aamall

2009年10月12日

ごじゅうりょうぉー

今年も10月11日(日)、中山春日神社に農村歌舞伎が奉納されました。
昨年に引き続き、最後の幕はロウソクの灯りだけで演じるというのも魅力的でしたが、何よりその最後の幕に、中山農村歌舞伎保存会長の矢田徹さんが4年ぶりに出演されるってのもすっごく楽しみで、昨日は朝から気持ちがそわそわしていました。

中山農村歌舞伎

中山農村歌舞伎

どの芝居も、芝居と舞台が心底好きだからこその、遊び心もふんだんに取り入れた、笑わせ、泣かせ、しみじみさせてくれる名演技ぶり。年々、農村歌舞伎がおもしろく、待ち遠しくなっている私がいます。

第四幕で大笑いした後は、一転、照明が落とされ、炎の灯りだけでの津軽三味線。
全国大会チャンピオン、踊正太郎さんによる力強い響きに、心がぎゅっとわしづかみにされたような気がして、今でも弦の音の余韻が心の中で響いています。

中山農村歌舞伎

そしていよいよクライマックス。矢田さん扮する早野勘平の登場です。
実はこの幕については、矢田さんから事前にいろんなお話を伺っていました。

山賊に落ちぶれた浪人 斧定九郎が与市兵衛を殺し、奪ったお金を数えるシーン。定九郎は袋に手を入れて、1枚、2枚・・とお金を数えますが、声には出さず、眉毛の動かし方だけで枚数を読んでる様子を表現します。1枚、2枚・・。そしてにやっと笑いながら、この芝居中、ひと言だけの台詞をはくのです。「ごじゅうりょうぉー。」
矢田さんの息子さん扮する斧定九郎も最高でした。

日頃から伺っている歌舞伎のお話。足さばき、顔の演技、手の表情。
舞台で歌舞く矢田さんの一挙手一投足を拝見しながら、芝居をするってのはこういうことをいうんだなということがようやく実感できたような気がしました。
1日経ってもまだ興奮冷めやらず、早く来年の歌舞伎が見たいなーと、今はただただそう願っている私。。
小豆島の農村歌舞伎、ほんっとおもしろいです。

dreamisland1 at 23:02│Comments(4)TrackBack(0)小豆島の イベント・行事 | 小豆島の 生活文化

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by te   2009年10月13日 19:57
5 今回も見損ない残念でなりません。昨日12日夜小豆島入りました。パソコンがないので携帯ですが写真もよく見えました。ワクワクなさっている様が伝わり羨ましさが増します。16、17日はよろしくお願い致します?
2. Posted by 立花です。   2009年10月16日 07:30
ぜひぜひ一度はご覧ください。
恐らく、毎年ご覧になりたくなると思います。
3. Posted by Misao   2009年10月20日 13:14
9月の終わりにお世話になったものです。
本当に楽しい1日をありがとうございました。
歌舞伎好きですので、舞台ぜひ拝見したかったです。
蝋燭の明かりだけでの上演なんて、
昔のままですね〜〜。ステキ。
小豆島の思い出が濃い物になりました。

4. Posted by 立花です。   2009年10月20日 22:36
毎年、肥土山は5月3日、中山は10月の第2日曜日(たまに変更)ですので、ぜひご都合合わせてご覧になってみてください。
ほんっといいですよー。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
profile
立花律子  りっちゃん
こんにちは^^
NPO法人DREAM ISLAND
代表の立花です。

小豆島生まれの小豆島育ち。
'85年より社団法人小豆島観光協会に勤務、刺激的な22年を過ごす。'97年より事務局長就任。ずっこけながらも前進あるのみ!でいろんな企画に手を出し続ける。
'06年9月末日をもって退職。生まれて初めて、自分の夢に向かって起業を決意する。

私の大好きな小豆島をもっともっと知っていただきたい。小豆島が好きな人をどんどん増やしたい。
繋ぐ、結ぶが、私の役目。たくさんの笑顔とハッピーを創造するため、ひたすら楽しみながら走る走る走る!で頑張りま〜す^^v
とりえは笑顔…のみ?!
2015-logotype

komame-60

アーカイブ