aamall

2007年06月29日

基本を考えれば、自然と見えてくる。

2月に、数年後の移住候補地として、大阪から小豆島を見に来られた熱田さんご夫妻が、再び小豆島にお越しくださいました。ますます元気いっぱいの熱田さん。今回もまた、大きなヒントと元気をいただきましたよ〜。

今回、熱田さんたちが宿泊されたのは、小豆島オリーブ公園内のロッジ。お誘いを頂いてロッジに伺うと、そこはまるで熱田さんご夫妻のご自宅に変身していました。
お会いしたのが2回目とは思えないほど、居心地のいい穏やかな雰囲気の中、次々と出てくる奥様の手料理♪使っている食材は、すべて小豆島のものでした。魚伝で買ってきた魚介類、オリーブ公園で買ってきたオリーブオイル、ハーブ。。こんなに身近な食材が、こんなにおいしく、おしゃれに変身するんだ。。
「きゃ〜!すごい!おいしい♪」
驚く私たちに、
「全然すごくないの。切っただけだし、焼いただけ。」
いたずらっ子のように笑う奥様。
ご馳走になったのは、タコとキュウリとトマトのカルパッチョ、エビのオリーブオイル焼き、マナガツオの煮物、ギザメの焼き物&煮物、ニンニクのオリーブオイル炒め。デザートは魚伝のおじさんに頂いたというスモモ、締めには醤油うどん。確かに、簡単といえば簡単なんだけど、ちょっとだけ手間をかけ、おしゃれに盛り付ければ、こんなにおしゃれになるんだ。。っていうお料理が満載なのでした。(あ〜!なんで写真撮らなかったんだろ。。)

これって、結構おススメの旅の形ですよね〜。
小豆島産の魚やお肉を買ってきて、小豆島産のオリーブオイルで調理をし、小豆島産の野菜やハーブをあしらって、食卓に並べる。。
もっと簡単にすれば、七輪で魚や肉、野菜を焼き、醤油をつけて食べるだけでもいい。

熱田さんのこだわりは、実は調味料なんだそうです。
塩や醤油、オイルには、絶対体にいいもの、おいしいものを使いたい。だから、天然蔵で造る醤油を使いたい。国産、つまり小豆島産のオリーブオイルを使いたいし、ハーブも使いたい。塩にももちろんこだわりたい。人間は、塩がなければ生きていけない。それくらい人間にとって塩は大切な調味料。調味料って、人間にとって本当に大切なんだよ。

1番基本のところを考えれば、本当に大切なものが自然と見えてくる。

熱田さんのお話を伺いながら、お腹も心も満たされて、本当に幸せな時間を過ごしました。

dreamisland1 at 15:35│Comments(2)TrackBack(1) 小豆島の 遊び | 小豆島の 食べ物

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 【小豆島】基本を考えれば、自然と見えてくる。  [ みっふぃーちゃんの香川情報(観光ポータルサイト) ]   2007年06月30日 11:28
【引用〜】2月に、数年後の移住候補地として、大阪から小豆島を見に来られた熱田さんご夫妻が、再び小豆島にお越しくださいました。ますます元気いっぱいの熱田さん。今回もまた、大きなヒントと元気をいただきましたよ〜 ener!

この記事へのコメント

1. Posted by 文   2007年06月29日 18:31
5 まさしく、基本。
2. Posted by 立花です。   2007年06月29日 18:56
1番分かってなきゃならないのに、なかなか気づかないんですよね。こういうこと。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
profile
立花律子  りっちゃん
こんにちは^^
NPO法人DREAM ISLAND
代表の立花です。

小豆島生まれの小豆島育ち。
'85年より社団法人小豆島観光協会に勤務、刺激的な22年を過ごす。'97年より事務局長就任。ずっこけながらも前進あるのみ!でいろんな企画に手を出し続ける。
'06年9月末日をもって退職。生まれて初めて、自分の夢に向かって起業を決意する。

私の大好きな小豆島をもっともっと知っていただきたい。小豆島が好きな人をどんどん増やしたい。
繋ぐ、結ぶが、私の役目。たくさんの笑顔とハッピーを創造するため、ひたすら楽しみながら走る走る走る!で頑張りま〜す^^v
とりえは笑顔…のみ?!
2015-logotype

komame-60

アーカイブ