先日、上野の東京文化会館に、Kバレエ・カンパニーの
”ロミオとジュリエット” を観に行ってきました。
ロミオ役は熊川哲也さん、ジュリエット役は英国ロイヤル・
バレエ団のプリンシパル、ロベルタ・マルケスさん。
東京公演初日、あいにくの雨の夜でしたが、会場はお洒落を
した観客でいっぱいでした。
CAREVGGY
生オーケストラでの プロコフィエフ ”ロミオとジュリエット” に乗せて
幕が開きました。
ルネサンス時代のヴェローナの街にたちまちタイムトリップです。
華麗で若々しく躍動感あふれるロミオと、繊細で妖精のように
可憐なジュリエット。
舞台美術や衣装の美しさにもうっとり。台詞のない舞台は台詞など
要らない世界でした。
そして幕が下りた後も、鳴りやまぬ拍手と、観客席あちらこちらから
上がる「ブラボー!」の声。
芸術を堪能できた夜、余韻を楽しみながら、まだ降る小寒い雨の中
静かに家路に着きました。


数日来の雨も上がり、初夏のようなさわやかな青空です。
天気予報でも、花粉情報がいつのまにか紫外線情報に
変わっていますね。
きょうは、ミリアム・ハスケル クリアガラスのネックレスを
ご紹介しましょう。
CAIL5EHL
ミリアム・ハスケル クリアガラスネックレス ヘッド部のアップです

透明なガラスビーズが規則正しく並んだ5枚の花びらは、
台座のアンティークロシアンゴールドカラーを受けて
オフホワイトに輝き、輪郭をはっきりとさせています。
先端にラインストーンを付けたメタルオシベの曲線が、
花の優しく楽しい表情を伝えてくれています。
CAULNP0P
ミリアム・ハスケル クリアガラスネックレス全姿です
先日、イヤリングとのセットで当店で販売いたしました 

クリアカラーのネックレスなので、季節やお洋服を選びません。
鳥のクラスプも嬉しいですね。

アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
         ホームページはこちらから入り  http://archiv.jp/
         コスチュームジュエリーの項目をクリックしてください