出  展  の  お 知 ら せ


【 テーブルウェア・フェスティバル  2018 】
 2月 4日(日) ~ 2月12日(月)  10:00~19:00
                         *2月 4日(日)のみ 11:00~19:00
 於:東京ドーム

詳しくは、下記公式サイトをご覧ください。
  http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/



アンティーク アーカイヴも、マイセンをはじめ、KPMベルリン、
ニンフェンブルグ、セーブル、ヘレンド、ロイヤルコペンハーゲン他、
ヨーロッパ銘窯の貴重なアンティーク作品の他、食卓に彩を添えてくれる
ヴィンテージの食器をたくさん取り揃えました。

   
また、ご好評をいただいているミリアム・ハスケルやエルザ・スキャパレリ
のビンテージコスチュームジュエリーも併せて展示販売いたします。

会場で初お披露目の新着商品より、三点ご紹介いたします。

ハスケルを扱っていて感じることの一つに、他色に比べ、ブルー
特にダークブルーのガラスの作品が少ないように感じています。
今回、ネックレスとブローチで一点ずつダークブルー系ガラスの
作品が入荷しました



①ミリアム・ハスケル
 ブルーガラス十連ネックレス
0-02















クラスプ部の花は、金属の枠に熱く溶かしたガラスを
落とし込んで作っています。
そのため金属の爪がなく、より繊細でふっくらとした
花びらの美しさが引き立ちます。
ビンテージのシャネルのネックレスで有名なグリポア工房の
代表作となっている技法です。
ハスケルも同じ技法で、作品を作っていたのですね。




②ミリアム・ハスケル
 ダークブルーガラスの花 ブローチ
0-2







透明感のあるダークブルーの花に、小パールの花弁が三つ。
メタルのフィルグリーもとても繊細なブローチです。




③ミリアム・ハスケル
 赤ガラスの小花 ブローチ
0-00003









花の部分は、赤のラインストーンが、花びら形をしたメタル枠で
一つずつ守られるようについています。
そしてそれらが集まって一つのお花を形成しています。
二枚の葉は赤いガラス。葉脈まで表現されたモールドガラスです。






例年と同じ、骨董(オリエンタル)通り ブース№ O-7
皆様のご来場をお待ちしております。
ぜひお越しくださいませ。



アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川