みです。地元民といえどもうっとりしてしまう、太陽に抱かれた瀬戸内海は絵にも描けない無敵の美しさ。最高です。
寒霞渓
寒霞渓のちょっと西側、四望頂附近から見た寒霞渓。だいぶん色づいてきてますね。私の勝手な予想ですが、今年1番の見頃は今週末から20日頃になりそうです。
そして!私が個人的に大好きな、私の周りを舞い散るモミジは15日頃から25日頃になるんじゃないかと思います。あー楽しみ♪
紅葉
帰り道。青空に映えた紅葉は見てるだけで元気になりますね。右下のカーブミラーにも紅葉した葉っぱが映りこんでます。

2014年11月03日

校歌

今朝、準備をしながらみんなで話をしていて、校歌の話になりました。
どこの学校も、みんな地域の誇りを取り入れて、難しい言葉が多いけど、うまく作ってるよねーって。

佳代ちゃんは長野の小布施出身。
「うちの幼稚園は、くりっくり・・って、栗を連発する歌でしたよー。」
さすが栗どころ!

翔くんは私と同じ土庄中学校出身。
「2番の歌詞に、双子の磯の奥の奥。って、変な歌詞ありましたよね。」
・・・なかった気がする。

小学校も間もなく統合してしまうし、もちろん校歌も消えるだろうなと思うとちょっと寂しいので、歌詞を調べてみました。残念ながら、小中高を通じ、ほとんど1番しか覚えてないのです。
よその学校の校歌など、興味ないかもしれませんが、ま、見てみてください。

土庄町立渕崎小学校校歌
    ※大正7年5月、当時の長尾七郎校長作詞、
      坂出女子師範学校の末沢信夫氏作曲

  綾にかしこき すめらぎの 深きめぐみの露うけて
  我が学び舎の庭ちかく 青門(おうと)の山は そびえたつ

  大地(おおち)にかたく根をはれば  雨風(あめかぜ)とても何かせん
  宝生院(ほうしょういん)に年ふりし  老木(おいき)の梢 あおぐべし

  日毎にみがき ととのうる  玉のひかりの清ければ
  永久にかわらぬ 守(まもり)とや  双子の浦に月ぞすむ


土庄町立土庄中学校校歌
    ※昭和36年1月、岡 桂先生作詞、三木修先生作曲

  旭日映ゆる 瀬戸の海   双子の山を 仰ぎつつ
  知性を磨き 身を鍛え    いざ真愛の 手をとらん
  土庄中学 まゆ清し

  鹿島の磯の 松青く     文化のあやを ひもときて
  強き意志もて みな共に  学びの道に いそしまん
  土庄中学 夢若し

  春秋めぐる 野に山に   真理のひとみ 輝かせ
  正義の心  躍らせて    自由の旗を 押したてん
  土庄中学 意気高し


香川県立土庄高等学校
    ※久保井信夫氏作詞、安藤邦夫氏作曲

  ばら色匂ふ 朝の陽を    双子の山に 仰ぎつゝ
  おゝうつ勃の 血に燃えて  拓く文化の 花の園
  土庄高校 いざ挙れ

  余島の磯に 寄る波の    平和の調べ 讃へつゝ
  おゝ信愛の 手を組みて   いそしみ学ぶ 真 善 美
  土庄高校 いざ奮へ

  自由の風に 帆をあげて   瀬戸の内海 漕ぎ出せば
  おゝ清新の 意気高く     希望は踊る 身 と 心
  土庄高校 いざ競へ

どの学校も、ちゃんと歌が聞けるようになってました。
懐かしいー♪
でも、既に統合してしまった翔くん出身校の大鐸小学校校歌は、ネット上には見つけることができませんでした。
各地のを、ぜひ探してみようと思います。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年11月02日

シェフご一行様

PA310138
金曜日のこまめ食堂。
台湾の牛肉麺屋さんのシェフご一行様がいらっしゃいましたー。
台湾ではこの「指圧の心は母心」みたいなポーズが流行ってるらしく、カメラが向くとニッコリ笑顔でこのポーズ!なんですねー。ちょっとポール牧さんにも見えるけど(^^;
この後、私が何気に両手の小指側をくっつけてポーズをとると、私の右隣のシェフに大受け。いいねー!を連発されました。
なぜかって?親指を立てたポーズのまま小指側をくっつけると、それは牛の顔になるからです!えっへん。

ところで、シェフが大絶賛してくださったのは、他にもあるんです。
それは、素麺とお米の味。
「お米は甘みがあって何とも言えずおいしいし、何より素麺はおいしすぎて一本も残さず食べてしまったよ。」って。
最高の賛辞をどうもありがとうございます。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 

