2012年05月

2012年05月21日

金環日食とルディ・シュトッレ Rudi Stolle             マイセンのウニカート作品

金環日食見ましたか?
すばらしかったですね!
今日は朝から妻とワクワクして期待していました。雲が多く案じて
いたのですが、見事に見えました。というより、雲が良かったです。
太陽と月の前に雲が流れていく様子が、本当にドラマチックでした。
日食も雲に出たり入ったりで、雲のない空で見るよりも感動したと
思います。妻に言われて気付いたのですが、厚い雲に入ったほん
の一瞬、肉眼でも日食が見えました。
雲の中の日食、これは本当に美しかったです!

写真は撮れませんでしたが、代わりにマイセンの作品を紹介します。

s-2C8T8420
写真1)「宇宙の力線」 ルディ・シュトッレ 部分 1986年

s-2C8T8417
写真2) 同上

s-2C8T8418
写真3) 同上

マイセンの5人の芸術家集団に属していたルディ・シュトッレが
制作したウニカート(単一制作作品)のベースです。シュトッレは
グラフィック調の絵画を得意とし、宇宙や天文学に造形の深い
芸術家でした。写真の作品は「宇宙の力線」と題されていますが、
月と太陽と地球そして影は、今日の金環日食をイメージさせます。

s-2C8T8419
写真4) ルディ・シュトッレのサインと年号

s-2C8T8421
写真5) 天文学者に扮してパレードに参加するシュトッレ1987年

残念ながらシュトッレはすでに故人ですが、今回の金環日食は、正
に彼の世界そのものでした。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マイセン作品紹介 | マイセンの芸術家

2012年05月13日

KPMベルリン すばらしき装飾の魅力 書籍紹介

新しい本を入手しましたので、紹介します。
本といっても、35ページの小冊子ですが、面白い内容です。
2009年に「KPMの世界」という催しが行われたのですが、この
展覧会の冊子です。

s-2C8T8397
写真1) すばらしき装飾の魅力  表紙 2009年発行

本書は1890年~1900年頃の初期ユーゲントシュティールの
装飾にテーマを絞った内容で、所謂「レイズゴールド」や「エナ
メル彩」などの高等技術を駆使したKPMの作品を紹介してい
ます。

s-2C8T8400
写真2) パテ・シュール・パテの紹介ページ

この頃のKPMの装飾は、正に世界一といっても過言でないと
思います。今だ、歴史主義的要素から脱しきれていないものの、
新しいテクニックを使って、今までに無い新しいものを作り出そう
とするエネルギーが作品を通じて伝わってきます。

s-2C8T8398
写真3) 書籍内容の一部 

ベースを中心にC&Sなども紹介されています。特徴ある金盛りの
線描に、色とりどりのエナメル彩、その精緻さは磁器装飾の極致
です。

s-2C8T8399
写真4)裏表紙  

KPMのこれらの時代のものだけを蒐集するコレクターも、数多く
存在します。アンティークの市場にこれらの作品が出ると、非常に
高い価格がつきます。

s-2C8T8395
写真5)KPMぺルリン 小型ベース 当店在庫 1890年頃

s-2C8T8402
写真6) 同上作品のディテール   高さ 約11cm

書籍と同時代同種の当店在庫に作品です。深い琥珀色に
金彩、エナメル彩と、当時の技術の粋が注ぎ込まれた作品
です。現在のKPMからは考えられないような作品ですね。

いずれ、折を見てHPにでも紹介しようと思います。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 17:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0) KPM作品紹介 | 書籍紹介

2012年05月08日

マイセナー・マニュスクリプト Vol.16               「ベース、ベース、ベース・・・・」           

今回のブログは、マイセナーマニュスクリプトVol.16
「ベース、ベース、ベース・・・」の紹介です。

mm-16

写真1) マイセナーマニュスクリプト Vol.16 表紙

s-2C8T8361
写真2) ベース制作の様子 

2001年に出版されたマニュスクリプトはベース=花瓶の
特集です。マイセンで作られたベースの絵付けやフォルムの
歴史を紐解きながら、新たなベースの制作を目指すもので、
多くの作品が紹介されています。

s-2C8T8359
写真3) 2001年に制作されたベースの数々

数々のベースの中には伝統的なものの復刻や、全く新しい
新作もあります。これらの作品はベースエディションとして
限定販売されました。

s-2C8T8367

写真3) チューリップのベース

s-s-2C8T8364
写真4) 実際の作品

写真3)のチューリップのベースが当店の扱っていいる作品の中
にあります。非常に丁寧に描かれた作品で、マイセンがとても力
を入れていたのがよく分かります。

s-2C8T8362
写真5) ベースに入れられた絵付師のサイン

ベースエディションの作品にはペインターのサインが入ります。
これはマイセンでは特別な事で、通常作品はペインター番号だけ
です。このエディションでは特に優れた絵付け師に制作を命じ、
マイセンの品質の高さを内外に示そうとするものでした。
現在でも、このエディションの作品が市場にでると、とても高く評価
されています。  個人的にも、よい企画だったと思っています。


書名   Meissener Manuskripte XVI
      「Vasen Vasen Vasen ・・・・」
発行      マイセン磁器制作所
編著者      Uwe Beyer
発行年    2001年    
         5000部限定 87ページ

*現在の入手は難しいようです

アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/

dresdner220 at 17:13|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 書籍紹介 マイセナー・マニュスクリプト | マイセン作品紹介
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索