イベント:世界コスプレサミット2018 (コスサミ2018)
コスプレネーム:蒼空
ツイッターID:(@sorasoha)
作品名:アズールレーン 愛宕 真夏の行進曲
撮影カメラ: ソニー α9
撮影レンズ: ソニーG Master FE 85mm F1.4 GM SEL85F14GM
DSC04171b

DSC04174b

DSC04175a

DSC04181a

DSC04194a
「愛宕」は旧日本海軍の重巡洋艦で高雄型巡洋艦のうちの1隻です。
主砲に20センチ砲を搭載し、この主砲を対空砲としても使えるよう工夫されており防御面でも優秀な艦でした。

「愛宕」を含む高雄型巡洋艦は最後の「条約型1万トン巡洋艦」です。
日本は高雄型巡洋艦を完成させた1年ほど後に国際連盟を脱退しました。
欧米との協調路線を諦め、日本は自国の存亡をかけて戦い抜く覚悟をしたのです。

「愛宕」は太平洋戦争開戦日、シンガポールを拠点としたイギリス東洋艦隊の支配海域で迎えました。
イギリス東洋艦隊の新鋭戦艦の脅威を受ける危険がありましたが、航空隊の活躍により「愛宕」は英新鋭戦艦と戦う事はありませんでした。
正直、「愛宕」が英新鋭戦艦と戦っていたら無事ではすまなかったでしょう。

「愛宕」はその後も多くの作戦に従事しアメリカ軍の艦船を撃沈する戦果を上げます。
特に南方海域での南太平洋海戦ではアメリカ軍の空母「ホーネット」の撃沈に大きく貢献しました。

ソロモン海での戦いでも奮闘し、アメリカ軍の戦艦「サウスダコタ」へ激しい攻撃を行いサウスダコタを大破させました。

多くの戦果を上げる「愛宕」ですが、帝国海軍残存戦力のほぼすべてを投入したレイテ海戦で最期を迎えます。
1944年10月23日、フィリピンのパラワン島沖で作戦従事中の「愛宕」をアメリカ軍の潜水艦「ダーター」が襲い掛かりました。
「ダーター」が発射した6本の魚雷の内、4本が「愛宕」に命中し船体が傾きあっという間にレイテの海に沈みました。

軍縮の影響を受けながら生まれた「愛宕」ですが、太平洋での活躍は素晴らしく帝国海軍の巡洋艦の中でも輝かしい戦果を残した1隻であったと言えます。


おおおー
愛宕の水着コスを見られるとはー
今年の夏は良い夏だった
ちなみにレイヤーさんは3月のストフェスでもお会いしてました。
楽しくその時のおしゃべりできて嬉しかったです。

撮影させていただきありがとうございました。

注意
レイヤー様ご自身以外の画像の持ち帰り、転載、加工はおやめください。
レイヤー様へ、ご都合の悪い写真は早急に削除いたします。