2014年11月01日

トントントントン

包丁研ぎ
この頃、包丁があんまり切れんようになってきた。毎日、一生懸命研いでるのにな。。
悩んでいたら、私のパソコンの師匠が颯爽と登場。砥石を使い分けながら、あっという間にすべてを『切れる包丁』に変身させてくれました。
研ぎ石
もう軽いのなんの。
大根だって、ゴボウだって、トントントントンっと包丁を置くだけで、弾むように切れていきます。
もしかしたら、包丁のセイで肩凝りしてたのかも・・なんて思うほど。
いやぁ、気持ちいいわ。

「でもな、私も毎日研いでるんで。」
一応、自己主張したら、一気に笑い飛ばされました。
「研ぎ方がむちゃくちゃやから切れんよなってきてるんやんか。」
うっ。。。
そういうことだったのか。

研ぎ方のレクチャーは一応受けたけど、
「師匠、時々研ぎにきてください!」
そういうことで、ぜひよろしくお願いします(^^;

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 

2014年10月31日

ニョロニョロの花

爪蓮華
千枚田の石垣でも、ツメレンゲ(通称:にょろにょろ)が、かわいい花を咲かせ始めました。下から順番に花開いていきます。

朝夕が冷え込んでる今年は、寒霞渓の紅葉も例年より1週間ほど早くはじまっているようで、既に3分くらいの紅葉とか。
週末の雨で一層冷え込み、一気に紅葉が進むような気がします。

2014年10月30日

みかんの季節

みかん
みかんを買ってきました。
実は今年、長雨とイノシシのセイでみかんが大不作!!
いつも大量購入している農家のみかんも、なんと1個も採れなかったそうなんです。(サイタマ〜さんごめんなさい。)
で、慌てて、購入してきたこのみかん、残りわずかだそうですが、何とか確保できてよかった。。
草間彌生さん
そして、こちらが『草間彌生さんみかん』。
虎刈りにも見えますが、なかなかええ感じでしょ。
見た目は違いますが、味はなんと同じでした。

2014年10月29日

現代経済社会事情

香川大学経済学部のご依頼で、今年も経済学部2年生を対象とした「現代経済社会事情」の講義をさせていただきました。
私がこの講義をお受けするのは今回で4回目。毎年毎年、私なんかの話で本当にいいのかなぁと思いつつ、私の過去から現在に散らばるいろんなドタバタ話をさせていただいています。
ただ、とっても嬉しくありがたいのは、後で送られてくる学生の皆さんのレポート。読んでいると、すごく励みになったり、改めて気づかせていただくことも多いのです。
今回も、レポートが届くのが本当に楽しみ。待ってますよー!


それにしても。。。
驚くべきはこの講師陣
本当に私でよかったのでしょうか・・?!

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2014年10月28日

ぎりぎりセーフ!

アイスコーヒー
せっかくの定休日だったけど、会議があって高松へ。

お休みだという安心感のセイか、すべてにおいてのろのろな私。。
そろそろ出かけなきゃなーとのんびり着替えを済ませ、車に乗ったところで用事を思い出す。
用事を済ませ、ようやく改めて船の時刻表を確認。
そこで、あっ!と気が付いた。
時間ないやん!!

そこから焦って港に向かい、船に飛び乗る。
ぎりぎりセーフ!
会場近くまで行き、そうだ、お昼食べてない。まだ30分くらいあるし、なんか食べよっ!と思いつく。
カフェに入り、食事を済ませたら、無性にコーヒーが飲みたくなる。
コーヒーを注文し、あ、ここのおいしい ♪ と味わいながら何気に時間を見る。
そこで、あっ!と気が付いた。
時間ないやん!!

そこから一気にコーヒーを流し込み、ダッシュで会場へ。
ぎりぎりセーフ!
間に合ってよかった。。本当に良かった。。。

それにしても・・・、何やってるんだ、私(^^;

お店の方が女性ばかりだったこのお店。食事もコーヒーもデザートも、とってもおいしく、かわいかったのが、今日一番の収穫。
また行くよー!

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月27日

カメラを買いました。

浪切さん
カメラを買いました。
私が撮りたい写真を撮らせてくれるカメラがずうっと欲しかったのです。
しかもコンパクトで、いつもカバンに入れて持ち歩けるようなカメラ。
悩んだ末に決めたのは、キャノンパワーショットGX7。
実はパワーショットを買うのは3台目です。
買うごとに、驚くほど小さく、軽く、速く、安価になってます。
なかなか自由時間が作れないのだけど、とにかく写真を撮りたくて、どこかに出かけたくてたまりませ〜ん。

まずは、パワーショットで撮らせていただいた碁石山の浪切さん。
最後の一人を救うまでは、ここを動かんぞ!と、見守ってくださってます。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月26日

