TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風車内の紹介
存在感が半端無いですね~~

2017年6月17日より営業運転を開始する。

「走る豪華ホテル」、
JR西日本の寝台列車トワイライトエクスプレス瑞風は、
光沢のある深緑色のボディーに
「風」を思わせる金色のエンブレムが光っています。

アメフトのヘルメットみたいです。

10両編成で、
客室車のほか、
食堂車やラウンジ車、
展望車などが設けられている。

客室車は6両あり、
このうちの1両は1室だけで占有する最上級客室。バスタブ付きのバスルームが設られ、
専用のバルコニーも設置される。
このような客室は世界でも珍しいということです。

まるで西洋の客車みたいで美しい!
めちゃくちゃエンジン音がかっこいいとのこと。

昔は庶民がちょっと背伸びしてお金出せば乗れたのに、
今では、一握りの金持ちに取られた感じがして少し悔しい…

「定員6」が凄い!

列車としては高すぎるが、豪華客船に比べれば安い。

高級な寝台列車も良いですが、
みんな乗れるような寝台を作って欲しいものです。
「トワイライト」や「北斗星」が存在しないのが本当に惜しい・・。
もう永遠に、ああゆう普通の夜行列車には乗れないんだろうな・・・
悲しい、、、

見た目が「ゆふいんの森」にすごく似てるような…

顔はサンライズに、似てる気がします。