2021年09月25日

マイセン磁器の絵付け展 図録  印象主義様式の花 自然主義様式の花

再度、マイセン磁器の絵付け展 図録 出版の
お知らせです。このブログにてお知らせいたし
ました図録ですが、ご予約の方には9月29日(水)
頃より順次発送していく予定です。正式な出版日
は10月1日ですので、まだまだご予約をお受けし
ております。当店HPの「お問い合わせ、購入」か
らメールにてご連絡ください。



s-tb-153s








写真1) 図録掲載作品より

写真は今回出版の図録掲載作品の一部です。最
近では自然主義や印象主義様式のマイセン作品は
ほとんど見かけなくなってしまいました。ドイツ
在住のコレクターもここ数年の間にアンティーク
市場から消え、価格も極端に高くなっていると言
っています。

19世紀末に作られた自然主義、印象主義様式の絵
付けは本当に高品質です。これらは現在では再生
産できないようで、ほんの短い期間に、数少なく
作られただけの芸術品です。本図録では写真や印
刷のもこだわりましたので、是非お手に取ってご
覧下さい。

z-01







写真2) 本図録とカバー

個人的な出版なので、価格は7,500円(税込)と高
いですが、50年、100年後にも評価されることを目
指しています。約100年前に作られたマイセンの最
高傑作をどうぞ本図録にてご鑑賞ください。

まだまだ、余裕がございますので、お問い合わせを
お待ちしております。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 17:21|PermalinkComments(0) 書籍紹介 | 自然主義様式の花絵

2021年09月15日

出版日が決まりました 新版 マイセンの絵付け展    図録 予約受付中

本ブログでお伝えしている通り、「新版
マイセンの絵付け展」図録の出版日が
10月1日(金) に決まりました。製本の
担当者が、10月1日が大安であると勧めて
くれたことから、この日に決めました。

もう一つ、うれしいお知らせです。現在
想定よりも多くのご予約やお問い合わせを
頂いているので、最初の50冊限定よりも
多少増刷できそうです。個人出版は印刷
の数が多ければ多いほど一冊あたりは安
くなるので、その分を還元することがで
きそうです。そして、何よりも皆様への
感謝を含めて、予定価格8,500円よりも
1,000円安くしようと思っています。従っ
て定価は7,500円(税込)に致します。

ご予約の方には、本当に感謝です。
2年目のコロナ禍は、ボディーブローのよ
うにじわじわと効いてきて、経営的に本当
に不安です。しかし、皆様の「ご予約」は
当店へのエールと感じています。実際に
応援やお気遣いの言葉も数多く頂いており
ます。本当にありがとうございます。



s-tb-151s








写真1) 図録掲載作品の一部

写真1)はユーゲントシュティール作品の
一部です。最高級の印刷、用紙、装丁を用い
ました。高級写真集と同等の仕上がりです。


z-01







写真2)図録 表紙 ブックカバー

ハードカバーの表紙、プラスチックのカバー
も付け、50年後、100年後の評価されるような
作品集を目指しました。
もちろん、内容にも自信をもって皆様に御覧
頂けるものと考えております。

尚、ご予約頂いている方には、9月の下旬
より順次お手元にお届けすることができる
と思いますので、どうぞご期待ください。


引き続き、ご予約をお待ちしております。
前回、前々回で紹介した「マイセン動物園」展
の図録もまだ余裕があります。こちらも充実し
た内容ですので、無料ですので、お持ちでない
方はお勧めです。

当店HPの「ご購入、お問い合わせ」から、
メールにてご予約下さい。折り返しメールを差
し上げます。

出版まで、今しばらくお待ち頂ければ幸いです。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 15:04|PermalinkComments(0) 書籍紹介 | ユーゲントシュティール

2021年08月31日

おかげさまで好評です 新版 マイセンの絵付け展    図録 予約受付中

前回のブログで予約を募集しました
「新版 マイセンの絵付け展」図録が
応援して下さる皆様のおかげで好評で
す。自費出版なので高額にもかかわら
ず、たくさんの皆様に予約を頂いてお
ります。

