2018年05月19日

セーブル 大型ベース  アートグレーズ 芸術釉の装飾

今回のブログは、セーブルの「アートグレーズ」の大型ベースを
紹介します。


z-2C8T1825















セーブル ベース「アートグレーズの装飾」H約35cm 1882年

19世紀の後半は、万国博覧会の時代でした。磁器は当時の
最先端技術で作られる工芸品でしたが、ヨーロッパの各窯が
驚いたのは、遠く東洋から展示された陶磁器でした。これらは
それまでのヨーロッパの磁器芸術にはない概念の作品でした。

ヨーロッパの磁器窯では、精密な絵付けや文様が磁器装飾
の最高峰であったのに対し、日本をはじめとする東洋の陶磁
器は、炎の中の釉薬が偶然に作り出す装飾に美を見出して
いたのです。こうした技法は「窯変」と呼ばれ、東洋では広く
親しまれていました。

このような東洋の美的価値観にいち早く反応した窯が、フランス
のセーブルです。セーブルは自身でもこうした装飾を作るべく、
研究を始めます。その結果完成されたのが、「オクセンブルート
=牛血紅」「カラックルグレーズ=貫入釉」「クリスタルグレーズ
=結晶釉」などの釉薬で、これらを総称して「芸術釉=アートグ
レーズ」と呼んでいます。



z-2C8T1826







写真2) 同上 クローズアップ

写真2)をご覧ください。セーブルがどのような技術を駆使して
この装飾を完成したのか、もはやよく分かりませんが、少なく
とも2種類の釉薬を使って、まるで大理石のような文様を作って
います。マイセンでは、筆を使って大理石のように描く技法が
知られていますが、セーブルのこの装飾は筆では絶対に描け
ない、正に炎の作り出した芸術です。


z-2C8T1827







写真3) 同上

セーブルらしいのは、この首の正確で均整のとれた美しさです。
東洋の陶磁器にありがちな形状の甘さ(これがまた東洋の魅力
なのですが・・)は皆無です。


z-2C8T1828







写真4) 同上

底部と首には金彩が施されていますが、これもセーブルらしい
です。東洋の感覚では、こうした窯変の器に金彩は使わないで
しょう。セーブルの金彩はつやかあり、まるで金属のような質感
を感じます。ボディーの釉薬は底の金彩を鏡のように映していま
す。


z-2C8T1829







写真5) 同上

そして、セーブルの一番すごいところは、この「アートグレーズ」を
磁器で作ってしまう事なのです。東洋の窯変は、そのほとんどが
焼成温度の低い陶器での製作であり、磁器の製品はあまりありま
せんでした。しかし、セーブルはこの問題を巧みに克服し、様々な
芸術釉を完成します。こうした技術を持つ窯は、当時のヨーロッパ
では、セーブルの他に、マイセン、コペンハーゲン、KPMベルリン
など極限られた窯だけでした。



z-2C8T1830








写真6) 同上 マーク

マークから、本作は白磁の製作年が1881年、アートグレーズの
装飾を施し最終的に作品として仕上がったのが、1882年と分か
ります。セーブルでは、アールヌーボー時代の初め、歴史主義や
ジャポニズムなどの様式が混在していた時代です。この後、1900
年頃を中心に、セーブルのアールヌーボー芸術が花咲くのはもう
少し後のことです。


是非、当店にて実物をご覧ください。




アンティーク西洋陶磁器専門店 
        アンティーク アーカイヴ  東京 二子玉川
            TEL-03-5717-3108
      ホームページはこちらです  
http://archiv.jp/



dresdner220 at 18:07│Comments(0) セーブル | 作品紹介

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

dresdner220

月別アーカイブ
記事検索