2012年04月

2012年04月22日

マイセン 飾り皿 「フェルメール 手紙を読む少女」           ザ・美術骨董ショーに出品

東京プリンスホテルでのザ・美術骨董ショーについて、前回
のブログに記しましたが、この催事の目玉作品をもうひとつ
紹介します。
マイセンの名画シリーズ 「フェルメール 手紙を読む少女」です。

s-blog-2
写真1) マイセン 「フェルメール 手紙を読む少女」 1870年頃

とにかくすごい作品です。油絵を本当によく写してあり、これがやき
ものとは思えません。フェルメールのモチーフはKPMなどの陶板画
にも例がなく、マイセン独自のものと思います。もちろん、こうした類
のやきものは東洋にもありません。金彩も含めて全て手描きであり、
正に至高の磁器芸術と言えるのではないでしょうか。

s-s-2C8T8251
写真2) 作品のクローズアップ

何がすごいって、フェルメール独自の空気感や静寂感まで感じ取れ
るのがすごいです!模写でさえも難しいのに・・繰り返しますが、やき
ものです。マイセンが本気を出すと、本当にすごい。

s-2C8T8258
写真3) ケースつきです

詳細な解説はHPにアップしておきました。さらにご興味のなる方は、
こちらからご覧ください。
http://www.archiv.jp/meissen/mplate.html

最後に「フォーブス」の記事から、以下の文を引用します。
その情熱から「食器ハンター」と呼ばれるアメリカの大富豪が、オー
クションで負け、目的の磁器を落札出来なかった時の記事です。

「あなたが老後、ご婦人と素敵なティーセットでお茶を楽しむため
位に磁器を集めようと考えているなら、それは考え直した方かいい。
磁器の市場は予想以上に大きなビジネスになりつつある。特に歴史
に関心を抱く男性の間で、それは顕著である。」


ザ・美術骨董ショーにて展示即売いたします。
美術骨董ショーのインフォメーションはこちら。
http://www.japantique.org/top.html


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/



dresdner220 at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マイセン作品紹介 | イベント 催事

2012年04月21日

ザ・美術骨董ショー   於 東京プリンスホテル

今年も恒例の美術骨董ショーが、東京プリンスホテルで開催されます。

ザ・美術骨董ショー 

日時 4月28日(土)~5月2日(水)
    10時~19時 但し最終日は17時まで
会場 東京プリンスホテル 芝  TEL 03-3432-1111
お問い合わせ  主催者 事務局TEL 03-3470-2103

入場無料

内外より、質の高いアンティークディーラーが大集合します。
アンティークマイセンをたくさん見られるチャンスでもあります。
当店も他店に負けない作品を出品するつもりです。
一例を紹介いたします。

s-FF-3
写真1)マイセン デミタスセット6人用「FFブルーメ」

マイセンのFFブルーメの6人用モカセットです。1960年代の制作
なので、素晴らしい出来の絵付けです。写真は構成上C&Sが
2客しか写せませんでしたが、実際は以下のようなセットです。

デミタスC&S 6客
蓋付シュガー
蓋付クリーマー
デミタス用ポット

FFブルーメの花絵の素晴らしさは、ここで繰り返す必要はないで
しょう。このブログでも2回に渡って解説していますので、よろしけ
ればこちらもご参照ください。
http://blog.livedoor.jp/dresdner220/archives/cat_165349.html


ダメージや修復はなく、素晴らしいコンディションです。会場にて
展示即売いたしますので、どうぞご来場ください。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マイセン作品紹介 | イベント 催事

2012年04月20日

世界のかわいいカップ&ソーサー              明石和美 著   長谷川朝美 写真

今月発行された書籍「世界のかわいいカップ&ソーサー」に当店の
作品とショップが紹介されました。

s-2C8T8326
写真1) 書籍「世界のかわいいカップ&ソーサー」 明石和美 著

すてきな本ができあがりました。
書名の通り、かわいいカップ&ソーサーがたくさん紹介されて
います。いかにも女の子が好みそうなタイトルですが、内容は
決して軽いものではありません。この種の本は、例えば「南仏
風のガーデンで、オシャレなお茶のひとときを」などというよく分
からない、 雰囲気だけで内容の無いものもままあります。しか
し、この本は違います。

扱っているC&Sは、マイセン、セーブルといった王道のアンティ
ークではありません。ミッドセンチュリーや北欧デザイン、スージー
クーパー、オールドノリタケなど、価格も手ごろで実用可能なもの
が中心です。しかし、それらもその歴史や様式など、実に面白い
バックグラウンドを持っています。入門とは言いながらこうしたもの
に迫っていこうとする著者の姿勢に、私も個人的にとても共感させ
られました。

s-2C8T8327
写真2) 同書  裏表紙  定価 本体2200円+税

s-2C8T8328
写真3) 同書 スタッフ

著者の明石和美さんは、工芸、職人、旅などをテーマに記事を
書かれる方で、当店の陶磁器にもとても興味を持って下さり熱心
に取材して下さいました。
また、この種の書籍において大きな比重をもつのが写真です。
今回の写真を撮ってくださった長谷川朝美さんは、フリーの写真
家(ちなみに男性です)で、店内の悪条件の中、素晴らしい写真に
仕上げて頂きました。現在は北欧のオーロラや夕景などを撮って
おられるそうで、見せて頂いた写真の何とすばらしいこと!
撮影終了時はすっかり暗くなっていましたが、私も夜景を撮るのが
好きなので、思わず時間を忘れて雑談してしまいました。

ここでは掲載しませんが、巻末にある店舗の紹介写真(もちろん
長谷川さん撮影)が、ありきたりなものとちょっと違って中々良いの
です。因みに当店の写真は、ちょうと黄昏時に撮って頂いたもの
です。
一般の書店で売っていますので、是非手にとってご覧ください。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 16:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 書籍紹介 | その他

2012年04月17日

ポピーの花とマイセン 

今回も、花とマイセンについてのブログです。

s-2C8T8305
写真1) ポピーの花  ナガミヒナゲシ 4月17日撮影

アーカイヴ前の歩道の植え込みに、ポピーの花が咲いてい
ました。何年か前には一輪だけだったと思いますが、年々増え
てきているようです。薄い花弁と細い茎の可憐な花です。マイ
センでもポピーのモチーフはよくあるので、このブログで紹介
しようと思います。

s-2C8T8307
写真2) マイセン ベース 「ポピーの花」 1900年頃

写真2)は所謂自然主義様式で描かれたポピーの花です。
まるで墨絵か水彩画のような画法で、細部を意識的に省略
して描いてあります。花の種類もポピー一種類だけで、マイセン
の絵付けとしては非常に簡素なものです。少し離れて鑑賞する
ととてもリアルに見え、花の持つ生命感までも感じさせます。

s-2C8T8308
写真3) マイセン トレー 「ポピーと春の花」 1985年頃

こちらも同じポピーですが、スミレやアカツメクサとの構図で
描かれています。色とりどりの花絵で、写真2)に比べるととても
リッチに感じます。といっても、所謂マイセンフラワー(様式的な
花絵)のような豪華絢爛な感じとは違いますね。100年前のもの
に比べるとタッチもはっきりとしたやや固いものになっています。
色の組み合わせ、花の組合わせなどはマイセン独自の様式に
よるもので、季節感のある素晴らしい装飾と思います。

桜は終わりましたが、これからは本当に花がきれいな季節ですね。
楽しみです。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 13:44|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 花とマイセン | 自然主義様式の花絵
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索