2006年05月

2006年05月30日

青空ミーティング@神宮球場 慶早第二回戦

昨日は先方の都合もあり、結局神宮で打ち合わせ

大学を卒業して約9年
神宮に行くと、いつも今の仕事について改めていろいろ考える。


103年の歴史がある早慶戦ですが
変わらないものは、歌い継がれる応援歌や校旗
変わるものは、時代時代の応援スタイルと学生のモチベーション

「歴史は語る」

多くのアイデアとパワーをもらってきました。



両校の歌から一番好きなものを紹介


あれ見よかしこの常磐の杜は 心の故郷我等が母校
集まり散じて人は変れど 仰ぐは同じき理想の光
いざ声そろえて空もとどろに 
我等が母校の名をばたたえん
早稲田 早稲田 早稲田 早稲田 
早稲田 早稲田 早稲田

(早稲田大学校歌3番)
作:明治四十年


ああ 美(うるわ)しき三田の山
第二の故郷三田の山
共にむつみし幾年(いくとせ)は
心に永くとどまらん
月去り星は移るとも
夢に忘れぬその名こそ
慶應 慶應 慶應義塾
永遠(とわ)に讃えん 我が母校

(慶應讃歌三番)
作:昭和二十二年

dreamjob at 10:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0) コラム