2014年06月

2014年06月28日

マイセン 訪独  part 1

今年(2014年)の6月にマイセン市を訪ねてきましたので、
レポートします。一番の目的は人に会うためだったのですが、
マイセン磁器についての最新の状況も色々見て参りました。
このブログでも、折に触れて書いていくつもりです。

s-2C8T2632




写真1) 羽田深夜発のANA便

最近は羽田空港が国際化されているので、今回は全日空の
深夜発の便を使いました。航空券は割高になりますが、現地
ドレスデンへの到着が午前10時頃になるので、その日一日
まるまる使え非常に便利です。

s-2C8T2633




写真2) フランクフルト空港 早朝

最新鋭のボーイング787は、非常に快適でした。私は離着陸時
の耳への気圧変化に弱いのですが、787はこの点も考慮された
設計で、今までの飛行機に比べてとても楽でした。

s-2C8T2634




写真3)ルフトハンザ ドレスデン行き

フランクフルトからドレスデンへは、約一時間のフライトです。到着
は10時ちょっと過ぎですから、この日はフルに活動できますね。
飛行機の中でよく眠れれば、時差も全く感じません。

s-2C8T2638






写真4) ドレスデンの風景

飛行機の窓からは、着陸の時に一瞬だけドレスデンの風景が見え
ます。この日は雲が多くて心配だったのですが、雲の隙間からその
光景を見せてくれました。真ん中の橋はアウグスト大橋で、その右側
に聖母教会やゼンパーオペラ座、レジデンツ宮殿など、橋の左の
新市街には日本宮殿などが望めます。マイセン市は、エルベ川の
下流になりますので、写真の下側方向です。

結構飛行機好きなので、こんな形で始まってしまいました。ただ、この
ブログのテーマは磁器なので、次回からはマイセン市や磁器の話に
戻します。

皆様にも旅の雰囲気を、ちょっとだけでも味わって頂ければ幸いです。


アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp



dresdner220 at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) マイセン訪独 | その他

2014年06月07日

ワールドカップ   KPMベルリンの記念プラーク

ワールドカップがいよいよ迫ってきました。

結構ミーハーな私たち夫婦はスポーツ観戦が大好きなので、
相撲から野球まで何でも見てしまいます。冬季五輪は感動
のうちに終わりましたが、今度はサッカーです。今日はザンビア
との親善試合で、大久保が決めました!本番でも期待です。

s-2C8T2584







写真1)ドイツワールドカップ 記念マグ

写真1)は2006年、ドイツ開催のワールドカップの記念マグ
です。この年には訪独していて、現地のディーラーからもらい
ました。このマグも磁器製ですが、このブログで取り上げる
ような作品ではありません。
今回紹介するのは、これよりも32年前のドイツ大会の時の記念
グッズです。作ったのは、何と当時西ドイツにあったKPMベル
リン窯です。

s-2C8T2587








写真2)ワールドカップ1974年 KPMの記念プラーク

s-2C8T2586








写真3) 同上 箱

小さな記念のプラークですが、KPMベルリン製の無釉ビスク
です。WMはWelt Meisterschaft、ドイツ語でワールドカップの
意味です。74はもちろん1974年西ドイツ大会を示しています。
調べてみると、これが面白い。
今から40年も前の事です。

1974年のワールドカップは、皇帝ベッケンバウワー率いる西
ドイツが接戦の末、オランダを下し、開催国優勝した歴史に残る
大会でした。もう一つすごかったのは、東ドイツと西ドイツが同じ
組で戦っていたのです。東西ドイツが対戦した唯一の国際Aマッチ
であり、抽選でこの試合が決まった時には会場がざわめいたそう
です。
一次リーグでは大方の予想を裏切り、東独が2-1で勝利し、ハンブ
ルグのフォルクスパルク・スタディオン(在西独)は、沈黙に包まれ
ました。

その後、東西ドイツは二次リーグに進み、東独はアルゼンチン
に引き分け、ブラジルとオランダに破れ、敗退します。
一方西独はユーゴ、スウェーデン、ポーランドに勝利し、決勝
に進みます。そして決勝でオランダを2-1で下し、優勝するの
です。フランツ・ベッケンバウワーはベストイレブンに選ばれました。
当時のサッカー事情を知る人にとっては、正に涙ものの大会でしょう。

s-2C8T2588







写真4) 同上 裏面 

KPMの記念プラークの裏面には、西ベルリンのオリンピア・シュ
タディオンが描かれています。東西ドイツが予選リーグでチリと
戦った競技場です。
6.5×5cmの記念プラークですが、色々な歴史を秘めている作品
です。右隅にKPMのマークがあります。
価格を付けます。5,000円(消費税込み)
写真1)のマグをおまけに付けます。
もちろん、1枚のみの販売です。売り切れの際はご容赦ください。

ワールドカップでの日本の活躍を期待しています!



アンティーク西洋陶磁器専門店 
             アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                 TEL-03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp

dresdner220 at 16:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0) KPM作品紹介 | イベント 催事
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索