God of War_20180421000954

4月中のクリアを目指していましたが、5月に入ってからのクリアというね。面白かったから全然OKなんですけども

良い点


これまでのシステムや物語のトーンなどほぼ全て一新された事でも話題の本作。
前作まででキモとも言える戦闘は固定カメラながらもカメラワークも良くアクションも文句無しのものでしたが、今作は肩越し視点でダークソウルのようなアクションに変化している
God of War_20180506002955
God of War_20180506003006
この視点自体が嫌いなワケじゃないんですが、慣れ親しんだGOWがこの視点になったというのは知った時は正直ショックを受けました。
初報トレーラーの戦闘も見てる分にはあまり爽快感というものは感じませんでしたし、武器が斧っていうのも微妙な気がしてならなかった。まぁ詰まる所懐古的な自称ファンの言い訳みたいなものです

実際プレイしてみてもカメラが近すぎて後ろからの攻撃に上手く対処出来ない爽快感がイマイチ薄いと当初の嫌な予感が当たってしまったな~という感想しか出てこなかった、やっぱり今までみたいな戦闘のが良かったんじゃ.......と......


ただ、数時間プレイほどしてみると戦闘における立ち回り方も覚えていき、思ったような動きが出来るようになると戦闘にどんどん面白さを見出せてくる。パリィも的確にキメられるようになるし、技のバリエーションもどんどん増えていく事でコンボを考えるようにもなる。
エフェクトなんかもどんどん派手になっていくけど、ちゃんと重量感のあるどっしりした爽快感にやみつきでした。
God of War_20180425000244
God of War_20180429213522
God of War_20180421101900
最初は違和感あったもののどんどん力自慢なクレイトスさんに映える武器で、ぴったりに思えてくるしね
アトレウスも最近の二人以上で行動するゲームの傾向に従い、勝手に死んだりはしないから邪魔にはならない。というかかなりサポートキャラとして優秀
矢のチャージが済んでいるならプレイヤー側からいつでも撃つ指示を出せるから、言い方はあまり良くないかも知れないが使い勝手の良い武器が一つ増えたような感じ


ほぼ一本道な序盤を超えた辺りになってくると、今度は探索というGOWシリーズでは今まで味わったことが無い楽しみ要素も追加され、中盤以降はメインが気になりつつもそっちばっかり遊んでいました
God of War_20180506003202
元より私は寄り道要素は基本好きな人種ですが、本作のそれはボリュームがなさ過ぎて肩すかしを食らったり、逆にボリュームあり過ぎて途中で飽きる事も無いほどほどのボリュームってのがミソかなと。

今ので察したかと思いますが、本作はそこそこの広さを持つ半オープンワールド。別の言い方だと箱庭のフィールドなんです。だからストーリーで応用が効きそうな物を見つけると、改めて行ってみようかという気にもなるんですよね~

石碑や壁画?も散りばめられており、
God of War_20180420203404
入手後は知識欄から確認出来るんですがこれはあくまでアトレウスがそれをメモした文章になっていて簡単な感想も付け加えられてるのが好きですね
God of War_20180505223629
God of War_20180505223620
こういった文章系の資料を発見後確認出来るゲームって珍しくはないですけど、メインキャラクターの感想などが一緒に書かれたものというのは少し珍しい気がする
アトレウス幼いながらも読み書きどころか古代文章も読めるし、一瞬見ただけの古代文字でもサッと暗記出来たりと非常に賢いキャラなんですよね~
武闘派クレイトスさんと知的派アトレウス、良いコンビです。

途中で旅に同行するミーミルおじいちゃんは物知りで尚且つ明るい性格をしてるので、ムードメーカーとして一役買ってるニクいキャラ。船で移動中などに色んな神々や巨人についてのお話なんかは、私が北欧神話に対して無知過ぎるが故に面白かった
まぁ多分ちょっと位知ってた方がより面白く感じるのかもしれませんけども.....
God of War_20180505223713
前作まで舞台のギリシャ神話では、あまりそういった話や資料といったものはほぼ無かっただけに、本作は資料が豊富で知識の蓄え甲斐がありますね。北欧神話をちょっとだけ勉強したのちもう一回プレイしたいですね、続編の噂が流れたタイミングとかに



あとはストーリー描写に力が入っている事もとても印象的
前作までのストーリーも重い物には間違いありませんでしたが、クレイトスの心理描写が丁寧であったかと言われると素直に"はい"とは言えませんし、とりあえず自分の中に眠る怒りを所構わず発散しているような印象が強い

ただ今作は復讐を終え怒りが引いた事に加え息子の存在のおかげで、これまでは微かにしか(今まではホントに微かです)見えなかった父性や人間性をクレイトスから見出すことができ良い意味で私の知ってるクレイトスさんじゃない!
という良い意味で新鮮な気分を味わえる。
God of War_20180420203926
God of War_20180421165927
アトレウスは父親を尊敬しているものの、自身を戦士として認めてもらえない事や愛情を持って接してもらえない事に不満があるという、クレイトスの子とは言え年相応な感性を持った子供
クレイトスは強く育って欲しい一心でアトレウス対し厳しくしていますが、ちゃんと愛情はある....がしっかり伝わっていないという空回り感で、不器用な父親ぶりが序盤ではヒシヒシ感じ取れる
まぁこの雰囲気はむしろ序盤でしか味わえないのでこれはこれで好きだったりするんですけどね
God of War_20180420203926

狩りで生き物をナイフで殺した時や、母親の事を思い出し感傷に浸ってるアトレウスに対し手を差し伸べようとしても結局は最後の踏ん切りがつかずに空を掴んでしまうといった描写で、今までのクレイトスとは明らかに違う!って事を思い知らされましたね。せつない(´;ω;`)
多分同じ事を思った人は多いんじゃないかと思います。