ただ、内容を具体的に知りたいという
リクエストも頂いております。高額な
本であるからこそ、当然のご希望と思
います。

やっとサンプルが出来上がってまいり
ましたので、ここでその一部を紹介致
します。ただ、作品の変更や編集上の
作業が続くので、あくまでイメージと
してご覧ください。

zk-06










写真1)写真のクォリティー 例

図録ですので、写真集の体裁をとってお
ります。写真の質は一番重要です。写真
1)のクォリティーを維持して掲載しま
す。

以下内容の例です。サンプル紙上を写真
に撮っているため、写真の質は極端に低
下していますが、実際お手元に届く図録
は格段に高品質な写真です。

zk-01







写真2)印象主義・自然主義の絵付けの例


zk-02








写真3) 同上

第1章では、現在ではなかなか見られない
印象主義様式の花絵付けを初め、自然主義
様式の絵付けや職人のスケッチなども含め
て紹介致します。スケッチや下絵は、実際
の作品以上に珍しく貴重なものです。

zk-04







写真4)ユーゲントシュティールの絵付け

(写真4は現在色調整中なので、今はモノク
ロでお見せします。実物はもちろんカラーで
す)


zk-05







写真5) 同上

第2章はユーゲントシュティールの絵付けを
紹介しています。朝霧や雪景色など情緒的な
絵付けは、それまでのマイセンにはないもの
でした。芸術家たち身近な日常に美を見出し、
それらを夢中になって磁器に描きました。
それまでのマイセンの王侯貴族的な嗜好から、
初めて脱却した革新的な瞬間でした。

本書で紹介する作品は140~150アイテムにな
ります。フィギュアなどの造形作品は含まず、
専ら絵付けに特化しました。世界でもほとん
ど例のない作品集になっていると思います。

zk-07
















写真6)新版 図録表紙 イメージ

9月半ばの出版になります。自費出版なので、
印刷数は50~60部くらいになると思います。
定価は8,500円(税込)です。(ほぼ実費)
高価ですが、50年100年先のコレクターや愛
好家に評価してもらえることを目指しました。

当店HPより、「ご購入、お問い合わせ」を
クリックしメールにてご予約下さい。折り返
しメールを差し上げます。

前回のブログで先着15名様に「マイセン動物
園」の図録を進呈を告知しました。この15名
様には達してしまいましたが、主催の中日新
聞様より、新たに10冊の提供をうけました。
(もう最後だそうです)ということで、まだ
進呈可能です。ご希望の方はメールに「動物
園展」図録希望とご明記ください。

皆様のご予約をお待ちしております。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 16:28|PermalinkComments(1) 書籍紹介 | ユーゲントシュティール

2021年08月20日

新版 マイセンの絵付け展  印象主義様式からユーゲントシュティールへ 図録   自費出版 予約受付 

緊急事態宣言が続く中、アンティーク アー
カイヴも厳しい経営状態を強いられており
ます。このような中、何か将来に続くこと
ができないかと考え、懸案であった「マイ
センの絵付け展」図録の再販を思い立ちま
した。

「マイセンの絵付け展」展示会はもう10年
近く前に開催したもので、この時に作った
図録は自費出版で高価でもあったにもかか
わらず、数日で限定出版数を超えてしまい
ました。その後も「何とか入手できないか」
というお問い合わせを、びっくりするほど
たくさん頂きました。

そして、今回のコロナ禍をきっかけに、再
版する機会を得ました。しかし、単なる再
版ではマイセン愛好家やコレクターに満足
して頂けないと考え、作品の掲載を大幅に
増やしました。また、マイセンの芸術家や
絵付師のスケッチや習作なども掲載し、作
品に対する発想やその背景にまで迫りたい
と考えました。

