2014年04月

2014年04月21日

マイセン 自然主義様式の花絵 ツツジ

桜が終わると、春の花々がいっせいに咲き始めます。
二子玉川でもツツジの花をあちこちで見かけます。
ツツジは満開の期間が短いので、今が見ごろでしょうか。

今回はマイセンのツツジの花絵付けを紹介します。s2C8T2343








写真1) ピンクのツツジ 二子玉川にて

ヨーロッパでは、アジアより常緑のツツジがもたらされ、園芸
植物として愛されてきました。マイセンでも19世紀の終わりに、
絵付けのモチーフとしてよく取り上げられるようになります。

s2C8T2364








写真2) マイセン プレート 「ツツジの花」1890年頃

自然主義様式の花絵付けには,ツツジのモチーフはよく合った
のでしょう。いくつかの作品を扱いましたが、どれもすばらしい
ものでした。今回の作品も、淡く柔らかい絵付けがすばらしい
雰囲気をかもし出しています。

s2C8T2365








写真3) 同  クローズアップ

すばらしいタッチと色彩です。当時のペインターの技量がいかに高い
ものであったかを示す好例といえます。

s-ツツジ











写真4)ツツジの花 クローズアップ

この季節は、ちょっと街を散歩するだけでもたくさんの花を見ることが
できます。まさに花の季節ですね。



              アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年04月17日

KPMベルリン  ジャポニズムの蓋付壺              ユーゲントシュティール

今回はKPMベルリンの逸品を紹介します。

s-2C8T2233















写真1) KPMベルリン 蓋付ベース 高さ18cm

1890年から1900年頃に作られた蓋付ベースです。群青色の釉薬
を掛け、その上にエナメル彩で白木蓮の花が描かれています。エナ
メルの色も一色ではなく、薄いピンク色など、とても凝った装飾です。
盛金で木蓮の枝が表現され、墨絵のようなタッチで葉々が描かれて
います。点描の金彩などを見ると、本作は明らかに日本の蒔絵を
意識した作品と言えます。

蒔絵ー








写真2) 蒔絵の一例

この時代は日本の工芸がヨーロッパに数多く輸出されていた時期で
あり、この芸術を磁器で表現しようと試みたのが本作です。

s-makie-1










写真3) KPM 蓋付壺 クローズアップ

いかがでしょう。蒔絵のイメージが感じられるのでは無いでしょうか?
1900年頃のKPMベルリンは、磁器芸術の頂点に立っていたと言え
ると思います。

s-1-1






写真4) 同 クローズアップ

また、ガラス質のエナメル彩、所謂ビジュー装飾も付けられていま
す。今では出来ない非常に上質の装飾であり、ユーゲントシュティ
ールあるいはジャポニズム時代を代表する作品といえると思います。

s-2C8T2341







写真5) 同 マーク

高台には、ブルーの杓杖のマークと赤い宝珠のマークがあります。
この種の作品は、1914年に第一次大戦が始ると、ほとんど作られ
なくなってしまいます。作られた年数が短く、また数も少ないので、
アンティークの市場ではコレクター垂涎の的になっています。

是非、実物を手にとってご覧下さい。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 18:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) KPM作品紹介 | ユーゲントシュティール

2014年04月07日

マイセン KPMベルリンの人物画

今回のブログでは、人物画について書きます。

神話図を含む人物画は磁器絵付けの中でも、風景画やシノワ
ズリーと共に最高峰に位置づけられる難しい絵付けです。そのた
め、アンティーク市場においても数が非常に少なく、良質の作品は
とても高価に取引されます。逆に、こうした需要を狙って、悪質な
模倣やコピーなどの贋作も横行する事になります。

特にコレクターの多いC&Sについては注意しなければなりま
せん。ここでは、KPMとマイセンの最高の人物画をご覧頂こうと
思います。昔から言われることですが、良いものを見ておくことは、
審美眼を養う王道です。

写真は、実物の絵付けよりも相当拡大してありますが、それでも
尚驚くほどのクォリティーです。写真で作品の真髄がご理解頂け
るかどうか分かりませんが、イメージが伝わるように最善を尽くし
ましたつもりです。どうぞ、ゆっくりとご鑑賞下さい。

s-2C8T2193









写真1)KPMベルリン キャビネットC&S

s-2C8T2198








写真2) 同 人物画のアップ  1840年頃

C&Sのとしては、最高品質の人物絵だと思います。作品の詳細
解説は、ホームページのKPMをクリックしてご覧下さい。


s-2C8T2194








写真3)マイセン 大型蓋付C&S  1850年頃

s-2C8T2195








写真4) 同上 「貴婦人肖像画」 クローズアップ

マイセンが本気を出すとすごい絵付けをします。C&Sの人物画で
これだけの絵付けはなかなか無いと思います。この器型は蓋が
付くのが正しいのですが、これがきちんとの付属しているのも本作
の価値を高めています。

お近くの方は是非ご来店の上、実際に手にとってご鑑賞下さい。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 17:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マイセン作品紹介 | KPM作品紹介

2014年04月04日

デミタスコスモス 展覧会  岐阜県現代陶芸美術館にて開催中

今回のブログは展覧会のお知らせです。

「宝石のきらめき カップ&ソーサー デミタスコスモス」
という展覧会が、岐阜県現代陶芸美術館で開催中です。
(岐阜県現代陶芸美術館 tel  0572-28-3100 )

日本有数のコレクターであり、当店のお客様でもある(実は先
ほどもご来店でした)鈴木康裕・登美子様ご夫妻が長年にわた
って蒐集されたデミタスC&Sを一同に公開展示しようという試
みです。すでに3月から始っており、6月22日〈日)まで開催され
ます。

s-2C8T2199















写真1) パンフレット

単に数だけでなく、そのコレクションの質にも目を見張るものが
あります。鈴木様ご夫妻がデミタスをいつくしみながら蒐集され
た歴史まで感じ取れる素晴らしい企画と思います。

s-2C8T2200















写真2) パンフレット 裏面

s-2C8T2202
















写真3) 同  図録

150ページ近い図録も素晴らしいものです。コレクターや愛好家
のみならず、入門者が見ても楽しいものに仕上がっていると思い
ます。図録は多めに刷ったとのことですが、予想を上回って好調
に売れているそうす。西洋陶磁器の好きな方には絶対お勧めです。
(申し訳ございませんが、当店では扱っておりません。)
一人でも多くの方にご覧いただきたい展覧会です。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 17:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) イベント 催事 | その他
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索