2009年11月

2009年11月30日

マイセン「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.-3

mm-3

出張のため、しばらくブログの更新ができませんでした。
読者の方、大変申し訳ございませんでした。

さて、今回はマイセン「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.-3です。

この号の特集は「ヘンチェルの子供 Hentschels Kinder」
です。マイセンのフィギュア、ヘンチェルの子供シリーズはマイセン
の芸術家コンラッド・ヘンチェルが1905年頃に作ったシリーズです。
「本当の天使は足元にいたのだ」と評され、マイセンのベストセラー
として今日まで人気の高いシリーズです。所謂「ヘンチェルの子供」
は14体からなるもので、これ以外の作品はたとえコンラッド・ヘン
チェルの作でも「ヘンチェルの子供」とはいいません。
本冊子には「ヘンチェルの子供」以外のリストや他の芸術家の作品
で「ヘンチェルの子供」と間違いやすい作品も紹介されています。

ヘンチェルの子供は笑っているような、所謂カワイイ顔のものは
ありません。全て、子供の真剣な一瞬の表情を捉えたものです。
よくあるような売るための媚びた商品とは一線を画する作品なの
です

写真は「ヘンチェルの子供」シリーズより、
犬を見つめる子供 猫と少女  

ch-2



貴重なコンラッド・ヘンチェルの写真
Julius Konrad Hentschel 1872~1907
35歳の若さで逝去してしまう天才芸術家

ch-1

書名   Meissener Manuskripte Ⅲ
発行   マイセン磁器製作所
編者   Uwe Beyer
発行年 1993年 5000部限定 24ページ

*現在の入手は難しいようです


            アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
             ホームページはこちらです  http://archiv.jp/



dresdner220 at 04:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 書籍紹介 マイセナー・マニュスクリプト 

2009年11月13日

マイセン「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.-2

mm-2

マイセン「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.-2です。

この号の特集は「マイセンの若い動き 
VON WEGEN die Jungsten Meissener Porzellan」
です。
マイセンのヤングアーティストの作品が紹介されています。

紹介されているアーティストは

クリストフ・シージールスキー
アンドレアス・エーレット
オラーフ・フィーバー
アンドレアス・ヘルテン

の4人です。

今回はエーレットとヘルテンのページを紹介します。
エーレットは造形家 ヘルテンは画家です。

アンドレアス・エーレット
manu-2-1

アンドレアス・ヘルテン
manu-2-2

書名   Meissener Manuskripte Ⅱ
発行   マイセン磁器製作所
編者   Jurgen Scharer
発行年 1992年 5000部限定 20ページ

*現在の入手は難しいようです

当店にて一冊のみ販売できます。

当店販売価格 4,000円 1冊  ドイツ語  送料別
                    先ず、お問い合わせ下さい。 
                    また売り切れの際はご容赦下さい。


            アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
          ホームページはこちらです  http://archiv.jp/ 



dresdner220 at 19:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 書籍紹介 マイセナー・マニュスクリプト 

2009年11月12日

マイセン「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.-1

mm-1


マイセン「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.-1です。
この号から、テーマごとの特集になります。
この回は「マイセンの陶板画 MEISSENER WANDBILDER」
です。1976年から1992年までの陶板画作品が、芸術家ごとに
紹介されています。

紹介されているアーティストは

ハインツ・ヴェルナー
ルディ・シュトッレ
フォルクマール・ブレッチュナイダー
ヨルク・ダニエルチェク
ホルスト・ブレッチュナイダー

の5人です。(下の写真はヴェルナーのページ)

mm-1-1


マイセン製作所内のアトリエでの製作場面や作品のリストも
掲載されており、現代マイセンのファンには内容のある資料
でしょう。(写真はアトリエでの製作風景のページ)

mm-1-2

書名   Meissener Manuskripte Ⅰ
発行   マイセン磁器製作所
編者   Uwe Beyer
発行年 1992年 5000部限定 24ページ

