2011年02月

2011年02月28日

マイセンの紅梅                          ハインツ・ヴェルナー

明日から3月です。
2月は二子玉川にもあちこちに梅の花が咲いていましたが、
そろそろ終わりでしょうか。

ume -1
写真1) 日本の紅梅

実はマイセンにも「紅梅」の装飾があるのです。
恐らくほとんどの方はご存じないでしょう。よほどのマイセン
ファンでもこれを知っている人は少ないのではないでしょうか?
今回はこの「マイセンの紅梅」を紹介します。


s-2C8T5171
写真1)紅梅の絵  ハインツ・ヴェルナー デザイン

いかがですか。こんなマイセンがあるんです。
デザインはもちろんハインツ・ヴェルナーさん。日本的ですよね。
梅の枝ぶりや筆致は「ブルーオーキッド」や「アーモンドの樹」と
似ています。


s-2C8T5167
写真3)色絵梅枝文碗 「マイセン磁器」 美術出版社 より

デザインの元になったのは、アトリエプロダクションの作品
です。出典の書籍には制作年は書いてありませんが、恐らく、
1970~80年頃の作品でしょう。こうしたアトリエ作品から
一般レンジの作品に発展する事もあります。しかし本作は
ほとんど一般には出回らず、製品カタログにもありません。
マイセンでも、このような作品はほとんど知られずに消えて
ゆく運命にあるのでしょう。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 22:11|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 花とマイセン 

2011年02月25日

訃報 ルードヴィッヒ・ツェプナー氏 逝く            Ludwig Zepner Meissen  

国内で公式な発表はされていないようなので
迷ったのですが、ドイツでは告知されていますし
国内でもブログで触れられています。すでにご存知
の方もいらっしゃるようなので発表します。

訃報
マイセンの芸術家
ルードヴィッヒ・ツェプナー氏(Ludwig Zepner)
が2010年12月31日逝去されました。
享年79才でした。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

s-2C8T5166
写真1)在りし日のツェプナー氏 アトリエにて

葬儀は2011年1月7日、マイセンのカトリック教会にて
行われました。近親者、友人、仕事関係の方々が参列
されました。



s-2C8T5163
写真2)直筆による色紙  即興による文様とサイン

マイセンで1960年に結成された「芸術的発展のための
グループ」のリーダーであり、20世紀のマイセン造形部門で
多大な活躍をされました。マイセンの磁器芸術への貢献は
はかりしれません。親しくお話させて頂いた時の一徹な
お人柄を思い出します。   

残念です・・・・・・      合掌


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マイセンの芸術家 

2011年02月17日

マイセンの芸術家                         ルドルフ・ヘンチェルの素描

テーブルウェア・フェスティバルに出展のため、
しばらくブログが更新できなかったことをお詫びします。
また、テーブルウェア・フェスティバルにご来場くださった
たくさんのお客様には、この場を借りて感謝と御礼を申し
上げたいと思います。
本当に、有難うございました。

さて、今回のブログではルドルフ・ヘンチェルの素描を紹介
しようと思います。1月24日のルドルフ・ジークの項で、
「ルドルフ・ヘンチェルのスケッチを見たことのある人・・・云々」
というコメントがありますが、そんなものを見たことがある人は
日本には数人しかいないと思いますので、ここで紹介致します。

s-2C8T5152

写真1)1887年のルドルフ・ヘンチェルの素描

ルドルフ・ヘンチェルはマイセンのユーゲント時代の重要な
芸術家です。弟のコンラッドは造形の芸術家として有名ですが、
(マイセンのべストセラー「ヘンチェルの子供」は彼の作品)
兄のルドルフは絵付けの部門で創造的な活躍をしました。


s-2C8T5153
写真2) 公園にて  1892年の素描作品

ルドルフはマイセンで多くのユーゲントシュティール作品
を手がけましたが、そうした芸術作品の根底には、このような
スケッチがあったのでしょう。彼は小さなマイセンの町を愛し、
多くのスケッチをして、これらを元に銅版画や油彩を描いて
います。そして、こうした地道な活動がマイセン磁器の秀品
となって花開いたのでしょう。
先項におけるルドルフ・ジークのスケッチとの類似性のご指摘
もあり、本当に興味の尽きないところです。


彼のユーゲントシュティール期の作品は、詳しく紹介する
何か別の機会を設けるつもりです。
この項で、ルドルフ・ジークの本紹介も終わりにしようと思います。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 15:17|PermalinkComments(1)TrackBack(0) ユーゲントシュティール 

2011年02月01日

テーブルウェア・フェスティバル2011               於 東京ドーム

東京ドーム テーブルウェア・フェスティバル
出品作品の例 Part 2 です。

催事の詳細は公式HPをご覧ください。
http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

s-tbw-hon-1
写真1) 出品作品 No. 16) ~31)

16)マイセン 陶板画「赤ずきんちゃん」
                 H.ヴェルナー デザイン 2000年頃 額45cm

      17)ヘレンド ベース 「東洋風の花と鳥」

                  一点もの 1980年頃  H 32cm            

      18) R.コペンハーゲンオーバルプレー「フローラダニカ」 

                       1970年頃  40X31cm     

      19)マイセン プレート「自然主義様式の花 スズラン」

                 「カーネーション」1890年頃 径25cm

      20)マイセン 飾り皿レリーフ装飾「赤と金の装飾花絵」

                 1980年頃 径27cm        

      21)マイセン モカセット6人用 「新しい花」

                  H.ヴェルナー  1980年頃           

      22)マイセンポプリポッ「パテ・シュール・パテ天使の絵」

                   1880年頃 H 21cm     

      23)マイセン ペアベース「プラチナ・ゴールドの花絵」

                  琥珀色の地色 1890年頃H17cm

      24)マイセンコーヒーセット6人用「Aカンテリッチな花絵」

                   1970年頃      

      25)ローゼンタールフィギュアセット「パピー3匹の子犬」

                  1930年頃       

      26)マイセン C&S「クロッカス」アールヌーボー時代 

                   1900年頃 一級品 H 9cm       

      27)ヘレンド 飾り皿 「リッチな花と果物の絵」

                   透かし彫り 1970年頃 径33cm        

      28) KPMベルリンC&S+ケーキ皿「バラのバスケット」

                  1960年頃        

      29)マイセン フィギュア「ウサギ」

                  マックス・エッサー原型H 13cm   

      30)ジョージ・ジェンセン カトラリー「エコーン」 

                   各種            デミスプーン6本箱入り   

      31)ヘレンド二人用モカセット「モーニング・グローリー」 

                  1980年頃 
      


   アンティーク西洋陶磁器専門店 
     アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                tel 03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 16:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント 催事 
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索