ダキシメルオモイ南伊豆 チャリティーバザー
ぎゅうっとフェス コスモスの回

44038376_1914139872014599_5373990615514087424_n
ゲストハウスコドコドのダイニングからお引越し
ゲストハウスりんのお部屋に展示しました。

Takuさんの海中写真展
44026454_2173698069512092_5698538973127770112_n
フイルム時代の伊豆の海の中
43879225_2172107059671193_5049604191052365824_n
海に抱かれて・・・・ そんな気分


土曜のみの出店3人でした。ありがとうございます。
43951473_2172750802940152_8258976618467295232_n
バルーンアートの鈴木さん 
セイタカアワダチソウをイメージしたリースをオーダーしました。
プーさんとぺるりん 子どもたちに大人気(☆゚∀゚)

43788575_2172750852940147_961675123541147648_n
手作りおもちゃの宮下さん よく飛ぶ飛行機でした。


44065480_1914140015347918_1444280300577226752_n
稲取からTONEさん いつもの半額くらいで売ってました(´∀`*)
みんな大喜びで買ってたね~

14日 晴れました
44022942_1914132728681980_3971827305407315968_n
Takuさんがいい写真をたくさん(ダジャレ?)撮ってくれました。
44052906_1914132848681968_6177292517982076928_n
らいおんキッチンさん
44070658_1914140175347902_1403117187983474688_n
急遽ガパオライスも提供してくれました。

44119846_1914133045348615_8416613862534545408_n
AS it さん クラフトビールがめっちゃ美味しい('ω')ノ

44129339_1914147455347174_2409227480528322560_n
フェス開始早々から飲んでた! カンパーイ
44032302_1914140298681223_9082270189243858944_n
フラッグ作りのWS 個性が出て楽しかったね~

44029750_1914133212015265_273135988467826688_n
44023736_1914140065347913_3874663351191601152_n
44038440_1914151455346774_4747769420091228160_n
セイタカアワダチソウのリース作り 
43877833_1914151508680102_7642887246600732672_n
12月はグリーンのリースにしようかな? お楽しみにね。
43951239_1914132712015315_2074335063549411328_n
いろいろお世話になったいときちさん 
急遽クラムチャウダーも提供してくれました。
44079019_1914132895348630_3543460628947533824_n

ぎゅうっとフェス限定パンも登場!!
44057832_2173065122908720_1167906246070632448_n
日曜営業しないまめきベーカリーさんが委託出店してくれました。

43880589_1914132942015292_3034018237093249024_n (1)
ゲストハウスりんの芝生最高! 入り口付近はフリマブース
44098149_2173698136178752_3057688862718427136_n
前日コドコドに泊まったウクレレ友達が即興で演奏してくれました。
ありがとうございました。

44096667_1914139828681270_6515211405140951040_n
1階の客室もバザーの品物や洋服が並びました。

43877784_2172750889606810_8495882904230952960_n
大人気だった足ツボ・肩もみ こちらくもさん

44143618_1914140238681229_4427208909547110400_n

ダキシメルオモイ南伊豆 
ぎゅうっとフェスを通じて少しは知ってもらえたかな。

12月みかんの回 2月さくらの回
出店希望の方や「こんな企画どうかな?」のお話が聞けたり。
開催中にいろいろな方に、共感してもらえて嬉しかったです。
ご来場の皆様、出店協力いただいた皆様、バザー品を出してくださった皆様
口コミで、ダキシメルオモイを伝えてくださった皆様
たくさんの皆様のおかげで2日間終えることができました。

本当に、ありがとうございました。


ダキシメルオモイ知ってもらえるフェスになるアイデア募集中。
4月13,14日の開催に向けて、実行委員一同頑張ります。
伸びしろあると思うので・・・・叱咤激励お願いします。


【今回の募金総額】
 54821円 ありがとうございました。
 

6月のトークイベントに来てくれたけいちゃんからコラム届きました。

「けいちゃんのダキシメルオモイ」です。

りんちゃんの妊娠を知ったのは2011年2月の半ば位。

私は南伊豆で南風食堂と言う食堂を営業してて、
3月11日は妊娠1カ月目。
お店でニュースを見ていました。
あり得ない状況に、「これは、何?日本?」
何が起こっているのか全く分からなかっづ、、、。
その後私は実家大阪に春休み中は避難。

友達がたくさん西へ西へと移動して南伊豆から居なくなりました。
「こんなとこにいちゃダメだよ。」とか
「いつでも徳島においで」と言ってくれる友達もいて。
これから出産、子育てを控えているのに本当に不安な毎日でした。
単純に「緑のちきゅに何しとんねん!💢」と怒りを覚えましたね。

そんなこんなで2011年10月に生まれたりんちゃんは今年で7歳。

小林さんの絵を見てあの7年前の状況を鮮明に思い出しました。記憶も薄れていた私とは違い
震災後、小林さんはずっっとダキシメルオモイを描き続けていたんだと。

小林さんの絵は一見、家族の風景の様にも見えます。

福島の親子を取材して描き被災地以外の親子と一緒に展示する事によって
親のオモイは同じ、違うのは環境。
小林さんはそのオモイを描き続けてたんですね。

緩やかに穏やかにゆっくりとそれを伝えようと描き続けているのが伝わりました。

抱きしめる記憶
抱きしめられる記憶
それが大人になった時どれだけ大切か、
今ならわかります。

お母さんの抱っこは何にも勝る最強のシェルターだから。

福島で不安を抱えながら今も子育てしているお母さんが沢山います。
そのお母さんと私は何ら変わりないはず。子供を抱きしめて不安も抱きしめて守って行くのです。母として前に進むのです。
時間と共に薄れていましたが、小林さんの描いた麻布の絵で私のオモイも蘇りました。これからも私は福島のお母さんと子供達を応援したいです。
34557758_454245228364695_1354336611587850240_n

今日すべり込みで出店の申し込みがありました。
吉佐美の「As it」さん。帽子をかぶったおさげの女の子のマークが、何のお店かずっと気になってました。
今回はクラフトビールの販売と、フラッグ作りのワークショップの2本立てで来て下さいます。ワークショップは子どもの参加もちろんOKです。
バザー会場の準備も整いました。かわいいお洋服たくさんありますよ。試着室も作っちゃいました(^^♪ 
のんびりやってますので遊びに来て下さ~い💛ぎゅうっとフェスチラシ






↑このページのトップヘ