2011年05月30日

「マイセン磁器の300年」展  私的見所 part 7

このブログでは陶磁器に関係のあること以外はほとんど
書いていないのですが、今回はちょっとだけ音楽について。

s-2C8T6245
キース・ジャレット ソロコンサート2011 於 オーチャードホール

キース・ジャレットはずっと昔から聞いています。今回は日本で
2回だけソロコンサートがあるということなので、5月28日(土)に
妻と出かけました。キースのコンサートはこちらが聴くという姿勢
を持たないと、その真価は伝わってきません。話し声や携帯音
はもちろん厳禁ですが、咳などはタオルをあてるなどの配慮が
必要です。音楽が身近になるにつれどんどん軽々しくなっていく今、
こうした緊張感は貴重なものです。

今回のコンサートではどうしても、震災をイメージしてしまいました。
フリーの曲では自然の猛威を、日本的な音のバラードでは祈りを、
そんなイメージを感じてどうしても頭からはなれません。生きる
喜びまた鎮魂を感じさせる曲もありました。もちろん、こちらの勝手
なイメージで、キース・ジャレットはもっと純粋に即興していたのかも
しれません。しかし、後から聞こえてくる感想でも私と同じように
感じた人が結構多いのですね。震災時、NHKがキースの「ケルン
コンサート」や「パリコンサート」をTVで流していた事は、彼自身も
知っていたでしょうし、あながち間違ったイメージでもないような
気がします。

ちなみに、アンコールの一曲目で演奏されたのは、当店でBGM
に使っている「The Melody At Night With You 」からの曲でした。
最後の曲は「いつか王子様が Someday My Price Will Come」、
よかったです・・・・・


さて、前回の問題の解答です。
難しかったもしれません。図録からの写真も悪く、正解できなく
ても仕方ないですね。(すみません)
分かりやすい写真を掲載しますので、再度比較してみてください。

s-2C8T6249
写真1) マイセン プラチナの動物  1969年頃のオリジナル

s-2C8T6248
写真2) 同、1998年に再生産された復刻版

s-2C8T6244
写真3) 左 復刻版 右 オリジナル


写真でお分かりでしょうか。正解は以下の通りです。

オリジナルは縁を白磁の白で残したのに対し、復刻版では、
プラチナの縁取りを装飾として付け加えたのです。

オリジナルの白縁はヴェルナーのこだわった所で、ハンドル、
高台、縁取りを白にする事によって、伝統のコバルトブルー
と対比させ、地色の白を色彩として際立てるという意図が
あったのです。

復刻版において、プラチナの縁取りを施したのは、この効果
を半減させてしまうような行為です。それでは復刻にあたって
何故このような決定がなされたのでしょう。それは販売側
(特に日本の)からの要請であったといいます。
個人的にはオリジナルの方がずっと良いと思います。こんな風
に変わってしまうと、やはりその時代に作られた作品は貴重です。

以上で解答になったでしょうか?


アンティーク西洋陶磁器専門店 
               アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
                        tel 03-5717-3108
           ホームページはこちらです  http://archiv.jp/



dresdner220 at 16:30│Comments(3)TrackBack(0) イベント 催事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 冷やかし客   2011年06月02日 17:47
音楽といいアーカイヴのこだわりも相当なものです。とくにシュトレン 
2. Posted by archiv   2011年06月05日 15:44
そうこだわっているというつもりはないのですが・・・(苦笑)まだ先ですが、今年もシュトレンご用命ですねー。
3. Posted by 冷やかし客   2011年06月07日 20:55
たいそうなものは買えませんが、せめてシュトレンは欲しいですね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索