*現在の入手は難しいようです

当店にて一冊のみ販売できます。

当店販売価格 4,000円 1冊  ドイツ語  送料別
                    先ず、お問い合わせ下さい。 
                    また売り切れの際はご容赦下さい。


            アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/  

dresdner220 at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 書籍紹介 マイセナー・マニュスクリプト 

2009年11月10日

マイセン「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.2-92

mm-02

今回は2-92号を紹介します。
この号もプレ版なので、いくつかのトピックスが
記事になっています。
この号の内容は以下のようなものです。

*スワンサービスについての論説
*貴族と貴婦人のフィギュアについて
*ルディ・シュトッレ ツヴィンガー城で個展開催
*映画「マイセン幻影」ウッツ男爵について

書名 Meissener Manuskripte Vol.2-92
著者 マイセン磁器製作所
編者 Uwe Beyer
発行 1992年 5000部限定 24ページ

*現在は入手は難しいようです

        ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 書籍紹介 マイセナー・マニュスクリプト 

2009年11月08日

マイセン「マイセナー・マニュスクリプト」Vol.1-92


mm-01

当ブログをご覧くださり、ありがとうございます。何も宣伝もして
いないのですが、楽しみにしてくださる方がいるという事を知り
とてもうれしく思います。
読者から「マイセナー・マニュスクリプト」についてご質問が
ありました。このところ、ニンフェンブルグについて書いていた
のですが、これはまた後に廻すことにして、専門のマイセンに
ついてしばらく書いてゆこうと思います。

「マイセナー・マニュスクリプト Meissener Manuskripte」
はマイセンが1992年から公式に出版している冊子です。
マイセンは「Meissen BRIEFE」という広報誌も出していますが、
これは数ページのパンフレットであるのに対し、マニュスクリプト
は厚いものは150ページ以上にも及ぶ本格的な冊子です。
現在、Vol.20まで出版されていますが、Vol.1以前に、プレ版
が2号出ていますので、全部で22冊になります。
Vol.1からは号に応じて特集が組まれるのですが、最初の2号は
トピックス的な内容です。

今回は1-92号を紹介します。
この号はまだ特集テーマがなく、マイセンの色々な話題が掲載
されています。内容は以下のようなものです。

*「葡萄の葉文様」175周年記念論説
*フィギュア「羊飼い」について
*「マイセンの今日」芸術家集団30周年記念

次回から、今までに出版された「マイセナー・マニュスクリプト」
全巻を紹介してゆきます。


書名 Meissener Manuskripte
著者 マイセン磁器製作所
編者 Uwe Beyer
発行 1992年 5000部限定 24ページ

*現在は入手は難しいようです

 ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 12:58|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 書籍紹介 マイセナー・マニュスクリプト 

2009年11月06日

ニンフェンブルグ「フィッシュ・サービス」H.グラードル1900年頃

hg-1

ニンフェンブルグの「フィッシュ・サービス」プレートです。

非常にユニークな作品である事が、写真からもお分かり
頂けると思います。器形、装飾ともにヘルマン・グラードル
のデザインです。
先ずユーゲント様式らしい線使い方が、目をひきます。
花形の口縁が海草に繋がっており、その一部はオープン
ワークが施されています。小豆色に金色のラインで海草
描かれており、魚は緑色です。なんという色の組み合わせ
でしょう。色々な磁器作品を随分見てきましたが、この種の
色使いはあまり例がないように思います。当時としては、
ほとんど前衛芸術だったのではないでしょうか。ユーゲント
の時代というのは、チャレンジのエネルギーが満ち満ちて
いました。

もちろん、現在ニンフェンブルグ窯では作られておらず、
アンティークの市場でも滅多に出てきません。唯一無二
の作品と言えるでしょう。


当店販売価格 180,000円 1枚
                    先ず、お問い合わせ下さい。 
                    また売り切れの際はご容赦下さい。


            アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
          ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 12:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ニンフェンブルグ 作品紹介 
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索