2019年04月

2019年04月25日

マイセン 人物の絵付け ワトー様式の絵 貴族の恋人達

今回は、マイセンのワトー様式と呼ばれる人物画を紹介し
ます。

zz-2C8T2551
















写真1)マイセン 大型ベース「貴族の恋人達」 1870年頃

人物画は、マイセンの絵付けでも非常に格の高いもので、
西洋装飾のカテゴリーの属します。西洋装飾のカテゴリー
の基本は花や果物ですが、その上位に鳥や動物、人物画
があります。人物画は高度な絵付け技術を要し、多くの時
間もかかる事から、当然のように高い価格になります。

今回紹介する人物画は、マイセンの長い歴史に中でも最高
のクォリティーと思っています。サイズ(絵付けのサイズは
21cm×15cm ベース全体のサイズは高さ41cm)も大きなも
ので、正に絵画と呼べるものだと考えます。



それでは、絵付けの全体をご覧ください。

zz-2C8T2553












写真2)同作品  絵付け全体

人物はもちろん、背景に至るまで細かく描きこんでいます。
衣服のひだやスカートのドレープも立体的です。彩色も抑
え目で、マイセンにふさわしい品格を感じさせます。

そして最大の驚きは、絵付け全体のつややかさです。上絵
の具は釉薬と一体化し、絵の具のがさつきや色むらは全く
見られません。本当に筆で手描きしているのかと、目を凝ら
せて見てしまう程です。19世紀の絵付技術は本当にすごい
です。


zz-2C8T2554








写真3)同作 人物のクローズアップ

アンティーク市場では世界的に陶板画が人気ですが、本
作は高品質の陶板画に匹敵すると言えるでしょう。いえ、
平面の磁器板に描かれる陶板画より、立体に器に絵付け
された作品として、本作の方が上かもしれません。本作の
裏面にも同品質の人物画が絵付けされていますが、これ
はまた別の機会に紹介したいと思います。


zz-2C8T2555










写真4)ブーシェの銅版画

本作の例のように、マイセン人物画の代表が、「ワトー様式
の絵」と呼ばれる絵付けです。屋外の公園のような場所で、
貴族の男女が語らっているというような絵付けですね。背景
には樹木や建築物などが描かれている事が多く、楽器を演
奏しているような場面もよく見られます。

ワトーとは18世紀フランスの宮廷画家ですが、ロココ様式の
流行と共にマイセンでもこうした絵付けが取り入れられました。
実際にはワトーよりも、同時期に活躍した画家ブーシェの銅
版画を手本にしたものが多く、この種の装飾を総称してワトー
様式と読んでいます。写真4)はブーシェの銅版画ですが、
マイセンの絵付けが、ロココ芸術の真髄にまで迫っているの
がご理解いただけると思います。

東京プリンスホテルの「ザ・美術骨董市」に出品致しますので
是非、会場にて実際にご覧ください。
http://www.japantique.org/about.html




アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/






dresdner220 at 16:16|PermalinkComments(0) マイセン作品紹介 | 作品紹介

2019年04月07日

マイセン イースター プレート  復活祭  W・バーリング

今年のイースターは4月21日になるそうです。
イースターはキリスト教の復活祭の意で、春分の日の次
の満月の日から数えて最初の日曜日がこの日に当たり
ます。ハロウィンほどではありませんが、春が来た事を喜
ぶ一日として、日本でもだんだん馴染んできたように思い
ます。

マイセンでもこの日を祝うプレートが1910年に作られま
した。

z-2C8T2478









写真1)マイセン イースター プレート 1910年頃

教会の鐘を鳴らす男女の背景に、渡り鳥が飛んでいる詩情
ある風景が描かれています。



z-2C8T2479







写真2) 同作 クローズアップ

鳥はツルのように見えます。。ドイツは寒いので、温かい
地域で越冬した鶴が、ザクセンの地に戻ってきたのでしょ
うか。


z-2C8T2480







写真3) 同上

鐘を引く男女の表情は、後姿ですが、春の訪れを喜んでいる
ようです。


z-2C8T2482







写真4) 同上

キリストの復活を告げる教会の鐘の音が、町中に響き渡り
ます。筆者にはキリスト教のバックグラウンドがないので、
復活祭への思いには疎いですが、春への喜びはとても素直
に感ずることができます。



z-2C8T2481







写真5) 同上

作品には作者のサインが入っています。 W.BARING とい
う文字が読み取れますでしょうか?


z-2C8T2484








写真6)マイセン200周年記念出版 より

マイセンの開窯200周年を記念して出版された書籍にも、本
作が最新作として紹介されています。


z-2C8T4049












写真7)バーリング 自画像 

写真7)はヴィリアム・バーリングの自画像です。
バーリングは1888年生まれ。マイセンの養成学校を経て、
1900年に絵付け師として採用されました。当初から人物画
の絵付けを担当し、後に釉下彩の部門を受け持ちました。
本作はバーリングの22才の時の作品です。ユーゲントシュ
ティール様式の中にあったマイセン磁器では、非常に前衛
的な作品であったと思います。


最後に裏面のマークをご覧にいれます。

z-2C8T2483








写真8) 同作 剣マーク

1910年の作品ですので、所謂ボタン剣のマークです。



アンティーク西洋陶磁器専門店 
   アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
         TEL-03-5717-3108
   ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/





dresdner220 at 17:35|PermalinkComments(0) マイセン作品紹介 | ユーゲントシュティール
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索