God of War_20180421000954
プレイし初めはそういった具合に、お互いぎこちない態度で2人の間に壁を感じるんですが、旅をしていくうちに徐々に薄くなっていく様子もしっかり描写されてて親子の成長物語としても楽しめるのが、本作ならではのGOWかな~って。

ていうかクレイトスさん息子にはともかく、他人に対しても丸くなりましたよね~。やや上から目線ではありますけどw
例え高圧的な態度の相手でもとりあえずこちらから一発あいさつ代わりに殴っておくといった事はしませんし、自分の得物を鍛冶屋に任せ金も支払うとか凄く常識人に見える。
God of War_20180421095946
ていうかそもそも私が予てより持ってるクレイトスさんのイメージ酷すぎるね!(´・ω・`)

グラフィック表現の極めて高いゲームの特権ですが、セリフを発しないシーンでもキャラクターの表情から感情を読み取れる場面もいくつか。表情すごい
God of War_20180420205315
God of War_20180420234114
あ、シリーズ的には当たり前の事だから言ってませんでしたが、このゲームめちゃくちゃグラフィック綺麗です!(`・ω・´)

最後に当初から目玉にしていた完全ワンカットカメラ仕様
ホントに全編ワンカットで、多分このジャンルにおいては初めての試みだと思う。死んだりしない限りはOPからEDまで全て1つのカメラでカメラワークを行っているので、詰まる所カットシーンが無い
God of War_20180420211900
God of War_20180506003634
繰り返しプレイするなどには向いていないゲームデザインですが、ストーリーに関係するイベントなどはその恩恵を強く感じますね。
暗転して場面転機とか戦闘で止めを指すとカットシーンが差し込まれるのが嫌いとは言いませんが、確かに現実に戻される感じはするかも知れません。本作ではそれが無い為やめ時というのが見つけづらい。
体調的に疲れたとか用事がある時間等、現実の都合が無ければずっとプレイしてたい没入感



悪い点


基本的には満足のいく出来でしたが、やっぱり気になる点もいくつか。
まずは敵のバリエーションが目に見えて少ない事、GOWと言えば巨大ボスとのバトルも大きな目玉だと勝手に思ってるんですが、今作のボス級の敵は大抵オーガとかトロールソウルイーターばかりであれ?またこいつ?
ってなった人は多分私だけじゃないと信じたい。
God of War_20180505224343
個人的にソウルイーター系は倒し方がやや作業感があるから好きじゃないのもあります。改めて資料見ると同じトロールだけでもこんなに欄があるから笑っちゃいますよ。
持ってる属性が違ってたりするだけなのにね、その分アトレウスの文章見るのが面白いのが救いですが.....
一応巨大ボスもありましたが、1回あったくらいじゃないか?あまり巨大過ぎるとアトレウスをどう立ち回せるとかそのへんの都合もあるのかも知れませんが、そうだとしても敵のバリエーション自体はもうちょっと増やして欲しかった



やりこみコンテンツが面倒なの多い
例えばニヴルヘイムムスペルヘイム

ニヴルヘイムは入る事に構造が変わるダンジョンで、そこでだけ手に入るアイテムで開く宝箱や作れる防具の為にひたすら潜る事になるんですが......構造が変わるとは言っても大枠はほぼ変わらない訳で目新しさ無く作業的になりがち

ムスペルヘイムは試練が用意されていてそれをひたすらクリアしていくもの
これに関しては今までのGOWにもあった試練と似たようなものですね、まぁそれも面白くは無かったから似たようなもんです。輪っかの中内で止めをさせやダメージを受けるななど条件が面倒で純粋に面白くないと私は感じました


マップがイマイチ分かりづらい
のも難点かなぁ、どこらへんを歩いているかなんてマップを開いてもアバウトにしか分からないし、目的の地点と船着場の位置間違えやすい気がするのは私が方向音痴なだけ?
God of War_20180506003202
ファストトラベル出来る地点もあんまり多いとは言えない割には、移動の際壁登ったりと時間食う事が頻繁にあったし......


ここは好みもあるでしょうが、私としては残虐表現はかなり控えめに感じた
あくまで前作までのゴア表現と比較しての控えめってだけかもしれませんが、イマイチ物足りない感がありますね.....今作でエグい倒し方とかは言うほど無い

ゴア表現モリモリ=ギャグみたいなもんですし、まぁこれくらい控えめなのはむしろ今作の作風には合ってる気もするんですけどね。息子の手前引かれる位酷い倒し方するのもなんだし、今作で一新した事で入ってきた新規層に引かれる可能性も無くは無いでしょうからね~

ただそのへん分かった上でも"もうちょっと"だけ高くして欲しかった(´・ω・`)
完全に私のわがままですけどね



まとめ


気になる所もあるんですが、当初心配していた戦闘は意外にも面白く親子の絆や探索など私としてはツボに入るようなポイントが多く、シリーズプレイ者には嬉しいサプライズも用意されてて大満足の1作でした。
今んとこ今年遊んだタイトルでは一番面白かったかな~

次回作のあるような終わり方をするのは賛否別れそうですが、購入前から新しいサーガの始まりだと思っていたのでそこはまぁあんま気にしてない。
むしろ次回作が楽しみになったくらいですし、今回も3部作の予定なのかな?
DLCの予定は無いようなので、ここからは当分お預けを食らっちゃいますが気長に待ちたいと思います




p.s
クレイトスの吹替えはお馴染みの玄田哲章さんから三宅健太さんに変更されていますが、全く問題無く受け入れられました。アトレウスはもちろん他のキャラの吹替えもセリフ回しに違和感を覚える事も無く良質な吹替えでした。ローカライズ作業お疲れ様です。