2018年11月

2018年11月22日

KPM ベルリン 風景のプレート テオ・シュムツ‐バウディス 釉下彩 ユーゲントシュティール

先日、妻と多摩川の川原を散歩していると、雨上
がりの雲の下に僅かに夕日がのぞいている風景
に出会いました。日常よく出会う風景だったので
すが、このような当たり前の風景をモチーフとした
作品があります。


xx-2C8T2199











写真1)KPMベルリン 風景のプレート 1911年頃

何という平凡な風景でしょう。釉下彩で描かれた雲
と林と小道です。もちろん、このプレートが作られた
ドイツの風景なのでしょうが、日本でも普通に見られ
る一瞬であり、朝でも夕とも、曇りとも晴れとも特定
できず、人もいません。この意味では時間も空間も
超えた普遍的なモチーフの作品といえます。


xx-2C8T2200











写真2) 同上 クローズアップ

作者はテオ・シュムツ‐バウディス。以前にもこの
ブログで紹介したユーゲントシュティール時代の
大芸術家です。日本趣味ジャポニズムを嗜好した
人物で、浮世絵などから大きな影響を受けていま
す。本作はバウディスの49歳の時の作品ですが、
既に単なる日本趣味を脱し、独自の境地に達して
いるように感じます。



xx-2C8T2202







写真3) 同上

釉下彩=アンダーグレーズの技法で描かれた雲の
表現です。釉下彩は磁器の彩色技法としては、非常
に制約が多く、極限られた色しか使えませんが、そ
れが返って磁器というやきものでしか成しえない芸術
表現になっていると思います。
こうしたモチーフを描くと、自由に彩色できる上絵付の
技法よりもリアルに見えるような気がします。個人的
にはこの釉下彩は、磁器芸術の究極と考えています。

この雲の表現、一体[どのような筆使いで描いたので
しょうか。


xx-2C8T2201







写真4) 同上

構図の下側は、十字方向に小道が描かれています
が、草原の部分に彫ったような模様があるのを、写真
でお分かり頂けるでしょうか。これは、極薄い「パテ・
シュール・パテ」か、絵の具を引っかいて描く「リッツ・
テクニック」という技法が使われていると考えています。

繰り返しますが、本当に何気ない風景に、実は非常
に高度なテクニックを用いているのです。
さすがバウディス!



xx-2C8T2205







写真5) 同上 裏面 マーク

裏面のマークをご覧に入れます。KPMの杓杖のマー
ク、第一次大戦中の帝国ドイツのマーク、釉下彩を表
す青の宝珠のマークが入れられています。
青の宝珠のマークは1911年から用いられるので、本
作はこの時期に作られたものと推察しています。



xx-2C8T2204









写真6) KPMベルリンの資料

作品番号は8927、最初にこの作品が作られたのは、
1908年です。100年以上前にこのような前衛的な作
品は作られていたとは、本当に信じがたい事です。

釉下彩の微妙なニュアンスが写真で表現できている
かどうか分かりませんが、詳細は是非実物を見て頂
きたいと思います。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 18:23|PermalinkComments(0) KPM作品紹介 | ユーゲントシュティール

2018年11月11日

今年もシュトレンの頃  ドレスナー・クリスマス・シュトレン     シュトレーン ドレスデン

11月も半ばになると、ドレスデンではクリスマスの
お菓子・シュトレンがいっせいに売り出されます。

今年は、今までのシュトレンが手に入らなくなってし
まったため、他のお店のものを直輸入しました。

xx-2C8T2191_1









写真1) 今年のシュトレン 1kg

といっても、現地のドイツ人と相談して、今までに負
けないようなシュトレンを選びました。

ご存知のように、「ドレスナークリスマスシュトレン」
という名称が許されるのは、法律で決まったレシピ
に忠実な作りで、ドレスデン近郊の決まったお店だ
けです。

これらのお店のシュトレンには、馬に乗ったアウグ
スト王の金のラベルが貼られています。

xx-2C8T2187










写真2) アウグスト王の金のラベル

今回入手したシュトレンにも、もちろんこのラベルが
貼られています。ドイツ人のアドバイサーによれば、
「このブランドなら間違いない」との事でしたが、や
はり実際に試食するまでは不安でした。



xx-2C8T2185








写真3)シュトレンの外箱

今回のシュトレンは大手のブランドでしたので、とて
もスムーズに入手できました。問い合わせに対して
の対応も親切で、発送までの時間もとても早いもの
でした。


xx-2C8T2189







写真4) シュトレン 1kg 本体

シュトレンは大きい方が美味しいと2kgのものを勧
められたのですが、扱いやすさから、今まで通り、
1kgのものを選びました。 最近の日本製シュトレン
はどこのものでもサイズが小さく、ここが一番の違い
と思います。

去年までのシュトレンに比べて、まぶした砂糖が若
干少なめのように感じますが、形や色はほとんど同
じです。前述ようにレシピが細かく決められているの
で、「ドレスナー・クリスマス・シュトレン」である限り、
それほど大きな違いはないのかもしれません。


xx-2C8T2194








写真5) 切り口

で、試食です。
香や風味は、とても美味しく思います。レーズンや
ナッツの入り具合もグッドです。
問題はしっとりとした歯ごたえです。
到着当初の歯ごたえは若干パサついていたように
感じましたが、日をおくと熟成してしっとりとしたきま
す。実際に1週間の間にとてもしっとりとした良い歯
ごたえになりました。

シュトレンはアドベントの期間(降臨節 クリスマスの
4回前の日曜日 2018年は12月2日から12月25日
まで)に少しずつ食べるものなので、日持ちがし熟成
していくように作られています。今回のシュトレンは20
19年の1月3日が賞味期限です。(風通しのよい冷暗
所に保存し、冷蔵庫には入れないで下さい。)

今年のシュトレンはこれに決めましたので、12月に
恒例の「アンティーク アーカイヴのクリスマス」の期
間に、お茶菓子としてお出し致します。シュトレンの試
食だけでも結構ですので、どうぞご来店下さい。
(催事の詳細は別途掲載いたします)




アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/




dresdner220 at 16:44|PermalinkComments(2) イベント 催事 | その他
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索