のほほ~んと竹工芸、今日この頃のこと・・・山本寶介さんの竹細工教室に通っています。

完成 交色鉄線編みの盛り籠

鉄線

この様に出来ました。
数々不満がのこりますが、苦手の柾割竹の縁廻しもなんとかこなしました。
もう少し模様を小さくして円形のものも作りたいと思います。


にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

交色鉄線編みの盛り籠

鉄線

「鉄線編み」は結構悩ましい編み方だ。何回やっても頭が混乱してしまう。
N字をすくって逆N字を押さえる理屈がわかればなんてことはないのだが・・・
楕円形の盛り皿をつくろうとしています。
縁は苦手な柾割り竹を廻します。さてさてどうなることやら。


にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

差し六つ目の花籠

差し六つ目2

差し六つ目の小さい花籠を作ってみました。
基本の六つ目籠は茶色の染竹で編み、差し竹は真竹の晒しを使いました。
基本の六つ目籠が正確に編めていないので、垂直に差すべきひごが斜めに乱れていますね。
じっと見ていると目がチカチカしそうです。一色のほうが良かったかもです。


にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

門松づくり

門松


ことし最後の竹細工教室 門松づくりを楽しみました。
松竹梅に南天 金柑も入れてみました。


にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

松葉編みの行灯

行灯

松葉編みで行灯を作ってみました。
編み竹は幅1mmと細いので材料作りに四苦八苦。
なんとか形になりましたが、あちこち不満だらけの仕上がりです。
土台は小学生の工作キットですので、とても安上がりでした。


にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

交色菊六つ目 その2 丸型

菊六つ目


前回と同じく二色の菊六つ目ですが、柾割竹を周囲に廻し円形に仕上げました。
平面ではなく真ん中を若干凹ましてアールを付けてみました。
多忙な農繁期をはさんだので完成までなんと半年くらいかかってしまいました。


にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

交色の六つ目菊

菊六つ目

前回の六つ目菊の試作品と同じやり方で、晒竹と黒竹の二色で仕上げました。
想像以上に綺麗な菊模様が浮き出てきてびっくりです。
さっそく貰い手がついて貰われていきました。
自分用にもうひとつ造りたいと思います。
こんどは苦手の柾割り竹の縁廻しに挑戦します。


にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします

試作 六つ目菊の飾り皿


六つ目菊


ネットで見つけた六つ目菊(菊編み)の試作をしてみた。
差し六つ目のひとつのようだ。 けっこう手間がかかるが難しくはない。
家に余ってた身竹を利用した。ただし一番細い差し竹は薄くへいだ皮竹を使う。
現在、晒し竹と黒竹の二色で再度製作中。 



にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

差し六つ目の飾り皿

差し六つ目


なんとか柾割り竹の枠をつけてかたちになりました。
柾割りの縁は何回やってもうまくいきませんねぇ。
鉄線編みの時計のときと同様に枠の出来が最悪でお恥ずかしいです。



にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

差し六つ目編み

差し六つ目

普通の六つ目編みの目のなかにひたすら六本のひごを差しこんでいくとこの様な模様ができあがります。複雑そうにみえてじつは簡単、六つ目編みができれば誰にでもできます。
(ひごを差す作業はけっこう面倒ですが)
柾割り竹で丸い枠を付けようと思っていますが、作業がずっと止まってます。
柾割り竹の枠は苦手だなぁ・・・さてさてどうなりますことやら。

簡単などと言っておきながら、よく見たら挿しかたが間違っとった。ショック 汗
水平のひご9段目から下がおかしくなっています。
単純作業なので気を抜くとこのような結果に
ちなみに完成品は正しく修正してあります。




にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ある人への贈り物

有馬かご2

知人の方から何か作ってと言われ、作ってみました。

飾られる棚の高さが狭く、小さなものしか入りそうにありません。10センチあまりのミニ籠になりました。



有馬かご1

ふたつとも、古来からある有馬籠という定型の籠を縮小して、自分なりにアレンジを加えててあります。

もうひとつ作って、一番出来栄えのマシなものをあげようと思います。
はたして喜んで貰えるだろうか?




にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

鉄線編みの時計を作ってみた

鉄線鉄線編みの置き時計を作ってみた。かなり酷い出来です。
柾割り竹の縁廻しがどうもよくありません。鉄線の編み目を揃えるのも非常に難しいです。
とても人様にはお見せできるような代物ではないのですが、時計としての機能は果たしており、もったいないので我が家の玄関に置くことにしました。
材料費約800円、不細工なのは手作り感の良さということにしておきましょう。


にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

出来ました 「畔編み笊」

zaru
長らく時間がかかり、悪戦苦闘しましたがなんとか形になりました。



にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

寶介さんの竹細工教室

竹細工
土曜日の教室、なぜか皆さん笊つくりに熱中しておられます。

という訳で、私もあまり作ったことのない笊に挑戦しようと思います。どんな笊になりますことやら・・・ 





zaru
ここまで作ってみたものの
目が全く揃ってない
お恥ずかしーー!
とりあえず最後まで作ってみましょ・・・



にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

青竹の花入れ 

青竹

昨年最後の竹細工教室で、門松の他に青竹の花入れも作りました。
太い青竹の節間に花を挿すための窓を開けただけのシンプルなものです。
竹の緑がとても鮮やかで、新年を祝うのにふさわしい花入れとなりました。




にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

黒竹のショルダーバッグ

ショルダーバッグ


今年最後の作品が出来上がりました。
これはレターラックとして近藤先生(前に習っていた先生)のテキストにあったものを、サイズを少し大きくしてショルダーバッグに応用したものです。
テキストでは真竹の晒竹でしたが、今回は黒竹を使用しました。
インナーの巾着は市販されている既製品です。というか、市販されている巾着に合わせて籠を編んだものです。結構いい感じに仕上がっているのではないでしょうか?



にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

竹細工教室で門松づくり

門松
今年最後の竹細工教室
いつもは思い思いの竹かごや笊などを作っておりますが、今日ばかりはみんなそろって門松づくりです。
簡単なようですが、竹を斜めに切るのはちょっと難しい。
荷造り用の幅広ビニールテープを貼ってから、鋸をあてると、ささくれ防止になるそうです。
門松2

先生が用意してくださった、いろいろなお飾りさんをつけてできあがり。
正月らしい門松が沢山出来ました。

 
にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。

ブログ開設しました

籠
過去の古いホームページを整理して、このブログを開設しました。よろしくお願いいたします。

←一番最近の作品

11月22日~23日に行われた
山本寶介先生の竹細工教室の
第1回作品展に出展させていただいたものです。



にほんブログ村ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