ページ数も24ページから40ページに増え、
サイズもB5からA4にグレードアップし
ました。印刷や紙の品質も長期保存可能な
もので、個人出版としては最高のものを選
んだつもりです。さらに、単なるパンフレ
ットやカタログという形ではなく、ハード
カバーの表紙を付け、書籍や写真集として
も恥ずかしくない装丁を整えました。これ
は50年、100年先の愛好家やコレクターに
も、「コロナの2021年に、日本でこんな本
が出ていたのか」と思ってもらいたいとの
発想からです。

結果、前回の再版ではなく、新版として発
表しようと思います。19世紀末から20世紀
初のマイセン、ユーゲント時代は、とかく
フィギュアを中心に語られますが、絵付け
にテーマを絞って俯瞰されることは、ほと
んど例がないと思います。その意味でも、
自信をもって貴重な資料になると言えます。




h-01
















写真1)新版の表紙(8月21日時点での予定)


以下に新版の後書きに書きました謝辞を掲載
しておきます

    ー 謝辞 ー

旧版「マイセンの絵付け展」図録を出版した
のはもう10年前のことになります。個人的な
出版でしたが、数日で限定数が売り切れてし
まったのにはとても驚かされました。

そして、この図録には一生忘れられないほど
の思い出があります。それは、この時の図録
が、マイセンの現役ペインターの資料として
大切に使われているという事実です。

数年前になりますが、私はある写真を見て思
わず「えっ?」っと声をあげました。それは、
マイセンの女性絵付師がバラの絵付けをして
いる写真でしたが、その机の上に見覚えのあ
る本を見つけたからです。何度も見直しまし
たが、間違いありません、2010年に出版した
図録でした。何故、この図録がここにあるの
か、その謎はすぐに解けました。

マイセンのコレクターであり友人でもあるM氏
が、来日していたこのペインターに差し上げた
というのです。M氏がマイセンの花絵付けにつ
いて質問し、この図録をみせたところ、彼女が
「こんな本はマイセンにもない」 としきりに
褒めるので、「それでは」と進呈したそうです。
マイセンの女性絵付師はこの図録を自分の職場
に持ち帰り、絵付けのための個人的な資料とし
て大切に使ってくれていました。この図録がマ
イセンの現役絵付師にインスピレーションの源
になってくれていると考えると、本当に嬉しく
また名誉なことです。

旧版以来、図録の再版の声も多数頂きまし
たが、雑務に追われて実現しませんでした。
しかし、このコロナの間に落ち着いて作品の
整理、編集にあたることができました。

そして、大幅に編集改定して出版にこぎつけ
ました。作品もページ数も大幅に追加し、単
なる再販ではなく、新版として発表致します。

この新版の図録が、マイセンの愛好家や研
究者のお役に立てれば、これ以上嬉しいこと
はありません。


 2021年 夏  アンティーク アーカイヴ 



1ee7fc07

















写真2) 旧版表紙(絶版)

写真2)の旧版はすでに絶版になっており、申し
訳ございませんが入手は不可能です。

新版については、予約を受け付け致します。価格
は8,500円(税込み)を予定しいます。(ほとんど
実費です)超マニアックな主題ですし価格も高い
ので、どの位の需要があるのか想像がつきません。
発行のための経費も高くつくので、当店における
限定発行部数は5~60部で精いっぱいと思います。
ただ、嬉しい事に、すでに16部の予約が入ってお
ります。実際の発行は9月の下旬を予定しており
ます。

予約をご希望の方は、当店HPの「お問い合わせ」
より、メールでご連絡ください。折り返しメールを
返信いたします。間違いがあるといけませんので、
申し訳けございませんが、お電話での受付は致し
ません。

尚、予約先着15名様ご希望の方に、パナソニック
ミュージアムで開催された「マイセン動物園」展
の図録を進呈致します(無料)。この二冊があれ
ば、マイセン・ユーゲント時代における造形と絵
付けの両方が把握できます。ご希望の方は、ご予
約のメールに「マイセン動物園」図録希望と必ず
ご明記ください。


