2009年12月08日

「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.-4  ハインツ・ヴェルナー その2

hw-1

マイセナー・マニュスクリプトのハインツ・ヴェルナー特集の
2回目です。個人的にヴェルナーには特に思い入れが
あるため、この号はとても貴重な資料です。
前回に紹介したごく初期の作品から、1993年当時の
最新作まで幅広く紹介されているのがうれしいです。


hw-11
写真左 「青い葉と赤紫のバラ」1964年
 器型 「格子のレリーフ」L・ツェプナー
写真右 「アラビアンナイト」1974年
 器型 「グロッサー・アウシュニッツ」L・ツェプナー


hw-12
写真 「真夏の夜の夢」ティーポット1969年
  器型 「花の輪舞」 L・ツェプナー

hw-13
写真 「コバルトブルーにプラチナで描かれた動物の絵」1970年
 器型 「花の輪舞」 L・ツェプナー

器型「花の輪舞」はマイセンが1970年頃極僅かの期間のみ作った
超希少品です。コレクターの間では「幻の現代マイセン」と
いわれ、驚くような高い価格で取引されています。今ではドイツ
の市場にも全く無いので、もし国内で見つかれば、即買いです。

hw-14
写真左上 「水鳥の狩猟」1974年
 器型 「グロッサー・アウシュニッツ」L・ツェプナー
写真左下と右 「猟師のほら話」1974年
 器型 「グロッサー・アウシュニッツ」L・ツェプナー

hw-15
写真 「マスケラーデ」1991年
アンドレアス・ヘルテンとの共作
 器型 「グロッサー・アウシュニッツ」L・ツェプナー

hw-16
写真 「エラート」 1992年
 器型 「ミシュティカ」S.ワックス J・ダニエルチェク

以上、サービスを中心に紹介しましたが、この他にも
「ブルーオーキッド」や「アーモンドの樹」「新しい花」など
おなじみの装飾も掲載されています。
しかし、最近のマイセンではこの種の作品はほとんど
見かけなくなりました。ドイツではアラビアンナイトさえ
ショップに無いありさまです。アラビアンナイトは日本国内
が一番あるのではないでしょうか?
マイセンは製品のレンジを大幅に変更をしているようで、
20世紀を共に過ごしたヴェルナーファンとしてはとても寂しく
感じます。

書名   Meissener Manuskripte ⅳ
      「VISIONEN」 Heinz Werner
発行   マイセン磁器製作所
編者   Uwe Beyer
発行年 1993年 3000部限定 64ページ

*現在の入手は難しいようです


            アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/        



dresdner220 at 13:54│Comments(0)TrackBack(0) 書籍紹介 マイセナー・マニュスクリプト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索