フリースクール・S ~心の居場所と学力補充~

〒689-2221 鳥取県東伯郡北栄町由良宿818-8(阪本進学教室・大栄教室) 0858-37-5011

【何故今フリースクールなのか?】  最近不登校傾向にある生徒さんの保護者からよく相談を受ける。 確かに生きにくい世の中になってはいるがあまりに相談が多すぎる。 原因は、個々それぞれ異なるが、一般的に言える事は、子供自身の耐性が極端に低くなった点、そして、コミュニケイション能力の低下が顕著。  スマホ、携帯の普及により顔を合わせての会話の機会が極端に減り、相手の表情を伺う必要の無い一方通行の会話が増え、結果として相手の心を傷つけてしまうことが多々あるように推測出来る。 相手を思いやる心の育成、そして、多少の事にはへこたれない生き抜く力を互いに身に付けさせたい。 ただ、現実問題として、学校に行きたいけど行けれない子供達が目の前にいる。 私達大人が、早い段階でこの子供達に救い、援助の手をさしのべねばならない。  心身共に成長著しい青年期のこの時に学校に行けず何の刺激も受けない、これほど残念でもったいない事は無い。 何かの形で外に刺激を得、大いに成長して欲しいものだと心底願う。 保護者の気持ちになればいたたまれない。  学校を否定するわけではないが、学校だけが学びの場ではない。 今は、学習支援教室、フリースクール、塾等のいろんな学びの場がある。 これらの場を上手く活用し、子供達がいろんな刺激を受け、健やかに成長して欲しい。  子供達は、学校に行けない事で罪の意識を感じ、悶々とした気持ちで毎日を過ごしている。 この気持ちを早い段階で払拭させてやりたい。 また、学校に行かねばの気持ちになり、学校に行く。 ところが長期欠席が原因し授業について行けず、家に引きこもるという生徒を少なからず見ている。  これらの子供達を救う意味に於いてもフリースクールの役割は大だと思う。勇気を持って最初の第一歩を踏み出して欲しいものだ。

学期末の懇談を開催しました。

学期末の懇談を開催しました。

今日は2名の懇談でしたが、内容の濃い話し合いが出来たと思います。
 

 
毎月学校での学習支援会議が開催される訳ですが、凄い、有り難いなと思うのが、青谷中の取り組み。
 
他の学校は、私が学校に出向くのですが、この学校は、校長、教頭あるいは担任の先生が
フリースクールまで来て頂く。

「他の学校は、私が出向いているんですよ」に対して
「ウチの生徒がお世話になっているのだから当然ですよ」。

これには頭が下がる。
 
「こんな学校に通っている生徒は、幸せだよなー」とつくづく考えさせられる。
 

 
私たちも、出来る限りの事を力一杯せねばと再度肝に銘じて行動している。

早く全員揃っての学習を

今日もたったの2名。

それぞれ理由があっての休みではあるが・・・
 
今日一限は英語。中3生は黙々と受験対策。

1年生は、学校から依頼のテスト。

皆、それぞれ自分の学習が出来るようになった、大きな収穫である。
 
それにしても、月日の流れは早い。もう2月も半ば。私もこの11日で73歳。
 
年寄りの仲間だが、心は青春まっただ中。
ただ、身体が付いて来なくなったのが気がかり。
生徒達に負けぬよう頑張らねば・・・ 年寄りの独り言、ツイッター。

銀世界の中で

天気予報の通り、朝、目覚めると白一色の銀世界。
 
そんな中、中3生のK君が一番に登校。

今日は、漢検の日で休校には出来ない。
 
3級合格を目指し、真剣に問題に取り組んだ。この努力大いに評価したい。
 
読書家である彼に取って、さほど難しくは無かったようで、一安心。
 
後は、合格の朗報を待つのみ。
 
努力は必ず報われる。ただ、結果が早いか遅いかの違いだけ。
 
明日は、建国記念日。じっくり休んで下さい。
 
全然関係無いけど、2月11日は、私の誕生日(年と重ねるとあまり嬉しくないけど)。

フリー 今日も楽しく

唯一の女生徒が欠席。
男の子2人に72歳の男教師。
それが中々面白い。
 
哲学書、宗教書、あるいは美術雑誌等といった私が退職してから読むような本を紐解いている中3の男生徒が今日は軽いノーベル。
推理小説に近い書物。
 
本当に面白く、不可思議な生徒。
 
いろんな会話が飛び交う。
遠慮の無い話が・・・。
時にはこのように教師・生徒の枠を超えた話も楽しいものだと実感。
 
内容は記すわけにはいかないが、互いに裸の姿を出し合った爽快感を味わう。
 
少し大人に近づいた彼らに乾杯(長渕剛だったかな?)。

上手く作れるかな?

上手く作れるかな?

今日は、待ちに待った家庭科の時間。

具体的作業は、ナップサック作成。
CIMG4423 - コピー
CIMG4424 - コピー
CIMG4419 - コピー
CIMG4420 - コピー

外部講師の先生を迎え皆が必死で...
 
普段使っていないハサミ、針、糸等を巧みに使い先生の指導に従い、懸命に取り組む。
 
楽しい中にも真剣に取り組んでいる姿は実に美しい。

完成の暁には、ブログで紹介したいと願っています。
アクセスカウンター

    ギャラリー
    • 上手く作れるかな?
    • 上手く作れるかな?
    • 上手く作れるかな?
    • 上手く作れるかな?
    • 共同作業
    • 共同作業
    • ランタン作製・日本海新聞に掲載される
    • ランタン作り
    • ランタン作り
    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    最新コメント
    • ライブドアブログ