何卒、ご期待ください。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/


dresdner220 at 18:23|PermalinkComments(0) 書籍紹介 | 自然主義様式の花絵

2021年07月31日

マイセン ヘロルト生誕300年記念 「ヘロルトシノワズリー」の友好盃 ビーカー

1996年は絵付師ヘロルトの生誕300年に当たる
年でした。この時、マイセンでは大きなプロジ
ェクトを企画し、この記念の年をさらなる躍進
に繋げようとしていました。

マイセンはドイツ統一により、ザクセン州立と
なっており、そのブランド名を世界に普及させ
たいと考え、ヘロルト生誕300年はその絶好の
機会と捉えたのです。

1996年にマイセンがヘロルトをテーマにして
逸品を発表するらしいという話は、コレクター
やマニアの間で噂になっていました。日本では
三越と松坂屋のマイセン展でこれらを発表する
と聞き、私も心を躍らせたものです。

今回紹介するビーカーは、この時に作られた
逸品です。

zh-01








写真1)マイセン ヘロルト生誕300年 友好盃

デパートで開幕されたマイセン展では、普段見ら
れないようなヘロルト絵付けの逸品が展示されて
いました。価格には茫然とさせられましたが・・



zh-05







写真2)マイセナー・マニュスクリプト10より

中でもマニアの間で前評判の高かったのが、三つ
の地色のビーカーでした。これらは、18世紀の筆
致や彩色などを忠実の復刻したものでした。例え
ば、通常ならペンを使って描かれるような線も、
これらの作品には18世紀と同じように筆が使われ
ました。また地色も、ムラがでないよう、ぼかし
筆で丹念にたたいていくという当時に描法が使わ
れました。
しかし、これらのビーカーは生産数がごく僅かで
注文の段階で売り切れてしまい、日本には入らな
かったと聞きました。




zh-06








写真3)試作や実験のテストピース 1995年頃

「ヘロルト生誕300年記念」にあたって、制作
のためのプロジェクトチームが作られました。
絵付け部門のリーダーは名絵付師クリスチャン
・シェプラー(1947~2008)、1996年当時は
49歳、18世紀の絵付けではマイセン最高と言
われた人物です。

写真3)を見ると、シェプラーの指導下、プロ
ジェクトチームは細部に渡り膨大な実験を重ね
ていたことがわかります。



zh-08














写真4)書籍「ヘロルト96」 


zh-07















写真5)マイセナーマニュスクリプト10

「ヘロルト生誕300年記念」のプロジェクトは、
「ヘロルト96」という研究書にまとめられ、当時
発行されていたマイセナーマニュスクリプトという
報告書も出版されました。



zh-02








写真6)元箱と証明書

今改めて見ると、本作はとても力の入った作品であ
るとつくづく思い知らされます。
赤ちゃんに鳥かごを指さす異国人、机の上の犬や鳥、
籠の左にあるツル首の壺のも人物絵が描かれていま
す。そして何よりもトルコ石のようなブルーの色彩、
地色にはぼかしの筆跡が見て取れます。


zh-04









写真7)内部の絵付け

この器形は友好盃と呼ばれ、18世紀のザクセン王室
では、この器で酒を酌み交わし友好を誓ったという
いわれがあります。器に内部にも東洋の花が描かれ
ています。器の底の絵付けは、長い筆で手が震えぬ
ように描かなければならず、とても手数のかかるも
のです。手を抜いていないことが伺えます。


zh-03










写真8)マーク

マークをお見せします。剣マークと一緒に金文字で
1996、jghは、ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト
の頭文字で、18世紀当時のヘロルトのサインから取
られたカリグラフィーです。


1996年、今から25年、四半世紀も前のことですが、
個人的には昨日のことのように思い出されます。
このころのマイセンは本当に良いものが作られてい
ました。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/

dresdner220 at 14:16|PermalinkComments(0) マイセン作品紹介 | 書籍紹介 マイセナー・マニュスクリプト
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索