2019年04月07日

マイセン イースター プレート  復活祭  W・バーリング

今年のイースターは4月21日になるそうです。
イースターはキリスト教の復活祭の意で、春分の日の次
の満月の日から数えて最初の日曜日がこの日に当たり
ます。ハロウィンほどではありませんが、春が来た事を喜
ぶ一日として、日本でもだんだん馴染んできたように思い
ます。

マイセンでもこの日を祝うプレートが1910年に作られま
した。

z-2C8T2478









写真1)マイセン イースター プレート 1910年頃

教会の鐘を鳴らす男女の背景に、渡り鳥が飛んでいる詩情
ある風景が描かれています。



z-2C8T2479







写真2) 同作 クローズアップ

鳥はツルのように見えます。。ドイツは寒いので、温かい
地域で越冬した鶴が、ザクセンの地に戻ってきたのでしょ
うか。


z-2C8T2480







写真3) 同上

鐘を引く男女の表情は、後姿ですが、春の訪れを喜んでいる
ようです。


z-2C8T2482







写真4) 同上

キリストの復活を告げる教会の鐘の音が、町中に響き渡り
ます。筆者にはキリスト教のバックグラウンドがないので、
復活祭への思いには疎いですが、春への喜びはとても素直
に感ずることができます。



z-2C8T2481







写真5) 同上

作品には作者のサインが入っています。 W.BARING とい
う文字が読み取れますでしょうか?


z-2C8T2484








写真6)マイセン200周年記念出版 より

マイセンの開窯200周年を記念して出版された書籍にも、本
作が最新作として紹介されています。


z-2C8T4049












写真7)バーリング 自画像 

写真7)はヴィリアム・バーリングの自画像です。
バーリングは1888年生まれ。マイセンの養成学校を経て、
1900年に絵付け師として採用されました。当初から人物画
の絵付けを担当し、後に釉下彩の部門を受け持ちました。
本作はバーリングの22才の時の作品です。ユーゲントシュ
ティール様式の中にあったマイセン磁器では、非常に前衛
的な作品であったと思います。


最後に裏面のマークをご覧にいれます。

z-2C8T2483








写真8) 同作 剣マーク

1910年の作品ですので、所謂ボタン剣のマークです。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 17:35│Comments(0) マイセン作品紹介 | ユーゲントシュティール

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

記事検索