海が教えてくれること

2014_1026_103912-1
先日、NHKの「プロフェッショナルの流儀」
魚とともに生きる男たち」に出ていた明石の鯛漁師のおっちゃん
かっこよかったな。
壁に貼ってあったおっちゃんの指標のような言葉にぐっと来た。

あせるな
おこるな
いばるな
くさるな
おこたるな


そうなんだ。海ではあせったら負けなんだ。
そしてあせればあせるほど悪い方向に行く。
これは日常生活でも同じことがいえる。
あせったら負け。おこったら負け。
そして番組最後のおっちゃんの言葉。

待つこと。それしかない。

そういえば昔 波戸で出会ったじいちゃんも同じことを言っていた。
最近、ようやくその意味が少し理解できるようになった。
島に来てもうじき10年。その10年は「待つことを学ぶ」
という10年だったように思う。そしてこれからも。
from Kenji



dreamisland1 at 21:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2014年10月25日

ピンボケ

2014_1025_170839
今日もいっぱい働きました。


dreamisland1 at 22:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月24日

まびき菜、最高 ♪

ミズナ
たっくさんの野菜が届きました。
みずみずしい水菜と、その下に隠れてるのは白菜。
ホウレンソウ
それからこっちはホウレンソウ。
どれもとっても立派だけど、実は全部 “まびき菜” なんですって。
勢い良く成長している途中の旬野菜。
おいしくないワケがない!

さっそく明日、こまめのメニューにはこの子たちが登場します ♪
かぶらの漬物
そうそう。
産直で笑ってたカブラは、小さく切って即席漬けにしました。

菜っ葉のおいしい季節がはじまりましたねー。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 

2014年10月23日

変身レモン♪

20141023_180911
いただきものの無農薬レモン。
今、この子で何を作るか思案中。おいしく変身させなきゃね。

何食べたいですかー?


dreamisland1 at 19:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2014年10月22日

常識

2014_1021_151640
カヤックは2回目のお客様。
目標は豊島。じゃあ行ってみましょうか。
行けるんですか?とお客様。
行けると思いますよ。と僕。
結果は、難なく完漕。
やればできるんですね。とお客様。
やればできるんです。と僕。

ところで
先日、NHKの番組で地球最後の航海民族というのをやっていた。
ミクロネシアの航海民族の方々のドキュメンタリー。
彼らは太陽や月や星を頼りに航海する伝統航海(スターナビゲーション)で太平洋を航海するのだけど、数千キロの海を旅することは日常だ。
番組最後のインタビューがおもしろかった。
カヌーでどこに行きたいですか?と尋ねると男性はこう答えた。
「そうだね、ヨーロッパに行きたいね。」 と・・・。
次いで日本はどうですか?と尋ねると
「日本はお隣の国だから近すぎるよ。」 と・・・。
ポリネシアから日本までは6000キロ以上。それが近い!
どんな感覚なんだと思うけど、彼らには当たり前な感覚なのだ。
日本もエンジンが開発される前まではそれが当たり前だったんだろうな。
シー・カヤッキングとは自分の常識を上書きする遊びでもある。
from Kenji


dreamisland1 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月21日

秋の色

すずちゃん
遠くを見て物思いにふけるすずちゃんと
バッタ
どこにいるかよー分からんバッタくん。
浄土寺
浄土寺の桜も少しずつ色づいてきました。
少しずつ、いろんなものが秋の色。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2014年10月20日

幸せの味♪

栗ご飯
健ちゃんのお母さんが、今年も箱いっぱいの栗を熊本から送ってくださいました。
毎日、せっせせっせと栗の皮を剥き、栗ごはんを作っています。
たくさんあるから、贅沢に入れれるのが嬉しいところ。

秋の味覚、新米と栗のコラボは、ふっくら甘い幸せの味がします。

dreamisland1 at 21:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!こまめ食堂 
profile
立花律子  りっちゃん
こんにちは^^
NPO法人DREAM ISLAND
代表の立花です。

小豆島生まれの小豆島育ち。
'85年より社団法人小豆島観光協会に勤務、刺激的な22年を過ごす。'97年より事務局長就任。ずっこけながらも前進あるのみ!でいろんな企画に手を出し続ける。
'06年9月末日をもって退職。生まれて初めて、自分の夢に向かって起業を決意する。

私の大好きな小豆島をもっともっと知っていただきたい。小豆島が好きな人をどんどん増やしたい。
繋ぐ、結ぶが、私の役目。たくさんの笑顔とハッピーを創造するため、ひたすら楽しみながら走る走る走る!で頑張りま〜す^^v
とりえは笑顔…のみ?!
小豆島ガイドツアーズ DREAM ISLAND

棚田デリカフェ こまめ食堂